直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

即時負荷インプラント治療の前に、歯周病、補綴、総義歯の勉強を

2019年04月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

後進の為に敢えて苦言を呈す。

 

ガイドサージェリー用いると、角化歯肉がインプラント周囲にあるのはどうかが見えなくなる。

あれでは駄目だ。

 

避けるには、角化歯肉が見えるように工夫するしかない。

サージカルガイド入れて、そのまま信じてドリルするから、角化歯肉を削り取ってしまって失う羽目になる。

 

口蓋側の歯槽頂側から切開を入れて、頬側へ弁を移動させて埋入すれば、角化歯肉は温存される。

その方が、インプラントの将来性は安定する。

 

こんな基本中の基本すら分からないのはいけない。

咬合調整も、仕上がった後で、片側ずつの調整しかできないのは拙い。

 

全顎症例なら、必ず全顎用の咬合紙なりを使用して、左右の当りの差とかも見なければならない。

そして見るべきは、人工歯の咬合面の着色部ではなく、咬合紙の抜け方を光に透かして見なければならない。

 

それで、臼歯部の均等な接触を確立し、前歯部ではそれよりも薄い接触にならなければならない。

歯牙の排列は、顔面から決めるモノで、リップサポートがどう見ても乏しいだろう、としか見えないようになってはいけない。

 

そして何よりも、術前状態を知らないが、若い患者さんで総義歯装着させて、そこからガイドサージェリー?と感じて仕方がない。

残せる歯はなかったんかい?と感じる。

 

で最後に、下顎の臼歯部に欠損抱えたままで、上顎の即時負荷、なんてのは頭がおかしいとしか言いようがない。

必ず臼歯部の咬合確立をして、その上で上顎の全顎即時負荷するべきで、治療の順番すら分かってないのはいけない。

 

以上のように、歯周病の勉強、咬合の勉強、義歯の勉強が不足しているのはいけない、と明言する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やたら沢山インプラント埋め... | トップ | 警察の方、ここに犯罪者がい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。