我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメたまーに日記
12周年✨ありがとです❤️TBは受付送信共にやめました

イノセント・ガーデン /STOKER

2013-06-02 23:43:40 | 劇場&試写★6以上

 

 


ニコール・キッドマンにはスリラーがよく似合う。

 

オールド・ボーイ親切なクムジャさん」など世界的に評価の高い韓国を代表する映画監督、

パク・チャヌクのハリウッド・デビュー作となるミステリー。

製作には、トニー・スコットとリドリー・スコット。

 

実は名前は最初伏せられていたが

「プリズン・ブレイク」の主演俳優ウェントワース・ミラーが8年かけたオリジナル脚本。

18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、

彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していく。

 

主演の少女インディアには「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ。

 

いつもと雰囲気違うのは黒髪ロングのせいか?

不幸せそうで満たされない感じの少女とオトナの間の微妙な心の揺れを見事に演じる。

 

母親役エヴィに、ニコール・キッドマン。

 

たった一人の娘と折り合いが悪い美しい妻。

ニコールだからこそのこの存在感はやっぱりさすが

 

亡くなった父親にダーモット・マローニー。

その弟で、話の中心人物であるチャーリー・ストーカーに「シングルマン」のマシュー・グード。

爽やか好青年に見えて実はという雰囲気うまい

 

そして叔母に、「世界にひとつのプレイブック」「アニマル・キングダム」のジャッキー・ウィーバー。

 

不思議な叔父の魅力に惹き付けられる母娘。なにげに三角関係。

 

 

触れてないのにエロティック。ピアノ連弾。

 

繊細で研ぎ澄まされた感覚を持つ少女、インディア・ストーカー。彼女が18歳になったその日、謎めいた鍵が届き、唯一の理解者だった父が交通事故で急死する。美しい母とは、何ひとつ分かり合えない。葬儀の日、長年行方不明だった叔父チャーリーが突然現れる。しばらく一緒に暮らすことになるが、その日からインディアの周りで次々と不可解な事件が起り始める....。 

 

 そりの合わない母。謎の叔父の出現。父親の不可解な死。

封印された忌まわしい過去の出来事。

 

 

6/10(60点)

 

 

期待してたけどまぁまぁ良かった

脚本的にはそんなに捻りがないしつっこみどころもあるけど、役者たちの素晴らしい存在感で魅せる

 

満たされない思いと、日々行き場のないフラストレーションを抱えていたインディア

 

前半わりと淡々として、あまり面白くならないなと思っていたら

徐々にじわじわと忍び寄る犯罪の影。

 周囲から人が消え、不吉な出来事が取り巻くが

それに気付いていながら、恐怖よりも興奮を覚えていくハンター気質。

 

さすがパクチャヌク監督作。

独特の世界観が確立されてる。

 

不思議な母娘の関係も惹き付けられる側面。

梳かしていた髪が、すすき野原とかぶっていく。

 

画(え)的にも面白い部分が多い。そこは監督のセンスの良さ

 

ネタバレあり感想

父親が死んですぐに現れ、そして何も悲しんでもいないその弟(叔父)。

そんな親族がいきなりきて一緒に住むことになった怪しいのは最初からひとり。

(または共犯で妻ニコール)

警察すぐ分かるダロとツッコミたくなる。

こっそり言おうとした叔母はあっさり殺され

おまけに殺した相手は次々と同じ場所に大きな目立つ石ごろごろ置いてるし!

クラスメイトを誘っておきながら、その気はなく逆に相手を興奮させておいて

無理やり犯そうとした男をあっさり殺す。

当然最後に会っているところを目撃されているインディアは疑われる。

後日警察が聞き込み調査で自宅へ。

どう考えたってあの時点でもう不審な叔父の存在とその口裏合わせでバレバレでしょ。

 

父の書斎の小箱の鍵。

開けると、父と叔父と、もう一人の弟の写真が切り抜いて入っていた。

幼い頃、末の弟を死なせたのは叔父だったのだ。

そして手紙の束。

全部インディア宛の、叔父からのもの。それも、全て精神病院からのものだった。

ラブレターともとれる、そして血はつながっている。

同じ家系で、同じこの血。繊細に感じ取る事の出来る。

ということで、叔父が愛していたのは兄嫁(ニコール)ではなく

インディアの方だった。それもストーカーという名字だけどストーカー行為並みに

執拗に会いたいと願う、危険な想い。

 

自分じゃなく、目的(好き)は娘だった、とわかったときのニコール、素晴らしい。

主演じゃなかったけれど、本作はニコールだからこそでこの雰囲気になった。

あともちろん、(あまり好きな女優じゃないけど)ミアワシコウスカの雰囲気も。

時間は1時間半とちょうどいい。

驚愕のとか、びっくりするような展開ではないけど

普通にサスペンススリラーとして楽しめる作品として

 

とくにニコールファンは必見です。

 

というわけで、トムちんの「オブリビオン」VSニコールの「イノセント・ガーデン」

たまたま元夫婦同じ日の日本公開日で同じ日鑑賞だったけど、ニコールに軍配

 公式サイト

STOKER           2013年     アメリカ   99min

 5月31日より、公開中~

 

 

↑ニコール身長高いけど、並ぶと子どもみたいなミア。

 

6月の映画リストもやるよ

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オブリビオン /OBLIVION | TOP | 6月公開☆新作映画リスト »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウェント王子 (まどか)
2013-06-04 12:31:41
こんにちはー
ご無沙汰しております
毎日、ポチッと応援してますよー

この作品、とっても楽しみにしてました
大好きなパクチャヌク監督だし、
なんとウェントが脚本!!(私選3大ハンサムの一人)
ウェントは、パク監督やキムギドク監督がスキらしい・・・良い趣味ですな

ニコールの美しさを楽しみに、観にいってきます

今日も暑いですね
体調に気を付けてお過ごしください


まどかさん☆ (mig)
2013-06-05 10:31:28
ありがとうございます!!
ウェントワースの名前でまどかさんお元気かなぁ?って思ってたのでコメ嬉しいです
最近はジュード情報、ゴシップできなくてごめんなさいね。。。
応援もありがとう
これ、ぜひ観て下さいね~♪感想も待ってマス!

風邪ひいちゃいました。
まどかさんも気をつけて下さいね☆
しかめっ面 (くろねこ)
2013-06-08 21:06:08
こんばんわ~。
わかりあえない母と娘の揺れる心情やピアノでの目覚め
など異色な表現方法には引き込まれました。
「恐怖よりも興奮--」この感覚も監督独特の世界観と言えそうですね。
でも美しいはずのミアがずっとしかめっ面をしていたことや私が1番ドキドキしたのがエロチックなミアの姿だったことがちと残念に思いました~(苦笑)
くろねこさん☆ (mig)
2013-06-12 11:30:33
こんにちは☆
エロティックな世界観も監督の狙いのようですね、
サスペンスとしての脚本は普通なんだけど、描写や
演出、映像がさすがのパクチャヌク節でした~

こんばんわ (にゃむばなな)
2013-06-27 22:57:02
ほんと、ニコール・キッドマンってスリラーが似合いますよね。
やっぱりこういう系統の美人にはピッタリなのかも知れませんね。
でも主役でないのがこれも時代の流れなんでしょうね~。
にゃむばななさん☆ (mig)
2013-07-01 22:24:42
こんばんは。
うん、ニコールの冷たい美しさが合うんですよねー。
主演にはもう歳取り過ぎかなぁ?
世代交代が哀しい、、、、。
こんにちは♪ (yukarin)
2013-12-19 12:41:19
ほんとニコールはスリラーが似合うよねぇ。
普通に面白かった感じかなぁ。
ミアがよかった。
これはこれで良かったけどパク・チャヌク監督はできれば韓国映画をつくってほしいかも~。
yukarinおはよ☆ (mig)
2013-12-20 10:11:37
そうだねーフツウだった。
私最初もうちょっと点数上だったけど
書いたあと下げちゃった 笑
パクチャヌクにしては、、、、だった。
ウェントワースミラーが脚本とは驚き。
わー今朝は電波調子いいけどもう出なきゃ!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics