京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

タンスの肥やしをタンスの宝に!第二弾・続き

2017-06-27 16:07:38 | 着物リメイク
先日書いてる途中で「どうなったかお楽しみに~」なんて
お茶を濁して、失礼しました。

実は私的なお出かけでした・・
東京在住の高校の同級生とたまに集まっているのですが
場所が川崎と遠かったので、早めに仕事を抜けさせていただきました。

いつもタイムスリップして文句なく楽しい集まりです。
帰りは、同じ方向の友人と途中まで帰ってくるのですが
駅で別れるときに
「ンじゃ!ミエちゃん。またッ」って
「・・・・・
焦りました・・・
タイムスリップして、気分は高校生だけど
見れば還暦目の前のオッサンとオバサンです。
周りに聞こえてなければよいけれど・・・


どうでもよい話は、これくらいにして。
真面目に前回の続き。





こちらの附下。
I様から、以前からお話を聞いていた「すごい色の附下」
見せてもらうと確かに、I様の20代の頃、はやっていたな~という明るい紺地。

なんとかならないかしら・・・


う~ん、地色の鮮やかな色は一色かければ抑えられるけれど
もう一つ困ったのは、「白い鶴」です。




こういう柄も当時は流行ったのですね・・
今、見るとかなりインパクトのある鶴です。

何かにリメイクするにも、前回のような童の柄なら帯にしても可愛いけれど
I様と「この鶴じゃね~」と顔を見合わせてしまいました。

最後の手段??それとも苦し紛れ?
「インパクト大の鶴の柄を少し裏に回してコートはどうでしょ?」

・・ということで、やってみることに。


どんな色を今の紺にかければ、ステキなコートになるか
そして、白い鶴は、色がかかるとどんなになるか・・・

これまでいろんなお着物に一色かけて、素敵にした経験はありますが
さすがに今回は、正直なところ「こわい・・・

自分の経験だけでは想像もつきませんので、ここは職人さんに相談、意見を聞きます。
お客様の年齢やコートにしたい事などご希望を伝えたところ
「なかなか、面白いものができると思う」と。

それでも、もしも、イメージと違ったら・・
変なものになったらどうしよう・・・と私には責任もあり不安は残ります。

I様にご相談すると
「面白そうだから、やってみる
そういう風におおらかに考えていただけると、とてもありがたいです。

色をかけたり染めたり、お直し物が、新品のように生き返ると想像し
過大な期待を持ってくださると、とても重く感じます。

もともとタンスの肥やしになってた着物だから・・とI様のように
遊び心を持ってくださる方がいい結果になることが多いように思います。


さて、この附下ですが・・・こうなりました。







渋い茶系の色を一色かけて・・
地色は紫がかった色に抑えられ、白い鶴もパッと目に飛び込んでこなくなりました。



解いて、こうして染めあがった反物を今度は仕立て屋さんと相談です
仕立やさんが、用尺・寸法など考慮したうえで何パターンか柄の出し方を考えてくださり
I様と相談。
スッキリとした柄の、こちらのパターンにしました。
衿の形は、着物衿。丈も長めにしました。



またまた「斉藤さんだぞッ」
裏もおしゃれです。

心配したこちらの附下も、いい感じになりました



今回続けてご紹介した「染替え」と「目引き」

色無地など、柄もなく色を変えたいときには、「染替え」
一旦脱色してまったく色を変えることができます。


「目引き」というのは、今の色柄のまま、その上から一色かける(染める)ことです。
今回の附下や、小紋など
地色や柄が派手になったときやイメージを変えたいとき、シミを隠したいときなどに使います。

先に書きましたように
新しいものを販売するのは、少し表現が違いますが、楽です。
こういうお直し物は、最後仕上がるまでドキドキ・・心配が尽きません。
お受けした以上、いいものができないと・・と思いますし
解いてみたら思わぬことが出てきたり
寸法が思ったように出なかったり・・

考えると、胃が痛くなります

でも、出来上がったお品を見たお客様が喜んでくださると
ホっとし、嬉しさもひとしおです。


先日アップさせて頂いたおばあちゃんの大島とお母様の附下のリメイクをさせて頂いた
Y様から、昨日メールをいただきました。

出来上がった大島と帯をお母様にさっそく見せてくださったところ
お母様も予想以上に喜んで感激してくださったとのこと。
今度はブログを見せますと・・・
さらに「私だけでなく、母までも幸せな気持ちになりました・・」という言葉
なんてありがたい言葉でしょう

お仕事をさせて頂いて、こちらが「ありがとう」のはずなのに
お客様に「ありがとう」と言われるって・・感謝です。
呉服屋って、いい仕事・・捨てたもんじゃないですね

今日は長くなってしまいました
最後までお付き合いありがとうございました。



ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
コメント

タンスの「肥やし」をタンスの「宝」に・・大作戦!!第二弾「染替えと目引き」

2017-06-23 16:02:35 | 着物リメイク
今日は暑くなりましたね・・・

お昼頃、ネットのニュースで海老蔵さんの奥様、麻央さんが亡くなられたと知り
ビックリし、そしてとても残念な・・何とも表現のしようのない気持ちになりました。

最後の最後まで、その生き方や姿勢はとても立派で、尊敬するものでした。

そして、あまり批判めいたことは書きたくないですが・・・、
話題になっているあきれんばかりの女性国会議員の言動。

同じ女性として、この差はなんなのでしょう・・
今日は考えさせられてしまいました。


この話題はさておき・・
前回の着物を生き返らせるお話しの続きです。

今日は、着物の色を変える事、お話ししたいと思います。

お客様のI様のコートを2点紹介します。

まず一枚めは、お若い時の道行コートの色を染め替え、
変わり衿にして着丈を長く仕立なおした例です。



元の道行です。
50代以上の皆様から「そうそう、私も持ってる・・」という声が聞こえてきそうな
朱色の道行。
その頃は、若い娘のコートといえば、こんなのが定番でした(笑)


さすがに、年齢的に着るには気恥ずかしく無理な色、そしてコート丈も膝上でちょっと昔っぽい・・・
染め替えて、できればコート丈を長くしたい・・・と、お客様のご要望です。

これだけ地色が赤いので、上から色をかけるとなると、同じ赤系の渋い色や茶系が考えられますが
ご希望は、逆色のブルーグレーのような色・・

こういう場合、いったん脱色すると、傾向の違う色、希望の色にでも染め替えることができます。



この色が~~




こうなりました~
ステキな地紋も活きました。



お仕立て上がり。





衿は、ちょっとおしゃれに変わり道行衿に・・・。


コート丈を長くしたので裏地も足りなくなりますので、新しく取り換えました。
こんなかわいい羽裏で遊んでみました

おもわず「斉藤さんだぞ!」って、したくなりそう




そして、もう一枚は、こんな鮮やかな地色で、個性的な柄の若い時の附下。







どうにかなりますか?と見せていただいた時には
「う~~ん」と私も考え込んでしまいました。


申し訳ありません、出かける用事があって時間が無くなってしまいましたので
続きは、次回にさせて頂きたいと思います・・・

このお着物が、どうなったか・・・
どうぞお楽しみに




ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
コメント

タンスの「肥やし」をタンスの「宝」に・・大作戦!!

2017-06-21 16:01:43 | 着物リメイク
雨、降らないな~なんて心配してたら
今日はなんてお天気でしょう

台風みたいな雨と風

こんな日は商売あがったりですけれど、
腰を落ち着けて事務仕事や加工の手配の段取りなどを。
頭を切り替えて考えると、
こういう仕事がはかどって、たまにはこんな日があってもいいのかも・・・って


ということで
今日は、先日からブログにアップしたいと思っていたことを書きたいと思います。

当店のような呉服屋は、新しいものを売るだけが仕事ではありません。

お手入れから着付けまで・・・
着物に関することはすべてお任せいただける店であることがモットーです。
新しい反物をお仕立てするより
古いものをお直ししたり、生き返らせることは神経を使いますし
とっても手間もかかりますが、良くなった時は喜びもひとしおです。

そんなお手持ちの着物のリフォームについて
最近、お客様のY様からお預かりしたお着物のご紹介をさせて頂きます。
ぜひ、参考にしてください。





こちらは、Y様のおばあちゃんの大島のアンサンブル(着物と羽織)から
着物一枚にお仕立てなおしました。


おばあちゃんのアンサンブルなので、身丈も羽織丈も短く
更に、昔の反物なので反物自体の巾も狭いものでした。

でも、きっとおばあちゃんが洗い張りをして愛用してされたのでしょう
とっても風合いの良くなった昔の泥大島
ぜひ、よみがえらせたい

Y様は、身長168㎝
着物一枚からお仕立てするには無理でしたが、羽織と着物2枚から一枚なら
なんとかなりそう・・・と
洗い張りをし、胴裏、八掛は新しくして頂いて
お仕立て直しをすることにしました。




信頼のおける仕立やさんに丸投げしてしまえば楽ですが
着物と羽織の生地のそれぞれのパーツを
どの部分をどこに使って、どこで剥げばいいか・・無駄のないように
私なりに設計図を書いて考えてみました。

羽織の袖部分を身頃に足したり、羽織の身頃を袖にしたり
まるでパズルのよう・・・
やってみると、なかなか楽しく勉強になる作業でした。



ですが、
狭い反物の巾だけはどうすることもできず
お背の高いY様の裄丈を出すために
袖に「割り」を入れてもらいました。

写真の矢印の部分、袖の部分なのですが
よーく見てみると縦に剥ぎが入っています。
でも、細かい柄のため、ほとんどわからないでしょ?

身頃も、揚げを取る位置、見えない部分で剥いでいるので
仕立て上がったお着物は全く普通の一枚のステキな大島です。

それも、おばあちゃんの着物で作ったという大きな価値がプラスされた着物です・・。




それから、こちらも仕立て上がったY様の染帯です。

かわいい童の柄の染帯は
もともとはお母様の附下でした。

ステキな柄ですが色焼けもあり、Y様は着物として着るよりも
帯にした方が使えそう・・と考えました。

どの子をお太鼓にしようか・・・一番いい柄をY様と一緒に選ぶのも楽しい工程。
見えないところに剥ぎは入っていますが
たれの部分にも、一人見えるように仕立をお願いしました。




残念ながら、附下のため、どうしても帯の前になる柄は童が横向きになります・・・
でも、これもご愛敬です。

こうして、お母様の大切になさっていたお着物も生き返りました。

おばあちゃんの大島に、この童の染帯を合わせてもいい感じです。


タンスに眠っている着物
ちょっと工夫をして、もう一度生き返らせてあげるって
とってもいい事だと思いませんか?

さて、さて、皆さん
お家のタンスの中、覗いてみたくなったのでは?


もし気になるものがあったら、一度お見せください


ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
コメント

6月の催しにお越しくださったお客様

2017-06-16 18:09:42 | お客様の着物紹介
あまり雨の降らない、梅雨らしくない日が続き
ありがたいような、困るのか・・・

催しも終わって一息ついているところです。

今月もまた、催しに着物でお越しくださったお客様、ご紹介したいと思います。


今月は、単衣の時期になりますので、皆様、単衣のお着物でお越しくださいました。







爽やかな色柄の小紋に
以前にお求めいただいてる、紙布の八寸帯を合わせて。
紙布の帯、軽くて、この時期にもぴったりですね。








以前に誂えていただいたぼかしの紬に、
先々月、小倉さんの催しでお求めいただいた染帯をさっそく締めてきてくださいました
シャリ感のある紬地に、型染めした染帯、シンプルですが存在感があります。








麻の着物に、こちらも昨年お求めいただいた下井紬の夏帯を合わせてご来店。
暑い日だったので、とっても涼し気でした。









こちらも、先月お仕立て上がったばかりのお召しの単衣に織りの名古屋帯で。
色を抑えた着こなしがスッキリと涼しそうです。


今月も皆様が、お買い求めいただいたお着物や帯をお召しいただいてのご来店。
とっても嬉しいです
お求めいただいても、着ずにそのまましまってあるかな…なんて思うと悲しいですが
こうして、すぐに着てくださると買っていただいて
良かったな・・と思います。


また、来月もぜひ、お着物で・・・
皆さんがどんなお着物で、どんなコーディネートでお越しくださるか
とっても楽しみにお待ちしております




ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブック、もどうぞよろしく。
コメント

夏きものは、こんなところから!

2017-06-12 15:34:18 | 着物リメイク
夏のおしゃれなきもの展、三日目です

夏は暑くて・・・とおっしゃる方もあるかと思えば
夏の着物がきれいで好きとおっしゃる方も・・・。

絹、麻、綿・・・と、着物は自然素材なので
着れば結構心地よいと思います。


そして、なんとなく着物を着慣れてない方も 夏は浴衣の延長線上で
着物を着やすいかと思うのです。

そこで、こんな着物がおすすめ





こちらは綿麻の近江縮に麻の八寸帯の組み合わせ。

ヒンヤリした着心地のアイスコットンの着物です。
お家でお手入れもできますので、ゆかたの延長で気軽に着て
ぜひ、街にお出かけしてください。






同じ着物に、麻の素材におしゃれな柄の半巾帯。
半巾帯だと、もっと気軽です。
大人っぽく結んで、帯揚と帯〆をして、お出かけOKです。





こちらは、アイスコットンの長襦袢。
綿と麻の混紡で、パステルカラーの肌に優しい長襦袢です。
汗をかきやすい時期に、自分で洗えるので一枚あると春先から便利です。





更に下着も、麻や綿麻の涼しいものもありますので

夏は着物もハードルが低くなる気がします。
涼しい素材でおしゃれに着物、着てみませんか?

いろいろご紹介していますので、覗いてみてください




ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブック、もどうぞよろしく。
コメント

今週末から「夏のおしゃれなきもの展」です

2017-06-07 17:53:34 | 催し
昨日、滋賀から東京に戻りました
お店をしばらくお休みさせていただいて、申し訳ありませんでした。

また、明日は仕事で店を臨時休業させていただきます




そして
今週の10日(土)から14日(水)まで「夏のおしゃれなきもの展」をさせていただきますので
17日(土)までは、お休みなしになります。

しばらく営業日が不安定でややこしいのですが、よろしくお願いいたします。


さて、このたび
滋賀の催しにお越しくださいました皆様、大変ありがとうございました。

フェイスブックで、少しだけ様子をアップしていたのですが
あらためて・・・










今回は、広い畳の部屋をお借りして、こんな感じにスペース使いたい放題(笑)
雰囲気の良い素敵な呉服屋になりました。



縁側の向こうに、こんな庭もあって・・・
こんなお店が東京であったらな~~と何度呟いたことか





また今回も、着物好きの同級生がたくさん来てくれました
私、これがいい~~
〇〇ちゃん、それがいいよ
と、ワイワイ楽しい時間。
こうして友人が着物を着てくれること、とっても嬉しく、呉服屋としては心強く感じます。


そして、今回は、以前東京にお住まいで親しくさせて頂いてたお客様が
姫路のご実家に帰られたのですが、その姫路からわざわざお出かけくださって・・
感激でした。
ずいぶんお会いしてなかったけれど、ちっともお変わりなくて・・・

それから、最終日には
京都から私の美容師時代の同僚が、訪ねてきてくれました。

美容師時代のほぼ10年間、辛いこと、楽しいこと、お互いがいたから
やってこられた気がします。
20年くらい会ってなかったのですがそんな間柄なので、すぐにタイムスリップ
お客様がいらっしゃらないのをいいことに、長い間おしゃべりが尽きませんでした。

滋賀では、このように知り合いやお友達が来てくれて
とてもとても心が癒されます。
仕事なのか、懐かしい人に会いに行ってるのか・・
とにかく、いつも暖かで幸せな催しです。




場所をお借りしている尾賀商店は、6月末で一旦閉店になり
屋根の修理をして、新たな形でまた再開されるようです。

お友達でもある大家さんとも相談し
何かいい方法で、また、尾賀商店で催しをさせて頂けたらいいなと思ってます。

その時はぜひまた、よろしくお願いします。


ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブック、もどうぞよろしく。
コメント

明日から滋賀で「おしゃれなきもの展」

2017-06-02 19:03:44 | 催し
今日は滋賀で、ブログ書いてます

31日早朝に東京を出て、昼過ぎには滋賀着。

まずは、プライベートな用事
以前に尾賀商店でお知り合いになったアンティークショップの「粋屋」さんへ。
趣味のお細工物で使う古布を見せてもらいたいと思っていたのですが
念願かない、まずは満足満足。



昨日。
京都に仕入れに。
ふふふ、いい物ゲットです。


そして今日。
尾賀商店で「おしゃれなきもの展」準備





今回は、諸事情?があり、お座敷を使わせていただく事になりました。




こんな庭も見えて、いい雰囲気です。





これまでより広いので、お客様が重なっても大丈夫です。
反物もいっぱい広げられるので、ゆっくりとご覧いただけますので




梅雨前の爽やかな季節、近所の八幡掘りの緑も鮮やかで
八幡の街を散策するにはぴったりかも・・・








いつもは、とんぼ返りのハードなスケジュールで
今回もこちらに来る前は準備や留守の間の段取りなど
かなりクタクタにつかれたまま、こちらに向かったのですが
今回は、京都での仕入れもあって、すこし余裕があったせいか
ふと気づくと、疲れが取れて体も心も少し楽な感じです。


こんな滋賀の空を見ているからかもしれません







近くの田んぼは、苗が青々と・・・




青い水田の向こうに見える茶色は麦畑です。

こんなゆったりした風景、見ているだけで肩こりが治ります(笑)



今住んでいる、活気のある東京の街も好き。
いつ行っても雰囲気のある京都の街も好き。
そして
帰るとやっぱり心が安らぐ滋賀も好き。

それぞれに、いいところ・・・って思います。


さて、さて最後にもう一度
明日11時開店。
ぜひ、近江八幡の尾賀商店でお待ちしております


京呉服わきのフェイスブック、も良かったら開いてみてください。


ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。

コメント