我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS

2010-01-29 13:22:25 | 劇場&試写★5

ランキングクリックしてね
←please click



クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目

スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 )。
タイトルにもポスターにもあまり惹かれなかったけど
コンスタントに名作を撮り続けるイーストウッド、その作品にはハズレなし!なので見逃すわけにはいきません。
来週から公開、試写にて鑑賞。

南アフリカの元大統領 ネルソン・マンデラの、知られざる奇跡の実話。

1995年のラグビー・ワールドカップを通じて、対立していた白人と黒人の融和を実現させたというお話。

原作はイギリス人ジャーナリスト、ジョン・カーリンのノンフィクション小説。

昨年の傑作、「グラン・トリノ」をもって俳優からは足を洗うと宣言した通り、今回は出演は一切ナシ。


あれ??これ書いてて気づいたけど
今回はイーストウッドは脚本担当してない!  
脚本は、アンソニー・ペッカム。
この方、3月にいよいよ日本でも公開のRダウニー&ジュード版「シャーロックホームズ」の脚本も手がけている。


ネルソン大統領には、黒人大統領2度目を演じるモーガン・フリーマン。
「許されざるもの」や「ミリオンダラーベイビー」でイーストウッド作品には出演済み。
本作は製作総指揮も務める。
27年間監獄に囚われ、釈放された後 南アフリカ初の黒人大統領になった
ネルソン・マンデラに扮する。

マンデラの娘も、歩き方まで父にそっくりと太鼓判。


マンデラの意志、強い精神を伝えられる南アフリカ代表チームのキャプテンに
マット・デイモン。


ラグビー選手ということで「インフォーマント!」とはうって変わり、肉体美披露。



反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラは釈放後の1994年、
遂に南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
だが彼は、国民の間に人種差別と経済格差がいまだに残されていることを痛感する。
そんな中、スポーツという世界共通言語で国民の意識を変えることができると信じるマンデラは
弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。
翌年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、
マンデラとチームキャプテンのフランソワ・ピナールは互いに協力していくことを誓う……。






6/10(56点)


んーー、点数付けるの迷う~。
観る前から散々劇場の予告篇で観ていたので殆ど内容わかっちゃったし
イーストウッドだからって、観る前から感動感動言われると
期待してたわけではないけどなんか少し冷めちゃう。

まぁいい映画だとは思うけど...そこまでではなかった。

イーストウッド、今回は肩の力を抜いて撮ったという感じなのかな、流れがゆったり。
そのせいもあってか初めの方ちょっと眠気に襲われた。
(わたしの場合、よほどの寝不足じゃない限り、面白ければ眠気は来ないんだけど、、、)
そういえば「父親たちの星条旗」の時も最初眠かったっけナ

今回は最初の印象通りというか、結末は分かってるのと
スポーツものっていうことで、わたしはあまり映画として楽しめたという感じはなかった。
結末が予測付かなくて何かが起こり惹き込まれるという映画の方が、友情を描いた感動作よりも好みだからかなー?
テーマも良いし、人種の壁を越えた友情を描いていたし最後は爽快感が残るし
なんだけど、また観たい映画ではないな~。



マンデラ・ネルソンという人物が、投獄中に心の支えにしていた詩の題名が「インビクタス」(征服されないの意味)
その中の
「私が、我が運命の支配者、我が魂の指揮官」という一節。

過去のことは洗い流し 赦すということで新しい人生を歩き、諦めない未来で世界を変える。


人間の秘めた可能性。マンデラ大統領にみるその精神には、誰もが見習うべきところがある、というのも伝わる。

実在のマンデラ大統領は現在 91歳。

本人が、もし誰かに演じてもらうならモーガン・フリーマンと答えたという。

「マンデラの名もなき看守」で同じ役を演じたのはデニス・ヘイスバート。
こちらは未見だけど、(DVD 、気になってたので観たい!)

うーん、似てる似てないはおいておいて これあんまり知られていない俳優が演じた方がリアルでぐっとくるんじゃないかと思った。
グラン・トリノ」がイーストウッド以外は殆ど無名の俳優起用だったように。

モーガン・フリーマンは今更言うまでもない名優だけど、どうもみていて
「そこにモーガンがいる」「モーガンフリーマンが演じてる」っていう風に思えちゃった、
大物になりすぎるとそういうのがあるよね、、、。

マット・デイモンはもともと強い存在感放つ俳優ではないので(失礼)
そこが逆にラグビーのキャプテン!っていう感じも良かった。


弱小チームだったところはほとんど描かず、どんどんスムーズに勝ち進めたり、キャプテンのマット・デイモンが歌詞を配っても、
チーム皆が絶対歌うもんか、という勢いだった国歌を意外とあっさり歌ってたりするわりには、後半の試合が長い~。
普段、スポーツといえば観るのはサッカーにしか興味ないわたし、
ラグビーも興味がないし結末見えてるしで、あまり楽しめず...。


そうそう、唯一笑いが起こった 日本が1995年のワールドカップでニュージーランドのチーム、オールブラックスに、ボロ負け
17-145って出たんだけど ひどいなぁ(笑)って思ったけど
調べたらこれ事実だった。
1試合で145点を入れられ、日本が入れたのはたった17点。
まさに惨敗だったのね、、、ニホン。



イーストウッドの映画っていつも長いけど、その長さが気にならない重厚なドラマがいいんだけど、
今回はちょっと違うから長過ぎると感じたのかな?2時間超えにしなくても、と正直思っちゃった。

イーストウッドのはこういう爽やかな作品よりも、暗くて重い映画の方がわたしは好みみたい。

後半、パトルール中のパトカーと缶拾いをしていた黒人少年と、優勝を聞いた直後抱きついたり、
誰かれ構わず抱きつきたくなるというシーンはベタだなぁと思いつつ微笑ましかった :)

スポーツ映画としての割合もけっこうあるので、
実話の友情ドラマとしての部分とそれを1本で2粒楽しめる映画と楽しめるかによるかも


とはいえ、この映画 確実にヒットするだろうし ラストには涙する観客も沢山いると思う。
 実際、わたしが観た試写でも横のおばさんなど、グスグスいってた。
わたしはそこまでではなかったけど、(しつこい)観てソンはない1本
スポーツファンや政治家たちにも観てもらいたい映画です。

エンドロールには「父親たちの星条旗」に同じく、実際の人物たちの写真が出るのもジーンとさせる




 公式サイト 
INVICTUS   2009年   アメリカ    134min
2月5日(金)より、全国ロードショー



12/3のプレミアにて。


愛妻、ディナ・ルイス。

妻ルシアナ同伴。


「ミスティック・リバー」のほか、
イーストウッド娘の監督作「レールズ&タイズ」にも主演、ケヴィン・ベーコンも妻のキーラ同伴で。


再度、仕事を願う渡辺謙と南果歩夫妻も来場。





それでは皆さま、楽しい週末を~



ランキングクリックしてね
←please click




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクトプラズム 怨霊の棲む家... | TOP | フローズン・リバー /FROZEN ... »

61 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2010-01-29 14:36:52
私も試写会で観てきましたよん。
あらmigさんは意外と低めなんですね。
途中までは普通だったんですが最後の試合あたりからぐわ~と来てしまいました。

「マンデラの名もなき看守」は観てたのが良かったのかマンデラさんへ感情移入ができて良かったデス。

私の隣の方も睡魔に襲われてたみたいです^^;
でも観て損はない作品ですよね。
そういえば脚本は担当してなかった...。
泣いた~ (きらら)
2010-01-29 15:46:59
連日登場
ってことで、migちゃん評価思いのほか低い
わたしは、最後いっぱい泣いちゃったよ~。
特に国家をみんなで歌うところ!ひ~ん

たしかに!展開もラストも全部読めちゃうんだけどね

イーストウッド様~まだまだがんばってくださいね☆って感じだね~♪


最近あったかいね~♪もう春みたい!
花粉症が始まるかな~
ああ、そうでしょうねぇ… (KLY)
2010-01-29 20:50:40
スポーツに興味ないとつらいとこかも。特にラグビーは日本でも好きな人は凄く好きだけど、全然興味ない人の方が多いしね。
私は逆にあのラグビーシーンは凄く魅せられました。あのスローを含めた撮り方を観ると、イーストウッド監督も含めてスポーツの撮り方が上手いなぁとつくづく感心します。
ともあれ、イーストウッド監督にしては珍しくあんまり哲学的じゃないというか、ネタ的にはベタな作品かな。

ちなみに隣のおやじがラグビー好きらしくて、ぶつぶつうるさいのよ><; ペナルティのたびに「ノーディフェンス!」と声にだしていうんだもん。挙句にノーサイドのとき口で「ピッピー」っていいやがんの…orz
抜けてました… (KLY)
2010-01-29 20:53:47
イーストウッド監督も含めて“海外の監督さんて”スポーツの撮り方が上手いなぁとつくづく感心します。
でした。意味解らない文章書いてごめんなさい^^;
こんばんは~☆ (kira)
2010-01-30 01:54:41
migちゃん~♪
これね、なんか私もまだ観てないんだけど、なんか
観る前から(もう解ったよー)みたいな気になるよね~。
まだご本人がご健在で、描かれるものは、
特にアレだしねぇ~。
「マンデラの~」も昨年DVD鑑賞済みですが、記事書いてなかったわ~

まだ見逃してる作品で、観たいのもあるし、
来月も結構忙しいので、これは時間が合えば・・という事になりそうです~
死んでました (ノルウェーまだ~む)
2010-01-30 07:29:24
migちゃん、お久しぶり~
なんか、この1週間寝たきりだったよ、私。
多分24時間モニターがあったら、ゼッタイ死んでると思われて警察呼ばれていたね。
最初の48時間ずっと寝てたし。
今日になって、ようやくPCの前に座れるようになったよ。

この映画、結構よさそう!って思っていたけど、それほどでもなかったのね。
スポーツものはやはり興味のあるものでないと、どうしても長く感じちゃうよね。
私はモーガン悪くないって思うけど…
Unknown (hino)
2010-01-30 15:57:41
migちゃん、ひぃ~~!!

最高のメンバーなラストのお写真!
クリントにモーガンにマットおおお!

ゴージャス!ゴージャスでんな~!!

私、最近のひとでは、マットディモンがタイプだってこと忘れてたっ!!

スポーツがらみもの!大好きです。チアものとかも観てるよ。
デンゼルワシントンが監督役で出た「タイタンズ
忘れない」なんか、良かったな~(もち、サントラ買い!)、あとマコちゃんが監督役のも良かったな~。題名忘れたな~。

昨日はラブリーボーン始まったな~って指くわえていました。娘が初戦で合格したら2人で観に行くぜー(水曜)。それはないかなー。

そいじゃば、また!

↓のオドロオドロ、おもしろーい!すごいね。

ここですみませんが、、
まだ~む、体調くずされてるって大丈夫?
少しずつ回復の兆し、良かったですがいろいろ忙しすぎたのかも。
くれぐれも無理せず、お大事にしてください。



こんにちは。 (たいむ)
2010-01-30 21:53:51
試写会で観てきました~~
私も観る前から感動感動言われると・・・なのだけど、スポーツモノの感動は嫌いじゃないので、ポロポロ涙をこぼしてました。

ここ最近の濃厚さは感じられないけれど、息抜きっぽくて私は好きです。

まだ記事を書いていないので、書いたら改めてTBしますね(^^)
☆yukarinちゃん★ (mig)
2010-01-30 22:18:48
こんばんは♪

期待してたワケではないんだけど
そんなに、、、だったなぁ。
寝ちゃう人もいそうだよね。淡々としてて。 笑
でもなく人も多いかな?
「マンデラの名もなき看守」観てたのね!
わたしも観たいんだよね、、、近々観ようっと♪
☆きらりん (mig)
2010-01-30 22:22:40
わたしはこういうのでは泣けないんだよね~
きらりんは泣かなかった「かいじゅうたち~」の方が断然泣けたわ

まだまだ寒いヨ!きらりんあったかくなったら花粉症が大変だね~、、、

そうそう、遅くなっちゃったけど
いただいたシートマスク、エチュードハウスのが一番良かったよ~♪
日本にはないもんね、今日渋谷のミシャの前通ったら全商品明日までか今日までか20%offだったよ
入ってないけど

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★5

Similar Entries