京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

今日は隅田川花火大会

2010-07-31 11:35:45 | ひとりごと
また暑さがぶり返した週末、今日は、隅田川の花火大会ですね。

この何日か、続けて浴衣の着付け予約のお電話をいただいています。

今度の土曜日は、板橋の花火大会。
まだまだ予約は大丈夫ですので、ぜひ、浴衣を着てくださいね。
ちょうどいい時間から予約は入っていきますので、2~4時あたりはお早めに


昨夜、確かテレビで海老蔵さんの披露宴をしていたのですよね・・
ちょうど、着付のお稽古が入っていて、見られなかったのですが
皆さんの着物姿だけみたかった~~~

夏のよそゆきのお着物、ヘアスタイルなど、なかなかたくさん見ることはありませんので。

申し訳ないけれど、披露宴のほかのことはいいので
着物姿のみ、ダイジェスト?で 前、後ろ、ぐるりと一周見せて欲しい~~

こう思っているの、私だけじゃないはず・・・


、最後の一個のブロック。
今朝、なくなってました・・・
昨夜、お店の中に入れるの忘れたら・・・
コメント

久しぶりのお湿り・・

2010-07-29 18:11:45 | わきごのみ
今日は少し息がつけますね・・明日からまた暑さが戻るそうですが・・・

売りつくしセールも、来月8日まで頑張りますので、
どうぞお時間を作ってのぞいてくださいね。

今日も、夏帯をお買い上げいただいて大急ぎでお仕立てに回すことに


帯なら、まだまだ間に合います

薄物のお着物も急げばまだぎりぎりシーズンに間に合いそうですが・・
こんなシーズンの終わりがけに来年用としてご用意いただくのも一つの手かな・・と。
お安い時にお買い上げいただいて、
反物のままでお預かり・・、シーズンが着たらお仕立てに・・なんてお客様もいらっしゃいます。




今日は、お安くなっている夏物の中から、明石縮みをアップしてみました。
渋ーくて、こんな明石縮みも素敵ですね。



色合いの素敵なすくいの八寸帯を合わせてみました。




こちらはピンクが入っているだけで甘い感じのする八寸帯です。
(帯が白っぽいので、写真では着物の色が濃くなってしまいました

かっこいい系とやさしい系。
さて、どちらがお好みでしょうか・・・

コメント (2)

今度はブロック泥棒・・・

2010-07-28 14:51:42 | どうでもいい話・・・
店の前に置いていた満開のこでまりの鉢を持っていかれたと
春頃に書きましたが・・・

今度はナント
「ブロック」

風の強いときに鉢植えが倒れないように補強に使ったりしていたものです。

良く見るブロックではなくて、ちょっと見た目がいい四角いコンクリートの
塊という感じで、ご近所の工務店から分けていただいたものでした。
6個くらいあったはずが、気がつけば1個・・


ブロックまで持っていくか・・・と、脱力してしまいました。

夜、お店を閉めるときに
「ブロックまで、店の中に入れないといけないなんて・・情けない・・・
と主人。

お越しくださったお客様にも、このことをお話しすると皆さん
目を丸くされます。

なんだか日本はどうなってしまうのだろうなんて・・・ね



ところで、店先にブロックと同じように並べている「竹」はこの暑さにとっても元気

新芽が土から次々に伸びて、あっという間に大きくなってしまいます。
これ以上、放置するわけにはいかないと、根元からチョキチョキ。

捨てようと思ったのですが、せっかく大きくなったのだから・・
と捨てる前に、花瓶に挿してみました。





こうしてみると竹って、涼しいそうですね。



コメント (2)

ちょっとしたことを相談のできる呉服屋さん

2010-07-24 13:10:19 | ひとりごと
何カ月も前、お孫さんの成人式のお振袖のお直しのことで
お立ち寄りくださったお客様がいらっしゃいました。

お嬢さんのお召になったお振袖を着せたいが、お孫さんに寸法が合わないから見て欲しいとのことでした。
そして、お孫さんに浴衣も作ってやりたいと。

ですが・・・、
お孫さんとはちょっと離れたところにお住まいで
20歳のお孫さんの浴衣の好みも、なかなか把握するのが難しく・・

何度も何度も足を運んで下見をしてくださっていました。


ようやく先日、お孫さんがお越しくださって、お振袖の寸法を確認し
合わせて、お直しをさせていただくことにし
浴衣もお見せして、お気に召した反物があったので大急ぎでお仕立てをしました。


そして、お孫さんが浴衣を自分で着るのを覚えたいとおっしゃるので
昨日は急きょ時間を作り、簡単に着付と半巾帯の結び方をお教えしました。

おばあちゃんの前で、一生懸命着るのを覚えようとするお孫さん
それを、アドバイスしながら見守るおばあちゃん。

こうやって、着物が伝わっていくことは、とてもうれしいものです
お母さんのお振袖を着、浴衣を誂えてもらったこのお嬢さんは
きっと、着物のことをまた次に伝えてくれるんじゃないか・・・と期待します。



それから、お客様のお持ちになったお振袖は、とても素敵なお誂えのいいものでした。
これをお求めになったお店は もうやめてしまわれたそうですが
お品物を見せてもらって、いいお店とお付き合いをなさっていたんだなと想像できました。

お客様は
「これから、ちょっとした事を相談できる呉服屋さんが見つかって良かったわ」
とおっしゃって下さり 信頼して下さったことをなによりうれしく思いました。

そうなのです・・
何でも、いつでも、ご相談いただければ・・私たちはとてもうれしいのです。





















コメント (2)

お細工物日記~蝉袋~

2010-07-22 12:58:56 | お細工物日記
あつい・・・ですね

売りつくしセールの最中なのですが、昨日はお休みをいただき
私はお細工物のお稽古に行ってきました。

先生のアトリエに行くときに、急な坂道があっていつも息切れするのですが
さすがに昨日は、クラクラして途中でぶっ倒れるんじゃないか・・・と思いながら・・


さて、先月から取り組んでいたのは「蝉」の袋。
夏ですから~~
もしかしたら、出来上がるのは夏が終わるころ??なんて心配もありましたが
無事に仕上がり、先生にみていただきました。




裏から見ると・・・


三匹(蝉は匹でかぞえていいんですよね)仕上がり
まだ制作途中が一匹・・・
後は羽と頭をつけて、口布をつければ出来上がりです。




蝉は蝉らしく・・
先生の言葉です。

茶系の紬やお召、泥染めの大島の生地などを組み合わせて胴体を作ります。
羽は、あくまでも羽らしく涼やかに、軽やかに・・
こういう生地選びがとても大切です。


この暑さでは、蝉も土の中から出てこられないかも・・・

せっかくですから、お店の壁にとまらせてみました




そして・・・、
続きまして、夏と言えば「金魚」
お祭りの金魚すくいも楽しいですね。
金魚すくいの金魚より、もう少しひらひらした優雅な金魚です。





昨日のお稽古でもう少しで完成したのですが・・・未完成
真っ赤な紅絹で作っています。
あと少し、口布をつけて紐を通せば完成です。

後は、赤と白の絞りや、黒い布で出目金も作る予定。
完成品はまた来月にでも・・

コメント

明日から売りつくしセールです

2010-07-18 13:58:46 | 仕事



明日から売りつくします


今回は、秋にちょっと新しいことを始めたいので
そのための店内売りつくしです。

夏物20%OFF
冬物 20~70%OFF
浴衣の反物も下駄もお安くしてます

仕立てあがりの浴衣は、全部半額


季節外れのものもありますが、器やバック、風呂敷、そのほか
和雑貨は、もう投げ売りです
(半ばやけくそといううわさも・・?

チラシにはクーポンも付けてますのでお使いくださいね




お気に入りだった反物や帯がお安くなってお求めやすくなっていると思います





反物の札には値引きのシールがペタペタと・・・
梅雨が明けてぎらぎらした日差しですが
どうぞ、涼みにおこしくださいませ

お待ちしております
コメント

浴衣の着付け、承ります

2010-07-14 14:04:03 | 着付あれこれ
今年もそろそろ、お祭りや花火大会が話題に上るころとなりました。

浴衣の着付けについても お問い合わせがちらほらと入りかけてきました
ので、詳しいことを書かせていただきます



着付料金  ¥2,000(税込)

予約    原則、ご予約をお願いします。
      「これからお願いします」も、私の都合さえつけば大丈夫ですが
      なるべく予定がわかり次第お早めにお願いします。

   今年は7月31日、8月7日になりますが、隅田川や板橋の花火の時は
   ご希望のお時間があれば、なるべくお早めに・・・
   毎年2~3時前後が込みあいます

持ち物
   浴衣・帯・下駄
   腰ひも 3本くらい
    (コーリンベルトや腰ひもの代わりになるベルト類でも)
   伊達締
   帯板
   下着(なければタンクトップやペチコートのようなものでも
   補正用のタオル
     体型によってですが、3本くらい
     新しいものより、水を通してある方が汗を吸ってくれます
     ブランド物などの厚みのあるものより、粗品で頂くような物の方がいいです

それから・・下着はなるべくお洋服のブラでなく
着物用やなければスポーツブラ、チューブトップのような胸を抑えるタイプの物にしてください
体型にもよりますが胸元がきれいに見えますし、着くずれもしませんので。
  
持ち物に関しては、なくても代用できたりするものもありますので、判らなかったら
お気軽にお問い合わせください。
また、販売もしておりますのでお申し付けください。


浴衣は、当店でお買い上げいただいたものでなくても、もちろん大丈夫です


ご予約、お問い合わせ、お待ちしております。
 3959-0256   または 090-1401-3666まで

    
 
          
コメント

どっぷり「和」の世界

2010-07-09 17:27:29 | ひとりごと
昨日、お譲ちゃんの日本舞踊の発表会だったお客様から
頂き物をしました。



手ぬぐいは踊られた演目「手習子」に合わせた柄が染められたお名前入りでした。
もったいなくて使えない・・・

かわいいお菓子の箱の中身は
小さな色とりどりのアメと雷おこし




懐かしい感じです。

日ごろ、着物という「和」に囲まれているのに
「和」を感じるなんて変なものですけれど・・・


やっぱり、いいですね
気持ちが和むというか、ホッとして・・・。


コメント

私ってうるさいお客? 感覚って難しい・・・

2010-07-08 15:54:31 | ひとりごと
私って、うるさい客かな~って・・考え込んでしまいました

今度、新聞に折り込みチラシを入れることになり、印刷屋さんにお願いしているのですが
なかなかイメージ通りに仕上がって、いっぺんでピタッと気に入ることがなく・・・

今回も、もっとこの字は小さい方が・・、もっとスッキリ・・などなど
一度作ってもらったものを見せてもらい、自分のイメージに近づくように注文したのですが。
チラシとして効果的なのは、作ってもらったこんな感じなのだろうか・・・
こんなにうるさく注文する人はいないのかな・・
と、ちょっと落ち込んだりして・・


お店のイメージにつながるものだから、私はこだわりたいのです。
私って、うるさいのかな・・・



こんなこと、頭の中でグルグル考えながら、自分に置き換えて考えてみました。

たとえば、洋服を買いに行って、的の外れた物を次々に出されたとき
イヤになることありますね。
逆に、感覚、センス・・が、わかってもらえると安心ですね。

私にとっては、お客様の感覚を いかに早く把握できるか・・・が勝負です。
でも感覚って難しい・・・。

以前、美容師をしていた時も同じことを感じていました。
たとえば、こんな感じにしてほしいと写真を持ってこられた時、
写真とそっくりにすることなど まず不可能です。
お客様が、その写真の髪型のどこが気に入っていらっしゃるのか
雰囲気?長さ?ウェーブのかかり具合?前髪の感じ?・・・と、そのイメージを探ります。
たぶん、写真そっくりでなくても、どこか気に入ってる部分がハマればOKなことが多いのです。


着物も同じ。
柄や色・・、たぶんイメージが大切なのだと思うのです。
雑誌のモデルさんを見て、こんな着物とイメージされていても
お顔写りが、もっと明るめのほうが良かったり
柄が小さいほうがよかったり
帯や小物合わせで全体のイメージが違ったり


お客様が思い描いていらっしゃる物や、それ以上のものをお勧めすることが
できるように・・・
頑張ろう

まだまだ・・・呉服屋家業、奥は深いです。




こうして、つたない文章で、なんとか気持ちを伝えようと
一生懸命ブログを書いているわけですが・・・

さっき、友人が有力な直木賞候補に上がっている!と情報が・・・
姫野カオルコさん、高校の同級生。
『ごめん、このごろちっとも本は読んでない・・・
でも、直木賞、取れたらいいね・・

作家さんは着物着なきゃ~~って、一言伝えたいけれど(笑)


あ~あ、それにしても、同じ高校出ていても、この違い
すごいな~~














コメント

板橋、集中豪雨?!

2010-07-06 15:25:40 | ひとりごと
朝起きて、テレビをつけてびっくり
昨夜、板橋で集中豪雨、浸水騒ぎというニュース。

確かに、すごい雨だな~~と思っていたけれど、雨の降る方向のせいか
締め切ってクーラー掛けていたせいか・・気がつかず・・・

消防車が何台も来たので火事かと思い、お店のある方向を確認はしたのですが。
それも、よくよく考えたら、火事ではなく浸水で来ていたらしい。

大山駅近くは水浸しで大変だったらしいのですが
お店のある場所は、少し土地が高い場所なのでちょっと安心。
でも、商品が水に浸かることを考えると、火事と同様ぞっとします。


今日も蒸しますね。
からっとした暑さならまだしも、ねっとりとした空気、
スコールのような雨の降り方といい
このまま温暖化で亜熱帯になってしまうのでは・・と考えてしまいます。





こう暑いと写真もスッキリしたものを・・

格子柄の夏の紬に白の紗献上の帯です。
紗献上は、すっきりとかっこいい大人のイメージ。
わきごのみの紗献上は、どちらかと言うとあまり粋すぎず
どれもおとなしい上品なタイプが多いです。



夏の着物は、見た目も大切ですね。
涼しそうに見せるには、色数は抑えてスッキリ・・
いつもよりちょっと地味目な方が、いい感じだと思います。




先ほど、お越し下さったお客様。
明後日、お着物をお召の予定で、ずいぶん前からコーディネートをして
用意をなさっていたのですが、ここのところの暑さで考えていた帯〆の色が違う気がする・・
とご相談に。

確かにそうなのですね。
この暑さになる前に見ていた色目と、この暑さを感じて求める色目。

でも、違ったほうが正しいのですよね。
人の感覚って、とても大切だと思います



コメント (2)