京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

「古布のちりめん細工展」お目汚しですが・・・ぜひ

2019-08-12 13:05:48 | 催し

3連休、お盆休みの始まった方も多いかと思います。
楽しいお休みをお過ごしください

店では、昨日今日は定休日なのですが、着付けのお客様があったりで、
暑い日中は普段できない仕事などしております(ブログ書いたり

8月、お盆休みが落ち着いたころ
先日のブログで少し書きましたが、今月の催事をさせて頂きます




まずは「きもの相談会」
タンスの中の着物にもう一度光を当ててあげたい・・
そのためのご相談や普段のお手入れも
この時期ならゆっくりとご相談させて頂けますし
秋からのシーズンの準備をしていただけますので。


それから、もう一つ、暑い時期に何か珍しい事・・・と考えた挙句
お客様にご覧いただくなど、恐れ多いのですが
私の趣味・・「古布のちりめん細工」を飾らせていただこうかと思います。



ご案内を作るために、あれこれ並べて撮った写真の一枚です。


ちりめん細工のお稽古のこと、たまにブログでもアップさせて頂いてましたが
先生の所にお稽古に通い始めて、考えてみればもう15年くらいになります。
我ながら、シツコイ

私の性格上、これと思ったものは納得できるまで突き詰めなければ気が済まない方で・・

子供の時から、わりにチクチク縫物が好きで
スポーツに熱中していた中学生の頃から
見た目に似合わず、家に帰れば暇を見てぬいぐるみや人形などを作っていた私。

着物に携わるようになってからは、日本の布、着物の生地や染、絹、木綿、麻などがやっぱり好き、
ちりめんのお細工物にも、心惹かれようになりました。

本を見ては自己流で桜の袋を作ってみたり、いつか習いたいと思っていました。

ある時、新聞で「古布のちりめん細工展」の記事を目にし、不思議に行かなくてはという思いに駆られ

渡辺八重子さんの展示会に伺いました。

初めてお目にかかった先生に声をかけて頂き「ほら」と私の手のひらに

紅絹で作った真っ赤な金魚のお細工物を乗せてくださいました。

ふわっと優しい感触・・先生の作品は、どれも丁寧で美しく、目を奪われました。

 

思い切って恐る恐るお稽古のことをお聞きしたところ

やはり月に3回、一回が4時間ほど、それに通うのに片道1時間かかる場所・・

仕事を休んでお稽古に通うのはムリと、一旦はあきらめたものの、何度か教室にお邪魔しているうちに

私が呉服屋で着物に触れていることと、余りに私の目が真剣だったからか、

無理を承知でお願いした月に一度の変則的なお稽古を先生が許して下さって

それから往復2時間の道のりも何のその、お稽古に通うことになりました

 

夏椿・桔梗など

 

 

蝶や梅の袋、小さな布あわせ、色合わせが楽しい袋など

 

まだまだ未熟でとても作品展などとおこがましくて言えないのですが

趣味で作ってためていた作品を、たまたま店という場所がありますので

そこにコーナーを作って、皆さんにご覧いただければと・・・

たとえるなら、小学生の夏休みの宿題を、保護者の皆様に見て頂くような感覚です

暑い時期、店に涼みに来ていただいてついでに私の趣味にお付き合いくださいませ。

 

着物が大切に楽しんで着てもらい、その役目が終わったあと

こんな小さな裂になっても、つなぎ合わされて可愛いものに生き返り

また楽しませてくれる、ここまで使ってあげたら着物もうれしいかも・・・って

お伝えできたらって思います。

 

ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 

コメント

夏季休業日のお知らせと、一味違う8月の催しは!

2019-08-07 12:21:04 | 催し
暑い日が続きます
昼間暑さに慣れない者が外に出たら、具合が悪くなりそうです。

お客様がお越しくださったとき快適な店内にと、冷房の効いた部屋で
お仕事をさせて頂いてますが
すぐ近くに工事現場で働いている皆さんを見るにつけ
ありがたいと思います。
あの環境、私なんて、数時間でぶっ倒れるかと・・・

さて、まず夏季休暇のお知らせです。

15日(木)~19日(月)まで、お休みさせていただきます
 ただし、浴衣など着付けは,出かけない限りさせて頂きますので
 遠慮なくお電話ください。


それから、この暑い夏も、皆さんに店に足を運んでいただきたいと
考えました

今月22日(木)から月末31日(土)まで
「着物再生」「きもの、ふたたび」
こんなテーマの会をさせて頂きます。

着物を再生したりお手入れのご相談の期間を設け、
そこにプラスアルファ「古布のお細工物展」企画してます。
一足早くのお知らせです


このところの、店としての課題の一つ。
今タンスの中で眠っている着物、
お母さんやおばあちゃんの着物、
なんとか素敵に着てもらいたい

「5年着なかったら、もう着ないでしょ?」のコマーシャルの言葉、
『そうじゃない・・・』と、私の中でふつふつ反発する気持ちがわいてきます。
いらない・・と処分されることを思うと、悲しくなります。

着物はなんと言われても嫌いという方は、ともかく
日本人なら心の奥底に、何かが少し残って いるような・・
残っていてほしいな・・と思います。


ママ振り・・お母さんの着物をお嬢さんが着る
七五三やお宮参りの際、ママやパパの着物を着る
こんなご相談もとても増えてきました。

母やおばあちゃんの着物、着てみたい
母が嫁入り道具に持たせてくれた着物、着なくちゃもったいない

そんな気持ちが少しでもあったら、ご相談頂きたいのです。

暑い時ではありますが、
お盆の月は、なんだか、ご先祖様のことと共に
こんなことを考えるのもぴったりの時期かとも思えてきます


そして、おまけ??
暑い時にちょっと楽しんでいただけたら・・・と、たいへんお目汚しですが・・・
細々と続けてきた「古布のちりめん細工」のお稽古で作ってきた物が
いつの間にか随分と溜まってきました。

それを今回、思い切って展示してご覧いただこうかと思っています。

大事に着てこられた着物たち、最後の最後には
こんなにかわいらしいものに、生まれ変わります。

自分の作ったものではありますが、見ていると
着物もここまで使いきってあげたら幸せだろうな・・・
と思えます。

この夏、店には、染めあがったばかりの反物から
使いつくされたお細工物まで・・・
少々オーバーですが、着物の一生・・をぜひ、ご覧ください。




これはお正月に、店に飾ったお細工物の一部。




ご案内に使う写真を撮るのに、どれにしようかな・・・と
悩んでいる最中です


熱中症など、くれぐれも気を付けて
この夏を乗り切りましょう



ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント

ゆかたで花火大会へ!お着付けさせて頂きました

2019-08-04 11:21:47 | 着付あれこれ
8月の第一週は、地元板橋の花火大会。
それに、板橋だけでなく江戸川や横浜方面など、
あちらこちらで花火大会のピークの日かもしれません。

朝から暑いッ
それでも皆さん、浴衣でお出かけしてくださるのは嬉しいです。
お昼ごろから、クーラーをビンビンにかけて皆さんをお待ちしておりました。

時間がなくて写真を撮らせていただかなかったお客様もいらっしゃいますが
皆さんのステキな浴衣姿、ご覧ください





















着つけた後の、皆さんの楽しそうなお顔をみると、私もうれしい
ドンドン浴衣を着て夏を楽しんでほしいです。


いつも興味のある方には、なるべく着方コツなどアドバイスしながら
お着付けさせて頂くようにしていますが
今年は、気になっていた浴衣のお洗濯について、皆さんに聞いてみました。

先日も書いたように、浴衣が自分で洗える事、考えていた以上に知らない方が多くて
そのことがちょっとショック・・・
もっと浴衣も着物も、呉服屋も
身近に感じて頂けるように、これから何か考えて手を打っていかないと・・
って、実感しています。




ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント