我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers

2006-10-27 02:20:27 | 劇場&試写★6以上

クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本!
と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。
スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作
ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていたかもしれない。

    
イーストウッド、1971年に初監督した『恐怖のメロディ』から、
これで27本目!となる監督作品


硫黄島。。。。と聞いても正直、あまりピンとこなかったんだけど
東京都小笠原村。グアムと東京のほぼ真ん中に位置する日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島。
米軍の死傷者数が、日本軍のそれを上回るという唯一の戦場となった。

     

この場所で、星場旗を立てる6人の米軍兵士を写した写真。
マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドク。


それは勝利を意味するものであり、"国民の英雄"、"真の英雄"と祭り上げられる。
友人たちが激戦で命を落としていく様を目の当たりにしながら、
何とか必至で生き延び、その後祖国に帰還したのは
ドク、アイラ、レイニーの3人だけだった。
    
亡くなった友人たちの方が、自分たちよりも数倍"英雄"であるという思いがめぐる。
次第に心に葛藤を抱かせていった彼ら。。。


写真に登場する6人のうちの一人、
ジョンブラッドリーを父に持つジェイムズブラッドリー著書のノンフィクション「硫黄島の星条旗」を基にしたストーリー。

6/10

さすが、名匠の名に恥じないイーストウッド作品★
大袈裟に泣かせようとするのではなく、静かに押さえた演出で真実を描いていた。
でも、はじめの部分の30分くらいはなかなか入りこめなかった...。
というか、観ていて何だか眠気が襲ってきた。(寝てないです、)

激戦シーンについては『プライベートライアン』のスピルバーグが参加したということもあって、
もうお見事としか言えない演出で、撃つ、撃たれる、そして飛び交う銃弾。
怪我を負った兵士とその人間たちのリアリティ。
        

事実ということへの興味もあるし、長いという感じはしない132分☆

兵士として戦い、無事に帰環したドクの息子、ジェイムズが硫黄島生還者にインタビュー
する現在のシーンと、戦争シーンが交互に混ざりながら展開していく。
これまでに観てきた様々な戦争映画とはちょっと違うかな。

観終えたあと、「面白い!」というのとは違う感想を抱く作品。良質の映画。
ドラマとして観るには少々ストーリーにもの足りなさも感じてしまった。

過去に実際に起った史実を知るという意味でも、終戦61年経った今、
観ておくべき作品でしょう。。。
それぞれが、今何を思うか、、、、。それが大切。。。

ただ、人物紹介で名前の出ている時間が短くてあっというまに消えてしまうので
名前と顔を一致させようと必至になりながら字幕を追うという忙しい箇所も。
人物の名前は予め知っておいたほうが良いかも...


主演の一人は、ポールハギス監督作品『クラッシュ』にも出演した
ライアンフィリップ=ドク

アダムビーチ=アイラ


        
ポールウォーカー=ハンク


レイニー=ジェシーブラッドフォード


個人的には、、、、
顔は好きじゃないけどイイ味で、何故か昔から注目してしまう
バリーペッパー=マイクが良かった
いつもいいヤツなんだか悪いヤツなんだかわからない(笑 
色んな役多し。トミーリージョーンズ初監督作品、
メルキアデスエストラーダの3度の埋葬』で主演も経験済み☆ 

エンドロールでの写真、皆ほんとにキャストにそっくりでびっくり!




公式サイト
Flags of Our Fathers  2006年 アメリカ 132min

10月28日〜 全国ロードショー

監督インタビュー

続く第2部は12月9日に既に公開が決定している『硫黄島からの手紙』
こちらでは"日本から見た「硫黄島」"ということで
どういう風にイーストウッド監督が日本の兵士を描くのか、とても興味深いところ☆
(ちなみに、こちらはポールハギス脚本ではなく原案)
渡辺謙さん、中村獅童さん、二宮和也くんらの演技も気になる、、、、。


イーストウッド監督曰く、
「自分がこれまで観てきた戦争映画は
どちらかが正義でどちらかが悪だと描いていた。
しかし、人生も戦争もそういうものではないのだ。」

という事で、これまでのどちらかに一方的に偏った視点で観るんじゃなくて、
こういう1部、2部編成で双方から見つめてみる事で
今までと全く違った観点で"戦争"について、人と人が争うということについて
考えてみることができるかもしれない。。。。

と今からまた期待してしまうのです〜  





人気blogランキング←please click

 クリックしてくれると嬉しいな♪♪
いつも読んでくれて&応援もありがとう〜〜




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (69)   Trackbacks (136)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊☆パリス・ヒルトン観察日記 | TOP | ソウ3/SAW3 »

69 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
migちん (きらら)
2006-10-27 06:24:47
オハヨウ



なんだかじんわりと感動しちゃいました。

あたいは最初からのめりこんじゃった☆

すごく眠かったのだけど全然眠気も長さも感じなかった。





ラストの写真みんな似ててビックリだったー

私も名前全然分からなかったけど、戦争モノっていっつもそうだから半ば諦めちった♪

日本側からのもの、早くみたいです。



マイク役の人、なんか見たことあるーって思っていたのだけどいろいろ出ているのかな?

メルキアデス〜は見てないんだけどナァ、、、。

期待 (kossy)
2006-10-27 07:39:44
「硫黄島からの手紙」がほんとに楽しみになりました。アカデミー賞の候補になるかもしれない二宮くんの演技も楽しみです。

もう一本観てからじゃないと正確には判断できないけど、単品でも心に残る作品になりましたね〜
きららちん☆ (mig)
2006-10-27 09:43:14
オハヨー



いつもは人の名前と顔はすぐ

一致するんだけど、というか今回知ってるキャストたちだったから大丈夫なはずだけど、役名がね、、、

読んで、映像観てるうちに一瞬で紹介文消えちゃうんだもん



今日も10時からお昼までウチ、停電になるらしくって大変



バリーペッパーは、トラボルタ主演のダメ映画『バトルフィールドアース』にもほぼ主演とか、スパイクリーの『24時』

スピルバーグの『グリーンマイル』

ほかにもけっこう出てるよ〜

なかなかいい俳優さんだと思う
kossyさん☆ (mig)
2006-10-27 09:48:05
わたしもです、

この作品はそんなに期待していた!という気持ちだった

わけではないんだけど

やっぱりイーストウッドはじめ、名匠といわれる人たちの手腕で

きちんと丁寧に描いたものになってましたね

『硫黄島からの手紙』を観たら、観る前かな、

もう一度通して観たい作品です☆

二宮くんの演技、CMでしか観てないのだけど

すごそうですよね!
非常に深みがある仕上りでありました (たろ)
2006-10-27 10:20:15
こんにちは。

コメントとトラックバックを失礼致します。



この作品は、戦争とそこにある社会と個々の密接な繋がりを細やかに描いており、争いに対してのクリント・イーストウッド氏の静かながら強い視点を十二分に感じさせられる力作でありました。

そして、原作であるジェームズ・ブラッドリー氏とロン・パワーズ氏の 『 硫黄島の星条旗 』 ( 文庫本 ‘02年 (株)文藝春秋 )の方も読んでみたいと思っています。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



凹みました (ノラネコ)
2006-10-27 11:56:08
なんとも切なく、凹む物語でしたね。

水彩画の絵具の様に、心にジンワリと染みてくる映画でした。

これはまだ1/2だと思うので、「硫黄島からの手紙」が非常に楽しみになりました。

あとからジワジワ。。。 (きゃんでぃー)
2006-10-27 14:22:25
この映画さ、、レビューは見てからすぐに書いたものだったんだけど、、、

いまでもジワジワとこみ上げてくる、、感情があるのよね。。 カウンターパンチをくらったみたいに、、ジワジワと。。



この映画はコレはコレで スゴイ、、って評価ができるとおもうけど、、

やっぱり『硫黄島からの手紙』を見終わってから 改めて総評してみたいと思ってます

やっぱし私は日本人だからね。



それでもイーストウッドは さすがだな、って、映画のできばえをストーリーとは別個で讃えたい感じです。

これ、アカデミーいけるでしょ。
TBありがとうございます (ノルウェーまだ〜む)
2006-10-27 16:29:43
私も途上人物を把握するのに、手間取りました。

やはり予備知識なしに観ると、つらいですね。

次の、「硫黄島からの手紙」も楽しみです。
Unknown (へー太)
2006-10-27 23:18:51
名前とかは公式ホームページで確認しといた方がいいですよね。



最初の方は誰が誰だか全然わからなかったです。



ヘルメットかぶってるし、わかりにくいので。



バリーペッパーは私もいつも注目してしまいます。



特徴のある顔ですよねえ。



映画もすごい良質の作品という感じでしたね。
たろさん☆ (mig)
2006-10-27 23:20:05
こんばんは



いつもありがとうございます♪



ほんと、名匠たちによる力作!という出来映えでしたね。

本まで読まれるのですね
ノラネコさん☆ (mig)
2006-10-27 23:22:43
そうですね

文句はつけようがないですもん、さすがとしか言えないですー。



次回、日本側の描かれ方、俳優の演技、映画の演出など

かなり気になりますね!

アメリカよりも今回ばかりは先に観られるのですね
きゃんでぃーさん☆ (mig)
2006-10-27 23:29:49
そうだね、、、、

戦争シーンはあるものの、あんまり”戦争”!って感じよりも

心の中の葛藤なんかを描いているからかな、

心にくるものがあった。



上映後の「硫黄島からの手紙」の予告CMを観たら

そっちの方が興味深いかも。って思ってきたよ



アカデミー賞、どんな作品がノミネートされるか

楽しみだね

またイーストウッド作品、くるかなぁ、、、。
ノルウェーまだ〜むさん☆ (mig)
2006-10-27 23:32:15
こんにちは、コメントありがとうございます



ほんと、紛らわしかったです〜。

覚えようとするとすぐに消えちゃうし、、、、。

名前くらいは勉強してから観た方が良かったのね、とちょっと反省でした☆



2部作目を観て、また考えることが色々ありそうな作品でした
へー太さん☆ (mig)
2006-10-27 23:40:51
あ、へー太さんも?



ほんと、映像も暗いしヘルメットあったからよけい

皆紛らわしいのよね

この作品、

へー太さんは好きマークつけてましたね〜。



バリーペッパー、わたしとyueの間では長い間、

からかいのネタにしてた(笑 んだけど、

最近になってとっても良い俳優だと気がつきました



あとで あのレビューupしまーす

また今度は2も観なおそうと思ってます
あちこちで (こっちゃん)
2006-10-28 00:54:21
絶賛お声を耳にします。

良さそうですね〜。



なんたって名匠ですもんね。
こっちゃん☆ (mig)
2006-10-28 09:17:22
皆さん絶賛だよぉー

きっとこっちゃんも。。。。



わたしはそこまででもなかったけど、

2部作目でまたトータルして観たら余計に良くなるかも

ムダがない作品



あ、もう公開だからこっちゃんも近日観るのかな?

レビュー待ってまーす☆
おはようございます (ななな)
2006-10-28 09:35:24
migさん、この映画とっても興味深かったです。

もちろんこういう風に戦争を描くって何となく今まであったようななかったようなですよね。

イーストウッドってやっぱり上手いんですね。

でもやっぱり日本人だからか「硫黄島からの手紙」の予告を見たら何かすごく感じるものがありました。
なななちゃん、おはよう☆ (mig)
2006-10-28 09:44:22
朝からコメントありがとう



今日公開だね☆



そうそう、争うことの醜さを描いてはいるけれど、

英雄とあがめられた事でこみあげてきた

その内に秘めた、兵士たちの心の葛藤など、

心理を表現する手腕はさすが!



「硫黄島からの手紙」ほんとどう撮っているか、気になる、、、

数週間後くらいのタイムラグで上映してほしかった気も、、、。
Unknown (ガガ)
2006-10-28 12:53:15
こんにちは、

私も、この映画は今もじわ〜ときています。

クリント イーストウッドは、日本の古武士のような人ですね。



ジェイミー ベルに会えて嬉しかったけど、それもつかの間でした。

日本側からみると、つらい映画でしたね。



今年は、邦画のほうが印象的なものが多かったんですが、この映画は心に残りました。

ガガさん☆ (mig)
2006-10-29 02:09:26
コメント、TBありがとうございます











ほんとう、役者としても監督としても技量あります☆

アカデミー賞にまたノミネートされるのかな。



邦画はわたしはあんまり数は観ないんですが

良い作品と言われるものはなるべく観てます。

今年は邦画、名作多いですね
観てきました (jamsession123go)
2006-10-29 08:48:11
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

クリント・イーストウッド監督の最新作ということで、初日に観てきました。

期待通り、いえ、期待以上のの出来ですね。

ミリオンダラー・ベイビーで見せた、押さえた映画ぶりがこの作品でも効いてますね。

年末の「手紙」も期待できそうですね。
おはようございます (nikidasu)
2006-10-29 10:32:50
>名前と顔を一致させようと必至になりながら字幕を追うという忙しい箇所も。



確かにそこが難点でした。

先に顔と名前を一致させていたほうが、やはり物語に入り込みやすかったかもしれません。

ちなみにアイラのことを歌ったジョニー・キャッシュの曲、機会があれば是非御一聴を
よかったですよね〜。 (ぷちてん)
2006-10-29 12:01:58
どちらにも偏らず、ある意味淡々と見せていて良かったですよね。



バリー・ペッパーはあの青い目が印象的で、私もとても気になっていました。

「25時」で、株式ブローカーの役をやっていた人ですよね。

とはいえ、後から思いだしたんですけど(笑)





兵士達の顔は、なかなか一致しなくてほんと、最初苦労しました〜。

途中であきらめちゃいました。

戦争映画っておんなじかっこだからどうしてもね〜〜。



早く観たい… (デポ)
2006-10-29 16:28:51
migさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。



早くも「父親たちの星条旗」ご覧になったんですね。「ワールド・トレード・センター」が我々がリアル・タイムで経験した戦争を描いたものならば、「父親たちの星条旗」は我々が知らない戦争を思い起こさせるもの。硫黄島での戦いは日本人も当事者なんですから、デポもしっかりと見届けないと。
Unknown (りお)
2006-10-29 21:16:56
人物の名前、一致させられなくてかなり辛かったです



イーストウッドがインタビューで言った言葉、パンフレットにも載っていました。

だからこういう2部編成になったんだねーと納得。

「硫黄島からの手紙」、かなり期待だよね!



それよりも早く「ソウ3」が観たいんだけどさ(笑)
こんばんは〜 (mig)
2006-10-29 23:06:21
jamsession123goさん



お久しぶりですネ☆

コメントありがとうございます!

そうですね、皆に好評でやはりさすがという感じです。

完全すぎるくらいだったのですが、

人物がちょと混同しちゃいました。。。。

日本側をどう描いたか、かなり気になるところですね☆







nikidasuさん



混同しちゃいましたよねー、

やっぱりそういう人も多かったみたいで、、、。

画面も暗いですしね、

ジョニーのアイラにあてた歌、、、そうですか。

今度聴いてみます☆
ぷちてんさん☆こんばんは! (mig)
2006-10-29 23:19:39
あ、ぷちてんさんところに

コメント残すにも残せなくってゴメンナサイ。。。



ほんと、兵士たちがわけわからなくなりそうでした、、、、



バリーペッパー、来月公開の『アンノウン』にも出るんですよー。ちょこちょこ出てますね☆



そうそう、『25時』!(こないだコメント欄に間違えて『24時』と書いてしまいました)



かっこいいんだか悪いんだかわからないところも好きです(笑

デポさん☆ (mig)
2006-10-29 23:22:32
こんばんは!

ほんとほんと、おっしゃる通りです



良いことおっしゃいますね

是非、ご覧になって感想をまたお聞かせ下さい★
りおさんn★ (mig)
2006-10-29 23:48:27
やっぱりー??りおさんも??

あれはちょっと分かりにくくて辛かったなぁ、、、



あとでTBお返しするね☆



『SAW3』!りおさんも楽しめるといいなー

わたしももう一度観る予定♪



(レビューは二度は書かないケドね
こんばんは〜☆ (NAO)
2006-10-30 23:42:05
今日観てきました〜



クリント・イーストウッドってやっぱ凄いな〜って思いました。

「硫黄島からの手紙」が益々楽しみ!

こちらの方がドラマチックな作りになってるのかしら?

私予告でウルっとしちゃいました・・

12月公開まで長く感じますね〜

NAOさん☆ (mig)
2006-10-31 00:03:45
こんばんは



そうですねー、クリントイーストウッドの手腕は

もう文句いいようがナイですもの。



でも名前と顔がちょっと。。。。

12月だけど初旬だからきっとあっと言う間ですよー。



あと今年も2か月、どんな名作が出てくるのかも楽しみですね
こんにちわ♪ (耕作)
2006-10-31 12:37:44

控えめな語り口で、余計に胸に沁みてくると言うか、
久々に余韻の残る作品でした。
首が飛んできたときにはビックリしましたけど(笑)
個人的には分からない所もあったので、
是非DVDでじっくり見直したいと思います。
その前に【硫黄島からの手紙】も勿論観ますけど。

TBありがとうございました。
耕作さん☆ (mig)
2006-10-31 23:31:27
こんばんはー♪
そうですね、大袈裟さすぎない演出もお見事でした。

「硫黄島からの手紙」を観る前に、また観たいかもですね。
関連性がある映画、同じ監督で、というのもまた興味深いですよね。日本が舞台ですし。。。。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-10-31 23:43:54
さすがはイーストウッドと思わせるような作品でした。
期待以上で大満足です
主役の3人以外はわざと名前と顔が一致しないようにキャラ立ちをさせていないようにも見えました。
それだけ兵士の無名性を大切にしたかったのかなと思いました。
ポール・ウォーカーですら顔がハッキリ映ったのは数シーンだったもの。
ミチさん☆ (mig)
2006-11-01 00:03:17
こんばんはー。
そうですね、そういう考え方もありますねぇ。。。

名前ははっきり劇中で言っているので
もう少しはっきり明確にしたほうが
入りこみやすかった気もするのですが、、、ナンテ
素人のわたしにえらそうに言われても。だ(笑 

バリーはバリバリ顔出てましたね☆
(シャレじゃないですよ)
コメントありがとうございます (ロイ from 週末映画!)
2006-11-02 00:22:13
コメントありがとうございました!
またやる事にしましたので、よろしくお願いします。

実は、この映画見ちゃったんですよ。
すごく臨場感があった気がします。
なんか自分もそこにいるような・・・
「硫黄島からの手紙」が楽しみです。

これからも参考にさせてもらいます!
ロイさん☆ (mig)
2006-11-02 11:28:06
こんにちは♪
ロイさんみたいに皆のがまとめて一目両然で見られるの
わかりやすいし他にはないから
面白いです☆
再開うれしいですよん
大変でしょうけど、頑張ってくださいね☆

それから、実はロイさんのところへコメントが文字化けしちゃって
書けないのです(ムリに書くのですけど、みえないの)
一度ボタンおしたら3つもついちゃったりしてお手数ゴメンナサイ
だからコメント書けないと思いますけど
こちらへも是非これからもあそびにきてくださいね
じわじわ (にら)
2006-11-02 15:33:36
心にしみる作品でした。

日本篇も待ち遠しいですね。

ただ、マスコミが映画と無関係なつまらない質問で中村獅童を怒らせて、映画そのものまで悪評立てられてしまわないか心配です。
週刊誌の見出しまで目に浮かびます、「竹内結子からの手紙」(笑)。

てなわけで、TB&こめんとありがとうございました。
バリー (charlotte)
2006-11-02 23:49:40
こんばんは。
バリー・ペッパー、いい役だったから危うく惚れそうになりました。爆
なんとも男臭い作品ですが、母親の愛はお尻だけでもわかってしまう位偉大なんですね・・・
にらさん☆charlotteさん (mig)
2006-11-03 00:37:11
にらさん

あ、ウマいですねー、もう。
この作品、皆さん絶賛ですね。。。。
続編、楽しみです!




charlotteさん

うーむ。
惚れちゃいそうになるとは! 
「アンノウン」にも出てるので、お気をつけあそばせ、、、、(笑

あとでおじゃましますね☆
こんにちは (みっしゅ)
2006-11-03 15:15:16
TBどうもありがとうございました。
また遊びにきますね。
はじめまして (syunpo)
2006-11-03 15:29:09
TBありがとうございました。
この作品では、複数の時制が平行して描かれていましたので、人の顔を判別する、という点も含めて、二回くらい観ないと、きっちり理解できないかもしれませんね。
それはそれとして、よく出来たフィルムであることはたしかです。
米国が相変わらずイケイケドンドン的な空気に染まっているなかで、このような作品が作られたことが意義深いと思います。
硫黄島 (たいむ)
2006-11-03 16:25:49
TBありがとうございます。
早くも心は「硫黄島からの手紙」への期待感でいっぱいです。
「我こそ正義」といえば、それが正義になるのが戦争ですし、多角的に捉えることができる作品として、賞賛したいと思います。
マイク (kazupon)
2006-11-03 20:02:35
migさんマイクに着目してるあたりmigさんらしい!(笑)
淡々としてメッセージが伝わる映画が結構好きなんで、これは気に入りました。
次作を観て、イーストウッドの言いたい事が
もっと浮き彫りになるなら、すごい2部作になる
んじゃないかなぁなんて。
確かにエンタメ映画としては退屈かもしれません
ね!
ありがとうございます (ロイ from 週末映画!)
2006-11-03 22:06:39
migさん、コメントありがとうございます。
そう言っていただけると、やってよかっと思います。

コメント文字化けしてすいません。ココログのせいでしょうか・・・
また遊びに来ます!
こんばんは☆コメントありがとうございます (mig)
2006-11-03 22:58:20
みっしゅさん


また是非いつでもいらしてくださいー♪
今後とも宜しくです




syunpoさん


ええ、同感です。
もう一度観てから12月の続編に挑むのもいいかな
と思っています。
さすが、イーストウッドの作品という感じがしました
たいむさん☆ (mig)
2006-11-03 23:19:29
こんばんは!
うーむ、的碓なことおっしゃいますね☆

この作品、またアカデミー賞ノミニーされるのでしょうか、、、脚本のポールハギスも素晴らしいと賞賛したいです☆
kazuponさん☆ (mig)
2006-11-03 23:23:05
フフフ、そこ読まれちゃいましたか

この抑えめで、わざと泣かせよう、としていないところが
素晴らしい演出でしたよね。
うん、kazuponさん気にいるのもわかるなぁ、

後半はとにかく日本側から描くということで
すごく興味深いです
ロイさん☆ (mig)
2006-11-03 23:25:20
文字化けの件、
わたしがMACなのでそのせいなのかもです、、、、
かえってごめんなさいxxxxx

コメントなしになっても、今後とも宜しくです

たまにロイさんの感想もお待ちしていますよー♪
TBありがとうございます (あさこ)
2006-11-04 15:39:26
migさん、こんにちは。
見ごたえある作品でしたね。
「ユナイテッド93」でも感じたことですが
こういう作品はもはやエンターティメントと言っていいのか
悩みますね。
「硫黄島からの手紙」も本当に興味深いです。
日本兵の蛮行の数々をイーストウッド監督が
どう説明付けるか・・・見所はそこだと思ってます。
あさこさん☆ (mig)
2006-11-05 00:42:13


こんばんは!
そうですよね、、、
映画はエンターテイメントとして考えるたちですけど、
こういった作品など、事実をもとに
真実を知る事が出来るのも、
脚色をたとえ加えていても、かなり興味深いことですよね。

うんうん、次回はその辺り、かなり注目になります。
今日も違う映画を観て、予告編がかかったので
すごく観たくなりました☆
こんにちは♪ (ゆかりん)
2006-11-05 16:38:59
TBありがとうございました☆
そしてBookmarkに入れていただけるなんて光栄ですぅ。バンバン遊びに来ますね!

こういう映画は非常に苦手です。
『プライベートライアン』も観てません。今回も結構へこみました、、、
とにかく戦闘シーンは本物かと思うほどリアルで戦争の怖さを改めて実感しました。
クリントおじさん(いやおじいちゃんか)は本当にすごい人になってしまったと感じます。昔から大好きなんですが、俳優として見られないのはちと残念ですが、バンバン良質の作品を撮ってほしいです。
Unknown (ケント)
2006-11-05 21:45:42
こんにちはケントです。TBお邪魔します。
この映画は、テーマとしては素晴らしいし、二部作として日米それぞれの言い分を、公平に描こうとしている姿勢はりっぱだと思いました。ただレベルの低い自分には、いまいちドラマ性が感じられず、感情移入出来なかったのが残念です。
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2006-11-06 00:14:24
TBとコメントいつもありがとう♪


gooブログってbook mark入れられる数決まってるので
なかなかみなさんのいれられないんだけど
いつもコメントくれる人たち、
いれさせてもらってます

これからもよろしくね♪

そうか、、、、『プライベートライアン』は
名作なので一応観ておいたほうがいいかも。。。!

イーストウッドもかなりの数監督していたのでビックリ。
戦争映画は確かに、今幸せに暮らしてるわたしたちが観ると
すごくショックだよね、、例え映画でも、、、、、
ケントさん☆ (mig)
2006-11-06 00:17:32
こんばんは!
いつもコメント感謝です

そうですか、、、、
レベルが低いとはもちろん思わないけど、
映画としてみて、これまでに描かれていなかった
戦争の中のまた違った側面をみせた作品だとおもいました。

両側から描くことで何が見えてくるのか、
次回楽しみですね。
こんばんは (カオリ)
2006-11-06 02:11:03
コメントありがとうございました。
実は、一番ショッキングだったのはストロベリーソースのシーンでした。

私も顔と名前、覚えるの大変でした。字幕は早いし、みんなあだ名で読んだりしてるから、ワケわからなくなるんですよね。
衛生兵のドクはわかりやすかったのですが。

第2作、心して観みねば・・・

カオリさん★コメントありがとうー (mig)
2006-11-06 22:28:37
こんばんは。

二作続けて観たい気分ですけど、
それだとめちゃ長くなっちゃいますしね。

1か月あけずに11月に公開してほしかったですけどね☆

TBさせて頂きました。 (小米花)
2006-11-09 20:13:01
見事なエンドロールでしたね。
今回は後に〜の手紙」があったので、エンドロールでは誰も席をたちませんでしたし、私も最後ましっかり見ました。
時々エンドロールすっぽかして、失敗します(汗)。
小米花さん☆ (mig)
2006-11-09 23:49:17
本当、エンドロールでのそっくりぶりには驚きました。。!

最近また減ったかもだけど、エンドロールはお楽しみがあったりするので見逃せませんよね☆

あちらの人って8割くらいの人がエンドロールみずに
終わったらさっさと帰っちゃうんですよね。

TBありがとうございます。
あとでおじゃまします
クリントの勇気に、拍手。 (TATSUYA)
2006-11-14 20:41:08
昨日、二度目の『父親達の星条旗』を
観てきました。クリント監督は、前2作以上の
ジャッジを観客に突きつけているように感じます。
そして、この映画と『硫黄島からの手紙』は
明らかに意図した双子の映画であり、それぞれの
国の観客に向けられたメッセージを
持っている様に思えます。
ことし76歳の老監督の情熱と勇気に、
ただ感服するばかりです。
第一部の星条旗を作ったアメリカと言う国の監督を、
トリビュートしたいです。

P.S トラバさせてくださいね
TATSUYAさん★ (mig)
2006-11-14 23:46:43
こんばんは♪
二度目を観られたんですね、
そうですね、、、このお歳で
これだけ次々に良質な作品を生み出す監督はそういないです。
力量ですね!

先程、ケンローチ監督の最新作を
試写で観てきました。
この監督も70歳ですけど、勇気を感じましたよー。
レビューは明日かあさってupしようと思っています☆

コメントも、TBもありがとうございます
こんにちは☆ (orange)
2006-11-15 16:22:06
migさん☆TBありがとうございます。
お返し遅くなってすいません・・・
確かに兵士達の顔が最初は見えにくくて誰が・・・誰やらでしたね。
戦闘シーンも凄いけど、英雄に祭り上げられる彼らの苦悩と葛藤のシーンの方が見ていて辛い部分がありました。
『硫黄島からの手紙』も楽しみです♪
orangeさん☆ (mig)
2006-11-15 22:47:55
お久しぶりです。。。。♪

そうですね、さすが、イーストウッド作品という見応えありでした。
気がつけば、もう11月半ば。
もうすぐ次回作も観られますね☆
良質の映画 (でんでん)
2006-11-18 11:32:12
こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>観終えたあと、「面白い!」というのとは違う感想を抱く作品。良質の映画。

確かにドラマ性に欠けましたが、星条旗を巡る顛末、歴史の織り成す人生の機微を感じました。「硫黄島からの手紙」に期待しています。
でんでんさん☆ (mig)
2006-11-18 19:49:11
こんばんは♪
こちらこそ、コメントいつもありがとうございます☆
でんでんさんのとこへは、書き込みできなくて、、、

そうですね、訴えることを受け取って、観るべき作品ですね。
次回、もうすぐ!!ですね!
遅ればせながら (かめ)
2006-12-05 04:46:41
こんにちは、
またまたTBさせて頂きました。
観たのがちょっと遅れてしまったのと、観た後に更新をサボっていたので、今頃になってやっと、自分のブログでの紹介になりました。(もう12月じゃないか!)

さすがイーストウッドとうならせる作品でしたね。
逆に、ちょっと上手すぎる。
「硫黄島からの手紙」が楽しみです。
かめさん☆こんにちはー (mig)
2006-12-05 10:43:07
ちょっとお久しぶりです☆

さすが、イーストウッド作品!という感じでしたねー。
日本では硫黄島、次の土曜日公開です
全米よりも珍しく早いみたいですね、
楽しみ♪

TBありがとうございます
私も (ひめ)
2007-05-30 00:56:31
あまりに淡々としていたので、私も最初はちょっと眠気に襲われました。
登場人物がごっちゃになってしまったのもあって、なかなか入り込めなくって。
ドラマというよりドキュメンタリーっぽいなぁと思いました。
硫黄島からの手紙を借りてくるのが楽しみになりました!
ひめちゃん☆ (mig)
2007-05-30 21:25:32
かなりリアリティあって、ぐっときましたね〜。
うちの母はやっぱり外国人から観た視点だわーって言ってたけど(キビしいー)

硫黄島からの手紙の方がわたしは好きかも、、、、。

ひめちゃん、由香さんとこのコメントみたけどパイレーツ観たのね☆
感想楽しみにしてますねー

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

136 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画〜父親たちの星条旗 (きららのきらきら生活)
 「父親たちの星条旗」公式サイト3日連続試写会の第一弾はこちらの作品でした☆「硫黄島2部作」の第一弾、"アメリカからみた硫黄島"。。。"硫黄島の戦い"1945年2月16日から約1ヶ月もの間繰り広げられた日米の攻防戦。太平洋戦争末期の激戦であり、 ...
父親たちの星条旗 (ネタバレ映画館)
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
感想/父親たちの星条旗(試写) (APRIL FOOLS)
太平洋戦争最大の激戦地であった硫黄島での戦いを、日米双方から描いた二部作の第一弾『父親たちの星条旗』10月28日公開。クリント・イーストウッド監督、スピルバーグ製作、さらにはポール・ハギス脚本! ずしりと響く骨太な一作。スゲー良かった。日本編の『硫 ...
映画 「父親たちの星条旗」 (ようこそMr.G)
映画 「父親たちの星条旗」 を観ました。
父親たちの星条旗 / Flags of our Fathers (COPER夜な夜な。)
東京国際映画祭、行ってきました。 六本木ヒルズと渋谷で週末から開催しているんだけど、だからこないだ六本木をお散歩したとき、いっぱいフラッグが出てたんだね。 で、見てきたのは、オープニング作品に選ばれた「父親たちの星条旗」。これは、クリント・イース ...
温度差がすごい 「父親たちの星条旗」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_suki/} 父親たちの星条旗 東京国際映画祭オープニング作品。 靴を衝動買いした後、観てきました。 まずは、上映後の舞台挨拶の模様を少々。 レイニー・ギャグノン役のジェシー・ブラッドフォード、アイラ・ヘイズ役のアダム・ビーチ、そ ...
「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ
試写会鑑賞 ヤマハホール、よみうりホールにて 〜 クリント・イーストウッド 「 父親たちの星条旗 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 風が強く肌寒い、曇りの火曜日です。 今日は、日曜日に ヤマハホール、昨日 よみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、クリント・イーストウッド氏の新作映画について。 『 父親たちの星条旗 ( FLAGS OF OUR FATHERS ...
父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
『父親たちの星条旗』 (試写会帰りに)
『父親たちの星条旗』(FLAGS OF OUR FATHERS)鑑賞。戦争とはなんなのか、一体何の為に命を懸けて戦うのか。その空しさと命の尊さを強く問いかけられます。それぞれの国の立場、それぞれの視点からの硫黄島を描く2部作、日本側の『硫黄島からの手紙』を見て完結する ...
父親たちの星条旗(2006米) (WAKOの日常)
(10月26日@よみうりホール) 今日こそ、思っていた映画と違っていました。もちろんあらすじを読まずに鑑賞する私は、このタイトルと写真から英雄崇拝の映画だと思っていたのです。 第2次世界大戦の重大な転機となった硫黄島の戦いで、米軍兵士たちはその勝 ...
「父親たちの星条旗」 レビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
第二次世界大戦でも最大の激戦の一つであった硫黄島の死闘にまつわる一枚の写真に関わ
Flags of Our Fathers / 父親たちの星条旗 (☆☆ 結婚します! た。☆☆)
日本より一週間ほど早い公開の 今話題の映画を見てきました。 私は『戦争』というのは 実際に体験したこと無いし、教科書などからの知識程度しか持ち合わせておらず、、戦争映画などを 何も深く考えずに今まで見てきた、、、と思う。 硫黄島のことも、、ど ...
映画:父親たちの星条旗 試写会 (駒吉の日記)
父親たちの星条旗 試写会@中野サンプラザ 「”英雄”と呼ばれるのがくるしい」 硫黄島での1枚の写真、英雄に祭り上げられた6人の内、生きて本国に帰れたのは3人だった。第二次世界大戦末期、日本はもうぼうぼろの状態だったのですが、アメリカでも戦争 ...
「父親たちの星条旗」試写会 (Thanksgiving Day)
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたの ...
「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておく ...
父親たちの星条旗  (花ごよみ)
この映画は二部作のうちの最初の一作目。 アメリカからの視点で描かれている。   次に公開されるのは日本側からの視点で、  タイトルは『硫黄島からの手紙』。   監督はクリント・イーストウッド。   原作は、英雄とされた兵士のうちの一人、 衛生兵ドクの息子 ...
ライアン・フィリップ Ryan Phillippe 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),10 September 1974,New Castle, Delaware, USA 本名 Matthew Ryan PhillippePicasso at the Lapin Agile (2008) Tlatelolco: Mexico 68 (2007) Untitled Kimberly Peirce Project (2007) Breach (2007) 父親たちの星条旗 Flag ...
ポール・ウォーカー Paul Walker 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),12 September 1973,Glendale, California, USAThe Death and Life of Bobby Z (2006) 父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers (2006) "Rove Live" TV-Series 南極物語 Eight Below (2006) Running Scared (2005) イントゥ・ ...
バリー・ペッパー Barry Pepper 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),4 April 1970,Campbell River, British Columbia, Canada 本名 Barry Robert PepperUnknown (2006) 父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers (2006) メルキダス・エスキラーダの3回の埋葬 The Three Burials of Melquiades Estrada ...
ロバート・パトリック Robert Patrick 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),5 November 1958,Marietta, Georgia, USAFly Me to the Moon (2007) We Are Marshall (2006) Lonely Street (2006) Bridge to Terabithia (2007) Strange Wilderness (2007) 父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers (2006) "T ...
ニール・マクドノー Neal McDonough 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),13 February 1966,Dorchester, Massachusetts, USAForever Strong (2007) The Hitcher (2007) Machine (2007) 88 Minutes (2007) 守護神 The Guardian (2006) 父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers (2006) The Last Time ...
映画「父親たちの星条旗」 (いもロックフェスティバル)
映画『父親たちの星条旗』の試写会に行った。
試写会「父親たちの星条旗」 (日々“是”精進!)
昨夜は、ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「父親たちの星条旗」の試写会に出席してきましたクリント・イーストウッド監督による戦争大作”硫黄島二部作”の第1弾。歴史的に有名な報道写真”硫黄島での国旗掲揚”に写された英雄たちを主人公に、米軍史上最 ...
父親たちの星条旗 (映画を観たよ)
硫黄島2部作の1つめ 非常に地味な映画でした。 硫黄島って島があることも今回知りましたししかも東京だったなんて・・・くらいの知識でした。 英雄と祭られていく3人の兵士の葛藤を描いているんですがすごく抑えた描き方をしています。 ストーリは淡々と進み彼ら ...
『父親たちの星条旗』 (**Sweet Days**)
監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:第二次大戦下、硫黄島で壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲げる写真が話題になる。そして、その写真に写っている、ジョン・”ドク”・ブラッドリー、アイラ・ヘインズ、レ ...
父親たちの星条旗(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 父親たちの星条旗 ---感想--- 第二次世界大戦末期の硫黄島の攻防戦が舞台。その中でも、有名な擂鉢山に星条旗を掲げた5人のアメリカ兵に関しての、アメリカ側の視点でのその後のエピソードです。日本側の視点から描かれる『硫黄島からの手紙』が年末に ...
■週末の学び10/27「硫黄島」〜父親たちの星条旗−硫黄島からの手紙〜 (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
超話題作です! いよいよ封切りです。
■週末の学び10/27「硫黄島」〜父親たちの星条旗−硫黄島からの手紙〜 (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
超話題作です! いよいよ封切りです。
父親たちの星条旗 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本 ...
父親たちの星条旗 国際映画祭 (メルブロ)
父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 7点(10点満点)  東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。 ...
父親たちの星条旗 (Kinetic Vision)
写真にはフレームがあり、カメラマンは撮影の時に構図を考え、フレームの内に入れるものと外に出すものを選別する。写真が現実を写すといっても、それは当然撮影者によって選ばれた現実の一部にすぎない。ところが人はそのこ
『父親たちの星条旗』 (映像と音は言葉にできないけれど)
(昔では考えられなかった)イーストウッドがスピルバーグと手を組んだ珍しい作品で、脚本には『ミリオンダラー・ベイビー』や『クラッシュ』のポール・ハギスという豪華布陣です。
父親たちの星条旗 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
父が最後まで語らなかった硫黄島。息子がたどり着いた、その真実とは?・・・・日本の硫黄島で撮られた一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えたことを。 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いた ...
「父親たちの星条旗」 Flags of Our Fathers (俺の明日はどっちだ)
残酷なまでにリアルでスケール感のある戦闘シーンがたびたび描かれながら、そこから伝わってくるのはとても静かでクールにすら感じられる問いかけ。「戦争とは」「英雄とは」そして「誰のために戦い、死ぬのか」。 太平洋戦争における最も象徴的な写真のひとつと ...
父親たちの星条旗 (シネ・ガラリーナ)
<梅田ブルク7にて> 2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド 後生に語り継がれる戦争映画の傑作。 あまりの完成度の高さに、呆然とした。 見終わった後、ため息が漏れた。この作品に何の不満もない。あそこがこうだったら、とか、あれはないん ...
父親たちの星条旗 (ぷち てんてん)
見てきました。硫黄島の戦いをアメリカ側から描いたこの映画。日本側から描いた「硫黄島からの手紙」も見なくてはと思います。同じ戦いを双方からの視点で描くという事で、やはりどちらも見なくてはと思いますよね。☆父親たちの星条旗☆クリント・イーストウッド ...
父親たちの星条旗 (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリ ...
父親たちの星条旗 (CINEMA DEPOT's BLOG)
日本とアメリカ、それは、同時に描かれなければならなかったそれぞれの「硫黄島」――。「父親たちの星条旗」10月28日公開。硫黄島を知っていますか?東京都小笠原村硫黄島――。グアムと東京のほぼ真ん中、日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島。この島で61 ...
父親たちの星条旗 (eclipse的な独り言)
 ちょっと、イーストウッドが鼻についてきました。「ミシシッピー・リバー」、「ミ
父親たちの星条旗 (Flags of Our Fathers) (communication 101)
硫黄島の戦いの現場、個々の米兵や日本兵の視点を描いているというより、星条旗を掲げているこの写真の6名の登場人物を中心に、戦場、そして戦後の人生を追うストーリー展開。 6名の人物について、戦場と戦後の様子を繰り返し繰り返しフラッシュバックしながら ...
父親たちの星条旗 (UkiUkiれいんぼーデイ)
戦争に英雄など存在しない・・・。 これはまた、イーストウッド監督流のキレのある反戦映画が誕生しました! 61年前、太平洋戦争の激戦地となった硫黄島での戦い。 そこで写された1枚の写真。 勝利のシンボルとして英雄に祭り上げられた3人の兵士 ...
父親達の星条旗 (そーれりぽーと)
映画監督クリント・イーストウッドが、名作『ミリオンダラー・ベイビー』の次に撮る映画はアメリカ目線の太平洋戦争映画。と、当初聞いていたのですが、蓋を開けてみると日本目線の映画と同時に撮影をしていたらしい。 そこはかとなくガッカリしていたのに、なんだ ...
父親たちの星条旗 (Diarydiary!)
《父親たちの星条旗》 2006年 アメリカ映画 − 原題 − FLAGS OF
父親たちの星条旗 (映画通の部屋)
「父親たちの星条旗」 FLAGS OF OUR FATHERS/製作:2006年
父親たちの星条旗 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞 父親たちの星条旗/FLAGS OF OUR FATHERS 2006年/アメリカ/132分 監督: クリント・イーストウッド 出演: ライアン・フィリップ /ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー ...
父親たちの星条旗 (小部屋日記)
Flags of Our Fathers(2006/アメリカ) 【劇場公開】 第二次世界大戦末期、日米の激戦地となった硫黄島の戦いをアメリカ側、日本側とちがう視点で描く画期的なプロジェクト第一弾。 今回はアメリカ側から描いた作品。 原作はジェームズ・ブラッドリーとロン・パ ...
父親たちの星条旗 (skywave blog)
61年前に本当にあったなんて信じられないほどの、壮絶な戦闘シーン、次々に人間が殺されていく。 現在の硫黄島は、海上自衛隊の基地があるだけの、一般の人間が住めない島。死
「父親たちの星条旗」英雄の存在しない戦争で英雄に祭り上げられた兵士の苦悩 (オールマイティにコメンテート)
「父親たちの星条旗」は太平洋戦争末期の1945年2月の硫黄島攻防戦をアメリカ、日本双方から描かれる事で注目の作品で、第1部はアメリカ側から描かれた作品となっている。攻防戦になると当然攻める側と守る側に分かれるが、今回は攻めて勝利したアメリカ側か ...
父親たちの星条旗(2006) / Flags Of Our Fathers  (茶和茶和ぶろぐ)
上映初日の今日、六本木のシネコンで、この映画を観ました。場所柄もありますが、映画の内容からか、いつもより外国人がかなり多くここはどこの国?という感じ。 そのせいか上映後、出口に向かう観客の間に流れる空気は何か複雑なものがあったように感じました。 ...
『父親たちの星条旗』 (ラムの大通り)
「さて今日の作品は小手調べというかプロローグだけ喋るよ」 ---どういうこと? 「この映画は日米の激戦地<硫黄島>を日米両方の角度から描いたものなんだ。 もちろん、これはこれ一話でも成り立ってはいるけど、 やはり両方を観てから語るのが正解だと思う。 こ ...
父親たちの星条旗 (映画とはずがたり)
太平洋戦争の有名な写真、 「硫黄島・摺鉢山に星条旗を立てた6人の兵士」 の軌跡を紡ぎだした、 クリント・イーストウッド監督 渾身の戦争映画!! STORY:砲弾に襲われた山の頂に星条旗を掲げる 6人のアメリカ兵―。 1945年2月23日、太平洋戦争末期の ...
父親たちの星条旗 FLAGS OF OUR FATHERS (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、ジェシー・ブラッドフォード ケヴィン・チャップマン、ジョセフ・クロス、パメラ・フィッシャー 出演 1945年2月 第二次世界大戦は連合国側の勝利が決定的になっていた アメリカは日本の抵抗を収めるため 日本本土空襲を狙 ...
【父親たちの星条旗】 (NAO−C☆シネマ日記)
第二次世界大戦での硫黄島の戦い・・ そして、あまりに有名な星条旗を掲げる兵士達の写真の裏にあるものは・・。 硫黄島への上陸シーンは「プライベート・ライアン」のような、激しくリアルな戦闘シーン そんな激しい戦闘シーンとは裏腹に、3人の作られた英雄の ...
父親たちの星条旗 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★9点(満点10点) 2006年 132min 監督:クリント・イーストウッド 主演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード     アダム・ビーチ ポール・ウ ...
『父親たちの星条旗』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリ ...
「父親たちの星条旗」何もかも渋い結果? (映画コンサルタント日記)
「父親たちの星条旗」オープニング興収1.9億円。クリント・イーストウッド監督「
映画「父親たちの星条旗」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。 ...
父親たちの星条旗 2006-59 (観たよ〜ん〜)
「父親たちの星条旗」を観てきました〜♪ 太平洋戦争の末期、硫黄島へ向かうアメリカ海兵隊。5日で終わるはずの戦闘が、攻略するんに5倍以上の日数を要するほどの徹底抵抗にあった。ちょうどアメリカ本国内では、長引く戦争に対する嫌悪感が噴出し始めていた ...
父親たちの星条旗 (Akira's VOICE)
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておく ...
父親たちの星条旗 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 132分 監督 クリント・イーストウッド 原作 ジェームズ・ブラッドリー 、ロン・パワーズ 脚本 ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr 音楽 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリッ ...
『父親たちの星条旗』 (ねこのひたい〜絵日記室)
今回、旗を立てるのは、硫黄臭漂うハートブレイクリッジか。3度目のオスカーか。
父親たちの星条旗 (悠雅的生活)
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
映画『父親たちの星条旗』 (健康への長い道)
今日は梅田ブルク7で映画を2本ハシゴしてきました鍊。 1本目は、昨日から公開の映画『父親たちの星条旗』。400席稜を超える最も大きなシアター1での上映でしたが、午前中ということもあってか、客の入りは4割程度というところ。 太平洋 ...
「父親たちの星条旗」 (しんのすけの イッツマイライフ)
映画のジャンルに、 記録映画とドキュメンタリーと、 フェクションとノンフェクションがあるならば、 この「父親たちの星条旗」は、 限りなく記録映画を見ている気持ちになる、 ドキュメンタリーに見えるノンフェクション映画。
映画「父親たちの星条旗」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「父親たちの星条旗」 硫黄島二部作の第一弾で、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点から描く。 「FLAGS OF OUR FATHERS」という原題の「FLAGS」と複数形になっているところがミソ。ピュリッツァー賞を取った“摺鉢山に星条旗を掲げる米軍兵士たちの写真” ...
父親たちの星条旗 (u-SIDE【こらむ茶】)
「父親たちの星条旗」を観た。 公開は28日からだが、一足先に試写会で観るチャンスを得たのだ。 監督はクリント・イーストウッド。 前作「ミリオンダラー・ベイビー」で2度目となるアカデミー賞を獲得した監督だ
父親たちの星条旗 (欧風)
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
【劇場映画】 父親たちの星条旗 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦末期、後に硫黄島陥落のモニュメントとなった、“摺鉢山にアメリカ国旗を掲げる5人の海兵隊員と1人の海軍兵士の写真”のエピソードを基に、アメリカ側の視点で描く。その写真は、長引く戦争に疲弊したアメリカ国民の士気を上げるた ...
父親たちの星条旗(クリント・イーストウッド)@109シネマズ木場 (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 決して、過度に感傷的な描写が施されているわけではない。決して、定型的な催涙演出が為されているわけでもない。戦闘シーンにおいても、悲惨なシーンは数多スクリーンに映し出されるが、むしろ、全体 ...
父親たちの星条旗 (週末映画!)
期待値:92%  クリント・イーストウッド監督の戦争映画 第一部。 スピルバーグが関係しているかどう
FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』 (銅版画制作の日々)
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日 ...
真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』 (CHEAP THRILL)
(4から) シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。 人混みでまいる。 なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。 『父親たちの星条旗』はミラノ座で上映。 スクリーンがでかくていい。 『父親たちの星条旗』は悪くはな ...
父親達の星条旗 (シャーロットの涙)
原作はジェイムズ・ブラッドリー、ロン・パワーズ著のベストセラー「硫黄島の星条旗」。 日米双方の視点から、太平洋戦争最大の激戦地といわれる硫黄島・擂鉢山に星条旗をを打ち立てた6人の兵士の死闘と、生き残った3人のその後の人生を描く。 クリント・イースト ...
人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと
「父親たちの星条旗」 (−☆ EL JARDIN SECRETO ☆−)
TOHOシネマズの注意案内ががらっと変わりました。今月からでしょうか。海賊版撲滅キャンペーンは相変わらずでしたが・・・。さて、いまやすっかり巨匠のクリント・イーストウッド最新作は、日米双方からの視点で描いた硫黄島2部作。まず公開されたのは、激戦の地 ...
父親たちの星条旗 (Good job M)
公開日 2006/10/28監督:クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」、「マディソン郡の橋」出演:ライアン・フィリップ/ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ 他【あらすじ】太平洋戦争末期、連合国軍に対する日本の最後の砦となった硫黄島 ...
映画『父親たちの星条旗』 (コラムニスト宣言)
 「写真家は略奪もすれば保存もする。また告発もすれば神聖化もする」と言ったのは、スーザン・ソンタグだった。太平洋戦争時、硫黄島で撮られた一枚の写真が、硫黄島の死闘を「神聖化」し、海兵隊の3人の兵士たちを「英雄」にした。これは実話に基づいて、その ...
「父親たちの星条旗」みた。 (たいむのひとりごと)
原題『Flags of Our Fathers』・・・なぜ、星条旗が”複数形”なのか、観ればわかる。その理由には「はぁ?」ではあるが。しかも、その出来事によってドク・アイラ・レイニー3人の半生は大きく変貌し、自分の意思とは無関係に時代に翻
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
父親たちの星条旗 (It's a Wonderful Life)
最近「911」を扱った映画が2本公開されましたけど、 何故あんなテロを起こすに至ったかを描く視点の映画も観ないと 何となく事実を公平に判断出来ない気がしていました。 ところがこの「父親たちの星条旗」はアメリカ側の視点、 「硫黄島からの手紙 ...
父親たちの星条旗 (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
「衛生兵を呼べ! 俺を助けてくれ!」クリント・イーストウッド監督作、”硫黄島”二部作の第一部。「父親たちの星条旗」はアメリカの視点で第二次世界大戦の硫黄島での激戦を描いたもので、あとにつづく「硫黄島からの手紙」は日本からの視点で描いたもの。【ス ...
父親たちの星条旗 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
原題は「Flags of our Fathers」 このFlagsと複数形であるところがひとつのミソ。 「硫黄島からの手紙」はきっと見るだろうから、 2部作の前編であるこの「父親たちの星条旗」も見ておかねば、 と言う感覚だった。 監督は、クリント・イーストウッド。 映画の作 ...
父親たちの星条旗/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ (カノンな日々)
この作品で描かれてることって全て史実なんでしょうか?第二次世界大戦で硫黄島が最大の激戦地であったことは教科書などでちょこっと勉強したことくらいはありましたけど、あの硫黄島を取り囲んだ米軍艦隊の大群には正直驚きました。エンディングロールでは実際の ...
父親たちの星条旗 [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
毎年毎年イーストウッドイーストウッドってよく飽きないなあ・・・と陰口叩かれかねない状況になってきたのですが、そんなこといったって面白いんだもん。権力・権威・力ある者に悪態ついてぶいぶいいわしていた70年代〜80年代を過ぎて、権力・権威への不審と怒り ...
父親たちの星条旗 (とっさの絵日記)
見ごたえありました。見てよかったです。 「父親たちの星条旗」 2006 アメリ
父親たちの星条旗 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッ...
勝っても負けても戦争に英雄などいない!【父親たちの星条旗】(2006年15本目) (ON THE ROAD)
映像技術の進化とともに映画が変わりつつあるような気がする。 いや新しい表現が生まれつつあるというべきかも。 この前観た『ワールド・トレードセンタービル』に続き、 今回も観終わった後にそんな印象を受けた。 あらすじなどは、 こちらの『父親たちの星条 ...
父親たちの星条旗 (琴線〜心のメロディ)
【2006年10月28日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T−JOY東広島】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ くそっ! がんばってナイトショー観に行ったのに今日は1,800円かよ! しかも、ケ ...
父親たちの星条旗(06・米) (no movie no life)
原題 Flags Of Our Fathers ― 「Show the flag」と米国からわが国が言われたことはまだ記憶に新しいだろう。 flagとは「国旗」、米国ではすなわち「星条旗」のことである。 クリント・イーストウッド監督作品、「硫黄島2部作」の第1作。 米国から見た硫 ...
父親たちの星条旗 (映画鑑賞★日記・・・)
『FLAGS OF OUR FATHERS』公開:2006/10/28(11/04鑑賞)監督:クリント・イーストウッド製作:スティーヴン・スピルバーグ、クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ原作:ジェームズ・ブラッドリー    『硫黄島の星条旗』(文春文庫刊)/『父親たちの星 ...
父親たちの星条旗 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  三連休の初日というせいか、588座席を誇る「新宿ミラノ2」が、ほぼ満席状況であった。どうやらクリント・イーストウッド監督は、名監督の仲間入りというか、ブランド名となったようである。  イギオロギー色が強過ぎるためか、物語自体は非常に退 ...
映画鑑賞記「父親たちの星条旗」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.11.3 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  オスカーを2度受賞している巨匠、イーストウッド監督が描く「硫黄島」2部作の1作目。 太平洋戦争の激戦で散った兵士たちを日米双方の視点から描き出す。 戦場を間近で見た兵士たちの思いとは ...
「父親たちの星条旗」を観た (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の一作目。
『父親たちの星条旗』の捨てられた星条旗 (Days of Books, Films)
すさまじくリアルな戦闘シーンがつづく『父親たちの星条旗』を見ながら、そういえば
「父親たちの星条旗」は言っている。 (やまたくの音吐朗々Diary)
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」 ...
父親たちの星条旗 (映画感想BLOG 瞼のスクリーン)
オススメ度 ★★★★☆ とりあえず、観てよかったです。★3・5 硫黄島への上陸シーンなどの空撮、丘からの映像がすごい、すごい再現力、いまの時代、映画で大抵の歴史的シーンは再現可能でしょう…。数百もの戦艦が硫黄島へ到着するシーンは圧巻、CGを多様 ...
父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド) (CINEMANIAX!)
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国 ...
★「父親たちの星条旗」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
『父親たちの星条旗』in箕面 (☆えみたんの日記帳☆)
だいぶ書くのが遅れてしまった!! 先週映画「父親たちの星条旗」を観てきたよ♪ ストーリー 太平洋戦争の末期、硫黄島では日米軍による戦闘が開始されようとしていた。 アメリカ軍は当初、5日もあれば硫黄島は落ちると目していたのだが、その予想は外れ、日本 ...
bvlisknepg (dmgjvaormgo)
vewguveqc kictjkvo hoqpdawro iwcaqqti
Flags of Our Fathers(2006,U.S.) (The Final Frontier)
硫黄島2部作の1作目。正直,戦争物は苦手なので観るか観ないかギリギリまで迷って,そういえば劇場鑑賞券があと1枚残ってたし,有効期限が今月末までだし…くらいの調子で観てきました。観始めて10分後,カポーティにすればよかったかな…と微妙に後悔(だって,血 ...
「父親たちの星条旗」 (the borderland )
太平洋戦争末期の硫黄島での戦いを、日本とアメリカ双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による第一弾。双方からの視点というのが面白いと思っていたけど、ここまで徹底的に日本人の姿がないとは思いませんでした。あと、フラッシュバックが多いので ...
『父親たちの星条旗』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第125回『父親たちの星条旗』「戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。」  今回紹介する映画は太平洋戦争においてアメリカにとって最大の激戦地だった硫黄島の戦いを描いた『父親たちの星条旗』です。この映画はハリウッドの戦争映画にはしては珍しく日米双方の ...
『父親たちの星条旗』と教育基本法 (再出発日記)
監督:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ力作である。冒頭近く小山を三人が上って言って旗を立てる、突然開ける教場の満員の大歓声と、花火。そこは硫黄島ではなく、アメリカ本土だった。三人の兵 ...
【映画】「父親たちの星条旗」評 (われおもふこと)
今話題の日米双方の視点から描いた「硫黄島二部作」の第一作目である「父親たちの星条旗」http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/―――を、見てきた。先ずは、米国側から見た硫黄島の戦いである。ストーリーとしてはこんな感じ↓↓ウィスコンシン州で葬儀 ...
父親たちの星条旗 (こんな映画見ました〜)
『父親たちの星条旗 』 ---FLAGS OF OUR FATHERS--- 2006年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ 太平洋戦争末期、硫黄島上陸を成功させ一気に勝利に結び付けたい ...
父親たちの星条旗 (k.onoderaの日記)
硫黄島にジョン・ウェインはいなかった… というお話。 観終わってしみじみ考えると、やはりひたすらにイーストウッドらしい戦争映画だった。 『ブロンコ・ビリー』に代表される、彼のダメ男路線の作品なんだよね。 ダメ男と言
父親たちの星条旗 (C'est Joli)
父親たちの星条旗’06:米 ◆製作総指揮:ポール・ハギス◆監督・製作:スティーブン・スピルバーグ/クリント・イーストウッド「ミリオンダラー・ベイビー」「ミスティック・リバー」◆出演:ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビー ...
映画『父親たちの星条旗』観た (ERi’s room)
クリント・イーストウッド監督の映画で、硫黄島2部作の内の第1部、『父親たちの星条旗』を観てきました。クリント・イーストウッド監督の映画は、重いけれども決して綺麗事を描かず、アンチヒーローとでもいうんでしょうか、
父親たちの星条旗by増當達也さん (試写室だより ただいま編集中!)
メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」最新号(第七号)から、『父親たちの星条旗』のコメントを続けます。本日が最終回。ご登場は映画評論家の増當達也さん。この方も表ベストでのご選出でした。クリント・イーストウッドならではの去りゆくアンチ・ ...
■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more... (太陽がくれた季節)
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫ おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。 ...
『父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers』 クリント・イーストウッド監督 (物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために)
? 評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★星4つ半) ■作品を俯瞰して〜職人的映画人のクリント・イーストウッド監督 素晴らしい映画だった。1945年から半世紀以上を経て、しかもイラク戦争遂行中の米国のにおいて、これほど現 ...
「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
「父親たちの星条旗」 「〜手紙」を楽しむために (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
2大スター共演が話題になった『パーフェクト・ワールド』を見た後のような感じでした。 イーストウッドのようで、イーストウッドでないというか・・・。 スピルバーグを迎えての2大プロデューサー共演(と言うのか?)だからかな〜? それとも、上映前に、わざわ ...
二度目の『父親達の星条旗』 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
  真理を見失ったアメリカ人と、  死んだように生きる日本人への映画。 『硫黄島からの手紙』の先行試写会が待ちきれずに、二度目の『父親達の星条旗』を 観に行って来ました。 それと言うのも、この映画を
父親たちの星条旗 (とにかく、映画好きなもので。)
   硫黄島をアメリカと日本、両方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督のアメリカ側視点の作品。  あの写真はあまりにも、鮮烈すぎた。  スクリーンに現れるだけで、ハッとしてしまう写真。冒頭から一葉の写真が披露される。これは ...
いつの時代も変わらない情けない出来事。『父親たちの星条旗』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いをアメリカ側の目線で描いた作品です。
「父親たちの星条旗」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日はクリント・イーストウッド監督作品「父親たちの星条旗」を観てきた。ご存知の
複雑な気持ちで観た「父親たちの星条旗」 (つねさんの人生奮闘記)
昨日の金曜日は、珍しく6時台に職場を出なければいけなかったので、その足で、10
「父親たちの星条旗」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も ...
映画 『父親たちの星条旗』 (Death & Live)
やっと観ましたよ。 『父親たちの星条旗』  2006年 原題 : FLAGS OF OUR FATHERS 監督 : Clint Eastwood やっぱりイーストウッドはすごいね。 伝えたいことを一つに絞って、それを分かってもらう為だけの演出に徹底してる。 あれ ...
雄 〜「父親たちの星条旗」〜 (サナダ虫 〜解体中〜)
クリント・イーストウッド監督作品、ライアン・フィリップ主演の、 映画 「父親たちの星条旗」を観た。 硫黄島2部作の第1弾。 アメリカから見た硫黄島。 感想。 〇業叡罎蓮動かない方がいいよ。 △ケツだけでも、判るもんなんだな〜。 1冤困髻 ...
父親たちの星条旗 (ちわわぱらだいす)
見てきました~v(*'-^*)bぶいっ♪ 戦争映画は見ることは無いと思っていたんだけど。。。 他に見るのが無い!(by キャナルシティ) 蛇の飛行機が見たかったんだけどすでに夜しかない。 あとはほとんど邦画怜 てことでこれ。 う~ん。戦争の描写がす ...
Flags of Our Fathers (父親たちの星条旗) (アリゾナ映画ログ − 砂漠から...)
2006年5月20日鑑賞Tagline: A Single Shot Can End The War. ストーリーアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラ
父親たちの星条旗 (利用価値のない日々の雑学)
「ミリオンダラー・ベイビー」で、本当は凄い人なのじゃないかと自己の考え方を大きく変えたこのクリント・イースト・ウッド監督作品は、その筆者の「思い入れ」を更に強いものにしてくれた。この作品、「ミリオン〜」のイーストウッド(敢えて「ミリオン〜」のと言 ...
映画* 父親たちの星条旗 (有閑マダムは何を観ているのか?)
「許されざる者 」、「ミスティック・リバー」や「ミリオンダラー・ベイビー」 などクリント・イーストウッド が監督している作品は、どれも非常に後味が苦しく、やるせなく、しかしあとあとまでテーマについて考えさせられるような作品ですが、今回もその例に ...
「父親たちの星条旗」 (共通テーマ)
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた
父親たちの星条旗 (お日柄もよく映画日和♪)
更新サボリ気味のため、タイムリーなレビューにはならないけれど、 今日は「父親たちの星条旗 」について書こうと思います。 私は「ミスティック・リバー」以来、イーストウッド監督に心酔してしまっているのですが、今回の「父親たちの星条旗」も、期待を裏 ...
父親たちの星条旗 (Yuhiの読書日記+α)
 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を見に行ってきました。硫黄島での戦いをアメリカ側、日本側の両方から描く2部作の第1弾になります。 実は私、「戦争もの」には全く興味はないし、怖いシーンがあったらイヤなので、ずっと敬遠してきたので ...
父親たちの星条旗(映画館) (ひるめし。)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
『父親たちの星条旗』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によっ...
父親達の星条旗 (CinemA*s Cafe)
公式サイト 星条旗を掲げるあの写真の存在は知っていたのだけど、それが硫黄島での写真だったと言うことをこの映画を観て知った私。 ヒーローとしてアメリカに凱旋帰国することになった写真に写っているとさ
父親たちの星条旗 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ〜♪  確か教科書に...
【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場者...