歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

ロバート・キャパを創った女ゲルダ・タローそしてあの大女優“イングリッド・バーグマン”との恋の結末に想いを馳せたり巡らせたり

2014年04月30日 | テレビの話し

本日、BSプレミアムで放送された「キャパが愛した三人の女」を録画で観ました。

見つめました、黙りました、固まりました、考えました。

見終わって、小さく、長く、静かに、ため息をもらしました。

ロバート・キャパ、スペイン内戦、日中戦争、第二次大戦、第一次中東戦争、最期は1954年5月25日、第一次インドシナ戦争に従軍、戦場で地雷により爆死、享年40歳。

キャパは、それなりに知っていたのですが、以前、NHKスペシャルで放送された、“崩れ落ちる兵士”

の“謎解き”ドキュメンタリー以来、彼のことが、とても気になっていました。

「崩れ落ちる兵士の謎解き」と「キャパが愛した三人の女」この二つの番組をつなげて観ると、それなりに、キャパに近づいた気がしてくるのです。

結論を言ってしまえば、タイトルにあるように、ロバート・キャパは、恋人ゲルダが創り上げた写真家なのだと思いました。そして、そのことを“アンドレ”は生涯ひきずって生きたのです。

20歳の男“アンドレ・フリードマン”と


24歳の女“ゲルタ・ポホリレ”


ともにユダヤ人の二人。戦争の時代、パリで巡り会い、愛し合い、写真家として成功することを夢見て“ロバート・キャパ”を創ったのです。

キャパになった“アンドレ”


ゲルダ・タローになった“ポホリレ”、プロデューサーは年上の女ゲルダです。因みに“タロー”は当時パリに居てアンドレと親交のあった“あの芸術は爆発だぁ!の岡本太郎”からとったそうです。

“Nスペ”では、戦場カメラマンのキャパが描かれ、“三人の女”では、キャパの恋が描かれ、どちらにも、背後に、深く、重く、“ゲルタ・ポホリレ”の存在を感じさせるのでした。

キャパは、生涯、ゲルダを忘れることなく愛し続けていたと、たぶん、アンドレにとって、ゲルダが“初めて”の“女”だったのです。

“Nスペ”での、“崩れ落ちる兵士”は、戦闘中に銃撃を受けた瞬間ではなく、演習中に脚を滑らせ転んだ瞬間で、撮影はキャパではなくゲルダだったとの結論でした。

でも、しかし、“崩れ落ちる兵士”は反ファシズムの象徴となり、生涯キャパは、“二重の偽り”と、“ゲルダへの愛”との狭間に苦しんでいたと・・・・・・思うのです。

それで、あの大女優“イングリッド・バーグマン”との恋なのです。


大戦直後のパリ、大女優と著名なカメラマンとの恋、バーグマンは一夜にしてキャパに恋してしまい、キャパは断ったのですが、プロポーズまでされたそうです。まったく知りませんでした。


キャパは、かなり、かなり、女性に“もてた”そうで、口説くこともなく、自然に振る舞っているだけで、女性はみんなキャパに恋してしまったそうです。

何故、どうして、大女優まで虜にするほどの魅力が? そして、恋はしても、決して結婚はしなかったのか? 

答えは、“二重の偽り”と“ゲルダへの愛”が、そうさせたと思います。

戦場での恐怖と緊張、戦場を離れての酒と女。

地位も、名誉も、金も、愛も、そして、命さえも、欲することなく生きる。

“二重の偽り”と“ゲルダへの愛”、苦しみを抱きつつ、苦しみから逃れつつ、今を生きるキャパ。

こんな、思惑も、打算も、駆け引きもなく、自然に明るく振る舞う男を、女は放って置く筈はないのです。男から見ても魅力的に映ります。

キャパ自身、そんな自分を離れた位置から眺め楽しんでいたのかも?

キャパは、戦場で悲劇的な最期を予想し、そして、その事で、過去の苦しみから解き放たれ、ゲルダへの愛が結実すると、そう思い続けていたのかも知れません。

戦争の時代の、悲劇的で、劇的で、そして、最期は、見方によっては、とても、とても、ハッピーな終わり方だったのかも?

戦争の時代は、魔力的で、魅力的で、濃密で、ドラマチックで、だから、とても、とても、恐ろしく危険なのです。

それなりに満たされた人間は、こころの片隅に、不幸願望を抱いているような、でも、しかし、現実に不幸になると、それは、それで耐えられないのです。

まあ、そんな、あれや、これやを「キャパが愛した3人の女」を観て思ったのでした。


それで、更新は大型連休でお休みと記したばかりですが、見終わって直ぐに感想を書き綴らないと忘れてしまうのと、区切りとして書かないと、次の録画番組が見られないので、こんな結果になりました。

これまで録画した番組がかなり溜まっているので、もしかしたら、また、更新したりするかも? まぁ、何たって、その時の気分次第なのです。

それにしても、キャパは魅力的でした。

そして、“愛した女”の番組進行の若き女性カメラマンも魅力的でした。

恋人もカメラマンで、キャパとゲルダに似ているのです。でも、二人は戦場カメラマンではありません。

それでは、また。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大型連休に入ります | トップ | 鎌倉を歩いて見たい ② 横須... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビの話し」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事