花ごよみ

映画、本、写真など・

四日間の奇跡

2005-06-07 | 映画
 
5年前のロンドンでの 
如月敬輔(吉岡秀隆)と千織(尾高杏奈)の 
衝撃的な出会い。 
 
敬輔は、千織の命を救うが手を負傷し、 
ピアニストとしての将来を絶たれる。 
帰国後、千織を引き取り、 
敬輔によりピアノの音楽的才能を見いだされた千織と
施設慰問をしている。 

ある日、岩村真理子(石田ゆり子)が勤務する療養センターに、 
如月敬輔が千織を伴い 
ピアノの慰問コンサートにやって来る。 
 
悲しみと再生の物語。 

途中でゴソゴソするのは避けたいので
開演の前にハンカチを 
手の中に用意して涙の準備・・・ 
監督が(半落ち)(チルソクの夏)の 
佐々部清監督なので
またきっと泣かされるだろうと。。。


原作をどういう風に映画にするのか
楽しみにしていました。 
期待を裏切らない出来上がりで
本を読んでよく分からなかった点が
映像化することで、より的確に説得力を持ち 
心に響いて来るものがありました。 
 
出演者はみんなはまり役で 
(ほんの少し如月敬輔〈吉岡秀隆〉は暗いかな…)
特に少女の演技力に感心。。。 

時間が静止したようなおおらかな風景。  
ロケ地の下関の角島は
海のブルーがすばらしく
この美しい島なら奇蹟も 
起こりそうな気になってくる。

確実に訪れる命の期限… 
悲劇的なのに心洗われる感動作です。

本を読んでから映画を見る方が 
この映画により深く入り込めることが 
出来るかなと思います。 
  
コメント (16)   トラックバック (27)