上砂理佳のうぐいす日記

BASEで版画のネットショップOPENしました。よろしくお願いいたします★

5月の個展です。その2★

2009-04-30 | うぐいすとお仕事

★5月の展覧会、その2!
大阪の南部、富田林市(とんだばやしし)に「寺内町(じないまち)」という歴史情緒あふれる小さな町があります。大阪北部の私の家からは2時間近くかかるのですが(汗)、行く価値はある(!)素敵な町なんすよ。
昨年、ヒョンなご縁があり、そこで小さな個展をやらせてもらうことに。銅板画旧作ばかりですが、今回は町屋に合わせて額装をちょっと凝りました。

近鉄富田林駅から徒歩でてくてく。石畳と町屋の続くレトロ~なたたずまいに、なんとも癒されてしまうのです。子供の頃の時(とき)の流れというか「あったかい」のです。
あの橋下サンも大阪府知事就任後に「この町を大阪の名所に!」ということで訪れたそうですが、ニュースでもやっていましたね。
「小京都」といいますか、もともと商業都市としておおいに栄えていたそうで、今もその名残があります。旧家・お寺散策が楽しい。
そこに、週末だけ営業してる「terra(テラ)」という町屋ギャラリーがあるのですが、アート雑貨&レトログッズ満載!一度来たらハマります(笑)。オーナーさんの店づくりセンスが、とって~も素敵で。
その「じないまちterra」の玄関に、ミニ・ギャラリーがあるのですが、うぐいすの銅版画を5月中展示販売しています。
「terra」のHPは→★こちら
「ブログ」をクリックすると、オーナー「かしわもち」さんのほんわか~した日記に行けます。

★ギャラリー&雑貨 じないまちterra★
大阪府富田林市9-36 TEL 0721-24-1454
 近鉄阿部野橋より河内長野行乗車(約25分)
 富田林駅下車徒歩5分
 金・土・日・祝日のみ11~16時営業 
*うぐいすは、5/3、5/31 ギャラリーにおります。
*5/3 16:30~ terraさんにて
 ワインパーティ「ワインでめぐる世界旅行」あり!
 参加費は2800です。参加希望される方は、5/1夜ぐらい迄に
 terraさんHPへメールを送るか、
 またはうぐいすに 直接連絡を下さい。


店内はこういう感じ。昔なつかしー!「ニッポンのいえ」。
もとはお米屋さんだったという築200年(!)の町屋をそのまま生かし、靴を脱いで畳に上がります。これが解放感あるのよねー(靴下に穴が開いてないか出かける前にチェック!)。

これは去年暮れに行った時の「クリスマスチック」な展示。アロマキャンドルは、香りの種類が一杯あってしかも超リーズナブル価格。雑貨のセレクションが素晴しい。
「和」モノ「洋」モノ、どちらも混在してる不思議なお店だけど、それが「町屋」にしっくりなじむ。いつまでも居たくなるんですわ。

うぐいすの版画展示は5月の一ヶ月間ですが、毎月展示アーティストは替わります。なお、毎月第二土曜日は、「じない市」という「市(いち)」がたちます。いろんな出店がにぎわい、面白い!
GWは海外旅行もえーけど、
レトロに「癒し系」で過ごしてみませんか★
コメント

5月の個展です。その1★

2009-04-28 | うぐいすとお仕事
5月の歳時記版画は「青嵐」!「あおあらし」と読みます。
新緑の頃に吹くさわやかな風のイメージ。
タコがツボです!
明日の29日(水・祝)から、またまたデパートで個展やります。

★高槻松坂屋 4Fアートステーション(072-682-0855)★
 4月29日(水・祝)~5月12日(火)10~20時 無休
 サイン会は 5月6日(水) 14~16時
 銅版画は約50点、水彩は2点、展示販売しています。

私も、地元っちゅうか近場なので忘れかけてました(笑)。
大阪北部の皆様には、よろしゅうに。
関西では引き続き6月16日~6月23日に「北花田阪急」にて
展示会があります。こちらのサイン会は21日。
そう、DOIとカブッている~!
でも…今年は私は大阪にいるのだ(笑)。
コメント (2)

筋力★

2009-04-28 | 大ちゃん応援企画
先日、大ちゃん仲間から情報を得て「ステラ」というTVガイド誌をゲット。関西版にのみ、コラムに大ちゃんの記事が少し載ってたの。
手術後のリハビリは相当キツイものだろうけど、お医者さんの判断も踏まえ、慎重に慎重に膝の具合を確かめながら、復帰の道を歩んでいるようです。
私も手術前は「…脅威の回復力で早期復帰!」とか1%くらい(いや、10~20%?)もくろんでいて、「もしかしてもしかしたら…国別対抗戦には出てくれないかな~」とか思ってたのですね。
でもでも、そんな甘いもんじゃない!
色んなスポーツ選手の記事とか読んでたら、少し休んでただけでも筋肉ってガクーッと落ちちゃうそうだから、世界TOPシーンで活躍する選手達って本当に、極限ギリギリまで体を鍛えぬいたレベルにいるんだな~と痛感。
真央ちゃんや美姫ちゃんを見てたら「ヒョイヒョイ」ってジャンプ跳んでるように見えちゃうけど、あれは日々の鍛錬のタマモノなのですね。

こないだアート系のお友達と「私らって、しばらく絵を描いてなかったら、“アート筋力”落ちるよねえ」という話をしてて。ホンマその通り!
美術の世界でも、休んでたら「描く能力」が衰えちゃうんです。「あれ?これってどうやって描いてたんだっけ?」と戸惑う戸惑う。いっぱい「練習」しないと描けなくなってる。
病気明けとかに版画を刷ってたら「ひゃー。しんどい!」。
私、どーやって今までこんな枚数刷ってたんだろ…不思議で仕方がない。わたしゃ超人ハルクだったのか!?急にトシとって衰えたのか!?
でも毎日少しずつ仕事になれていったら、必ずMAXにまで戻れるようになります。これも「アート筋力」の成せるワザ?

ステラによれば、大ちゃんは、本格的に氷上練習できるのは6月になりそう。でももうあと一ヶ月ばかり。DOIは間に合わないだろうけど、FOIはどうかな。
専門家の医療ブログとか読んでたら、術後のトレーニングが、今後のスケート人生を大きく左右する程大事らしいので、焦らず、一歩一歩踏みしめながら進んでいってほしい。でも、「早く見たい」のよね(本音)。
うん。頑張れ大ちゃん。
頼みます。歌子先生、本田コーチ、カメさん、みやけん、etc…。
そして今後も頼むよ「NHKスポーツ大陸」(今日も体操の富田選手やってたけど、ええわ~“美しい体操”)★
コメント

「いい人」★

2009-04-24 | うぐいすよもやま日記
日本全国で幾万人ものブロガーが「草なぎ」の「なぎ」漢字変換不可に、改めて感じ入ったに違いない。はい、私の携帯でも出来ません。
関係ありませんが、私の携帯、漢字の予測変換で名前が出て来ないのは、SMAPメンバーでは草なぎ君だけなのよ。後のメンバーは出るの。
●きむら→木村拓哉(あるいは木村庄之助)
●いながき→稲垣吾郎
●なかい→中居正広
●かとり→香取慎吾(あるいは蚊取り線香)
草なぎ君はやはり「なぎ」がクリア出来ないからでしょう。
ジャニーズ事務所関連の皆様で他に予測変換出来る人は、堂本光一、堂本剛、亀梨和也、岡田准一、滝沢秀明、本木雅弘、など。「モックン」はいけても「ヤックン」は出ないのか。「亀梨和也」はアリで「桜井翔」が無いのは何故なのか。謎だ。
ちなみに他芸能人では、山下達郎、松任谷由実、浜田雅功、松本人志、笑福亭鶴瓶、なんてのが出ました。携帯の機種によって、いかほどに違うもんだか。

話がズレましたが、私はなんだか草なぎ君が可哀想に思う。よっぽどストレスが溜まってたのかなあって。あるいは、よっぽど楽し過ぎて(?)エスカレートしたのかもしれない。
自分が大酒飲みなもんで、「記憶が抜け落ちる」ほど酒を飲む状況というのは解るのだ。「あと一杯だけ」が「あと一杯だけ」を呼び、拍車がかかる。「もう一軒行こー!」になるのである。
トシを取ると、お酒が一定のラインまで来たらコテンと寝てしまうんだけど(最近の私はもー、眠くてしゃーない)、公園を歩き服を脱ぎ大声を出し暴れていた…とは、サスガな芸能人・スマップ。体力あるな~、と不謹慎ながらミョーに感心してしまった(今、「すまっ」まで入力したら「SMAP×SMAP」まで予測変換で出てきた)。
でも、ニュース速報で報じるような事柄だろうか。強盗とか殺人なら解るけど。「臨時ニュース」ってもともと、天皇崩御とか自然災害の時ぐらいにしか使われなかったはずだ。でも最近は、「○○県知事に○○が当選」までニュース速報のテロップが出る。ちょっと、基準値が下がり過ぎていると思う。

「いい人」はストレスを溜めている。必ずといって良い程。時々「悪い人」になって、バランスを取りましょう。
カラオケで騒いだりパチンコで舌打ちしたりゴルフしたり野球で野次飛ばしたり買い物し過ぎたり無駄に甘いモノ食べたりナンパしたり夫婦喧嘩したり。他人様に大きな迷惑をかけずに、ちょこちょこ「悪い人」になればいい。
私はどーしても、草なぎ君の「いい人」キャラが、知らず知らずのうちに彼に重くのしかかっていたように思えてならない。
飲酒はもっともお手軽な気分転換法だけど、麻薬性も大だから、アルコール依存になる前に、何か他の趣味(?)にハマる事をおススメします。
コメント (7)

ラジオ生放送にて★

2009-04-22 | うぐいすよもやま日記
18日の土曜昼、仕事しながらFM大阪のラジオ番組を聞いていたら、エレファントカシマシの宮本さんがゲストだった。女性DJが、新しいアルバムとツアーの話を聞いていく。
最初は話もなめらかに、楽しい、ごくごく普通なやりとりだった。
ところが女性DJが、新アルバムを聴きこんだ感想を話した後、急に宮本さんの態度がおかしくなった。
「…新アルバムは、オードブルやサイドディッシュが無くて、メイン!メイン!メイン!メイン!というか…メインディッシュばかりというか」「食べにくい!と思いました」「でも…味わっているうちにこれは美味しいぞ!と」
DJはそう表現した。
「食べにくい」という言葉を使うという事は、よっぽどDJと宮本さんは旧知の仲で、「解り合ってる」のかな、と私は思っていた。勿論これは、「賛辞」であって、「中傷」でないことは口調からしても明白だった。
ところが、宮本さんは「食べにくい」という表現に気を悪くしたのか、一切、受け答えをしなくなった。
DJに促されてやっと口を開いたが、それは思い切り「喧嘩モード」だった。かなりひどいヤクザ調だった。「バカか、お前は」みたいな。
それでも私はまだ「二人は仲良しだから、これって演出だよねえ?ふざけてるんだよねえ?」と八割方思っていた。
番組後半、宮本さんは明らかに「業務上、仕方なく喋ってます」という口調になった。DJは冷静に普段通り、コンサート話などを質問していたが、時間切れであわただしく終わってしまった。
あれは何だったんだろ?演出かなあ、やっぱり?それともマジで喧嘩になっちゃったの?生放送で?
不思議極まりなかったが、後にブログで検索してみたら、あれは「本当の喧嘩」だったという事がわかった。エレファントカシマシ・宮本氏からの謝罪と、DJからの謝罪、公式のものが、それぞれのブログに載っていた。
「仲良し友達同士のおふざけ」と思っていた私が相当ノンキなのか、それにしても生放送中に喧嘩ってあるものなのか。

宮本さんとDJと、どちらが悪いか?なんて決めつける事に意味は無い。
互いに、最初から「喧嘩売ろう」とは思ってないだろうから、ちょっとした感覚のズレが引き起こした事件といえる。
こちらが「良い事をした」つもりでも、相手は「ひどいものを受け取った」のかもしれない。それと同じ事は、日常レベルでも、ままある。
だから「言葉の使い方は難しいなあ~」とつくづく思うワケだが、だからといって無難なやりとりばかりしていてもつまらない。
私はこの後、エレファントカシマシ宮本さんと、DJとが個人的にやりとりをして、一歩踏み込んだ仲になったらいいのになあ、と思う。
「価値観の相違で別れました」…というセリフは離婚に際して良く使われるけれど、そんなに価値観一緒の人ばかりが、世の中にゴロゴロしてるワケ無いじゃないか~。
傷つく事を恐れて、「とおりいっぺん」のコミュニケーションに終始するより、少し面倒だけど「一歩踏み込むこと」。そうすることによって初めて、面白い深い結びつきが出来るんじゃないだろか。
この場合は、「音楽を紹介する人」と「音楽を作る人」、互いにとってラジオ番組は真剣勝負の場なんだから、その決着がどうなったかまでを見てみたい。
「謝罪したからもう終わり」じゃなくて。謝罪してからこそが、両者の関係性のスタートなのだ。
時間をおいて、再びの両者の対談を聞いてみたいな、と思う。
コメント (4)

笑顔の締めくくり★

2009-04-19 | 08-09 コンペとショー
国別対抗戦、昨夜の男子FS+ダンスは録画まだ見てない~後でゆっくり見よう。
今日の女子FS+ペアは、うぐいす母と一緒に見てました。
「…今の演技やと総合で161点やな。TESは60点ギリギリやで~」とか、この母、ルールも良く知らない癖に平気で解説する(笑)。でも結構「いい線」突いてるんですよ。真央ちゃんの得点もピタリと当てる、うぐいすの母。アンタ、何者?

美姫ちゃん、また怪我ひどくなかったらいいなあ~。やっぱり、4回転というのは危険なワザなんですね。転倒するとすごーく消耗するだろうし。でも、ジャンプの高さと鋭さはやっぱり素晴しい。カナダ勢・アメリカ勢も素晴しかった。
真央ちゃん、3A回転不足は惜しかったけれど、素晴しかったー。あれがロスで出来ていれば…とは、なかなかいかないのが試合の難しさなのか。でも、「強く美しく」シーズン最後に素晴しい笑顔で締めくくることが出来て、JAPANはメダルも取れて、各国とも力を尽くして頑張ってくれて、「めでたしめでたし」でしたね。
あ、他の国では、ジュベールちょっと可哀相だったかも(笑)。でも、米・仏のエースが来てくれたお陰で男子も「ビシッと」締まった感じ。
フランスは女子がどうしてもスーパースターが出てこないのが不思議です。C・ディディエはワールドの時の怪我の影響も見せず、敢闘賞。(Jスポ見てた人はお解りでしょうが、FSのジャンプでフェンスに激突し、演技中断後、再び痛みをこらえて滑りぬきました)。
ペアは、高橋&トラン組に期待。素敵なPGでした。今後、解散せずとにかく息長く続いて欲しい~。川口ペアのようにたくましく育って欲しいし(高橋組のコーチって、あれは有名な“リチャード”さん?)。
悠子ちゃん&スミルノフは、ますます成長して、中国ペアを追い抜きそうな気がします。スミルノフ、上手くなりましたよね(笑)。
Jスポのペアとダンスの放映が明日からだから、まだ良くわからないのだけど、どうもジャン&ジャンは元気が無いように思えます。いつものツイストの高さが無いよ?私の気のせいかしら…悠子ちゃんたちが素晴しかったので、ちょっと気になりました。

しかしキス&クラが楽しい。団体戦の醍醐味はキス&クラにあり。
アメリカチームのご陽気さってどうよ!コイツらの強さは、やっぱこの「祭りだ祭りだワッショイショイ♪」のパワーだ。
スポーツは所詮スポーツ。楽しんじゃってるのだ。でも「やるときゃやる」の集中力もスゴイ。同じ北米、カナダ人もそんなノリだ。
ロシアは、なんつってもシングルの人材不足が切ない…ボロノフの地位を脅かすもう一人のエースが、早よ出てこんかな~。ボロノフ、一人で背負わされてる感じで、ちょっと可哀相だもん。
ロシア男子の危機なんて、フィギュア史始まって以来の「事件」ではないだろか。あ~プルさん、どーすんですか。プルさん!

なんだかんだ言って、結構楽しんでしまった(笑)。私も、東京在住ならば見たかったさわー。2年後の開催って、長野ワールドの直後になるけど、どこで開催するんだろう?
その頃、大ちゃんはどうなってるのかしら。ジョニーは?
想像もつかないけれどそれだけに、「今この時」の選手たちのきらめきが、貴重で切なく思える私でした★
コメント

真央ちゃん綺麗だったな~★

2009-04-17 | 08-09 コンペとショー
フィギュア国別対抗戦始まってますが、HDD整理出来てなくて、録画もしてないのですね…ってか、松岡修造氏を見るのがやっぱユーウツなんだと思う(笑)。これがJスポなら録画してると思う。
修造氏単体は「フツーに好青年」なのよ。「いい人」のイメージなのよ。
なのになのに「修造+フィギュアスケート」のカラミが、どうしても私、拒否反応なのよ(笑)。
どうしたものか…修造氏本人に罪は無いが、時が経つをのじっとガマンするしかない。少なくとも五輪までテレ朝は「フィギュア番・修造」なのだ。
好きになんなくてもいーから、嫌いにならないようにしよー。うん。修造、嫌いじゃないよ。

しかしですね。
修造氏問題はさておいて、やっぱり、大ちゃんもジョニーもゆかりんもあっこちゃんも出てなかったら、テンション下がってしまう。いや、一旦見始めたらガガーッとのめりこむんだけど、この間のロス世界選手権で、自分の中では「シーズン終わったね」になってしまってるので、もう一度引き上げるのは難しい。
とはいえ、残業して家に帰りついたら、ちょうど美姫ちゃんと真央ちゃんのSPリプレイをやってました。美姫ちゃんの「SAYURI」の、あの物悲しさがたまらんわ~。それに輪をかけて素晴しかった真央ちゃんの「月光」。
ドビュッシーの「月光」は私の大好きな曲なんですが、どうも今季の真央ちゃんとシックリいってなかった?衣装の色ももう少し薄いか濃いか、ハッキリした方が良いんじゃないだろか。そして演技の方も、ジャンプを見せたいのか叙情を表現したいのか、ちょっと中途半端な感じがしてました。ずーっと。
でも昨夜の「月光」は素晴しかった!文句無し!
美しさと幸福感と、それを可能にする技術。全てが「まるっと」一致した演技でした。FSもこの調子だと、パーフェクトに決まるかも!?

私の優勝予想は…日本とアメリカのせめぎ合いかな。アメリカはなんだかんだ言って全種目に強いし。でもカナダも強いしね。団体戦も意外と楽しいもんです。そして「順位点」ってのが懐かしくも面白い♪
(あれ?ポンちゃんもルタイも来てないー?)
コメント

水ぬるむ★

2009-04-13 | うぐいすとお仕事
4月の版画は「水ぬるむ」というタイトル。
一応、俳句の季語になってるんですよね…(「雪の友」は季語ではない?)。私、「太陽」別刊の歳時記シリーズの本を参考にしてるんですが、やはり「春」号は、見てて幸せになります。暗くつらい冬を抜けて、花咲きほこる春。花がいっぱい。

「水ぬるむ春」は、気温が上がって川や池で遊ぶ子供たちのイメージなんですが、最近はもう、メダカ取りをする姿なんて見かけなくなりました。私が小さい頃は、まだまだ子供は川で遊んでたんですけどねー。

大ちゃん仲間のMさんは、北海道で音楽の先生をやってはるのですが、去年送られてきたDVDに、生徒達の合唱を指導するシーンが映ってました。
みんな、ちょっと背伸びして大きな口を開けて、一心不乱に歌ってる。なーんの曇りも無い。さわやかな歌声。

なんて清らかなのかしら・・・とカンドーして作ったのがこの版画。
私にインスピレーションを与えてくれたMさんには、昨年末、長野全日本で会った際に、小さな額に入れて贈呈しました。そしたら、音楽室のピアノの上に飾ってくれてる写真をまた送ってくれました。バックにはあの「清らかな」生徒達が微笑んでいました★
コメント (2)

復帰★

2009-04-08 | うぐいすよもやま日記
そう、ずずっと携帯でブログ更新していたのですね。
もうPC開ける元気なんて、とてもとても…^^;
コメント欄でお見舞い頂き、ありがとうございました。ちょっと返信書けませんが、ごめんなさいー。rewrewさん、復活するわよー。
そうそう「弦楽セレナーデ」のほかにも、「左手のピアニスト・舘野泉さん」のCDもMさんに貰ってたのですね。ええよ~。泣けますよ!
「戦メリ」はちょっと美しくも哀し過ぎるので、EX向きかな…。

さっき、お得意先への電話で「プール熱で寝込んでました~」と言ったらば、案の定「そりゃまた可愛い♪」と、笑われてしまった。可愛くなんかないやいっ。ぷんぷん。
扁桃腺が腫れてるんじゃあなく、「アデノウィルス」って、ノドの奥に「米粒大」の白い腫れ物が出来て、それが5~6粒あるとかなり重症。私は「ひとつぶ」だったので「まあ、中程度」。でもその「米ひとつぶ」に泣かされるワケね。
医者によってこうも見立てが違うとは…あのままだと、私、えんえん点滴するハメになっていたではないか。医療費も高いのだからたまらん。

ノド激痛→目腫れる→高熱→頭痛→腹痛・下痢…とフルコース終了して、今は【うぐいす>ウィルス】となりました。私、ウィルスによーやく粘り勝ち。
今回は幸い、仕事と仕事の境目だったので、どちら様にも大きな迷惑をかけずに済んだ(ハズ)。ということで、お得意先様、電話ください(笑)。
ウィルスって、免疫力が下がってる時にやられちゃう。仕事で気が張ってる時は結構元気でも、少し気が抜けた時、要注意かもしれません。

大ちゃんのリンク復帰ニュースはねー。4月6日の朝日夕刊(大阪版のみ?)で、小さく掲載されてました。関大ブログの転載だから目新しい記事はなし。うーん。TVは見逃した!?
でも、あの「いつものダボダボ黒ジャージ」姿を見たら、ホッと安心しましたね。歌子先生との2ショットもいい。
このまま、順調に復帰していってくれますように★
コメント

大ちゃんスケート靴を履く★

2009-04-06 | うぐいすよもやま日記
北大阪では、土曜日まで三分咲きで風雨にあおられていたサクラ。昨日の日曜日、「ぶわあっ」と一斉に咲きました。
満開に合わせて氷上に復帰した大ちゃん。しゃれてるやーん(笑)。はっははーのはー。
関大ブログを見たら、なんだかあの「靭帯だ断裂だ手術だ今季絶望だやいのやいの」驚天動地の日々が、はるか向こうにいってしまったように思える。
リンクで滑る姿ほど、説得力に満ちたものはない。次のニュースは「リンクで三回転ジャンプを跳ぶ高橋選手」だよねきっと。そいで「靴ズレしちゃって痛いんですよね。えへへ(^^ゞ」なんて言っちゃって、画面は甘いムードになるにちげえねえ(何故べらんめえ調)。

ところで症状改善しない私はお医者を替えて、「アデノウイルス咽頭炎」という病気だとわかりました。ひらたく書くと「プール熱」。会社勤めのころ、「おたふく風邪で休みます」と申告すると大笑いされたけど、あの感覚に近いものがあるよ…プールで遊ぶ子供でなくっても、プール熱にかかるんだってば。知らなかったねえ~。
もー少し治します★
コメント

弦楽セレナーデ★

2009-04-05 | うぐいすよもやま日記
写真とタイトルがまるで噛み合ってないブログだし(^^ゞ

熱は上がったり下がったり、もー点滴に行くのもシンドいので、ひたすら寝る!休む!と決め込む。
ノドが痛いなんて、何年ぶりだろ~。私が風邪で本格的に寝込むのは、一昨年の大阪・なみはやドーム全日本以来である。
「年に一度の毒出し」…これが“デトックス”?ってやつー?なら出しとこ出しとこ、毒を。

こういう時こそ、溜まったフィギュア録画を消化したいものだけれど、布団からテレビを見るのもツライ。
音楽鑑賞にしよ…つうことで「戦場のメリークリスマスby押尾コータロー」、「チャイコフスキーの弦楽セレナーデ」などが入ったCDを。これは、大ちゃん仲間がプレゼントしてくれてたんだけど、忙しくてなかなか通してゆっくり聞けなかったんスよね。
「大ちゃんにまつわる曲特集」って感じで作ってくれたんですが、ああ、“しみる~”。
押尾さんのギターはいつもにも増して繊細だし。
弦楽セレナーデは、清らかにして荘重だし。
「アルビノーニのアダージオ」も入ってて、思わずグリシューク&プラートフを思い出しちゃう。

ええわあ♪ Mさん、ありがと★
コメント (5)

花冷え★

2009-04-02 | うぐいすよもやま日記
どーして桜餅に桜饅頭なのか。なんば高島屋でサイン会のお土産に頂いてしまいました。美味しかった~(^_-)
色々書きたいネタはあれど、今週は高熱でダウン。点滴打って復活中★
コメント