NEW OLD DAYS



数年前に知り合った友人のフェイスブックの投稿を読んでいて違和感を感じた。

なんだか聞いたような話。

でも、おもしろい。

あれ?僕が登場人物に聞いた話と全く同じことをまた話したんだ。

え〜っ、いやいや、これオレが書いた日記じゃん!


写真は違うけど、中身は全くのコピペだったのだ(笑)
どこから見つけてきたんだ、オレの文章。
びっくりしたぁ。

しかも、この投稿にたくさんの人が「いいね!」をして、コメントも寄せている。
なんだかうれしくなってきたぞ。

この日記は誰かに読んでもらうというよりも、自分が好きなように書いている超自己満足日記なのに、それに共感してくれた人がいたことがうれしくなってきたというわけだ(笑)。

ホントなら断りもない勝手な転載だし、転載元の表記もないから怒らなきゃいけないところなんだけどね。

実に不思議な感覚にとらわれた事件だったのである。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

またしても女子力全開



以前もワークショップの先生にお声がけいただいてハーバリウムを作らせていただいたが、今日もアロマワックスサシェなるものを。

「火を使わないアロマキャンドル」らしい。ロウに香る精油を含ませ、ブリザーブドフラワーなどを装飾してインテリアとして楽しむという。

今日のメインは実際に火を灯すクリスマスキャンドル作りだったのだが、これが冷める時間を利用してのもう一品だったのだ。
前回も突然で、しかも男がどーよという類のものだけど、どーぞと言われたらやるしかない。3日前にも同じ講座を見ているので、門前の小僧である。

またまた、やり始めたら楽しかった(笑)。
またしても女子力全開だ、オレの中の。

「ダイタン!」
「立体的!」
「でもステキ」

ほめられているんだか、ほめることばが見つからなかったのかは不明だが、なんとか形にはなっていた。

いずれにしても、見ているより体験してみることが何よりだということは、またしても確認できたのである。

「見るより聞くより踊るもの〜、七夕踊りは踊るもの〜」
盆踊りの一節そのまんまだな(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中里の秋



2006年秋に、平塚市の最北端?の大神にあったベルマーレのグラウンドが近所の馬入に移転してきた。

2017年秋に、職場のある鎌倉市がホームタウンに加わった!

今日、市役所での会見を取材しようと出かけると、前で中里宏司元選手にばったり。ちょうど初めてJ2に降格してその後ながらく低迷期に入るころユースから昇格して活躍した若き才能。

センタサークル手前あたりからドリブルを仕掛けてあれよあれよという間にゴールしてしまったシーンがおもい浮かぶ。
今はベルマーレが運営する茅ヶ崎フットサルクラブの支配人である。

今日は鎌倉で生まれ育ったということで会見に同席とのこと。他の記者さんは市長と会長ばかりに質問するので、思わず手をあげちゃったよ(笑)。

写真撮影のときも「その人形の人ももっと近づいて」とか「Fリーグって何?」状態だから、仕方がないといえば仕方ないんだけどね。

たくさん集まった中、一人興奮状態の僕だったのである(笑)。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ぎっしり幸せパン



パン屋さんに用があってうかがいお話をしていたら、お一つどうぞと厨房から手が出てきた。

「いちぢくがおいしいので」といただいたパンには、そのいちじくはもちろん、かじったら中にはくるみやチョコがぎっしりだった。

こちらのパンは見た目もすてきだが、いつもそれ以上を実感させてくれる。人柄そのままといえばいいかな。



こちらは見た目でも圧倒される。値段もいいけど、それが安いと感じてしまう。


俯瞰図


いかパン


さんまパン
みんな季節のパンですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やさしさメガ級



若いころからベーコンエッグバーガーが好きだった。そう、ファーストキッチンの。

昨日、映画を観ようと茅ヶ崎に出掛けたら案外時間がなくてフードコートでパパッと食べることに。
目の前にファーストキッチンがあれば、頼むのもいつものでと思いながらふとメニューに目をやると・・・

「ベーコンエッグバーガー ダブル×ダブル」(490円)を発見。

いつから登場したのか知らないが、幸せが倍増ではないか!迷わず注文した。

カウンターの店員さんが奥に向かってこう言った。

「メガひとつ」

そういうことか。
ビッグとかジャンボを通り越して、社内的には「メガ」なんだ。

おいしさも想像通りメガ級に倍増していた(個人の感想です)。
以前の印象よりもバンズがやわらかくて、具材のやさしさとマッチ。幸せもメガ級だった。

前日食べたワンコイン定食と比べようもないが、これはこれですてきなランチになったのである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

丘を越えて



おかげさまで術後の経過も良く、最近は一人でハンドルを握ることもできるようになった。
今日は病院の検査に母親を送ったあと時間が空いたので、ランチを目的に希望ヶ丘の街をぶらり。実家とは線路を挟んで反対側へ。

飲屋街にも3軒ほど気になるランチを提供する店があったが、丘を越えて下って、もう一度上って、いつもはクルマでしか走り抜けない所まで足をのばした。
ここにはずっと気になっていた枯れた佇まいの中華「栄楽」という店がある。実は、そこまで行ってみようと思っていたのだが、その手前にやはり中華の「三好」を発見。

店も発見だったが、店の前の立て看にすごいメニューを発見したのだ。



ラーメン+野菜炒め+半ライス=500円

なんだこれ?
中華街でもお目にかからなかった組み合わせで、しかもとんでもないお得感だ。

即、入店(笑)

一緒に出てくる野菜炒めはきっと小鉢程度だろうとなめてかかったが、かなりのボリュームだった。そもそもジャージャーと中華鍋を激しく振るっていたのだから。
さすがにもやしメインでキャベツなどは小さなカットなものの、個人的にはもやしは大好きなので文句なし。味も濃いめで白い半ライスとよく合うのである。

これでラーメンが細麺だったら昇天していたかもしれない。
いやいやお腹いっぱいのワンコインだった。

お店を出て通りを渡り、あらためて佇まいを眺めると、なかなかの枯れ具合ではないか。
地元を歩いてみると、発見だらけだな。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

始めてのお稽古



会員さんが主催する三味線のワークショップは、今日で4回目だった。
参加者が少なかったので「一緒にやりませんか」とお師匠さんに誘われた。

10代のころギターをかき鳴らして歌っていたことがあったので、用意する三味線の数が多い時は調弦を手伝ったりはしていたのだ。

しかも、すでに3回も見ている「門前の小僧」よろしく、なんとなくできる気になっていた。

演奏自体はギターの経験があるので思ったよりもスムーズだったと思うが、それでもふと気づくと、集中と緊張のせいか体のあちこちが痛くなって驚いた。

写真はこうなるのをおもんばかって会員さんが用意してくれた「忖度まんじゅう」(笑)。

ただ、皆んなで一つの曲を奏でる楽しさは格別。ワークショップならではの醍醐味だ。これも、やってみなければ分からないのである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

胸キュンな時間



「室長もお一ついかがですか?」
と声を掛けていただき、途中から参加者さんと一緒にハーバリウムを作った。

ハーバリウムというのは植物標本のことで、ドライフラワーやブリザードフラワーをビンに入れハーバリウムオイルを注ぐと長期保存が可能というもの。
カマゾウでも3回目の開催だったが、見た目にも女子力全開なこともあり、これまで男性の参加者は0だったのである。

そこにいきなり放り込まれて戸惑ったものの、僕も女子力を発揮してみた(笑)。
イメージを膨らませたり、設計をしたりする時間がなかったので、成り行きでやってみた。

皆さんの繊細な感じとは異なって、無骨な作品ができあがった(笑)。

でも、いつの間にか夢中になってしまい、写真を撮られていたのにさえ気づかなかったほど。
しかも、オイルを注いだら思ったより色が鮮やかになり、もうキュンキュンしちゃったのである。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

玉づくし

以前は家族でよく話したお題。妻から久しぶりに出た。

「好きな食べ物ベスト5」

僕の回答はこうだ(2017.10.6現在)

①白いご飯
②餃子
③伊達巻
④玉子焼き
⑤ゆで卵

1位と2位は不動だが、3〜5位はよく入れ替わっている。とはいえ、卵料理ばかりだけど(笑)。

その4位の玉子焼きが載ったお寿司がやってきた。
快気祝いだと会員さんが持参してくれたのである。
「玉子だけでいいんですか」と念を押されたという。こんな恥ずかしい注文、僕にもできない(笑)。






実はこの方、水道橋に勤めていたころの同僚なのだ。僕の玉子焼きの載ったお寿司好きを熟知していたというわけ。それで頑張って特注してくれたのだ。本当にありがたい。

元気百倍である。

お昼を食べている途中でなければ軽くイケたのに・・・
それだけが残念だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お赤飯の不思議



退院後、初めての検査に通院。
おかげさまで良好のよう。

娘の運転でそのまま、妻の実家から僕の実家をハシゴした。元気になった顔見せだ。本当に心配をかけたから。

妻の実家ではお赤飯を炊いておいてくれた。温かいうちにと、少しつまみ食い(笑)。お赤飯のおにぎりにはよく買うけれど、温かいのはまた格別である。味はもちろん、気持ちがうれしいので、さらにおいしさ倍増だ。

そして、今朝は娘がそれをおにぎりにしてくれたので仕事場に持参。温かいお赤飯はめちゃめちゃおいし買ったけれど、冷たいのは冷たいのでやっぱりおいしいのだ。お赤飯て不思議だなぁと思いつつ、ねちゃねちゃと噛みしめるのである。



写真はボケボケでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ