花ごよみ

映画、本、写真など・

漢方小説 (中島たい子)

2005-05-19 | 本 な、は行(作家)
 
第28回すばる文学賞受賞作 

病院でも異常がみつからない
ふるえに悩まされている主人公が
最後に行き着いた先は東洋医学。。。 
 
体の不調に悩む主人公の淡々とした
日常を書いてあるので普段なら退屈で眠気を催してしまうか
途中でよむのを止めてしまう様なパターンなのに 
面白くて一気に読んでしまいました。
これは表現力のうまさによるものなでしょうか。。  
読みやすい小説です。 

原因不明のふるえを治療するため
病院のはしごの先にたどり着いた漢方。。。 
 
この漢方医が素敵な人で心ときめかす様がおかしい。 

周りの飲み友達も色々悩みを抱えながらも、 
心の温かい人達でさわやかさが感じられます。 
 
つらいことや悲しいことも 
ユーモアのオブラードに包みこんで書かれています。 
 
漢方薬の原料の象とかサイのデカイものところは
吹き出してしまいました。 
 
漢方の勉強にもなります…って 
理解することはかなりむずかしいけど。
 
読み進めていく内、ゆっくり感化されて 
こちらも元気になれそう。 
 
ストレスにきく小説って
売り文句、納得です。

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« マザーリーフ | トップ | 王子バラ園 (春日井) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ。 (苗坊)
2006-06-25 22:19:32
こんばんわ~^^またまた失礼致します。

この本、とても気になっていて、最近読了しました。

想像以上に楽しめました。読みやすかったし。

漢方についてとても興味を持ちました。

女性のリアルな悩みが垣間見れるというか。。。分かるなぁと思いながら読んでいましたね^^
こんばんは☆ (kazu)
2006-06-25 23:09:55
ようこそ。 

TB、コメントありがとうございました。 

ほんとうにすいすいと 

読みやすい本でしたね。 

漢方、東洋医学も知りたくなってきますよね。 

悩みがあるのに、明るくてさっぱりしていて

共感できる内容でしたね。

コメントを投稿

本 な、は行(作家)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

漢方薬 (医学のススメ)
漢方薬漢方薬 (かんぽうやく)は伝統中国医学の一種である漢方医学の理論に基づいて処方される薬。一般的に複数の生薬をあらかじめ組み合わせた方剤をさす。なお、近代以降に考案された方剤にはアスピリンのような合成薬品を含むものも存在する。漢方薬は、中国・朝鮮半島・
漢方小説 中島たい子 (苗坊の読書日記)
漢方小説 オススメ! 川波みのり、31歳独身。 昔付き合っていた男が結婚をする事を知り、それからというもの体調が悪い。 身体が震え、ロデオマシーン化してしまう。 どこの病院へ行っても納得のいく答えは出ず、みのりの体調は悪くなっていく一方。 最後 ...