我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

シングルマン/A Single Man

2010-10-29 00:00:00 | 劇場&試写★6以上



シンプルで、潔く整頓された映像美。
センスのいい人間が監督したとひと目でわかる。
デザイナー、トム・フォード初監督/脚本作品


「ベルリン物語」などの著者クリストファー・イシャーウッドの小説を基に映画化。

最初の15分を機内で観て、字幕なしだったし公開日がすぐだったのでやめておいて
ヒルズでの上映が終わって渋谷に変わったのでやっと観てきました~

トム・フォードといえば、古臭くなりかけたブランドを一新させ、蘇らせる魔術師のようなデザイナー。
Gucciもイヴ・サンローランでもクリエイティブディレクターとして活躍。
ご本人も俳優っぽいルックスで。
本作の主人公はゲイだけれど、自身も同性愛であることは公表済み。




今日も目を覚ます。
あたらしい一日は 愛する人のいない現実を確認するだけの苦痛な日々の連続。
愛するひとがいなくなった今、自分はいったい何のために生きる?


事故で愛する人を亡くしてから絶望の日々。
今のすべてを捨てて、自ら命を断とうと決心する。
ベッドに横になり拳銃を口に入れるが、飛びちりが気になったか枕の位置をかえたり
バスルームで倒れ方を試してみたり 寝袋の中に入ったり何度もやりなおしたり。

デスクの上にはきっちりと整頓して並べられた私物、
その日に着るスーツやネクタイまで、、、、、
作品全体が、無駄なく美しくトム・フォード自身の憧れの投影なんだろうなという印象を受ける。
加えて、音楽もどのシーンにも静かにマッチしていて素晴らしい。


各映画祭などでも絶賛されたのは、主演のコリン・ファース。
最近とくに話題の作品に出ててますます注目される。



建築家で、若く明るく対照的な部分にも惹かれた恋人。
命を断とうと決めてからも彼と出逢った瞬間、過ごした時間が絶え間なく思い出される。


ジムには、W.アレン作品「マッチポイント」にも出演のマシュー・グード。





1960年代のロサンゼルス。長年連れ添ったパートナーを失った悲しみに打ちひしがれつつ、生きる価値を見出そうと苦悩する大学教授のジョージ。
失われた愛への悲痛な思いと記憶を美しき映像と演出で描く愛と喪失の物語。




かつての恋人で今は親友のチャーリーとして登場するのはジュリアン・ムーア。



まさに今!という瞬間に電話が入り、ジョージは破るつもりだった約束を守ってでかける。

講義に触発されて外でも話がしてみたいと追いかけてくる教え子ケニーにはニコラス・ホルト。
この子、数年前「アバウト・ア・ボーイ」でヒュー・グラントと共演した子役の子!
この時も確かに可愛かったけど
             
美少年に成長しました 現在20歳。

見たのは「ニコラス・ケイジのウェザーマン」(DVDスルー作品)以来かな?




おまけにいい脱ぎっぷり!
こんな子が いきなり目の前に現れて裸になって海に飛び込んじゃって家に来ちゃうんだから
おじさん、きっとたまらないよね。


かなり淡々と、静かに 何か事がおきるわけでもないので最初は眠気も襲ってきたけど
それでもこの映画の持つテーマと、
主人公と教え子のその行動を興味深く観入ってしまった後半。



大切な人を亡くした者にしかわからない悲しみ。
でも、
過去に起きた辛く悲しい出来事にいくら打ちひしがれていても、時間は取り戻せない、
過去は変えられない。

だったら少しでも前を見て、些細なことにでも幸せを感じて生きていく。
それにはなにかちょっとした自分の中でのきっかけ、目覚めが必要なのかもしれない。


愛する人がやってきて、行くべき場所へ向かう。
自分の意志とは別のところでそれは皮肉にも....

美しく、ビター。

まさしく、トム・フォードが撮った作品でした



7/10(70点)




 公式サイト  
A Single Man     2009年    イギリス    100min
10月2日より公開中~




ちなみに、ニコラス・ボルトくん、
次回作は、「X-メン:ファースト・クラス / X-Men:First Class」と「マッドマックス:フューリー・ロード / Mad Max :Fury Road」に出演が決定。
今後ファンが増えるかな?気になった人は今後も要チェック★



カンヌ映画祭にて 


ヴェネチア映画祭にて







31日までの東京国際映画祭 私はこれからやっと!




一喜一憂したくないけどやっぱり気になる

クリックして下さってる方、感謝です
←please click






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Robin Hood / ロビン・フッド  | TOP | ソウ ザ・ファイナル 3D /SAW... »

28 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
大人の映画 (にゃむばなな)
2010-10-28 22:26:37
>美しく、ビター

だからこそ、より大人の映画に感じるのかも知れませんね。
本当に「美しく、ビター」は見事に言い得ているなぁ~と思いました。

それにしてもどうしてアメリカで作られるゲイ監督によるゲイ映画はこうも素晴らしい作品ばかりなんでしょうね。
毎度驚かされますよ。
美意識 (satic)
2010-10-28 22:43:43
こんばんわ
どの場面も美しくて、じ~~っと見つめちゃいました。
ロマンチックで物悲しい音楽も良かったし、ストーリーも好きです。

水中のシーンが意味深ですね
にゃむばななさん☆ (mig)
2010-10-28 22:45:31
こんばんは~☆
ゲイ映画に抵抗はないけど出来ればレズ映画が好きです(笑)
でも、想いのつまった素敵な作品で、トムフォードの気持ちに溢れてました。
こういう経験、あるのかな。もしくは理想?

そうえいばツイッターでもフォローありがとです。
☆saticさん (mig)
2010-10-28 22:47:17
こんばんは♪

ツイッターからかな?早速ありがとです☆
そうそう、音楽のこと、書こうと思ってたのに書き忘れた~!!
どの音楽もマッチしてて。
(追記しなきゃ)
水中シーン、も美しかったですよねー☆

いや~素晴しかった (q これは素晴しい)
2010-10-28 23:20:20
丁寧にそして繊細に描いていたよね
底にあるのはゲイという付属だけれど実は人としてを描いていたし
色で徐々に「変化していく」心
五感が研ぎ澄まされて行くような感覚ね

コリン・ファース氏の演じる「繊細さ」「モロさ」「微妙な心理変化」が素敵だったわ~
またジュリアン・ムーアの演じる女性ならではの美しさと醜さの両面を併せ持つ魅力的な人物
最後の日も、ジョージを暖かく優しく受け入れる。あぁ上手いなぁ。

叙情的で美しい梅林茂の音楽 管弦楽の調べもベストマッチ
トム・フォードのブランドのアドキャンペーンモデルとして活躍のブランドの顔として知られているスペイン生まれのイケメン男ジョン・コルタジャレナ
やばいっす こりゃまた映像映え良すぎ

死装束に彼が選んだスーツにネクタイの結び方を「ウインザー・ノットで」とカードに記す場面
これだけでも オイシイ
Unknown (KLY)
2010-10-28 23:26:48
色鮮やかで鮮烈な印象でした。別にカラフル
って訳ではなくて、日常に風景を切り取って
もこれだけの印象が残せるものなんですねぇ。
相変わらず何が哀しくて男のケツみなあかんねん!という生理的反発心が強いにも拘らず、思
わず引きこまれてましたよ。
コリンとのマッチングも良かったよね~^^
あきまへん、すんまへん (クラム)
2010-10-29 01:07:59
やっぱりみなさん高評価なんですねー。
だから敢えて足跡残しちゃいます。

別にゲイに嫌悪感はないんですが、
とにかくもう人種が違うということで、おしまい。
美しくビター (ノルウェーまだ~)
2010-10-29 15:38:34
migちゃん、素敵☆
なんて素敵な映画に素敵なレビュー!

そして・・・
>こんな子が いきなり目の前に現れて裸になって海に飛び込んじゃって家に来ちゃうんだから
おじさん、きっとたまらないよね。
って、笑えるぅー!!
おばさんだって、たまらないわ☆
でもハタチなのね。
ねえねと一緒だぁー(笑)
Unknown (hino)
2010-10-29 18:43:24
今宵も六本木に詰めているmigちゃんだと思います。
明日も私と六本木で宜しくねー!

こちら、大人な雰囲気の評価の高い作品のようだー。

トム フォード、素敵よね~。
KLYさん似ているーと思っちゃったけど?

マーク ストロングをもっくんという私の審美眼はいかに?
まだ~むのプラス海老蔵には膝打って大笑いしてました。
鋭いなーー!!



僕も観ました (シン)
2010-10-29 21:19:53
コリン・ファースは『ブリジット・ジョーンズの日記』に出ていた人ですよね。
あの映画は観た事があるけど、あまりぱっとしなかった印象があるのに、この映画のコリン・ファースはとてもカッコイイ大人の男性というイメージです。成長されたんでしょうか。
デザイナーが監督ということで、ファッションもふるまいもすべてかっこいい。
それにしてもこの映画が1日の間に起きた出来事だと、観終わるまで全然気付きませんでした。
ぼ~っとしてますね。
色調もピンクっぽい感じで、いつまでも頭に残っています。いい映画ですね。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries