薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

薪ストーブの燃焼動画/ヒタ・ロギ ソープストーン



寒い、今朝はついに2℃を切ってきた。

煙草をふかしながら空を見上げれば、放射冷却で星空がキレイだ。
ゾクッとして、身震いするくらい美しい。

いや、それは寒いからか(笑)


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



写真は昨日の続きで、組んだ小割木っ端に火をつけたところだ。

こんなにたくさん、て言うか、これでも少ない方じゃないかと思うんだが、
上から着火で焚き付けするには、木っ端がたくさん必要だ。

その時にある適当な小薪と木っ端を掴んできて、その日の気分で薪を組むんだが、
両サイドに下駄を履かせて、そこに細薪を橋渡しして木っ端をのせるパターンは変わらんね。


ロギを焚くには、て言うか、クリーンバーン機を焚いてるなら、
なるほど、大量の細薪作りに キンドリングクラッカー があると重宝するだろうね。


オーブン付きのロギを焚き始めて、早いもので10日が過ぎたんだが、手前味噌で申し訳ないが、この薪ストーブはマジで良いと思う。

もちろんオーブンの使い勝手も含めてのことなんだが、
ところがどっこい、ロギは薪ストーブとしても良い仕事をするから好きになってしまう。

図体も熱量もかなり大きなストーブなので、インスパイア55Hのようにお気軽に焚けないから、ロギはバリバリの主役で脇役じゃない。

なので、一家に二台目としての薪ストーブにはなりずらいが、
暖房器具として、クッキングストーブとして、こいつは鋼板なのに意外と頼もしい。

ただし、それはソープストーンを纏ったロギでのことだ。
価格差は126,000円なんだが、それ以上の価値はあると思う。


閑居で二台目の薪ストーブとするなら、本当はロギではなくて、サイズ的にノルンの方が合ってると思う。 これなら55Hの時のような焚き方も出来ただろう。





ソープストーンは蓄熱性と、鋳物に勝る冷めにくさが武器なんだが、
実は鎮火に向かう温度のスタートラインが違うので、単純な比較は出来ない。

鋳物は平均的な表面温度がピークの250℃がスタートラインだが、
ロギのソープストーンはいくら頑張っても100℃台からのスタートでしかないからだ。

いかにソープストーンが保温性能に優れていても、その温度差は大きいと思う。

それでもロギが優位なことは、その蓄熱材であるソープストーンの体積と表面積が、
アンコールなどの一般的な鋳物ストーブよりも大きいことだ。

サイドパネルの2枚と天板を合わせると、なんと126kgもあるのだ。
小型の鋳物の薪ストーブ1台分だ。




上から着火によりガラスが汚れないことも分かったし、ロギに欠点は見つけられない。

とても良い薪ストーブだと思う。





大画面でながめる焔もいいものだ。



こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 1.3℃



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小割りをせっせと作ってるのは何のため?



今は小割りをせっせと作ってたりする。
どうしても必要に迫られれば、めんどくさくてもやるしかないのだ。

ビニールハウスから拾ってきた木っ端の量には限りがあるからね。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


割り箸よりも少し太めで、ジェンガと同等か、それよりは細いような短い薪を、
焚き付けに使うためのものなんだが、暇さえあれば割っている。

それがあれば、薪割で出た木っ端を少し足すだけで着火がスムーズになる。


アンコールやデファイアントを焚いてるだけなら、そんな小割りは必要なかった。
ダンパーを開けて薪を組み、クリスピィを下に置いて火をつければ簡単に焚付できたからだ。

そんなやり方で15年、すっかり杜撰なスタイルが定着してしまってたんだが、
ヒタのオーブン付き薪ストーブ、ロギを焚くことになって、変えざるを得なくなった。




最初はいつも通りのやり方で、僅かな小割りと中割りで薪を組んだ下に着火剤を置いて、
55Hの時のようにドアを少し開けて焚いていたんだが、何度やっても上手く行かなかった。

どうしても冷えたガラスが結露して、そこに煙の煤が付着して汚れてしまうのだ。
焚き上げれば汚れは焼き切れてしまうが、結露の跡が白く残ってしまい気に入らなかった。

ガラスの汚れには神経質、て言うか、クリアなガラスに拘る性質なのでね(笑)

ドアの隙間から煙が漏れるのを嫌って、
直ぐにドアを閉じてしまうから、余計に結露しやすくなり汚れてしまう。

薪の組み方を変えたりして、2日間がんばってみたが結果は同じだった。

炉内での煙の流れ方を観察していると、炉床で燃えてる薪の煙をガラスを伝って下りてくる空気がバックパネルに押しやって、それが今度はバッフルへ上昇すると再びガラスに向かって来る。

水蒸気を含んだ煙が冷えたガラスにぶち当たり結露して曇るのだ。

なるほど・・・

それならばと、これまで無縁だった上から着火を試してみた。
ダンパー機ではメリットを感じられなかったし、木っ端を多く使う割りに火の回りも遅いしね。

結果は予想通りだった。

バッフルに近い位置で燃焼すると、煙は遠回りせずにガラスに向かうんだが、
流れが弱くガラスに当たることなくバッフルの端部から煙突に吸い込まれてくれるのだ。

そうすることでガラスは徐々に温められ、結露しない温度になる。

焔が大きくなるまでの時間はかかるが、
ガラスが結露することもなく、キレイなままで焚き上げることができた。

ロギには上から着火が合ってるし、それしかないね。
たぶん、ロギに限らずバッフルのあるクリーンバーン機は、そうなのだと思う。


と言うことで、冒頭の小割りをせっせと作ってることに繋がる。




こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 4℃


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

かわはら薪ストーブ本舗と飲んだくれ



立冬はとっくに過ぎてるのに、北海道では記録的な雪の遅さらしいが、
昨日からの寒気で、いよいよ初雪が降ったのかね?

今朝は放射冷却で6℃まで冷え込んでるが、
これで雪の便りでも届けば、いよいよ秋もお終いだ。

空を見上げると、オリオン座の位置も少しずつ西へ傾いていて、
あと半月もしたら愛宕神社の山陰に消えて、ここ閑居からは見えなくなりそうだ。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



ヒタ・ロギの燃焼が見たいと、昨日は午後から川原さんがやって来て、
焔をながめながら4時間くらい薪ストーブ談義だった。

その後は6時間半、すし割烹富山に移動して飲んだくれ、そして現在に至ってるんだが、
実は3時間しか寝てなくて、頭がボーっとした状態で今これを書いてる(笑)


いつものことだが、楽しい時間はあっという間の出来事だ。

寝不足で気乗りのしない今日の仕事も、あっという間に過ぎて欲しいもんだ。




こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 6℃



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

薪場での処分は諦めて持ち帰ったクズ薪



昨日は予報に反して快晴で、陽射しが11月とは思えないようなジリジリだった。

風もなく穏やかなんだが日向にいると暑い。

本来なら小春日和で暖かな一日だったと書きたいところなんだが、
もうね、使いたい漢字は春じゃない、小夏日和だな(笑)


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】




借地を返すために クズ薪の焚火 をしてみたんだが、火の始末の問題があるんで長い時間拘束されてしまうのが辛い。 やはり現地で全て処分するのは合理的じゃない。

なので、しょうがないんで閑居に持ち帰って燃やすことにした。

軽トラックの荷台に無造作に放り込んで山盛り1杯だった。
なんとか殆んどのクズ薪を積むことができたんで、あとは一気に燃やしてしまえばいい。

自宅なら側で火の番をしないで済む。

それに、ドラムカンと言う最強の焼却炉があるからね。


野晒しで地面に転がってた玉を割ったものなので、腐朽菌が入りまくりで完全にボケてぼろぼろだったり、なんとか半分だけ薪と言えそうなものもあったが未乾燥だ。

中にはジメジメして虫だらけ、蟻の巣になってる玉まであった。

そんなのそう簡単に燃やせるもんじゃない。
それでも、乾いた杉の葉を集めてきて焚き付けてやると、時間はかかるがどうにかなる。

水分を含んだ煙がもくもくで、狼煙を上げてる時間は長いんだが、
着火さえできればやがて大きな焔に育ってくれる。

そうなったら、あとはひたすら燃やすだけだ。
ドラムカンの中には真っ赤な熾きができてるんで、それが無くならない内に追加薪すればいい。




もっと早く、こうなる前に割ってやれば立派な薪になったのにね。
薪をたくさん持っていると危機感がなく、忘れ去られた中途半端な玉たちなのよね。

勿体ない話だが、クズ薪は1立方m以上はあった。




こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 11℃


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

お宮参り、のんだくれ、減らないクズ薪の焚火



昨日は初孫のお宮参りだったんだが、七五三詣と重なって開成山大神宮は大混雑で、
1度の祈祷が10人以上なので、たった15分で?万円(笑)

神社と写真屋だけが儲けを独り占めしてるような、
そんな1日に思える繁盛振りだった。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



昼からは会食で、5時間の飲んだくれだった。

5合は飲んでないと思うんだが、4合?
徳利がごちゃ混ぜなのでワカランが、いずれにしても、ちょっと飲みすぎだな(笑)


写真は一昨日のもので、最後の薪割会 で割ったクズ薪の焚火だ。

4時間やっても大して減ってくれなくて、1/5?
こんなペースじゃ先が思いやられる。




風が強かったんで穴を掘って正解だった。

焚きっ放しが出来ないから厄介だ。
最低でも焔が立たなくなるまでは火の番をしなきゃならない。

これが退屈なんだが、ビニールハウスの中を片付けたりして時を過ごすしかない。

明日はいよいよ解体なので、今日は午後から最後の片付けだ。
2×4ログラックも分解するんで、インパクトを忘れないようにと、メモメモ(笑)




斧は持ち帰りだ。

いまでは貴重? なマジックアックスとワイルドライフ、それとバネ式の変な斧の3本だ。
バネ式の斧は誰も欲しがらなかったやつなんだが(笑)



こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 7℃



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

煙突掃除の煤の状態は良好?



昨日は薪場で4時間の焚火だった。

最後の薪割会 で割ったクズ薪を処分してたんだが、
前日が雨降りだったこともあって、なかなか盛大に燃えてくれない。

熾きがたくさん出来てしまえば何でも燃えるんだが、それまでが大変だった。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


薪ストーブの入替えがなければ今シーズンは点検だけで煙突掃除をするつもりは無かったんだが、せっかく新しい薪ストーブ Heta LOGI を設置するならと、ブラシ通しをすることにした。

Heta 55H を繋いでいた時は長さが5.4mの煙突だったんだが、
掃除のために外した煙突長を差し引くと、実質4.6mのブラシ通しになった。

新しく繋いだ LOGI は、55H よりも背丈があるので、これまでよりも少し短くなるんだが、
測ってみたら5.13mあったんで、長くはないが短くも無いので問題ない。

ちなみにアンコールの煙突は5.75mあるんだが、近く25cm短くなる予定だ。
その理由については、年内には記事になると思う。




さらさらふわふわの煤だけだった。
薪の状態と焚き方は問題ないね。 て言うか、オイラが問題ある訳ない(笑)

量としてはどうだろ? どんぶり1杯分はあったかな。
多いと思われるかも知れないが、焚いた時間が長ければ煤も多くなるのは当然だ。

セカンドストーブとは言え、夏以外は焚いてるんで、下手すりゃ焚いてるし(笑)
一般的なユーザーの1シーズン分位の時間は焚いていると思う。


そういや、昨日も薪購入希望のお客さんが突然やってきたんだが、
この調子なら薪の販売を始めるとしても、特に何もアナウンスする必要はなさそうだ。

これから先も、生産量はそんなに多くはならないからね。
せいぜい薪棚2回転分しか作れないだろうから、48立方mにしかならない。

めんどうなので長さは40cmで統一しようと思う。

この辺りで焚かれている薪ストーブは、関東以南とは違った薪ストーブ事情がある。
割と大きな薪ストーブを焚いてるケースが多いのだ。

短い薪の要望が増えれば作らないこともないが、手間が一緒なので値段は同じだし、
むしろ置き場に困ったりして厄介なので、高くしたいくらいだ。

そうそう、自分で薪割りしたいと言うなら、好きな長さで玉切り販売もする。
約1立方m(軽トラック1杯)で12,000円かなぁ~

原木があるとき限定だが、希望があればメールください。



こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 8℃


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

薪の引越し最終便と、ヒタのソープストーンならオーブン付がいい



写真は、薪の引越し最終便だ。
長かったね、て言うか、マジで本当に疲れた。

結局、26立方m運んで、11立方mを現地販売したんで、
在庫として持っていた薪の量としては、ぜんぶで37立方mだったことになる。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



Heta LOGI を焚き始めて5日が過ぎて今日で6日目だ。
珍しさも手伝って、今のところ毎晩のようにオーブンで食材を焼いている。


ヒタの薪ストーブラインナップは、新製品の 3タイプ9バリエーション が加わって、
これまでのインスパイアと合わせると選択肢がずいぶんと広がった。

LOGI ロギ NORN ノルン ambition アンビション Inspire インスパイア


ファイヤーサイドの薪ストーブは、これまでは圧倒的にバーモントキャスティングスがメインだったが、ライフスタイルや住宅事情などが時代と共に変化して、今後はヒタが主力商品になっていくのかも知れない。

鋼鈑製の薪ストーブでもソープストーンを纏ったものを選べば、
その蓄熱性能から、寒い地方でも十分役目を果たしてくれるのだろうと思う。

ただ、ソープストーンタイプは天板でお湯が沸きにくい。

その点は実際に焚いてみると、デファイアントやアンコールを長いこと焚いてきたからか、
やはり物足りなさを感じてしまう。

なので、ヒタのソープストーンを選択するなら割り切るしかない。
そこは諦めて、別の付加価値としてオーブン付きタイプにするのが良いと個人的には思う。

でなければ、やはり寒い地域には鋳物の薪ストーブがいいね。

オーブンを使わないで暖房として焚いてるだけなら、アンコールの方がいい。
同じ室温になった空間にいると感じるんだが、ストーブからの熱がやわらかいんだよね。

そしてトップでは、水が20分もすればグツグツグラグラと沸騰している。
アンコールとデファイアントの天板は最強だ!




薪の引越しは、とっくに終わってんだが、写真が後からついてくる(笑)

これ、ぜんぶクヌギだ。

ビニールハウスの移設も13日に決まったんだが、その写真も後からついて来る(笑)




ミニキャブ時代は中に軽トラックを入れて薪積みできたが、
ジャンボになって、ハイルーフなのは良いんだが、ビニールハウスに入らなくなった。

右のテールランプ枠が歪んでしまった。
実はこれ、停車中に追突されて凹んでしまったんだよね。

どこ見てハンドル握ってんだか、携帯でも弄っていたのか?
ぶつかった瞬間、結構な音と衝撃だった。

驚いて振り向くと、自転車の若者がひっくり返っていた。

「おいおい大丈夫かよ?」

どう見ても社会人ではなさそうで、リュックを背負った大学生か高校生にしか見えない。

足を少し引き摺っていたが大したことはなさそうだし、
車が凹んだことは伝えたが、それ以上は可哀相なので責めなかった。

農道の路肩に停車してたんで、こちらに非はない。
同情なんてしないで、親御さんに弁償して貰えば良かったか!?(笑)



こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 14℃



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

灰受け室のファイヤーツール



朝はアンコールを焚いて、晩方からはヒタのロギを焚くんだが、3日続けて焚いてロギの特性もだいたい掴んだし、て言うか、55Hを焚いてたので直ぐに慣れた。

ヒタにはヒタの焚き方、燃え方と言うものがある。


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


ただし、55Hと比較して燃焼炉がかなり大きいので、ちょこっと焚きには向かない。
バーミキュライトで囲まれた空間体積は2倍もあるので、焚き付けに使う薪の量も多くなる。

焚き付けで1つ気になったのは、扉を僅かに開けておくことが出来ないことだ。

ヒタの薪ストーブは空気全開で焚いても過燃焼しない給気口の設計になっていて、
そのため、最初の焚き付け時だけ空気が不足気味になるので、焔が薪に絡むまでの数分間だけは、ドアを少し開けておいた方が燃焼はスムーズに進むのだ。

それがロギでは、ちょうど良い開度を保つことができない。 ドアの開閉がレバー式ではなくて、オートロックなので、ロックがかかる手前では開き過ぎて煙がドアの上から漏れてしまう。

なので、最初からドアを閉める必要がある。 そうすると、冷え切ったガラスはどうしても結露して両端が少し曇ってしまうんだが、まぁこれは直ぐに消えるので問題ない。

ただ、スムーズな立ち上がりをさせたいとなると、
直ぐに密閉してしまうので、55Hの時よりも多くの焚き付け木っ端を必要とするようだ。

アンコールやデファイアントでのズボラな焚き付けに慣れてしまってると、55Hでさえ小割りを作るのが億劫だったのに、ロギではさらに多くの細薪を用意しなけりゃならなくなった。

呟きとしては、「めんどくせぇなぁ~」 となる。

まぁしょうがない、うまい焼物、酒の肴のためなら 「♪え~んやこ~ら」 だ(笑)




燃焼炉の下には深い灰受けボックスがあるんだが、
そのドアにはなんと、シャベルなどのファイヤーツールが内蔵されてる。

見せるツールから隠すツールへ時代は変わるのか!?

いずれにしても、炉台周りがスッキルするのは確かで、これもありだと思う。
灰受けボックスの下と両サイドには余裕があるから、何かを隠して仕舞うのもいいね。

グローブも仕舞えるし、それほど高温にはならない場所なんで着火剤でも大丈夫そうだ。




灰受けボックスにはガスケットが張ってあって、炉内の気密が保たれている。
その奥にには、ヒタ得意の回転式給気口が組み込まれている。

なので、ここの空間はいつも室内空気が流れていて熱くなることはないだろう。


追記

 昨日は半年振りに 「すし割烹 富山」 で飲んだくれていた。
 5時半から12時半まで7時間だ。

 最後の1時間半は親方の富ちゃんと2人で飲んだくれ(笑)

 きのう 食べたもの




おまけ





こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 11℃


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

焚いてりゃいつでもオーブンだ



電気仕掛けのオーブンレンジがイカレたので昨日買い換えた。

3.11の震災の時に落下して、扉のヒンジが歪んで既に半分壊れていて、
一応はそれなりに修正したんだが、閉めるのにコツがいるようなポンコツになってしまってた。

それでも騙し騙し使ってきたんだが、とうとう細君の我慢の限界が(笑)


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



薪ストーブのオーブンがあるんだから要らないだろ!

とはねぇ~ やっぱし言えないじゃない?

冬だけ、て言うか、使えるのは期間限定だし・・・

厨房担当にへそ曲げられたら、オイラは生きていけない。
正確に言えば、酒の肴を作ってもらえなきゃ生きていけないってことだ。

だって、それは人生の半分の楽しみがなくなることを意味するからね(笑)


とまぁ電気仕掛けのオーブンのことはさておき、薪パワーのオーブンだ。

ちょうど土産に貰った仙台牛タンがあったんで、ロギで焼いてみた。


結論から言うと、もう2度と焼き肉はやらない(笑)

確かにすごく美味いんだが、焼いた翌日の後片付けが大変すぎる。
それと、翌朝まで残る肉の脂の臭いがねぇ~




焼き肉自体はご覧の通りで、見るからに旨そうでしょ!
実際、たまらん程に美味いのよねぇ~

でも、それすら敵わない、満足感を打ち消してしまうのが後片付けの大変さだった。
オーブン内にあるすべてのものに飛び散り、辺りかまわず付着する脂が酷いことになる。

そうね、美味いんだけれども、もうやりたくない。

オーブン付属の棚がデカくてシンクで洗えないから外で洗ったんだが、
今の時期はまだマシだが、冬のピークに、氷点下の朝に、外で洗い物するなんて無理(笑)

平たい鉄板の ダブルプレイグリドル で焼いたんだが、
せめて深型の ロースターグリル を使ってりゃ少しはマシだったかも知れないね。

それと、捨てられるアルミホイルで、養生してから焼けばよかった。


その点グラタン系はいいね。
昨日はラザニアを焼いてみたんだが、これなら後片付けがなくて美味いだけだ。


晩酌しながらだと食べ切る前に冷めてしまうんだが、
そしたら、またオーブンに入れて温めりゃいい、焚いてる限りいつでも気軽に使えて便利だ。

電気代もかからないしね(笑)





まぁそんなこんなで、なにかといろいろ楽しめそうな薪ストーブのオーブンだ。

熾き火になった燃焼炉を利用して焼くのは、これまで面倒なので殆んどやらなかったが、
独立したオーブンがあると、不精なオイラでも使いたくなる。

焚いてりゃいつでもオーブンだ。




こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 10℃



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

火入れ式は予想以上の煙と臭いだった



こんなに旨かったっけ?

いやね、北海道土産で「白い恋人」を貰ったんだが・・・

「土産物にうまいもの無し」 ってのが、これまでのオイラの人生の中で経験則として蓄積されているもんだから、て言うか、若い頃はリアルに不味かった想い出が確かにあった。

甘すぎてね。

なので、積極的に食べなかった「白い恋人」 を、勿体ないからと食べてみたら、
これが旨かったりするのよね~

北海道が進化してるのか、自分が進化したのか、どっちだ(笑)


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


新しい薪ストーブ、ヒタのロギはとにかくガラスがでかい。
W56 × H38 cm もあって、表から窓として見える寸法でも 54 × 34 cm もある。

そして、最近のモダンなストーブに多い曲面ガラスだ。
こいつは割ったら高いだろうなぁ~


一昨日の初焚きでは塗料を焼き切るのにエアー全開でガンガン焚いたんだが、
カタログの謳い文句通り、確かに40分でオーブン内の温度は200℃を超えていた。

それにしても火入れ式は予想以上の悪臭だった。

図体がデカイと塗装面積も大きい。
それだけ多くの煙が出るから、焼き切る臭いが半端なかったのよね。

1時間以上は家中の窓を全開にして焚いていたな(笑)


そのあとは、追加薪をして焔を小さくして焚いていたんだが、
オーブン内は焚いてる限り200℃以上キープして、ピークには240℃まで上がってた。

焚いてさえいれば、いつでもオーブンがスタンバイ状態だ。




空気量の調節はスライドレバーひとつだけなので簡単だ。

ヒタお得意の一次空気と二次空気を同時にコントロール出来るもので、
クリーンバーンの中では自然な焔で、これは55H時代からオイラのお気に入りだ。





ドアの開閉はちょっと手の込んだ作りになっていて、
レバーを引き出すとロックが解除されてドアが開く仕組みになってる。




閉じる時は、車のドアと同じ感覚で手を放せばいい。




オーブンと灰受けドアはロック機能はなくて、単純に磁石でくっついてるだけで、
指でプッシュしてやれば、バネの力でドアが開くというシンプルなものだ。




こっちも面倒見てやってください。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

↑クリック手間に感謝です!



※今朝の気温 11℃


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ