上砂理佳のうぐいす日記

BASEで版画のネットショップOPENしました。よろしくお願いいたします★

N杯、ランビが~あ~

2006-11-30 | 06-07 コンペとショー

…やっぱり。K嬢と「まさかね~」と前売りの際につぶやいていたことが現実になってしまいました。
ランビエール欠場やん~(泣)--;
悲しい、悲しいよ…でも時事通信で出てたから本当ですね…。
そして男子滑走順(SP)も出ました。ええ、ランビいません。→ここ。
でもでも。これを前向きにとらえましょう。
大ちゃん、大ちゃんす。と。
ランビエ-ルは「体調不良」だから深刻な怪我ではないですね。きっと。ヨロ選は大丈夫でしょう。こんなことでヘコたれる彼ではない!ファイナルが寂しいけど。
彼には悪いが、ここは日本選手にとってもチャンスです。
大ちゃん、頑張れよ!ではメダル争いは、あと一人誰がからむんでしょうか。
小塚君がSPで完璧だと、ここに参入してくる?ウスペン?私は、パトリック・チャンを押します!先日、仏杯の演技をお友達に見せてもらいましたが、15歳とは思えない良いスケートですよ。あと有力なのは、ケビン(バンデルペレン)かな。チェンジャンも勿論、強力な4回転ジャンパーだし。
これは解らなくなってきました~。
でも、ランビ欠場ということは、自動的にアルバンとジョニーはファイナル確定だよねー(違うのかな?)
ジュベール  15+15=30ポイント(確定)
ライサチェク 13+15=28ポイント(確定)
アルバン   11+13=24ポイント
ジョニー   11+13=24ポイント
のぶりん   15ポイント+?=?
大ちゃん   13ポイント+?=?
…のぶりんは、N杯でもし4位になっても、9ポイント足して24ポイント。出場した2試合の総合得点がもしジョニーより下でもOK(?)5位以下になることはまず考えられないので、もうほぼこれは確定。
大ちゃんは、N杯で3位以上でなおかつ総合得点が186点以上だと「確定」でしたが、ランビが抜けたことにより条件が変わりましたよね。もしN杯4位になって総合22ポイントでもOKなのかな。
いや、どっちにしろ優勝しなはれやっ(^^;)!

NHK特番は見られませんでしたが、ニュースで真央ちゃんだけ見た^^;女子は公式練習してましたね。綺麗な会場でみんな、精一杯頑張ってほしいです。
コメント (9)

ドム&シャバはナフ&コスになる?

2006-11-29 | 06-07 コンペとショー

プレッシャーのかかる仕事を一つを越えてホッ。
今日は「あまりプレッシャーかからない」仕事(そんな事言ってはいけないが・笑)してました。そしてやや気を抜いていたら、見事に失敗してしまいました。あれれーやり直し。
いやまさに「オープニングの4Tと3アクセルは乗り越えたが、ここで気を抜いてはならない!次は3ループだ!」…んな感じ。この例えは、誰かさんの影響かもね…でもDのつく人もJのつく人も、3ループは前から苦手ではあるのよ。でももう「大人」だから跳んでよね(笑)。
だいじょぶ。落ち着いて跳べば大丈夫!

長野に行く前に、どーしても行っておきたかった美容院で髪カット。
美容院ってホレ、スタッフさんに女性誌とか渡されますよね。アレは大体、そのお客さんの年齢と趣味嗜好、職業なんかを推定して配布されるものですよね。
今日、私に支給されたのはなんと!「一個人」一冊(!)
…「一個人(いちこじん)」って。「サライ」をもーちっとカジュアルにした感じの雑誌よ。おっさんのウンチク系よ。旅とかグルメとか。
今月号は「鮨(すし)」特集だ。「回る」のではなく、「お値段=時価」っていう、恐いほうの「鮨」。華道家の仮屋崎省吾(字が違う?)センセイが鮨屋の前でポーズ取ってる。「創業○○年、銀座○○店○代目主人」が鮨人生を語ってたりする。
私の美容院デビュー(今はヘアサロンだ)は17歳であった。配布された雑誌は、忘れもしない「オリーブ」。み~んな「聖子ちゃんカット」だった。
その後「ギャルズライフ」「ノンノ」「アンアン」…と経て、「モア」「ウィズ」まで到達。この頃の雑誌の重いのなんのって。世間はバブル期で、「W浅野」のトサカ前髪+ロングソバージュがトレンディ(ソバージュから後にストレートパーマに流行が移ったが)。
その後、シャギー全盛になって、「マリ・クレール」「ヴァンサンカン」と来た。ここまで来たら次はもう「マダム」か「婦人画報」か。…と思っていたら「一個人」。
私ってどんなふうに見られているのだろう。
そこまで「枯れて」いるのだろうか。
次に来るのは「ゆほびか」か!?
やっとGPロシアのダンスフリーやらコンパルやらを見る。
ドムニナ&シャバリン、ODの転倒が全てでございました。あれが無ければ、やはりFSも1位。例えOD2位でもトーゼンの優勝でした。
キス&クラのタニス・ベルビンの表情が、もう、コンパルソリーの頃から険しくて(あー白チェブラーシカだあ)。「なんでよ!なんで私達がロシア組より下なのよっ!」って憤慨してるかのような。ベンは相変わらずオトボケだ。
でも、このドム&シャバ(「シャバ」ってのが日本語の語感的にナンですが)、昨年までは「ん~まだまだかな?上手いけど、個性が…」だったのに。なんだ、この躍進は!?
確かに、女性のオクサナ・ドムニナが、美しくて品格があって映えます~。マリンスキー・バレエのプリマみたいな、柔らかく優美な踊り。特に上半身の動きが素晴しい。でも、ここまでの「華」は感じなかったなあ。今までは、男性のシャバリンがややもたついてる感じだったので、今年はレベルアップしたのかも。「女王に仕える騎士」として準備が整った?この組は、私は女性のほうに目がいきます。ちょっと、引退した女王のナフカみたいに見えてくるんですよね。勿論、あそこまでエキセントリックではないけど。
そしてベル&アゴですが、こちらは男性のほうに目がいく。ベルビンは素晴しく華やかな美女だけんど、ダンスの才能的にはアゴストの方が上のように思います。何をやらせてもうまい!いつも。
ドム&シャバのFSがドラマチックで情熱的な「ダンス芸術」だったのに対して、こちらはまさしく「アメリカ的ザッツ・エンタメ!」。アゴスト選手はこれ、F・アステアを模してるのでしょうか(つーことは、ベルビンはJ・ロジャース?)。このカップルに合ってる楽しいナンバーだけど、印象度はロシア組の方が勝っているように思いました。
フランスのデロベル組はこれまた、「アンタッチャブル」か…(テイストがジュベールだ!)。モダンなものもイケます。でもちょっと物足りなく思うかな。振付に一工夫(ひとひねり)欲しい感じも。それでもこの組は毎年、意欲的なPGで楽しませてくれますよ。あ、解説の宮本さん、オリビエの結婚式にも出席してたんですねえ。「葡萄畑の中での、とても綺麗な結婚式」だったそうで。うらやましーなー。
ハンガリーのホフマン&エレクのコーチ(振付だけ?)がモロゾフになってるのも驚き。前からなんでしょうか。振付家ってさ。前はオモテに出てこなかったのに、最近はコーチ然としてキス&クラに座りますね。
余談ですがモロゾフと言えば、ペアのパットナム&ワーツの今季のFS(チャイコフスキー・ピアノ協奏曲第一番?)がと~っても素敵でした。「このPGいいな~音符の一つ一つを良く捉えてるよねー美しいねー」…と思ったら、画面にクマみたいなモロゾフが映った(笑)。ストレートラインの後の曲つなぎに少々難アリなんですが。それでも良かったわ。あ、でもISUバイオを見たら、この組のコーチは「あの」ピーター・チェルニシェフではないか!キス&クラもー一度見返そう。

アイスダンスもこれで一応、カナダ、ロシア、アメリカ、フランス…と、「世界勢力図」が見えてきた感じですね。あ、忘れちゃいけないブルガリア!デン&スタ!(「デンターライオン」じゃあない!)うわわ。でも、「今季最高のOD・タンゴ」は、カナダのヴァーチュ&モイヤー!(つまり、テッサ&スコット)と信じて疑わない私です(笑)。
コメント (9)

冬と春

2006-11-27 | 06-07 コンペとショー

お仕事大佳境は峠を越して、N杯に大手を振って…いけるのだろうか。ただひたすらに疲れた。でも頑張って目標はクリア。結局「月のオペラ」「ワルプルギスの夜」「ギター座の使い」「デルジベットのランタン」と、版画を4作こしらえました。あ、でも明日つうか今週、もうひと頑張りしないといけない。まだまだ気は抜けない!
「ウルルン」のバルセロナ飴屋さんが楽しかった。あ~○○年前にあのサグラダ・ファミリアで感動したな~。懐かしい。私は美術をやってなかったら、和菓子職人か飴細工師になりたかったのです。でも、あの「熱い」「重い」「素早い」作業はとてもマネ出来ない…あの女の子は根性あるなあ。

結局、ロシア杯(→もう、プロトコルも出た出た)が一番、カメラアングルがマトモだったよーな気がする?会場もほどほどに良い盛り上がりで綺麗でした。関西では地上波はやはりありませーん。
男子FS、BS朝日はいきなりジョニーで始まるではないか。クリムキン、ジュベと3人だけ!女子はマイヤー、亜紀ちゃん、セバスチャン(セバスちゃん?)、恩ちゃん、ソコロワちゃん、の5人。あの幼稚っぽいスタジオトークを整理したら、あと一人、確実にサンデューは映るよ…いや、映すのがつらい内容だったかも。サンデュー、プロトコルが悲惨(…てんてんてん)。今日は「ダメッ子エマ」でした。
柴田君もワンシーンだけで残念。でも何故かスタジオは、柴田君をあたたかくフォローフォロー(?)FSはいちおう転倒はなかったもようです。全日本で艶姿を拝みましょう。あと、グリアツェフはさっぱり映りませんねえ…くー(悲)。

★ジュベールのFSを見てたら、あたかも旧採点法時代にタイムスリップしたかのような感慨を覚えました。そうだよね~男子はみんな、4回転が2個入るか、3個入るか、苦労してたものね。本田君が4シ-ズン前に四大陸FSで跳んだのが、やはり印象的でした。4T2回、4S1回。6.0も出たものね。でも、あの時は他のジャンプがややミスしてたので、今回の完璧なジュベールが「ジャンプ的には史上最高」の記録ではないかな。ティムが最高かもしれんけど、やはり彼とはスケーティングにおおいに差があるわ。
氷の上にキスする仕草がな~んとなくヤグっぽい(笑)。でも、ホントに東京で頂点に立つのは、ジュベール~?このままいくと~?
体を絞って万全に調整してきてることもだけど、スポーツ選手として「大人」になったような気がする。いや、でもこの人は「ここぞ」でパニくるからな…昨年のワールドと五輪のFSトラウマが、まだ脳裏に焼きついてしまってるの(笑)。だからちょっと解らない感はアリ。
でもおめでとう~。いろいろと、海越え山越えしてきた甲斐がありましたね。苦労人は贔屓したい私です(笑)。

★ジョニーは、やはり心配通りになっちゃった。アニシナさんまで迎えたゴージャスなキス&クラでしたが、なんだか精一杯明るく振舞ってたみたいで、胸が詰まりました…。滑り自体はとても良かった。スピードもあったし、そんなに緊張で固くなってもいなかった(?)
でも、私がキャンベル~カナダでシロート指摘してた通り、どーもジャンプを回っている時の体が「バラけて」いるような気がしてならんのです。ダイエットし過ぎ?で「回転を締める筋力パワー」が甘くなっているような。もともと余り「クルルッ!」と速く回る人ではないですが、あれだけ「もったり」回っていては心配になってしまう。2個めの3アクセルがスッポ抜けた瞬間「あああ…」と思ってしまいました。
そして、3T…コケてもいーから4Tに…と願って早や幾年でしょうか。いや、待つよ。待ちますよ。待つけどつらいわー。跳ばないのであれば、あそこをせめてルッツかフリップにしてくれー(叫ぶ)。
ジョニー…せっかく良いPGなのに。どうしたらいいんでしょうか。がんばってるのは解るんだけど、そしてGP銀メダルだからめでたいんだけど。
FSだけでは、ドブリンにもトーマス君にも抜かれてるって…TESだけだと、亜紀ちゃんより低いのよ。そんなことってアリかしら。私、しばらくどーしたらいいのか解りません…(涙)。

★クリムキンは、なんだかやや「普通の人」になっちゃった(笑)。昔はもっと珍妙キテレツなイメージでしたが、アクが抜けちゃた。というか、スピンにしても、新採点法で他の選手が凝ったスピンを続々やるようになったから、時代が彼に追いついちゃったというべきか。
しかし、後半で極度にへばっちゃう癖は治っていないのですね(あんたね…)。ループの入りでコケてしまいましたが、Dのつく人と同じパターンではないですか…男子のループは鬼門か!?他にも、サーキュラーステップでバッタリ前向きに(大の字に)倒れてしまって、もう心臓止まりそう。。。せっかく4回転トゥを跳んだというのに帳消しに。
でも、どーにか地元観客を湧かせる役割は果たしました。ちょっと年齢的に苦しいものも感るけど、彼も「スーパー苦労人」なので贔屓するぞ(笑)。
クリムキンの横に座ってる「小柄なおじいちゃま」ってな方が、かつて大ちゃんも師事していたクドリャツェフコーチですね。彼の元でちょこっと練習していた時期が「大ちゃんモスクワ合宿時代」かな。このクドリャツェフコーチの手にかかると、「魔法のように、跳べなかったジャンプが跳べるよーになる!」として有名でしたが。私は今でも時折つぶやきます…「大ちゃん。も一度、彼にジャンプ見てもらう気ない?」と。でも、今の新採点時代は、また事情が異なってくるかなー。

★大問題になった(?)仏杯男女FSもCSで録画したけんど、サスガにまだ見れてないー。今日は録画が忙しくて(きっと多くの人も同じことを思ったでしょう)、ゴハンの度にフィギュア見てた事になる(笑)。
でも、なんつっても感動したのはペアの川口悠子ちゃんの復活です。若松&フェクトゥを映さなかったのはハラ立ったけど、川口ペアを見られただけでももー、BSつけた甲斐あったのかな。後半はずっと泣きながら見てました。
「あきらめないで努力し続けてたら、きっときっと良いことがある」…って思わずにおれなかった。フィギュアスケートって「人生劇場」なんすよね。今、「冬」の人でも、きっと「春」が来るんだ、というか。
大袈裟かもしれないけれど、長い間見てくると選手の浮き沈みの歴史にもずーっとお付き合いしてる訳で、「春が来た人」を見る瞬間が一番うれしい。
だからジョニーも、今は「春が来る前の冬」なのかもしれないなあ。

★明日はロシア杯、他の種目を書きたい…けど書けるんだろか。
コメント (6)

またしてもドム&シャバ!

2006-11-25 | 06-07 コンペとショー

ロシア杯始まりました。女子は中国杯優勝のセバスチャンが首位発進。→こちら。
恩ちゃんと亜紀ちゃんがナント、同点!という珍しい現象。SPの場合は、TESの高い方が上の順位になるのだろうか?(どーでしたっけ)
本命のサラ・マイヤーは3位。シズニーが転倒したのかな?出遅れてしまいました。復活のボルチコワも見たいところ。
ダンス・コンパルソリーですが、またしてもドムニナ&シャバリンがベルビン&アゴストを抑えた!→びっくり。
まさか2大会連続で彼らに敗れたら、ベル&アゴもマッ青では…彗星の如きデビュー以来、初めての危機では。デロベル&シェーンフェルダー組もぴったり追走。カー姉弟もいい位置につけてるよ^^
ペア終わった~(「朝ナマ」見てたら起きてしまった)。SPは→ここです。
仏杯優勝のペト&ティホを、シェフチェンコ&ショルコビーが抜きました!ドイツ組の今年のPG(フリー)好きです。これは~どうなる?
しかし、なんつっても驚きは、川口悠子ちゃんが3位に入ってること!
新しいパートナーのアレクサンダー・スミルノフですが、84年生まれだから年下ですね。ISUのバイオ見ると、二人は06年春にペア結成。スミルノフは…ダニロワ、ワシリエワなどと組んで世界Jr6位、国内選6位になったことがある…と。ちょっとどんな選手だったか思い出せないけど、これはTVで見るのが楽しみです。
川口選手は、ロシア人のマルクンツォフと組んで、世界Jr銀メダル取ったんですよね。その後ペアを解消して、アメリカの男の子と組んで昨季の全米にも出てましたが、15位。ロシアの大学に行ってる、という記事は読んでましたが、遂にここにきて良きパートナーに巡りあえたのかな?非常に体が柔らかくて表現力も技術もある人だけに、この復活を喜びたいです。FSも頑張れ!


男子SP終わった!→こちら。
ジュベは仏杯と似たりよったりの点かな。TRがえらく低いな。でもきっとクワド跳んできましたよね。ジョニー、まずまずの出来な感じ~ノーミスですね。副公式のBBSを読んでると、練習では両足ながらクワドを跳んでいるらしい(!)ので、FSは入れてくるのではないだろか。
トーマス君、ベルンソン君もそこそこ良い位置です。サンデュー、1コケたね…でも段々PCSが上がってきたね…柴田君も転倒したのかな。FSで挽回出来る!頑張れ!ドブリンは、クワドがスッポ抜けた、と見た(?)
お昼12時から、CSでエリック杯の男女SPが始まります。グレードアッップした番組になっているのだろうか。
あと、今日はBS朝日で夕方からロシア杯の放映が。
 ★4~6時   ダンスCD ペアSP
 ★9~10時半 男女SP
かな?私は仕事が大佳境なんで失礼。
コメント

チェブラーシカの出番だ!

2006-11-23 | 06-07 コンペとショー

 さあー。ジョニーは、ロシア杯でいったい幾つのチェブラーシカを貰えるのでしょうか。
前に、ファンにプレゼントしてもらったのを抱っこしてる写真がありましたよね。ロシアでも大人気なので嬉しい♪最近のphotoでもチェブちゃん、ベッドに居ましたな→こちら。 寝ているワンちゃんは「ワーニャ」。
男子の滑走順はまだ…エントリーはこんなんだ。
順当にいけば、表彰台はジュベ、ジョニー、サンデューかな…。

しかしですね。ドブリンが「ボンバー!」杯で頑張って調子上げてる!
確かスルツカヤと同じコーチ?なドブちゃんですが、よもや4回転跳んでくるとはね。世界Jrで見てた時は、まだまだアンドレイ・グリちゃんには及ばないわ~と思っていたのに、なんかこう、若さの勢いに乗ってるのでしょうか。天性の美貌が彼に自信を与えているのでしょうか。「俺は可愛い!俺はかあいいのよ!」ってオーラが滲み出ている(笑)。ドブちゃんってロシア国内ではどういう立ち位置なんだろ。アイドルっぽいじゃない。タッキーかな?

先輩のアンドレイがどうもイマイチ伸び悩みで。昨年、せっかく初のGPメダル取ったのに~(どんどん)。同期のライサやアルバンが活躍してるだけに少々つらいわ。でも、遅咲きタイプなのかもしんない。耐えて応援しましょう。
グリアツェフはね。成功した時の3アクセルやクワドの高さはもー、世界№1なんですよ。「そんなに高くてどーする」ってくらい(笑)。K嬢お気に入りの「ノートルダム・ド・パリ」でしょうか。果たして!?

ロシア三人目の男は、もはやベテランのクリムキン。通称「栗ちゃん」…「栗無菌」ともいいますね(私が言ってるだけやん・笑)。ヤグディンと同い年なのに頑張ってます。変形イーグルや、両方向に回るキャメルスピンなど、彼の個性豊かな演技は、新採点法下でも光るものがありますよ。って、最近なかなか日本に来てくれませんね。よ~く見るとオトコマエ?

大本命ジュベールは今季は調整が早そう。でも仏杯のPCSが余り高くなかったのは、PGがまだ未消化なのかな。この人は「4回転の調子が全て!」なところがあるので、ジャンプ崩れない限りは優勝→ファイナルか。前は体が硬い印象が強かったけど、仏杯のSPを見てたら、スピンが綺麗というかタイトになってたので驚きました。昨年の後半あたりから、スピンはグッと向上しましたよね。柔軟体操、やってるのかなー?(お酢、飲んでるのかなー?)

ジョニーは、今のジュベールを抜くにはやや苦しいか。SPは大丈夫だけど、FSでまたいつものパターンにならないか…中盤以降のスタミナ切れは、今季中に解消出来るのか?新FSの評判は賛否両論みたいですが、私は期待しています。
ロシア杯で2位になると、ファイナル進出は大ちゃんの結果待ちになるのかな?でも私は、ファイナルは欠場でいーから、ゆっくり休んで全米に備えた方が良いと思う。そうしないと、全米のタイトル、ライサに持っていかれちゃうよ~。昨年も冷や汗モノでしたから。全米でもし4連覇したら、ハミルトン以来の大記録ではないだろうか。
でも、またまた私のホンネを言えば(笑)、全米は譲ってでも、ワールドでメダル取ってライサを追い越して欲しいんですよね。いえ、別にライサが嫌いなワケではないですよ(笑)。でも、ず~っと世界選手権で良い思いをしてないジョニーには、ここで花を持たせてあげたいの。

サンデュー!なんだかんだ言って、表彰台の常連になってきました。でももう、この18日で25歳だっけ!?スタミナの衰えは見られないけど…この人で「オペラ座の怪人」をやったらどーなるのか。見てみたい気がします。「白鳥/黒鳥」とかね。「ペトルーシカ」とかね。「ニジンスキー」とか滑ったらどうなるんだろ。
ちょっと、トリノ五輪でひと区切りついちゃって、ややモチベーションに欠けてるような気もします。しかし、この人がFSでジャンプ2ミスくらいなら、ジョニーも苦しいかな~。でもSPでは絶対完璧に滑れないエマなのよね…ジョニー、SPでい~っぱい貯金しとくんだよ。財形貯蓄よ(陰の声)。

あとは、例の「ゴールデン・スピン」で連覇なさったウルバス君、ベルンソン君など。しかし、TVで彼らを見られるのは、欧州選手権とワールドぐらいではなかろうか。「ヨロ選レギュラー」って感じ。スケートカナダにも出ていたトマーシュ君(私的には「機関車トーマス」)。なかなか手強いかも。ダークホースかな。
カナダからはも一人、メイビー君です。今年の4大陸で、のぶりんにFSでは勝っていたメイビー。私のイチオシ!と、シーズン前は書いていたのに、今、私は小さくなっている(先見の明が無い・すません・笑)。このままではパトリックに水をあけられてしまうよー。不調の原因は何だ!?美形というワケではないけど、個人的に彼が好きなのよ(笑)。かあいいのよ^^;
あ、忘れちゃいけない「しば・りょう」です。柴田君です!SPさえ乗り切れば…6~7位が目標でしょうか。この辺りの選手は1~2点の争い、ハナの差の争いなので、揉まれて強くなって欲しいよー。ロシアでもその「美」をアピールしてきて下さいね。

どうすか!?ジョニーは2位は固い?ドブちゃんが2位なんて有り得ない?
でも何が起こるか…五輪翌年は、世代交代の兆しが見える「胎動」って感じなのよね。
コメント (6)

パーマンとフィギュアだもん

2006-11-22 | 06-07 コンペとショー
ええと。気を取り直して。
コメント欄でご指摘・情報も頂きました。ありがとう。で、も一度おさらいを。
スカパー(CS)は今、レンタルもアリなんですよね。事情が許せばだけど、フィギュアを見るなら、やはりつけた方がいいと思います。特に、年明けたらJ-SPORTSのチャンネルとか活躍しますから。チャンネル契約したらその翌日から視聴可能だし、料金かかるのは翌月からで、契約した月の分は無料ってのもイイ(でも「大解放デー!」ってので見たことない)。

★テレ朝チャンネル(CS)でのGPフランス大会再放送
 11月25日(土) 12~13:30 女子SP・男子SP
    26日(日) 12~13:30 女子FS・男子FS
           21~22:30 エキシビション
 男子はどこまで映るんでしょうね。ジュベ、ドブリンの4回転見たいわ。
 P・チャンを映す機転はないかなあ…。小塚君と南里君も頑張りました。

…そして、「ロシア杯」「GPF」「これまでのGP大会を一挙放送!」ですが、
テレ朝チャンネルHPにPRがありますね→こちら。
「来月のみどころ」で、つつーっと下に降りると美姫ちゃんの写真。
その後方にある緑のバナーは有名な「Go!Daisuke!」通称GO!バナー。なんだか嬉しい。12月11日から確かに再放送つうか「一挙放送!」ありますね。詳しくは番組表を見て御検討を。「エキシビションを中心に…」となっているけど、これってもしかして、「EX眺めつつ、まったりスタジオトーク」とちゃいますか。しっかりせえよ~大丈夫かCS。
関係ないですが、今日、テレ朝チャンネルの番組表をマジマジと見てたら、すごいラインナップですね。「忍者ハットリくん」「つるピカハゲ丸くん(こんなタイトルつけていーのか?)」「パーマン」「オバQ」だもんな…懐かしい。うっかり「パーマン」見ちゃいそうだ(パーマンってさ。確か鼻を押したら動かなくなるんだっけ?)
あと、「後天美女~整形美人」って毎日やってる。何なんだ?「湯けむり殺人事件」みたいなもん?
このラインナップの中で唐突に「フィギュアスケート世界一決定戦!」だもんね。無理あるっちゃ無理あるよ。ところで、M岡S造青年は最近画面から去っているようですが、ファイナルでまたハシャぐ気でしょうか。もう今から怖いです。

あと、「スカパー!12月号」パラパラ見てたら、全日本の予定が。
★フジテレビ739 第75回全日本フィギュアスケート大会
 12月29日(金)、31日(日)
…とありますよ。種目と時間書いてないけど。
29日が女子のナマ放送か?でもそれは地上波フジよね。また男子は放映しないのでは…(しても4人ぐらいとか)。首都圏以外はとにかくアテに出来ないので、CSで保険を掛けておきましょう。31日がもしかしてEX(MOI)放映とか。
しかし、去年の全日本CS男子は悲しかったですね。
下位も映してくれたのはいーけど、優勝者が入れ替わったあとの再放送でもま~ったく編集し直さず、テロップ入れてるだけやったもんね(私もこの件、しつこく言うなあ)。なんか番組の作りが粗雑なんよ。
解説者とアナの会話もむなしい。順位がひっくり返ったからって、今さら「高橋選手はさすがに素晴しかったですねえ。さすが優勝者ですねえ」なんて、言い直し・撮り直しもできないけどさ。私、アレで解説者Sさんが嫌になったの。日和見やーん。国分太一の感性がマトモに思えたな(笑)。

あ、また私、毒舌になってきましたね…いかんですね(^^;)。
ちょっと「ほのぼの」しましょう。
★アニマックス(724ch)
 12月24日(日)11:00~
  「チェブラーシカ」
わーかわいい。アニマックス契約は420円。絵本よりヌイグルミより安い!
でも「チェブラーシカ」が、ロシア語で『ばったり倒れ屋さん』だとは知らなかった…(耳がデカイから倒れちゃう)。かわいい。見よ(イブだけど)。

あ、コメントも頂きましたが、ムービープラスで「オペラ座の怪人」もあるんですね?わたくし9月の放映の時に録画しましたが、「オペラ座」初見参の人には解りやすくてオススメです。オルゴールとか赤いバラとか。映画の次には舞台を見たくなるような。大ちゃんのFSと相乗効果で見るのは楽しいですね。

…でも、今いちばん見たいのは、チェブラーシカかパーマン(笑)。
コメント (4)

諦観

2006-11-21 | 06-07 コンペとショー
「テレビ朝日」へのご意見・ご感想は→こちらから。
電話受付のみです。


私は、過ぎ去った事はあまりグズグズぼやきたくない人間だ…(そうでもないか?)。
でも、マイブログなので、ぼやこ(笑)。
元気が無いので、コメント欄でのハードな討論は御容赦願います。すみませんが。
「エリック杯男子FS黙殺事件」からなんだかまだ立ち直れなくて、EXも録画したまま見てまへん。こちらはなかなか内容良かったそうなんでまあ、それはそれで。全国区で見られて良かったです。おふらんすのEXはいつも華麗で良いですよ。

なんかねー。男子黙殺ってのは、私のトラウマなのよ(笑)。
96、97年頃かな?関西は民放深夜の世界選手権もですね。
女子数名の映像のみで、男子はカケラも映さなかったんだから。
その頃は、女子はすぐりんがただ一人日本代表で(確か16歳くらいだった)、でもバックステージ密着は女王クワンのみ。クワンのストレッチ映像はえんえん映るのに、男子は「ハナから存在しない」かの如く。本田君が台頭する前だったとは言え、私にはキツイものでした。目をサラにして新聞TV欄を見ても「男子」は無い。「世界選手権」は「女子6人」で終わり(笑)。
でも、世界選手権の放映そのものが無かった年もあったな…クーリックが出てきた頃だな。ヤグの初優勝の時も無かったな。まあスカパー!をもっと早く知っておくべきでしたが、関西フィギュアの実情を前に関東の友人に話したら「!(あんびりーばぶる!)」ってビックリしてましたけんね。

…その頃の恐怖=トラウマが昨日は蘇ったわけですね(^^;)。
首都圏の方には悪いが、このままTV局が「味をしめる」状態になったら困るわさ。
「へへっ。男子は深夜に放映すりゃー、視聴者から文句出ないぜ。ゴールデン枠は女子のみえんえん流して、視聴率ガッポリ稼いだらいーのさ」
…なんてね。テレ朝の無能っぷりから推察して、そんな事態になったらどーする。これはそのまんま、私の過去のトラウマと同じ流れやん。
もうさ~。「このあと安藤美姫!」って。何十回聞いたらいーの(笑)。
「出ますよ!ホレ、ミキティ出るからチャンネル変えちゃダメよ!」と言いたいんだろうけど、もうプロデューサーが(ディレクター?)下の人に命令してんでしょうね。
「5分に1回、ミキティ画面に出しとかなきゃ駄目だ!男子なんて10秒以上映したらチャンネル変えられちゃうから駄目駄目!」
「えええ?でも男子フリーは?」
「んなもん、深夜に押し込めときゃーいい。こっちは視聴率かかってんだよ」
「抗議が来ませんかねえ」
「地方の放映の事まで構ってられっか。首都圏の男子ファンだけ黙らせとけ」
「プロデューサー、強気ですねえ」
「これで○○%いかなきゃ、俺のクビ飛ぶんだよ。ウチの子供も受験で金かかるってのに、今オレが路頭に迷うわけにいかんだろ」
「なんか、思いっきり現実的ですねえ。ま、苦情来たらその時ですかー」

…目に浮かぶな。↑こんなやりとり(笑)。
TV番組作ってる人間って、多分今の私と同じ年代~ちょっと上。妻子を抱えて路頭に迷えない立場はお察し致しますわ。でもねえ。なんで私が民放の視聴率まで心配してあげなきゃいかんのさ。プロデューサーのクビまで心配してあげんといかんのさ。私の被害妄想、行き過ぎかい(笑)。

でもね。放映が無い事だけが悲しいんじゃないのよ。わたし。
TV局側の「姿勢」が悲しいのよ。ここまで我慢してきたけど言っちゃえ。
番組の作りもねー。小学生向きやん(笑)。選手紹介とかさ。同じもんばっか流すし。あれは大人の鑑賞に堪えうるもんとちゃいますよ。血管切れるわ。表彰台のシーンが余りないのも悲しい。スケカナでもランビ、ジョニー、大ちゃん、っつう豪華メンバーなのに、表彰式もっと見たかった。NHKはいつでも表彰式はバッチシだったのよね。
プロ野球、プロゴルフで、こーんなフィギュアみたいな「無駄映像」流すだろうか。流さんよ。無駄映像流したあげく、「9回の裏ですが時間切れで番組を終了します」ってやったらば、きっと六本木ヒルズ爆破されるよ(笑)。
それだけ、フィギュアスケートってナメられてるんだ。ファンを馬鹿にしてるんだ。日本の選手が頑張ってるだけに、余計にムナシイ。つうか「フィギュアを報道する大人」の姿勢が悲しい。こないだ美姫ちゃんがアメリカで優勝した時も、すーぐに出まわったのは「プライベート」と「お色気系の話題」。情けなくなってくる。
もう私、GPシリーズ、どーでもよくなっちゃってるかも(いや、ロシアは男子要チェックだが)。諦めちゃったというか。これほどまでにストレスフルで、まだフィギュア好きでいられるかしら。
GPシリーズはずっと、「NHK-BSを付ければ安心」の「聖地」だったんだよね。頑張って(はい、いちファンとして電話嘆願もしましたよ。友達と組んでね)2年くらい前から、やっと時間枠が増えてSPも映すようになったし、とにかく全種目平等だったからそれが良かったの。「人気アイドルに密着!」ってのも無いし。
チケットを取るのが恐ろしく困難になってきた事と並行して、フィギュア大人気ってなんやろな…ってボヤいてしまいます。いや、そんなに大層に悩む事ではないんですけどさ(笑)。

少し休んで、ユナちゃんのこと書きたいー。ポジティブな話に切り換えないとやっていけないね。FS良かった~。感動したした^^!
コメント (11)

男子黙殺?

2006-11-20 | 06-07 コンペとショー
エリック杯女子の闘いは確かに面白かったっす。
見るに値するものはありました。上位はね。でもね。でもね。
私は地上波の最初の方と、BS朝日の最後の方は見られなかった。で、自分が見られなかった時間帯に男子FSが挿入されていたのかな?と思っていた。んで、BSの録画をこれから見れば男子映ってるよね、と思っていた。
でもヨソ様の情報を読んでいたら…なんちゅうこと?
男子黙殺かい。
深夜のGet Sportsで男子をやっていたなんて。関西ではトーゼン見られまへんわ。
なんだこれは?もう来季からは、NHKに放映権返しや。フィギュア放映する権利なかろ?その姿勢。女子のSPリプレイする時間あったら、男子数名流せるじゃろ?美姫ちゃんのバックステージ見せる時間あったら、男子流せるじゃろ?
CSでいちおー待ってみるけど期待できない…。
テレ朝に抗議するよ。トーゼン。
(あ、余談ですが小塚君FSで上げてきましたね。私の予想当たったでしょ^^;)


★ということで、BS、CSとも抗議メール出した出した。
「GPフランス、再編集して地上波かBSかCSで男子の番組を流しなさい!」
…いつもいつも「地方」は虐げられてる。特に関西は独自の文化圏だけに、フィギュアに関してはニブイのだ。深夜枠の改編は何度メールしても到底ムダだった。
でも、もともと地上波・全国区で男子きっちり流せば、それで問題ないんやん?
女の子アイドルだけ映しときゃ視聴者は満足だろ?って驕りは、いーかげんにしたらどうなんだ。ゴールデンタイムの視聴率云々というのもわかるけど、有料のBS・CSでも同じ事やってたら「視聴料」の意味ないですやん。
コメント (6)

迷宮入り?&空席くれ~2

2006-11-19 | 06-07 コンペとショー
謎のゴールデン・スピン…
日本列島津々浦々のファンが右往左往してたという…んなこたないか。
でも昨年が中庭君出てたから「で、出てもおかしくないっ。大ちゃんもっ。」…そこが落とし穴だっのかっ。
私が貼ったスレッドでも一応、男子SPのリザルト出てましたが、一位はロシアのリューシン君、二位が昨年優勝者のウルバス君。トップが55点台だから、やっぱ大ちゃんが出るのは変だった…。でもクロアチア語のほうのHPにも名前あったよな~。
イザ出ないとなると寂しかったりして。それか、本当にエントリーしてて、直前でキャンセルしたのかなー?結構フィギュアってそんな事もあるし。何より、欧米って時々オンライン関係が超いーかげんだったりするし。
思い切って書いちゃうと、もし「正式エントリーしてて、健康上の理由でとりやめた」…のならば「Withdraw(棄権)」って名前出ますよね。リザルトの下に。
でもwithdrawが出てないので、やっぱりエントリーそのものの表記ミスだと思うが。私の推測だけど。
いかがなんでしょう。大ちゃん、帰国して真相を語って下さいや。
そうそう、日本のダンスカップル、リード姉弟はコンパル4位発進ですね。見たいわあ~。

Gスピンで、私の中では影薄かった「ボンバー!」ですが、BSの男女SP見ました。
女子は接戦で見応えありますね。ロシェット、マルケイ、ポイキオ、美姫ちゃん、マイズナー、カルベッツ、ユナちゃん(ゆなきむちゃんだと“ゆきなちゃん”と紛らわしいので、ユナちゃんでいきます)。
…滑走順もユナちゃんに有利だったかな。でも、スケカナSPではトップバッター、今回は最終って。「ロクサーヌ」を見ると大ちゃんを連想します。「少女のバンプ(娼婦)」という感じで凄みすらあります。FSの曲がとても好きなので、もう転倒しないで頑張って欲しい!
今の美姫ちゃん見てたらもう、「ジャンプ絶対失敗しない!」って感じがするね~。勢いに乗ってるかな。アップでも3-3が力強い。今年は美姫ちゃんの年になるのかなー。気持ちと技術が上手く噛み合ってきたというか。
キミーちゃんがちょっと精彩を欠いてて残念です。緊張していましたね。ユナちゃんがキミーを上回るとは思わなかったなあ。そして、ロシェットは転倒してないのにディダクション1ついてるのは…タイムオーバー?ポイキオちゃんがジャンプ3つとも失敗で残念。でも、美しいポイキオちゃんが好きだなあ。
(女子解説はみどりちゃんなんですが、風邪をひいてはったようですね)

男子SPは小塚君、南里君、アルバン、ジュベール(解説はまたまた佐野稔)。
クリちゃんとドブリン映してよ~。クリムキン久々なんだから!アンドレイとパトちゃんも映せ!(アンドレイ、転倒してないよね~)
小塚君、最初のアクセルは高くて素晴しかった!コンボがきちんと入ってたら、多分3~4位につけてたと思います。質が高いスケート。
スピンがタイトでステップもいい。本当に惚れるよーな足さばき~。リンクに出て行く時のちょっとした仕草、足を大きく開いてグイングインとエッジを倒すところなんか、ニク~イ。テクニシャンというか、魔法のスケート靴を履いてるかのようです。
大ちゃんは「一蹴りでグーンと伸びる」スケートなんだけど、小塚君はまた違う魅力ですよね。ちょっとスタミナが心配なので、FSを注目しませう。第一グループ(7位以下)が皆ほぼ変わらない点数なので、明日は6~7位には上がれると思いますが。周りの選手次第だけど。
それにしても今回は久美子コーチなんですね。ミスしても、笑って「おーわったー^^」ってルンルンしてるとこが可愛い(ルンルンって…笑)。ああ、プレッシャーの無い立場でいいなあ…(本音)。
南里君、2ミスあったけど素晴しいです。踊る事と滑る事がうまく合致してて、伸びやかになってきた…親友の大ちゃんの影響が大きいか!?もうあとひとつ壁をブチ破ったら、大きく飛躍出来そう。頑張れ!
すっかり華の出てきたアルバン。どーしたのだアルバン!(笑)。
世界Jrの頃は地味~だったのにねえ。やはり、プロデュース次第で選手も変わるもの。しかし彼を見てると「キテレツ君はフランス伝統のワザ」という格言が身に沁みますね。いつまでこの路線でいけるのか?という感じもしますが、こーゆー人いないと面白くないもんね。
トリは「007」の世界に浸りきってるジュベールです。
ね~。もういい加減この世界から脱皮しようよ~(笑)。ヒーローモノね…。最初に見る時は良いんだけどこう、「何度も何度も見たい!」気にならんのよ。大ちゃんのチャイコフスキーと、この「007」を同一線上で語って良いものか(?)
でも、男気とガッツ溢れるジュベはやはり魅力的ですね。彼が居ないとやはり「エリック・ボンバー!」は始まらない。4-3の3Tでややステップアウト気味だったとは言え、一応今季の男子では初のクワド込み・完璧SP。スピンも正確。なのになのに、クワド無しののぶりんと大ちゃんの方が得点が上って…。
新採点法って一体。それでいいのか?

あ、今、男子FSを現地ではもうやっている模様。
またまた大トリはジュベ!(仕組まれてる?)アルバン、GPF進出は?
しかしゴージャスな、まるでアイスショーばりの会場。いつも「ボンバー!」は(ええ、ラリック杯の頃から)豪華なんですよね。無駄に豪華というか(笑)。だってー。ショートサイドなんか、お客さんカラッポではないですか。年々客足が遠のいてるのだろうか。叫びたい!
その空席くれ~!
コメント (7)

ボンバー!&ゴールデン

2006-11-17 | 06-07 コンペとショー
★GPおフランスは、皆「エリック・ボンバー!」…と呼びます。
「ボンバー!」^▽^;…自爆大会(?)まさか。
一応、ISUリザルト貼っておきましょう→ここから。
ダンスはコンパル終わって、予想通りデン&スタTOP。男子は…今、やってるのかな?ジュベールが最終滑走!アンドレイ、頑張れ!パトちゃんと小塚君の行方は?
★kasumiちゃんとこで「Skate Today」の写真見せてもらってたら、その中のFORUMで「Golden Spin」のスレッドも立っていました。一応これも貼っておこ→ここから。
でも、ザグレブで見て即効書き込んでくれる人なんているのかなー?ひとっつも返信が無かったら悲しい…(私、今FSU入れないのよ)。あ、この間、私コメント欄で「リード兄妹」と書いてしまいましたが、「姉弟」さんの誤りです。訂正してお詫び。
コメント (3)

おけいはん+チャイコ

2006-11-17 | 06-07 コンペとショー
今、夜の学校に行ってます。市内は結構遠い。ねむい。眠いですーー;
頭モーロー気味なので、間違ったこと書いてるかもしれん…そのへん、寛大に見過ごしてやってください(笑)。先日も「私、頭ヘン?」な事件が。
通ってるセミナーが、ネットの仕事の勉強なもんで、教室の各生徒のPCトップ画面がYAHOOになってる。
一昨日の晩、ヤフーニュースにピコッと「紀香!陣内と結婚!」と出た。
まーたまげた!んもー。授業どこじゃない。
「じ、じんない~????のりかあ~????今日は4月バカ!?」
これ、関西的に言うと「あの陣内智則が紀香と結婚!」になるけど、全国区で言うと「紀香、関西お笑い芸人と結婚!」なんですよね(笑)。
陣くんはああ見えて結構、吉本お笑い芸人の中では「イケメンアイドル」的な位置づけなのだった。
家賃○円…のワンルームに住んでた時から好きだったわ…「レシートすごろく」ずっと見てたわ。ちちんぷいぷいレギュラー入りの時も見てたわ…。あの頃を思えば、破格の出世ね…。
ま、お幸せに(要するに私は陣内のファンなのだった)。

さて、フランス用(又はクロアチア用)に机の時計も合わせたよん。
フランスもクロアチアもほぼ同じ時差…日本時間マイナス8時間ですね。
Gスピン、男子SPは17日15時~なので、日本では午後11時くらいからか。
これ、滑走順は世界ランキング影響するのかな。純然たるクジ引きなんだろか。結構エントリー多いですよね。また「1番」引くなよ…(と私が言うと引くので黙る)。
エリック杯の男子SPも同じ頃にやりますね。エリックのTVの端っこで、ちょこっと映してくれんもんだろか(笑)。
今晩はまた祈らなくてはならない…SPは問題ないと思うんだけど…誰か~現地に飛んで~。いや、これ読んでるクロアチア在住の方、どうか人助けだと思ってネット上に一言でもレポして下さい(笑)。

関西限定の話ですんまへんが、今、「おけいはん」のCMね。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲、大ちゃんが使ってるのをやってるよ!ビビビと来ました(笑)。これを「良いことの前兆」としましょう…。
(「おけいはん」とは、京都と大阪を結ぶ「京阪電車」の愛称です^^;)
コメント

ジャパンスーパーチャンレンジ★

2006-11-15 | フィギュアこんな話も
いったいどんな大会になるんでしょうか。さしづめ「JSC」?
選手も大変だけどファンも大変…長野だしー。でも面白そうだなー。
長野県民のみなさま、関東一円のみなさま、またレポをよろしくお願いします。
私は、あっさりリタイヤです(笑)。んでTVだ。
フジテレビでは映しても、関西TVは無視…ってのがいつものパターン。こら!
関西TVへご意見メールを。
どうかそこの関西のアナタ。ここはひとつ「映しなはれ」のひとことを。
他の地域の方々も、嘆願メール今から出しとかないと間に合わないッス。
年末年始は早くに番組予定組んじゃうから。
ほらっ。早く!早く!^^;
何事も…特にフィギュアスケート番組は、早期の根回しが必須なのよ。
(で、ゴールデンスピンは?)
コメント (3)

エリック杯なんだけど

2006-11-15 | 06-07 コンペとショー
あ~。チャイナ・EX見逃したあ~ま…いいか。総集編やってくれ!つかエマさんはロシア杯かGPFで見られるよね(よね)。ゆかりんや中庭君は全日本EXで…見られるよね(MOIのこと)。私は貴重なモノを見逃したんやろか。どやろか。

週末はエリック杯なんですが(どうしてもラリック杯と言ってしまう)、また「カシミヤのファッション・ショー」が、前座としてあるのでしょうか。バカでかいキス&クラなんでしょうか。おしゃれ~なおふらんす会場を御堪能あれ。
男子予想は…順当ならばジュベール優勝ですが。だいたいフランス大会って、大波乱はなかったよね(それはジュベがいつもまあ、安定してるからだけど)。
2年前はジョニーが、FS2位ながらSPの貯金でGP2勝目を上げたんですが、N杯に続き優勝って…「ありえん」って私つぶやいた記憶が。
でも、この時のSPの「ロンド・カプリチオーソ」が、シーズン中たしか最高点で(ジョニーのSPの中で)、実に素晴しかったです。当事のレポ読んでたら「プレス(記者)がスタオベしてたくらい」だったそうで。FSでちょっと崩れてしまったんだけど、私は「ロンド~」の方がPGが好きだったので、幸せ一杯でした。なんつうか、テンションが素晴しかったんですよね。覇気があった。今でも「ロンド・カプリチオーソ」を聴くと、ジョニーの赤い細いシルエットが、凛々しく頭の中を舞い踊るのです。
(でも、この時の大ちゃんが大変だったんですよね…ふはは←今は笑って語れる)

で、小塚君含め、エリック杯予想でも…と思っていたら、「大ちゃんのゴールデンスピン」のニュース。一応、お友達にも確かめてみたけど、「うん、まだエントリー消えてないね。だから出るね、これは」ということ。ホンマかいな。
えと…確か去年はクリムキン出てたよな…中庭君出てたよな…記憶をたどる。で、去年の結果を探してみたらありました→去年の男子はこのような。
うむむ。大ちゃん、なんで出るんやろか。Mさんにも言ったけどこの立ち位置はまるで
ジャニーズジュニアのコンサートにキムタクが混じっているような。
あ、この比喩表現マズイのだろうか(笑)。あくまで私の感触なんですけど。
「キムタク」がマズイかな…キムタクがランビだとすると、中居君あたりか。
いや、V6岡田君か。
訂正:
ジャニーズジュニアのコンサートにV6岡田君が混じっているような。

だって今年のエントリー見てたらウルバス君くらいしか…いや、彼も良いですけどさ。強いですけどさ。ってウルバス君が230点くらい叩き出したらどうしよ…(疑)。
きっとカナダ大会でFSがああなってしまったので、調整の為に出るように思いますがどうでしょう。「観客動員の為に出て~」ってそんな依頼ってあるやろか(笑)。私は、モロゾフに怒られたと推測。「ダイス!(ケ!)お前はもー。場数踏んで鍛えられてこい!」…みたいな。確かにあのままでN杯に突入…だとやや不安が残るもん。
あちこちのブログさんでカナダの公式練習レポを読ませてもらってたら、大ちゃん、公式では調子良かったみたいだし。ちゃんと練習積んできてた事は伺えるし。やはり、本番の緊張に慣れるってのが、目下最大の課題なのかなあ。
もう大丈夫だと思うけど、もしまたあの3ループの入りでミスしてしまったら、もう「三度目の正直」つうことで、アレは外した方が良いと思います…(サルコゥと順番換えません~?←しつこい;)。
いいよ。出んさい出んさい!試合に慣れるのだ!可愛い子には旅させろ!?

★「ダイス」=「dice」は、昨年のスケアメ優勝時に、
 アメリカで大ちゃんについたあだ名です。
 「ばくち」って…うまいなあ(んなこと言うとる場合か)。
コメント (12)

秋の一日

2006-11-14 | うぐいすよもやま日記
今日は兄の命日。恒例の京都墓参りでした。
帰りに祇園を通ったら、お家騒動の『一澤帆布』兄弟店が通りをはさんで対決中。弟店が「午前中で完売!」と、看板出てるかと思えば、兄店にはツアーバスが乗りつけるという。恐るべし一澤ブランド~。

*「一澤帆布」=「いちざわはんぷ」とは、京都のカバン・袋物屋さんです。
丈夫な帆布を使って、カジュアルタイプのカバンを縫製して販売しています。関西では有名な(?)ブランド=老舗なんだけど、前~にあの「乙武クン」がTV「オシャレ関係」で一澤の白いショルダーバッグを披露していたんですよね(ナナメガケしていた)。ノートPCと携帯が入ってました。乙クンは京都土産に買ったのだろうか?(そういう私も持っているトートバッグ、4900円だった)
このお店、最近「お家騒動」がありまして、よーするに兄弟ゲンカなんですが、「兄の店」「弟の店」と二つに分かれてしまいました。ニュースで大々的に取り上げられていたので、宣伝効果も抜群?平日にも関わらず、どちらの店にも行列出来てます。
使い勝手はというと、若い男子にはいーかもしれんけど、女子にはちょっと重いような気がするの(布が固くて重いから)。でもま、型崩れせず丈夫は丈夫ですな。

…そして大阪へバック。梅田阪急9階で、お友達が出品しているグループ展覧会を見る。赤松玉女さんとか出てる~。見応えあったわ。最終日なので焦ったけど。
…そして本町へ行く。今日からまたお勉強。センセイは面白い。
コメント

京都フィギュアスケートフェスティバル

2006-11-13 | 06-07 コンペとショー
えー中国GP、男子とダンスはまだ録画見ておりません(笑)。エマ…いいの。次で期待するわ。ダンスのドム&シャバ、やりました!私の予想通りシーソーゲームだったような。

kikiさんの写真レポに続き、なおみさんがコメント欄でスケートカナダの感想を書いてくれてますが、ありがとうございました。また、行かれた方はどの日へのコメントでも構いませんから、思い出した際はお気軽にどうぞ。海外は日本に比べてチケットも手に入りやすいし、公式練習も見られる、写真撮影もOKなので、本当に良いですね。観光も兼ねてだと尚楽しいし、一年に一度「エイッ!」と行ってみたいです。

★話ちょっと変わって
行ってみました「第二回 京都フィギュアスケートフェスティバル」。同行は「輝けるT市のT嬢」。場所は02年NHK杯が行われた京都アクアリーナです。
余談ですが、この2002年のN杯会場では、3週間後に控えた全日本選手権のチケットが売られていました(同じ会場だったからか)。確か3000円くらいで良い席が買えたような記憶…でも結構余ってました。今の状況から考えると信じられない。ああ、あの平和な日々を返して~。

フェスティバルの「エキシビション」の時間は、13~15時の2時間。正面側の席は2階までほぼ満席。背面側もかなり埋まっています。お客さんは1300人くらい?なんでしょうか。京都を拠点として練習している8歳~23歳までの若い選手達18人が、各自、EXやSPのナンバーを披露してくれました。特別ゲストは八木沼じゅんじゅんプロ。
練習拠点が京都醍醐スケートリンクだった選手がほとんどだと思うのですが、「醍醐FSC」と言えば、太田由希奈選手の出身クラブ。中国GPに出ていた澤田亜紀選手も所属しています。今はリンクは閉鎖されてしまい、その後、生徒さんは大阪やその他のリンクで練習しなければならなかったと聞いていますが、澤田選手、北村明子選手、金彩華選手らが来季から関大に進学することが決まり、どうにか苦境を脱しつつあるのでしょうか。京都から高槻までなら近いから、負担は相当違いますね。他の選手達はどうするのかな。みんな、関大へウェルカム!?

ちびっ子選手が可愛い^^ トップバッターの宮原知子選手(8歳・醍醐FSC)から既に、2ルッツ+2ループなどビュンビュン跳んだりするので驚きです。
見ていると、ジャンプは男子より女子のほうがはるかに良いみたい。今のシニアの状況とカブるものが(笑)。でも、男子は年長選手が多いせいかステップ、スピンが上手い。そして何故か背の高い方が多い?
西日本選手権が終わった翌週ということで、ややお疲れ気味な選手もいましたが、手作り感溢れる素敵な企画でした。終始、大きな拍手が。

私が印象的だった選手をすこし。
先に書いた8歳の宮原選手。プチ真央ちゃん、って感じで元気ハツラツ。ジャンプもスピンもスパイラルもバランス良く、とにかくキュートです。スパイラルで足がたか~く上がって拍手喝さい。今は2アクセルに挑戦中だそうです。
そして、噂に聞いていた松下未瑠紅ちゃん。「みるくちゃん」なのです。全日本ノービス3位、ムラドスト・トロフィー2位、という立派な成績が頷ける、華のある滑りにおおいに惹かれました。トリプル(フリップとサルコゥ?)も跳んでいます。13歳で既に、お客さんを引き込むツボみたいな所を心得てる。大きく飛躍しそうな予感。
澤田亜紀ちゃんと同期の北村明子選手。世界Jrで見てた時から、なんて綺麗な選手だろう、と感嘆していましたが、今回は途中でマラカスを持って、楽しいEXナンバー(かな?)を披露してくれました。4月に足を痛めて練習をやめていたそうですが、9月からは再開したとのこと。
DOIにも出演していた井上はるかちゃん。同じ「ハバネラ・アレンジバージョンン」です。ちょっとお疲れ気味だったけど、相変わらず良く踊ってくれます。彼女は、見ているだけで楽しくなるので大好き。お客さんに元気をくれるというのかな。澤田選手はパンフ(500円)に掲載されていたものの、さすがに欠場。
トリの前に太田由希奈ちゃんでした。やはり大歓声です。バックステージを見ていてもオーラが違う感じ。美しい~。骨格の形からして美しい。DOIから比べるとかなり体を絞ってきている印象です。
SPの「白鳥の湖」で、ジャンプは綺麗な3T+2T、2L。やはり近くで見ていても、肩から腕、指先へのうねるような表情が格別です。いつまでも見ていたくなる。スパイラルや、カーブを描くイナバウアーの完成度にも拍手でした。先の西日本選手権で3位になったということで、全日本出場も決まったようですね。嬉しい。やはり彼女は絶品です。
パンフでは「怪我はピーク時の半分くらいになり良くなってはきていますが、抑えて練習しています。思うようにいかないことが多いですが、これも人生の試練だと思って乗り越えていきたいです…」と書かれてありました。頑張って!あたたかく応援したいです。
さて選手たちの大トリは、「京大のヨンさま」こと神崎選手です!背が高くてシュッとした男前さん。「オペラ座の怪人」の衣装は昨年のちっこいマント(?)ではなく新しいものかな。白のボトムで、肩から指先にかけてはヒラヒラ(シースルー)グレーから黒のグラデーションになってます。
赤いバラを1本持って…映画みたい。大きな立て鏡=(姿見)を女の子がヨイショと運び、リンク中央に設置。神崎ファントムはその前でいろいろ、苦悩なさったり演技なさるのですが、別に鏡なくてもいいのでは(笑)。いやいや楽しいですが。
メインテーマの「じゃーん♪じゃじゃじゃじゃじゃーん♪」と、「Music of the night」ボーカル版のサンドイッチといった構成で、「いかにもなオペラ座」でした。情熱的に舞い踊ります。大きな3アクセル!他にも挑んだ男子がいましたが、この日の選手中では、唯一大成功!大歓声です。いいなあ。そのアクセル、Dのつく選手にくれ~(笑)。ふはは。
神崎選手は以前にも「冬のソナタ」など企画モノで楽しませてくれて、「魅せる」意識を感じるベテランさんになってきました。京大大学院に進学しても、スケート続行して欲しいな。あ、鏡の後ろに「ノリ」と、金色のペンキででっかく書かれてありました。「マイ・ミラー」なのね(笑)。大きな盛り上がりで、最後はゲストの八木沼さんのショーナンバー(アンコールアリ)でお開き。

サイン色紙の抽選会や、じゅんじゅんによる「トークショー+チビッ子スケート1日教室」など、見学してて面白かったです。2~3歳の子でもスケート靴貸してくれるのね。ヘルメットも。
あ、田村ヤマト君は醍醐スケートクラブの先生でもあるので、ず~っとウロウロして下さいました(笑)。今日はアイスショーではなく「勤務中」つう感じだったので、サインとか写真は遠慮。近距離で見ててもオットコマエですね。優しくチビッ子スケーター達の面倒を見てる姿が、ホノボノしてました。あと、由希奈ちゃんは色々インタビューに答えていて、超多忙そうでした。
楽しかった!これで「無料」とはありがたや。スタッフの方も丁寧な応対で好感が持てたし。シングルのみだったので、グループで踊るナンバーとかがあれば、さらに充実しそうです。
京都アクアリーナは外見の割には座席が少なくゆったりしてるせいか、長時間いると寒さがしんしんきました…私のよーな冷え性にはカイロ必携。
なんだか、長野N杯の座席表もアクアリーナと似てる感じなので、防寒対策を万全にした方が良さそうかな(?)
コメント (8)