ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ウチワヤンマ 2019<6月>

2019-06-10 | サナエトンボ科

<6.5>

諦めた後に

曇天で梅雨入り間近、どこに行っても狙ったトンボが撮れず、気分転換で都区内の公園のウチワヤンマの産卵撮影に行きました。
水面のヒシが殆どなく産卵場所が限られています。ここしかないという所で待機。最高気温は26℃で凌ぎやすい天候でした。

やはり産卵ポイントのようで、薄日が射すと数頭の♂が集まって縄張り争いが始まりました。静止するより飛び回る♂が多い状況。
交尾態が数回飛来したものの、これでは交尾を解かずに通過するばかり。♀も来ましたが、♂が一斉に飛びかかり逃げられました。

産卵待ちの間は♂の飛翔を撮影。時折吹く風に流されながら、何時になくホバリングが見られ格好の時間潰しになりました。

♂ 飛翔










交尾態 飛翔


♂ 静止






15時まで待っても産卵が見られず、諦めて引き上げる道中、振り向くと交尾態が飛来して意外な場所で交尾を解きました。
遠くからでは分かりませんでしたが、よくよく見ると狭いながらも産卵スポットがあります。♂の警護の下、産卵が始まりました。

交尾を解いた直後 約20秒間この状態で♂と♀がホバリング


産卵開始から時系列での撮影です。産卵時間は約1分50秒でした。ターゲットの浮遊物が小さいので、当然動きが限られます。

♀ 産卵




産卵が始まれば、♂の介入がない限り安心して撮影できます。後は角度次第、しゃがんだ位置がよく卵紐が目立つシーンが撮れました。













産卵終了 直後に上空に飛立つ

2019.6.5 東京都


コメント   この記事についてブログを書く
« オジロサナエ 2019<6月> | トップ | グンバイトンボ 2019<... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サナエトンボ科」カテゴリの最新記事