上砂理佳のうぐいす日記

公務員マラソンランナーの川内選手、ボストンマラソンで優勝後プロ転向しましたが、勇気あるなあ~と感心したり心配になったり★

名古屋・岐阜展示会案内★

2013-10-31 | うぐいすとお仕事

「なごや・金のしゃちほこと豚さん(あるいは味噌とんかつ)」

【名古屋・岐阜個展のご案内】
名古屋松坂屋と高島屋岐阜店にて、10/30(水)~11/12(火)、展示会を同時開催しています。
期間中無休です。サイン会予定は↓
★高島屋岐阜店8Fインテリアアートギャラリー(TEL 058-263-5290)
  11/9(土)午後2~4時
★名古屋松坂屋北館2Fアートステーション(TEL 052-264-2732)
  11/10(日)午後2~4時
…となっております。
秋の新作版画と水彩原画もあります。お近くの方はどうぞお立ち寄りください

今回も展示会PR用に、「名古屋名物」のイラストを描きおろし!
この「ご当地」を描くということは、自分の「筋トレ」のような気がします(笑)。
普段使わない筋肉を使って、描いたこともない物を描く。。。
名古屋はやっぱり「金のしゃちほこ」。そして「味噌」。
矢場とんの味噌トンカツ有名ですね。
今回は、しゃちほこをスマイルにして(実際はもっと恐ろしい表情)、このエビぞり状態を豚さんにもやってもらいました。
描いてて、「意外と豚は体が柔らかいかもしれない…」思たわ(笑)。

そして、岐阜は今回初めて行きます。
私はむか~し名古屋に住んでいたので、ある程度「名古屋感覚」はわかると思うのですが、実は岐阜は良くわからないのです。
ぎふ!ぎふ!?
「ケンミンショー」とか見たけど…。ご当地って何だ?
と探していたら、「長良川の鵜飼い」がありました。
そうでしたね。鵜飼。有名!
ということで、岐阜の「ご当地」は、鵜飼の「鵜さん」が逆に人間をとらえて天に飛んでいってしまった~という構図にしました。
なんかあれ(鵜飼)見てたら、ちょっと「鵜さん」可哀想な気もするのよね。。。
頑張れ鵜さん!(うーさん?)


「ぎふ・長良川の鵜飼(あるいは鵜さんの反乱)」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GP開幕★スケートアメリカ

2013-10-22 | 13-14コンペとショー
今季もいよいよフィギュアシーズン本格的に始まり。
真央ちゃんの優勝で開幕したGPシリーズですが、真央ちゃん「横綱相撲」でありました。
あの「ラフマニノフ」…大ちゃんが初めてスケアメ優勝した2005年スケートアメリカを思い出します。やっぱり名曲なんですよね。
このプログラムをもってきたことは、「五輪金メダル」を強く意識していると思います。キムヨナ選手が怪我でGPシリーズを欠場してるので、さあこれから、どうなるんでしょうね~。

大ちゃんは、実質№1シードでしたが、開幕前の町田君絶好調!情報を聞くにつけ、厳しい戦いになるなあ…と予想してました。
普通、GP初戦は、どの選手も仕上がりが遅く出来が悪くて当たり前なんですが、さすがに日本男子は競争が熾烈ですから、実績に欠ける若手選手は初戦からブイブイ飛ばしてきます。
私は町田君大好きだから、SP、FS、EXとも素晴らしい出来でスタオベしちゃうのですが、それより大ちゃんの不調が気にかかります。

う~ん、公式練習では跳べているジャンプも、なぜか本番で決まらない。まだプログラムの通し練習が十分でないからでしょうが、他の4回転ジャンパーが、複数の4回転をバンバン決めてくると、やっぱり技術点で水をあけられてしまいますね。
でも、今季の大ちゃんはスケーティングが違う!
あのパトリック・チャンの滑りに、ようやく追いついたような気がします。
スピードがあって全体が大きな流れになっていて、その流れの中でエレメンツを決めてゆく。
まだ今は、前半の4回転に不安があり、後半は体力的に不安、と、色々と噛み合ってない。「心技体」がバラバラなんだと思います。
でも、これからひたすら滑り込んでいけば、すべてがピタッと噛み合って、バンクーバー五輪の時のような演技が出来ると思います。

バンクーバーシーズンも、初戦はフリーの終盤まで体力が持たず、ヘロヘロでした!
GPシリーズも調子が上がるスピードは遅く、第一戦のN杯は何度も転倒して4位。
第二戦のスケートカナダで2位に入り、運も手伝ってファイナル進出。
ここのSPで素晴らしい演技を披露するのですが、優勝を期待されたフリーはサンザン。途中でスピン止まっちゃいましたもんね。
間をおかずに全日本。五輪の切符がかかっていたものの、ライバル織田君がやや精彩を欠き、なんとか切り抜けて優勝して五輪の舞台へ。
…で、年が明けてから、靴が合わず練習が進まず。もう棄権か!?と思われたその時、本田コーチから頂いたスケート靴がピタリと合い、そこから調子が上がって、カナダでの直前練習は好調に。
そして4回転は決まらなかったものの、総合力で銅メダルをもぎとったのでした

と、こう書いているだけでも目が回るアップダウンっぷりです(笑)。
もう大ベテランになっても、やはり高橋大輔は「ジェットコースター」なのでした。
ファンになって遂に12年目に突入しましたが、あの頃の「大丈夫かい!?この子は!?」というハラハラは、やっぱり永遠に続くもんなんだね…^^;
でも、前だけを向いて、頑張れ大ちゃん★
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

個展案内★泉北高島屋

2013-10-15 | うぐいすとお仕事

「千利休」

★泉北高島屋さんで版画と水彩の個展開催中です。
10/9~10/15本日までは、5階インテリアアートギャラリーにて。
明日10/16(水)~10/22(火)までは、同じく5階「わくわくスポット」にて展示します。
私は、10/20(日)の午後2~4時にサイン会でまいります。
詳細は、泉北高島屋5階インテリアアートギャラリー(072-294-3353)へお問い合わせ下さい。

今回展示の「ご当地イラスト」は、とにかく悩みました。。。
「泉北」というのはこのあいだ市長選でニュースにも出た、大阪府南部の堺市を含む一帯なのですが。
堺の名物…あらためて言われると思いつかない(汗)。
代々住んではる方ならピン!ときても、大阪北部の私はうといのです。
くるみ餅かなあ…古墳かなあ…と思ったけれど、母が「そら千利休でしょ」と言うので、
利休さんにお出ましいただきました。
茶室があるのですが、まだ行ったことがありません。
つうか千利休さんって、秀吉に最後に切腹を命ぜられたんですよね。
なんか、かわいそーなイメージ。
顔は、石坂浩二のイメージだなあ(どのドラマや・笑)
そしてお着物では、「古墳(仁徳天皇陵)」を背負って頂きました。
教科書で出てくるアレですね。「前方後円墳」ですね。
(オバQではありません)

しかし、泉北高島屋担当のTさんに「名物って何ですか!?」と聞いても、
じぇんじぇん答えが返ってこなかったので、私だけの責任ではないのよ(笑)★
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋空と★

2013-10-13 | うぐいすよもやま日記
万博公園も、コスモス祭り絶好調!
青い空にピンクが映えて、花のじゅうたんみたいです★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモス日和★

2013-10-13 | うぐいすよもやま日記
コスモスは、ピンクのイメージでしたが、白い花が混じると更に綺麗です★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンオープン★大さん

2013-10-06 | うぐいすよもやま日記
いよいよオリンピックシーズンの開幕戦!まずは大ちゃんだけ感想。
ジャパンオープンで、高橋大輔ウワサの新フリーお披露目…だったわけですが。
ジャンプであれだけミス出ると、正直言って全体の印象は良くない。わたくし的評価は「保留」です(笑)。でもとても、表現するのが難しいプログラムだなあと。
ビートルズ五曲も編集してるし、中盤の大きな見せ場であるステップが「カムトゥゲザー」のタンゴバージョンで、かなり現代アートしてるし。
衣装がクラシック調なので、全編オーケストラバージョンでいくのかと思いきや、「タカハシが一筋縄でいくわきゃないでしょ」…ということでタンゴ入れたんでしょうか。振付師の意気込みは感じられました。
ジャンプは単発では調子良いらしいので、あとは滑り込みでこなれてきそう。ジャンプがスムーズに決まったら印象が変わりそう。
それにしても、テレビで見てても大ちゃんのスケーティングの素晴らしさが際立ちました(´∀`)
振付師のニコルに「ジャンプとジャンプの間のスケートが滑ってない!」と怒られたそうですが、素直に受け入れて、大幅に改善されていると思います。
細かいステップは大ちゃんの最大の得意ワザなんですが、これにさらに伸びやかなスケーティングとスピードが加わると、雄大なビートルズワールドになりそう。
現時点ではプログラム完成度は50%らしいので、ぜひぜひ!精度を上げていって!★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島に雪は降る★

2013-10-01 | うぐいすよもやま日記
鹿児島山形屋の個展も無事に終了しました。お世話になった皆様、ありがとうございました!
山形屋のM店長。少女のよーな…とてもキュートな方なのです。
サイン会の日はなんと鹿児島中が「運動会」。。。そして夕方に桜島大噴火があり、みるみるうちに大量の灰が降ってきました。
一緒に駅まで市電に乗って帰った熊本現代美術館のAさんと、「あ~雪みたいですねえ!」と、キャーキャー騒いでしまった。
いやはや、私も灰には慣れてきたものの、翌日もモクモク大噴火。噴火のあとは必ず雨が降るそうです★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加