歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

明治神宮の本殿屋根の銅板葺きで大相撲の行く末に思いを巡らしたり

2017年11月24日 | お寺・神社

前回の続きです。

明治神宮の境内で、ウロウロと、キョロキョロと、しています。

三つ目の鳥居です。

鳥居の先に見えていたのは、本殿ではなく楼門でした。お寺の門は山門で、神社の門は楼門と云うようです。

左に手水舎、

右には、何だか判らない建物、

海外の方達も、何処で覚えたのか? 左手を清め、右手を清め、口をすすぎ、柄杓を立て持ち手に水を流し、それなりの作法でした。私と云えば、左右の手の洗浄のみで後は省略。

近所の神社の手水舎には「顔を洗うな、足を洗うな、イヌに水を飲ませるなの注意書きあります。神を恐れぬそんな輩がいるのです。

お清めを済ませ、新たな気持ちで、暫し、正面より本殿に視線を向け、50数年ぶりの参拝にいろいろと思いを馳せたりしたのです。

なかなかの楼門。

こういう感じの木組みが好きです。

本殿です。何と、何と、改修中です知りませんでした。工事用の遮蔽幕?に本殿の写真が貼られていました。

ここで、横綱の奉納土俵入りが行われるのです。土俵が無いので「手数入り」なんて云ったりするみたい。

何か、町内会の交通安全週間とか、運動会とかで張られるテントが。

 改修中の屋根に張る銅板を奉納する受付でした。銅板に住所氏名を記入して3千円のようです。その時は、そうかそうかで通り過ぎたのですが、今となって、ちょっぴり後悔しております。

明治神宮の、本殿の、屋根の、銅板に、ひっそりと自分の名前が記されていると思うと、それなりに、何となく、イイ感じに思えてきたのです。たぶん、100年はそのままだと思います。

ありました!横綱も奉納しています。日馬富士、稀勢の里、白鵬、鶴竜はありません。

   

それにしても、貴の岩への暴行事件には困ったものです。当事者よりも、関係者の思惑が絡まって、訳の分からない事になっています。

テレビ関係者、週刊誌関係者にとっては、笑いが止まらないネタとなっています。面白可笑しく、いじくり回して、騒ぐだけ騒いで、商売繁盛なのです。

相撲界へのモンゴル勢の影響は、かなり、かなり、深刻になっているのです。一昨日の白鵬の土俵態度は、本来、絶対、あってはならない行為です。大横綱は何でもできると思っているのです。

云う事と、やることに違いがあるのが白鵬。千秋楽の優勝インタビューで、また、白々しく、偉そうな事を、偉そうな態度でしゃべるのです。

彼は、そして、彼らは、大相撲を変えようとしています。単なる、フツウの、格闘技にしたいようです。

彼は将来、協会の理事長職を狙っているとの噂がありますが、たぶん、間違いなくそう思っている筈です。

彼が理事長になって、彼の思い描く大相撲が実現したら、いったい、どうなることやら、私は見たくありません。

それにしても、稀勢の里は、もう、引退した方がいいです。

本日から、高安も休場です。

今場所も、12日目にして終わりました。

しかし、明治神宮のお話は、まだまだ続きます。

それでは、また。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明治神宮の海外観光客を眺め... | トップ | 今回は貴乃花親方を応援しま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お寺・神社」カテゴリの最新記事