薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

今夜の時代劇は? 色が変わったアンコールが艶っぽくて好き




きのうも寒くて、外気温は4~5℃までしか上がらなかった。
そりゃ冬なんだから、寒いのは当たり前だ。

天気はどうだとか、気温は何度で風がどうのこうのと、
毎日のように、同じような書き出しでうんざりしてるかも知れないけれども、
時候の挨拶みたいなものなので、読み流してちょうだいな(笑)






早いなぁ~ いつの間にか今週も水曜日になってしまった。
てことは、今夜の時代劇は御家人斬九郎だな。

月:鬼平犯科帳
火:夜桜お染
水:御家人斬九郎
木:剣客商売
金:銭形平次

御家人斬九郎は割と好きな時代劇で、若村麻由美がまだ若くてキレイなのよね。
この後に夜桜お染で主役になるんだが、明らかに肌が老けてる(笑)


風呂から上がって酒の準備が終った頃が、ちょうどBS時代劇の始まる時間なのだ。
もうね、平日は時代劇を見るのが楽しみで生きてるみたいなもの。


で、毎回聞かされてるのが通販のCMで、なんか二番煎じの胡散臭い商品ばかりなんだが、
ターゲットは高齢者なんだろうが、いったい誰が買うのかねぇ~



  


愛人なのかそうでないのか知らないが、社長と演歌歌手は人気の名コンビらしい。
男好きのする顔でスナックのママみたいな雰囲気は、確かに中高年には好かれそうだ(笑)

それと、社長の素人っぽさが受けてるのかね。
ワザとやってんだろうけど、DVDはデーブイデーだし、CDはシーデーだし(笑)


実はあの社長、オイラよりも三つ年上の同県人なんだよね。
商品に魅力は感じないが年商は大したもんです。






※この色が変わったアンコールが艶っぽくて好きなのよね。


♪もういくつ寝ると忘年会~

あと3回寝て起きたらその日の朝だ。
それまでに薪ストーブの焚付は9回しないとならない。


朝はグランデノーブルとアンビション2台の焚付があり、
晩方になれば、今度はアンコールに火を入れなくてはならない。

最後のアンコールの焚付をしつつ、翌朝また直ぐに焚けるように、
アンビションに薪を組んでおくのが日課になってる。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 2℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ノーマルで焚こうと思ったが結局また取付けたハーフバッフル




きのうは気温が5℃までしか上がらなくて、終日お陽様なしの寒い一日だった。

ついこないだまで紅葉していた裏山は、すっかり葉っぱが落ちてしまってスケスケの丸裸、
そんな落ち葉が地面を覆えば、来春へ向けて山の冬支度もお終いだ。


長袖を羽織って長靴を履いて、自分で作った遊歩道を歩いてみると、
カサカサゴソゴソ色んな枯れ葉が動いて、散らばったり重なったりする音が心地よいものだ。






自室のグランデノーブルは6時に追加薪をして、引戸を開けっぱなしで放置していたら、
うすら寒くなってしまって、昼からまた焚付けることになった。


炉内はまだ熱を持っていたが、熾きの塊りは殆どなくなっていたので、
着火剤を使うしかなかったんだが、木っ端なしの小割りと中割薪だけでも火が付いた。

朝の完全に冷え切ったソープストーンだと、焚付に少し難儀するが、
冷めにくい蓄熱のおかげで、追加薪から6時間経っているのに直ぐに火が回った。



 


住宅性能や部屋の広さ、それから生活スタイルなど、
条件さえ間違えなければ、ソープストーンの薪ストーブはおススメだ。






初代と二代目のアンコールレッドは、ハーフバッフルを取付けて焚いていたが、
三代目はノーマルのまま、追加薪にはトップローディングを積極的に使うつもりだった。

でも、上から薪を投入したのは初日だけで、
その後はと言うと、以前のようにフロントドアを開けて薪をくべてたりして(笑)


それならばと、熱損失が少なくなるハーフバッフルを取付けた方が良い訳で、
結局、昨日からまた金具を取り付けてバーミキュライトを載せた。

ハーフバッフルがあると、フロントパネルの温まるスピードが明らかに違う。
まぁ分かっていたことではあるが・・・

良いものを自作したもんだと、改めて自画自賛しているのであ~る(笑)




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 1℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お湯が直ぐ沸いてウォーミングシェルフが便利で焚付が簡単な薪ストーブ




まだ一ケ月以上も先のことだと思っていた忘年会なんだが、
気づけば、今週の土曜日に迫っていた。

いやホント、時の経つのはあっという間だ。
同じことの繰り返し、感動のない日々を送ってるってことなんだろうが(笑)


薪割会メンバーと言うか、友人4人での忘年会なんだが、
お気に入りの隠れ家で、店主おまかせの酒の肴で飲んだくれることになってる。

まぁ楽しくやりましょう!






朝起きると、アンコールの天板ではエコファンがまだ回っていたりして、
個人的にはやっぱし、鋼板よりも鋳鉄の薪ストーブがいいなぁ~

そして、何と言ってもアンコールが好きだ。

色や形だけでなく、お湯が直ぐ沸くことや、ウォーミングシェルフが便利だったり、
薪止めも付いてるし、バイメタルの自動温度調節機能も重宝する。


自動温度調節機能は自分好みに調整してるので、
それについては後日、また書こうと思っているので今日は割愛ね。


今シーズンからは、ソープストーンのグランデノーブルもお気に入りの仲間入りだが、
もし薪ストーブが1台しか置けないとなれば、惜しくも次点だ。






アンコールとは別に、バッフルのあるクリーンバーン機も焚いているので違いが良く分るが、
焚付けに関しては、ダンパー付の薪ストーブの方が簡単なのだ。

ズボラな性格なので、その点も好きな要因なんだよね(笑)


もちろん焚付ける時には、それなりに小割り薪は用意しないとならないが、
少しまどろっこしいが、木っ端なんて無くても火が回る。





きのうに続いて、今日もグランデノーブルの燃焼動画なんだが、
今回は給気を目いっぱい絞って焚いてる。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 2℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルテック・グランデノーブルの安定燃焼している時の動画




昨日は午後から晴れ間もあって、一昨日に比べたら過ごしやすかったが、
もう12月だし、今年も冬が来たんだと、育たなくなった椎茸を収穫して実感してる。


榾木には、まだ芽がいくつか出ているが、
気温が気温なので、もう肉厚の立派な椎茸には育たないだろうね。

実質、きのうが最後の収穫になりそうだ。






自室の薪ストーブ、グランデノーブルも冬モードになってきた。

今のところまだ朝しか焚き付けていないが、
それでも、ガッツリ焚き上げて追加薪を2回するのが当たり前になった。


午前中は出入り口をオープンにして、リビングと繋いで過ごすことは変わらないが、
追加薪を2回しているので、午後に閉め切ると少し暑い。

かと言って、閉める時間を遅らせてしまうと、夜まで快適に過ごせないのよね。
なので、夕方までは28℃以上の部屋で過ごすしかない。

暑ければ脱ぐだけ、上半身はTシャツ1枚ってことだね(笑)


 
  
 

安定燃焼している時の動画を撮ってみた。

この時の鋳鉄のドアと、ソープストーン天板の温度は200℃くらいで、
給気は半分まで絞って焚いている。


不満点と言う程のことではないんだが、給気の最大と最小のレンジが狭いと言うか、
最少は今のままでも、最大の時にもっと空気が入ってくれたらと思う。

焚付から安定燃焼までが足りなく感じるのよね。


まだ付き合いが浅いので、焚き慣れてないせいもあるとは思うんだが、
これがグランデノーブルの特性なのかも知れない。






ソープストーンで出来ていると、炉内がなかなか熱くならない。
それで給気が少ないと、焚付から安定燃焼まで余計に時間がかかってしまう。

炉内温度の差なのか、他の薪ストーブより焔の色が少し暗く感じる




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 6℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

比較してもしょうがないが薪を食うだけのことはある(アンビションとアンコール)




最高気温が4~5℃だなんて辛すぎる、マジで寒い。
急に寒くなったもんだから体が慣れてないと言うか、ついて行けないお年頃なのだ。

きのうは雨が降ったり止んだりで、時折り白いものが混じったりもして、
世間一般ではそのことを、みぞれ混じりの雨と言うらしい(笑)


風呂から上がると気温は2℃まで下がっていて、晩酌を終えた頃には0℃だった。
そして今朝は-3℃まで冷えて、とうとう氷点下の朝を迎えてる。






薪場へ行って薪割りをしたが、ビニールハウスの中にいても手が悴むものだから、
たった1時間でギブアップと言うか、家が恋しくなってしまった。

やりたくない時はやらない主義なので、撤収の決断は早かった(笑)


家に戻ると夜の薪ストーブの準備に取り掛かった。

昨日の初焚きでは、アンコールの天板に何ものせないで焚いていたが、
グリドルの油分も焼き切ったので、昨晩からはお決まりのスタイルになった。


ずっとほったらかしだったグランマーコッパーケトルをキレイに洗って水を満たし、
無いよりはマシなスティーマー代わりの加湿器になった。

それから、シーズン終わりから用なしだったエコファンは、
放熱板の隙間は埃だらけだし、羽には吸い寄せられた綿ゴミが付着して重たそうだった。

それを丁寧に雑巾で拭いて、昨晩からまた天板で元気に回りだした。


初焚きの時に改めて感じたのは、エコファンがあるのと無いのじゃ大違いだってこと、
2階に暖気が逃げてしまって、部屋がなかなか暖まらなかった



 


今日の写真は一昨日の初焚き、火入れ式の時に撮ったものだ。





夕闇迫る黄昏時に火入れ式は始まった。

アンコールなのに珍しく、下からではなくて中段から着火してみた。
いつもより薪は少なめだったので、途中で中割りサイズ2本を追加する羽目に(笑)


比較してもしょうがないが、アンビションより炉が大きいので、やっぱし薪を食うね。
焚付けの時には倍近く必要だし、追加薪だと5割増しといったところかな。

その代わり本体が暖まってしまえば暖かさが全然違う。

当たり前のことだが、薪を食うだけのことはあると言うか、
そもそも、放熱する表面積が違う。






ダークなレッドに変化して、良い感じで温まって来た。

琺瑯のアンコールは、新品を焚いても塗装の焼ける嫌なにおいが殆どでない。
せいぜいグリドルの油分が焼けて少しにおう程度だ。

それがクラシックブラックだと、塗装が焼けて薪ストーブ全体から煙もくもく、
においも強烈だし、窓を全開にしないと耐えられない。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 -3℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

触媒を国産に替えてアンコールの初焚き




寒波は間違いなく上空に来ているようで、確かに昨日は寒い一日だったが、
閑居所在地は、東北と言っても南端の県なので、空から白いものは落ちてこなかった。

北日本では大雪らしいが、南東北は除外なんだな(笑)


どんなに気温が低くても、薪ストーブがあるので構いやしないが、
正直、積もるような雪は要らねぇ~






きのうの朝は4℃で始まって、日中の最高気温は6℃までしか上がらず、
晩酌タイムの6時半には、また4℃に逆戻りだった。

そのあとも気温は下がり続けて、布団を敷いた9時には2℃だった。

それでもまだプラスの気温で、なかなかしぶとく氷点下にならない。


いつものように、朝は自室のグランデノーブルを焚き付けたんだが、
昼間の陽射しが期待できそうになかったので、初めて追加薪を2回して蓄熱させた。

ソープストーンの天板は、安物の温度計は250℃と主張していたが、
正確なもので計ると実際は225℃だった(笑)


その後はソープストーンが熱を温存、ゆっくり時間をかけて冷めてくれるから、
焚き直すことなく、布団に入るまでずっと快適に過ごしていた。



 


寒波的には予定通りなんだろうが、個人的には予想に反した冷え込みだったので、
きのうの晩は、ついにアンコールの初焚きとなった。

薪を組んで着火して、焔が大きくなるのをずっとながめていた。
琺瑯レッドの色の変化を見るのも久しぶりだ。


鋳鉄の薪ストーブと言うか、中でもアンコールは好きなんだよなぁ~
何故かこいつに火が入っていると、気分が良くて心も落ち着くみたいな・・・

アンコールとの付き合いは、旧モデル時代からなので20年近くになる。
要するに、古女房みたいな存在なのかもね(笑)






旧モデルのアンコールの触媒は厚みが2インチあるんだが、
現行モデルのフレックスバーンの触媒の厚みは、薄くなって半分の1インチになった。

これは二次燃焼室の構造が変わったからで、触媒に直結で排気を送っていたものを、
クリーンバーン燃焼させてから触媒を通過させる仕組みになった。


上の写真の四角い格子状のものはアメリカ製の純正触媒で、
厚みが薄くなってるのが、ファイヤーサイドオリジナルで国産の触媒だ。

見ての通りで、薄い分だけ未燃焼ガス(煙)の通過の負荷が軽減されているが、
実際、耐久性はどうなんだろう?

そこに興味があったので、付属してきた純正触媒を取り出して、
ファイヤーサイドの触媒を試してみることにした。


外観を見た限りでは、目詰まりはしにくくなったように思う。






新しい薪ストーブは、初々しく感じられていいものだ。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 2℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 2 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

炉が小さいので結果として薪の節約になったが、いよいよ薪ストーブのチェンジだ




今日は全国的に、たぶん11月30日だと思う(笑)
時の経つのは早いもので、あと一ケ月で2022年もお終わってしまうようだ。


昨日は生ぬるい南風だったが、今日はすっかり西風に変わっていて、
明日からは気温が上がらない冬型になり、裏山が北西の冷たい風から閑居を護ってくれる。

その代わり、陽射しが2時半までしか届かない。
夏場はありがたくても、冬場はちょっと物足りないがそれは仕方がない。






いよいよ薪ストーブのチェンジだ。

昨シーズン自室で使っていたアンビションを、今年はリビングに移設して焚いてきた。
小型の割にはハイパワーなので、これまでは十分暖かく過ごせた。


何年もずっとそうしてきたように、もちろんアンコールを焚いても良かったんだが、
晩秋から初冬までは、アンビションの熱量で足りてしまう。

そうね、事足りるならば、無駄に暑くしなくて済むのはありがたい。
アンコールよりも燃焼炉が小さい分だけ、結果として薪の節約にもなったしね。


出力違いで複数の薪ストーブがあるのに、それを利用しない手はない。
薪ストーブ屋の特権と言うか、店舗併用住宅なのでね(笑)



 
 

灰受けを使いたくないので、三代目のアンコール・レッドにもオーブンプレートを敷くが、
ハーフバッフルは取付けないで、まずはノーマルで焚こうと思ってる。

そして、アンコールならではのトップローディングも、
せっかくだから積極的に使ってみよう。






アンコール30周年の記念モデルの灰受けドアに交換した。

これは、ファイヤーサイドが2017年に販売した限定モデルのドアの一つなんだが、
早いもので、もう直ぐあれから6年になろうとしている。


トップローディングの蓋は、もったいなくて未だに地下室で新品のまま眠っている。

使ってなんぼなのは解っちゃいるんだが、
灰受けドアと違って炉に直結しているんで、使ったら最後、煤けて汚れてしまう。

要するに、貧乏性なんだよなぁ~(笑)

使わないんだったら、壁にでも吊るして飾ったらいいのにね。





「マスクするしないは自由だと思うけど、求められたらつけるべき」

こんな意見をよく見るが、これのどこがマスクは自由だと思ってるってなるのかね?

ちっとも自由じゃないじゃんか!

日本語になってないというか、「つけるべき」と言っている時点で、
相手に合わせろと言っている訳で、押し付けてるから全く自由じゃないよね(笑)


それはそうと、これはもっと酷い話だ。

ようやっと、こうしてネットのニュースでは取り上げられるようになったが、
前から言ってるように、これに関わってる連中は犯罪者だからね。

同じ殺しでも、がん治療なんてまだかわいい方だ。
高額報酬目当てに、危険と知っていて打ちまくってる医者たちが現にいるんだよ。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 14℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

また仕込みたい榾木と、放出した無駄な熱は戻ってこない




大好物なので大喜びで食べたなめこは、おとといが最後の収穫だった。
結局、1本の榾木だけで3回も収穫できた。

来年の秋もまた食べれたらいいんだが、どうだろ?


適度な太さの桜の原木、誰か伐って来てくれないかい(笑)
できれば来年、また仕込みたいんだけどなぁ~






椎茸はまだ生ってくれてはいるが、来週の中ごろには寒波が来るみたいだし、
いくらなんでも、もうそろそろ限界だろうね。

こちらも次世代として、出来れば来年仕込んでおきたいが、
粋のいい楢や椚の原木が5本もあれば十分なので、誰か伐って来てくれないかね。

どうだろ? たかしやん(笑)



 


それにしても、グランデノーブルは良い薪ストーブだ。
て言うか、6坪足らずの狭い隠居部屋にはソープストーン以外は考えられない。

とにかく温まり難くて冷めにくい特性が向いてるのよね。
朝に焚いただけで寝るまで暖かく過ごせるなんて、ホント最高だと思うわ。


鉄の薪ストーブではそうはいかない。
直ぐに熱くなるから、部屋が無駄に暑くなりすぎてしまう。

そしてピークを過ぎると、特に鋼板製は直ぐに冷めてしまうから、
また焚かなくてはならなくなってしまう。

放出してしまった無駄な熱は、もう戻ってこないからね。






鋼板にソープストーンを組み合わせた薪ストーブは、
それを纏っていないものと比べたら、もちろん冷めにくいのは確かだけれど、
焚いて200℃オーバーのソープストーンと、その半分の温度じゃエライ違いなのだ。

蓄熱しても、冷め初めのスタートが200℃と100℃じゃ全然違うでしょ!


だから、同じソープストーンの薪ストーブでも、
蓄熱・保温の時間が違うと言うか、用途を別に考える必要があるよね。






この世界地図いいね。
一枚欲しいんだが、どこかで売っていないかな。

額に入れて飾りたいんだけど(笑)


世界の陸地の位置関係は、実際はこれに近いんじゃないかと思ってる。
少なくとも球体でないことだけは確かなようだ。

みんなも、心の窓を開けて風通しを良くするといいよ。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 8℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お気に入りの薪ストーブは焚付がめんどくさい(グランデノーブル)




まったく興味が無いので個人的にはどうでもいいんだが、
日本がドイツに勝ったとかで、好きな人は盛り上がってるみたいねワールドカップ。


ニュースでチラッと見ただけなんだが、勝敗なんかより気にして欲しいのは?
誰もマスクして観戦なんてしてないってことだな。

早く気づけよ日本人と言うか、羊の群れをいつまで続けるのって暗に言われてるんだよ。
今時マスクなんてしてるのはアンタら日本人だけだぜってね(笑)






アルテックのグランデノーブルは、今ではすっかり部屋の空間に溶け込んでいて、
これまで書いてきた通り、大変お気に入りの薪ストーブになっている。

そんなグランデノーブルなんだが、今日は焚付について書いてみようと思う。


結論から言ってしまうと、これまで焚いてきた薪ストーブの中で一番めんどくさい(笑)

と言うか、給気レバーを全開にして焚き付けるのは同じだが、
空気の流入量が少ない薪ストーブなので、ドアを開けておく時間がどうしても長くなる。


開けて焚くと言っても、ラッチの所で1mmもない僅かな隙間なんだが、
他の薪ストーブのように、少し火が回ったくらいではドアをロックできないのだ。

鉄板を敷いてしまったので、炉床からの空気が遮断されてることも影響しているだろうが、
とにかくガラス面に流れる空気が弱いようなのだ。


おまけに炉内が石の壁なので、ちょっとやそっとじゃ温まらないのよね。
鉄やバーミキュライトのような訳にはいかない。

組んだ薪全体に焔が立つようになるまで、閉じない方がいいようだ。
他の薪ストーブは5~10分も開ければ十分だが、20分以上経ってやっと閉じるような具合だ。

グランデノーブルは、とにかく火の回りが遅い。



 


焚付け時に組む薪は、太目のものはご法度で、
燃焼しやすい太さのものを多めに、木っ端の焚付材も多い方が無難だ。

無理にでも、先ずは早く火が回るように仕向けてやる必要がある。


着火剤を使って点火するんだが、かったるいのでクリスピースターターを二つに割り、
上からでも下からでもない中段に置いて、2ヵ所で燃やし始めてる。


まぁ大体こんな感じでグランデノーブルを焚付けてるんだが、
鉄やバーミキュライトの炉に慣れてると、勝手が違い少し戸惑うが大した問題ではない






天気予報を見ると、今日は快晴で少し暖かくなるようだ。

昨日まで2週間天気に表示のあった12月2日の雪だるまは消えてしまって、
氷点下も期待薄の傘マークになってしまった。

ちょっとだけ残念。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 6℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グランデノーブルにしたおかげで薪が減らなくなった




まとまった雨がおととい降ったばかりなのに、今日もこれから雨が降るようで、
愚図ついた天気は、明日の朝まで続くみたいね。

その後はまた数日間は晴れの日が続くみたいだが、
この辺りの2週間天気の予報を見ると、いよいよ雪だるまマークが現れた。

予報が当たればの話だが、閑居の初雪は12月2日になるらしい。






自室の薪ラックが空っぽになったので、1本1本丁寧にブラッシングをして、
薪に付着した粉クズや、虫の死骸を落としてから補充した。

天気の良い昨日の内に運び込んでおいて正解だった。






いま焚いてる薪は全てクヌギで、割って薪棚に並べてから3年以上経ってる。

薪ラックに置いておくのは主に追加薪用で、
中割りをメインに、細めの大割りを混ぜてストックしている。


これだけ用意しておけば、今の時期なら10日以上は追加薪に使えるだろう。

蓄熱型のグランデノーブルにしたおかげで、薪が減らなくなった。
なにせ、朝しか焚かないのだからね。

何度も書いてるが、薪が減らないイコール燃費が良いと言うことじゃない。
燃焼させて同じ熱量を得ても、その熱の出し方が違うだけね






住宅性能を考慮したうえで、部屋の広さを間違えなければと言う前提だが、
いつも在宅しているなら、グランデノーブルはおススメだ。

朝から焚いて就寝まで追加薪をして過ごせば、翌朝まで蓄熱効果が期待できる。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 7℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 0 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ