我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

グラン・トリノ / GRAN TORINO

2009-04-08 01:24:28 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click



アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなしと断言したばかりですが...

やっぱりイーストウッド作品にハズレなし しつこい

御年78歳!イーストウッド監督4年振りに自ら主演した新作が早くもお目見え。

今月末公開を前に、少しだけ早く観てきました~。


全米では昨年12月に公開され、イーストウッド史上No1(全米で)大ヒットを記録!
またもや名作であるとウワサには聞いてた。 
アジアンの男の子との心のふれあい、ということしか知らずに鑑賞。

「どうやってこんな傑作をつくるのかわからない。」
というのはわたしじゃなくニューヨーク・タイムズ紙の批評。
面白い言葉だな~って思ってたケド、それ納得。


愛すべき頑固オヤジ。憎めないのはイースト・ウッドだからこそ。

いちいち フレームインして 「がるる....」と唸るイーストウッドがおかしくておかしくて!

途中から、これはコメディか?!ってくらい、ヘタなコメディよりも笑えて。

東洋人の女はうまい(だったかな)とか、イエローだの クロだの、
人種差別が激しい鮮戦争帰還兵のアメリカンじいさん、ウォルト。
息子や孫ともうまくつき合えず、たまに酒屋で仲間とビールを飲み、なじみの床屋へ行き、愛車のグラントリノを愛でるのが唯一の楽しみ。
妻が亡くなってからは寂しく暮らしてた。
そこへ人種の全く違う一家が越して来たことで、運命は大きく変わる。




この一家、アメリカに移住してきたモン民族の子孫。中国、タイとかそっち系
東南アジアに住む民族の一つらしい。
おばあちゃんやタオ少年、その姉、家族がまたなかなかいい味だしてます。


そしてこの神父の存在、彼も良かった
クリストファー・カーリー。新人らしい。
一見 普通のボクちゃん風なんだけどこの役にはぴったり。


そうそう、タイトルがなんだか車の名前っぽいなーと思ってたら、まんまでした。
え?有名?
1970年代のフォード社製の車で、ベン・スティラー&オーウェン・ウィルソンでリメイクした映画(もとはTVドラマ)
『刑事スタスキー&ハッチ』の真っ赤な車もグラントリノだったらしい


妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルトは、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。
ある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオと知り合う。
やがて二人の間に不思議な友情が芽生えていくが...。



9/10


この映画、好き
期待してた以上に気に入ってしまった。
話はすごくシンプル。で少々ベタな展開。
コメディ以上にたっぷり笑って、2度泣かされた~

とにかくイーストウッド演じるウォルトのキャラがイイ。
愛すべきおじいちゃん。。。
頑固だけどこんなにいいおじいちゃんを理解してあげられなくて、可哀想。
息子たち家族酷いなぁ、、、、


感動作です!!と謳うのとはちょっと違う、なんか自然に心にじわっとくる。
なんだろうこれは??
いつもイーストウッド作品に思うけど、必要以上に泣かせようとかいう魂胆が見えない
さりげない演出なんだけど、でもどこか胸にずしっとくるものがあるというか、、、、。
これは
イーストウッドマジック?

いつもの感じと違ったのは、途中かなり笑えるシーンやセリフが多いこと。
ベタなところで笑えない人は笑わないだろうけど わたしかなりツボに入って人一倍笑ってたかも。

随所で笑える~
コントじゃないんだからというようなベタな笑いがちょこちょこ。
場内、かなり笑い出てました~。

もちろん、コメディじゃないんだからそんな笑いだけでは終わりません!

もうね、イーストウッドによる、イーストウッドのための、そしてイーストウッドを愛する人たちへの贈り物のような映画。
頑固じじいのハズなのに、今度のイーストウッド、かっこ良すぎ!!切なすぎ!!


最後は反則でしょ~。



このラスト、、、他の映画でもあったけど
こちらは覚悟の上で、だからいままでとも違うのかな?


反則でしょ~。と思いつつ、
何に感情もってかれたのか涙あふれて止まらなかった~

そして、やっぱり今作でもイーストウッドの息子、カイル・イーストウッドが担当。
ベーシストとしても有名な彼が、6月8日~12日 Blue Note TOKYOに登場だって

イーストウッドの娘、アリソンの監督作 レールズ&タイズ』もオススメ♪


公式サイト
GRAN TORINO   2008年  アメリカ  117min
4月25日より、全国ロードショー

監督/製作/主演 クリント・イーストウッド
原案 デヴィッド・ジョハンソン&ニック・シェンク
脚本  ニック・シェンク


イーストウッド、もう俳優はヤメて監督業に専念する、と言ってますが、、、
これ前回主演兼監督した『ミリオンダラー・ベイビー』の時も言ってたみたい。
どちらにせよ、今後も頑張っていい作品をどんどん生み出して欲しいな


公開したらまた観たいいい作品、最近多すぎる~



いつも応援クリックしてくれてる方、ほんとにありがとう
ランキングクリックしてね
←please click

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (106)   Trackbacks (135)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・バンク 堕ちた巨像 / THE I... | TOP | レイチェルの結婚 / RACHEL GETT... »

106 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (non)
2009-04-08 08:29:37
migさん、こんにちは♪
ようやく春らしくなってきましたね~

この作品、やっぱり良かったんですね・・・
さすがイーストウッド。
どうしようか迷ってたけど、
俄然見たくなってきたぁ・・・
期待してます! (eno)
2009-04-08 08:48:38
おはようございます
もう観られたんですね
羨ましい~

絶対観ようと思ってますがmigさんのレビュー読んでますます期待
イーストウッドさん素晴らしいですよね!
もう80歳に近いけどまだまだがんばって欲しい
子供達もちゃんと才能を受け継いでるようで嬉しいですよね
大傑作! (ともや)
2009-04-08 11:11:05
こんにちは、migさん♪
観てきたんですね~♪
ともやもこれ2009年ベスト3入り確定です♪
イーストウッドの映画で、こんなに笑ったのは初めてかも?
コメディタッチの作品も過去にはあったけど、正にこんなイーストウッドを見たのは初めて!
もちろん切なくもなりましたし、哀しくもなりました。
変に泣かそうとしない自然な演出が、ともや好みなのですわん。

(公開が迫ってきたから、そろそろ記事をアップしようかな。ルンルン)
まだちょっと先になると思うけど、アップしたらまた遊びに来ますね~♪
まさに (moviepad)
2009-04-08 19:15:25
イーストウッド監督作に外れなし!

migさん、こんばんわ

イーストウッドの犬みたいなイナナキや
理髪店場面はおかしかったですね!

確かにラスト、というより
全体の物語構成が某過去作に似ているんですよね。
アカデミー賞から無視されたのはそれが原因?
うっ、ネタバレ危険信号だ(爆)

でもアチラと違って「グラン・トリノ」は
ほどよく(ここがポイント)
しんみりさせてくれるいい映画でした。
私も☆ (latifa)
2009-04-08 20:07:34
migさん、こんばんはー!
私もこれ、すごく良かったです。
このイーストウッド演じる爺さんが妙に好きというか、ツボに入ってしまいました。

そして、なんか可笑しくて笑いをこらえてしまうシーンが一杯ありました(ほほえましいというか、なんというかw)
私はチェンジリングよりこちらがより一層好きでした☆
みたよ。 (とく)
2009-04-08 20:47:25
うん、とくは、期待以上というより、期待したよか、いい作品でした。元々、イーストウッドの作品は、期待のハードルが高いので。
はい。けっこう、笑ってましたね。とくは、そんなに笑ってませんが、いいの、いいの。最後の遺言状では、グット、きちゃいました。てか、最後、悪い輩を、やっつけてしまうのかな?と、思ってました。とくが、始めて、イーストウッドを、見たのは、間違いなく「ダーティハリー」だと、思う。その後、監督業へ、初期の監督作品は、サスペンス、アクションばかりだったのに、最近は、心に訴えかけるかのような作品。なんでも、できるんだなー。と、感心しました。あ、昨日、並んでる時、なんか、階段のとこで、お菓子食べてるひとが、migさんに、似てたような。でも、違うべ。みたいな感じでした。あ、とくは、美術館巡りは、とくに、好きでないですよ。ただ、映画で使われたからだけです。ま、MOMAも、3回位、行きました。ヨーロッパは、イタリアに一回行きました。もう、国中が、美術館ですわ。もう、参りました。とく、とくに、美術館、好きでないんですよ。ぶっちゃけ、あきました「ハンニバル」のロケ地を、見れたのが、うん、とくは、期待以上というより、期待したよか、いい作品でした。元々、イーストウッドの作品は、期待のハードルが高いので。
はい。けっこう、笑ってましたね。とくは、そんなに笑ってませんが、いいの、いいの。最後の遺言状では、グット、きちゃいました。てか、最後、悪い輩を、やっつけてしまうのかな?と、思ってました。とくが、始めて、イーストウッドを、見たのは、間違いなく「ダーティハリー」だと、思う。その後、監督業へ、初期の監督作品は、サスペンス、アクションばかりだったのに、最近は、心に訴えかけるかのような作品。なんでも、できるんだなー。と、感心しました。あ、昨日、並んでる時、なんか、階段のとこで、お菓子食べてるひとが、migさんに、似てたような。でも、違うべ。みたいな感じでした。good!
★nonさん★ (mig)
2009-04-09 08:42:32
おはようございます♪
nonさんの夜桜フォト、ほんっとに綺麗で素晴らしかったです
写真でもみられて嬉しかったありがとう

で、nonさん!この映画ハズしちゃうのはかなりもったいなさすぎです
nonさんにも絶対オススメ!
他の差し置いてでも観て欲しいです~
★enoさん★ (mig)
2009-04-09 08:46:12
おはようございます♪

enoさん、訂正コメもわざわざありがとう~
2個目は削除したけど、本文中の1カ所というのは出来なくて
まるごと削除になっちゃうので1つ目残しました☆
でもぜんぜんどこが間違ってるかわからないから大丈夫ですよー

ほんとイーストウッド、子供たちにも才能受け継がれてます
enoさんも気に入る作品だと思うので是非また観たら感想聞きたいな
★ともやさん★ (mig)
2009-04-09 08:49:42
おはよ~う
ともやさんてば、もう観ていたのね!

わたしも!こりゃぁベスト3確定です
前回のチェンジリングよりもずっと好きだな、
話はシンプルだけどぐっときちゃった。
わたしもイーストウッド映画でこんなに笑ったの初めて★
そこもポイント高いいつも自然だし。
ということは「repo!」もだし、今年のベスト10はともやさんと似てるかも?!
★moviepadさん★ (mig)
2009-04-09 08:52:54
おはようございます♪

moviepadさんももう観ていたんですね!
いや~、ほんと笑いました~☆
イーストウッド、がるる~ってほんとに軽く言ってるんだもん(笑)
理髪店でのシーンなんてしつこくてドリフのコントかと思いましたよ★

最後の方ではどどんと心にきちゃって涙止まんなかったです~
あ、うちのコメント欄はネタバレ全開ですので
気にしないで下さいネ~♪
★latifaさん★ (mig)
2009-04-09 08:56:58
おはようございます♪

latifaさん同じタイミングで観てましたね♪
イーストウッド作品、ほんとただじゃおかない。ですよね、
たたきのめすかと思ったら自己犠牲の懺悔ですもんね、、、、
どんだけ自分カッコ良くしてるの!
ってつっこみもしたくなりましたけど
でも涙とまらなかった~、その行為にではなく、、、。
わたしもチェンジリングよりこちらが断然好き!
★とくさん★ (mig)
2009-04-09 09:01:44
おはよーございます♪

とくさんリストではもう観たいのないっていってたからこれはずすのかなーって思ってた
一瞬、またとくさんに見つかっちゃった?!って思ったけど
わたしお菓子はほとんど食べないの、まして階段で立ち食いはしません(笑)
だから違いますよ~
すごい笑っちゃったし泣けたしでもうこの作品、
2009年myベストで3位以内は確定です~
更に好みのが出たら上位になっちゃうだろうけど皆にオススメしたい1本ですよね♪

あれ?でもなんで同じ言葉1つのコメントに繋がって入っちゃったんだろう
たまに変だな~このコメント欄って。。。
いろいろ考えてしまいました (よろ川長TOM)
2009-04-09 16:21:29
ごぶさたしております。
まず思ったのは、よくぞこれだけ汚い言葉がでてくるな、と。
えーかいな、これ…( ̄ロ ̄lll)

いや、それは冗談ですが、ラストといい、全体を通して彼の出世作『ダーティハリー』やそのほかのガンアクションものに対するひとつの答えなのかなとも思ったり、昨今後を絶たない銃社会アメリカに静かにモノ申すものでもあるのかとも考えたり。
このへん、ヘストンと対照的ですよね。
またこうした作品を、J.ウエインやヘストンたちと一時代を築いた大スターである彼が作ってこそ意味があるし。

そして人種問題。綺麗事でなく、かといって深刻にするでなく、しっかり真っ正面から受け止めてゆくことの大切さ。これは日本人にはなかなか難しいし本当の意味で理解するのは大変でしょうね。
でも絶対に忘れてはいけないし、知らないではいられない。

それにしてもキャスティングが見事ですね。どの人もハマりすぎ。ギャングの連中なんて、あれ、ホンマに犯罪者ぢゃないかと思ってしまいますもん。
無理せんと長生きしてくれ、イーストウッド。
こんにちは! (タケナカ)
2009-04-09 16:46:23
やはり良かったようですね! 観るのがますます楽しみになりました、
イーストウッド映画で声出して笑えるとはあまりないですよね(^_^
かいじゅうたちのいるところ (ネコメ)
2009-04-09 18:04:59
予告みて
http://wherethewildthingsare.warnerbros.com/

やばすぎ
おおお・・・ (マリー)
2009-04-09 19:45:37
migさん~ こんばんは~~~。
お~~~大絶賛!!!

これは楽しみになってきました。
なんと、笑えるんですか~?びっくり!!
どんなだろ・・・
早く観たいです~。
ご無沙汰です (かめ)
2009-04-10 00:45:23
migさん、
コメントありがとうございました。
最近あまり更新出来てないんですよ。
映画は毎週2本ペースで見ているのですが。

migさんが、ここ数週間に紹介されている、ハリウッドの作品もほとんど観ているのですが、まだアップできてません。
ちょっと気合を入れなくては。

このブラントリノ、良かったですね。
序盤で頑固親父を印象付ける演技がちょっとわざとらしかったですが。
最後は、予想はしていましたが、あれはクリント・イーストウッドのブッシュ政治と今の驕れるアメリカへの強烈な批判ですね。
暴力や銃では、何の問題も解決しないというメッセージがひしひしと伝わってきました。

また遊びに来ます。
見応えある作品でしたね♪ (りんたろう)
2009-04-10 02:44:55
帰りの電車の中でも、温かい感動がまるでボディブローのようにジワジワと効いてきて(^-^)
床屋でのシーンも大いに笑わせてもらいました(笑)

>やっぱりイーストウッド作品にハズレなし

僕もそう思います(^-^)


★★★★★ (きらら)
2009-04-10 09:16:33
migちゃん、オハヨー☆
これ、すごくよかったよぅ☆
ホント、「イーストウッドにハズレなし!」だね。
自然に涙出てきちゃったし、エンドロールまでじんわりしていたよ♪
ラスト、グラントリノを運転するタオがかっこよかった♪

そうそう、ヘタなコメディよりもいっぱい笑えたね☆
そこもポイントアップだったなー♪
★よろ川長TOMさん★ (mig)
2009-04-10 13:06:45
こんにちは♪
ちょこっとご無沙汰でした、久々コメント嬉しいです。

>昨今後を絶たない銃社会アメリカに静かにモノ申すものでもあるのかとも考えたり。

ほんとそうですよね、
あれだけ笑いも込めながらやっぱり訴えてることはちゃんと伝わる作品になってて
気に入りました。

ヘストンの映画は最近みてないな~そういえば

ほんと憎らしい顔したギャングたちでしたよねー!
死んじゃえ!って思いましたもん(笑)

この映画、また観たいです☆
☆タケナカさん★ (mig)
2009-04-10 13:08:30
こんにちは♪
予想通り、良かったです! 堅苦しすぎず笑わせてもくれるしわかりやすいメッセージ。
公開もうすぐなのでぜひ観てください~♪
☆ネコメへ☆ (mig)
2009-04-10 13:12:23
おお~
リアルですごいね!
もうサイト出来てたんだ~、アメリカで10月ってことは
日本ではいつだろー?
楽しみだね~
★マリーさん★ (mig)
2009-04-10 13:13:55
こんにちは♪

そうなのー!もう絶賛、今年観た中では1位だな~★
ミリオネアも同じくらい良かったけど。。。
ほんと笑えるの!
そこが大好きになったポイントです
マリーさんの感想も楽しみだな♪
★かめさん★ (mig)
2009-04-10 13:17:24
こんにちは♪

お久しぶりですね、忙しくて書けないとどんどんたまって余計大変ですよね
わたしはそれが怖くて、劇場映画は見たらすぐ!なるべく書くようにしてます★

そうそう!わざとらしさちょっと今までより感じたのが気になったけど、、、、


>クリント・イーストウッドのブッシュ政治と今の驕れるアメリカへの強烈な批判ですね。
暴力や銃では、何の問題も解決しないというメッセージ

ほんとにそうですよね、おっしゃる通り。
そこがポイントでしたよね、
なのに笑いもあって暖かくて最高でした!
★りんたろうさん★ (mig)
2009-04-10 13:19:07
こんにちは♪

りんたろうさんもやっぱり良かったのね!
笑えるところもいいし、なんだか知らないうちにどっぷり入り込んじゃうんですよねー、
ほんとイーストウッドはすごい★
★きらりん★ (mig)
2009-04-10 13:23:08
昨日だったのね~♪

やっぱりきらりんも泣けちゃった?
わたしも最初はスーが戻ってきたところで
二度目は神父のことば、、、
笑えて泣けるなんて最高!

そうそう、タオ役の子、素朴でかわいいんだよね、最後も良かったよ~

公開したら絶対また観たいわ♪
いまいろんな人にプッシュ中♪
よっしゃ~~っ (hino)
2009-04-10 22:21:30
グラン トリノ、migさん評価高いし、切なさに身を切られてきたいと思います。私の試写会は明日です。増々楽しみになりました(^3^)
イーストウッドの息子、娘の情報も初耳でしたよ~!
ベーシストでBlue Noteに来るとはっ(@@)

78歳ですかっ!すばらしいですね。

それから↑ migさん兄弟姉妹のお姉さんだそうですが、
その映画の中での長女さんの発言に(妹のためにの恨みつらみ?の捉え方)対しての感想が素敵でした。
誰かのせいではなく、全ては自分の責任なんですよね(持って生まれた性格も全て)。そう考えられたとき、大成長ですよ~。その映画の中で、長女さんは乗り越えられたのかどうか、ちょっと興味がありました。
私は一人っこなんですが、ある意味自分にバリバリ厳しいですう。migさんも、自然体でそうなんだろうなあと思いました。
よい週末をです~


素晴らしかった! (KLY)
2009-04-11 03:11:45
migさんこんばんは^^
おっしゃるとおり感動の大作って感じではないですし、インパクトって意味では『チェンジリング』の方があったかと思います。
しかし何でしょう、このジワジワと心に染み入ってくるものは。

スーをチンピラから救うしーんの「怒らせたら大間違いな相手もいるんだぜ。」(だったかな?)は往年のダーティー・ハリーを思わせるセリフで思わず震えました。(笑)

うーん色々書きたいんだけど、全部書いてたら凄い量になっちゃいそうだぁ~
★hinoさん★ (mig)
2009-04-11 10:39:51
こんにちは♪

おお~、hinoさん 土曜日の試写なんだ?!
楽しんで来て下さい~
わたしもうこれハマっちゃって。
かっこよすぎるイーストウッドが難点かな(笑)
78歳でどんどんいい作品をってすごいです

あ、上のレビューも読んで下さってるのね、、、、
そんな、誉めてもらえるような文書いてないですよ~
でも嬉しい
長女というよりも、次女メインの話なんですよ~、
これはDVDでもいいと思うのでもし機会あったらみてね★
そうそう、hinoさんは本当、ご自分にキビシいと思う、スゴイですよ~。
色々な物の考え方も好きです。
わたしは思ってるほどそんなに自分にキビシくないかも(笑)

hinoさんのグラントリノのレビュー(あるかな?)
楽しみにしていまーす♪
hinoさんもよい週末を、、、、
★KLYさん★ (mig)
2009-04-11 10:43:09
こんにちは♪
観たんですね~!

確かにインパクトはチェンジリングが上なのかな?
わたしは断然こちらが好みでした~
タオくんもカッコイイってコではないしフツウなんだけどそこがまた良くて。
キャスティングもバッチリだし音楽も演出も。。。
そうそう、「怒らせたら大間違いな相手もいるんだぜ」そんなようなこと言ってましたね

かっこよすぎですよ~あのピストルで撃つそぶりとか。
んー、早くまた観たいな~♪
観たい~ (まどか)
2009-04-11 20:12:32
今月のお楽しみができました~
ホント、イーストウッドはハズレなしですよね
migさんの好評価もあり、初日鑑賞しなきゃ

何故か、クライヴ・オーウェンは当たった試しがなくって・・
それからナオミ・ワッツも・・

楽しい週末を
心の中ではイーストウッド最高傑作! (ともや)
2009-04-11 23:43:05
こんばんは、migさん♪
ふ~、やっとこアップできたです~。
実はこの作品1月くらいに観ていて、同時期に「チェンジリング」も観てたんですね。
こっちがあまりに面白かったんで、ちょっと心の中で「チェンジリング」が霞んでいたのでした。
この作品がアカデミー賞に何にも擦らなかったのがビックリ(ゴールデン・グローブ賞の歌曲賞のノミネートだけだもんね)。

これはたぶん何回観ても飽きない♪
また観たいですわん♪
★まどかさん★ (mig)
2009-04-12 14:33:04
こんにちは♪

これ、すごく良かったんですよ~!
まどかさんにも是非観てほしい♪
感想も聞きたいです

ジュード久々にupしたけど
今回ちょっとヘンな写真でゴメンナサイ☆
ジュードのプライベート♪
今後も載せますので観てね~
★ともやさん★ (mig)
2009-04-12 14:42:23
upされたのね~!
ともやさん同様、わたしも何度でもみたい映画だな★
忘れた頃に(笑)

チェンジリングは実話だけどこちらは違う、
でもなんだかこちらの方が心打たれちゃった、、、
珍しく試写会で見ました (くまんちゅう)
2009-04-15 02:06:24
コレはガッツリやられましたね~
コメディー部分?もかなり可笑しかったですし
心の交流もあり、最後は確かに反則ですね~
でも伏線は貼って有りましたね
隣の婆さんとのやり取りがウケました。
★くまんちゅうさん★ (mig)
2009-04-16 23:37:43
途中までコメディか?ってくらいで、面白かった~ほんとにいっぱい笑えて、、、、
2回も泣けちゃって。
お隣の家族のキャラもお母さん以外は皆良かったですよね♪
Unknown (Minita)
2009-04-18 11:03:06
migさん、こんにちは!

「頑固な偏屈じじい」好きとしては、
最高に大好きな映画でした!
クリント・イーストウッドかっこよかったですね。
今のところ、今年のベスト1で
優しくて気高いラストとメイン・テーマの美しさに涙がとまらなかったです。
クリント・イーストウッド監督はどうしてこんな素晴らしい作品を作れるのかしら・・・と。
他の監督とは一線を画すレベルですね。

おじいちゃんと子供の交流ものであると同時に
これからのアメリカに向けてのメッセージのような
映画だと思いました。
アメリカ人だったらもっと感動したかも・・・。

次回作もすでに決まっているようなので今から楽しみです~♪
★Minitaさん★ (mig)
2009-04-19 11:07:29
こんにちは♪
頑固偏屈じじい好きですか!(笑)
わたしも偏屈じじい好きではありませんがすっごく気に入りました~♪

もうイーストウッドのカッコ良さが活きてましたよね。
そうそう、考えたら「スラムドッグミリオネア」では泣きはしなかったけど
こちらは2度も泣いちゃったのでした~
おまけに笑えるシーンもあって充実した作品ですね!
そうですね、アメリカ人に向けてのメッセージ性が強いかもしれませんね。
今後も楽しみです~
こんばんは★ (dai)
2009-04-22 20:20:40
お久しぶりで~す♪

今年最高の1本というぐらいの出来でした!!
確かにあのラストは反則というぐらいのもの
でしたね!

それにしてもイーストウッドはカッコイイです☆
こんにちは~♪ (にくきゅ~う★)
2009-04-23 16:24:28
愛すべき頑固爺~
正にその通りでしたね。
このキャラとても好きでした。
昔気質な不器用な生き方しかできない爺。

イーストウッドそのままのような気がしましたが・・・。

ラストは切なかったです・・・
とても良い作品でしたね(^_-)-☆
こんばんは。 (えい)
2009-04-23 20:54:54
こんばんは。
(少しネタバレ気味)

ほんとうに、あのラストは反則。
あの最後の最後の最後のポーズなんて十字架を思い出しました。

『チェンジリング』は素晴らしいですが、
ほかの監督が撮ったと言われたら、
「うまい監督がいるもんだ」と納得しちゃうかもだけど、
この『グラン・トリノ』はどこを切っても
イーストウッド印。
いやあ、たまりませんでした。
★daiさん★ (mig)
2009-04-23 23:11:38
こんばんは♪

お久しぶりですね!TBコメありがとう~
daiさんもやっぱり高評価でしたね♪

これ、ほんとにイーストウッド、格好良すぎ!
あんなおじいちゃんに憧れる人が日本でも増えそうですね★
★にくきゅうーさん★ (mig)
2009-04-23 23:13:45
こんばんは♪

ご覧になったんですね!本当、これはイーストウッドの最高傑作というのも頷ける作品でしたね~。

もう一度観たいな♪
スラムドックミリオネアも良かったけど
甲乙付けがたい感じです
★えいさん★ (mig)
2009-04-23 23:16:46
こんばんは♪

コメント欄ネタバレ全開OKです★
CMでは、男の人生どう決着つけるか?みたいにやってて
またネタバラしてるよーとお怒りモードになってるわたしですが
これは本当、イーストウッド印ですね!
あんなに笑えるというのも意外でよかったな♪
チェンジリングよりも断然こちら好みです。
いやぁ~ (miyu)
2009-04-24 20:25:19
本当にハズレなし!ですよね~。
でも、本当にこんなに傑作ばっかり、
どうして作り出せてしまうのか不思議だよね~。
あたしもイーストウッド・マジックにかかっちゃったかなぁ。
★miyuさん★ (mig)
2009-04-25 10:16:21
ハズレなしよね~
イーストウッドマジックでしょう!やっぱり
感動作 (にゃむばなな)
2009-04-25 15:48:56
私は泣くことはなかったのですが、何とも言えないものが心に残りました。

『チェンジリング』が潤いのある感動なら、こちらは乾いた感動。
そんな感じがしましたよ。
カッコ良過ぎ! (たいむ)
2009-04-25 20:28:51
穏やかで余裕たっぷりの、老年ならではの熟成されたカッコよさにノックアウトですよ。
覚悟で作戦の「的」には私も涙があふれました。

良い映画は何度でも見たくなるから困りますねー。ほんと最近の秀作はめっちゃ秀作が多いですよね。
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-04-25 21:25:06
そうなのよね、まさにイーストウッドマジック!
シリアス過ぎず、笑いもあって、温かくて切なくて。
いつも彼の映画にはヤラれてしまうの。

まだ『スラムドッグ』見ていないからなんとも言えないけれど、これがオスカー取らなかったなんて・・・
感動した~~ (マリー)
2009-04-25 21:27:26
こんばんは~~
migさん、本当に笑いました。たくさん笑いました!
そして泣きました!!

コレは・・・なんというか~~~
傑作ですよね。
私も今年観た中で一番です。
凄く感動しちゃった。

ガンコなじーちゃん、優しいばーちゃんが亡くなってからは家族とも疎遠。老いた犬だけが友達。孫たちは寄り付かない・・・
これは日本でもありがちな風景。そこに越してきた隣の一家と・・・。
そんなシンプルなストーリーをよくぞここまで。ってカンジです。

は~本当にいい作品でした♪

こんばんは! (タケナカ)
2009-04-25 21:30:22
早速行ってきました、いやぁ、本当migさんが一押しだったのも納得です、やられましたね。
タオとのやりとり、床屋でのシーンには笑いましたし
最後もクリント・イーストウッドらしい締め方で
グッときてしまいました...
Unknown (えふ)
2009-04-25 22:15:39
すごく粋なじいちゃんでとても良かったですね!
息子たちとは理解しあえなくてかわいそうでしたが・・・
そのぶん隣人のタオや姉、おばあちゃんたちが
心に接してくれたとおもいます。

まだまだ現役でいてほしいクリント・イーストウッドです!
こんばんは♪ (SOAR)
2009-04-25 22:34:22
「がるる」と唸るイーストウッド、
これって笑うところなのか?笑っていいのか?と真剣に悩みながら笑いをこらえてました(笑)

心を揺さぶる感動というのとは違うんですが、伝わるものはとても大きく感じました。
なるほど、それがイーストウッドマジックなんだ!
こんばんは♪ (yukarin)
2009-04-25 22:53:56
イーストウッド恐るべし!
やっぱりハズレなしの素晴らしい作品でしたねー。
差別用語バンバン言っちゃうとこはまるでダーティハリー(笑)
意外にも笑えるとこが多くてビックリしました。
そしてラストはしっかり締めてくれましたしね。
でも最期の姿には本当に俳優としてはラストかもーと思わされてしまった、ウルウル~っ
ダーティハリー (kazupon)
2009-04-26 09:13:54
migさん

イーストウッドの「グルルル」って唸りに自分も
笑ってしまってました。でもまたまた深い映画
ですよね。いつも脚本は他人なんですけど、テーマに
選ぶのはあの年代ならではのヒーロー映画のような
気がしてます。
神父と、あの床屋のツレとのやりとりの対比とかが
面白かったりしました。
★にゃむばななさん★ (mig)
2009-04-26 13:14:29
こんにちは♪

乾いた感動か~、なるほど。
わたしは逆にチェンジリングは泣けなくて
こちらでは二度も泣いちゃったので今作も潤いある秀作でした
でも確かにどこか乾いた雰囲気ありましたね。
★たいむさん★ (mig)
2009-04-26 13:16:31
こんにちは♪

泣けちゃいますねーこれはまた。
泣かせようじゃないかって風にみえないのがまたイーストウッドマジックだったりして、、、

ホント、3,4月はいい作品多くてまた観たいんだけど5月は結構また観たい!って良作少ないかも^^
★ミチさん★ (mig)
2009-04-26 13:19:44
こんにちは♪

イーストウッドマジックにはいつもやられちゃう!
今回もまた、例外になくでしたね~

スラムドック~よりもさらにこちらの方が好きです♪
アカデミー賞はなんだかんだいってこういう
ある意味アメリカ批判みたいなところある作品って受賞しないような、、、、

笑える部分もありで満足でした♪

★マリーさん★ (mig)
2009-04-26 13:22:32
こんにちは♪

マリーさん、相当ヤラレましたね!
大いに笑えてあんなに泣かせるなんて。
描き方もやっぱりうまいし。
いちいちうなるじいさんも最高!

イーストウッドの次回作も皆ますます大注目になっちゃいますね!

今からすでに楽しみ♪

これ時間作ってもう一度観たいなって思ってます☆
★タケナカさん★ (mig)
2009-04-26 13:25:01
こんにちは♪

早速見られたんですね!
うーん、ほんといま思い出しても良かった~ってじんわりきちゃう。
相当気に入ったのしか劇場でまた観たりしないんですが
これはまた観なきゃ!
本当、最後は らしい 締め方でしたね
★えふさん★ (mig)
2009-04-26 13:27:11
こんにちは♪

イーストウッド、本当にこれで役者は終わっちゃうのかなー?
毎度言ってるみたいだけど(笑)

でもこれだけの作品を毎回送り出すのってやっぱり凄いことですね、

全く国の違うお隣さんとの交流が素晴らしくよく描かれててジーンときちゃう作品
★SORAさん★ (mig)
2009-04-26 13:29:52
こんにちは♪

もう今回は前半とくにかなり笑えるシーンありましたよね、
実際、声出して笑っちゃった部分も多かったです☆
ガルル~なじいちゃんはもういちいち怒るのが面白くって!

今回とくにそんな笑いある作品とは思わなかったし、
ラストはやっぱりそれだけで終わらない
イーストウッドマジックがきいててさすが!でした
そのギャップがまたよかったです★
★yukarinちゃん★ (mig)
2009-04-26 13:32:58
こんにちは♪

良かったね~!
あんなに笑えるの意外で楽しかった♪

で、あの強気なお姉ちゃんがやられて帰ってきたシーン、
ほんと胸が痛くなって涙出てきちゃったよー。
それだけ感情移入させるっていうことも凄いし
さすが

ダーティハリーって一度も観たこと無いのよ~
西部劇って苦手で(笑)
そういうキャラだったのね☆
★kazuponさん★ (mig)
2009-04-26 13:36:34
こんにちは♪

いちいちガルルと唸るイーストウッド面白かった♪い身内と、隣の異国人家族との対比も良くできてたし
やっぱりうまいですね!

そうそう、イーストウッドがあまりにヒーローだったので
ちょっとだけカッコよすぎで完璧すぎだったから唯一勝手にマイナスポイントにしちゃったくらい(笑)



kazuponさんとこやっぱりTBできないみたいです、
ごめんなさい
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-04-26 22:20:14
やっとこさ(笑)感想がアップできましたので
お邪魔します^^
migさん★9つですが、私は今年初の満点評価です!
いやあ、素晴らしい作品でした。
イーストウッド苦手(と言うより嫌いだったのですが
笑)今やそんなこと言えなくなりました(笑)
愛すべきかわいい頑固おやじでした!唸るとこ笑えましたよね(^_-)-☆最後は、ほんと、反則ですよね(T^T)涙が止まらなくて困りました(号泣)
こんばんは! (kira)
2009-04-26 22:42:39
migちゃん、感想アップしたのでTBさせてねー

ほんとに、いちいちフレームインしてはガルル
おじいちゃんが可笑しかったですね♪

私の舅も車好きで、正義感が強くて、、叔父もそうだったし、
今では少なくなった気骨のあるじい様の
今の若者に向けて贈る素敵な作品でしたね。
本当に… (あすか)
2009-04-27 04:43:16
migさーん。
これ、本当に良作だったね。
この役は本当にイーストウッドありき、だったし。

私もめっちゃ笑ったよ。
本当になんかいろんなところでツボだったよね。
神父さん、私も良かったと思ったよ。
最後まで結局実の息子たちとは受けとけられずにいたけれども、彼が守った"未来"をきっとタオとスーが生き抜いていってくれることでしょう。

イヤー、素晴らしかった!
真の強さとは... (マサル)
2009-04-27 13:12:33
こんばんはー。
今回もイーストウッドには「ええもん見せてもらいました」という感じです。(^^;
私は、「戦いや殺しを知らないが故にいきがって噴き上がる弱者」と「戦いや殺しを知っているが故に戦略的に振る舞う強者」の対比とみました。そしてその強者のとった選択が...もう「男として」シビレてしまいました。
個人的には、ウォッチメンと並んで今年一番の作品です。
良かったです♪ (オリーブリー)
2009-04-27 14:54:32
migさん、こんにちは!

>必要以上に泣かせようとかいう魂胆が見えない

そうそう、全てがさりげなくてね~自然とウォルトの人となりが見えてくるのよね。
ラストは予想できたけど、何だろう~言葉では表せれない感情になりました。
彼の選択を尊重してあげれるのだけは確かなんだけど。
生き様を見せられました!
素晴らしい作品! (マイマイ)
2009-04-28 11:32:19
昨日見てきました。
とっても素晴らしい作品で、後半は涙が止まらなかったです。
こんなに泣ける映画だと思ってなかったので・・・
ハンカチがグショグショになっちゃいました><

優しさとは何かというのがすごく伝わってきたし、隣人のタオやスーもすごく素朴でよかったです。

イーストウッド作品、「チェンジリング」もいいと思ったけど、こっちの方がよりよかったです!
★ひろちゃん★ (mig)
2009-04-28 21:38:42
こんばんは♪
お返事遅くなってゴメンナサイ~

ひろちゃん、満点ですね!
わたしもかなり楽しめたし泣けたしではやくまた観たいなー
今日観た映画、確かひろちゃんも予定してたから観たかな?
つまらなかったからグラントリノもう一度観た方が良かったなー

それでは楽しいGWを!
★kiraさん★ (mig)
2009-04-28 21:41:13
こんばんは♪

お休みいかがお過ごしですか♪
皆さんやっぱり満足ですね!kiraさんも楽しめたようで
ガルル、、、、と唸るイーストウッドじいちゃんほんと面白かった★
それでいて、隣の家族とは仲良くなっていって、、、、
すごう感情移入させられる作品でした
★あすかちゃん★ (mig)
2009-04-28 21:43:44
あすかちゃんも大満足で9だね!

イーストウッドすごいよね~
こんなに皆が満足率高い作品作るって難しいと思う。
たいていはダメだって言う人もいるもんだけど、
コレに関してはダメな意見全く聞かないから凄い★
ほんと沢山笑えたよね、コメディかと思っちゃったもん。
でも泣けちゃうし
★マサルさん★ (mig)
2009-04-28 21:45:19
こんばんは♪

マサルさんは「ウォッチメン」と同点ですか!
わたしも「ウォッチメン」も面白かったけど
いまのところ、今年の全部でナンバーワンかな♪
時間みつけてもう一度観たいと思ってマス♪
★オリーブリーさん★ (mig)
2009-04-28 21:47:52
こんばんは♪

泣かせようってところがないの、ほんと好きなんですよ~
わざとらしく音楽で盛り上げたり泣けといわんばかりの演出の映画にはうんざり(笑)

今回は感動だけじゃなく、ユーモアに溢れててイーストウッド作品の新境地でした★
★マイマイちゃん★ (mig)
2009-04-28 21:50:45
観て来たのね♪

はじめは笑えて、わたしも泣けるとは思わなかったんだけど
二カ所で泣いちゃったもん、
イーストウッドの最後はそうでもなかったんだけどネ。
もうかっこよすぎでしょーこんな
おじいちゃん。

ハンカチはタオルハンカチだと泣く時に便利だよ~(笑)

マイマイちゃん、楽しいGWをね
migさんへ♪ (mezzotint)
2009-04-28 22:16:12
今晩は☆彡
遅まきながら、鑑賞して参りました。
もうすっかりこの作品に引きずられ状態です。
ただただ涙がこぼれ・・・・。
イーストウッド作品の最高傑作と言われるのに
納得ですね!手紙を送り、お礼が言いたいくらい
です。最近涙もろく・・・「レイチェルの結婚」
を今日観たのですが、これもウルウルなって
しまいました。
★mezzotintさん★ (mig)
2009-04-28 22:22:22
こんばんは♪

あは、まだ早い方ですよ~

こちら、皆さん大満足のようでそれも納得ですよね~。
わたしもまた観たいですもん♪
悲しさの中にも希望が見えるラストも良かったし
笑えるシーンが多いのも好みでした★

「レイチェルの結婚」の方はわたしはフツウだったんですケド、、、

そちらも感想お待ちしてますねー♪
こんばんは (ノラネコ)
2009-04-28 22:43:11
ああ、もう格好良すぎです。
絶対無理なのはわかってるけど、あんなジジイになりたいものです。
こんなにもシンプルなのに、あまりにも深くて広い物語。
イーストウッドの到達点は一体どれほど高い所にあるのでしょうね。
ご連絡、ありがとうございました! (テクテク)
2009-04-29 17:54:27
こんにちは
私の手違いで「ミスト」のTBを送ってしまい、申し訳ございません…
御連絡も、ありがとうございました
「グラン・トリノ」のTBを送り直しましたので、
お手数ですが「ミスト」のTBは
削除して頂けますでしょうか

ところで…
この映画は私も一生忘れられないほどの感動というよりは、
大きな衝撃を受けました

もう涙、涙…で、今こうして思い返しても
ウルウルきてしまいます

すっかり今年最高の映画に出会ってしまった気分です

いやいや
もしかしたら、私の人生の中で
最高の映画になっちゃう可能性も大なくらい、
ホントに凄い作品でした
★ノラネコさん★ (mig)
2009-04-29 23:39:23
こんばんは♪

すごいですよね~、ほんと。
男性だったらこんなじいちゃんに憧れちゃいますね、
頑固じじいでも、、、、
あのガルル、、、には笑いました
次回作もめっちゃ楽しみです♪
★テクテクさん★ (mig)
2009-04-29 23:42:23
こんばんは♪

あ、やっぱりそうでしたか!
さっき外からだったので感想も入れず、すみません
わざわざコメントありがとうございます★

これ、良かったですよね!
男の生き方の最終地点のありかた、を問う。
みたいな宣伝ですけど
もっと違う部分でぐっときちゃいました

わたしは女だからかな、
スーがやられて帰って来たときも泣けちゃいました
Unknown (あざみん)
2009-04-30 10:14:15
こちらにもコメント残しますね~。
いや~もうすごくすごーくよかったです。
期待以上の出来でした。
笑えて泣けて泣けて泣けて・・・。
飾り気のないシンプルな話なのにこんなにも
感動させられるんですね。
いま思い出しても泣けてきます~
★あざみんちゃん★ (mig)
2009-04-30 23:50:25
こちらにもありがと♪

良かったよね~
映画ブロガーさんの満足度すごく高いから
今年は去年の「ダークナイト」に替わって
No1の人が多いかな?
それにしてもイーストウッドは毎回毎回、凄い~
確かに笑えた。 (koji of the dead)
2009-05-02 01:35:06
こんばんは。

グラントリノ、良かったです~。
イーストウッド演じるウォルト、いいキャラでした。
差別用語バンバン飛び出すし、言いたい事そのままストレートに話すしで、声には出さなかったけど、結構顔は笑いっぱなしでした。会話がおもろい!

1回目の床屋のシーンで、店主との会話もおもしろかったなぁー。

派手さはないけど、必ず引き込まれますね。この人の作品は。
ほんま、最後反則‥。
てっきり問題の解決に車が絡むのかと思ったら大違いでしたー。
あのラストは間際にならないとわからんな~。

明日はコーエン兄弟です。またコメントさせて頂きますね。
それと今まで全然興味なかった、チャイルド・プレイをレンタルしたんで、これもちょっと感想書きたいと思います。
★koji of the deadさん★ (mig)
2009-05-02 22:15:44
こんばんは♪

ウォルトおじいちゃん、昭和のじじいみたいに頑固者だけど
なんか愛すべきキャラでしたよねー!
家族とうまくいかないのにお隣の、異国民の彼らとは波長があって仲良くなっていくのが微笑ましくて、、、
悪い奴らは分かりやすい程の悪人だけど
あんな風に描けるのはイーストウッドだからじゃないかな!

コーエン兄弟はどうかな?合わなかったかな?

あ、チャイルドプレイに関してはうるさいですよ!わたし。
初めて観たのはパリの映画館で、高校生の頃。
すごいインパクトでめっちゃ怖くて、、、、。
シリーズ全部DVD持ってるし何度も観てますよ~
2以下はもう遊んでるけど。。。
あれ1は劇場で観たら当時めっちゃ怖かったの!(ホント)
隣のイーストウッド (SGA屋の用心棒)
2009-05-03 21:21:10
連日失礼します

某映画誌からの情報ですが、「グラン・トリノ」には「聖なる三位一体」(父と子と精霊)の意味も含められてるとか
『ミリオンダラー・ベイビー』でも教会で悩むシーンがちょこちょこありましたが、イーストウッド、けっこう信心深い人なんでしょうかね

よく笑い、そして最後(遺言のくだり)は泣き笑いでございました
ただ一番泣いたところはmigさんとちょっと違ってて
タオを閉じ込めて「お前に人殺しはさせない」というシーンと
ことが終ったあとでタオが警察に「友達なんだ!」と詰め寄るシーン

本当に脱水症状で死ぬかと思いました(大げさ)

一つの会社から一品しか出せないということでアカデミー賞は見送られたそうですが(代わりに出されたのは『ベンジャミン・バトン』。こっちの方がお金かかってるから)、日本のみなさんのアカデミー賞は『グラン・トリノ』かもしれませんね
★伍一用心棒さん★ (mig)
2009-05-03 22:42:49
連日でもなんでも大歓迎よ~
(笑)

おお~、なるほど、泣けるシーンはそれぞれですね
わたしは同じ女としてスーがやられて帰ってきたシーンはまずボロボロ、、、
あんなに強気な彼女だったからこそで、、、
あとは遺言のシーンね、
クリリンさん(伍一さん受け売り)のラストシーンでなく人もいるだろうし
伍一さんのぐっときたシーンも、うん、わかるなぁ~。

お金かかってる方がノミニーされるものなのかなー?
だとしたらこちらは地味だけどこちらの方が良かったってホント、思うナー
うん、皆さんこちら高評価だもんネ
そうそう! (honu)
2009-05-04 09:58:10
migさん、こんにちは!

“感動”ではないけれど、心にじんわりくるさくひんでしたね。

ウォルトの最後は私にはしっくりこなかったけど、ラストの『グラン・トリノ』の歌声に、しばらく席から立ち上がれなかった私です。

御大にはまだまだ素晴らしい作品を作り出していただきたいです!!
あらためてコメントします (かめ)
2009-05-04 10:13:53
ご無沙汰してます。
やっとこの作品をアップしました。
感想を書くにあたって、いろいろあらためて作品を考えてみると、イーストウッドのメッセージがひしひしと伝わってきます。
特に今のアメリカの自動車産業や金融をはじめ、本来強かったアメリカのボロが、どんどん出てきて、ウォルト爺さんのようにアメリカも変わらないとダメになってしまいます。

それにしてもイーストウッドってすごいですね。
世界の警察を自負していた、いまや世界のジャイアンに対する大警告です。
そんな、作品を笑いもたくさん入れながら作れるその余裕もすごいです。
もっともっと、心にうったえる作品を作って欲しいのですが、引退してしまうのでしょうか。
★honuさん★ (mig)
2009-05-05 21:08:04
こんばんは♪

そうなのー、ほんとじっくり最後まで座ってみてたい作品だったですね!
なのにその日かなり急いでて、最後の最後まで観られなくて、、、、(泣)
歌は1曲終わる前に出ちゃったので
近々また観て来ようって思ってマス☆
☆かめさん★ (mig)
2009-05-05 21:11:03
こんばんは♪

本当、おっしゃる通りだと思いマス、
ジャイアン、、、なんのことかと思ったら(笑)
そうですよね、あの悪ガキども「オレのものはオレのもの、オマエのものもオレのもの」精神でしたよね

今後もますます素晴らしい作品を生み出していくのかな?
楽しみですよね!
わが国で言うところのカミナリおやじ (クラム)
2009-05-06 17:01:00
こういう頑固で腕っぷしも実際強い人は、
昔はコミュニティに一人はいると言われてました。
今も一般論として必要だとは思えど、
実際いられるとたぶんうざったくて仕方ないだろうなと思います。たぶん。

息子家族が酷いことに違いはないんだけど、
それは長年歩み寄れなかった歴史の遺産であって、
親族だとか逆に近しい関係の方がとっつきにくかったりします。
ウォルトにとっての救いは、快活でバイタリティに富んだモン族の娘スーとの出会い。
自分の亡き後を憂慮していた妻の存在も大きかったと思います。

現代のアメリカを憂慮したイーストウッドのメッセージと捉える方が多いようですが、
いまの世の中、同じ問題は先進国・新興国問わず
ネオリベラリズムに傾倒する地域全体を貫くものと感じました(大げさかな?)。
★クラムさん★ (mig)
2009-05-06 22:28:05
こんばんは♪

そうですねー、確かにいたらいたでウザイ存在なのかもしれないけど
こういう、悪は許さんぜよ(ぜよ、は言ってないか)みたいな人は必要ですね。

身内というか、親と息子の関係ですからね~。
こんなの悲しすぎると思いましたよ。
他人みたいなんて、、、。

スーもタオも良かったですよね。
うーん、とにかくイーストウッド、すべてにおいて上手いです~!
はずれ無し! (未来)
2009-05-10 01:19:25
この作品、観るまではダークで重いだけのものかと思ってましたが、
ここまでユーモアや優しさに溢れた作品だったとは~
素晴らしいいです!
私も存分に笑い、最後は泣けました。。
イーストウッド・・・これが最後と言わずもっと出演してほしいです。
Unknown (りお)
2009-05-10 22:53:09
じいさん素敵でしたー
オヤジ好きのツボを刺激されまくりでした(笑)
ホント、イーストウッドものにハズレなし!だね。
★未来さん★ (mig)
2009-05-10 23:58:23
こんばんは♪

ユーモアたっぷり、本当、こんなに笑える作品っていうのは意外でしたよね、

でもやっぱり最後にはイーストウッドらしい。
まだ出そうな気がするんですけどねー、
うん、まだまだ観たいです★
★りおさん★ (mig)
2009-05-11 00:03:58
だよね★

りおさんもきっと高得点だと思ってたヨ!
また観たいけど最近同じ映画観る時間的余裕なくて
おはようございます! (honu)
2009-05-23 07:48:30
私も是非、migさんとお会いしてお話出来たら
良いな~と思っています

イーストウッドの心粋が詰まった『グラン・トリノ』
、オスカーは獲らなくても名作です
☆honuさん★ (mig)
2009-05-25 13:59:16
こんにちは♪

ありがとうございます
おそらくわたしはまず初日に行くと思うので、是非声かけて下さい
お会いできるのを楽しみにしています♪

ほんとそう、オスカ―なんて関係ないですね、これはもう誰もがみとめる名作でしょう
Unknown (M)
2009-05-31 10:58:30
migさん、こんにちは~。

イーストウッドがご出演となると平静な気分では見ていられない私です(笑)。
migさんの感想には最初から最後まで頷きっぱなしでした。
もう、何をやってもどんなシーンでもかっこ良すぎるし。最後はやはり「反則」ですよね。

>必要以上に泣かせようとかいう魂胆が見えない
つくづく同感です。 だからいつもすんなり自分の中に入って来ます。
☆Mさん★ (mig)
2009-05-31 14:06:49
こんにちは♪

Mさんも同じ気持ちですね、
わたしもこれ実は二度目を見て来たんですが
やっぱり良かったです。また泣けちゃいました。。。
自然に涙でちゃうんですよね、、、、

かっこよすぎで満点はつけなかったわたしですが
さすがイーストウッドとしかいいようがありませんね、もう!(笑)
今回も傑作(笑) (メビウス)
2009-06-02 21:22:08
migさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分もイーストウッド作品が公開されるたびに観てますが、その都度傑作傑作と連呼(笑)してる辺りハズレだなと思った作品は無いのかもしれませんね(娘のアリソン監督の作品も良いですし)

でもイーストウッド作品は重苦しい描写も何かと多い気がしますけど、本作に到っては床屋のオヤジとのやり取りやタオ一家との交流なで時折のユーモアを交えていたので、そこも面白く観れたポイントだったと思います。
けど本当にイーストウッドは引退するんでしょうかね~?記憶に間違いが無ければ確か『ミリオンダラー・ベイビー』の時も同じような事いってましたよ?
★メビウスさん☆ (mig)
2009-06-02 23:40:07
こんばんは♪

そうなんですよね~、毎度ハズレなしどころか
益々いい作品作ってる感じ。
実は二回目を先日観て来てやっぱり良かったです☆

イーストウッド、言ってましたよね~!
うん、どうなんでしょう?
いつのまにかしらっとまた出てたりして(笑)
コメうれしかったよ~ (ノルウェーまだ~む)
2013-06-25 00:16:31
migちゃん☆
もうコメこないのかと思ってたから、嬉しかったよ~♪
私はDVDのほうはどこにもTBしてないので・・・
アフターアースはあさって行くから、TBいくね☆って、出発前日で忙しいね。

この映画、migちゃん9なのね!
わかるわかる~
ほんとぐっとくるわ。
さすがイーストウッドマジックね。
そんなに笑ったっけ?とも思ったけど泣けたのは同感☆

それにしてもコメント104ってすごい!さすがmigちゃん!
まだーむ☆ (mig)
2013-06-25 22:18:58
えー。何だか被害妄想になってるよー?
どうしたの。私の書いたのも全然違う意味にとられててびっくり!
コメはするよー。ただ忙しいのはわかってー。
最近ほんとにブログやってるひまないの、、、、

まだーむがこれ観てなかったのは意外だわ~

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

135 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
グラン・トリノ (映画のメモ帳+α)
グラン・トリノ(2008 アメリカ) 原題   GRAN TORINO 監督   クリント・イーストウッド 原案   デヴィッド・ジョハンソン ニック・シェンク    脚色   ニック・シェンク 撮影   トム・スターン 音楽   カイル・イーストウッド マイケル・ス...
「グラン・トリノ」凄く良かったです (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かった。4つ☆半 そして、クリント・イーストウッドならでは!の役で、凄く良かったです。 この映画が役者としては最後というのにふさ...
「グラン・トリノ」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「グラン・トリノ」 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、...
Gran Torino (2008) (アヤは観た。)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン 白人万歳で外国人嫌いなじじぃが隣に越してくるアジア人の家族を...
グラン・トリノ (LOVE Cinemas 調布)
前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監督...
「グラン・トリノ」 信念を託す (はらやんの映画徒然草)
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
グラン・トリノ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GRAN TORINO) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) クリント・イーストウッド監督最新作。 急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていく様を描...
グラン・トリノ (Peaceナ、ワタシ!)
- 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。 - 昨晩『グラン・トリノ』の試写会へ行ってきました。 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、クリント・イーストウッドが4年振りに監督・主演を務めた作品です。 78歳になるイースト...
「グラン・トリノ」を観る (紫@試写会マニア)
今作品をもって俳優引退の意向を示した、今や大監督で今回はプロデューサーも勤めたクリント・イーストウッド主演の「グラン・トリノ」を観てきました。 「グラン・トリノ」とは100年に一度の不況でビッグはビッグでも「虫の息のBig3」(マツダ株が日本に帰ってき...
グラン・トリノ (まぁず、なにやってんだか)
今日はヤクルトホールの「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。 半端でない頑固親父のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が、だんだん心を開いていくところ、内気な隣人のタオ・ロー(ビー・ヴァン)の心の成長ぶりが、うまーく描かれています。...
試写会「グラン・トリノ」 (流れ流れて八丈島)
4月9日のリベンジ成功です。仕事をキッチリ定刻で終え、試写会場の九段会館に開映8分前に到着待望の「グラン・トリノ」を観てきましたクリント・イーストウッド、かっこ良すぎますやっぱり、人生の目標とするジジイは、イーストウッドで決まりです頑固で不器用だけど、...
「グラン・トリノ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
個人的に、新宿ピカデリーは初めてでした。 綺麗な外観、中に入ると、車が。鑑賞前だったので、この車が「グラン・トリノ」とは分からず、そのまま入場。これは鑑賞後に撮影した画像で。いあー クリント・イーストウッドの存在感、それに尽きる映画でした。老いてもなお...
『グラン・トリノ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:GRANTORINO監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Stor...
映画「グラン・トリノ」 (Andre's Review)
gran torino アメリカ 2008 09年4月25日公開予定  4月10日試写会鑑賞 イーストウッド監督作品は「チェンジリング」が非常に素晴らしかったので、立て続けに公開される新作も非常に楽しみにしていたところ、試写会に当選したので、一足早く観にいってきました。 この...
『グラン・トリノ』試写会@よみうりホール (猫多組(ねこたぐみ))
クリント・イーストウッド、最後の出演作品ということで、興味を持った。彼のファンというわけではないが、監督作をいくつか観た限りでは、どの作品でも人間の描き方が真っ当である気がする。『グラン・トリノ』タイトルになっているのは、主人公ウォルト(クリント・イー...
映画 「グラン・トリノ」 (ようこそMr.G)
映画 「グラン・トリノ」
『グラン・トリノ』 (DIARIO-M)
 好き度:★★★★★「GRAN TRINO」朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は自動車工の仕事を退職し、最愛の妻にも先立たれ、偏屈で頑固な性格のあまり、話し相手は飼い犬のデイジーだけという孤独な毎日をおくっていた。ビールを...
『グラン・トリノ』 (えび餡のつぶやき。)
ひでピョンさんを誘って、WOWOWのサイトで当たった『グラン・トリノ』の試写会へ行ってきました~。予習もしていったし、なんとな~く話の流れも読めたような。なのに、まんまと最後は涙がぽろり。いいね~、最近のイーストウッド。っていうか、イーストウッド最後の...
グラン・トリノ (花ごよみ)
監督、主演クリント・イーストウッド。 タイトルとなっているのは、 70年代のヴィンテージアメリカ車、 「グランド・トリノ」。 車庫にあるウォルト(クリント・イーストウッド)の 愛車です。 その愛車を盗難されそうになったことが、 きっかけとなって、 隣りに住む...
グラン・トリノ (Memoirs_of_dai)
イーストウッドのトリの最高傑作 【Story】 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工...
【グラン・トリノ】★クリント・イーストウッド (猫とHidamariで)
グラン・トリノ HPグラン・トリノシネマトゥデイ英題:GRANTORINO製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月25日スタッフ監督・製作:クリント・イーストウッド製作:ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー製作総指揮:ジェネット・カーン/ティム・ムーア/ブル...
『グラン・トリノ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、朝からgooがメンテナンスとかで、 なかなかここにはこれなかったのニャ。 もう、ずっと前から話したくてたまらなかった 『グラン・トリノ』だけに、 えいもあせあせ。 でもフォーンは カタログハウス「シネマのすき間」で一足お先に聞いてきたのニャ。 今年...
映画「グラン・トリノ」@ワーナー試写室 (masalaの辛口映画館)
 映画の話 元軍人のウォルトは近所に住むアジア系やラテン系の移民との交流を拒んでいた。だがある晩、愛車が盗まれそうになる事件が起き、実行犯の少年タオを諭すことに。その一件以来、彼はタオの家族と心を通わすようになる。 映画の感想 これは素晴らしい!長きに...
グラン・トリノ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写...
『グラン・トリノ』 (めでぃあみっくす)
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画ではあ...
グラン・トリノ (Akira's VOICE)
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
グラン・トリノ (そーれりぽーと)
あれ?ついこないだもクリント・イーストウッド監督作が公開されてなかったっけ? アメリカでも日本でも『チェンジリング』の公開から2か月後のハイペースで公開された『グラン・トリノ』を観てきました。 ★★★★★ 実の息子家族からも嫌われる保守的で頑固な口の汚い...
グラン・トリノ (勝手に映画評)
2004年『ミリオンダラー・ベイビー』以来の出演作品。この作品では、監督・製作も兼ねています。 華が無く、家族からも疎まれ、社会の表舞台で大活躍をする事も無く老境に入った朝鮮戦争帰還兵ウォルト・コワルスキーをクリント・イーストウッドが非常に上手く演じていま...
グラン・トリノ (悠雅的生活)
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
「グラン・トリノ」みた。 (たいむのひとりごと)
払う必要のないツケに対する代償のなんと大きなことか。偏屈ジジイが隣人の少年少女との触れ合いから、やがて心を開いていくお話かと思いきや、ただそれだけのことではなく、(多少頑固ではあるけれど)時代を知り、
映画 【グラン・トリノ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車...
『グラン・トリノ』・・・ある老人の気高い生き様 (SOARのパストラーレ♪)
妻を亡くした偏屈な頑固じじいウォルト(クリント・イーストウッド)と、隣家のアジア系移民家族との奇妙な交流。姉のスー(アーニー・ハー)と弟のタオ(ビー・バン)、二人の純朴にして優しい心に触れるうちに失いかけていた家族の温かさを見出していくウォルト・・・。
「グラン・トリノ」:権田原バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あそこに見えるのが神宮外苑の軟式野球場。 {/kaeru_en4/}ああいうところで、少年たちは野球をしながら、男の生きざまを学んでいくんだ。 {/hiyo_en2/}ン、そういう言い方、なんか、かっこいいわね。クリント・イーストウッドみたい。 {/kaeru_en4/}ほ、ほん...
[グラン・トリノ] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり...
グラン・トリノ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    コリー・ハードリクト    ブライアン・ヘイリー    ブライアン・ホウ    ジェラルディン・ヒューズ    ドリーマ・ウォーカー ...
グラン・トリノ (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
グラン・トリノ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] チンピラに絡まれるシーンのリアルさは秀逸。
グラントリノ (It's a Wonderful Life)
公開されたばかりの監督作「チェンジリング」もそうでしたが、 見かけが派手な映画が多い中、じっくり芯のある映画を 作っているクリント・イーストウッド。 もうすぐ80歳ってのに、作品のクオリティは落ちるどころか どんどん上がってる気がします。すごすぎ。...
『グラン・トリノ』 (マガジンひとり)
Gran Torino@有楽町・よみうりホール, クリント・イーストウッド監督(2008年アメリカ) 監督業でも名高い名優クリント・イーストウッドが、アカデミー賞の主要4部門を制した『ミリオンダラー・ベイビー』から4年ぶりに自ら主演する『グラン・トリノ』。これで俳優業は最...
「グラン・トリノ」 Gran Torino (俺の明日はどっちだ)
~ あのときの映画、「ダーティ・ハリー」はどうでしたか?きみはニュースのほうが… ♪ と吉田拓郎が歌っていた1972年、その年のモデルであるフォード・グラン・トリノに思いを込め、人生の終盤を迎えた老人と隣人家族との心の交流を描きつつ、古き良きアメリカへの惜別...
[映画『グラン・トリノ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。  初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。  かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退役...
グラン・トリノ (だらだら無気力ブログ)
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に住...
「グラン・トリノ」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「グラン・トリノ」の試写会に行ってきた。クリント・イーストウッド監督作で、「ミリオンダラー・ベイビー」以来の主演作。朝鮮戦争で従軍したあとフォードの組立工として長年働いて引退し、奥さんを亡くしたばかりで息子や孫と折り合いが悪い主人公ウォルトが、大事に...
「グラン・トリノ」生と死の身体感覚 (ももたろうサブライ)
監督 クリント・イーストウッド少しあらすじ 妻に先立たれた元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、頑固で融通の利かない性格ゆえに息子たちにも疎まれ、一人で暮らしていた。ウォルトは隣家に越してきたのがアジア系の一家なのが気にいらず、小さな諍いが起...
グラン・トリノ/Gran Torino (いい加減社長の映画日記)
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ」は、中くらいのスクリーンで、8~9割。 【ストーリー...
★グラン・トリノ(2008)★ (CinemaCollection)
GRANTORINO俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。上映時間117分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/04/25ジャンルドラマ【解説】「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イー....
★グラン・トリノ(2008)★ (CinemaCollection)
GRANTORINO俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。上映時間117分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/04/25ジャンルドラマ【解説】「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イー....
グラン・トリノ (to Heart)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を―。 少年は知らなかった、人生の始め方を―。 原題 GRAN TORINO 製作年度 2008年 上映時間 117分 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出演 クリント・イーストウッド/ビー・ヴァ...
グラン・トリノ (利用価値のない日々の雑学)
このブログでも度々書いているように、筆者はイーストウッド監督作品に、「人間の尊厳」という観点をもって鑑賞している。特に「ミリオンダラー・ベイビー」以降、それは顕著であり、「父親たちの星条旗」で決定的になった。映画という総合芸術の世界で、俳優として、更...
映画レビュー「グラン・トリノ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]◆プチレビュー◆久しぶりにイーストウッド自身が監督・主演。老人と少年の静かな友情が感動を呼ぶ秀作。 【90点】 ウォルトは、隠居生活を送る頑固で孤独な老人だ。ある日、内気な少年タオが不良から強要...
グラン・トリノ (Men @ Work)
 現在公開中のアメリカ映画、「グラン・トリノ」(監督:クリント・イーストウッド)です。TOHOシネマズ六本木シアター5で観賞しました。  先日、我が家で友人と映画観賞会をやっ...
グラン・トリノ (Sugar&Spice*)
 Gran Torino長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。自宅を常にきれいに手入れしながら、M-1ライフルと 72年製フォード車グラン・トリノを心の友に静かで退屈な余生を送っていた。しかし彼の暮らす...
グラン・トリノ (心のままに映画の風景)
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
グラン・トリノ (映画君の毎日)
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン...
グラン・トリノ~黄昏のガンマン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督・主演、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ジョン・キャロル・リンチ、ドリーマ・ウォーカー。クリント・イー...
「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する、“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォルト(クリント・イーストウッド)は、朝鮮戦争の帰還...
グラン・トリノ (ダイターンクラッシュ!!)
4月25日(日) 21:15~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『グラン・トリノ』公式サイト 先生の作品が、連続して公開されている。戦争二部作もそう遠くない作品で、多作な印象があるが、主演をかねたのは、「ミリオン・ダラー...
グラン・トリノ (とりあえず、コメントです)
クリント・イーストウッド監督・主演の最新作です。 偏屈で孤独な老人と隣に住むアジア系民族出身の若者たちとの心の交流が イーストウッドらしいストーリーで描かれていました。 ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は偏屈でいつも不愉快そうな顔をして...
劇場鑑賞「グラン・トリノ」 (日々“是”精進!)
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の...
GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優としての最後の作品 (銅版画制作の日々)
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴ら...
グラン・トリノ (Diarydiary!)
《グラン・トリノ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - GRAN TORIN
グラン・トリノ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どんなに巨匠と言われる映画作家でも晩年は創作ペースが鈍るものだし、作品のクオリティも最盛期には及ばない場合が殆どだ。 ヒッチコックも...
「グラン・トリノ」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 272オープニング土日興収: 1.29億円クリント・イースト
グラン・トリノ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ひときわ異彩を放つヒロイズム!男の生きる姿、気高さに胸を打たれる。 口は悪く偏見だらけの頑固老人が、人生の最終章に課した自己改革とは?・・・ 本物の男イーストウッドが放つヒロイズムの詰まった人間ドラマに、興奮と感動が押し寄せる。 物語:ウォルト・コワ...
映画「グラン・トリノ」の感想です。 (MOVIE レビュー)
この映画を最後に俳優業引退を示唆したと伝えられているクリント・イーストウッドの監督、主演映画です。 ほんとうに観て良かったと思える映画の一つでした。敢えて書き連ねるほどの難しい事件や対立が起こる訳ではないです。些細ないざこざと民族間の軋轢が物語の主軸に...
・・・残酷。『ミスト』 (水曜日のシネマ日記)
小さな田舎町に突然発生した謎の霧を巡って描かれたサスペンス映画です。
グラン・トリノ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年4月25日 公開 ★★★★★+α 言葉が出ない 満点以上! この愛すべき頑固じいさん♪ もしかしたらスクリーンで彼が主演の作品を観られるのは今作が最後かもしれないと聞いて、どうしても観たかった。 今後は自ら...
胸が痛い・・・。『グラン・トリノ』 (水曜日のシネマ日記)
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
グラン・トリノ Grand Trino (映画!That' s Entertainment)
●「グラン・トリノ Grand Trino」 2008 アメリカ Warner Bros.Village Roadshow Pictures,Malpaso Production,117min. 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー他 <す...
「グラン・トリノ」 (てんびんthe LIFE)
「グラン・トリノ」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞 この監督さん、まじめで自分の人生よく考えてるなあと思いました。 「チェンジリング」公開したばっかりなのに、同じように重ためな題材で作って持ってくるって只者ではない。 そして主演までしちゃって、それも出...
グラン・トリノ (ぷち てんてん)
☆グラン・トリノ☆(2008)クリント・イーストウッド監督クリント・イーストウッドビー・ヴァンアーニー・ハークリストファー・カーリーストーリー 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。自宅を常にきれいに...
グラン・トリノ (B級パラダイス)
もの凄い土砂降りのあめのなか、行ってきました~。悪天候にもかかわらずかなりの盛況っぷり。心なしか年配の方が多かったような。
「グラン・トリノ」 (かいコ。の気ままに生活)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。映画「グラン・トリノ」公式サイトイーストウッド監督は世の中の理不尽さを描くっていうかしんどいシーン出ることが多いので今回もかなり構えてましたーでも意外にも?前半のやりとりはかなりコミカル。主演のじ...
【グラン・トリノ】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ 「妻を亡くしてから一人暮しのウォルト・コワルスキーは子供達とも疎遠で静かにひっそりと暮らしていた。妻に頼まれたとやって来る
グラン・トリノ (★ Shaberiba ★)
グラントリノ(愛車)しか愛せなかった男の話かと思ったら・・。 彼は 愛すべき最高にかっこいい、頑固じじぃ(涙)
映画「グラン・トリノ」(2008年、米) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Clint Eastwood 監督・主演の、 孤高の老人と移民の少年の交流を描いたドラマ。 原題は「Gran Torino」。        Walt Kowalski (Clint Eastwood )は 孤独な老人だ。 ポーランド系で、 若いころは朝鮮戦争で武勲をたて、 退役後はFordの自動車...
グラン・トリノ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:クリント・イー
グラン・トリノって… (美容師は見た…)
  車のことだったんですね。  1972年製、フォード社の車種。  『グラン・トリノ』泣けました(/_;)  クリント・イーストウッドの貫禄~!  偏屈じいさんがピタッと嵌ってました。  78歳とは驚きです!偏屈じいさんのようで居て、実は不器用で正義感が強い心優...
グラン・トリノ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  『グラン・トリノ』が、フォードの最高ブランド車の名前だとは知らなかった。確かに角々してバカデカイアメ車とは違って、流れるような美しいボディーラインに魅せられる。出来れば、もう少しスクリーン上を走り回って欲しかったね。 さて映画のほうは、前...
西部劇としての『グラン・トリノ』 (Days of Books, Films)
『グラン・トリノ(原題:Gran Torino)』を見終わって思った。クリント・
グラン・トリノ (青いblog)
あらすじ。 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔す
グラン・トリノ (Movies 1-800)
Gran Torino (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー 偏屈で頑固な老人が、隣家のタイ人一家との交流を通して変わっていく様を描く人間ドラマ 様変わりしていく街や人の流れ...
映画:グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
春の叙勲で旭日中綬章を受章することになったことが話題のイーストウッドの新作。 前作「チェンジリング」CHANGELING を、「間違いなく今年有数の傑作」と評したが、この「グラン・トリノ」は噂通り。 もっとすごかった! 彼ならではの視点から発せられる端正な佇まいに...
グラン・トリノ クリント・イーストウッド監督・主演 (ネット社会、その光と影を追うー)
グラン・トリノにおけるクリント・イーストウッドは、
映画鑑賞記「グラン・トリノ」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.05.01 鑑賞場所:シネプレックス幕張 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。 <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  仕事を引退してからはビールを飲み、月に一度理髪店に通うという決まりきった生...
「グラン・トリノ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) ついこの間「チェンジリング」で感動したばかりだと言うのに、イーストウッド監督・主演の最新作「グラン・トリノ」でまた泣けた。
グラン・トリノ~男の中の男だよ! (Osaka-cinema-cafe)
御年78歳ながら、自身の映画では最高のオープニング(全米)を 飾ったクリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」、 早速、見てきました。 主演、出演作としては、「ミリオン・ダラー・ベイビー」から 4年近く経っていますし、クリントいわく、「役者とし...
【映画】グラン・トリノ (新!やさぐれ日記)
▼動機 「チェンジリング」が素晴らしかったので ▼感想 満足度につける★が足りない ▼満足度 ★★★★★★★ すごすぎ ▼あらすじ 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活...
グラン・トリノ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    = 『グラン・トリノ』  (2008) = 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来、単調な生活を送っていた。 そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけ...
「グラントリノ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
人は導かれ、導き、そしてまた導かれる。今年はじめに、本作が全米BOX OFFICEで好成績をあげているときから気になっていた。何故この一見地味な作品がこれだけの数字を稼ぐのか。その謎は簡単に分かった。主人公のウォルトを巡る物語は、笑いと感動と教訓に溢れ非常に味わ...
最近見た映画・・『グラン・トリノ』ほか (ペガサス・ブログ版)
クリント・イーストウッドの『グラン・トリノ』はとてもいい作品だ.ストーリーはむしろ単純だが,作りがとても丁寧で,2時間完全にイーストウッドの世界に引き込まれる.民族・人種問題など多様な社会的現実が豊富に織り込まれていて,含蓄が深い.しかしこの映画のコア...
グラン・トリノ/Gran Torino (うだるありぞな)
今回は、クリント・イーストウッド監督、主演の「Gran Torino グラン・トリノ」 ランキングに参加してます。    ウォルト・コワルスキーの日常は、自動車工の仕事をリタイアして以来、同じことの繰り返しだ。自宅を修繕し、ビールを飲んで一日が過ぎ、月に一度...
グラン・トリノ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね~【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなあ...
『グラン・トリノ』:守るべきものは、家族。 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
クリント・イーストウッド監督の最新作はストレートな映画だ。 「守るべきものは、家族」。
日本の頑固親父が『グラン・トリノ』を語る (シネマガブログ)
【ワーナー】4月15日(水)、新宿にて、『グラン・トリノ』の試写会が行われ、クリント・イーストウッド演じる主役の老人の性格にちなんで、日本の頑固親父代表として、徳光和夫さんと鳥越俊太郎さんによるティ
『グラン・トリノ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...
★「グラン・トリノ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・といっても、 まだまだGWが続いてるみたいな雰囲気の木曜日にチネチッタで鑑賞。 平日のチネチッタは割引なしなので、 駅地下のアゼリアの金券ショップで1300円の共通前売り券を買ってから、 チケット入手するのが賢い選択!!
グラン・トリノ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
グラン・トリノ ’08:米 ◆原題:GRAN TORINO ◆監督・製作・出演:クリント・イーストウッド「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」 ...
グラン・トリノ (future world)
そこにいるのは‘等身大のイーストウッド’か・・・ 79歳・・まだまだ映画を撮り続けて欲しいものです。 長い年月に渡りフォード社を勤めあげ、妻には先立たれた孤独な老人。 頑固さゆえ息子やその嫁、孫たちにも煙たがられ、近隣とも孤立している・・ 住み慣...
グラン・トリノ (アートの片隅で)
クリント・イーストウッドが監督・主演の映画です。 2月に観た「チェンジリング」も良い映画でしたが、この作品は更に良かったです。 舞台はミシガン州という工業地帯の田舎町です。 州の名前よりもデトロイトシティの方が有名ですね。 自動車産業で成り立っている地...
グラン・トリノ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞グラン・トリノ/GRAN TORINO 2008年/アメリカ/117分 監督: クリント・イーストウッド 出演: クリ...
『グラン・トリノ』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:GW何した? 参加中 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギ...
「グラン・トリノ」 (みんなシネマいいのに!)
 かっこいい年寄りになりたい。 そう考えた時、出てくるのがショーン・コネりー、そ
映画「グラン・トリノ」感想 (Life on Mars)
グラン・トリノ見てきました。 噂に違わず非常に良い映画でした。4月25日公開ですが、今年のGWなにか1本見るなら絶対コレだと思い...
映画「グラン・トリノ」感想 (Life on Mars)
グラン・トリノ見てきました。 噂に違わず非常に良い映画でした。4月25日公開ですが、今年のGWなにか1本見るなら絶対コレだと思い...
映画:グラン・トリノ (ぱたぱたぱ~だでグー!)
グラン・トリノ ←クリックでオフィシャルサイトへGRAN TORINO 【コピー】 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。 【キャスト&スタッフ】 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・...
「グラン・トリノ」 (或る日の出来事)
渋い。渋いぜ、クリントじいちゃん。
グラン・トリノ 古き良き時代の男の中の男 (労組書記長社労士のブログ)
【 28 -7-】  湘南の波は今日も良くはないので、思いっきり後ろ髪引かれながら大阪に帰ってきた。 マンションのエレベーターを降りたら妻とばったり、「どうしたん?」と聞くと、先日からの神戸と寝屋川の新型インフルエンザ騒動で、娘の勤め先の保育園でマスク着用命令...
グラン・トリノ 古き良き時代の男の中の男 (労組書記長社労士のブログ)
【 28 -7-】  湘南の波は今日も良くはないので、思いっきり後ろ髪引かれながら大阪に帰ってきた。 マンションのエレベーターを降りたら妻とばったり、「どうしたん?」と聞くと、先日からの神戸と寝屋川の新型インフルエンザ騒動で、娘の勤め先の保育園でマスク着用命令...
『グラン・トリノ』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第251回『グラン・トリノ』  今回紹介する作品はクリント・イーストウッド監督が真の勇気とは何かを描いた『グラン・トリノ』です。 イーストウッド監督は本作品で俳優業を引退して今後は監督業に専念すると宣言しています。それだけあって俳優クリント・イーストウッド...
グラン・トリノ (eclipse的な独り言)
 正直言いますと、イーストウッドの映画はどれもこれも同じに思えます。それでもやら
巨匠の遺言~『グラン・トリノ』 (真紅のthinkingdays)
 GRAN TORINO  妻を亡くしたウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、偏屈で差別 主義的な悪態をつく「頑固ジジィ」。...
『グラン・トリノ』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (たーくん'sシネマカフェ)
評判も期待も高く待ち遠しかった作品。「グラン・トリノ」を福岡出身のIさんと久しぶりお会いし鑑賞。(c)2009WarnerBros.EntertainmentInc.andVillageRoadshowFilms(BVI)Limited.AllRightsReserved.原題:GRANTORINO監督・製作:クリント・イーストウッド出演:クリント....
「グラン・トリノ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。         少年は知らなかった、人生の始め方を~ 注目していた作品だったのに、観に行く時間がなくてこんなに遅くなっちゃった・・。2008年 アメリカ ワーナー配給 (09.4.25公開)監督:クリント・イー...
映画日記りぼーん『グラン・トリノ』 (CHEAP THRILL)
5月1日就業後、つまりGWに突入してすぐのオールナイトでようやくクリント・イーストウッド最新作『グラン・トリノ』を見た。 イーストウッド主演作品としては『許されざる者』に勝るとも劣らない、いやイーストウッド最高傑作と言っても過...
グラン・トリノ (なりゆき散策日記)
グラン・トリノを新宿のピカデリーでみてきました。今回は評価が高くまたもしかしたらもうイーストウッドはスクリーンに今後登場しないのではないかと危惧したので見ました。週に一度どころか最近は 数か月に一本のペースでしか映画館でみられない。 DVDもみたい作品が....
名匠が鍛えた刀の銘はグラン・トリノ●グラン・トリノ (Prism Viewpoints)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。   (公式キャッチコピー) 『GRAN TORINO』 グラン・ト...
グラン・トリノ (Addict allcinema 映画レビュー)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。
グラン・トリノ (メルブロ)
グラン・トリノ 260本目 2009-21 上映時間 1時間57分 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド ビー・バン アーニー・ハー クリストファー・カーレイ 会場 新宿ピカデリー 評価 9点(10点満点)  最早イーストウッド作品は...
グラン・トリノ を観ました。 (My Favorite Things)
会社帰りに観ちゃいました…。クリントさんすっかりおじいちゃまですね。
グラン・トリノ (M's daily life)
「グラン・トリノ」 原題: GRAN TORINO (2008年 米・豪 117分) 監督: クリント・イーストウッド 出演: クリント・イーストウ...
グラン・トリノ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】クリント・イーストウッド/ビー・バン/アーニー・ハー/クリストファー・カーレイ/ジョン・キャロ...
グラン・トリノ /Gran Torino (描きたいアレコレ・やや甘口)
クリント・イーストウッド!今でもカッコよくて、いつまでも男の色気がある人だと思います。 朝鮮戦争の退役軍人、フォードの組み立て工...
Gran Torino (Butterfly Stroke)
He Sells Japanese Cars... イーストウッドがアメリカに贈る渾身の鎮魂歌? ポーランド系アメリカ人のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が最愛の妻を見送るシーンから映画は始まる。 ウォルトは、朝鮮戦争に出兵し、退役後50年、FORDで働...
映画「グラン・トリノ」 (おそらく見聞録)
監督:クリント・イーストウッド(最高っす) 出演:クリント・イーストウッド(最高っす)ビー・ヴァン 出演:アーニー・ハー クリストファー・カーリー  妻に先立たれ息子たちにも邪魔者扱いされる孤独な老人と、 隣家に住むモン族の青年との友情を描いた物...
DVD:グラン・トリノ Gran Torino 改めて傑作と確信。アメリカの解体と「生」「死」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
DVDで、劇場に続き、2度めの鑑賞。 劇場では、エンドロールで「絶句」してしまった1作。 当時のアップは以下(と言ってもまだ5月、わずか4ヶ月前のことか!!) 2009-05-03「映画:グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作」 その時の一言感想 = ...
「グラン・トリノ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました
【グラン・トリノ】本当の懺悔とクラッシックカーの行方 (映画@見取り八段)
グラン・トリノ~Gran Torino~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、ク...
映画『グラン・トリノ』 (~yatsufusa~)
『グラン・トリノ』 日本では2009年4月公開作品 監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッド。 クリント・イーストウッドの「ミリオンダラー・ベイビー」以来となる監督&主演作となりますね。 「ミリオンダラー・ベイビー」が良かったのと、本作は前評...
魂の成長の軌跡 「グラン・トリノ」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
ネタバレあり。ご注意下さい。 昨年観た映画で個人的にNo.1は「THIS IS IT」だけれど、もし「THIS IS IT」が公開されなければ、間違いなく「グラン・トリノ」が一番だったと思う。 この映画の何がすごいって、今までのクリント・イーストウッドの映画人生全てが、ラスト...
グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...
【映画】グラン・トリノ…俄かイーストウッドファン復活(半年以上ぶり) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分...
『グラン・トリノ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グラン・トリノ 』 (2008)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、 コリー・ハードリクト、ブライア...
DVDまとめてレビュー「グラン・トリノ」「最高の人生の見つけ方」「サマーウォーズ」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
親と自分の老後が気にかかり、四十肩やちょっとしたことであちこち痛くなったり、パパンの風邪が治りにくかったりすると、なんだかやたらこんな映画を見たくなるのかな・・・ お出かけしてもデジカメ忘れたりが多くて、そろそろヤキがまわってきた私。 雨の日は、もうお...
『グラン・トリノ』(映画)(2008)ークリント爺の置き土産、人生のチェックを済ませる前に (マンガデシネ)
 クリント・イーストウッド監督・主演の『グラン・トリノ』を観た。最近はわりに真面目に映画を観ているので、名作と名高い過去の作品も、未見のものは積極的に観ていこうと思 ...