引頭佐知(いんどうさち)の料理ブログ

引頭佐知(いんどうさち)の料理ブログ

引頭佐知(いんどうさち)きほん学級 2018年4月3日 つづき

2018年04月09日 | おしらせ

 たけのこの皮をはがします。

 

鰆が焼けました。

照りじょうゆを刷きます。

あしらいは、酢ばす。

たたき木の芽をふり、木の芽焼き。

だし巻き卵

わかめ酢、つくっておきましょう。

つくねも、照りがのりました。

 串で刺し、お花見団子風に。

待ちに待った「のらぼう菜」。

やっと出始めました(生活クラブ・デポー経堂店)。

ゆでても目減りしませんから経済的、

強いので無農薬で育ち、

何よりくせがなく、和洋中どんな料理でも

いただきやすい菜っ葉。

 

1把で2種の料理がつくれます。

1,胡麻和え

2,おひたし

残り野菜でてんぷら。

たけのこご飯

あさりの味噌汁

合わせ味噌、どうでしょう?

 

あさり、

Vサインしてます。

さ、いただきましょう!

裕子さん、お弁当に詰めました。

コメント

日本の宝「だし」

2016年12月30日 | おしらせ

すごいタイトルでしょう?

JAグループの雑誌・「家の光」」5月号に

掲載していただきました。

 

(特集)伝えていきたい

日本の宝 「だし」

 

だしのことは、掘り下げればいくらでも

広がります。あれもこれもと、入れたく

なります。

編集者は、大卒後入社して2年目の

下山泰生さん。お若いのに、とても解り

やすくまとめてくださっています。

下山さん、ありがとうございました。

 

 

コメント

引頭佐知の和食ラボ 2016年9月27日

2016年10月02日 | おしらせ

運動会の練習でしょうね。

築地本願寺の対面にある小学校です。

築地の今日の買い物は、

カマス、松茸と里芋。

明日は河岸が休みなので2日分です。

 

松茸、半端ではない価格なので

国産にするか、海外品にするか

迷った迷った・・・。

場外のYさんで

「いっそカナダかブータンにしようかな」

と言ったら、松茸の産地にまつわるびっくり

情報を教えられました。

 

清水の舞台から飛び降りて・・・。

岩手産 天然舞茸

埼玉産 里芋

今年の里芋は肌理が細かくて

おいしいですね。

このお豆腐に出会えたこと

今日の収穫です。♡

この豆乳で、いつかお豆腐つくりましょう。

脂の乗った、太ったカマスです。

今日の材料です。

だしの味見

 

白酢和え。

りんご、シャインマスカット、柿

バナナ。

子供たち、喜びそうでしょう?

 

きのこご飯

けんちん汁

吸口は、たっぷりの生姜。

「長野の実家から、もぎたてを

送ってきました。」

農大生・五明睦実さんから

いただいた、ごぼう、りんご、

シャインマスカット。

 

果物は白酢和えに。

ごぼうは、笹がきにして、けんちん汁に。

抜きたてのごぼうの香りのよいこと。

むっちゃん、サンキュ!大好評でした。

 

コメント

初めの一歩教室 2016年9月10日

2016年09月18日 | おしらせ

今朝は、みなさんが見えるまで

断捨離して、掃除!!!

乾物用の保存瓶14本

キュッキュッキュッ!

 それから野菜を求めて、

八百屋「坂の途中」へ。

元マイ・ファ-マーです。

 

店長・原田有佳子さん。

今日の買い物は、

さつまいも、生姜、大葉、茗荷、胡瓜、人参、

茄子、甘長とうがらし、水茄子。

 

赤い甘長とうがらし、和食には

発色が強すぎるなー、と躊躇したけど

使わなければわかってもらえません。

それも伝えよう、と購入。

イワシは魚真本店に注文しています。

魚真本店は、「坂の途中」の2軒先。

で、お向かいは、魚真別館。

イワシ。

大体、70g位です。

だしとり。

一番だしをとり、八方だしを。

昆布といりこの合わせだしは、みそ汁に。

どれどれ

どれどれ

おおーーっ、

梅干し

 

今日はこの梅干し。

梅干し3個使ってます。

茄子と甘長とうがらしの煮物。

今日は、朝の断捨離中に

昨年12月製造の切り干し大根がでてきて

どーしよう、、、悩んだけど

えいっ、

使っちゃおう!

おひたし。

いわしの煮汁の再利用法のお話をしたら

「つくりたーい」、ということで、

さっき、だしとりをした、

だしがらの昆布といりこを

煮汁で炊きました

お味噌汁

さつまいものお味噌汁

男性は苦手と聞いていますが

復習された方々から、

「おいしい、と好評でしたよ」と

ご報告がありました。

イワシの煮汁で炊いた

だしがらの昆布といりこの佃煮

できあがり!

 

煮汁を水で薄めてね、

里芋や大根炊いても、おいしいですよ。

 切り干し、

とってもいい味だしてました。

 

コメント

初めの一歩教室 2016年9月6日

2016年09月17日 | おしらせ

 今日も大阪湾のイワシ

一緒に炊く生姜と

梅干し

「梅干し、何年保ちますか?」

何年でも保ちますよ

たとえば、

実は、祖母の漬けた梅干しが

冷蔵庫にありますが、

昭和40年台に、庭の紅梅を漬けたものです。

まきすは、機能的なザル

海苔巻き以外にもいろいろ使えます。

今月、入会されたばかりのIさん。

きっとお家でもだしとりされてるのでしょう。

落ち着いてます。

一番だし。

うーーん、おいし。

なすと甘長とうがらし。

せんせ、タネは?

タネは子孫を遺すためのもの。

一粒一粒に、栄養があるはず、

一緒に食べましょう。

焼ききのこと小松菜のおひたし。

身びいきというか、自慢というか、

片隅で育っている柚子。

かんきつ類は肥料が不要なので

世話なしです。

ここに、柚子を散らします。

炊きたてのごはん。

鶏そぼろを・・・いや豚でした。

 

秋刀魚でもつくれますよ。

写真の左手の「うまこさん」は

神戸の先の「西明石」から、

新幹線で、5~6年通われてます。

 帰りの新幹線から、

毎月のように、ほのぼのメールが届きます。

投稿許可をもらったので、コピーします。

 

今日も滋養あふれる献立を

ありがとうございました。

どれもこれも美味しかったです。

梅干しの香りと酸味。

あらためて惚れなおしました。

 

イワシの時雨煮

せっせと作ってやっぱり運びます。

実家へ、姉宅へ。

 

竹の皮も使ってみます。

 

春先から、夫婦で畑をはじめてまして、

畑のお隣さんから

お野菜をいただく機会が増えました。

さつまいももいただいたところだったので

早速、お味噌汁にしてみます。

 

私達は、トマト2本、茄子2本、万願寺2本

そして落花生だけ。

ちょっぴしですが

小さく暮らす私たちには十分でした。

 

この秋には麦も蒔いて

土を育てていきたいと思っています。

来年は田も1枚。

稲もがんばりたいです。

 

子供たちに残したいものが

たくさんあります。

時間が足りません。

 

来月のお教室も楽しみにしています。

もう、いまから待ちどうしいです。

 

 

 

 

コメント