川口保 のブログ

1市民として市政を眺めつつ、社会のいろいろな出来事を取り上げています。

高見山と木梶三滝

2008-05-27 23:26:43 | 日記
27日一人でホームページの写真撮影のため 、高見山と木梶三滝に行ってきました。
写真の撮影は天気がよく、出来れば雲が無く、モヤッテいない日を選んで行きます。また朝早いほうが空が青いので、6時半ごろ家を出ました。

高見山は今回が初めてで、高見峠まで車で行き、そこから登山道を歩いて頂上まで約50分位でした。
登山道の上がり下がりの時や山頂でも誰にも会わずに貸し切りでした。
山頂からの見晴らしはよく、四方の折り重なる山々の景色は最高でした。
写真を何枚か撮り、山頂で少しのんびりしたい気持もあったのですが、次の予定があり、約15分位で降りました。

次に向かったのは木梶三滝でした。ここも今回が初めてでした。
ここは山の中腹の入口まで車で行き、そこから歩いて谷底まで一気に下がります。そして沢づたいに上がったり下がったりしながら、白滝、不動滝、女滝の三滝を廻りました。ここでも誰にも会わずに貸し切りでした。
山と違ってここは帰りが登りですので大変です。往復約2時間のコースでした。

山の空気の爽やかさと、新緑のすがすがしさと、景色のすばらしさを満喫し、心地よい疲労を感じながら帰路につきました。
コメント

松阪撫子振袖道中

2008-05-17 16:51:44 | 日記
 松阪三珍花の1つ松阪撫子に焦点をあてた「松阪撫子どんな花?祭り」が今日17日から始まった。昨年から始まったこのまつり、今年が2回目。今日はそのメイン行事の振袖道中があった。
 松阪のメインストリートを太鼓の花車を先頭に、クイーン松阪を乗せた車が続き、そのあと振袖姿の美女200人の行列が続いた。今日は天候もよく、多くの市民が見学に訪れ、盛んにカメラのシャッターを切っていた。
 車が行き交う中での行列であり、この祭りはまだまだメジャーではないが、道中は1時間くらいの時間なので、その間通行止めにしてもよかったのでは。祭りを企画運営された皆さん、道中に参加された皆さんご苦労様でした
コメント

すばらしきサークル

2008-05-11 23:20:24 | 思うこと
 松阪市内に20代後半の女性を中心とした国際交流インディアンエレファントというすばらしいグループがある。10日にこのグループの報告会が産振センターであった。

 彼女たちは「世界の扉を開けよう」「世界を知ろう」を合い言葉に、どこの家でも引き出しの中に眠っているボールペンや鉛筆などの筆記具を集めて、発展途上国の子ども達に、届ける活動をしている。彼女たちが偉いのは、自らカバンいっぱいの筆記具を両手にもって、自費でもって渡航し、直接現地の子ども達に届けることである。向こうで泊まるホテルは日本円で300円程度の安ホテルだそうだ。

 このグループはまた松阪市内の外国の人たちとの交流の場を作っている。昨年8月に森林公園で国際流野外パーティーも行われ、私もスタッフの一員として参加をさせてもらった。会のリーダーも20代の女性である。若い女性のリーダーがどうしてこれだけ多くの人たちを動かせるのか不思議でもあった。
 次回の野外パーティーも8月24日に計画されている。
      (写真は昨年の国際流野外パーティー)
コメント

宣長まつり

2008-05-07 00:08:57 | 日記
 ゴールデンウィーク最終日の6日、松阪公園で「宣長まつり」が行われました。昨年、一昨年と雨にたたられたこの祭りでありましが、今日はまさに雲一つ無い快晴の中での祭りとなりました。
 市長挨拶、クイーン松阪の表彰式、宣長エッセイの表彰などのセレモニーのほか松阪鈴おどり、しょんがいソーラン、よさこいソーラン、詩吟、うた、しょんがい踊りなど盛りたくさんの催しが行われた。また本居記念館、松阪歴史資料館などが無料開放され、本居宣長に関する催しも行われ、大勢の市民で賑わいました。
 
日本の祭り、松阪の祭りも同じですが、春祭り、夏祭り、秋祭り、そして冬の祭りと分けられますが、4月から始まった松阪のいろいろな地区で行われた春祭りも今日の宣長祭りでほぼ終わったのではないでしょうか。
 いろんな地区を廻っていろいろな祭りを見せてもらいました。それぞれ祭りにおいて、企画や準備そして当日の運営をされた皆様方、また出演をされた皆様方大変ご苦労様でした。
コメント