我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

グラン・トリノ / GRAN TORINO

2009-04-08 01:24:28 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click



アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなしと断言したばかりですが...

やっぱりイーストウッド作品にハズレなし しつこい

御年78歳!イーストウッド監督4年振りに自ら主演した新作が早くもお目見え。

今月末公開を前に、少しだけ早く観てきました~。


全米では昨年12月に公開され、イーストウッド史上No1(全米で)大ヒットを記録!
またもや名作であるとウワサには聞いてた。 
アジアンの男の子との心のふれあい、ということしか知らずに鑑賞。

「どうやってこんな傑作をつくるのかわからない。」
というのはわたしじゃなくニューヨーク・タイムズ紙の批評。
面白い言葉だな~って思ってたケド、それ納得。


愛すべき頑固オヤジ。憎めないのはイースト・ウッドだからこそ。

いちいち フレームインして 「がるる....」と唸るイーストウッドがおかしくておかしくて!

途中から、これはコメディか?!ってくらい、ヘタなコメディよりも笑えて。

東洋人の女はうまい(だったかな)とか、イエローだの クロだの、
人種差別が激しい鮮戦争帰還兵のアメリカンじいさん、ウォルト。
息子や孫ともうまくつき合えず、たまに酒屋で仲間とビールを飲み、なじみの床屋へ行き、愛車のグラントリノを愛でるのが唯一の楽しみ。
妻が亡くなってからは寂しく暮らしてた。
そこへ人種の全く違う一家が越して来たことで、運命は大きく変わる。




この一家、アメリカに移住してきたモン民族の子孫。中国、タイとかそっち系
東南アジアに住む民族の一つらしい。
おばあちゃんやタオ少年、その姉、家族がまたなかなかいい味だしてます。


そしてこの神父の存在、彼も良かった
クリストファー・カーリー。新人らしい。
一見 普通のボクちゃん風なんだけどこの役にはぴったり。


そうそう、タイトルがなんだか車の名前っぽいなーと思ってたら、まんまでした。
え?有名?
1970年代のフォード社製の車で、ベン・スティラー&オーウェン・ウィルソンでリメイクした映画(もとはTVドラマ)
『刑事スタスキー&ハッチ』の真っ赤な車もグラントリノだったらしい


妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルトは、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。
ある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオと知り合う。
やがて二人の間に不思議な友情が芽生えていくが...。



9/10


この映画、好き
期待してた以上に気に入ってしまった。
話はすごくシンプル。で少々ベタな展開。
コメディ以上にたっぷり笑って、2度泣かされた~

とにかくイーストウッド演じるウォルトのキャラがイイ。
愛すべきおじいちゃん。。。
頑固だけどこんなにいいおじいちゃんを理解してあげられなくて、可哀想。
息子たち家族酷いなぁ、、、、


感動作です!!と謳うのとはちょっと違う、なんか自然に心にじわっとくる。
なんだろうこれは??
いつもイーストウッド作品に思うけど、必要以上に泣かせようとかいう魂胆が見えない
さりげない演出なんだけど、でもどこか胸にずしっとくるものがあるというか、、、、。
これは
イーストウッドマジック?

いつもの感じと違ったのは、途中かなり笑えるシーンやセリフが多いこと。
ベタなところで笑えない人は笑わないだろうけど わたしかなりツボに入って人一倍笑ってたかも。

随所で笑える~
コントじゃないんだからというようなベタな笑いがちょこちょこ。
場内、かなり笑い出てました~。

もちろん、コメディじゃないんだからそんな笑いだけでは終わりません!

もうね、イーストウッドによる、イーストウッドのための、そしてイーストウッドを愛する人たちへの贈り物のような映画。
頑固じじいのハズなのに、今度のイーストウッド、かっこ良すぎ!!切なすぎ!!


最後は反則でしょ~。



このラスト、、、他の映画でもあったけど
こちらは覚悟の上で、だからいままでとも違うのかな?


反則でしょ~。と思いつつ、
何に感情もってかれたのか涙あふれて止まらなかった~

そして、やっぱり今作でもイーストウッドの息子、カイル・イーストウッドが担当。
ベーシストとしても有名な彼が、6月8日~12日 Blue Note TOKYOに登場だって

イーストウッドの娘、アリソンの監督作 レールズ&タイズ』もオススメ♪


公式サイト
GRAN TORINO   2008年  アメリカ  117min
4月25日より、全国ロードショー

監督/製作/主演 クリント・イーストウッド
原案 デヴィッド・ジョハンソン&ニック・シェンク
脚本  ニック・シェンク


イーストウッド、もう俳優はヤメて監督業に専念する、と言ってますが、、、
これ前回主演兼監督した『ミリオンダラー・ベイビー』の時も言ってたみたい。
どちらにせよ、今後も頑張っていい作品をどんどん生み出して欲しいな


公開したらまた観たいいい作品、最近多すぎる~



いつも応援クリックしてくれてる方、ほんとにありがとう
ランキングクリックしてね
←please click

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (108)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・バンク 堕ちた巨像 / TH... | TOP | レイチェルの結婚 / RACHEL G... »

108 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (non)
2009-04-08 08:29:37
migさん、こんにちは♪
ようやく春らしくなってきましたね~

この作品、やっぱり良かったんですね・・・
さすがイーストウッド。
どうしようか迷ってたけど、
俄然見たくなってきたぁ・・・
期待してます! (eno)
2009-04-08 08:48:38
おはようございます
もう観られたんですね
羨ましい~

絶対観ようと思ってますがmigさんのレビュー読んでますます期待
イーストウッドさん素晴らしいですよね!
もう80歳に近いけどまだまだがんばって欲しい
子供達もちゃんと才能を受け継いでるようで嬉しいですよね
大傑作! (ともや)
2009-04-08 11:11:05
こんにちは、migさん♪
観てきたんですね~♪
ともやもこれ2009年ベスト3入り確定です♪
イーストウッドの映画で、こんなに笑ったのは初めてかも?
コメディタッチの作品も過去にはあったけど、正にこんなイーストウッドを見たのは初めて!
もちろん切なくもなりましたし、哀しくもなりました。
変に泣かそうとしない自然な演出が、ともや好みなのですわん。

(公開が迫ってきたから、そろそろ記事をアップしようかな。ルンルン)
まだちょっと先になると思うけど、アップしたらまた遊びに来ますね~♪
まさに (moviepad)
2009-04-08 19:15:25
イーストウッド監督作に外れなし!

migさん、こんばんわ

イーストウッドの犬みたいなイナナキや
理髪店場面はおかしかったですね!

確かにラスト、というより
全体の物語構成が某過去作に似ているんですよね。
アカデミー賞から無視されたのはそれが原因?
うっ、ネタバレ危険信号だ(爆)

でもアチラと違って「グラン・トリノ」は
ほどよく(ここがポイント)
しんみりさせてくれるいい映画でした。
私も☆ (latifa)
2009-04-08 20:07:34
migさん、こんばんはー!
私もこれ、すごく良かったです。
このイーストウッド演じる爺さんが妙に好きというか、ツボに入ってしまいました。

そして、なんか可笑しくて笑いをこらえてしまうシーンが一杯ありました(ほほえましいというか、なんというかw)
私はチェンジリングよりこちらがより一層好きでした☆
みたよ。 (とく)
2009-04-08 20:47:25
うん、とくは、期待以上というより、期待したよか、いい作品でした。元々、イーストウッドの作品は、期待のハードルが高いので。
はい。けっこう、笑ってましたね。とくは、そんなに笑ってませんが、いいの、いいの。最後の遺言状では、グット、きちゃいました。てか、最後、悪い輩を、やっつけてしまうのかな?と、思ってました。とくが、始めて、イーストウッドを、見たのは、間違いなく「ダーティハリー」だと、思う。その後、監督業へ、初期の監督作品は、サスペンス、アクションばかりだったのに、最近は、心に訴えかけるかのような作品。なんでも、できるんだなー。と、感心しました。あ、昨日、並んでる時、なんか、階段のとこで、お菓子食べてるひとが、migさんに、似てたような。でも、違うべ。みたいな感じでした。あ、とくは、美術館巡りは、とくに、好きでないですよ。ただ、映画で使われたからだけです。ま、MOMAも、3回位、行きました。ヨーロッパは、イタリアに一回行きました。もう、国中が、美術館ですわ。もう、参りました。とく、とくに、美術館、好きでないんですよ。ぶっちゃけ、あきました「ハンニバル」のロケ地を、見れたのが、うん、とくは、期待以上というより、期待したよか、いい作品でした。元々、イーストウッドの作品は、期待のハードルが高いので。
はい。けっこう、笑ってましたね。とくは、そんなに笑ってませんが、いいの、いいの。最後の遺言状では、グット、きちゃいました。てか、最後、悪い輩を、やっつけてしまうのかな?と、思ってました。とくが、始めて、イーストウッドを、見たのは、間違いなく「ダーティハリー」だと、思う。その後、監督業へ、初期の監督作品は、サスペンス、アクションばかりだったのに、最近は、心に訴えかけるかのような作品。なんでも、できるんだなー。と、感心しました。あ、昨日、並んでる時、なんか、階段のとこで、お菓子食べてるひとが、migさんに、似てたような。でも、違うべ。みたいな感じでした。good!
★nonさん★ (mig)
2009-04-09 08:42:32
おはようございます♪
nonさんの夜桜フォト、ほんっとに綺麗で素晴らしかったです
写真でもみられて嬉しかったありがとう

で、nonさん!この映画ハズしちゃうのはかなりもったいなさすぎです
nonさんにも絶対オススメ!
他の差し置いてでも観て欲しいです~
★enoさん★ (mig)
2009-04-09 08:46:12
おはようございます♪

enoさん、訂正コメもわざわざありがとう~
2個目は削除したけど、本文中の1カ所というのは出来なくて
まるごと削除になっちゃうので1つ目残しました☆
でもぜんぜんどこが間違ってるかわからないから大丈夫ですよー

ほんとイーストウッド、子供たちにも才能受け継がれてます
enoさんも気に入る作品だと思うので是非また観たら感想聞きたいな
★ともやさん★ (mig)
2009-04-09 08:49:42
おはよ~う
ともやさんてば、もう観ていたのね!

わたしも!こりゃぁベスト3確定です
前回のチェンジリングよりもずっと好きだな、
話はシンプルだけどぐっときちゃった。
わたしもイーストウッド映画でこんなに笑ったの初めて★
そこもポイント高いいつも自然だし。
ということは「repo!」もだし、今年のベスト10はともやさんと似てるかも?!
★moviepadさん★ (mig)
2009-04-09 08:52:54
おはようございます♪

moviepadさんももう観ていたんですね!
いや~、ほんと笑いました~☆
イーストウッド、がるる~ってほんとに軽く言ってるんだもん(笑)
理髪店でのシーンなんてしつこくてドリフのコントかと思いましたよ★

最後の方ではどどんと心にきちゃって涙止まんなかったです~
あ、うちのコメント欄はネタバレ全開ですので
気にしないで下さいネ~♪

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上