薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

石焼まぶし

うなぎの蒲焼といえば、関東系の鰻は好きじゃないんだ。 ボクは食べるなら絶対、関西系のそれに限るのさー 蒸してから焼くんじゃなくて、鰻を生からこんがり焼き上げる関西風は、皮がパリッとしていて香ばしく、グニャっとした関東風蒸し焼き鰻とは別物なんだよ。

中でもひつまぶしをよく食べるけれど、今回は初めて、石焼ひつまぶしというものをご馳走になった。 本来のひつまぶしは、食べやすい大きさに切られた蒲焼が、お櫃に入ったご飯にのせられて登場する。

食べ方はお好みで良いのだけれど、基本的には3種の食べ方を味わうものだね。 1杯目はそのまま、2杯目はネギなどの薬味をまぜて、3杯目は2杯目の物にワサビをお好みで加えて、お茶やだし汁をかけてお茶漬風にして食べるというものだけど、石焼まぶしは、石焼ビビンバのように、ひつまぶしのお櫃の代わりに、石鍋にひつまぶしの中身が入ったものなんだ。 これの何が美味いかって? そう、適度なおこげが混じることが、とっても美味いんだよね~

出張の楽しみといえば、食べることに尽きる訳で(笑)
【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

お造り、造り身、刺身の味

お造りとか造り身だとか、割烹や料亭みたいな言い方をすると、グッと高級感が増すよ! 家で食べるスーパーの刺身も、つまや盛付をいつもよりチョットだけ工夫して、 『○○のお造りでございます。』 なんて、細君に言わせて食卓へ出してもらったら、きっと1ランク上の刺身の味になるに違いないさー(笑)

早く食べたい逸る気持ちが、ついつい写真を撮るのをウッカリしてしまったという、今日の写真は食べかけのもので御免!
刺身は、鮮度と器と盛付がすべてなのだ。 野外で食べるというなら詮方ないけれど、スーパーのパック詰めのまま食卓に並ぶのだけは、どうしても勘弁して欲しいよ。 これだけは、反則!だぞー(笑)

こんな刺身(河豚の薄造り)は、滅多なことじゃお目にかかれないな! でも、考えてみると淡白で味気ないかも知れないね。 いつでも食べれたとしたら飽きてしまう味かもね。

刺身は、良質なタンパク質やカルシウム、エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸、さらには良質なビタミン類など、多くの栄養素が含まれているらしいから、美容と健康にもとっても良いものなのですぞ!

それらの栄養素を効率よく摂取するためには、煮たり焼いたり揚げたりしないで、刺身で食べることが一番のようなんだね。 ボクの健康の秘訣はここにありって感じかな(笑)

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )

線香花火

侘び、さびの心なんて、いささかも持ち合わせていなかった子供の頃、ボクは線香花火が好きじゃなかった。 こんな地味で物足りない花火はつまらないと思っていたものだ。 派手な色や音が出るドラゴンや打ち上げ花火の類、それと爆竹系やロケット花火に夢中だったよ。 いつからだろうね、線香花火が好きになったのは・・・

庭先ではコオロギやスズムシの音がにぎやかになり、夏はもう終わりなんだなと、とり残されていた線香花火を、夏の名残を楽しんでみた。

『線香花火』 ボクの青春時代に3人のアーティストが歌っている。

  線香花火がほしいんです 海へ行こうと思います
  誰か線香花火をください 一人ぼっちの私に・・・

こんな歌い出しで始まる吉田拓郎の『せんこう花火』

  ひとつふたつみっつ流れ星が落ちる
  そのたびきみは胸の前で手を組む

これはさだまさしの『線香花火』


  はじっこつまむと線香花火 ペタンとしゃがんでぱちぱち燃やす
  この頃の花火はすぐに落ちる そうぼやいて君は火をつける
  浴衣なんか着たら気分がでるのにね
  湯上りで団扇を片手だったらね
  はじっこつまむと線香花火 ボクは燃えかす拾う係りでも・・・
                          『線香花火』 天野 滋


ただただ何気ない情景を歌っただけの歌詞なんだけど、東北の片田舎、ある意味同郷のボクは、この 『線香花火』 が一番好きだ。

たおやかで華奢な、今年最後の線香花火のかすかな音と光を眺めていると、ボクの頭の中ではこの歌が流れていたよ。

7月1日に他界して、新盆、49日を過ぎて、彼は今どのあたりを往くのだろうか・・・  戒名は知らないけれど、天野君の冥福を祈って・・・

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )

蚊に食われて茄子を食う

秋茄子を収穫できるように剪定をしようと考えているけれど、ウチの畑の茄子はまだ実をつけてくれているから、ついつい先延ばしになってしまっている。 けれど、今度こそ本当にもうおしまいみたいだ! とりあえず最後の収穫を5つばかりしてきたよ。

季節柄なのか、蚊がやけに多くて参った! 半袖半ズボンなんかで草ぼうぼうの畑に行くボクがお莫迦なんだろうけど、今までは同じ格好で出かけても、蚊に刺されるのはせいぜいが10箇所ていどだったけれど、今回は半端な数じゃなかったよ(苦笑)

腕、足、首、そして顔面まで、頭が変になりそうなくらい刺され、しまいにゃどこが痒いのか分からん状態さー 数えてみたけど、何とまぁ70ヶ所以上刺されてしまったよ! こんなに蚊に食われたのは、さすがに初めてのことだ。
顔面が一番酷くて、痒みのような痛みのような、まぁ顔面神経が走っているから当然なんだけれども・・・ いやはや何とも情けないったらありゃしねぇ(笑)

見苦しい足を失礼!
たったコレだけの面積で、15箇所以上刺され痕が写ってるよ。
この時ほど、この塗り薬のありがたみを感じたことは、過去に記憶がないぞー(笑)

ところで、いつも不思議に思うんだけど、蚊の連中は日頃何を食べて生きているのだろうね? 藪には必ず無数の蚊はいるし、だけどそこに動物がいるとは限らないよね。 何を食べてるの? 知ってる? たまたまボクの血を吸った奴らは幸運だったのかぁ? そうじゃない奴らは何も食わずにやがて死んでいくだけなのか? 

あんまり気になるものだから調べてみたよ(笑)

実は、吸血蚊はメスだけなんだそうな。 理由は詳しく分からないけれど、どうやら産卵のために吸血するらしい。 オスもメスも普段は血ではなくて、花の蜜、果物の汁、樹液などを吸って“食物”としているみたいだね。 メスは吸血すると消化吸収して、それが卵巣を発達させるためのスイッチになるしくみで、4~5日後には何と300粒以上の卵を産むというのだから参ったね!

さてさて・・・

餌食になりやすいというか、蚊が好む血液型というのも判っているんだね。 残念ながらボクの血液型はそれに該当するんだなぁ~ こんなことで該当者になりたくなかったよ(笑) O型は輸血でもお人よしだし、蚊にも好かれるし、損な血液型だってことさ!

あなたの血液型は?

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

偏頭痛の妙

一晩眠ると治っていることが多いけれど、今朝は目覚めと同時にヒポコンデリーなのだ。 こんな日は午前中一杯死んでいる(笑)

偏頭痛は時々起こる。 何の前触れもなく突然始まるものなのだ! ボクの頭痛もちの歴史は長く、小学生の低学年時代には既に始まっていたよ。 コレね、知らない人には理解できないだろうけれど、本当に全くもって憂鬱極まりないものだよね。 男には到底理解できない女の生理痛みたいなものかもねぇ~

おそらくボクの場合は、疲れ目、そして肩こりからくるものだろう。

夕方から始まった時はせめてもの救いで、晩の酒である程度麻痺させて、あとはひたすら眠るだけだから(笑) でも今日のパターンが一番厄介だ。 2日に渡ってヒポコンデリーな訳だから、何だか酷く損した気分にもなる。 頭のツボをマッサージしてリラックスするしか手はない。

むやみやたらと 『薬』 は飲みたくないからさー

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

ある朝の朝めし

夏休みの最終日に自由研究の総まとめをやっているなんて、いやはや、なんとも見事にボクの性格を受け継いでしまったのだろう(笑)
暢気というか悠長というか、全くもって緊張感がなさ過ぎるのもいかがなものか、良くいえば悠然として楽天的ともいえるのだろうけど(笑) まぁせっかち過ぎるよりは良かろう。 それよりも何よりも、宿題をやっていくだけ "まだマシ" というものだ!
自慢じゃあないけど、ボクは "夏休みの友" すら怪しかったぞ(笑)

そんな慌しい夏休み最終日も乗り越えて、いよいよ新学期がスタートしたと思いきや、お次はせわしい朝の闘いが待っているというものだ。

長女が中学生になり部活動をやっていたりすると、朝練なんてオマケがついてくるものだから、家を出る時間が小学生のチビ達とはてんで合わないことになる。 必然的にウチの朝食は時間差2段セットになってしまうというもので、給仕側とすればこれはなかなか大変なのだ!
あまつさえ給食オフの "弁当の日" なんてのも時々あるものだから、そんな日は特に "しっちゃかめっちゃか" もう本当に闘いなんだから(笑)

ボクはといえば、そんな闘いを余所目にひたすら朝の仕事に専念さー やがて闘いが終わり、これまたいつもの静かな時が訪れるのを、じっと待っているということになるのかな。

さてさて、写真はそんな静かな時を迎えた、ある朝のボクの朝食。 この日はトロロ芋のすりおろしと、ジタケの味噌漬け、それと大好きな唐辛子イカの塩辛、そしてご飯と味噌汁ということになる。 この日の具は、畑で採れたナスとミョウガだね。
ところで・・・ 静かな時にボクの朝食ということは、2段じゃなくて3段構えの給仕ということになるのかな~
とりあえず 『お疲れさん』 と言っておこう(笑)

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )

スイカの収穫はムズカシイ

大きさでは判断できないスイカの熟れ具合なのだ!

6個のスイカを収穫してみたけど、同じ種なのに大きさはいろいろだ。 今まで採ってきたスイカ、小振りだって真っ赤っかに熟しているのもあるし、大きくたって熟れてないものもあったし、未だにスイカの収穫時期の見極めが判らないボクなのだ。 収穫前に畑で腐らせてしまったスイカもいくつかあった。 やっぱり品種名を控えておかなかったボクのトガ?ということかー 半熟が作りたいときのゆで卵のように、素人は開花からの日数を、きっちり把握しなけりゃならないってことだな。

ウチのスイカは人並みの扱いを受けているようだね(笑) 畑担当の長男君は、スイカだけは大事そうにシートベルトまでかけているよ!
ためしに1つ切ってみたら、お見事完熟! 6個もあるスイカ誰が食べるんだろ。 ウチの西瓜女だってさすがに1日1個は食べれまい。


今回の6個を含めると、今までの収穫は全部で9個になるよ。 250円程度の苗1本で、こんなに収穫できて良いのだろうか(笑)
畑ではもう次のスイカが収穫を待っていたりする。 すでに大きいのが3個と、さらにはピンポン玉くらいのスイカも生っているから、まだしばらくは収穫時期で悩むことができそうだ(笑)

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 9 ) | Trackback ( 1 )

我家のクルマ事情・プリウス人気?

このタイヤサイズを見て、ボクがクルマ好きだということが判るアナタも、相当なクルマ好きに違いないよ!(笑)

このサイズでも家族受けを考えて控えめなんだよ。 本当は18インチだって履きたい気分かな。 でも家族クルマである以上、乗り心地がスポイルされ過ぎるとヒンシュクものだからさー(笑)

だけど、そんなクルマ好きのボクだけど、今真剣に乗換を考えているんだ。 ウチにはセダンタイプの乗用車2台と軽トラックがあるけれど、走行距離が恐ろしく少ないのだ。 メインのボクの車は1年間で6000キロしか走らない。 それだって日常的に使われての6000キロではなくて、殆どが仕事と遊びの遠出による高速道路走行によるものだったりする。 使用頻度、回数的には非常に少なくて、1週間乗らなかったなんてこともよくあることさ。

細君のクルマに至っては、1年間の走行距離は何とたったの500キロなのだ!(笑) コレはもう笑ってしまうよ。 ボクの車とは対照的にこちらは街乗りだけで、近所のスーパーへの買物専用車だったりするから、距離が伸びないのは当然なのだけれどね。

チビ達が、もうチビとは呼べない歳になってきて、塾やら部活動やらで家族のスケジュールが合わなくなってきたことが、乗らなくなった1番の要因だね。 本当にチビだった頃には、ボクのクルマ好き、ドライヴ好きもあって、毎週のように行楽地へ出かけていたものだから・・・

現在の車にするときも、チビ達が後部座席でDVDが観れるようにと、モニターまで付けたんだけどねぇ(笑)

クルマに乗らなくなったもう1つの理由は、ボク自身の時間の使い方も変わってしまったということかな。 すっかり薪ストーブにはまってしまったボクは、ドライヴに出かけなくなった分、チェンソーや斧を使って薪作りに余念がないし、それと今年から野菜作りも楽しんでいるしね。

そんな訳で、2台ある乗用車を売却して、実用的なクルマ1台にしようかと思っているんだ。 候補車はト○タの 『プリウス』 で、これなら1台で買物から遠出まで全てこなしてくれそうだし、何と言ったって燃費がイイのが嬉しいね。 今のボクのクルマの最低でも2倍は走るし、あまつさえレギュラーガソリン仕様なのさ。 ここのところ高騰しているガソリン代も、今までの半分以下と相当安く済むというものだ。 そうそう、プリウスは1500ccだから自動車税も安くなる。

ボクの机の上には、すでに 『プリウス』 のカタログが・・・
【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 13 ) | Trackback ( 1 )

わらびのお浸し

アク抜きして旬を食べるのも良いけれど、ワラビは大量に採れることが多い山菜だから、塩漬けは定番中の定番だろうね。

ボクは子供の頃からこのわらびのお浸しが大好きで、シンプルに醤油をかけて、鰹節をふりかけて食べるんだ。 もっともボクの子供の頃は、鰹の削り節は高級品だったから、鯖や鯵などが入っている混合削り節というのが主流で、同じ削り節でもカツオは鰹節と呼ばれ、混合削り節は区別して単に削り節と呼んでいたよ。 今よりもチョットだけ貧しい、そんな時代の話かな。

ボクは茎の部分が大好きで、葉になる芽の部分はいつも捨ててしまうんだ。 勿体ないかも知れないけれど、あの部分を一緒に食べて不味い思いをするくらいなら、量は少なくなったって美味いところだけを食べたいからねぇ~

お浸しの他に好きな食べ方は、油揚げと一緒に炒めるもの。 コレもたまらなく美味しくて、ご飯のおかずに最高なのさ!

わらびの胡麻和えとか、わらびの炊き込みご飯なんかも美味いけれど、飽きずに食べれるのはやっぱしお浸しかな・・・
そうそう、もう1つシンプルなのがあったね、それは、ワラビおろしだよ。 何のことはなくて、上述のお浸しに大根おろしを加えただけのもので、これは別バージョンお浸しとして忘れちならないものさー!

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

かき氷は何味がお好き?

『夏休みよ早く終われー』 と、思っているのはウチの細君だけじゃないはず(笑) 1日中子供たちが家にいるというのは、ヒステリーの種を実らせてしまうものに違いないと、ボクは他人ごとのように、あくまでも客観的にウオッチングしているよ!
おっと違うな、まるで他人ごとってことでもないよな、とばっちりの火の粉がボクに降り注ぐこともあったあった(笑)

まぁ何はともあれ子供たちのパラダイス、ロングバケーションももう直ぐおしまいさー だからという訳でもないけど、たまたまチビの遠距離恋愛?友達が遊びに来ていたので、近所の遊園地へこのクソ暑い中でかけていったということになる。

ここの遊園地は市営だったりするものだから、入場料という概念がなくて家計にとっては実にありがたいところなのだ(笑) 乗り物の利用料にしても子供は100円から高くても200円までと、かなり良心的価格設定となっているのさ。 そんなリーズナブルな施設なものだから、休日にもなると家族連れですこぶる賑わっているところなんだよね。

左の乗り物これは100円だし、ジェットコースターだって200円だよ!

ジェットコースターの類にはボクはめっきり乗らなくなったね。 基本的に人の造った機械を信じなくなったからで、命がけで金まで払って乗る気はしない、ただそれだけのことさ。

足こぎサイクルは100円、ゴーカートは200円なんだけど、大人は何故か310円だったりする。何なんだ10円の端数は、TAX にしては合わないぞ!

結局この日のボクは、何1つ乗ることはなかったな。 ひたすらカメラマンに徹していたよ。 ゴーカートくらいなら乗っても良かったけれど、細君が何故か乗りたがった?

夏の遊園地はとても暑いから、チビ達は1時間もすると乗り物にも飽きて、そろそろのどが渇く頃だね。 ということになると俄然として『氷』の文字の誘惑に心奪われてしまうもの・・・

レモン、メロン、イチゴ、そして何故かブルーハワイがあるんだけれど、
どれでも1杯150円也(笑)

チビ達に一番人気なのは"青いヤツ"  行ったこともないくせに 『ブルーハワイだぞ!』(笑) そして見事に青くなったカメレオンべろのお披露目だー


結局ボクはかき氷も食べなかったなぁ、チビスケの一口味見しただけだった。
大人になると、というか、酒飲みになると、どうも晩の酒が頭を過ぎり、ジュース系を口にするのを躊躇ってしまうのだー(笑)

みなさんは何味ががお好き?

【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )
« 前ページ