薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

寒くなくても焚いてしまう薪ストーブと熟睡の晩酌




そんなに寒くは感じなかったんだが、昨日は晩方から薪スープを焚いてしまった。

外は18℃で室温が22℃の時点で焚き付けた。
風が無かったことも、肌寒く感じなかったことの要因かもね。


でも、朝から雨降りでどんよりと暗く、終日の曇り空だったせいで気分も晴れない。
なんとなくスッキリしないんで、景気づけに焚いたのだ。

やっぱ薪スープはいいもんだ。
家の中に焚火があるだけで、空気感と言うか雰囲気ががらりと変わる。

少しくらい暑すぎたって、ビールも美味くなるんだし(笑)


 



前の晩、つまり一昨日の晩のことなんだが、
晩酌を終えても直ぐに寝る気になれず、眠いようで眠くないみたいな覚醒度で、
音楽を聴き始めたら、ますます眠れなくなってしまった。

気づいたら2時間も経っていて、床に就いた時は11時半を回っていた。
これはヤバイ、完全に寝不足になる時間だ。


だって、寝るのが何時だろうと、起きる時間は変わらないからね。
部屋が明るくなると、もう寝ていられない性分なのだ。

今の時期なら、4時を過ぎると明るくなってきて、
もっと眠っていたいと思っても、瞼の光センサーがそれを許してくれないのよね。

まぁそんな訳で、昨日は睡眠不足で、
血糖値がピークになる朝食2時間後からとても眠たかった。



 
 

たぶん8時ころだと思うんだが、晩酌しながら寝落ちしてしまった。
居眠りすることはよくあることだが、昨日は完全に熟睡だった。

目が覚めたのは9時半で、晩酌途中からの記憶がない。
飲みかけだったジンライムの氷はすっかり融けて、常温になっていた。


隣のソファーでは細君も寝落ちしていて、
二人で寝てしまっては、自力で起きるしかない訳で(笑)


 
■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今の気温 18℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする