薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

たぶん夾竹桃? 自然栽培から有機栽培? クリホサートは止められない?




たぶん、キョウチクトウだと思う。

随分前の記事で この木なんの木気になる木? と訊いたことがあったが、
どこかで見たことのある葉っぱで、ずっと引っかかっていた。

それもその筈で、1995 ~ 2000年まで住んでた家の庭に植えたことがあったからだ。

それを想い出してはみたものの、周りの林に夾竹桃は見当たらない。

どこから種が飛んできたのか?

庭のあちこちに、少なくとも、て言うか、確認できたものだけでも4本生えている。
しばらくの間、不思議だったんだが、その謎が解けた。

近所の庭にその木はあったのだ。
もう少し成長しないと断定はできないが、ほぼ夾竹桃で間違いなさそうだ。


調べていて最近知ったんだが、夾竹桃には毒があり、それもかなりの猛毒に分類されるようだ。
葉っぱを食べると死ぬこともあると言うが、葉っぱなんて誰が食うのかね(笑)

でも子供やペットは気を付けた方がいいかも知れない。

吾が家の家猫も、たまに外に連れ出すと雑草を齧ったりしてるんで、
目を離したすきに、夾竹桃を齧らないとは限らない。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】




おらが畑は原則として無肥料・無農薬なんだが、自然に落ち葉が堆積する山側にある上の畑と、
そうではない下の畑では、作物の育ち方が少し違う。

山側の畑は、耕すだけの無肥料でも十分作物が育ってくれるんだが、
それが下の畑だと、耕すだけでは少し厳しいことが、2年の耕作で分かってきた。


特に肥料食いのナスなんかだと顕著で、育ちが悪い気がする。
なので下の畑は元肥として、来年から油粕だけでも混ぜ込んでみようと考えている。

要するに有機栽培、オーガニック野菜ってやつなんだが、
油粕に残留農薬があると、厳密にはオーガニックじゃない、意味が無くなるんだけどね。




おまけ

モンサントの除草剤ラウンドアップが、世界中で大きな議論を呼んで規制し始めたというのに、
日本だけは何を血迷ってか、規制を緩和する方向にあるのだそうな。




ホームセンターに行けば、ラウンドアップは簡単に買えてしまう。
て言うか、クリホサートに対して、消費者があまりにも無知で無防備なのが問題だよね。

周知させないことを徹底しているとしか思えんワ(苦笑)







 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 24℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白侘助とカンカン照り、昨日の地震とポールシフト




梅雨明け直前の写真なんだが、白侘助は暑さに強いようで、葉っぱはつやつやの濃い緑で、
順調に花芽も付けてるから、晩秋から初冬には咲いてくれそうだ。

白侘助が好きになったきっかけは、
冬の京都の町家の庭に咲いている様子を、何かの番組で見てからだ。

それが閑居の庭に合うかどうかは知らないが、椿より花弁が小振りで真っ白で、
可憐だし、何とも慎ましやかで、どうしても植えてみたくなった。

そうね、白侘助がいいのだ。
侘助は侘助でも、白侘助でなければ意味がない、そんな花だ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】



昨日の朝は曇っていて、今日は涼しくて過ごしやすいなと思っていたら、
それは朝の内だけで、9時過ぎにはカンカン照りで猛暑まっしぐら、結局36℃を超えた。

暑い暑いと、毎日のように書いてる方もそうだが、それを読んでくれてる人たちも、
飽き飽きしてるだろうけど、本当に暑いんだからしょうがない(笑)

ここまで、西日本並みに暑い南東北の夏は、これまで知らない。


異常な気象は世界中で起きていて、日本じゃあまり報道されないんだが、
地球の磁場が低下し続けているようで、磁極もどんどんシベリアの方へ移動してるらしい。

地球の歴史上、過去に何度も起きているポールシフトの前兆かも知れんね。
人為的な温暖化ではなくて、自然現象としての地球の変化なのだろうと思えてしまう?

普段は誰も意識していないが、地球も確かに生きている。


地球が生きてるって言えば、昨日は地震もあった。
晩酌時に少し揺れて、震度的には3程度だと思ったら、発表では4だと言う。

地震が起きると、いつも細君と話していることなんだが、
揺れの体感と発表値が、毎回ズレていることが殆どだったりする。

そういや、新築の際に解体した築60年の家は、
3.11の揺れにも耐えて、屋根瓦は1枚も割れることなく残っていた。

ここは揺れにくい地盤なんだと思う。



写真には ↓ 暑さが写らないから、爽やかじゃん(笑)




たまたま見つけた 北軽物語 というホームページがあって、
興味のあるタイトルの記事から読み始めたんだが、第48話さようなら が切なかった。

古希の時に北軽井沢の別荘を買い求め、通いで10年間過ごしたことの記録だ。

最後は4年くらい前に書かれたものらしいので、いまも御健在として84歳のご高齢だ。
自分に置き換えて考えると、あと25年後のことだ。


このブログ主と同じで、自分もそんな暮らしに若い頃から憧れを持っていた。
だから、今ここに住んでいられるんだが・・・

幸いにして、ここは別荘ではなく、住み慣れた町から出ることなく終の棲家に移動できた。
閑居には、住み替え前と同じ生活の便があることが大きい。

25年なんてあっという間なんだと思う。





障害を持つ2議員の公費支援について、ああだこうだと自論を展開する人たちがいるが、
特に維〇の関係者に多いようで、その言動には呆れてしまう。

そのことについて 慶応大名誉教授 が書いているんだが、
全くその通りだと思う。





 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 24℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガーデニングの砂防ダム 野鳥に盗られたブルーベーリー オリーブの実を夢見る




手作り感満載のガーデニング(笑)

それでも、10ヶ月前    と比較したら、ずいぶん庭らしくなったじゃない? 
1年前   なんて、庭ですらなかった。    


この庭は、意図的に起伏を設けた全体的には傾斜地なんだが、
先日の長雨・大雨のあと、低地に雨水が集まって流れて、土も一緒に流された形跡があった。

しょうがないんで、庭の起伏を見直して改良工事だ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!



ホームセンターからレンガを28枚ほど調達して、
これ以上の土が流失しないように、雨水の通り道になった数カ所に砂防ダムを作った。

砂防ダム? 確かにそうだが大げさだよね(笑)


起伏の谷間をなくしたり、幅を広くとって傾斜を緩やかにしたりして、
そこへ更にレンガの砂防ダムを設けたのだから、もう大きく土が流されることはないだろう。

と言うことで、今日は改修工事の後の庭の写真だ。

今後、グランドカバーを少しずつでも増やしていって、
いずれ植栽が完成すれば、もっと安定して土は流されにくくなると思う。



写真には写ってないが、2本植えたブルーベリーの内1本の実が食べ頃になっていて、
そろそろ収穫しなくちゃと思っていたら・・・

野鳥と言うのは抜け目なく、見計らったように啄ばみ始めた。
それを見た細君が、盗られてなるものかとばかりに、慌ててぜんぶ収穫していた(笑)

まだ樹が小さいんで、全部と言っても100粒もない。
試しに1粒もらって食べてみたが確かに美味で、これじゃ野鳥が食べに来るのも無理はない。


ブルーベリーもいいが、オイラ的にはオリーブの木をペアで植えたい。

タコのマリネが好きなので、それに欠かせないオリーブの実も昔から好きなんだよね。
自分で塩漬けにして食べたら美味そうだ。






庭に何ヶ所かレンガで囲いを作っただけで、彩が緑に映えていいものだ。



おまけ

これまでネットで情報発信する人は僅かにいたけれども、
生身の人間で、金融・経済の真相を語る候補者がようやく出て来てくれた。




頑張っているようだが、果たしてどれだけの人に伝わるか?

問題は新聞・テレビしか見ない年齢層の覚醒なんだが、そこが一番難しい。
メディアはれいわ新選組を完全無視だからね。




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 15℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

庭の水たまりを無くすための暗渠排水は4時間の土木工事だった



3日続けて、晩方になると薪ストーブを焚いた。
確かに肌寒いと言われればそうなんだが、薪が3本ずつ減り続けるのよね(笑)

室温23℃じゃ満足しない軟弱家族にした責任は、オイラにある?

今日も予報は雨と曇り、昨日よりも気温が上がらないらしい。
たぶん、いや、きっと今夜も焚くのだろう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


梅雨入りして雨降りが2日続いた後、昨日は梅雨の晴れ間、とまではいかなかったが、
終日くもり空で、また翌日から雨の予報だったので突貫工事だった。


表の庭を作り始めたのは、薪棚が完成 した秋からだったので、
これまで1~2度の土砂降りはあったと思うが、梅雨の長雨は初めて迎えてる。

土砂降りの時もそうだったが、
今回の長雨でも一時的ではあるが、庭の一角に大きな水たまりが出来てしまった。

下の写真に示した水色に塗った部分がそうで、元々の地形も少し傾斜してる土地なんだが、
庭に起伏を設けたくて、思いのままに山砂を盛土して完成させたら、
一番低い場所に、庭に降った雨の全ての水が集まるようになってしまった。

雨が止めば1時間もしない内に消えるが、
これが結構な水量で、一番深いところでは5cmくらい溜まるんじゃないかな。

だからと言って、いまさら庭の地形を変えるのは大変だし、
いろいろ雰囲気を考えて植栽して、割りと気に入っているんで変えたくない。






なので、また雨が降る前に、排水の暗渠工事をすることにしたのだ。

40mm/2mの塩ビ管を5本つないで、20cmだけカットしたから9.8mの暗渠だ。
ドリルで10cm間隔で穴をあけ、即席の有孔管にした。






雨落とし(雨落ち)の玉砂利の下には、10cmの有孔管が埋めてあるので、
そこへ流してしまおうと言う算段だ。

元の地盤はカチンコチンで鬼のように固く、埋設のための溝堀りが大変で、
砕石は混じってるし、途中に大きな石があったりで途中でくじけそうにもなった(笑)






玉砂利をどかして、勾配を取りながら溝を掘り、塩ビ管を買いに出かけ、
穴をあけて埋設して、また玉砂利を敷き直して4時間だった。

かかった費用は2,300円くらいだったと思う。

達成感だね。

これで、土砂降りでも長雨でも、水たまりが出来ることは無いだろう。






 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 13℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雨樋の無い梅雨入りと、タネ飛ばしの技で、いくらでも増えるスミレ



やっぱし、南東北は梅雨入りだったね。
昨日は、「まさに梅雨らしい」 雨の降り方で、ある意味気持ちがいい。

これが長く続くと、うんざりするんだが(笑)

今日も終日、雨模様のようだし、天気予報では来週の中頃まで梅雨空が続くようだ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


九州北部や中国、四国、近畿などよりも、今年は東北南部の梅雨入りが早くなったようで、
これは1974年以来の45年ぶりなんだとか。

ちなみにオイラが13歳の時だから、早生まれなので中二時代だ。
生きてる内に、もう一回くらいあるか?(笑)



閑居に雨樋がないことは、これまでも幾度となく書いてきたが、
軒先から落ちる雨水が、玉砂利の雨落としに吸い込まれていく様を眺めているのが好きだ。

一滴ずつぽつんと落ちるしとしと降る雨も、滝のように荒々しく落ちる大雨の時も、
雨が降る度しばらくの間見入ってしまう。


雨樋なんて付けなくて、本当に良かったと思う。

閑居の周りは北と西が山林で、2/3が広葉樹、残りが針葉樹と言う植生なんだが、
必ず秋には落葉するんで、大量の枯れ葉が屋根に飛んでくることになる。

要するにここは、別荘地と同じ環境と考えたら解りやすい。

雨樋レスは外観的にも軒先がすっきりして、雨樋がないだけで見てくれがシンプルになる。
何より、軒先から雨水の描く線と音は、風情があって良いものだ。



裏庭の一部は、すみれたちに完全に占領されてしまった。

放っておくと、スミレはいくらでも増える。
種はこぼれ落ちるだけでなく、鞘から弾ける時に2mくらい飛ばせると言う。





ここに写っているのは、大きさの違いはあれど殆どがすみれだ。
すみれ以外の雑草が生えてくると、根気よく抜き続けた甲斐があったと言うもの。

来春は すみれの花 が一面に咲き乱れそうで楽しみだ。





 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 16℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガーデニング? いまの表庭の様子



知らぬ間に、て言うか、いつの間にか暦は6月1日だ。
日付のことは、あまり意識して過ごしていないんで、時々おどろくことがある。

それにしても時の経つのが早すぎる。
こないだ年が明けたと思ったら、もう既に5ヶ月が過ぎて、残り7ヶ月しかないんだねぇ~

ウソみたい!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!



スギナとの戦いがようやく終わった。

ツクシは1本も顔を出さなかったので新しいスギナだったのか?

可能な限りなるべく深いところから引っこ抜いて、別のスギナが芽を出したら、
また引っこ抜くの繰り返しだった。

たぶん、これまでに数百本は抜いたと思う。

引き抜いた時に長い根が付いてくると、すこぶる気分がいいのだ。

やったぜ!
て言うか、どうだ参ったか?!

て言うか、
この野郎、ざまーみろ! みたいな(笑)


抜けた根の長さが5cmだと失敗で、また直ぐに伸びてくるんだが、
10cm以上が抜ければ、そこからは生えてこない。

深部の根は残っていると思うが、スギナの発芽時期が過ぎたのか、今年はもう諦めたようだ。
雨が降ってもあまり芽を出さなくなった。

スギナ退治に費やした時間は相当なもので、余程のヒマ人だと思われるかも知れないが、
そうではなくて、これも趣味みたいなものなので、そんなに苦にならない。

雨ふりの後、一斉に生えて来た時はさすがに大変で、数時間がかりの駆除になるが、
それ以外の時は見つけたら抜く、それの繰り返しだ。

スギナを全部引き抜いた後の達成感も悪くない。


家の南側の庭の面積を計算したら72m2で、22坪弱あった。
裏庭もあるし、新規の庭弄りの面積としては、これくらいで丁度いいかも知れない。






植栽は上の写真の通りで、シンボルのイロハモミジを中心に最低限の本数はこれで決まりだ。
あとは、あまり大きくならない低木を植えるだけ?

気に入ったものを見つけた時には植えようと思う。

去年の秋に買ったクチナシはハズレで、樹形も良くないし上手く育ちそうにないので、
もう一本求めないとならんね。

クチナシは常緑低木で、香りの良い白い花を咲かせるので昔から好きなのだ。


写真にシナモンと書いたが正確にはニッキ(肉桂)なんだが、これとシマトネリコは賭けだ。
栽培適地が関東以南なので、南東北の閑居に生き付いてくれるかどうか?

北と西に林がある立地なので、寒風に晒されることはない。
春に植えて徐々に慣らしてやれば、生き付いてくれるんじゃなかろうかと・・・


ポポラスはオーストラリア原産のユーカリの一種で、
お祝いに鉢植えでいただいたものを、この春に思い切って地植えにしてみた。

調べてみたら-6℃までの耐寒性があると言う。

ニッキと同じ条件なので、寒風に晒されなければたぶん大丈夫だと思う。

イロハモミジ以外の植木は全て安物で、ハギが2千円台、キンモクセイは千円と少し、
クロソヨゴが少し高くて4千円位だったか、あとは数百円の苗木ばかりだ。

自分に残された時間を考えると、
庭木が思惑通りの大きさに育つまで元気でいられるだろうか?

とりあえず5年後が楽しみで、
次は10年後、そして20年後、さらには30年後・・・?(笑)




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 13℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガーデニング? いまの裏庭の様子



昨日も薪仕事を2時間やった。

もうね、一昨日までの不快な天気は何だったの?
じっとしていると肌寒いくらいで、体を動かすには丁度いい薪割り日和だったね。

毎日2~3時間、できればコツコツと、薪作りをこなしたいとは思っているが、
思惑通りにコンスタントにいかないもんだねぇ~


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!


閑居に住み替えて、もう直ぐ1年半になる。

元々あった山野草と、ツツジ・サツキの類は気に入ってそのまま残しているが、
それ以外の空いたスペースには、オイラ好みの植生に変えてる。

なので、今後どうなるのか?

今日の写真は全部裏庭のものだけど、
特にゼロベースだった表の庭の変化が、3年後はどうなっているのか?

いまから楽しみだ。





柚子の新芽がキレイだ。

去年の春、せっかく植えたのにほとんどの葉っぱを幼虫に食われてしまった。
今年は目を光らせていたので、完全復活だ。

柚子はねぇ~ 大好きなので実が生るのが楽しみなんだよね。

夏の終わりの青柚子、晩秋から初冬の黄柚子、庭にあればどちらも楽しめる。






裏庭に元々あった大きな石の上に、山砂と腐葉土を入れて3月の初めに草花を植えた。

紫蘭は咲いてくれたが、鳴子百合は来年だね。

すみれは勝手に生えて来た(笑)


それとツルニチニチソウ? だったかなぁ~
それも植えてあって、蔓性なので石から垂れ下がるのを待ってる。

ガーデニング? なのかな?
あまり金のかからない趣味なので、まぁいろいろ、ちまちま楽しんでる(笑)




年寄りのすることには、不満があっても目を瞑るようにいつも心掛けてはいる。

そうね、高齢化社会なので、特に肉体的な衰えによる迷惑はしょうがないんだが、
昨日のレジ待ちにはさすがに呆れてしまった。

後ろに並んでる人たちのことも考えてくれよ!

この一言に尽きる。

反面教師、ああはなりたくない。 みたいな(笑)




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 11℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あちこち紫蘭だらけの庭



写真は、閑居の表の庭に咲いてる紫蘭と白花紫蘭だ。

意図的に株分けして植えつけたもので、思惑通りの開花となってる。
グランドカバー的にも、紫蘭の類は重宝する。

他に、藪蘭、吉祥草、ギボウシなんかも植えてあるが、
特に紫蘭の花はキレイだよね!

と、個人的にそう思って自己満足しているだけかも知れんが(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!


もっと若い頃に、そうね、もしも30代で閑居に住み替えていたなら、
好みの違いがあって、今ある庭の形、植生もガラッと変えてしまっていたに違いない。

紫蘭なんて、全く興味がなかった時代だから、
もしかすると一株残らず撤去してしまっていたかも知れないね。

それがどうだ。

50歳過ぎての住み替えは好みがすっかり変わり、元々あった庭木の8割がたは許容範囲、
て言うか、むしろツツジ・サツキは残したいと思ったものだ。

あって良かったと思えたことは大きい。






これは、裏庭に咲いてる紫蘭で、まさに今が花盛り。


下の写真、白花紫蘭も裏庭に咲いてるもので、先人の残してくれた山野草だ。

住み替えた時、こういうものを邪魔だと思うか、ありがたいと思うかは人それぞれだが、
少なくとも、終の棲家を求めてやって来た住人は後者だったのだ。



さて、今日は暑さのピークらしい。

天気予報では33℃となっている。
まだ5月だと言うのに、夏日はいつまで続くんだ?

今日で4日目だっけ?






昨日は隣町で煙突掃除をしていたんだが、標高差が250mあるとかなり涼しい。
午後からの作業だったのに、出立前の吾が町の午前中の気温よりも涼しく感じられた。

掃除してきた煙突なんだが、こいつは参ってしまった。
了解を得ていないので、写真をアップできないが、オールシングル煙突だった。

数年前の設置らしいが施工があまりにも・・・




 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 15℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

プライベートな遊歩道からの眺めと、切株でベンチを作った



この日は曇り空で、残念ながら田園が広がった先に見える阿武隈の山々は写ってないが、
プライベートな遊歩道は、ここからの眺めが一番いい。

そして、南風のタッチが、とても心地よいのだ。

今の時期は、水が張られた田んぼがキラキラ光ってキレイだ。
夕方からはカエルの合唱がうるさいが(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】
スルーの人もたまには!


閑居の範囲は、宅地と裏庭、そして平場を合わせた650坪と、山林の700坪なんだが、
ひとりで管理する面積としては、この位までが限界だと思う。

これ以上広かったら、オイラの時間とスキルじゃ手に負えない。

薪を作ったり、庭弄りをしたり、畑で作物を育てたり、山に入って下刈りしたりと、
やることはいくらでもあるが、仕事の合間ではこれが限界だ。

58歳の初老の身としては、この土地に縁があったことにとても感謝している。
余生の2~30年は、土と緑と戯れながら連れ合いとのんびり・・・

つまり、それは半自給自足的な暮らしが出来そうだということ。



今回に限っては、倒木 の片付け処理があったんで、これが大変だった。

チェンソーの45cmバーが届かないほど太くて難儀した。

一人で持てるように長さ50cm程度に細かくばらして片付けたんだが、
足場が悪くて作業しずらいし、運ぶのは重たいし(苦笑)


倒木の中は、半分近くが蟻の巣だった。

とてもデカくて部分的に赤い蟻で、調べてみたら ムネアカオオアリ と言うらしく、
驚いたことに、蟻マニアに人気なようでヤフオクで取引されてた。

蟻の飼育? いろんな趣味の人がいるもんだ。

アブラムシと共存している蟻なんて、憎たらしいだけだがね(笑)







この場所は細君もお気に入りで、ベンチが欲しいと言っていたのを想い出し、
太目の杉を伐ったので、切株を利用して作っておいた。

あとは動かないように鎹でも打ち込んでおけばOKだろう。


ここに座って、お茶を啜りながら、のんびりと景色を眺めていたいもんだ。
いや、お茶ではなくてビールか?!(笑)

風も心地よく吹くから藪蚊もいないし、ハンモックを吊って昼寝するのも良いかもね。




さて、今日はこれから薪割大会だ。

一番遠い鎌倉さんは、そろそろ出発なのかな?

皆さん、道中お気をつけて!





 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 14℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プライベートな遊歩道の整備が終わった



竹の子は、あと 10本  欲しいと書いた後に、8本  収穫できたので、
今シーズンはもうお終いかと思っていたんだが・・・

雨後の竹の子とはよく言ったもので、
一昨日の雨降りのおかげで、昨日は大小合わせて10本の竹の子が採れた。

不作かも? と言いながらも、終わってみれば今年も40本近く掘ったことになる。

その内の6本は、欲しいと言う縁者と、細君の実家の両親に差し上げたが、
残りの半分以上は朝食のおかずと味噌汁の具、晩酌の肴としてオイラの胃袋へ消えた(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


半日ずつの2日がかりで、ようやくプライベートな遊歩道の整備が終わった。

1日目は篠竹などの下刈りで、2日目は不要な樹木の伐採だった。
歩くのに邪魔な杉と雑木が通り道にあって、直径10cm未満の木は殆ど撤去した。

チェーンソーを持ち込んで、おそらく15本位は切ったと思う。

伐った樹を放置するのも勿体ないんで、すべては下ろせなかったが、
細めの運び出しやすいものだけ適当な長さに切って、ログラックに収めたのが上の写真だ。

樹種が分からない広葉樹と杉なんだが、これだって立派な薪になる。
焚き火用の薪なので、割らずにこのまま1年も放置しとけば十分焚けるようになる。





写真に描かれた点線が遊歩道で、起点から終点まで100mもないんだが、
ここまでキレイにするのには、結構な労力だった。

おかげで歩きやすくなったし、見晴らしも良くなった。
南風が心地よく吹くし、視界に広がる田園と、遮るものがなく遠く阿武隈の山々まで見える。

なんと贅沢な景色だろう、私有地なので独り占めだし(笑)


宅地からの標高差は10m、田園からだと15m位なんだが、
この場所より高いところが周りにないから、視界に入るものは下界のような気分になる。

15~16世紀頃にちょっとした城があったらしいが、世はまさに戦国時代、
見晴らしの良いこの場所に城を築いたのは、なるほどと思う。





このログラックを置いた所が、遊歩道の起点になる。

雨の日以外は1日1回の散歩コースだ。






薪ストーブで焚いたら3日分だな(笑)


さて、いよいよ明日は薪割大会だ。

天気予報は、晴れまたは晴れ時々曇り、最高気温は22~24℃、
南南東の風で風速4~5mだから暑くない。

【春の薪割大会2019参加者(敬称略)】

マキ/群馬
たかしやん/福島
黒でんわ/栃木
パートナー/新潟
なべちゃん/福島
136/群馬
えちぢ/神奈川
じょにぃ/茨城
ヒデ/新潟
むーん/新潟
きく蔵/東京
薪焚亭/福島

まぁ楽しくやりましょう!



 こっちも面倒見てやってください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



※今朝の気温 14℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション




閑居人のブログ おヒマなら見てよね!



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ