上砂理佳のうぐいす日記

心斎橋ギャラリービルのオープニング展にお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。ブログにも作品群をUPしています★

母の日に見たもの★

2021-05-11 | うぐいすよもやま日記
なんちゃって母の日?

あじさいを買いたかったのですが、今年は開花が早くもう咲ききってしまって、どれもいまひとつ。
これから梅雨だというのに、なんだかどの花も早く早く咲いてしまうような気がします。
とりあえずカーネーション(^_^;)

一昨日の母の日、なんと私は「蛇」を見てしまいました!
草むらの中です。。。
するするする~っとうねりながら、向こうへ消えてしまいました。
小さいけどあれは確かに蛇だった。。。(夢じゃない)

それで急に、あの横浜の逃げ出した黄色いシマシマの蛇を思い出し、ぞーっと背筋が凍る。
母の日に蛇を見るなんて。
何かの予兆!?★
コメント

なぜ世界選手権をオリンピックとして開催出来ないの?★

2021-05-08 | うぐいすよもやま日記
自分のネットギャラリーの調整に時間がかかっているのですが、なんとかリニューアル出来そうです。あと少し。
最近、さまざまな「不具合」にぶち当たります。
毎日なにがしかのメンテナンスに時間を割いているという。
コロナ問題で社会の歯車が狂ってしまったことも影響してる。。。かな?予想外の事態が増えるといいますか。
でもそれはみんな同じですよね。

オリンピック中止!の署名が沢山集まっている、というニュースを見ました。
バッハ会長も来日延期になったようですね。

私、いち「オリンピック素人」として提案します。
各競技、「次の世界選手権をオリンピック扱いとする」で良くないですか!?
この間の3月、フィギュアの世界選手権がスウェーデンで開かれました。
「バブル方式」というやつで、試合期間、選手・関係者は一切、外部との接触を断つ。ホテルとリンクの往復のみ。
開催前検査で一人の陽性者が出ただけで、解散するまでクラスターも起きませんでした(報道を見る限りは、ですよ)。
4月は日本で国別対抗戦開催。
団体戦はオリンピックでも行われます。なので国別対抗戦を「オリンピック扱い」とすればいい。
国別対抗は二年に一度だから、再来年の国別をオリンピックに充当させればいい。
ひとつの競技だけなら、集まる選手も関係者もオリンピックよりはるかに数が少なく、感染リスクもグンと減ると思います。
やってる内容、プレーもルールも選手の顔ぶれも、フィギュアに限って言えばまったく同じです。国の代表選手枠も。
つまり、この夏以降行われる「次の世界選手権の成績」を、「オリンピックの成績」とする。
優勝した人は「オリンピック金メダリスト」です。
世界選手権はもう各競技、開催される国や会場も決まってるだろうし、準備も出来るはず。
コロナで世界選手権開催準備が難しければ他国が挙手してもいいし、来年、再来年に延びてもいい。
開会式も閉会式イベントもないから、短期間で終了。
感染者が出た場合を考えて、お医者さんや看護師さんにスタンバイしてもらうにしても、オリンピックほど多人数でなくていい。
医療スタッフにはオリンピック委員会もしくはスポンサー企業から、相応の報酬を支払ってもらいます。
(東京オリンピックで、ボランティアの医師と看護師を多数募るのは、私は反対です。集めるならば報酬を)

他の競技はよく知らないのですが、少なくともフィギュアスケート競技ならば、世界選手権とオリンピックって内容は変わらないですよ。。。
「ここはオリンピックです!」
「これはオリンピックメダルです!」
って言えばそれがオリンピック。
オリンピック委員会が認めればそれがオリンピック。
この方式ならば、今夏無理やり東京に全競技全選手を集めて大規模な「密」を作らなくても、リスクを低くオリンピック開催出来る!
アメリカのテレビ放映権はそのままで、1~2年に渡って「オリンピック番組」として各競技流せばいいし。
まあアメリカが許さんだろけど(笑)。「非常事態」として通すべき。バイデンさんなら聞く耳持ってはるでしょう。

「東京オリンピック2020」という名称(ブランド)にこだわるから、「東京で今年開かれなければならない」になってしまう。
そらまあ新しく競技会場を設営した東京都は踏んだり蹴ったりだとは思いますが。
せっかく作ったならば、競技ごとの日程をかなりずらして世界選手権(オリンピック)開催すればいい。
今まで頑張ってきた選手に、活躍のステージに上がってもらい、なおかつ感染リスクを減らして減らしまくる。
それがベストな道、というものではないでしょうか。

私はこの案を、世界フィギュア見てからずーっと考えてるのですが、同じことをツィッターでつぶやいている人がいて嬉しかった(笑)★
コメント

微妙な話★

2021-05-07 | うぐいすよもやま日記
「うすいえんどう」って関西だけの呼び方?
うちのご近所の畑で採れたお豆さんで豆ご飯。旬ですね。

先日からコロナワクチン高齢者集団接種の予約が始まり、どんなもんだろ?って感じでまずはWebで。
スマホからでしたがパソコンの方が良かったのかしら。。。
「ぴあ」でフィギュアスケートのチケット取るのと全く同じですよ。困難度は。
ログイン登録でロスしたのか、9時3分に「残り1枠」を申し込みしてもはじかれ、条件を変えて再度申し込んでるうちに定員終了。
電話に切り替えてみたものの、9時から夜8時まで、一度もつながることはありませんでした(一時間に一度電話した)。
一体何人分ワクチン来たんだろ。まあボチボチでいいか~。

と思っていたら、医療従事者の同い年の友達から、二回接種後の副作用報告(本人と職場の皆さん)を聞きまして。
びっくり。
ある程度「腕が痛い」とか「だるい」とかは聞いてたけど、正直そんなに重要視してなかった。。。打てば安心、ぐらいに思ってた。侮っていました。
普通の予防接種とは違う。打つか打たないか。しばらく様子見や…と思いました。
高齢の母に打たせるか?リスク高過ぎない?
今まで「ワクチンが少ない・遅い」という所にしか意識がいってませんでしたが、方針変更。

不安を煽るわけではないですが、メディアは副作用報告ほとんどしませんもんね。報道したら、みんな接種しなくなるから。
医療従事者の方々でも全員接種してるわけではないし、高齢者はこれから。
報告が出るのはこれからなのか。。。隠蔽される?
今朝のニュースで、オリンピック選手に優先的にワクチン接種(任意)が決まった、とありましたが、一般人より何十倍も体調に気を配る五輪アスリートが、「これでオッケー!」とばかりにワクチン打つとは、到底思えないです。私には。
だって五輪開催直前ですよ。打つとしたら休暇中でないと。リスク大き過ぎませんか。
ワクチンのメリット、デメリット、なんとも微妙な気持ちになってます★
コメント

こどもの日★

2021-05-05 | うぐいすよもやま日記
今日はこどもの日で、ネイサン・チェンと鍵山優真君の誕生日!
同じ日なのよね。
ネイサンは22歳、鍵山君は18歳です。
若っ!
来年の五輪も二人が輝いていますように。
全ての選手が健康で素晴らしい戦いを繰り広げられますように。
コロナで、当たり前が当たり前でなくなっちゃって、来年の冬季五輪が果たしてちゃんと出来るのか、祈るしかない気持ちです。
誰も冬季五輪の話しないのは、その前に東京五輪が立ちはだかっているから。
もう5月ですよ!
7月のオリンピックをどうするのか、まだ決まらないって。考えられない!
けどこれが現実か。

年々、つつじが増殖してまして、あっち向いてもこっち向いてもつつじです。本当に綺麗です。
なぜか「こどもの日」は、つつじのイメージ★
コメント

周回遅れ★

2021-05-04 | うぐいすよもやま日記


通常ならゴールデンウィークにピークを迎える藤の花は、このところどんどん開花が早まり、4月半ばには咲いてすぐ終了。
今年の「白藤」はいまひとつでした。来年に期待。


白藤の隣の白木香バラ。こちらも早かった。

今日は風も無く良いお天気で、絶好のウォーキング日和です。
ご近所の自然公園はいっぱいの人でした。
万博記念公園が休園中なのでこちらに流れる人波。
みんな、考えることは一緒ですからね~。

辻仁成さんの日記を読んでいたら、フランスは6月30日に元の世界に戻す!とマクロン大統領が宣言したとか。
復活までのロードマップを公表してるのがいいですよね。
たとえ計画通りに行かなくても、「政府はこう考えてる」が分かれば、希望が持てる。
ヨーロッパもアメリカもワクチン接種が進んで、一気に好転しつつあるのかな。
アメリカなんてワクチン余り気味で、予約無しにフラ~と行っても30分ほどで済んでしまう。
一回目が終わればスタンプカードみたいなものをもらえる。
3週間後に自分でまたフラ~と接種に行けばいいのでしょうか。
駐車場でドライバーにワクチン注射してる人なんて、お医者さんにも看護師にも見えないから、あんなにたくさんの「ワクチン接種スタッフ」をどうやって調達してるのかしら?
日本は「周回遅れ」みたいですが、果たして挽回できるのか★
コメント

雨のち晴れのち嵐★

2021-05-02 | うぐいすよもやま日記
大雨のあとに虹が出ていました。
いつも東の空です。
5分とたたないうちに消えてしまいました。

今日は今日で、台風のように強い風が吹いていました。
各地で竜巻が。
宮城では大きな地震が。
何か不穏な連休。

。。。と書いてなんと自分のパソコンのメールアドレスに送ってたことに今頃気付くという(笑)。
あらためてブログに投稿★
コメント

今はメンテナンス★

2021-04-29 | うぐいすよもやま日記
ゴールデンウィークがスタートしたというのに、めっちゃ雨です!滝のようです。
どちらにしても緊急事態宣言中なので遊びに行けないし、大阪はもはや「外に出てはいけない」レベルの危機を感じます。
私の市のおとなりの豊中市の保健センターの様子をニュースで見ましたが、救急車に乗る事態になっても入院先が無いって、怖くないですか~(゜ロ゜)
感染して自宅待機の人が万単位ってのも怖過ぎます。
だから絶対にかかってはいけないのですね。。。

とりあえず今はいろんな「メンテナンス」を慣行しようと思います。
体の具合も、家も、人間関係も。勿論仕事も。
ネットショップRika Kamisuna galleryも、現在メンテナンスで格闘中ですが、販売は続行しております。
ネットショップのですね、作品画像の拡大ズームが出来なくて、ご迷惑をおかけしています。
スマホアプリの方なら作品のズームは普通に出来るのですが、パソコンの方があれ?
私は最近ほとんどスマホでブログもネットショップの編集もしていたので、気付きませんでした。
とりあえず少しだけ体裁を変えましたが、まだ画像拡大が出来ないので、頑張ってみます。
制作の方は先にトールペイントをやってます。
こちらも色々問題をクリアしながら(?)頑張ります。

大阪、切ないよ!
ほんま不安でございますが、そんな時には「今年も実ったさくらんぼ」写真を。
ご近所の図書館にあるさくらんぼのサクラですが、毎度幼稚園の子供たちが収穫していたのに、今年は実ったまま放置。
コロナの影響かな~なんて思ってますがどうでしょう★
コメント

nine doors ラスト★

2021-04-27 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ
最後のアップです。
壁が唯一藍色に塗られた部屋なので、暗く神秘的?な作品が多いような。


シャドウボックスの方が並びました。ボリュームも技術もすごい。


ガラスの作品が好き。夏が近づくから!?




壁の色とマッチした作品がやはり多いと思うのでした。


ほぼ立体で一番ナゾの作品でしたが好き。

私は、今日が搬出でした。
まだコロナ禍が今ほどではない早い段階で、版画が売れてくれてまして、とても嬉しかったです。
最後、新しい壁紙に穴をあけるという大ミスで怒られるオマケ付きでしたが(笑)。
(でもみんな私と同じミスを犯していた笑)。
郵送返送の作家さんの作品の梱包を、少し手伝ってたんですが、ダメですね。他人様の作品って取り扱いが難しい。
心斎橋も梅田も、大きな店舗や地下街は閉まってました。もちろん。
でも、パチンコ屋さんやスタバは開いてました。結構混んでました。
どうなんだろ。開いている店に、人は集中するし、電車内で喋る人も多いよ。
もう考えても仕方ないのかな。。。

次はぜひ感染を心配しないで、アートに向き合いたいし、お客さんにも楽しんで頂きたいです。
重ねて、お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
ギャラリーの皆さま、作家のみなさま、おつかれさまでした★
コメント

nine doors ⑥★

2021-04-26 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ
つづきです。


「春」というタイトルでこれも好きでした。おぼろ月のような。


三階でひときわ目を惹いた大作。「うたたね」とタイトルが書いてありました。
作者さんがおられたのでお話を聞いたら、地中に眠る蝉のイメージということでした。セピアの世界が素敵。


こちらも、真ん中の鉛筆画の方がギャラリーにおられました。
ワニの口の中に鳥がいるので「危ない~!(食べられちゃう?)なのですか?」と聞いたら、「いいえ。ワニの歯を綺麗に掃除してくれる鳥なのですよ。この鳥がいないと虫歯になっちゃうので、ワニの方が弱い立場ですね」なんてお話してくれました。


シンプルだけど好き。


白いTシャツや古シャツを組み合わせて。


何か摩訶不思議なパワーを感じました。
今回、180人余の作家さんが一堂に会しているので、当たり前ですが「エネルギーのうねり」みたいなものを感じました。
私が見る限りデジタル絵の方は少なくて、「なま」の作品が多かったと思います。
やっぱりいいね。「ナマ」は!
次で最後、ただひとつだけ壁が藍色の部屋「アイイロギャラリー」での作品群を★
コメント

nine doors ⑤★

2021-04-26 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ


私がとっても好きだった作品。どうぶつたちが団体バスツアーで海へ行く!
今朝、BSで巨大タコの番組を見たばかりなので、このタコがいとおしい。。。


派手でした。すごい


これも好きでした。






タイトル忘れました(?)でも不思議。陶器かと思ったら紙製と書いてありました。


こんなBOXアート的作品も印象的でした。

夏が近づくような。。。さわやかな作品でした★
コメント

本日千秋楽★

2021-04-25 | うぐいすよもやま日記
心斎橋ギャラリービル、オープニング企画展は、本日25日(日)無事に終了しました。
お越し頂いた方には感謝いたします。
そして今回は来られなかった方々のために、追加撮影してきた作品たちをもう少しアップします。

緊急事態宣言がやはり出てしまい、京都・大阪・兵庫だから、まさに私が普段ウロウロしてるエリアです(/。\)
展覧会もギリギリ開催出来たわけですが、明日以降のアイギャラリーさん関連の展覧会は、中止か延期になっています。
詳しくはアイギャラリーHPを見てね!
私はゴールデンウィーク中の「らぶねこ展」(アイギャラリー)に行きたかったのですが中止に。

心斎橋ギャラリービルは、テナントがほぼ埋まってきたらしく、しばらくは準備中で緊急事態宣言明け頃から本格的に始動ではないか、と思います。
こちらも心斎橋ギャラリービルのHP(新しく開設されました)でご確認ください。

作家さんたちももう、案内状を印刷してお客さんに発送してたり、準備に時間もお金も費やしてきたわけで、なんともつらいところです。
ギャラリーには休業要請は直接出てないのか、出てるのか?
でもどちらにしても、お客さまに「来てくださいね」と言えない限りは、開催出来ません。開催しても無駄になってしまう。

医療体制の逼迫度が大阪では深刻、と繰り返しニュースで見聞きしてますので、協力するしかないのですが、思うことは多々あります。
多々有りすぎます★
コメント

nine doors ④★

2021-04-20 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ
各作家さんの作品の続きです。


階段ギャラリーコーナーのシリーズ


さわやかで人気が






私と同じ銅版画の方。大作です。


屋上のモザイクタイル作品。


刺繍絵の方。好きやわ。


これも刺繍が。すごーく欲しい!


これは陶器(陶板?)作品でしたが、額縁とのマッチングがなんとも素敵。


額縁を造られる作家さんの作品。重厚感たっぷり★
コメント

nine doors 展③★

2021-04-19 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ


階段のコンセントにこんな可愛い作品が。



三階の奥が「アイイロギャラリー」と名付けられ、唯一壁が白でなく藍色です。
なので夜のような独特のムード(作品があまりわからずすみません)。



1階と2階の間の壁に飾られたタペストリー。



4階には唯一ベランダがあります。ここを開けて風を通して、ビールで一杯とか良さそう。





5階の1室が木の床になっています。窓には障子が貼られ、落ち着いた空間に。





屋上も青く塗られています。モザイクタイルの作品が飾られています。
大阪の街が見渡せる最上階も、今後ギャラリーになっていきそう。



ここからは私が個人的に気に入った作品を。
これはギャラリースタッフでもある佐々木さんの作品。「高速の夜」というタイトルだそうです。
なんとも言えない深い夜を感じて、好きです★
コメント

nine doors展②★

2021-04-18 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ
ちょっとわかりづらいですが、2階より上の部屋の展示イメージだけ感じて頂ければ。。。
2階・3階・4階・5階はそれぞれ二つずつ部屋があります。
「ギャラリーとしての使用」テナントを募集中ですが、2階の部屋は既に借り手がおられて、この展覧会が終わり次第「芸術空間パレット」として活動スタートをするそうです。
私も家賃表を見せてもらいましたが(心斎橋ギャラリービルのHPにも記載)この大阪のど真ん中なのに、とてもお安い!そして最初から展示用のレール(ピクチャーレール=ワイヤーで額縁を吊るします)もライトもついているんです。めっちゃいい。


岡本知倫さんの作品。独特でいとおしい。







階段の壁にも展示できるようになっています。これはとても楽しい。
コメント

nine doors 展①★

2021-04-17 | アート・音楽・映画・本・舞台・ドラマ
少しですが「nine doors 展」の写真も撮ってきたのでご紹介。
180名も作家が出ていたら、やはりお客さんも多いです。初日からずっと多いです。
このご時世ですが、コロナ対策はバッチリで「9つのドア」も開放しております。
署名頂くエンピツも消毒、検温、手指の消毒をご協力いただいています。
この先、緊急事態宣言になったらどうなるか、ですが25日まで乗り切って頂きたいです。

地下鉄心斎橋駅からだと一番東寄り、長堀橋に近い方の出口から出てもらうと近いです。
地上での目印はこの「幸せのパンケーキ」の看板かも。このパンケーキを目指せばスグです。
右手奥に見えている青いビルです。




心斎橋ギャラリービルは5階建てで、屋上まで作品がありました(笑)。
1階のギャラリーは正式名「ai2 gallery」というのだそうです。
私がおととし個展を開催した「ai gallery」の姉妹版という感じ?
通りに面してガラス張りになっています。
入ってすぐ左のコーナーは織物(タペストリー)とか絣の着物など大物がドンと。



入って右側のコーナーです。多彩な表現で見飽きない。
そして、ライトの数が多いので、作品数が多くてもちゃんと光が当たっています。



中央の木彫りの作品が迫力です。
右の巨大な絵は猫ちゃんが横を向いているのですよ。畳1枚分ぐらいあります。





私は一階の左手の壁で、奥から二番目です。
左隣のお月さまがスゴイ。銅版画って家で見てると大きいけど、ギャラリーではちっさく感じるので、何やら肩身が狭いです(笑)。





続きます。2階以降も、私が目に留まった作品を何点かUPします★
コメント