我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

つぐない/ Atonement

2008-03-27 09:21:48 | 劇場&試写★6以上


"つぐない"といえば、テレサ・テンですが、、、
って世代がバレるか

こちらの作品、
今年のアカデミー賞作品賞のノミネートに、ゴールデングローブ賞作品賞受賞
トロント映画祭でも高評だったし、その地味なタイトルとは裏腹に、期待が高まるのは仕方ない。


予告篇、あんまりみないようにしてたけど、
"つぐない"というからには キーラ・ナイトレイ&ジェームズ・マカヴォイ二人の
単なるラブストーリーではないらしい。 キーラの妹?小娘が出ていて何かやらかすらしい?

とわたしの予備知識はココまで。
大変期待しながら試写での鑑賞してまいりました〜。

期待裏切らない面白さ、というか好きだなぁーこの映画


毎度、人形のような美しさのキーラです
タバコがお似合い。


待つ身は辛いね。。。



いつまで頭に"タムナスさん"が付くのだろうか 『ペネロピ』でも好演、日本でもファンを増やしたジェームズ・マカヴォイ。
何かの記事で、「この役は完全に僕なんかじゃなくジュード・ロウや誰かにいくと思ってた」
って言ってたけど、ジュードよりもあなたで正解です
素晴らしくこの役、ハマってました。



と、表向きには主演はこの二人ですが。


ほんとの主演はこの子
シーアシャ・ローナン。

アカデミー賞で助演女優賞にノミネートされちゃってました。
助演というかキーラよりも重要な役どころなんですケド、、、。
この憎たらしい感じがすごく自然で良かったまさに、ハマり役!



成長すると、フランソワ・オゾン監督の『エンジェル』でヒロインを務めた、ロモーラ・ガライ(未見なので観たくなった〜)に。
こちらも良かった。
この子、アレンの『タロットカード殺人事件』にも出てます。




1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。
政府官僚の長女セシーリアは、両親が面倒を見て幼なじみのように育てられた使用人の息子、ロビーと思いを通わせ合うようになる。
しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニーのついた嘘が、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。

                              


子供心に抱いた小さな想い。小さな誤解。
小さなウソが、未来を大きく変えてしまうかもしれない。
その罪は、重い、、、、


9/10

いや〜、切ない。。。
でもこういうの好き〜
話は意外と分かりやすくて入り込みやすい。
単純なラブストーリーだったらここまでではないけど、
"罪"とか"復讐"とかどこか"毒"?や"重み"のあるストーリーって好きなんだよねー。
これは好みに分かれるだろうけど、良質な映画です。

元々は現代文学を代表するブッカー賞作家、イアン・マキューアンのベストセラー『贖罪(しょくざい)』を映画化したもの
なんだけど、
このジョー・ライト監督による手腕も大きいと思える。

(ちなみにこの監督の前作『プライドと偏見』もキーラ主演。こちらも良かった)

キャスティング良し。姉役のキーラは実は誰でも良かった気がしなくもないけど、、、。
(相変わらず薄い胸を今回もギリギリまで披露してくれてます)
いかにも誠実そうだがどこか寂し気な感じで、全てを持ってるような正統派のおぼっちゃまタイプとは違うマカヴォイはピッタリ。
切ない〜、、、

この作品でいちばんのキーとなる、妹ブライオニー役の子についても上で書いた通り。

時折、この子の顔のアップがドーン!とくるシーンや、海が見えた瞬間の戦場のシーンの長回しなんかが印象的。
後半とくにラスト近くでは、思ってた展開とは違ってきて軽い驚きが。
重みのある作品だけど、演出が重くないというか
巻き戻し回想など見せ方のアプローチ(カメラ)が個性的でそこも良かった

ラストでは意外な人物が登場。
最後まであの髪型だったブライオニーはなんだか笑えたけど
何だか切なくてちょっと泣けてきちゃった

そして音楽! タイプライターの現実音がかぶさってメロディーに繋がるという巧みな技!
全体通しての曲も素敵で、後で知ったらアカデミー賞で作曲賞受賞してたのね。
それも納得。








公式サイト
Atonement    2007年 イギリス  123min 
第64回ベネチア国際映画祭オープニング上映作品
第65回米国ゴールデン・グローブ賞 最優秀音楽作曲賞、最優秀作品賞受賞
第80回米アカデミー賞 作品賞、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞ノミネート/ 作曲賞受賞。

4月12日より新宿テアトルタイムズスクエア、日比谷シャンテ シネほか全国にて順次公開




-----------------------------------------------------------------------------------------

2007.12/6 L.A.プレミアにて。
前髪アリがキュート




キーラの妹役、シアーシャ・ローナンと。


タムナスさんマカヴォイくん、1979年4月生まれのもうすぐ29歳。残念ながら?妻います。



話題作に次々出演、待機作品は
ジェーンオースティンを演じるアン・ハサウェイ共演の『BECOMING JANE』

そして、9月に日本公開決定、アンジー主演『WANTED(ウォンテッド)』



共演にモーガン・フリーマンとビッグネームに並んでの出演。
マークミラーのグラフィックノベルの映画化で、監督は『ナイトウォッチ』シリーズの人。


そしてもう1本『Preeier's Bounty』(2008年) 
タムナスさんはどうしちゃったのか、
日本でも5月公開になる『ナルニア国物語』シリーズの続編にはクレジットされてませんー。


キーラの方は、、、、、
2月、雑誌ELLEの「エル・スタイルアワード」でベスト女優賞に選ばれる



キーラお得意のこの笑み、『つぐない』の中では当然ながら見られません(笑)




こちらは3/13 N.Y.にて。友達と待ち合わせ中

帽子とコートがお似合いでカワイイ


待機中の作品は、今年全米公開予定『The Duchess』
キーラ演じるジョージアナ・キャヴェンディッシュは、18世紀の貴婦人で5代デヴォンシャー公爵夫人。

マリー・アントワネットの友人としても知られるが、
才色兼備の女性で文学者や政治家が集うサロンを開いた人物。
英国でベストセラーになったアマンダ・フォアマン著の伝記『Georgiana The Duchess of Devonshire』の映画化。

もう一つ、シエナ・ミラー共演で、以前キーラと組んだ『ジャケット』のジョン・メイバリー監督の新作に出演予定





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (62)   Trackbacks (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリス・ヒルトン観察日記 | TOP | ハリウッド☆ゴシップNews »

62 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようです☆ (あすか)
2008-03-27 11:09:42
migさん、おはよー。
観たんですね。コメント&TB有難うございました。
私もこれ結構好きでしたよ。
本当に妹役の子の存在感はすごかったですね。
自分がついたたった一つの嘘であんなに人の人生を変えてしまうなんてね…。

私も音楽好きでした。
アカデミーでもオリジナル音符で賞とってましたもんね。
こんにちは♪ (dai)
2008-03-27 17:14:16
migさんコメントありがとうございました☆

最高の映画でしたね。私もタイプライターの音の使い方の巧さに唸ってしまいました。

因みに私は海外でこの作品観たんです〜w
こんばんは〜☆ (latifa)
2008-03-27 19:21:46
migさん、オオ〜高得点!!
私は、この映画の、あのおばあちゃん役の女優さんのこと、この映画を見た時、良く知らなかったんですよ。
その後、1ヶ月ほど前に、BS2で「ジュリア」っていう古い映画を放映していたのを見たら、そこで主役やっていた女優さん(まだ20〜30代)だった!!というのが解って、妙に感動してしまったんです。(←何を感動しとるんじゃ・・・)

プライドと偏見は、図書館で順番待ちがあと4番目まで来ました☆

キーラのグリーンのドレスはなかなか着こなしが難しそうだけど、彼女に似合っていましたよね。
最近TVで入るCM(シャネルのcocoだったかな?香水のCM)で、あのドレスに雰囲気がちょっと似た紅いドレスをキーラが着てますよね♪
Unknown (NANA☆)
2008-03-28 00:18:05
わ〜、高評価ですね!これアカデミー賞ノミネートだし、ゴールデングローブ賞とってたので気になってました
もうすぐ公開ですね、ジェームズマカヴォイは『ペネロピ』で観てカッコいいな〜って
ちょっと思ってました、この映画も楽しみです
Unknown (マイマイ)
2008-03-28 11:53:13
最近、大活躍のタムナスさん(笑)
この映画でもはまり役なんですね!
大阪では上映する映画館少ないようなのですが、見に行きたいなって思ってます^^

この三人のそれぞれの思いというのが見ものなのかな?
プライドと偏見も見にいったので、同じ監督ということでそれも楽しみです!
あすかちゃん☆ (mig)
2008-03-28 22:24:02
こんばんは〜♪

そう、あの妹役の子がこんなに重要な役だったとは☆
子供が言った、あんな適当な事がさほどの証拠もなく
本当に捕まっちゃうのはそういう時代だったからかなー、、、、ひどすぎる、、、、
でもちゃんと自分のしたことの罪の重さを感じる人間で良かった
(ってそういう問題でもないか、、、、)
音楽も良かったですー♪
daiさん☆ (mig)
2008-03-28 22:25:37
こんばんは♪

海外で見られたから早かったんですね〜、
あれ?もしかしてトロント映画祭かな。
あの時は『シルク』でしたっけ、、?
あのリズム!音楽、素晴らしく良かったです
latifaさん☆ (mig)
2008-03-28 22:31:17
こんばんは♪

わたしこれけっこう好きですね〜、
どこがっていうんじゃないんだけど
ものすごく引き込まれて観てました
そうそう、あの人出て来た時、「あ!大物使ってる!」って思ったんですよ(笑)
すごくハクがあってラストが上手い具合に締まってました☆
『プライドと偏見』は地味だけどなかなか秀作です。
グリーンのドレスがとっても印象的でしたよねー、
それでこのレビューは迷わずグリーンの色にしました
シャネルのCMのキーラ、キレイですよね〜
NANA☆さん (mig)
2008-03-28 22:33:13
わたしも期待してたんだけど、すごく好みだったから
最後までいっきに引き込まれちゃいました〜。
マカヴォイ、今回もイイですヨ
ちょっとむさ苦しくなるけど、そこがまた良かったかな(笑)
好みに分かれる作品だと思うケド、楽しめるといいネ♪
マイマイちゃん☆ (mig)
2008-03-28 22:34:59
そうそう、マイマイちゃんがツボにくるとゆー
タムナスさん、また登場
賞で話題になった作品だから結構上映するんじゃないかなー。
大阪なら尚更、、、。
是非観てみてね
こんにちわ〜(^ー^) (tess)
2008-03-30 05:10:17
migさん、なんだかすごーくご無沙汰してしまいました。(^^);
私が新作映画を観る時期は、いつもみなさんと、とんでもなくズレているのですよね(笑)
といっても、migさんのように沢山の映画を観ていないのですが。
でも、いつもお邪魔して楽しませてもらっているんですよ〜♪
特に、ハリウッドゴシップNewsは大好き♪(笑)

私も、この作品好きです。全体的な雰囲気といい、タイプライターの音楽がマッチして。。
ラストでは、ちょっとハッとした驚きがあって新鮮でした。
大きくなったブライオニー役の人は、「タロットカード殺人事件」に出ていたんですね。
スカちゃんばかりに目が行って、
ぜーんぜん気がつきませんでした(笑)
タムナスさん、じゃなくてジェームス・マカヴォイさんのうるうるした青い目がいいなぁ〜♪
でも、妻いるんですかー。なーんだ(笑)うらやましいなぁ。(爆)
失礼しました。
応援ぽち!
tess (mig)
2008-03-30 22:20:33
お久しぶりです〜
いつも来て下さってたんですね、嬉しいナ、
クリックもありがとうございます
わたしも実は全然気づかなかったんですよー(笑)
大きくなっても似た雰囲気のコを使ってて良かったですよね☆
この映画、音楽本当、良かったですね。
マカヴォイ、今後も楽しみです。
あとであそびにいきますね♪
こんにちわ^^ (tess)
2008-04-01 13:03:25
また来ました♪(^ー^)
遊びに来てくれてありがとうございます!
migさんの、こちらの記事を私の記事の中に紹介させて頂いています〜。よろしいでしょうか?
っていうか、事後報告ですみませんっ!
どうぞよろしくお願いしますm(__)m
また来ますネ(^^)ノ
tessさん☆ (mig)
2008-04-02 23:06:08
こんばんは☆
またまたありがとうございますー本文の紹介までして下さって。。。。
こちらこそ、今後も宜しくです☆
なかなかあそびによれなくってゴメンナサイ
またおじゃましますね♪
Unknown (Keira大好き♪♪)
2008-04-10 05:31:44
初投稿です
高評価ですネ☆
キーラ様が大好きなので見てみたいのですがまだ見れてません......。
今一番見たいのは「プライドと偏見」ですこっちの方が役があっているというか衣装があっているというか・・・・(笑))

それでは長くなってしまいましたが終わりまぁす
keire大好きさんへ☆ (mig)
2008-04-11 13:15:17
初コメントありがとうございます
期待してた作品だったけど、抑揚がきいて面白かったですよ〜♪
プライドと偏見も良かったですね〜
こんにちは♪ (くろねこ)
2008-04-13 18:10:33
私も引き込まれました〜♪
亡き2人に彼女が出来た償いに・・。
こんなのひどすぎるよぉ・・(泣)
と思いながらも彼女もかわいそう過ぎて
ただ涙が流れてしまいました。
この展開、みごとでしたね♪

切ない... (あん)
2008-04-13 22:07:38
私も、この映画、好き!でした。
ラストはこうだったのか!と、う〜んと唸りつつも大泣きしてしまいました。
マカヴォイ、良かったですよ!
Unknown (りお)
2008-04-14 00:14:14
観てきたよ〜
migさんが高評価だったので期待していたんだけど、なかなか良かったです
タムナスさんはやはりやさぐれている時の方が素敵とか思ってしまいました。
(妻がいるの知らなかった…ちょっと)
シーアシャ・ローナンが良かったね!
こんにちは〜 (non)
2008-04-14 09:08:00
migさん、こんにちはぁ

いやはや切なかったですねぇ・・・
胸が苦しくなっちゃいました
キーラとマカヴォイの再会の場面・・・
マカヴォイの青い目が辛すぎましたわぁ

本来複雑なストーリーを、見事に分かりやすく見せてくれていたし、音楽も効果的。
ブライオニー役の子の演技は最高でした
くろねこさん☆ (mig)
2008-04-14 12:27:58
こんにちは♪
ゴールデングローブ賞受賞しただけのことはあって、
というのも変だけど、見応えある作品でしたよね〜
こういうの、大好きです。
でも、ふたりの運命はほんと悲しいですね、、、、

あんさん☆ (mig)
2008-04-14 12:29:11
こんにちは♪
ラストのラストで覆された展開、も見事でしたね〜。
マカヴォイは今後も注目の俳優さんですよね☆
明日お邪魔しますね〜☆
りおさん☆ (mig)
2008-04-14 12:30:40
りおさんも楽しめたようで良かった☆
なかなか最近いけなくってごめんね〜!
明日にはあそびにいきます

やさぐれマカヴォイいいよね〜♪
キャストが皆よかった
nonさん☆ (mig)
2008-04-14 12:32:23
こんにちは♪
ほんとこんなに切ないお話とは、ポスターやタイトルからは想像つかないですよね〜。
うんうん、音楽も良かったですよね
マカヴォイもカナシすぎるぅ〜。
nonさんとこもあとでコメントおじゃまします
見ました。 (とく)
2008-04-14 22:09:29
とくも、予備知識なくていきました。てか、HPみてもよくわからんです。とりあえず、キーラが出とるし、アカデミーもノミニーされてたし、見た感じ。シャンテで見たんですが、何やらTOHO系サービスデイで1000円で見れた。シャンテはTOHO系なんですかね?14のつく日らしいです。キーラの魅力全開では、なかったが、これ、妹が主役ですよね。このラストは、なんとも悲劇的。きましたね。作品賞「ノーカントリー」よか、アカデミー会員のおじいちゃんには、受けがいいんでわ?
とくは「つぐない」>>>「ノーカントリー」です。まだ、PTAの作品は、見てませんが。とくも、
みてきたー★ (きらら)
2008-04-14 22:42:47
これー!なかなか良かったです期待値から比べるとかなり良かった!

みなさん言っている通り音楽よかったなー。
役者も良かった☆ブライオニーはいつまでたっても憎たらしく思っちゃった
そしてラスト、、、こんな悲しい結末だとは知らずに
とっても見ごたえある映画だったね♪
いけたらもう一度みたいかも☆

明日は試写いくけどー、migちゃんはいねーかー?
やっと・・・ (ひろちゃん)
2008-04-15 01:25:01
つぐないが観れました^^
つぐない=テレサテンだなんて、migさん
お若いのによくご存知ですね(笑)

映像の見せ方といいタイプライターの音や
音楽といいすごい作品でした。
号泣するぞ〜〜と言う意識で観に行ったので(笑)
思ったより号泣はしませんでしたが、でも
泣きました(T.T)
特に老年のブライオニー、ヴァネッサが出てきら
シーンから号泣に近かったです(T^T)

切なかったですが、心に残る映画でした。。。

ps.migさん、試写会でいち早くたくさんの映画
ご覧になってらっしゃいますね(¨;)
フィクサー、ネクストetc鑑賞したら、またお邪魔
させて頂きます(^_-)-☆
こんにちはー♪ (kira)
2008-04-15 10:05:02
migさ〜ん、migさんの評価通りでしたよっ
初日の夜観ましたが、余韻を曳きずりながら帰りました〜

『プライドと偏見』でも感じたんだけど、この監督さん、
女性は勿論だけど、特に男性を魅力的に撮る方だという気がします。
いや、マカヴォイくんはもともと素敵ですが、
男性の秘めた情熱を感じさせる、出しすぎない感がいいです
とくさん☆ (mig)
2008-04-15 19:53:03
こちらにもありがとです
へぇ、シャンテ14日千円なんですか〜
知らなかった
というか最近試写にしかいけず、銀座の映画館はご無沙汰です☆
そうそう、これは妹が主役でした。キーラじゃなくてもいい感じだけどわたしもノーカントリーより好きですよ♪
PTA、早速観て来ます
きらりん☆ (mig)
2008-04-15 19:55:29
わたしは期待してたんだけど、もっとヨカッタ
こういう起伏ある話って好み♪途中までは想像してた感じだったんだけど、
ラスト前で覆されちゃった。
なんだか悲しいお話だったよねー。
きらりん今日は何を観てるのかなー?
わたしは明日試写いってくるよー
ひろちゃんさん☆ (mig)
2008-04-15 19:58:57
こんばんは♪
ひろちゃんさんも楽しめたんですね☆
ええ〜、わたし若くはないですよ
30代ですから〜
本当、心に残る名作でしたよね。
いい映画はいい音楽あってこそだと思ってるので、
この作品も例に漏れず、でした☆

ハイ、試写観ることが多いけど最近とくに
公開中の映画を観に行く時間とれなくて、、、
またいつでもいらして下さい
わたしもあそびに行きますネ♪
kiraさん☆ (mig)
2008-04-15 20:07:47
こんばんは♪
うんうん、ほんと男性の心情もうまく出てましたよね〜
kiraさんも高評価、楽しめたようで良かった〜

普通の男という感じで、自分色があまりついてないマカヴォイくんは適任でしたよね
こんばんわー (ななな)
2008-04-19 20:38:21
migさん
私はキーラお得意のあの笑みが嫌いなのー。
なんだかちっとも可愛くないんですものー!!

私はイマイチぴんとこなかったですー
二人の恋愛の切なさはわかるんだけど、どうもブライオニーに肩入れしちゃって
彼女どうにかしてあげたいなーって思っていました。
映画としてはとってもいいんだけどなぁ・・・っていうのが、正直な印象です。
なななちゃん☆ (mig)
2008-04-19 23:53:36
あはは!わかるぅ〜、なんかにくたらしいよね
あの顔
なななちゃんはダメだったの〜?そうかぁ、、、、。
わたしは既に今年のベスト3入る勢いだわ(笑)

あとでレビュー読みに行くね
観ますたっ! (あっしゅ)
2008-04-20 20:49:55
mig姉たん!
観ますた☆

妹がかわいかったなぁ〜!何ともいえないピュアな感じがグッドでした!
キーラは相変わらず綺麗だね!横からは観れないけれど。。。

この映画の雰囲気は「プレイドと偏見」ぽかったけど内容はシビアだね!
ちょっとした恋心で二人の運命を引き裂くという何ともおぞましい内容だったね!
ちと眠くなったぞぉ〜zzz。
あっしゅ坊や☆ (mig)
2008-04-20 23:50:53
んー、あっしゅ坊やはいまいち??
妹、ちょっと生意気そうで中性的なかんじが
日本でいうと広末っぽいなーなんて思いながら観てました☆
あれれー眠くなっちゃったのネ
てれさ10 (シャーロット)
2008-04-25 22:19:59
こんばんはーん。
す、すみませぬ、この頃ヒキコモリーナなのです;
映画もなかなか見に行けなくって、どよよーんとしてる毎日。やっとこさっとこ、近くのシネコンでレイトショーでみてる感じで;;
私はもう少し抑制された音楽使いの方が断然好みなんですけど…今なら、演出としての音楽をアナログの機械音と関連付けてとらえればこの音量でも納得かなー。
それにしても、ブライオニーの嘘は私には全然罪でもなんでもないっしょーと思えるんですけど;
あのチョコレートオヤジを引っ叩きたい。爆
だって、ローラにあんな事していたあと、彼はソファーでぐーぐー寝てましたですぜ;怒っ
・・・と違うところで結構悔し涙を流していたのでした。わはは
シャーロットさん☆ (mig)
2008-04-25 23:05:11
こんばんは♪
ひきこもりだなんて、ぜんぜんシャーロットさんらしく
ないよ〜
確かにー、子供にありがちな嫉妬だし勘違いだし。
チョコレートオヤジといとこはムカついた〜
(笑)
 わたしはやっぱりおばあちゃんになったブライオニーの告白がぐっときちゃった
シアーシャ (ボー)
2008-04-26 14:19:58
文芸作を、観たなー。
シアーシャ、すごいなー。
長回し、すごいなー。
音楽、いいなー。
スパムではありませんので消さないで〜。
ボーさん☆ (mig)
2008-04-26 23:38:06
こんばんは☆

キャストよかったですよね!
キーラは意外とほかのひとでも良かった気もしますけど、、、
素晴らしい! (AKIRA)
2008-05-01 11:14:35
シンプルな話なのに,人間の心の奥に迫る脚本が見事!

上質な味わいの文芸大作,
最後まで目が離せなかった〜。

観賞後,タイプライターを打ちたくなりました。
AKIRAさん☆ (mig)
2008-05-01 12:12:53
こんにちは♪
ほんと、秀作でしたよね!
引き込まれちゃいました、

AKIRAさんと久々に意見あったかナ??
高評価、うれしいーです。
タムナスさん (にゃむばなな)
2008-05-04 11:55:22
ジェームズ・マカヴォイがタムナスさんを演じていたことすら、もう忘れてしまいそうなくらいにこの映画でさらにこの俳優のことがお気に入りになってしまいましたよ。

これからは親愛を込めて「マカヴォイ兄ちゃん」とでもお呼びしましょうか?
にゃむばななさん☆ (mig)
2008-05-05 11:33:50
マカヴォイ、ほんと続々出てますよね〜!
注目してる人も増えてるし、今後も期待
アンジーと共演の秋公開のアクションも楽しみです☆
苦い思い出 (ケント)
2008-05-05 12:27:43
migさんこんにちは
ブライオニー(シアーシャ・ローナン)の演技力と存在感は凄かったですね。完全にキーラが食われていましたね。
さすがゴールデングローブ賞・最優秀作品賞を受賞しただけあって、純正統派ドラマで見応えがありました。
犯した罪のつぐないは、何10年間も悩み続けたということで拭われたのではないでしょうか。
僕達も子供の頃に何気なく犯している罪があるはずです。彼女のように一生悔いに残るような罪ではありませんが、いまになってそれを思い出すとぞっとすることがありますよね。でも普段は忘れています・・・。思い出したくない思い出ってありますよね。
ケントさん☆ (mig)
2008-05-06 12:02:53
こんにちは♪
ホント、すごい存在感だしちょっと憎らしい感じとかハマってたし
そうですね〜
こんなちょっとした嫉妬や嘘から悲惨な結果に、、、、。
わたしたちも何かしらおかしてて、成長するにつれ忘れて行く、、、、
この作品、ほんと面白かったです☆満足
完全少数派 (クラム)
2008-05-06 23:55:47
K.ナイトレイもジェームズなんとかさんも初めて見ました。
だからかもしれませんが、
二人がどうしても好人物に見えなくてダメでした。
彼女はキレイかもしれないけど、アナソフィアちゃんがああなったら、なんかやだな。

ところで、ぼくのページでくっだらないパクリ企画を
はじめてしまいました(5月2日付)。
事後承諾になって申しわけありませんが、ひとまずご報告まで。
クラムさん☆ (mig)
2008-05-07 12:26:24
そうですかぁ、、、
キーラの作品が初とはちょっと意外です☆
アナソフィアは今後どういう風に変わっていくのか興味あるけど間違っても変な方向にいかないで欲しいですね〜。

あは
その記事、この間お邪魔したときにちらっとみさせてもらってたんですけど、ぜんぜんわたしんとこのパクリだなんて気づきもしませんでしたよ!(笑)
ぜんぜんOKです
同感! (有閑マダム)
2008-05-09 11:15:11
同感です!
カップルが主役のラブストーリーではなく、妹が主役というところ。 罪が主題になっているところ、とてもよかったですね。
戦時中に引き裂かれるカップルとして、コールド・マウンテンを引き合いに出されることも多いようですが、私はコールド・マウンテンにはぜーんぜん共感できる部分がなかったのに、こちらでは映画にどっぷり・・・でした。
有閑マダムさん☆ (mig)
2008-05-09 11:59:32
そうなんですよね〜。
ほう、コールドマウンテンが比較されてるんですね。

わたしも全く同感ですね、コールドマウンテンは
ジュードもニコールも好きなのに、ぜんぜんダメでした
こちらは今年のベストに入れちゃいます(早くも決定
運命を刻むような (やまたく)
2008-05-20 02:35:24
あのタイプ音がよかったですねー。
一生を通じてカタカタと打ち続けたタイプライター。
その音に、いろいろな意味が込められているような気がしました。
シーアシャ・ローナンの思春期全開の演技が見事でしたね。
ウソついちゃうんですよね、、、あのころって(笑
こんばんは (SGA屋伍一)
2008-05-20 21:34:36
この映画、最初はまったく見る気なかったんですよね
でもmigさんの
「時折、この子の顔のアップがドーン!とくるシーンや、海が見えた瞬間の戦場のシーンの長回しなんかが印象的。」
という文章がやけに記憶に焼きついて、「観てみようかな」という気になったのでした

いやー、先入観に囚われてスルーしなくてよかった。migさんアリがとうございました

いろいろ印象的なカットがあったけど、連れ去られていくロビーを呆然と見送るセシーリアや、海辺の映画館でキスシーンをバックに立ちすくむロビーの姿が特に良かったです

マカボイくんとシアーシャ・ローナンが仲良く写ってるプレミア画像に、少し癒されました
やまたくさん☆ (mig)
2008-05-20 23:45:06
こんばんは♪

そうそう、音楽もすごく良かったですよね、
あんな少女時代の嘘がこんなことになるなんて、つぐなってもつぐないきれない、、、
悲しいラストだったけど良かったです
SGA屋伍一さん☆ (mig)
2008-05-20 23:47:55
こんばんは♪

うわあ、そうなんですか?!
光栄です
なんだかそれってすごく嬉しいお言葉です。

それに観た感想が、 なんだよ、面白くねー
じゃなくて良かった(笑)
わたしこの映画は今年のベスト5には入りそうないきおいですよ〜。
あとでお邪魔しますね
やっとこちらでも公開です (パピのママ)
2008-05-22 23:21:13
こんばんは、待ちに待ったかいがありました。
凄く良かったです、最高点つけちゃいましたもん!
タイプの音を使った音楽に導かれ、意外な真実を明かされるまでのサスペンスフルで緻密な構成に酔いしれました。
キーラの首筋が綺麗というより、映像を駆使して物語を語るジョー・ライト監督の演出に魅了させられましたね。
それにしても、ジェームズ・マカヴォイさん、大河ロマンがお似合いです。見直しましたわ(笑)
パピママさん☆ (mig)
2008-05-23 10:24:30
こんにちは♪

わお!最高点ですか
音楽もいいし、おっしゃる通り、脚本や演出も素晴らしかったですよね〜。
起伏ある展開にひきつけられっぱなしでした☆
マカヴォイはほんと最近頑張ってますね!
(ってなぜか上から目線
ナルニア続編にはでてないので残念ですぅ。
哀しい物語でした。。。 (マリー)
2008-05-27 23:26:03
やっと観れました〜〜〜。
でもmigさんはいない〜〜〜♪ちょっと唄ってみました。。。

絶対好きだと思ってました。
もう、もう 切なくて切なくて・・・涙が渇くヒマがなかった。
少女の“傲慢さ”“畏れ”、ウソというにはあまりにも哀しい・・・彼女は自分の“想い”を表す術が分からなかったのに。
その少女の“想い”を利用した従姉妹が一番憎らしかった・・・。

3人のブライオニーもキーラもタムナスさんも素晴らしかったです。
音楽もタイプの音も・・ずっと心に響いています。

あ〜〜〜観れてよかった。。。
マリーさん☆ (mig)
2008-05-29 09:34:56
戻ってきましたよ〜♪

やっぱりマリーさんも楽しめたんですね☆
音楽もキャストも脚本も良かったですよね、
あとでお邪魔しますー
ようやく観ました (koji of the dead)
2008-10-05 00:44:34
migさん、こんばんは。

恋愛モノはあまり積極的に観ないんですが、これは甘ったるくないと思ってたので、絶対観ると決めてましたのよ。

いやいや、良かったです〜。migさん星9ですね!納得でござる。
皆さんと同じように音楽も良かったし、兵士達がいた浜辺のシーンを観てて、おぉ〜と思いました!(あのシーン、巻き戻して2回観た)
マカヴォイは家政婦の息子という、裕福でない設定のキャラに合ってたし、幼少期のブライオニーを演じた子も顔が性格とピッタリ!
(マカヴォイは、大忙しですがスターって言うような華をあまり感じないせいかな?‥なんて失礼な)

ラストの展開でグッと心を揺さ振られましたね。
俺も見せ方がいいなーって観てて思いました。
久しぶりにちょっと感動。(たいがいの映画をレンタルなんで、皆さんと違い随分と遅れるんですよね‥)

今後も遅いコメントすると思いますが、よろしくでござんす。
恋愛モノでは、ロンリー・ハート(サマンサ・モートンじゃん!)を観る予定してます。キャンディもいつか観るかな。フローズン・タイムは恋愛モノじゃなかったっけ?これも観る予定。

★koji of the deadさん★ (mig)
2008-10-05 12:32:40
こんにちは♪

ご覧になったんですね!!
思ってたよりも楽しめて、★9でした
意外な展開でしたし観応えありましたよね♪

あの長まわしのシーンも良かったですよね。
マカヴォイくんはあのふつーな感じがきっといいんだと思う

コメント、古い記事でもぜんぜんかまいませんよ〜
むしろ見た映画にこうしてコメントくださるのは
意見もきけてすごくうれしいです。
わたしも「ゼム」観たんですよ〜!
でもダメでしたね〜
近々、レビュー書きます★

こんばんは! (アイマック)
2008-10-17 23:18:11
今頃DVDでみたんですが、よかったよ〜!!!
マカヴォイは今までとちがう役柄でもちろんいいんだけど
キーラの美しさにポッ。胸がないのも共感できる。笑

最後のブライオニーの告白はやるせないね・・・
生涯、同じヘアスタイルだったとは。。
すばらしい映像だったので劇場でみたかったです。
★アイマックさん★ (mig)
2008-10-18 00:50:20
こんばんは♪

最近はDVD出るの早いね〜
もう出たんですね!
わたしもこの映画、お気に入りで
今年の上位に間違いなしだな♪
ほんと生涯同じ髪型って、、、、
なんだかそこも悲しかったりして、、、(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

84 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
Atonement (2007)/つぐない (epiphany)
【邦題】つぐない(2008年4月12日公開) 【あらすじ】1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)...
つぐない (Memoirs_of_dai)
To A Visual Stimulus 【Story】 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)は、ある週末、姉のセ...
「つぐない」Atonement 感想 4つ★ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2007年度映画の英国アカデミー賞で、凄く沢山の受賞をしたとのことですが、なるほど・・と思う部分と(アメリカの賞じゃなくて、イギリスのだ...
Atonement 「つぐない」 (表参道 high&low)
格式高いアカデミー会員が好きそうな英国産の悲恋物語がAtonement(つぐない)。 シーンの導入部分にタイプライターの音がオーバーラップする懐かしい構成と光を上手く使った映像が印象に残る秀作です。イギリス郊外のディナージャケットとシルクと煙草が残るお屋敷で、K...
つぐない (とりあえず、コメントです)
ベストセラー小説を映画化した作品です。 一つの嘘によって引き裂かれてしまった愛の行方が美しい映像と音楽で綴られていました。 1935年夏。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は多感な少女で、小説を書くのが大好き。 今日は帰省してくる兄を歓迎するために戯...
「 つぐない / Atonement (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【つぐない】2008年4月12日(土)公開 監督 : ジョー・ライ...
『つぐない』 (Atonement) (Mooovingな日々)
1935年英国。13歳のブライオニー・タリスの家族は富と特権を持ち、大邸宅で暮らしていた。最も暖かい季節に屋敷を動揺させる出来事が起こる。そこで働く家政婦の教養ある息子ロビー・ターナーはブライオニーの美しい姉セシリアに気があった。ロビーに首ったけなブラ...
つぐない (things4u)
☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう〜☆↑ 今日の1本は「Atonement」(邦題:つぐない)から。 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てら...
『つぐない』:少女の大いなる心のミステリ:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
<ネタバレあります、たぶん> この映画におけるつぐない(償い)とは、と考える。と、それは、鎮魂と赦(ゆる)しに他ならない。
つぐない (アートの片隅で)
「つぐない」の試写会に行って来ました。 アカデミー賞ノミネート、ゴールデングローブ賞では見事作品賞を受賞した作品です。 アカデミー賞ノミネート作品を観るのは、「ノーカントリー」に続いて2作品目になります。 「ノーカントリー」と違って解り易く、こちらの方...
『つぐない』 (セガール気分で逢いましょう)
アカデミー賞 作曲賞(ダリオ・マリアネッリ)、獲得! 「300文字レビュー」とは
必見! 緑色の鼻血ドレス in「つぐない」 (wabi's セレクション)
キーラ・ナイトレイとジェームズ・マカヴォイ主演の「つぐない(Atonement)」、日本でもいよいよ今日から公開っすね! この映画、wabiちんのブログを読んでる良い子のちみ達には何としてでも大画面で観てもらいたい映画なのだ。 と言うのは、映画の中でキーラたんが着...
『つぐない』 (Sweet*Days**)
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞...
つぐない (to Heart)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マ...
つぐない (★Shaberiba ★)
これは、「償い」といえるのか・・。哀しき運命の恋人達に涙。
つぐない/Atonement (描きたいアレコレ・やや甘口)
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...
つぐない (to Heart)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マ...
映画 『つぐない』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が...
★つぐない(2007)★ (CinemaCollection)
ATONEMENT一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 上映時間123分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/戦争/ロマンス映倫PG-12【解説】英国を代表する作家の一人、イアン・マキュー....
★「つぐない」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
『つぐない』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」 □脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレン...
つぐない (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルダイヤにて鑑賞つぐない/ATONEMENT 2007年/イギリス/123分 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカ...
『つぐない』 (2007) / イギリス (NiceOne!!)
原題:ATONEMENT監督:ジョー・ライト原作:イアン・マキューアン出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトは....
*つぐない* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2007年  イギリス 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただなら...
「つぐない」 (てんびんthe LIFE)
「つぐない」シャンテシネで鑑賞 子供の何気ない一言が家族の人生を変えてしまった…。 テーマは奥深いそして悲しい。 ところどころに映し出されるイギリスの美しい風景と相対する戦争の悲惨さ。 映像にもストーリーにもどっぷりとはまりました。 キーラ・ナイトレ...
「つぐない」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「つぐない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン、他 *監督:ジョー・ライト 感想・評価・批評 等...
映画「つぐない」を観ました。2008年42本目 (Aspiring Bobby-dazzler Starlet)
ジャンル : ドラマ 製作年 : 2007年 製作国 : イギリス 主演;キーラナイトレイ 第2次大戦直前のイギリス。官僚の娘で13歳のブライオニーは将来作家になることを夢見ていた。 姉のセシーリアと使用人の息子との関係に不信感を持ったブライアンは、ある夜起こった事件...
つぐない (映画を観たよ)
壮大な悲恋は・・・
つぐない。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演、『つぐない』、4/19、KBCシネマにて鑑賞。2008年20本目。  本作のような文芸大作は本来不得手なんですが、お袋がどうしても観たい!というので付き合いで観に行ってきました。  まぁこれぐらいのことで普...
つぐない (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
あとでつぐなおうと思っても一度あいてしまった穴を完全に塞ぐことは出来ない。そう簡単なものじゃない。”つぐなう”事のつらさをまざまざと見せ付けられたような気がする。                     評価...
「つぐない」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「つぐない」 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル 193...
「つぐない」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Atonement」2007 UK/フランス 小説家を夢見る多感な少女のついた嘘により、運命に翻弄される若き恋人たちの姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。 ロビーに「ラスト・キング・オブ・スコットランド/2006」のジェームス・マカヴォイ。 セシーリアに「プライドと偏見/...
感想/つぐない (EDITOREAL)
ああ、まさに文学の世界! 『つぐない』4月12日公開。イングランドの政府官僚のお屋敷。帰省する兄のために戯曲を描きお芝居をしようと末娘ブライオニーは駆け回る。姉のセシーリアは、使用人の息子ロビーとささいな諍いを起こす。それは身分違いの恋だった。セシーリア...
黒い嘘、白い嘘。『つぐない』 (水曜日のシネマ日記)
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。
つぐない (心のままに映画の風景)
1935年、イングランドの政府官僚ジャック・タリスの屋敷。 小説家を夢見る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、 夏の休暇で帰省...
つぐない (シャーロットの涙)
息苦しさと切なさとやるせなさと…
つぐない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイ、キーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらは償い自体が叶わぬもの...
少女の嘘がもたらしたもの…「つぐない」 (Zooey's Diary)
中々見応えのある作品でした。 ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 第65回ゴールデングローブ賞作品賞と第61回英国アカデミー賞作品賞受賞。 第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門...
つぐない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪ ...
『つぐない』 (・*・ etoile ・*・)
'08.04.19 『つぐない』@テアトルタイムズスクエア 「第二次大戦中のイギリス。政府高官の娘ブライオニーは小説を書くのが好きな夢見がちな少女。家政婦の息子ロビーと密かに愛し合う美しい姉セシーリア。ブライオニーは2人の仲を衝撃的な形で知ってしまう。そして彼女...
『つぐない』 @シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証...
つぐない (スワロが映画を見た)
原題:ATONEMENT 製作年度:2007年 製作国:イギリス 上映時間:123分 監督:ジョー・ライト 原作:イアン・マキューアン 脚本:クリストファ...
つぐない (Akira's VOICE)
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
つぐない (2007・イギリス) (白ブタさん)
すっごく見たかった作品(*^_^*) ようやく行ってきました〜{%ハート4webry%}
『つぐない』 (めでぃあみっくす)
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そ...
つぐない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作はイギリスの作家イアン・マキューアンの最新作『贖罪 (Atonement)』だという。この原作は未読なので、映画との違いはよく判らないが、かなり練り込まれた奥の深い作品であることは想像できる。 第二次大戦下のイギリス。まだ上流階級と下僧階級
つぐない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作はイギリスの作家イアン・マキューアンの最新作『贖罪 (Atonement)』だという。この原作は未読なので、映画との違いはよく判らないが、かなり練り込まれた奥の深い作品であることは想像できる。 第二次大戦下のイギリス。まだ上流階級と下僧階級
映画「つぐない」(2007年、英) (富久亭日乗)
   ★★★★☆  Ian McEwanの小説「Atonement」(2001年、『贖罪』)の映画化。 第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に 運命に翻弄される男女を描いた文芸作品。 原題は「Atonement」。  1930年代のイギリス、裕福なTallis家の長女Cecilia(Keira Knightley...
つぐない (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹...
〜『つぐない』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2007年:イギリス映画、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演。 
【劇場映画】 つぐない (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブラ...
「つぐない」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
名作と名高い原作をよく知らないが故の悲劇。悲恋と戦争は抜群に相性がいい。細切れに場面や時間が不規則に跳ねる編集もおもしろい。妹ブライオニーが動くとき後ろに流れるタイプライターのリズムも効果的である。でも、好みの問題と言うべきなのかもしれないが、引き離さ...
つぐない(映画館) (ひるめし。)
一生をかけて 償わなければならない罪があった。命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。
キーラ・ナイトレイの「つぐない」を観た! (とんとん・にっき)
なんと言っても映画「つぐない」は、キーラ・ナイトレイありきの作品です。どう考えても「つぐない」のヒロインは、キーラ・ナイトレイ以外は考えられません。キーラの美しさを前面に打ち出した、哀しくも切ないヒロインですから。スカーレット・ヨハンソンに置き換えて
映画* つぐない (有閑マダムは何を観ているのか?)
過ぎ去った時間は、元に戻せません。 一度やってしまったこと 言ってしまったこと 過去の過ちは、どれほど悔やんでも「なかったこと」には出来ないのです。 でも、その過ちを何らかの形でつぐなうことは、出来るのでしょうか。 映画の冒頭は、次女のブ...
「つぐない」〜純潔な神が焦がれたほの暗い水の底〜 (texts)
2007年 ジョー・ライト監督 キーラ・ナイトレイは胸がまったく全然ないけれど キーラ・ナイトレイの背中には素敵なほくろがある キーラ・...
つぐない (SmallTalk)
『つぐない』(2007年/英国原題:Atonement)を観た。イアン・マキューアン著『贖罪』が原作。舞台は1935年の英国田園都市。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、自作の戯曲で久しぶりに帰郷する兄を迎えようと従姉のローラやその双子の弟たちと練習をしていた...
つぐない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”無邪気な悪意”が招いた運命の贖い  
つぐない (映画めも)
大河ドラマ系映画結構好きなので、観に行きました。 原作は読んでいません。キーラを主役にした古風でドラマチックな男女の恋愛ものだと思っていたので、嬉しい驚きでした。(甘すぎる恋愛映画よりこういうののほうが好きです) 舞台は1930年代のイギリス。令嬢セシー...
贖罪の人生〜『つぐない』 (真紅のthinkingdays)
 ATONEMENT  1935年の夏。英国上流階級タリス家の令嬢セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、 使用人の息子ロビー(ジェームズ・マカヴ...
「つぐない」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.5.12 公開中の「つぐない」を鑑賞。 監督:ジョー・ライト 原作:イ...
渚のバルコニーで待ってる ジョー・ライト 『つぐない』 (SGA屋物語紹介所)
何本か観た今年のアカデミー賞関連で、最も印象に残った作品。最近書籍でも『償い』(
つぐない (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた。あなたを愛しています!私のもとに帰ってきて・・・。 壮大なスケールで描く、切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン! 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブ...
つぐない (eclipse的な独り言)
 美しい映画でした。映画が映画である必要性を痛感した作品でした。(5月25日 静
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! (銅版画制作の日々)
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです...
『つぐない』 (purebreath★マリーの映画館)
        一生をかけて 償わなければならない罪があった。             命をかけて 信じあう恋人たちがいた。『つぐない』監督・・・ジョー・ライト原作・・・イアン・マキューアン出演・・・キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ...
映画『つぐない』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (KINTYRE’SDIARY)
40.つぐない■原題:Atonement■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:124分■字幕:関美冬■鑑賞日:4月20日、テアトルタイムズスクエア(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジョー・ライト□脚本:クリストファー・ハンプトン□原作:イ...
映画感想≪つぐない≫ (キネマ徒然草)
これ程素晴らしい映画が、何故愛知県では一か所でしか上映されないのか理解できません。。 シネコンも10前後のスクリーンを有しているのなら、一スクリーンぐらいは、こういう映画を上映してもらいたい! ≪つぐない≫★★★★☆ 監督:ジョー・ライト 脚本:...
つぐない (ネタバレ映画館)
全ては“関東”が原因か・・・
つぐない (シネマ大好き)
帰省する兄の歓迎パーティーで上演するための戯曲を書く13歳の少女ブライオニー(シアーシャ・ローナン)。年の離れた姉セシリア(キーナ・ライトレイ)は、幼馴染で同じ屋敷で暮らすロビー(ジェームズ・アカヴェイ)をことさら避けながら、視線の先に彼をとらえてい...
つぐない (Diarydiary!)
《つぐない》 2007年 イギリス映画 − 原題 − ATONEMENT 政府官
つぐない (メルブロ)
つぐない 211本目 2008-17 上映時間 2時間3分 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マカボイ シアーシャ・ローナン ロモーラ・ガライ 評価 7点(10点満点) 会場 スバル座  今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見よう、そ...
つぐない (利用価値のない日々の雑学)
タイトル(邦題「つぐない」、原題atonement「償い・贖罪」)からして、どうなるか結末が見えてしまうのは上映以前に残念ではあるが、妹なりの始末の仕方には感動。このラストのために考えられたタイトルであるのなら可也凝っていると賞賛するし、同時に本作品は全編...
つぐない (とんとん亭)
「つぐない」 2008年 英 ★★★★★ 償えるものなら、私も創作した本を書こう。 うっとりするような映像と、カメラ・ワーク。 そして、タイプライターを打つ音が効果的。少女の心情を現したかのようなタイプや音楽 の調べ。 1930年代イングラン...
『つぐない』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
あなたを愛しています。私のもとに帰ってきて…。 壮大なスケールで描く切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン
つぐない(2007英) (CINEPHILIA〜映画愛好症〜)
「プライドと偏見」にあまりいい印象が残っていない私なので…。ジョー・ライト監督の「つぐない」にも逆の期待(それほど良くないだろうという意味で)を持っていました。が、ドラマチックな展開に引き込まれてしまいました。今更、ごめんなさい。 1930年代、戦火
つぐない (小部屋日記)
ATONEMENT(2007/イギリス)【DVD】 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/ロモーラ・ガライ/シーアシャ・ローナン/ブレンダ・ブレシン/ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて...
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後...
つぐない (映画鑑賞★日記・・・)
【ATONEMENT】PG-122008/04/12公開製作国:イギリス監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人...
「つぐない」 (日々のつぶやき)
監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた。 「1930年代イギリス、政府官僚の娘セシーリアは兄弟のように育ってきた使用人の
mini review 08355「つぐない」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
つぐない (ロッタの映画日和)
これを観たのは1年も前になる気がする・・・(滝汗) 1930年代夏のイングランド。政府官僚の娘美しいセシーリアと使用人の息子ロビ...
【DVD】つぐない (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた...
つぐない (Blossom)
つぐない ATONEMENT 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マカヴォイ     シアーシャ・ローナン ロモーラ・...