薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

山菜直売所のキムチが旨い

山菜直売所のキムチは美味いのだ!
店を切り盛り取り仕切る番頭的女店員さんは、南の朝鮮半島からやってきたからだ。 とっても愛想が良くて好感さー

試食してしまったボクは、もう買わずにはいられない。
自家製キムチのお味は深~く絶品なのだ! そんな美味しいキムチの素も売られている。


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~

夕方になっても客足が途絶えることはなく盛況さね。 右の白い棚にあったキノコのおこわやチャーハンの類、あんころ餅(おはぎ)や鱒の唐揚などのお惣菜はスッカリ売り切れ状態みたい。


泥付の長葱も並んでいたり、他の朝採り野菜たちもラインアップ。

このフレッシュたまご、地鶏の卵がいいね~ 日頃はブロイラーのタマゴばっかしだから・・・

山菜直売所の実質的オーナーは最近炭焼きも始めたようで、これがその試作釜なのだ。 イノシシやニジマスを焼いたあの炭はここで焼かれたものなのさ。

ここは福島県双葉郡川内村、割山峠の迂回トンネルの手前、袂的ヤードとしてこの 山の幸直売所 があるのだ。



いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 10 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キノコ図鑑にならない怪しい知識

山の幸直売所にはキノコがもう並んでいるよ!
知らないキノコもあった。 何して食べるの?

これ何て名前のきのこ?

これはハエトリシメジだったかな?

これは多分ニンギョウタケ?

そしてこれは恐らくクサシメジ?

ん~ なんだか怪しいね~
??? ばっかしだ! ボクの説明だから尚更怪しいのね(笑)

そんなキノコ達だけれど全部食用さ、旨いきのこなんだよ。


いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 7 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

虹鱒の塩焼きに齧りつく

ずっと気になっていたようだ!
炭火で炙り焼かれるニジマスのことが・・・

助け舟の一言をボクがかけてやると、ほらね!
これで満足かい?
どうでもいいけど、塩は落としてかぶりつけよ!

捌いた虹鱒は、オスメス丁度6匹ずつだったようで、白子と卵が仲良くカップル串焼きに・・・

それにしても、よう食べたなぁ~
ボクは塩焼きまではさすがに食指が動かんさー

猪の丸焼きに始まり、鯉のあらいと虹鱒の刺身をいただき、最後は鯉こくで上がりさね。

『ごちそうさまでした』


いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 5 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

虹鱒、太っちょニジマス登場

『こりゃ美味い!』 鯉の洗いに惚れ惚れしていると、艶かしいセクシー虹鱒のあらい?まで登場さー

何ともきれいな悩ましい色なんだろう。
コイツも脂がのってメロメロに美味いのだ。 塩焼きやムニエルで食べる実にポピュラーな魚だけに、こんな刺身のバリエーションがあったこと、その美味さに感動してしまった。

鯉にゃ悪いが、虹鱒のしっとり味に無節操なボクはすっかり移り気、恋心なのだ(笑)


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~

美味さなら太っちょが良いみたいだ。 とにかくデカイ虹鱒だった。 刺身を食べたのも初めてだったけれど、明らかにいつものサイズと違っていたよ。

何てことだ。 刺身の旨さで幸福感に浸っていると、今度は鯉こくが登場だ! 刺身にならない頭や中骨や尾は捨てたら勿体ない。 あら煮の鯉こくとして食べるのだ。

味噌味で特に頭の出汁が効いているのか実に美味い。 卵も入っていて子供達も大喜びさね。



いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 5 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯉のあらい

イノシシの丸焼きを初めて食べて感動していると、今度は鯉のあらいが登場! コイツがまた感動ものの鯉ちゃんで、ここまで脂ののった鯉の洗いというのもなかなか食べられない。

実は鯉の生産量日本一の福島県、ボクは子供の頃から、特に祭りや祝いの席で鯉の洗いはフツーに食べていたけれど、それらはどちらかと言うと割と淡白な味のことが多いものだ。

それがこの洗いときたら・・・
『鯉は濃い程恋しくなる』 の3拍子なのだー


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~

大抵の場合、酢味噌でいただくことが多いのだけれど、今回はありあわせの山葵醤油でいただいた。 洗いを一切れつまんで、竹で作った器の醤油につけると、表面に脂がパッと広がる。

つい今しがたまで生きておった鯉ちゃん達、皆の胃袋に・・・

たまには鯉の洗いも良いものだ。 いつも鮪や鰹ばかり食べているから、何だかとても新鮮な味だね。

ここは山間の村外れにある山菜の直売所だから、当然水道水なんてない。 井戸水なのか湧き水なのか、それとも谷から引いているのか分からないけれど、とにかく水も良い訳で、洗いも更に美味しくなる訳さ。

個人的な好みとしては、盛り付け前に冷水につけることが出来れば、身がしまって食感が良くなるけれど、ここは料亭じゃない、ワイルドさが良いのだからそれは言うまい。



いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 5 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猪・イノシシ・いのししを食べる

どうやら事故死だったらしい。 里山にはイノシシがあふれている。 食を求めて畑を荒らし、道に飛び出したところでお陀仏、くたばっちまった短い生涯の子猪なのだ。

そのまま捨て置かず、食べてやることで成仏してもらおう!
という、皆の図りごとの行動力は、食のことだけにすばらしいものがあるようだ。
タヌキは不味いがイノシシはそれだけ美味いということだろう。
(因みに本当は初冬の猪が美味いらしいけど、今回は事故だからしょうがないね)


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~

炭熾しもガスバーナーでやってしまう豪快なもので、もちろん自家製の、それも焼きたての炭だ。

炭火の上に吊るされた哀れ? イノシシの運命なのだ!
食は、生きるということは今更ながら残酷、そういうものだ。

炙ること1時間、とても良い感じに焼きあがったみたい。
せっかくだから、皆で記念撮影さ。

早速長男君が後ろ足に齧り付いた。 一番美味そうなところだ。
イノシシのあの強靭な足を食べたのだから、運動会で今度は1等賞がとれるかも知れないぞ!

子猪だったせいもあってか、肉はとても柔らかく臭味も殆どなく、塩コショーでいただくとビールがとても美味いのだ!

友人のE氏が言うには、ハクビシンはもっと美味いらしい(笑)



いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 7 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

煙突の悩みは11月まで続くのだ

室温19度、Tシャツ半ズボンだとチト肌寒い。 外気温13度、見事な放射冷却の朝、薪ストーブの出番だぞ!

さっそく細薪、中薪運び込み、いざ焚付着火してみれば・・・ おぞましき煙の逆流のはじまりはじまり~
すっかり油断していたようだ。 我家の煙突君は気難しいのだ。
内外気温差6度だと逆流してしまうことは、昨シーズンのF100で重々承知の筈なことだった。

これは壁抜き煙突の欠点だし、更にウチの場合は外部分が9メートルもある長~い煙突なのだ。


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~



煙突内部が室温以上に暖まっていれば、内外気温が何度差あっても平気なんだけれど、外気温と同じに冷え切った煙突君はすこぶる機嫌が悪いのだ。
12月頃、本格的なシーズンに突入してしまえば、そう、1日中焚いているようになれば、今シーズンからはこの問題は解決するけれど、それまでは、いきなり着火すると逆流に悩まされることになるかも知れない。

F100の熾き火を含めた燃焼時間は4,5時間だったから、21時に最後の薪をくべたとしても丑三つ時には完全に鎮火してしまう。 その後夜明け前の冷え込みに耐えられず、煙突はスッカリ外気温と同化状態、逆流の悲劇はシーズン中ずっと続いていたのだ。

だけど今シーズンはFA225なのだ。 F100より大きい薪ストーブだし、ましてや触媒機(キャタリティックコンバスター)だから燃焼時間は長い、朝まで熾き火は残るはずなのだ。

ということは・・・

煙突が完全に冷えてしまうことはないだろうということさね。 つまりは煙の逆流はない筈なのだ。

それにしても本日、清々しい秋晴れの朝だ。

これから久々に家族でドライヴへ出かけるのだ。
草野心平の川内村までね。

イノシシの丸焼きと鯉のあらいがボクを待っているのだ(笑)


薪ストーブ情報なら firewood.jp へどうぞ!


いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 3 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金木犀

窓を開けると甘い香りが・・・ そう、金木犀の匂いだ。

今年は早いな。 昨年の記事 金木犀・銀木犀・金銀木犀 は10月に入ってからだったもの・・・

銀木犀はまだ蕾で、あと数日かかりそうだ。

助演がいないと主役の金木犀も映えないさー



いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 7 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無線有線の乱・ラン・LAN

ボクのDIY、何でもやっちゃうシリーズなのだ!

せいぜいが10000kbpsの我家の無線LAN、十分といえば十分ではあるけれど、スピードチェックの度にすこぶるむずかる不満、どうにもこうにも シャク なのだ。

だって、FTTHなのにADSL並みの速度なんだぜ!
高い料金支払ってるのに、基地局が遠いせいもあるけれどADSL並みじゃなぁ~(笑) ってんで、

ボクの反乱、無線LANから有線LANへと変更さね。
それに無線だと通信不安定なこともあるし、セキュリティー上も宜しくないからね。 こんなこともあろうかと、たまたま壁の中にはケーブルスペースの配管がしてあるのさー


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~

ラヂオペンチとカッターナイフ、道具が無いということは哀しい。

こんなんでホントにモジュラージャックが出来るのかー?
とにかく端子結線のためにビニールを剥くしかないのだ。

ストレートケーブルの配列を間違えないようにモジュラージャックに差し込んで、ラヂオペンチでかしめてみたけれど・・・




いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 2 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

懐かしき郵便ポスト

まだまだ現役のポストもあるけれど、これは引退してしまった懐かしいポスト。 やっぱし目立つというか、この形だとボクの世代は反応してしまうのだ。

小学校の前の公園にひっそりと佇んでいるこのポスト、現役時代を知らない、今の小学生の気を惹くこともなさそうだ。


■クリックお願いしま~す■
人気ブログランキング
1日10人クリックしてもらえないかなぁ~



ベリーカードだったっけ? かな~
海外の短波ラジオ放送を受信して葉書を出すと、記念のカードが送られてきた。 ボクが中2の時に嵌っていた遊びで、特にオーストラリア放送のワライカワセミの声が印象的に懐かしい。

あの時代に、このポストには随分お世話になったよ。
『ありがとう!』



いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 3 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ