京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

夏じたく 

2022-05-25 18:05:12 | 仕事

ブログ、たいへんご無沙汰してしまいました。

実は今月、ちょっと疲れ気味・・・腰も痛い・・・

で、いつものようにパワーが出ず、ブログやインスタが後回しになってしまってます。

 

と、言い訳をさせてもらったところで・・・

先日のブログで紹介させていただいた絹紅梅ですが

おかげさまでお客様にお求めいただきました。

その後にお問い合わせなど頂いたのですが、ブログをサボっていたので

お知らせできず申しわけありません。

 

もう染められないというあの更紗柄の絹紅梅はないのですが

こんな絹紅梅もあります

 

かげろう浴衣という涼し気な生地のこんな浴衣も

 

少しコロナも落ち着いてきて、世の中が動いてきた気がします。

ガマンが続いた夏でしたが、今年は楽しみましょう

 

期待を込めて、今年はこんなバックも仕入れてみました。

 

夏着物や浴衣、ぜひぜひ今年は楽しんでいただけたらと

 

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日から「竺仙展」ビックリのニュース

2022-05-11 16:35:23 | 催し

今日から35周年の特別企画としての「竺仙展」開催しています。

 

そもそも企画の発端は、板橋はもちろん、池袋のデパートでも

竺仙の浴衣の扱いをしている店舗がこのあたりにないらしい・・・

それならば「この近くなら京呉服わきであつかってますよ~~」と

お知らせしたいなと思ったのです。

 

品質のよい、自信を持って

呉服の専門店として皆さんにお勧めしたい浴衣

マイサイズで仕立をしてきれいに着て頂きたいと考えています。

そして今日は、朝から竺仙の担当の方が来店して下さったので

また色々お話をお聞きしていたところ

私たちの知らなかった驚きのニュース

 

こちらの更紗柄の絹紅梅をみた竺仙の方が

「コレがまだあったのですね」と。

この絹紅梅は、ちょうどコロナ禍の前の年に仕入れて

コロナで夏のお出かけができなくなり、お客様とのご縁がないまま

ご覧いただくこともなく在庫になっていました

ただ、生産反数も少なく、更紗の柄がとっても素敵だったので

現品限りの品という事で仕入れておいて、お気に入りで大事にしていた反物です。

「もう職人さんが高齢で辞めてしまわれて、もう染められない。

もう竺仙の在庫にもないし、デパートなどでも一点も残っていない。

こんないい柄がわきさんに残っていたなんて・・・

欲しいと思っていらっしゃる方、いらっしゃると思います

という驚きの言葉。

まさかまさか、この反物、そんなに貴重なものだったとは

というわけで、もしかしたらとても希少価値のある絹紅梅。

もし、興味のある方は、お早めにお越しくださいませ。

とりあえず、急ぎのお知らせでした。

 

店内は、いろいろな種類の浴衣・半巾帯・夏帯

 

それから、江戸小紋も

お求めやすいものから

児玉博さんの型を浅野栄一さんが型付された貴重なものまで

揃っています。

 

ついでに、下駄のオーダーも用意して・・・。

夏の準備は万端??です

ぜひご覧くださいませ

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月は「竺仙展」です

2022-05-05 15:15:31 | 催し

連休の後半、3・4・5日はさわやかなお天気でお出かけ日和、

ニュースで見る観光地もにぎわっているようですね。

こんな様子が続くといいのになと・・・。

当店も3日間連休にさせて頂いており、明日から営業させて頂きます。

 

さて、先日まで「爪掻き本つづれ展」で少々忙しいのですが

続けて今月は11日から「竺仙展」をさせて頂きます。

浴衣を主にご覧いただきますので、仕立ての時間を考え

少し汗ばむ頃になり、皆さんが浴衣を意識しだしてくださる時期を考えて

ゴールデンウィーク明けのこの時期になりました

 

連休中ではありますが、早くお知らせせねば・・・と焦りながら

浴衣と言えども、夏のカジュアルきものとしてもお召しいただけるものもあります。

 

生地や染にこだわっている竺仙の浴衣。

いい物はいい

どうぞご覧になってください

取り急ぎ、お知らせでした

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

えへへ・・・、役得?!

2022-04-27 13:33:08 | 催し

ただいま、爪掻き本つづれ帯展開催中

週末からの3日間、紫根染めのワークショップをして

楽しんでいただいたのですが、お客様がお帰りになってから

この際、何か染める物はないかと考えて・・・

そうだ、少し黄色くなった夏の白の帯揚げがあったはずと

探し出して、またまた服部さんにムチャブリ

女将の特権??

水で洗って・・・

さらに「半分で濃淡のぼかしにしたい」のわがまま(笑)

媒染剤の濃度を変えればできるとのことで

2度染料に入れて色を調整してもらいました。

水洗いして、アイロン掛けて延ばして

イイ感じ

夏になったら使ってみようと思います

 

さて、こちらのフクロウの柄のつづれ帯

以前に「ブラタモリ」で紹介されたときの実物です。

ぼかしが入った細かい柄の爪掻きです。

ご注文があれば、同じものは織れるそうですので

 

「爪掻き本つづれ帯展」土曜日までですので

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

つづれ帯展 紫根染めワークショップ楽しいです!

2022-04-23 14:27:41 | 催し

21日から始まりました「本つづれ帯展」

今日は午前中、ワークショップの第一回目をしました。

 

 

理系の頭が全くない私、染色のことよくわかってないのですが

「楽しい!」「面白い!!」

なんて紫にきれいに染まるのでしょう~と、私がはまっています

お客様には、染めた糸が濡れているため乾いてからお渡しする事になっています。

お客様が帰られてから

服部さんに無茶振りして、絹の半端布を染めてもらいました。

お天気がいいのですぐに乾いて

私のもくろみどおり・・・

首にくるりとひと巻きしたら・・・ふふふいい感じです

 

なかなか、楽しいので、明日、明後日とお時間ありましたら

ぜひ見学だけでも、お出かけくださいませ。

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日から「爪掻き本つづれ帯展」

2022-04-20 15:07:56 | 催し

明日から、京都服部工房の「爪掻き本つづれ帯展」が始まります。

締めやすくて、一度締めたら着崩れない、軽い・・などなど

とっても「いい帯」です。

綴れ帯というと、なんだか仰々しくて手の届かないイメージをお持ちの方が

多いのではないかと思いますが・・・見て触っていただければ覆ります

 

こんなカジュアルにも締められる使い勝手の良い帯ですので

実はコスパもいい

少しあらたまったときには、少し銀糸を織り込んだこんな帯も

ステキです。

 

先日も書きましたが、今回は紫根染めの体験もできます。

23・24・25日は京都から服部工房の服部さんも駆けつけてくれます。

お話し聞いてみませんか?

つづれ帯は一本一本手織りしますので、オーダーも可能です。お値段も変わりません。

こんな色で、こんな柄で・・・と自分だけのオリジナルが作りやすいのです。

紫根染めした糸を織り込んで、オーダーメイド、世界にただ一つ・・・

このちょっと贅沢な感じ、嬉しいですよね

 

今日は雨模様ですが、週末はいいお天気、暖かく(暑く?)なるらしいですね。

ぜひ、お出かけくださいませ

 

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱり・・「先生」は禁止にしたい(^^;)のお願い

2022-04-09 14:23:23 | 女将の日常

今日は暖かくて嬉しくなります。

 

今日は・・・ずっと思い続けていることなのですが

この頃またその思いが強くなってきたので、しつこく書いてみようと思います

着付教室や、それから着付けをさせて頂いた時にもたまに「先生」と呼ばれることが、

ど~も苦手で気持ちが引っかかるのです。

 

私、着付けを確かに教えています。

だから教室の皆さんが「先生」と言ってくださることは世間一般では普通なのかもしれません。

そんなにこだわることはないのかもしれないし、主人にこのことを話すと

教えているんだから「先生」と言ってくださるのは仕方ないのではと言う。

でもね・・・、なんか自分の中で違うのです。

先生と呼ばれる私は、ちょっと自分でない感じ

 

昔、美容師で店長をしていた頃、お客様に「先生」といわれたことがあって

とても違和感があってとても嫌だった・・・考えてみるとその時と同じ気持ち。

20代のまだまだ未熟な私に「先生」ってそんな言われる筋合いはないです~~って

思ってた。

世の中には先生という言葉で、持ち上げるような風潮もあるので

それも嫌なのかもしれない。

 

今も実は、違和感感じながら「先生」と言っていただく事を我慢しているというのが

正直な気持ちなのです。

 

当店の着付教室、そもそも

皆さんが着物を着てもらえるようにするのは呉服店の仕事という考えの元

始めたので、いまでも呉服屋の女将の役目と思ってやっています。

先生という言葉が「教えます」となんとなく上から目線?のように私自身が

感じてしまうのです。

だから呼んでくださるなら「先生」じゃなくて普通に「わきさん」とか

「女将さん」って言ってくださったら、落ち着くかな、私

同じ目線で「私と一緒に着付けのお稽古しませんか?」

というスタンスでお稽古したいなと思うのです。

 

習ってくださる方からはいまさら?逆に困る~といわれるかもしれませんが

この違和感を持ち続けて何十年

この際もう一度、皆さんにお願いしてみようとこの度思い立ち

キリのいいところで、この4月から新しく習いに来てくださってる方から

最初に「わきさん」って呼んでくださいってお願いしようと思います。

最初にそうお願いしておけば、いいのですよね

できれば、教室では「先生」禁止

 

今月は「本つづれ帯展」

デパートなどでは、取り扱いのないお品です。

ぜひ、手に取ってご覧くださいませ。

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。

京呉服わきブログ「ごふくや日記」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月・つづれ帯のワークショップ

2022-03-30 15:35:54 | 催し

今月もあっという間にあと二日

桜、満開ですね。4月、穏やかでうららかな春を期待してます・・・

 

来月の「爪掻き本つづれ帯展」のお知らせです。

これまでに何度も特集している 京都・服部つづれ工房の本つづれ帯を

ご覧いただきたいと思います。

つづれ帯というと、高価な礼装帯、硬くて、結びにくくて・・・と

なんとなくのイメージがあったのですが

服部さんのつづれ帯を知ってから、つづれ帯がとても身近に感じられるように

なりました。

服部さんも、昔のイメージを払拭して、こんなに”いい帯”もっと普段に

カジュアルに締めてほしいという意図で、おしゃれなつづれ帯を制作していらっしゃいます。

少し前になりますが、たしか「ブラタモリ」だったと思いますが

テレビ番組での紹介されてました。

 

つづれ帯をもっと知ってほしい、それからコロナで楽しみがない毎日

少し皆さんに楽しいことをして頂こうと、今回は「ワークショップ」を企画しました。

植物染「紫紺染め」の体験と見学です。

つづれで使う絹糸を染めます!

指導は、服部さん。

またまた店内、ボケとツッコミ?関西弁が飛び交います(笑)

こ~んなきれいな色に!

 

染めた糸で、自分のつづれ帯をオーダーが一番服部さんは

嬉しいのでしょうが・・・そこまでは・・という方は

袱紗やカードケースなど、オーダーもしていただけます。

もちろん、糸のままでお持ちいただくのも

染の体験も楽しいかと思います。

 

こちらは以前の催事の時の写真なので

紫根染めの糸は織り込まれていませんが、きれいな紫が織り込まれたら

キレイだと思います。

 

合間に服部さんの「つづれ」のお話を聞いてお勉強もしてください。

そして、実際のつづれ帯も見て触って頂きたいと思います。

ワークショップは、一回につき3名くらいの予定ですので

興味のある方は、日程などぜひお問い合わせくださいませ。

紫根染めした糸、ホラ!こんなにきれい

紫、ピンク、グレーなど媒染剤によって、色とりどり

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。
京呉服わきブログ「ごふくや日記」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン3回目の今日この頃…と、4月の予定

2022-03-18 15:24:43 | 女将の日常

今日はまた気温急降下、寒くてブルブルです。

私事でございますが・・

今週は定休日の月曜日、ワクチン3回目接種から始まりました・・・。

もしやのことを考えて、火曜、水曜は大事な予定やお客様との約束は

入れないようにして。

今回は受ける前から、いやだな~~と気持ちも後ろ向きで・・・

結果、1回目より2回目、3回目と副反応はひどくなり

38度の熱と頭痛、倦怠感、・・やっぱりねです。

寝込むほどではないけれど、着付教室の予約は入れないで正解でした。

私はこんな感じでしたが、皆さんはいかがですか~~?

もう4回目とか、嫌だわ・・・わたし。

 

そしてこんな週の始まりから、完全復活した木曜と今日は、早朝から袴のお着付け

今週、来週は卒業式のお着付けのピークになりそうです。

 

コロナも何とかおさまって欲しいけれど

地震、ウクライナ、どうにかしたくてもどうにもならないこと、多いですね。

桜も咲きそうだし・・

卒業式や入学式、お祝い事でお着付けさせて頂けることが増えてほしいです

 

こんな3月ですが

4月は、35周年記念のイベントの一つとして

長年お付き合いさせていただいている京都の服部つづれの本つづれ帯の

催事をさせて頂きます。

チラシができてきたので、さっそくお知らせ写真で見づらいと思いますが。

詳しいことは、また少しづつお知らせしていきますね。

今回は、ワークショップもします。

植物染、紫根でつづれ帯に使う絹糸を染めます。

お楽しみに。詳しくはまた

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。
京呉服わきブログ「ごふくや日記」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

わきオリジナルのバック

2022-03-13 14:23:05 | わきごのみ

お願いしていた利休バックが出来上がりました

店の棚に置いたとたん、さっそくステキと何人かのお客様の目に留まり

「うんうん」と心の中でVサイン・・(て、古いか・・・

 

黒のちりめん地に水玉の柄、グリーン・紫・赤と差し色が入っています。

持ち手は黒とエンジの帯〆を使っていて、2色のオダマキが

アクセント

かわいいけれど、色合わせが大人っぽい

小紋や紬などでお出かけするときにピッタリです。

 

形もちょっと横長なのがおしゃれ。

それに、浅いので中身が見やすいのも使い勝手がいいですね。

意外にたっぷり入るし。

 

底にも、鋲がついているので、汚れにくいし傷みにくいです。

 

 

こちらのバック、帯地や着物の残り裂でもオーダーできます。

生地によって、素敵な一点物のバックができますので

よろしければご相談ください。

 

ブログランキングに、参加しております
下↓をクリックをして応援していただけると嬉しいです。
京呉服わきブログ「ごふくや日記」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする