家庭内映画館

ホームシアターやAV機器、映画の感想・映画にまつわる話をだらだらと書き綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゴッドファーザー PARTⅠ <デジタル・リストア版>」・・・(647)

2011-03-20 23:50:25 | Weblog
「ゴッドファーザー PARTⅠ <デジタル・リストア版>」THE GODFATHER
監督・脚本:フランシス・フォード・コッポラ
原作・脚本:マリオ・プーゾ
出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン、他
1972年・アメリカ・177分<セルDVD>

<STORY>
シシリーからアメリカに移住し、一代で財を成したドン・コルレオーネ。三男のマイケルはひとり堅気な人生を送ろうとしていたが、敵対するファミリーにドンが襲われ重傷を負った時、彼は報復を決意する。そしてニューヨークは抗争の場と化していった...

「ゴッドファーザー」を観たのはもう20数年ぶりになります。
最後に観たのがWOWOWで放送された「ゴッドファーザー・サーガ」(Part1と2を時系列に並べ替えて編集した作品)で、個人的にはそれぞれの作品というよりもサーガの印象が強いですね。
で、今回久々に観てみましたが...う~ん正直言ってそんなに面白くなかったな~
非常に重厚で良質な人間ドラマであることはわかるのですが、改めて見直してみると
何と言うか「マフィア」を美化してるようにも見えるんですよね~
例えば「仁義なき戦い」なんかはヤクザを生々しく描いた作品になってましたが
それに比べてやはり「ゴッドファーザー」は奇麗事の部分が多分にありますよね。

私くらいの世代なら「ゴッドファーザー」って当たり前に名作として捉えてるところがありますが
改めて見直すと必ずしもそうでは無かったな~っと。
やはり映画って観た時の年齢や状況やそういうものも大きく影響するんですね。
まぁあの頃は現在のように見切れないほどソフトがあった時代では無くて、映画に飢えてた時代ですからそういうことも影響してたんだと思います。

「ゴッドファーザー」をお好きな方も多いかと思いますが、現在の私の感性には残念ながら合いませんでした。
今はもう完全に90分前後でドンパチやるような作品が一番私にしっくりくる映画ですね(笑)
DVD3枚3,000円でシリーズ3作とも購入しましたので、とりあえず近いうちにPart2も観てみますが...3時間超耐えれるかな?
Part2がもし面白いと思えなければもうPart3は観ません(笑)

ちなみに今回観たのはデジタル・リストア版のDVDなのですが
40年近く前の作品とは思えないほどキレイな映像でした。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「ゾンビ・クラッシャーズ 最... | トップ | 映画の感想<番外編> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

友達のススメ「ゴッドファーザー」 (いろはGOD正方形)
ジャンル問わず色々でっす