錦之助ざんまい

時代劇のスーパースター中村錦之助(萬屋錦之介)の出演した映画について、感想や監督・共演者のことなどを書いていきます。

映画『祇園祭』ノート(2)

2018-10-15 13:06:13 | 錦之助ノート
 帝国ホテルに芸能担当記者を集めて、映画『祇園祭』の製作発表が行われたのは1967年(昭和42年)8月21日であるが、その時点では同年11月にクランクインする予定であった。しかし、それが延びに延びて、実際にクランクインしたのは翌年の1968年(昭和43年)8月12日であった(その前の7月17日に祇園祭山鉾巡行の実写を撮影しているが、これは、クランクインとは言えまい)。つまり、製作発表から約1年後、当初の予定から9か月も遅れたわけだ。
その間に、何があったかについては、後述したい。

 実は、初めて公に『祇園祭』の製作が発表されたのは、8月19日の土曜の夕刻、京都府庁が主催する夏の恒例行事「二百万人盆踊り」大会においてであった。場所は府大グラウンド、1万人以上の市民が集まったのではないだろうか。マスコミ関係者も各社から取材に来ていた。
 午後7時から開会式が始まり、富井京都市長のあと、蜷川虎三京都府知事が挨拶に立ち、ゲストの錦之助を紹介。

「錦之助と虎三、まことにおかしな組合せだが、こんど『祇園祭』というたいへんな映画を製作します。永田さんとか、大川さんとかいう資本家から、京都町衆の手に映画を取り戻す大事業であります。一つ、府民のみなさんのご協力をお願いしたい」

 蜷川知事は、「府政百年記念」事業の一環として『祇園祭』製作というアドバルーンを景気よく打ち上げたのである。
 続いて錦之助がマイクの前に立ち、おそらく、いつものように簡単に挨拶。
「ぼくがずっとやりたかった映画です。がんばります。お引き立ての方、よろしくお願いいたします」と言って、深々と頭を下げると、会場に集まった市民は万雷の拍手を送ったにちがいない。
 錦之助と蜷川知事、富井市長が固い握手を交わすのを見ながら、仕掛け人の竹中労は、「かくてカブラ矢は弦を離れた」と感じたという。

コメント (4)

映画『祇園祭』ノート(1)

2018-10-13 00:12:03 | 錦之助ノート


朝日新聞の記事(1967年8月23日

(見出し) 「祇園祭」を自主製作
(小見出し) 錦之助、独立後初の作品
(囲み) 中村錦之助主演、伊藤大輔監督の時代劇映画「祇園祭」が、京都府・市の全面的な協力を得て、十一月から撮影を開始する。
 
 この作品は、京都府政百年の記念事業の一つとして製作されるもので、内容は、西口克己の小説をもとに、十六世紀、応仁の乱によって焦土と化した京都から町衆が再建に立上がり、自治体制をつくりあげ、祇園祭を復活させるという民衆の歴史を描くもの。伊藤雄之助、小沢昭一、石坂浩二、加賀まりこ、中村勘三郎、中村賀津雄らが出演し、色彩、二時間半の大作になる。
 中村錦之助は、東映を離れて一年四カ月になるが、その間一本も映画出演がなく、これが久しぶりの映画の仕事。伊藤大輔監督らと「日本映画復興協会」(代表・中村錦之助)という名の独立プロを設立し、その第一回作品として「祇園祭」の自主製作にのりだしたわけ。
 映画評論家の南部僑一郎、瓜生忠夫、竹中労氏らがバックアップし、五十万枚(一枚三百円)の前売券をカンパの形でさばいて製作費にあてるという。上映方法はまだ決っていない。
 同協会は広く映画人に門戸を開放し、日本映画復興の情熱と知恵を集め、年一本の劇映画製作を続けてゆくという。


 
 錦之助、伊藤大輔、竹中労たちが揃って、東京の帝国ホテルで記者会見を行い、映画『祇園祭』の製作発表をしたのは1967年(昭和42年)8月21日だった。朝日新聞の記事はこれを伝えたもの。この日の前後3か月(すなわち1967年5月~11月の6か月)の経緯を知る資料としては、竹中労が「キネマ旬報」(1969年1月上旬号)に寄稿した「まぼろしの祇園祭」に書かれてある竹中自身のメモが唯一無二である。
 
 映画『祇園祭』の企画がどのように進められていったかに関しては、三つの段階に分けて知る必要があると思う。
 一、伊藤大輔の腹案段階
 二、錦之助が加わって、伊藤と二人で西口克己の小説「祇園祭」の映画化権を買い、東映に企画を出すが、それが却下されるまで
 三、竹中労が「祇園祭」の映画化を企図し、京都府、京都市の支援を取りつけ、上記の製作発表にこぎつけるまで

 ここではまず、第三の段階から整理しておきたい。竹中労のメモによると以下の経緯をたどったという。

 1967年5月16日 西口克己の京都宅を訪問、映画化について意見をきく。
 *竹中は監督に大島渚を考えていたが、西口は大島には反対で山本薩夫を強く推す。
 *西口の小説「祇園祭」の映画化権は数年前(刊行時の1961年か?)に伊藤大輔と錦之助に譲渡してあった。
 *町衆の蜂起によって自治体制をつくりあげ、民衆自らの手で祇園会を執行したことがテーマである「祇園祭」の映画化は革新京都が催す「府政百年記念行事」にふさわしいことで意見が一致。
 *西口は京都府関係に働きかけ、実現のための工作を開始しようと確約。

 5月17日 大阪労音(大阪勤労者音楽協議会)の杉岡事務局長に会う。オペラ「祇園祭」を上演した大阪労音の協力をとりつける。
 *大阪労音が創立十五周年記念としてミュージカル「祇園祭」を上演したのは1966年(昭和41年)2月。主演は島倉千代子、立川澄人。
 
 5月18日 京都で東映俳優労組の宮崎博委員長と会い、映画革新運動の作戦を練り上げる。
 *東映俳優労働組合の運動に対し署名を寄せた支援者を基盤にして「祇園祭」製作の運動体を構築しようと企図。その支援者は450名を超える映画人、文化人、ジャーナリストで、映画俳優では錦之助、伊藤雄之助、三船敏郎、勝新太郎、小沢昭一、三国連太郎など。

 6月8日 大島渚と会う。松竹京都撮影所にて。
 6月9日 山本薩夫と会う。あまり興味を示さず。
 同日 西口、X氏(京都府議会の有力者)と打合せ。伊藤大輔監督、錦之助主演、脚本鈴木尚之で最終的に合意。

 6月12日正午 歌舞伎座楽屋で錦之助と会い、初めて「祇園祭」製作の計画を打ち明ける。

*竹中の申し出に錦之助快諾。ただし、役者として主役を演じること以外の製作実務にはタッチしない意向だった。
 6月15日 社会党幹部と会う。
 6月19日 にんじんくらぶ代表・若槻繁と会う。
 7月初め 『祇園祭』製作の「目論見書」を京都府庁へ提出する。
 7月18日 蜷川虎三知事と会談。伊藤大輔、錦之助も同席。


 8月X日 日本映画復興協会を設立。資本金300万円、代表取締役:小川衿一郎(中村錦之助)。
 *竹中労、伊藤大輔、小川三喜雄が役員になる。本社は伊藤の京都宅の住所。
 *同協会は『祇園祭』の製作母体として、公的な団体を要請されて作ったもの。
 *伊藤大輔が名称を提唱したという。

(*8月16日 淡路恵子が男児(晃廣)を出産)

 8月17日、錦之助入洛。
 8月19日、京都府庁主催の盆踊り大会(府大グラウンド)で挨拶に立った蜷川知事が映画『祇園祭』の製作を発表。富井市長、錦之助も挨拶。
 8月21日 京都府庁で記者会見。錦之助、伊藤大輔、竹中労は午後東京へ移動し、帝国ホテルで記者会見。


コメント

京都での催し

2018-10-08 11:38:49 | 錦之助ノート
 今月末から来月初めにかけて、京都で古い邦画を上映する催しがあるそうだ。
 今年は、溝口健二、伊藤大輔、内田吐夢の三巨匠の生誕120年なので、それを記念して、「京都ヒストリカ国際映画祭」(会場:京都文化博物館)でこの三人の映画を数本ずつ上映するという。
 溝口の現存する最も古い映画「ふるさとの歌」(1925年)は見たことがないのでぜひ見たいと思う。伊藤大輔の「長恨」(1926年)と吐夢の喜劇「汗」(1930年)は以前一度見たことがあるが、再見したい。伊藤大輔の「斬人斬馬剣」(1929年)は20数分の断片だけだが、ずっと見逃してきたので、見たい。ほかにも「折鶴お千」「瀧の白糸」「忠次旅日記」「警察官」などをやるという。
 それと、沢島監督の追悼上映があり、3本やる。「殿さま弥次喜多」「ひばり・チエミの弥次喜多道中」「白馬城の花嫁」。
詳しくは「京都ヒストリカ国際映画祭」のHPをご覧あれ。
http://historica-kyoto.com/

 また、今年は、映画「祇園祭」の製作公開50周年なので、上映会(10月27日)とシンポジウム(28日)が京都大学で催される。人文研アカデミーという団体の催しで、先日、主宰者の谷川建司さんから、招待状とチラシをいただいた。谷川さんとは去年会って、「祇園祭」と錦之助のことをいろいろお話したことがある。シンポジウムは、映画研究者たち発表会なので、あまり興味が湧かないのだが、錦之助研究の参考になるかもしれない。
まあ、そんなわけで、今、京都へ泊りがけで行こうかどうかと迷っている。





コメント

錦之助映画祭りをラピュタ阿佐ヶ谷で

2018-09-24 13:21:11 | 錦之助ノート
ラピュタ阿佐ヶ谷で来年の春、「錦之助映画祭り」(仮題)を催すことになりそうだ。
きのう、支配人の石井さんといろいろ話して、ぜひラピュタで特集を組みたいので協力してほしいと要請された。
私が代表をつとめる錦之助映画ファンの会では、これまでずっと池袋の新文芸坐で錦之助映画祭りを企画開催してきたのだが、2013年11月の「錦之助よ、永遠なれ!」(下の画像)を最後にやっていない。
ラピュタではこれまで錦之助の映画をいろいろ上映してきたが、錦之助だけの特集を組むのは初めてである。時代劇俳優の特集では何年か前に近衛十四郎をやっているが、それ以来ではあるまいか。
今回の「絢爛 東映文芸映画の宴」では錦之助主演作を5本上映しているが、来年の春(3月~5月の約2ヶ月間)にやるとなれば、この5本を除き、30本くらい上映することになるだろう。
ニュープリントも、ラピュタと錦之助映画ファンの会で製作費を出し合って、2,3本は作ろうと思っている。
乞うご期待!




コメント

『ちいさこべ』を見る

2018-09-22 14:48:18 | 錦之助ノート
ラピュタ阿佐ヶ谷通いが続いている。
先週土曜は、支配人の石井紫(ゆかり)さんに頼まれて、私の作った錦之助関係の本を6種類持っていった。ロビーの映画書籍コーナーに置いて、販売してくれるというのだ。ラピュタでは、これまで東映作品の特集があるたびに、何度も売ってもらっている。ちょぼちょぼしか売れないのだが、ジュンク堂や紀伊國屋書店よりも売れるので嬉しい。
ラピュタの石井さんとはもう十数年の知り合いである。映画館には珍しい女性の支配人で、しかも昔から評判の美女。最初に会った時は、可愛らしい女子大生のようだったが、今もほとんど変わらない。彼女のプライベートなことは全然知らないが、きっと映画が恋人なのだろう、と私は勝手に思っている。
で、土曜は本を納品した後、『娘の中の娘』を見た。『恋愛自由型』と同じく、ひばりちゃんと健さんのラブ・コメディで、監督も佐伯清だった。しかし、こっちは出来があまり良くなかった。

昨日は、『ちいさこべ』を見にいった。
昼過ぎに行って、1階のロビーの書籍コーナーを見ると、テーブルの上の真ん中に、他の出版社の本を脇にのけるかのように、私の持っていった本がずらっと平積みで並んでいる。
石井さんがいたので、「いいとこ置いてくれて、ありがとう!」と言うと、「あのー、もう2冊売れちゃったのがあるんで、また今度持って来てくれませんか」と石井さん。錦之助映画ファンの会の記念誌「青春二十一」の第三集なのだが、3冊入れて2冊売れてしまい、残り1冊。錦ちゃんファンが買ったのだろう。
ロビーに映画狂の落語家・快楽亭ブラックさんがいたので、声をかけ、ちょっと話をする。『ちいさこべ』は何年か前にフィルムセンターで見たそうだが、いい映画だったので、また見に来たとのこと。
ラピュタは2階が映画館になっていて、切符の番号順に案内されて外階段から2階へ上がっていくのだが、48席の小さな名画座である。入りが悪いと数名しかいない寂しい時もあるが、この日の『ちいさこべ』は、雨の日にもかかわらず、30名以上入っていたかと思う。



さて、『ちいさこべ』(田坂具隆監督、錦之助主演、昭和37年東映京都作品)、171分の大作である。私がスクリーンで見るのは3度目なのだが、今度も途中で泣けてしまった。前回も前々回も同じ箇所だった。この映画を見たことのない人には分からないと思うが、焼け跡で子供達が人形劇をやる場面になると、目がうるんでくる。私だけではなく、見た人の多くがそうなのではないかと思う。感動して胸が痛む映画というのは、そうざらにあるわけではないが、私にとって『ちいさこべ』はその一本である。山本周五郎の原作は、ずいぶん昔に読んだことがあるが、映画の方が感動的だった気がする。

映画が終わって、感動さめやらないまま席を立とうとすると、ラピュタ館主の才谷遼さんも見ていた。彼とも知り合いなので、挨拶すると、早速お茶でも飲みに行こうという話になる。
で、才谷さんと近くの喫茶店へ行き、1時間余り雑談。また、道楽で映画を撮ったと言うので、その話を聞く。現在編集中とのこと。宣伝用のチラシをもらう。原案・脚本・監督才谷遼、映画のタイトルは『ニッポニアニッポン』。
才谷さんと別れて、馴染みのラーメン屋で夕食をとり、ラピュタでもう一本映画を見た。

『カレーライス』(渡辺祐介監督、昭和37年東映東京作品)。初めて見る映画である。阿川弘之の小説が原作だそうだが、その小説は知らない。江原真二郎と大空真弓が主演の恋愛喜劇で、出版社を首になった二人がカレーライス屋を始める話なのだが、出来のほどはまあまあだった。面白く作ろうとして、所々で客受けを狙ったのだろう。封切り時のことは知らないが、今見るとあざとさが目立って、笑えない。共演者の若水ヤエ子、世志凡太は、当時は人気のあった喜劇役者だったが、もう見るに堪えない。
それに江原さんには悪いが、こういう三枚目のような役には向かない感じがした。江原真二郎と言えば、今井正監督作品の『米』『純愛物語』の青年役、時代劇では内田吐夢監督作品『宮本武蔵』五部作での吉岡清十郎役などの印象が強すぎるからだろう。
私が見たこの回は客の入りも悪く、10名ほどだった。
『カレーライス』、才谷さんの話だと、ラピュタで上映するのは二度目で、前回は江原さんご自身が見に来たそうだ。才谷さんがこの映画、面白いから見てよ、と勧めるから見たのだが、残念ながらそんなに面白くなかった。


コメント