上砂理佳のうぐいす日記

BASEで版画のネットショップOPENしました。よろしくお願いいたします★

南海なんば駅にて

2008-08-31 | うぐいすよもやま日記
これからサイン会へと向かう私です。高野山方向へ行く急行に乗って、「堺東」駅で降ります。
あ、今日は関大アイスショーなんだよね~。どんな様子であろうか。また、CSとかで放映してくれないかなあ★。
コメント

「舞う男」を見た

2008-08-29 | うぐいすよもやま日記
個展前にさすがに小奇麗にしなくてはいかん…ということで、なんとか時間を作り、パーマ屋さんへ。あ、「パーマ屋さん」じゃないね。「ヘアサロン」なんですかね、今は(笑)。
その帰り、「ワールド・ミュージック・フェスタ」という野外の催しものをやってて、アフリカから中東から南米から…いろーーんな楽器のミュージシャンとダンサーがライブをやってました。いや演奏してるのは全員、日本人なんだけど。
インドの楽器「シタール」奏者の人がいてて…素敵だったなあ。神秘的で。確か、梅田にシタール教室があったのかな?私、民族楽器を弾きたいのですよね。
シタールはさすがに相当難しいらしいけど、いや難しいなんてもんじゃないよな。とりあえずウクレレから始めるか(笑)。
最後は日本舞踊の人が出てきて、舞いをひとさし舞っておりました。
この男性、「玉三郎的メイク」でもなく「ナチュラルメイク」でもない。
茶髪でアイラインもシャドゥもくっきり。鼻はあくまでも高くって、遠目に見てもビジュアル系バンドの人っつーか、「外人さんのマネキン」そっくり。いや「マネキンが踊ってる」!
しかし、バシッ!ばしっ!と「キメ」の所が力強く、でも流麗で、所作の一つ一つがなんとも美しい…専門的な事は何も解りませんが、まるでモダンダンスの如く魅惑的でした。あれは筋力もすーごくいりますね。「しゃがむ動作」が多いのですよね。男性がやるのに向いてるのかな?
11月からツアーみたいなことをやるって言ってたけど、プログラムも何も無いので、どこの誰やら名前もよくわからない~。どうも○○流とかじゃなくって、フリーで踊ってるみたいな。
「えん」という名前だけ聞こえました。「Yen」?「円」?「縁」?
しかしその人は自分の舞台が終わったら、スタスタと客席にやってきた…座る姿勢も美しい。でもお顔はやっぱりマネキンっぽい…^^;
もう一度また見たいな~。「舞う」男は美しい。美しいよ。
あ、着物の中は「赤いももひき」状のものを履いてらっしゃいました。パカッと足を開いた時に赤いもんがチラチラ見えて、実に色っぽい。あれもまた計算された演出なのかなー(笑)。
コメント (2)

五輪おわったね~雑感うだうだ★

2008-08-25 | モロモロのスポーツ
結局、北京五輪のマスコットって、名前何でしたっけ…確か5人(匹?)いましたよね。
やはり「小熊のミーシャ」を越えるインパクトキャラは無いわ。
ミーシャ、かあいい!かあいかったよ~!(^^;)。



閉会式は「ジミ・ヘン」出るとは聞いてましたが、やっぱりトシとったね~。もはや「村の長老」ではないか。「長老」とエレキのキュイ~ン音との対比が、面白いというか物悲しいというか。
ロンドン五輪では、D・ボウイとかB・ジョージとかB・ゲルドフとか出てくるのかな。んで「We are The World~♪」とか歌うのかな。んじゃーエルトン・ジョンも出ないとね。でも、ボウイとかその頃生きてるかな…(おっと)。
「ロンドン五輪・予告編」を見てたら、やっぱりイギリスはパンクロック色で押してくるんだね~と面白かったです。それと「ミュージカル」ですよね。舞台の本場というか…シェイクスピアで何かやるのでしょうか。ロイヤルバレエやオペラの方々に出て頂きたい。女王陛下もトーゼン出るのよね。
みんな4年後まで元気で元気でね(!)



星野ジャパンはいい所なく終わりましたが、しゃーないんちゃうかな~。プロ選手は「この日の為に、4年間の全てを賭けます!」ってワケではないし。星野さんが憔悴してて気の毒でした。でも「負け」をしっかり認める気概がオトコマエでしたね。
あ、野球は、ダルビッシュの坊主頭が収穫(高校時代に戻ったみたいだ・笑)。

水泳に始まり、柔道・レスリングで順調に成績を上げ、体操は伝統の名誉を守り、陸上リレーで予想外のメダル、そして感動の女子ソフト金メダルで大団円!…と。うまくいった、成功の日本陣営ではないでしょうか。
とにかく楽しかった!ありがとう五輪!わたしゃこの夏は仕事漬けだったので、五輪があって、超・有難かったです(笑)。
ほぼ90%NHKで見てたので、余りストレスも無かったなあ。トリノ五輪の民放放映がヒドかったもんで「もう懲りた」。
今回、民放もちょこちょこ見ましたが、目玉競技がスタートするまでが長すぎる!LIVE中継との兼ね合いで難しいのかもしれませんが。TBSの世界陸上のあの「イシンバエワ!このあとスグ!」ってノリを思い出しました。「スグ!」から1時間は延々かかる(笑)。
各局ともご多分にもれず「五輪テーマ曲」があったのですね。SMAP、レミオロメン、嵐、福山雅治、そしてNHKのミスチル。全部男性ボーカルなのが印象的でした。ま、ミスチルの、一人勝ちかな~。個人的には、レミオロメンが遂に五輪タイアップ!ってのが衝撃的でした(笑)。
あ、今回は修造。どうだったんだろう?
見てた方、修造はやはり「熱かった」ですか?織田裕二とどちらが?
この五輪余波で、GPシリーズの修造が怖いのですが(笑)。



シンクロや新体操団体を見てたのですが、中国は躍進しましたねえ。そりゃ「国家的プロジェクト」ならメダルも獲るわな。私はこの先、韓国が伸びそうな気がします。日本は…頑張らないと~。でも新体操の「フェアリー・ジャパン」綺麗かったな~。4年後には入賞出来ると思うので、応援したいです。

シンクロは、デュエットは良かった…というか、中国のミスに助けられて辛くもメダル死守!でも、団体戦はプログラムの選曲がいまいち~だったように思いました。
ロシアは華麗・貫禄。スペインは迫力・個性。中国は「いかにも中国らしい」特徴を良く出してた~。曲が壮大な「ちゃいなー」スケールで、印象に残るワザも多かった!
日本は繊細で正確なんだけど、「龍神」=水の神様ってテーマがいまひとつはっきりしなくて、口からピュッピュと水吹いてた(笑)イタリアチームの「蛇」に負けてました。選手の能力的には変わらないのじゃないかしら。だから「作戦負け」に思えました。
失神してしまった小林選手はその後、無事にバスに乗って帰ったということで、あーよかった。シンクロは華麗に見えてきついスポーツなんですね。
小谷(実可子)さんが「メダルを失ってみて初めてその偉大さがわかった」、言ってましたが、私もそう。ずーっとメダルを獲り続けるって並大抵のことじゃない。
でも、敵の中国側について見事にメダルを獲らせた井村コーチはきっと、「日本よ!この挫折でもっともっと強くなれ!」と思ってるんじゃないかな。

敗北は次の勝利への原動力となる…そうだ。そうなんだ!
コメント (4)

個展のおしらせ・2つ★

2008-08-19 | うぐいすとお仕事
                        月 光 浴

大阪での個展案内ですー★お近くの方は良かったらお越しください。
私はもう今までの個展案内で、本名ばれちゃってるからいいのです(笑)。
「うぐいす個展」ではないのです。お気をつけください…なんて^^;

★8月20日(水)~9月2日(火)★
  銅版画・水彩画個展 
   高島屋堺店(南海高野線 堺東駅すぐ)TEL(072)238-1101
   8階インテリアアートギャラリー
   10~19時半(最終日は17時まで)無休
  8月31日(日)午後2~4時にサイン会
       額装品をお買い上げの方は、額裏にサインいたします。  

★9月4日(木)~9月9日(火)★(主催:ギャラリー美游館)
  個展「あした見る夢」  
   ギャラリー4匹の猫 2階 「あした見る夢」 
   (阪急梅田駅茶屋町口より徒歩1分 ロフト近く)TEL(06)6359-6516
   11~19時(最終日は18時まで)無休
   9月8日(月)を除き、会期中は作者がおります。
   ↓詳細・地図などはこちらから   
  関西アート情報・アートナビ
  ギャラリー美游館・セレクトギャラリー

高島屋堺店では銅版画メインです(水彩は2枚)。お買物ついでにどうぞ!
「ギャラリー4匹の猫」では、描きおろしの水彩原画14枚と小さい銅版画の新作がメイン。こちらはプロデュースが「ギャラリー美游館」さんです。
展覧会に関するお問い合わせ等は、会場か私あてに。
メールアドレスを御存知無い方は、rsp8skateとmail.goo.ne.jpの間に「@」を入れてメールしてください。

水彩画は私の「夏休みの宿題」でした(笑)。昨日発送して、これから額装してもらうので、まずはホッとひと息。今は一所懸命にDMの宛名書きやら小物版画を刷り増ししてます。
いちおー「Ocean Waves」の曲から閃いたものと、「eye」の曲からイメージしたもの(水彩画)があるのですが、「ぜんぜんちゃうやん」って感じ。いいのです。あくまで私のイメージだから(笑)。
昨年の浜松でやった水彩個展の画像もまだ整理してない…色調整しないとWebでは色が出ない~またいつかきっとします。すみません(笑)。
「バチェラレット」の絵も、描いた時はむーっちゃ気にいってたんだけど、今、見返すとどうもイマイチなのです。そんなこと言ったらお買い上げのお客さんに怒られそうだけど…。でも、もう一度トライしたいのです。納得出来ない!
私の水彩って、いっさい下絵無しで「一発勝負!」なんです。「書」みたいな感じ。
気持ちの揺れやコンディションがそのまま出てしまうので、イライラしてたら描けないし、1枚失敗して締め切りが迫ってる時なんてもう、焦る焦る…まるで、最初の4回転に失敗したスケーターだ~。
なので、この時期にG・ウィンストンのCD聞いて助かりました。
cobaを聞くと「新しい事をやろう!」というか、ややサイケデリックな気持ちになるけど、ウィンストンはなんかこう「まっさらな気持ち」になるんです。

あ!こないだデュシュネイ兄妹の「Ocean Waves」見ましたよ。Yのつく動画サイトね(笑)。いがったね~~~~~。91年のユーロのFSですか。
でもその動画のコメント欄(英文)を読んでたら「1月の星」(Winter into Spring~の1曲目に入ってる)で滑っていたのは、トービル&ディーンである!ということが判明しましてん。
私、こないだ「“1月の星”で誰か滑ってなかった?聞いた事(見た事)ある!誰だったんだろう?」とわめいてましたでしょ。もー。気になって気になって仕方なかったの。
で、「T&Dがプロ転向1年目に滑ったプログラム」とありました。ああ、きっと私は日本のTVで見てたんだな~と。あの頃は「世界プロフィギュア」とか「ホリディ・オン・アイス」とか、民放で普通にプロのショーの放映あったと思うのです。
だから記憶の隅にあったのかな~。とても美しい曲だったから覚えてたの。ああ、コメントしてくれた方、どこの誰やら知らないが(笑)ありがとう。

「デュシュネイ兄妹」とくれば「クリモワ&ポノマレンコ」とくれば「トービル&ディーン」…の話を出してしまったら、えんえんと長くなるのでまたの機会に書きたいのですが。そう、この時代のダンスを見てた方は結構多いと思います。
カメレンゴさんも、この91年あたりは現役バリバリのアイスダンサーだったわけですよね。だから、デュシュネイたちの「Ocean Waves」も見てたはず。
やっぱり当事はかなり話題になった「エポックな」プログラムだったんだと思います。
う~ん。さんに「突撃インタビュー」で聞いてみたい!!!

展覧会告知で終わるハズが、結局フィギュア話に…^^;(あきれる)
コメント (10)

COIのこと★

2008-08-18 | フィギュアこんな話も
★★★★★
んで、午前中にCOIの件を問い合わせてみました。
「…出演交渉中の段階で、手違いで掲載してしまい申し訳ありません。
 高橋選手の出演については、1週間位のうちに、あらためて発表します」
というお答えでした。
COI公式HPにも、お詫びの文も載せるそうです(今見たらNewsに載りました→)。各プレイガイドにも指示を出しているということです。
払い戻しに関しては「基本的には考えていないが、出演する・しない発表後に、検討するかもしれない」という微妙なニュアンスの回答でした。ここら辺は私も責任持てません。気になる方は自力で問い合わせてみて下さい(私に質問されても無理です)。
どうも多数の問い合わせ電話があったようですが、受付の方は丁寧な対応でした。しかし、どうなんだろ。主催者側の腹の内を詮索しても仕方ないし。
もし、大ちゃん側が全く予定に入れてなかったのに、COI側がゴリ押し…みたいになっても困るなとも思うし。
この時期は本当は調整優先の筈なんすよね(ジョニー、スケアメ出るのに来日しててOKかー?)。でも、現役選手のウォームアップにはいいかも…だし。新プロ見たいのもヤマヤマだし(見たい!見たいよ)。う~ん。

北京五輪を見ていたら、“バンクーバーまであと1年半”ってのが、かなり現実として迫ってくるのですよ。もう既に今この時は、五輪への調整段階なのだと思わざるを得ない。
だから細心の注意をはらってスケジュール組んで欲しい。私はやはり「調整最優先」希望するけど、どんなもんでしょう★
(尚、こういう話題は荒れやすいので、コメント受付しません。ご了承下さい)

コメント

後半戦!

2008-08-18 | うぐいすよもやま日記
14枚目の水彩画を描き上げた~バタッ。
しんどかった。楽しいけれどしんどい作業だった。もう精神的にここがギリギリ。そして締め切りもギリギリ。
しばらく「Ocean Waves」でも聞いて「まったり」しなくては回復できないー。
★★★★★
私、↓で「大ちゃんCOI出演!の連絡もらった~」と書きましたが、その後、他のお友達から「名前無いんだけどー」とメールが来まして。
あわててCOI公式HP見たら、確かに無い。いったん掲載されたのに削除?
ずっと携帯からブログ更新したりコメント書いたりしてたので、私も公式HPを見て確認してなかったのですよね…まあ、自分自身が即決できない状態なので、深く考えてなかったのですが。
もしも、ブログ読んでそのまま確認せずにチケットおさえちゃった方がおられたら、すみませんすみません(平謝り)。そんな方はまずいないと思うけど…責任感じるな。
やっぱりちゃんと主催者側に問い合わせた方が良いのだろうか。そだよね。高額のお金が絡む事なので。私も余り無責任に書かないように気をつけます(はい)。
しかし、なんで?なんでやろ。
★★★★★
体操男子種目別では新鋭内村君(体操王子?)、落ち着いてはいたけれど、ワザを一つ抜かしてしまったのでした。3ルッツがダブルになっちゃったみたいな。あ~。でも、あんまりトントン拍子に成功しちゃうより、ここでちょっと勉強した方が良いのかな。
私の御贔屓・冨田選手は、きっちり爪先まで美しいあん馬を見せてくれました。でもちょっとスピードが無かったかな~。さすがにあのメンツの中では苦しかったかも。でもやっぱ好きだす。あのストイックさがたまらん!(^^;)

女子マラソンはLIVEで見てたのですが、何より土佐選手が無念残念!
直前の記者会見で「外反母趾を少し痛めているけれど、レースに影響は無いでしょう」と明言されていたのですが。やっぱり、マラソンの長丁場だと「少しの痛み」でも響いてしまったのか。リタイア場面が痛々しい(涙)。ゆっくり休養して治してください~!
でも、岡山期待の星★中村選手のサワヤカな走りは拍手モノでした。マラソン2回目で五輪13位は、大健闘ではなかろうか?笑顔でゴール出来る体力も立派。
日テレのスタジオは悄然としてましたが、レース終わったら大きな拍手して選手を讃えようよ~!マラソンの過酷さを見てたら、あの場に出るだけでも讃えたいわ。
北京のマラソンコースは緑いっぱいで、天安門も見れたし、おもいっきり「ウェルカム中国」アピールしてましたね。大阪の世界陸上のマラソンコースは、やっぱ駄目だったなあ。街が綺麗じゃない~!あれを見て「大阪なんとかせにゃ」と深く反省した大阪人です。

あとは…水泳の男子リレーも感動。「北島メンチカツ」食べたくなった(?)彼は今後どうするんでしょうね。まだまだやれるんじゃないかしら。女子も健闘したし、やっぱ日本競泳陣は華やかで強かったですねー。
柔道・卓球・女子レスリング・バレー…とめまぐるしく、気がつけばもう五輪後半戦へ。早い!
こんなに短かったかな。冬季五輪が2週間だったのは覚えてるけど、夏季五輪って3週間だとばかり思ってました。あれ?
後半戦は、シンクロナイズドスイミングと新体操、棒高跳びetcが楽しみです(NHK、飛び込みを放映してくれ~)★
コメント

本橋選手と★

2008-08-16 | うぐいすよもやま日記
★オリンピックの「なでしこジャパン」、頑張ってます!
陸上もスタート。為末・朝原予選落ちが悲しい私ですが、福士さんの10000M激走にウルウル。明日はいよいよ女子マラソン!
しかし、ずーっとNHKの五輪中継見てたので、フジのダメっぷりが昨夜はよく解りました。なんだ、あのつぎはぎ番組構成は。あれでバンクーバーのフィギュアやられたら、たまったもんじゃないよ~。

★関西のお盆は、京都の大文字と共に去っていきますね…私はこないだ墓参りに行ったばかりなんで、もうパスしますが、なかなかじじ~んとくる行事です(誰か見に行くー?)。

★大ちゃん、COIに追加出演だよ!とお友達から連絡が。ひゃー、この時期は苦しいよ~10月にまた展覧会あるのよね。悩みますわ。
あ、ブログ検索していたらね、カーリングの本橋麻里さんの公式ブログに、大ちゃんの写真とテレビ番組出演の記事が!
一応、身長で負かされてはいないようだ。セーフ。ってか、髪のボリュームでごまかしとるな(笑)。
しかし「うた○ん」に出て何するんだろ。アスリート達でまさかカラオケ披露?
コメント (3)

お盆です★

2008-08-14 | うぐいすよもやま日記
「おぼん」のお提灯出してます。
ウチは、自力で買ったものと、親戚連中からもらったのと2つあります。
毎年毎年、「ちょうちん、どうやって組み立てるんだっけ~?」と手こずります(いい加減おぼえなさい、あたし)。
お花も、ハスの花入りのものに替えました。しかしね~お盆用の仏花って1260円もするのよ。高っ。仏様グッズの値段に、いちゃもんつけちゃいかんけどさ…(すぐに値段の話をするのが関西人)。

提灯の中でユラユラまわる灯篭を見ていると、しんみりします。
4年前のアテネ五輪、私はほとんど覚えてない。特に前半は。後半は「野口みずき金メダル!」とか覚えてるんですが。
ちょうどアテネの開会式が、父のお葬式の前日で、葬祭会館で過ごしてました。親戚連中は遅くまでロビーで開会式見てたっけ。だから、五輪前半はバタバタしてて、まったく覚えてないのです。

「チョー気持ちいい!」はニュースで見たのかな?その4年後にまた聞けました!でも、北島選手、200Mは落ち着いたインタビューだったね~。やっぱ100Mが一番の難所だったんだろね。200Mはハンセンもいないし。
そうこうするうちに、体操の男子!団体で中国の強さに恐れ入りましたが、個人総合、おもろかったかな~。私の好きな冨田選手が…まさかの吊り輪落下で凍りつきました(涙)。でも後半は挽回して、やっぱエースの貫禄でした。悔しそうでつらかったなあ。
内村君は19歳なんですね(あ、この人は私と生年月日が同じだ!)。さしづめ五輪初出場のパトリック・チャンだろうか。怖いものは何もない!豪快でのびのびしてました。生意気そうなところもチャンピオン気質だ!今後が楽しみやわー。
個人総合金メダル、「体操世界一!」は中国の楊威という人でしたが、試合展開がおもろかったのよねえ。前半の得意な吊り輪や跳馬で確実に点を稼いでおいて、後半は貯金を生かして逃げ切り、と。最終種目の苦手の鉄棒では、まるで「4回転無しでも金メダル!」なプルシェンコ状態でした(笑)。
緊張でミスが出ると、一種目終わる度にコロコロと順位が入れ替わる。ロシアはやっぱり体操でも元気が無い感じ。逆にアジア勢の隆盛が目につきます。
あ、個人銅メダルだったフランスの選手、ちょっとF・ダンビエみたいだった。そして王者・楊威は小田和正に似てませんか…(んなアホな)。

私、体操好き好きなんすよね。開会式の最終聖火ランナー・李寧さんも覚えてます。ロサンゼルス五輪の体操エースだったのよね。日本は具志堅!森末!10点満点!の頃。
あれから採点法が変わって、まるでフィギュアと同じ流れですね。難しいワザを確実にキメた人が勝ち!…でも無難に逃げることも出来る。まあ、採点競技はみなそうだ、といえばそうだけど。
中国の強さを見てたら「やっぱたくましーわ」これに尽きる。「オグシオ」「スエマエ」の活躍のお陰でバトミントンも見ましたが、あの中国女子の迫力ってどーよ。オグシオは可憐過ぎるわ…さて卓球はどうなんだろ。
コメント (3)

北京五輪見てるかな?

2008-08-11 | フィギュアこんな話も
(いや、こんな画像じゃダメでしょー…淀川に降る火の玉のような)

★★★★★

開幕前は「オリンピックだっけ~?」と、余り関心が無かったのに、イザ始まってみたら大興奮してしまうものですね~。
北島選手、まずは平泳ぎ100Mで金メダルとりましたっ!パチパチ★
今日は実況生中継を手に汗しながら…あの予選でTOPだった「ナントカオーエン」君?の存在が気にかかって仕方なかったのですが。ダークホースが怖いのがオリンピック。
でも北島選手、実に落ち着いていたあ~~~~。
オリンピックは焦ってはならん!
万全の調整をしてきて、落ち着いていた選手が勝つ!!!
…これや。これやでー。
逆に準決勝まで絶好調だったオーエン君は「勝ち」を意識して、固くなっていた感じ。ハンセンは最後まで波に乗り切れず終わってしまった。
アテネ五輪の「チョー気持ちいー!」より、なんかこう、シミジミとしたインタビューだったわ。泣いているなんて…。プレッシャーも凄かっただろし、4年前より更に重みのある金メダルだと思いました。

★★★★★

さて、ナショナル・トレーニング・キャンプも終わった大ちゃんは、高槻のリンクに帰ってきたのかな(今、JR京都線車内のテレビでは“おばあちゃんの知恵袋”“脳トレ”、劇団四季の“オペラ座の怪人”“ウエストサイドストーリー”CM、が交互に流れてる。大ちゃんも見てるかなー)。
大阪はず~っと35℃以上キープの日々です。昨日の京都なんて36℃だったもんねー。バテるはずよね。

北京五輪、フィギュア選手たちも皆、中京合宿で一緒にTVで試合見てたのかな。そこで「ググッ」と、モチベーションが上がったことでしょうか。
考えてみたら、冬季五輪まであと1年半…。1年半しかない!!!
トリノの頃は「まだ4年もある」と思っていたのに、アッという間です。でもトリノ五輪からここまで、色々色々ありましたよね。密度濃かったなあ。

大ちゃんが最新ブログで、デトロイトの事、新プロの事…語ってましたが。
デトロイトは高校3年の時に行っていた…ということは、「ナイヤ」の年だよね。ロシアのあの小柄なおっちゃん=クドリャフツェフコーチに指導を受けていた頃を差しているのでしょうか?
クドリャフツェフは「ジャンプを跳ばせるのが上手い」コーチとして、つとに有名でしたよね。豪州の某男子選手が、どーしても跳べなかった3A。公式練習で十数分、かのコーチに指導を受けたら、「ヒョイッ」と跳べるよーになったという。そんなエピソードもあったわね(でも、クドリャフツェフってシカゴだったのでは?)。
「…まさかまたここに戻ってくるとは思いませんでした・笑」って^^; そりゃそーだろ(笑)。

でも、ミシェル・リーやJ・ロビンソンはダグ・リーコーチつながりかな?と思うけど、あのジェンキンスコーチとも面識があったのかなあ。
キャロル・ヘイス・ジェンキンスは、美姫ちゃんがトリノシーズンだけついていた、元金メダリストの女性コーチ。とても温厚で上品な…ハートフルな方でした。この方、大ちゃんの新コーチっつうか「監修」してくれないかな~。タラソワさんみたいなポジションで。いや私の個人的願望ですよ。
今、歌子先生、武史くん、トレーナーさんにみやけん先生(?)…と、日本の人が大ちゃんについていてくれて、それはそれで「意思疎通が容易である」という面がとても良いのだけど。
でももう一人、「外から客観的に見てくれる人」がいたらいいんじゃないかなーと思うんです。経験豊かな老獪コーチで。
日本の中だけで「Good!Good!」と思っていても、アチラ(欧米)から見たら「Why?」な面もあると思う。特に表現面で。だから「そんなんじゃ、世界の大舞台では通用しないよ。もっとこうしないと」と、時には言ってくれる人がいたらいいなー、と思うんですよね。
日本の良いところ、海外の良いところ…両方バランス良く取り入れられたら…佐藤有香ちゃんにもその辺り、アドバイスもらってるのかなあ。しかし、相変わらず「お姉ちゃん」格の人がいたら、大ちゃんも安心みたいですね(笑)。

福岡PIWでは大ちゃんきっと、ファンの皆から「振付は!?!?!?」と質問責めだったでしょうね。黙ってても目が「???」と語りかけてたりして(笑)。
私、FSはてっきり「濃い~いラテン」か「亀さん的オペラ」が来ると思ってたんですが。「Ocean Waves」が「2本作ったFSのうちの1本」だったとは!

有川&宮本組がフランスのミュリエルコーチの元で練習してたとき、アシストコーチが亀さんだった…そして、みやけんと亀さんはウマが合ってた…この辺りの事情、過去のワールド・フィギュアスケート誌にもちょくちょく出てきます。
私も全然このつながりに気付いてなかったんだけど、今になってみると「不思議なご縁」があったんだなあ。そう、フィギュアも「ご縁」の世界だよ。
(あ、WFS10号=プルさんの表紙の号に、ミュリエルコーチのインタもあり。72頁には“すっさまじく”オトコマエな亀さんが映っています。この号は大ちゃんやカートのインタビューもあるし、なかなか“買い”です!)

そう、みやけん(又は南里君)つながりで、亀さんと組んでみたのかなーと、そこは容易に想像できますが、「フィーリングが合った!」ってのも納得。
「亀・賢・大」=この3人、なんかこう「好奇心旺盛」な感じしませんか?「面白がり」というか。いつもヘンなこと考えてるというか(笑)。
亀さんが今まで作ってきたナンバーって、「王道・無難系」じゃない。アバンギャルド系…「平凡を嫌う系」ですよね。明らかに。
ミュリエルチームはいつも、芸術的センスに溢れた面白いプロを創ってくるのですが、亀さんもその源泉だったのね…そういう意味でも、このG・ウィンストンの曲を持ってくるのって、「狙ってる」のだと思います。同時に「ダイスケなら出来る!」と思ったのでは。

やっぱり意図としては「ボレロ」みたいな、1本のシンプルなメロディで「ずーっとずーっと流れて滑る」…その中で起伏をつけて、段々とテンションを高揚させて深い余韻を残す…そんなイメージなのかな。
しかし、わたしはこの選曲がとても興味深い!「平凡を嫌って」欲しいです。Daisukeの個性を浮き彫りにして欲しい。大ちゃんってやっぱ「抽象」だと思うんですよ。具象ではない。「ここでこう演技して演技して~」を意識し過ぎるとかえってギクシャクしてしまうので、イメージのままに滑る方が、ダイレクトに伝わるものがあると思うのね。
それに、ここんとこずっと大ちゃんの「流れるような滑り」を堪能しづらいナンバーが続いていたので、欲求不満ではありました。速いステップも「せくすぃー」も見たいけど、やっぱ本質は「滑るように滑るタカハシ」なのよ。それをもっともっと見たかった。

日経新聞の記事で答えているように(ちろさん、日経ありがと~)、リスクの高い演目ではありますよね。ミスが多いと締まりの無い印象になってしまう。
ちょっと昨年(昨季)のサブチェンコ&ゾルコビーのFSを連想しました。あれも、ミス多発のNHK杯では芸術的印象は決して良くなかった。なんか「さみし~い」気持ちになっちゃった。でも、最後の最後、世界選手権での息を呑むようなテンションは素晴しかった!涙が出ました。
あんなふうに成功してくれたらいいな、と思うけれど、それには技術力も更にアップさせないといけないですね…ほんと、大変だ。

「Ocean Waves」は、「まっさらな氷の塊」を与えられて、あとは大ちゃんがどう彫刻をほどこしていくか…私はそんなイメージです。
デザイン画は亀さんが描いてくれて、ある程度、形も削ってくれている。
でも、どう彫っていくかは、大ちゃんの技術とセンスしだい。
「色」が無いので、「造形美」のみで魅了しなくてはならない。色で誤魔化せない分、キツイです。
でも、上手く彫れたら「氷って!こんなに美しいものだったんだ!」…と感嘆させる事が出来ます。それは、バラや果物を描いた油絵よりも、もっともっとインパクトを与える事が出来ると思うんですよ。
「もう1本のFS」も激しく見たいけど、それも本音だけど…これはこれで、極めて欲しいな。極めまくって欲しい。

…と、福岡PIW見てないけど(笑)、関大ブログに応援メッセージしよかな。
コメント (3)

五輪も開幕したっ。花火も見たっ。

2008-08-10 | うぐいすよもやま日記
念願の淀川花火大会、ご縁あって「特上席」で観る事ができました。今日行くために、どんだけ残業したことであろうか…絶対絶命を乗り越えたあたし。偉いっ。あ、デジカメはピンボケなので画像ありません(笑)。
雷は鳴るし雨は降ってくるしで、もう中止になるのか~く~…とヤキモキしてたら、どっかーん!と上がりましたがな。みんなで拍手喝さい。
ハート形やニコちゃんマーク、土星の輪っか(?)、色んなバリエーションで約1時間。酔いもまわってボケ~ッと眺めてました。
金魚すくいは、お友達はそれぞれ6、2、2、1…という成績。私は4匹。今日は金魚がエキサイティングで苦戦。でも「1回100円」という有り得ない安さだった(笑)。大阪では350~500円が相場でしょう。普通。
ああ、もうこれ以上美しい花火はなかろ~ってくらい満足。そう。これで私の「夏のバカンス」は終わった(笑)。

北京五輪、開会式が長すぎて途中で寝たよ(笑)。谷村新司…トシとりましたねえ…いやいや。
コンセプトは「絵巻物」ですか。そうですか。ありがたいようなありがたくないような。
チャン・イーモゥ監督が総指揮だそうですが、なかなか壮大なスペクタクルでゴージャス感あり。楽しめたよん。少なくとも浅利慶太よりは…(あ、小声で^^;)。
衣装が垢抜けててオシャレだよね~と思ってたら、石岡瑛子さんが噛んでいたのね。なんかナットク。中国色を打ち出しつつ、スカートを西洋的に膨らませていましたよね。
しかし総費用ってどんだけなんでしょうね。「国の威信にかけて!」な気合を感じました。恐るべし中国。

ヤワラちゃんは負けてしまったのね。金メダル確実!と思っていただけに、ちょっとショック。でも、潔く「負け」を認めるヤワラちゃんは大人なアスリートでした。オトコマエやなー。
負けた時の態度にこそ、その選手の真価があらわれる…つくづくと。
コメント

今日から「ナショ・キャン」

2008-08-07 | 大ちゃんたら大ちゃんたら
今日はヨガの日なので行って参りました。もう、仕事混んでくると首やら背中やら痛い痛い…。ここんとこは緊張する仕事で張り詰めていたので、もう死にそ!

人間は、背骨に沿って交感神経・副交感神経があるらしいのですが、ここがこって固くなると、自律神経失調症や鬱病になってしまうそうです。
だから、背中を柔らかーくほぐしてやると解消される。そのせいか!もうスッキリ。一日の元気度が違ってくる!特にバリバリ仕事した翌日なんかは。思考・精神状態が違ってくるもんね。
家で本やビデオを見ながらやってても、どうも続かない…私みたいなヒトは、やっぱ最初は先生の指導を受けて「お稽古」した方が圧倒的にいいです。わかりやすい。今、習ってる先生は(全部で4人いらっしゃるのですが)、とても丁寧で優しい良い先生ばかり。ラッキーです♪
自律神経失調症や、気分がすぐれなくって…と悩んでいる方。ぜひ習いに行ってみて!

さて★
福岡PIW以来、日々チェックを怠らなかった(笑)関大ブログ。更新!
やっぱりカメさんなんすよね。 「Ocean Waves」のことも。
そうか。今日から中京で合宿だったんですね。うん。大ちゃん、カミナリ怖がりそーだから、この北大阪にいない方がいいよ(笑)。
詳しい感想はまたあとで~★カミナリ鳴りまくりなので早く出かけないと…)
コメント (4)

膨らむ妄想★

2008-08-05 | うぐいすよもやま日記
↑携帯で撮ってるのでうまく出ないかも。

ジョージ・ウィンストンって余りにも名前がポピュラーなだけに、盲点でしたね~。「Autumn」はCD持ってたと思うけど、この「Winter into Spring」は知りませんでした。
試聴しただけでもう、絵のイメージがばんばん湧いてくる。ありがたや。(このアルバムの一曲目の“1月の星”って、フィギュアスケートのプログラムで誰か滑ってなかった?気になって仕方ない…知ってる方、教えて!)
「波」は、余りに綺麗な、震えるように繊細な曲で泣けてきます。あ~、こういうので一度やって欲しかったんだよ~。どんな滑りなのか…ブログやBBSの福岡レポを読ませてもろて、妄想膨らむ膨らむ。
でも、今の時期に聞いたら「夏の海」かな?と思ってたんですが、これは「冬から春へとむかう海」なんですね。
もう冬の暗い灰色の海ではなく、春の始めの淡い光がキラキラしてる穏やかな海。波も大きくゆったりと、ひねもすのたりのたりかな…みたいな?
まあ、勝手に妄想させてもらったおかげで(笑)、昨日は1日中イメージにどっぷり浸って、絵と格闘してました。最初は「波打ち際の乙女」の予定だったのですが、なぜか「睡蓮の池にたたずむ乙女」に。でももっともっと、色んなバリエーションが浮かんできそう。

水彩画と版画の個展を控えています。9月4日から9日まで、大阪は梅田茶屋町の「ギャラリー・四匹の猫」です。また後にきちんと告知しますね。
コメント (6)

シュラバかなあ…

2008-08-02 | うぐいすよもやま日記
↑博多の水族館にて。福岡の明太子は美味しかね~!
…な訳はなく、仕事の締め切り真っ最中(笑)。
これってシュラバだよなシュラバだよな。あー。まだ花火に行けてないー。来週の淀川花火大会に全てを賭けるわ。だから、頑張るのみ。
しかし、福岡プリンスのチケット取ってなくて良かったような。取ってたら今頃泣く泣く友達に譲ってるよ。見に行かれた皆様、うらやましー★

(…んで、その後やっとPC開ける)
福岡はやはり、新プロお披露目であったか!!!
MAHALOさん、レポありがとう。いや~なんだか「しっとり」系プロみたいだけど、早速試聴せねば…。
あー。「おしゃれイズム」も録画したまんまで、まだ見れてないのよ(笑)。
コメント