70坪の有機家庭菜園

農薬も化学肥料も一切使わない有機農法で30種類以上の野菜を栽培。
(肥料は、毎日出る生ゴミが主体。他に米糠・鶏糞)

じゃが芋を植付けました。

2021-02-20 | ジャガイモ

切り口が乾いたじゃが芋。

土壌を中和させるために「貝化石」を降り、ミニ耕運機で耕耘しました。

丸い材木を使って、「植付ける穴」と「肥料を降る穴」を作り、じゃが芋と鶏糞一握りを交互に置いて埋めました。

土を被せた後、足で踏み固め平らにして完了です。一カ月程度で発芽しますが霜の被害を受けない様、発芽したら霜の心配がなくなる頃までパオパオを被せます。

畑のビニールハウスの「もみ殻」の中で保管してある、「さつま芋」の数は残り少なくなってきました。以前は家の物置で保管が悪く腐ってしまいましたが、今回は保管場所として「ビニールハウス」が適していることを実感しましたので、次回も同様にしたいと思っています。


じゃが芋植付準備

2021-02-14 | ジャガイモ

じゃが芋・男爵1kg購入し、切って切り口を乾燥させています。2月下旬に植付予定しています。毎年年初の野菜作りは「じゃが芋植付」が始めでしたが、今年は「トウモロコシ」が先になりました。


トウモロコシポット播き

2021-02-14 | トウモロコシ

トウモロコシをポット播きし、物置にしているビニールトンネル内で育苗します。購入した品種・ゴールドラッシュの種袋には96粒の種が入っており、全てを連結ポットに播きました。従来の種まき時期は3月下旬でしたが、約40日程度早めましたので収穫も早まります。7月の中~下旬に収穫していたのが、6月初旬に収穫の見込みになります。トウモロコシは毎年、天敵「アワノメイガ」という害虫に必ず被害を受けます。この害虫の被害を受けないためには、「活発に活動する前に収穫するのがベター」とある情報で知りました。従って、今年は一段と種まきを早めましたので収穫が楽しみです。

トンネル内の温度・湿度も常時計測しています。


タマネギ・ニンニクに追肥(3回目)

2021-01-31 | タマネギ

10年近くこの時期は避寒地チェンマイで1か月過ごしていましたので、本格的冬を日本で過ごすのは久方振りです。これもコロナの影響で行けなくなり寒い冬を過ごすことになりました。ニンニク・タマネギの栽培は2年連続で満足できる状態でなかったので、この際頑張って納得いく収穫をしたいと思います。昨年から追肥は「ハイポネックス」の液肥にしました。昨年栽培したナスとピーマンの追肥に使用したところ、顕著な効果があったのでタマネギとニンニクにも使用しています。11/16、12/22に続いて3回目の追肥です。

赤タマネギと普通のタマネギの生育状況です。枯葉と雑草を取り除いてから液肥をしました。

中には茎の太さが、大人の小指大の太さのものもあります。

ビニールハウス内で育てているニンニク10片です。

畑へ植付けたニンニクで、プランターのニンニクと出来具合を比較します。


白菜漬け3回目

2021-01-10 | 白菜

約4kg白菜(2株)の3回目白菜漬けをしました。今回は自前の白菜です。種から育てて防虫ネットを被せて栽培してきましたが、やはり「黒色のイモムシ」(カブラハバチ)が数匹葉の中に侵入していました。甘味を出すため半日天日干し、洗って漬けました。塩の量3%(120g)計量し、昆布・唐辛子・ニンニクの材料はいつもと変わりません。約200CCの呼び塩水しているので、数日で塩水が上がって来て食べられる状況になります。