花ごよみ

映画、本、写真など・

スケルトンキー 道尾秀介

2019-01-12 | 本 ま、や行(作家)

スケルトン・キー

施設で育った錠也が主人公の物語のはずが…
物語の中頃に明かされた本当の主人公。

ラスト近い辺りから急展開。

ちりばめられた伏線、
登場人物の関係も
うまく作られ過ぎのような感じが…

必要以上に人が亡くなるし、
冷酷なサイコパスが多く登場する暗い話。

間戸村さんと、
園長にほっとしました。
サイコパスを自覚し、
自分をセーブするため
危険な仕事に就く
錠也の心が痛ましいです。

ラストに少しだけ明かりが見えました。
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 官邸襲撃   高嶋 哲夫 | トップ | 越前海岸の水仙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本 ま、や行(作家)」カテゴリの最新記事