直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

24Hで終了出来る即時荷重インプラント治療?甘言弄する何て、私は看過出来ません!!!

2016年12月31日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

大晦日なのに、こんなブログ上げないといけないなんて・・・以下は、私がfacebookに緊急で上げているモノです。


看過出来んな・・・


24Hで施術終わるインプラント治療、って何だよ?


All-on-4とかになる患者さんは、咬合崩壊しているだろうから、噛み合わせの位置、顎位・顎の位置安定させるのがとてつもなく大変だろう。


そんな状態で、動かせないインプラント使って、たった24Hで治療終わらせるたあ、咬合のこと知らん奴、正気の沙汰とは思えない、としか言いようがない。


そんなこたあ、総義歯の世界で60年以上の歴史と臨床で証明されてる。


無理矢理に24Hインプラント即時荷重治療終了、何て治療したら、顎位が収束出来なくて、心の病になる患者さんが続出し、我々の業界のイメージ悪くなるだろうから絶対に止めて欲しい。


もしくはネット上だけで騙ってるんだろうから、患者さんはくれぐれも用心して欲しい。


即時荷重インプラント治療16年以上1000例以上成功率98%以上でして来た、日本でのパイオニアの私だからこそ、警告する。


私より古くからしてる方は、日本には早々いない。
不勉強かも知れないが、私の知る限り、熊本の故添島義和先生位の筈。


症例数は、極小さな市井の一個人開業医にしか過ぎないので、私以上の大手のインプラントセンターもいるだろうが、即時荷重インプラント治療と言う素晴らしい患者さんを救える治療方法を、荒稼ぎの場にする輩の出現だけは見逃せない。


患者さんへ、くれぐれも安易な言葉、お洒落そうな感じ、凄そうなイメージ作り、に騙されませんように。


本当に成果・結果上げ続けて来ているDRは、患者さんにある意味夢を見させ過ぎないように気を付けています。


何故なら、即時荷重インプラントが失敗すると、骨もなくなり、歯茎もなくなり、リカバリーするのがとてつもなく大変になるからです。


私自身はそう言う患者さんの経験していませんが、そう言う悲しい、酷い実例は学会、セミナー等々で、嫌と言うほど見させられて来ています。


即時荷重インプラント治療を成功させる鍵は、それに関わる全員が用心深いこと、それも時に病的に用心深いこと、これに尽きます。
全員です。
つまり、患者さんもそこに含まれます。


本当に安心出来る、勝って兜の緒を締めよ、と言う心構えこそが成功の要諦です。
武道で言う所の、残心の心構え、とも言えるでしょう。


即時荷重インプラント治療を甘く見てはいけません。


でも、即時荷重インプラント治療をしている者の中には、即時負荷、即時機能等の言葉を弄して、自分は違いますと宣伝し、患者さん集めに成功している者も少なくないのです。


だから、私は将来的に集団訴訟問題に発展するのではないか、と非常に危惧しています。


そうしたら、即時荷重インプラント治療と言う、正しい使い方すれば凄く患者さんに貢献出来るモノが物凄く後退してしまうでしょう。


そんなことは、絶対に阻止しなければ。


その為には、正しい情報、本当のことをキチンと伝える、しかない、患者さんご自身に賢くなっていただく他ない、と考えています。


なので、看過出来ないことがある時には、すかさず発言して、発信して参ります。


私は、即時荷重インプラント治療の最後の守護者、となって頑張って行く所存です。



PS:古い話ですが、カックラキン大放送とかの御三家は、芸能界だけで充分です。



以上、緊急でfacebookで書き込みした内容です。


更に付け加えるなら、インプラントは植立した後そのままで骨と固まる訳ではない、と言うことも付け加えて置きます。

骨にネジで留めるから、そのまま固まると信じているとしたら、このDRは勉強不足も甚だしい。


骨はインプラントが入って来た後、骨細胞が反応して、インプラント周囲の骨細胞が吸収と添加をしながら安定した固定現象に到るんです。


と言うことは、裸眼レベルでは分からないかも知れませんが、強拡大レベルではインプラントの位置関係は植立直後と固まった時とでは、本当に微妙な差ですが、立体的に違うんです。


そこを分からないといけない。


だから、24Hで終わらせるなんて危険極まりない治療行為なんです。


生体の反応が収束するのには、世界最速のストローマンSLActiveですら3週間、と言っています。


顎の噛み合わせだって、落ち着かせるのにはそれなりに時間が掛かります。


その為に、通常はプラスチィックの仮歯を用いて、仮歯が磨り減ることで補正するんです。

仮歯が磨り減りながら、顎の位置が安定し、ここで決められる、と言う位置が見極められます。


この手順は、即時荷重インプラント治療の必須のモノで、決して避けて進めないモノなんです。

そのことは、恩師のラム先生も強調されていました。



再び患者さんへ、

絶対に甘言を弄する所に騙されないで下さい。


あなたの身を守るのには、あなた自身が賢くなるしかありません。


そのことを、今年の最期に書かないといけない事態になって、本当に悲しいです。


即時荷重インプラントが、患者さん集め、金儲けの手段になってしまうのが、残念無念です。


緒方洪庵先生の牛痘が普及する時の困難さを思い起こさせられます・・・

是非歴史を学んで下さい・・・


2016、本当に何て年だったんだ・・・



コメント

12月30日(金)のつぶやき

2016年12月31日 | Weblog
コメント

12月29日(木)のつぶやき

2016年12月30日 | Weblog
コメント

インプラント−インプラント並んで審美的に治って10年

2016年12月29日 | 即時MI審美インプラント治療の話

インプラント−インプラント並んで審美的に治すのは、至難の技、とされています。

 

この方は10年、この状態です。

 

如何でしょう!

 

コメント

12月28日(水)のつぶやき

2016年12月29日 | Weblog
コメント

12月27日(火)のつぶやき

2016年12月28日 | Weblog
コメント

2016今年の当院の成果を代表する抜歯即時植立即時荷重インプラント審美治療症例

2016年12月27日 | 即時MI審美インプラント治療の話

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、食べ物画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ、食べ物

1回限りの手術、身体に徹底的に優しい痛くない腫らさない低侵襲手術、精密、緻密で美しい手術。


抜歯即時植立即時荷重、歯を抜いて直ぐに病巣を取り切って綺麗にしてインプラント植立して、綺麗な仮歯を装着。


超短期間、手術から数えて3ヶ月程度の治癒期間でセラミック冠装着。


長期的インプラントの安定を考え、骨と歯茎の再生造成も全部1回の手術。


10年以上前から同様の治療をし、成果結果を上げ続け、更なる改善改良。


類例は世界を探しても見ません。


世界最高峰の抜歯即時植立即時荷重審美インプラント、2016年当院を代表する実例です。


今年の診療の締め括りのブログとして、記載しました。

コメント

12月26日(月)のつぶやき

2016年12月27日 | Weblog
コメント

歯根破折で骨が喪失してても、身体に優しい低侵襲抜歯即時インプラントで、綺麗に楽に治します!

2016年12月26日 | 日々のインプラント臨床の話

自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

この患者さんも、子供の時の外傷で歯根が駄目になってしまった方です。

何とか今の年齢まで持たせて来ましたが、いよいよグラついて来たり膿んで来ている状態になって、ご紹介でインプラント治療に来られました。


一般的には、ここまで骨が喪失してしまったら、抜歯して傷口の治りを待って、骨造成GBRをしてインプラントして、歯茎移植をして、仮歯装着と言う手順で治して行くモノです。

それだと、何回もの手術になってしまうし、治癒期間も長くなって困る、と言うことで私の元にご紹介いただきました。


で、私がしたことは、抜歯してそこから病巣を徹底的に取り除き、骨造成GBRとインプラント植立、歯茎再生処置を1回限りの手術でやって、更に仮歯を装着する、と言うモノです。


手術直後の写真と1週間後、そして本日2週間後の写真を並べてあります。


非常に綺麗に治癒していることが見て取れる、と思います。


ストローマンのSLActiveインプラントLoxolidですから、後1~2週間で骨との統合は安心出来る状態になります。


そうなってくれれば、歯茎と骨の治癒を妨げない為にも、出来るだけ早くセラミックの歯を装着し最善の状態に仕上げて美しく治るのを待つ、と言うことだけになります。


つまり、2ヶ月程度で最終的なセラミックの装着まで進められる、と言うことです。


先にも書きましたように、一般的に治したら1年以上2年近く掛かりかねないモノが、2ヶ月でセラミック冠装着まで行ってしまえるんです。


その上、身体に優しい低侵襲外科手術で、腫れたり痛んだりさせないで治って行っているんです。


もうこう言う時代が実現して来ています。


身体に優しい低侵襲手術、腫れたり痛んだりしない、綺麗に早く治る、それが恩師ラム先生が教えて下さった方法、私が日本流に命名したサムライインプラント法です。


facebookページでも、私の症例を動画と写真で沢山紹介しておりますので、ご覧になって下さい。



インプラント治療、歯周病治療、親知らずの抜歯等々で真剣にお悩みの方、どうぞご相談にお越し下さい。


あなたの希望を叶えます。



 

コメント

12月25日(日)のつぶやき

2016年12月26日 | Weblog
コメント

12月24日(土)のつぶやき

2016年12月25日 | Weblog
コメント

低侵襲即時インプラント 世界にもない治し方をしています

2016年12月24日 | 即時MI審美インプラント治療の話

自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。

コメント

私は難症例でも、身体に優しい低侵襲、即時インプラントで解決出来ます!

2016年12月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:靴自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。

上顎洞関連の私がして来た難症例の数々です。


難症例中の難症例ばかりですが、私は全部1回限りの身体に優しい低侵襲手術で、時には即時荷重インプラントで解決して来ています。


生意気ですが、このような実例は、世界でも類を見ません。


これぐらいの症例じゃないと、ネット上で公開する意味がないのでしています。


公開している意味は2つ、です。


患者さんにこう言うことが出来る時代に成って来ているんだ、と言う広報と、専門家向けにここまでのことが出来る時代に成ってるんだから、たかがサイナスリフト位の症例で喜んでるな、もっと頑張れ!と言うことです。


これからの時代は、難症例であっても、身体に優しい手術で解決して差し上げる、痛くない腫らさないで治して差し上げる時代です。


そうでないと、我々の業界はもっと発展することが出来ないでしょう。


難症例であっても、患者さんい辛い思いをさせないで治して差し上げる。


そのことを強く私は訴えたい、と思います。




コメント

12月23日(金)のつぶやき

2016年12月24日 | Weblog
コメント

12月22日(木)のつぶやき

2016年12月23日 | Weblog
コメント