直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

即時負荷インプラント治療の前に、歯周病、補綴、総義歯の勉強を

2019年04月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

後進の為に敢えて苦言を呈す。

 

ガイドサージェリー用いると、角化歯肉がインプラント周囲にあるのはどうかが見えなくなる。

あれでは駄目だ。

 

避けるには、角化歯肉が見えるように工夫するしかない。

サージカルガイド入れて、そのまま信じてドリルするから、角化歯肉を削り取ってしまって失う羽目になる。

 

口蓋側の歯槽頂側から切開を入れて、頬側へ弁を移動させて埋入すれば、角化歯肉は温存される。

その方が、インプラントの将来性は安定する。

 

こんな基本中の基本すら分からないのはいけない。

咬合調整も、仕上がった後で、片側ずつの調整しかできないのは拙い。

 

全顎症例なら、必ず全顎用の咬合紙なりを使用して、左右の当りの差とかも見なければならない。

そして見るべきは、人工歯の咬合面の着色部ではなく、咬合紙の抜け方を光に透かして見なければならない。

 

それで、臼歯部の均等な接触を確立し、前歯部ではそれよりも薄い接触にならなければならない。

歯牙の排列は、顔面から決めるモノで、リップサポートがどう見ても乏しいだろう、としか見えないようになってはいけない。

 

そして何よりも、術前状態を知らないが、若い患者さんで総義歯装着させて、そこからガイドサージェリー?と感じて仕方がない。

残せる歯はなかったんかい?と感じる。

 

で最後に、下顎の臼歯部に欠損抱えたままで、上顎の即時負荷、なんてのは頭がおかしいとしか言いようがない。

必ず臼歯部の咬合確立をして、その上で上顎の全顎即時負荷するべきで、治療の順番すら分かってないのはいけない。

 

以上のように、歯周病の勉強、咬合の勉強、義歯の勉強が不足しているのはいけない、と明言する。

コメント

やたら沢山インプラント埋めてる表彰されてても、メンテナンスしないインプラント歯科に行ってはいけない!

2019年04月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
ビックリしたのですが、一般の患者さんの感覚では、沢山手術してれば、そこは凄い所で、安心できる、と感じるそうですね。

もの凄い勘違いだ、と明言します。

インプラント手術は、大量生産できる工業製品ではありません。

一人一人の患者さんの状態に合わせ、丁寧に正確に手術するモノです。

考えても見て下さい。

歯茎を切り開き、骨に穴を開けて、チタンでできてるネジをねじ込むんです。

簡単そうに思えるなら、それは間違いです。

適当に良く考えもせず、埋めれば良いだけなら、簡単かも知れません。

しかし、歯はかみ合うもので、対合関係をちゃんないといけないし、歯が付けられた後、歯茎が腫れたり悪くなったりしないような状態になるように建てなければならないんです。

ましてや、審美的に見える部位なら、見た目も天然歯に見劣りしないようにしなければいけません。


これでも簡単だ、と思える方は、自己責任でそう言う所に行かれて下さい。

失礼ですが、技術職というものを余りにも甘く軽く考えられてるなら、仕方がありません。

身をもって体験して、しまった、と後悔されることになっても仕方のないことでしょう。


日本人の特性で、寄らば大樹の陰、長い物には巻かれろ、と言うのがあります。

でも、大きな者がいつも正しく、真っ当であるか、は分からないし、覚悟を決めた悪をなす者は、おれおれ詐欺のようなもので、騙された方が悪い、とうそぶくものです。


全ては時間が経てば証明され、未来では悪をなす者は消えていくのでしょうが、被害に遭う患者さんは今を生きてて騙されるのです。

なんで、あんなのに引っかかって、と後世の人は言いますが、そう言う人ほど、自分の生きてる今の時間で同じ失敗をするのです。


20年30年後の未来からやって来て、何が正しいのか教えてくれれば良いのでしょうが、それはできない相談です。


間違えない為には、自身で学ぶ、自助努力しかありません。


具体的に見分け方を一つ指南すると、口腔内の丁寧なクリーニング、歯周ポケットの清掃をしっかりとしてくれる歯科医院を探して下さい。

他にも色々ありますが、悪党どもが表面上だけ真似して対応してしまうので書けません。

悪党どもは本当にそう言う輩なんで。


丁寧に歯周ポケットクリーニングすれば、お口全体では直ぐに1時間とかかけることも少なくありません。

そうなると、大量にインプラント埋めるだけ、なんて物理的に不可能なんです。

分かって下さい。


くれぐれも、偽物、悪党に騙されませんように、お祈りして、締めくくります。



コメント

4月23日(火)のつぶやき

2019年04月24日 | Weblog
コメント

腫らさない手術を徹底するから痛まないんです。本当にできているインプラント!

2019年04月23日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



インプラント手術や骨造成GBR手術をすれば、普通は腫れて痛んだりします。

痛んでしまうのは、傷付いた組織が痛むのもありますが、実は腫れることにより正常な周りの組織が押されて痛む、と言うのも大きいのです。

ですから、痛くない術後を作りあげるには、できるだけ傷付けない綺麗な手術をすること、と腫らさないように処置をすること、がとても大切なんです。

傷付けない綺麗な手術とは、簡単に言えば、綺麗な切開を行い、歯肉、骨を丁寧に扱い、ピタッとどこに傷付けたのか分からないくらいに速やかに治る美しい縫合をすること、です。

腫らさない処置をするには、できる限り小さな手術をする、余計な傷を付けない、出血をさせ過ぎない、止血をしっかりとして、速やかに通常の血流を再開させること、です。

更に、奥伝の創意工夫の色々な処置をすることで、写真のような症例の方でも、翌日翌々日でも殆ど腫れてない、だから痛まないと言う成果、結果を得ることができます。

この方は、インプラント3本の即時荷重手術と横幅不足を補う骨造成GBR手術をしています。

ご覧いただけますように、殆ど腫れてません。

痛くないインプラントを実現するには、このような処置の工夫が必須です。

広告規制がかかって、痛くないとか無痛とかがHPなどでは規制になってしまうそうですが、それは虚偽が多くて患者さんに迷惑をかけているからです。

しかし、私はご覧の通り本当にちゃんと実例を公開しています。

本物とニセモノをどうか見分けて下さい。

本当に痛がらせない、腫らさない手術の工夫は、当院にあります。

しかも、結果を見ると、腫らさない痛くしない手術の方が、早く綺麗に楽に治る、と言う経験もさせていただいています。

つまり、逆に言えば、今までの普通の手術の仕方は、身体には良くなかったのだ、とも私は思っています。

腫らさない痛くしない手術は、身体の持つ治す力、免疫力、治癒力を最大限に引き出す手術でもある、と私は自分の経験で主張したい、と思っています。

最新のと言う表現も、広告規制になるそうですが、私のこの手術の工夫は、2003年からですので、もう15年以上の創意工夫で、私の所では最新とは特に言えませんし、実際最新ではありません。

逆にそれだけの実績がある、と申し上げられます。

今では、うちではそれがごく普通のことなので、流行り言葉で痛くないとかを使っている訳ではありません。


その代わり、最大の欠点があります。


それは、とても丁寧な綺麗な手術には、それなりに時間がかかる、と言うことです。


今回の症例の方、インプラント3本即時荷重+骨造成GBRで2時間超えています。

全てを繊細に美しく処置して、私は然程器用でもないので、5〜10倍の拡大鏡で見て、自分でも綺麗にできた、と思えるくらいにします。

その為に、それぐらいは時間をいただいています。


その代わり、普通の手術より治りが早いし、何よりも1回きりの手術ですから、その日だけ頑張っていただければ、と考えています。


これで、欠点も書いたので、後は費用ですが、私はインプラント手術と同時の骨造成GBR手術では、骨代をいただくだけで、骨造成GBR手術代は別にいただいていませんから、ストローマンインプラント1本285000円×3に骨代60000円が、手術代です。

その他に、創意工夫してる処置が別途かかります。

これは、その患者さんの状態ごとに異なりますので、平均では50000円くらいです。

これで広告規制条項は、クリアーしたブログになったかな?!


と言うことで、本気でお悩みの方は、是非ご相談にお越し下さい。

宜しくお願いします。
コメント

4月22日(月)のつぶやき

2019年04月23日 | Weblog
コメント

歯医者は疑われてる…

2019年04月22日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
我々が、如何に患者さんから懐疑的な目でしか見られていないのか、と言うエピソード。

ある高齢の女性の患者さんが、小臼歯がグラグラで急患で来られ、お困りのようだったので、即麻酔して抜歯しました。

そして、その日帰られて直ぐの頃に電話。
ご主人からでした。

曰く、何で抜歯した歯に被せていただろう冠を返却しないのか?と激怒りで猛抗議。
金属取って儲けようとしているんじゃないか!!!

はい?抜歯した歯は確かに治療はしてありましたが、保険の冠で、それもかなり汚い状態で、虫歯もかなり出来ている状態でしたので、と説明したけれど、返せの一点張り。

分かりました、どうぞお受け取りに来て下さいで、じゃあ今直ぐ行くからな、と電話一方的に切られ、30分と経たずに来られました。

そして、抜歯した歯をそのままお見せして、どうぞと言ったら、汚いのを間近に見て、更には真っ黒けの汚い冠を見て、こんなもの要らない、とがっかりした顔。

どうしますか?と聞いたら処分してくれ、で帰られました。

ハーーー・・・

どうも、高価な金属を騙し取ろうとしている、と誤解されたようで、何だかなー、と言うお話でした。

その後、その女性は勿論、ご主人も一回も見ていません。


コメント

4月21日(日)のつぶやき

2019年04月22日 | Weblog
コメント

4月20日(土)のつぶやき

2019年04月21日 | Weblog
コメント

真面目に実習しました。

2019年04月20日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


延世大学で、インプラントと歯周病の勉強しに来ました。

欧米でも、国内でも学べない内容がある、素晴らしいコースです。

コメント

4月19日(金)のつぶやき

2019年04月20日 | Weblog
コメント

4月18日(木)のつぶやき

2019年04月19日 | Weblog
コメント

4月17日(水)のつぶやき

2019年04月18日 | Weblog
コメント

歯周病リスクに晒されるインプラント

2019年04月17日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今夜は、大阪大学の天野教授の講演をお聴きしました。

その中でも印象的だったのは、歯周病とインプラントの話でした。

歯周病だった患者さんがインプラントしたら、リスクは4.08倍だそうです。

インプラントの本数が4本以上になると、4本未満の患者さんの15.09倍リスクがあるそうです。

そして、専門家ではない一般的歯科医がインプラント治療したら4.27倍にもリスクは上がるそうです。

これらの条件が全部掛け合わさったら?
4.08×15.09×4.27=262.891944倍に!

何と怖ろしい数字でしょう。

それも痛みもなく進行してしまうんですから、本当に怖いですね。

インプラント治療を受けるなら、歯周病治療をちゃんとして、出来るだけ少ない本数で、ちゃんとした専門家で、です。

こことても大事なことはなので、忘れないで下さい、
コメント

4月16日(火)のつぶやき

2019年04月17日 | Weblog
コメント

本当に骨の中のこと分かってインプラントしてる専門家なんていないのだ。

2019年04月16日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
誰も本当のことを教えてくれない。

骨髄の中に病巣が広がってるのは、どうしてなのか?そして、それはどうしたら良いのか?

根尖病巣はレントゲンでは黒く見えていても、抜歯して中を覗いて取り切ることを追及して行くと、骨の表面には小さな穴があり、そこに明らかな肉芽組織としか思えないモノがチロチロと顔を覗かせていたりする。

それを追い掛けると、そこは大きく広がっていたりして、最初の病巣とは単に皮一枚の骨でしか離れてはいない、何てことも珍しくない。

そんな追及をし続けて、カリスマDRたちに、骨の中に病巣が広がっている、それは何なのか?どうしたら良いのか?取るべきか、放置しても良いのか?と質問しても、誰も答えてくれない。

それどころか、そんなことあるの?と言われたりする。

しかし、実際にあるのだ。

誰か知っている方がいたら、入門させていただくので教えて欲しい。

レントゲンでも分からない。

CTでも分からない。

触らないと分からない。

正直に書くと、エンドしても病巣ができる歯は、もの凄いリスクだと思う。

レントゲンなんかで小さくなっても、全く安心できない。

CTでそれなりに大きさ把握しても、全然あてにもならない。

やはり、エンドは最初にきちんと治し、感染を断たないといけないのだ、と感じる。

骨の中の病巣ってやつは、恐ろしことに抜歯しても除去がいい加減なら骨内に残存し続けるって事実、専門家すら知らんだろう。

私は肌身で知っている。

断言するが、骨髄の中ってのはバクテリアから見たら最高の培養器なんだ。

温かく、栄養豊富で、常に栄養補給できて、中スカスカだから繁殖し放題。

ペリオは外界に面してるから何とかできるが、エンドは閉鎖空間だからどうしようもない。

それを始めて見せ付けられるのが、抜歯して病巣取って、そこを覗いた時なんだ。

誰も答えてくれない。

どうしたら良いのだ?

顎の骨にできた病巣は、歯科口腔外科の治さないといけない範疇だろう。

なのに、そのことを明確に教えられたことが皆無って、この業界何なんだ?

分からないことだらけで、本当に嫌になる。

誰か教えてくれ!
コメント