上砂理佳のうぐいす日記

フィギュアファン仲間で沢田研二大ファンの方がいるのだけれど、今回のさいたまSA行ってたかなあ~(行ってただろなあ)★

みちさんじゃなくて★

2012-08-31 | うぐいすよもやま日記

JR桜木町で降りて横浜ランドマークタワーを抜けていくと、横浜美術館へ。
この「みなとみらい」辺りって、まさしく「未来都市」っぽいですね。
道を聞いた女性が、東南アジアから働きに来てる方らしく、
その達者な日本語と落ち着いた物腰にタジタジ…。


横浜美術館玄関の巨大オブジェ(これだけは撮影可)

奈良美智さんは「ならみちさん」でなく、「ならよしともさん」なのですが。
小さな女の子のPOPな絵でつとに有名なので、女性画家と思われることも多いようです。
ポップな軽っぽい絵もあるけれど、巨大なアクリル画などはとても重厚で、
何層も絵具が塗り重ねられています。でも、重苦しくならない。
色彩感覚がすぐれているのと、構図・余白のバランスが抜群なのか。
「イラスト」としても人気が出るのがわかるし、「美術作品」としても素晴らしい。
数年前に大阪で初めてナマで、奈良さんのアクリル画を見て、
「ああこれはすごい」と、一発で胸にきてしまいました。

今回は、スケッチも多数あり、制作過程の写真も展示してあったので、
より肉薄して奈良さんワールドを堪能できました。
でも、何より目玉は、ブロンズで作った巨大な巨大な「女の子の頭部」でしょうか。
(これは撮影できない)
直径2メートルぐらいの、バカボンのパパみたいなノリの大きな頭部。
火山のマグマが溶け出すみたいにドロドロ~とした状態が、冷えて固まった…感じ。
「なんでそんなものを作るのか」と言われたら、
「それが自然なことだから」というしかないのでは。
ただただ奈良さんの内面から、この女の子が、マグマとして噴き出してくるように思えました。
恐ろしいような滑稽なような。可愛いような残酷なような。



この子の鬼歯(八重歯)が、ちょっと怖い。目も怖い。
でも可愛い?
「キモかわいい」ってこういうことを言うのでしょうか。女性のお客さん多し。
とにかくえんえんと、この小さな女の子の世界。

この女の子の絵みたいに、「入口が入りやすい」と、
見ている人は「自分自身の内面」を、
その絵を通して、見ることが出来る。
みんな、「きゃー可愛い♪」とか「怖いかもー」とか言ってるけれど、
その心のうちでは、「私、小さい頃、親と喧嘩してる時こんな顔だったな…」とか、
「俺の好きだったあの女の子に似てるな…」とか、
様々な、まことに「パーソナルな思い」が湧きあがってきます。
その、個人個人が抱えている「思い」を、作品を通して呼び起こせる人が、
すぐれた作家なんじゃないか、と思う。

帰りにコインロッカーから荷物を取り出して、さあ帰らないと~♪と外を歩きだし、
ハタと気づいたら、ロッカーから100円戻ってくるのに取ってこなかった!
ああ、100円くらい、もういいかしら…でも次の人が驚かないかしら…。
と迷いつつも戻ってみたら、既に若い男性が荷物を入れて、
まさに扉を閉めん!としていました。
「あの~100円戻ってませんでした?(++)」と聞いたらば、
「いや、無いですねえ。。。(-_-)」とのお答え。
「では、あきらめます。ありがとう。すみませんでした(>_<)」
で、「まーいっかー」と帰りかけ、50メートルくらい歩いたところで、
先ほどの若い男性が「あああ、あのー!ありました!100円!」と走って来られたのです。
その怒涛の勢いと、彼の超嬉しそーな笑顔で、
「100円くらい」と思ってたのが、「大事な100円」となりました。

どこのどなたかは存じあげませんが、ご親切にありがとー★

奈良美智展★

2012-08-27 | うぐいすよもやま日記
フレンズ・オン・アイスの帰りに、横浜美術館の奈良美智展へ。
少女の巨大な塑像とか、お馴染みの虚ろな目をした女の子の平面やスケッチ。
作家の内面を映し出す力技に、すごみがありました★

夏の仕事は★

2012-08-24 | うぐいすよもやま日記
再び銅版画の作業をしていますが。
夏場は異様に気温が上がるので、版の腐食が進み過ぎてしまいます。
したがって、朝早くか夕方から夜が仕事に最適な時間帯。
夏の昼間は「シエスタ」するように、人間の体は出来ていると思う。
クーラーかけて24時間変わらない!って方が、異常なんだと思う★

施餓鬼法要★

2012-08-21 | うぐいすよもやま日記

今年もお盆の前に、施餓鬼法要と墓参りで京都の真如堂へ行きました。
本堂では40分ぐらい読経が続き、100人は超える檀家さん達が正座しています。
非常に暑いのですが、広いお堂を風が吹き抜けていくから、100人の人間がギュウギュウ詰めかけていても、扇子でパタパタあおぐだけでなんとかなっちゃう。これがビルの中だと熱中症で倒れてるかも。。。
「施餓鬼(せがき)法要」って何だろう~と毎年ノンキに思っていたのですが、やっとパンフレットを真剣に読みました(^^;)。
簡単に言うと、死んで餓鬼道に堕してしまった者たちのために、食べ物を布施し、その霊をなぐさめる法要…ということです。
自分の家族や先祖だけでなく、有縁無縁全ての霊に施しをせよ。
花や供物やお香や灯明、全てはその供養のためにあるのだ、と。

やっぱり、現世で欲深になってると、餓鬼道に堕ちてしまう気がする。



芙蓉の花?
巨大な花が、お寺の近くの民家で咲きほこっていました。
これで直径20cmはありました。見事過ぎて思わず写真撮ってしまいました。

真如堂正面から坂をダラダラ下り、熊野神社を目指すと、
「さらしな」という、おうどん屋さんがあります。
どちらかというと、ひっそり存在しているお店です(勿論ガイドブックにもない)。
ここの「冷やしきつねうどん」なんですが、
奇蹟の美味しさです。

でも余り大声で言ってしまうと、
「さらしな」さんが困ると思うので、
ひっそりつぶやいておきます(どこがひっそり)★

オリンピック「すごい」三昧★

2012-08-14 | うぐいすよもやま日記
楽しい楽しいロンドン五輪が終わってしまいました。
余り期待していなかったけれど(笑)、日本勢のメダルラッシュもあってか面白かった!

残念なのは、水泳の飛び込みが地上波では全く放映されなかったこと。。。
私、あの飛び込みの「一瞬の美」が大好きなんです。
やっぱCSとかで放映されてたんかなー?
イギリスの天才美少年「飛び込み王子」とかいう人もいたらしいし(笑)。
二人同時にやる「シンクロ飛び込み」とか見たかったよ。。。

でも、日本勢がメダルにからむ可能性アリということで、
「トランポリン」が見られたのは良かったです。
男子の選手は惜しくも4位・5位でしたが、レベルが高くて素晴らしかった。

それにしても、何の競技でも金メダルを獲る人って、
「持ってる」感があります。
金メダルを獲る才能?運命?というの?
何か突出したものを感じます。勿論全ての選手が猛練習してこの場に出てきてるのですが。
「才能+努力+金メダルを獲る運命」みたいな。

平泳ぎの北島選手は個人ではメダルに届かなかったけれど、
全盛時の「後半のバクハツ力!」が足りなかったように思いました。
でも、五輪2回2種目金メダルをとって、さらに4位・5位の成績って、やはりすごい。
レスリング女子もやはりすごい。なでしこもすごい。男子サッカーもすごい。
いろんな意味で「すごい」を味わうことが出来て、至福のロンドンでした。

閉会式はほとんど見逃してしまったんですが。
予想通り「おじいさんになったロッカー」がやたら出てくるイギリス五輪。
あれは国民としては
「おじいさんになった桑田圭祐」とか、
「おじいさんになった松山千春」とか、
そういう「ありがた味」でしょうか!?何歳になってもアイドルはアイドル。

そういや、イギリスの北島三郎ことクリフ・リチャードは出てたの?★(クリフってもう何歳…)

スペイン★

2012-08-11 | うぐいすよもやま日記
オリンピックのシンクロナイズドスイミングを見ていましたが。
チーム戦のスペイン!やってくれますね!
あの奇怪なコスチュームといい、見たこともない動きといい。
もう、競技の域を越えちゃって、現代アートしてます。あれこそが「芸術の喜び」っちゅうもんでしょう(^O^)
スペインは確か前回の五輪?でも、ダリの人生をテーマにやってましたね。いつもアーティスティックでハッとさせられます。
今回は、私はロシアより中国よりスペインが一番!ロシアは「考えすぎ」な感じで、中国はちょっとインパクトが薄かった。
もっとも、デュエットはロシアが一番!圧巻でした。
日本は頑張ってるけど、もはや昔のアイスダンスみたいに「やる前から順位がわかってる」状態なので、これを覆そうとしたら、やはり井村コーチに戻ってもらうしかないのでは…。
プログラムの選曲も、いまいち保守的に思えてならない日本。選手は一生懸命にやっているので、プログラム次第ではなかろうか…。

いやーしかし、なんつってもスペインの「全身ウロコ」で決まり(笑)★

ウルグアイ大統領の演説★

2012-08-09 | うぐいすよもやま日記
オリンピックも華やかに進んでいきます。
地球上の様々な肌の色の選手達の活躍を楽しむ中で、
ツィッターからこんな記事を見つけ、思わず食い入るように読みました。
リオ会議でのウルグアイ大統領のスピーチです。
リンクフリーということで、翻訳された方の投稿を紹介させて頂きます。
こちらから

生きる為には、何が大切なのか?何が幸福か?
なんと本質を突いた訴えでしょうか。
日本でいうところの「足るを知る」ということでしょうか。
欲に踊らされて心が貧しくならないように。。。


コメント (2)