「鎌倉個道」

鎌倉の歴史、草花、食物

年の瀬の「関谷原」

2016-12-31 06:32:24 | Weblog

「鎌倉野菜」の産地「関谷原」

隣り合わせの林には山帰来(サンキライ)

菜花も黄金色の片鱗を見せています。

ネギ畑が新しい年を待っています。

皆様、良いお年をお迎えください!

 

 

 

コメント

年の瀬の「浄光明寺」

2016-12-30 06:45:16 | Weblog

扇が谷の古刹「浄光明寺」も

暮れになると訪れる人がめっきり少なくなります。

門をくぐると静かな境内には

ゆったりした空気が流れています。

書院の隣の「不動堂」でも

穏やかな時間が過ぎて行きます。

「鐘楼」だけが大晦日を待っています。 

※トイレが驚くほど綺麗になりました。

洋式で便座が温かいのに感動します。

 

コメント

「明王院」の終い不動

2016-12-29 06:49:14 | Weblog

年末の12月28日は

鶴岡八幡宮でお札をもらって

鎌倉霊園でお墓参りをしています。

それから終い不動の「明王院」へ!

午後1時から始まる護摩焚き法要も

今年は本堂に入りきれないほどの参拝者

終わると恒例の「餅つき」です。

様々な種類の餅を頂いて

来年も無病息災まちがいなしです。

コメント

「明月院」のロウバイ

2016-12-28 07:30:50 | Weblog

年も押し詰まりました。

時頼公の墓では梅が

ほころびようとしています。

境内のロウバイは

甘い香りを伝えています。

シーズンにはあんなに並んで

写真を撮った丸窓

独り占め(?)です。

 

コメント

新年を待つ「本覚寺」の仁王像

2016-12-27 06:55:55 | Weblog

日蓮宗別格本山「本覚寺」は

お正月向けの準備が進んでいます。

山門の周りが賑わいを予感させます。

長いこと無人(?)だった山門!

気がつくと仁王様がお出迎えです。

「夷堂」も「鎌倉七福神」めぐりの

準備に趣向を凝らしています。

鎌倉の新名所になるかもしれません。

コメント

「お産め様」は冬支度

2016-12-26 05:44:34 | Weblog

鎌倉駅前の「お産様ー大巧寺」

小さな山門を入ると冬支度!

稲藁ぼっちが花を覆っています。

本堂の修理はまだ終わりません。

ロウバイの花芽もふくらんで、

境内の花たちもお正月を待っているようです。

コメント

「極楽寺」界隈を歩く

2016-12-25 06:55:25 | Weblog

12月24日は「極楽寺」の行事です。

少し早く到着したので界隈を歩きました。

「月影地蔵堂」は

地元の方々が守っています。

「熊野新宮」も

極楽寺の鎮守だった時代から

この地域を守って来たようです。

 

 

コメント

メリークリスマス!

2016-12-24 06:47:21 | Weblog

クリスチャンではありませんが

次男坊に誘われて

モノレール大船駅に行きました。

クリスマスの飾り付けが出迎えます。

決まった時間の車両は

車内がデコレーション!

夢を乗せて走った後は江の島水族館の

飾り付けを見に行きました。

久しぶりに若者気分になりました。

コメント

御成小学校に鎌倉時代を偲ぶ

2016-12-23 06:39:19 | Weblog

御成小学校の古い体育館

時代を感じさせる屋根!

すぐ前に建つマンションの角に

「問註所旧跡」の石碑があります。

2代将軍ー源頼家の故事を偲ぶ時間です。

小川にかかった「裁許橋」という

名前すらゆかしく感じさせます。

 

 

 

コメント

六地蔵ー飢渇畑

2016-12-22 06:34:15 | Weblog

若宮大路の「下馬四つ角」から西へ

「和田塚」駅から北西へ

変則5差路の交差点あたりを

「飢渇畑(けかちはたけ)」と呼ぶそうです。

昔このあたりには刑場があり

誰も耕作をしなかったと言います。

今でもお地蔵様を祀って

世の安寧を祈っているようです。

コメント