この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

凡庸な印象しか残らないファンタジー、乙一著『Arknoah 1 僕のつくった怪物』。

2013-10-20 22:44:22 | 読書
 乙一著『Arknoah 1 僕のつくった怪物』、読了。


 おそらくですが、今、このブログに目を通している誰よりも自分は乙一との付き合いが長いです(付き合いが長いと言ってももちろん一方的なものですが)。
 ジャンプJノベルズの『夏と花火と私の死体』の初版本を所有している人なんてそうはいないでしょうから(初版は相当少なかったはず)。


   
 シワなし、破れなし、汚れなし、帯つき、ついでに愛読者カードつきの初版本。たぶん、現存する中で最も状態の良い一冊。一万円なら売ってもいい。笑。

 デビュー以来、ほとんどの著作を購入しています。
 一番好きな作品は中田永一名義で書かれた『小梅がとおる』かな。何度読んでも、松代さんと土田さんが柚木に声をそろえて「当然でしょ」というシーンは泣けます。別に泣くシーンではないのだけれど。『ラクガキをめぐる冒険』も同じぐらい好きです。

 逆にパッとしないと思うのは、そうだなぁ、『冷たい森の白い家』か『神の言葉』あたりかなぁ。この二作が不出来であることは乙一自身認めてませんでしたっけ?

 さて、最新作『Arknoah 1 僕のつくった怪物』ですが、正直、かなりつまらなかったです。
 自分にとって乙一という作家の作品は、設定の奇抜さと展開の妙に感心させられるのですが、『Arknoah 1 僕のつくった怪物』に関して言えば、特に感心することはありませんでした。
 設定は誰かがすでに思いついていそうで(というか、いじめられっ子が本の世界に逃げ込むというのはエンデの『はてしない物語』に酷似し過ぎ)、展開は本当にとろくて、読むのがかなりきつかったです。
 
 本の世界であるアークノアの設定があまり魅力的でなく、その上独創性、説得力、ともに欠けているように思えました。
 すべてが創造主が作り上げた世界であるなら、異分子もすぐに排除できそうなものだけどなぁ。
 それにアークノアの住人の不死性も上手くシステムとして成り立っているようには思えない…。子どもの住人はいつまでも子どものままってこと?その子どもは何年生きても知識を得ることはないの?そこら辺の説明もされてなくて、読んでいて、モヤモヤしてしまった。

 まぁ本作は三部作ということなので、最終的な評価は第三作を読んでからにしたいと思います。
 正直、続きもあまり気にならないのだけれど…。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 頭隠して尻尾隠さず。 | トップ | これは面白かった!伊坂幸太... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-06-06 20:55:35
僕も厨房で乙一大好きですがなんか作風違うなぁって思いました。正直あんましって感じです
ですよねぇ。 (せぷ)
2014-06-07 06:14:16
作風は気にならなかったのですが、アイディアや作品の出来そのものがどこまでもフツーでした。

乙一の作品を読むとたいてい「えー!?」という驚きがあるものなのですが…。
付き合いが長いとは… (名無し)
2016-11-12 16:47:53
 付き合いが長いなら
今回の作品は作風が違うのは誰でも
分かる。

だからと、いってつまらないと
否定するなら付き合いが長いなんて
言葉使わないでほしいね。

作風が変わっても
乙一さんの良さの真の良さは
何も変わってない

ちゃんと、読めば普通に面白い。
大体、批判するくらいなら
Upしないで
ご自身の胸の中で一生考えててね。
それは違うと思いますよ。 (せぷ)
2016-11-13 00:57:29
名無しさん、いろんな意味でそれは違うと思いますよ。

>ちゃんと、読めば普通に面白い。
ちゃんと読めば普通に面白い、ですか。
名無しさん、お伺いしたいのですが、あなたは乙一の作品に、“普通の”面白さを求めているのですか?
あなたはそうなのかもしれませんが、自分は違います。
自分が乙一に求めるのは“突き抜けた”面白さです。
読んでいて、ぐわっと魂を鷲掴みにされるような、もしくはハンマーでガツンと頭を殴られるような、そんな面白さを求めています。
あなたみたいにハードルを低く設定してはいないのです。

>大体、批判するくらいなら
Upしないで
ご自身の胸の中で一生考えててね。
批判記事は一生胸の中にとどめておくべきだ、というのですか?
贔屓の作家であれば無条件に面白いと思えと?
盲目的に作品を肯定するような環境がその作家にとってプラスになる、本当にそう考えているのですか?
名無しさん、作家にとって何が本当にプラスになるのか、あなた自身もう一度考え直しては如何でしょうか。
Unknown (Unknown)
2019-09-29 18:25:38
ちょっと読み込みが足りない気がします。
同じく新人の時から読み込んでいる付き合いの長い者ですが、乙一の魅力は奇抜さだけではありません。
刺激の強いものを取りすぎて、出汁の味が分からなくなった人のような意見のように思えました。
特に今回は三部作。
ファーストフードなような読み方をしていては勿体ないと感じました。
求めるものが違うのでしょう。 (せぷ)
2019-09-30 23:07:55
Unknownさんと自分とでは乙一に求めるものが違うのでしょう。
Unknownさんであれば、『ダンデライオン』を読んでも満足されたのではないでしょうか。
『ダンデライオン』は深く読み込む価値のある作品でしたか?何度も読み返したくなる魅力のある作品でしたか?

それから、例え書き捨てのコメントだったとしても、名前の欄を未記入で済ませることは感心しません。
次からはHNをちゃんと名乗られてくださいね。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事