直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

抜歯即時植立即時荷重修復インプラント、抜インプラント即時植立即時荷重修復インプラントの症例

2017年09月30日 | 日々のインプラント臨床の話



この患者さんの口腔内には、既にインプラントが入っています。

右上顎の臼歯部です。

しかし、何が悪かったのかは私には言及できませんが、インプラントはグラグラで、しかも広範な骨吸収を起こしています。

こうなってしまっては、患者さんは歯科医に対してインプラントに対して、不信感で一杯です。

お話伺うと、なかなか大変な経験をされてるようです。

基本的にもうインプラントは懲りた、義歯で何とかならんか、と言う感じでもありました。

でも、やはり義歯はね…と言う希望も持たれていました。

私はお口の状態を拝見し、骨の状態を3DXCTで精密に診させていただき、何とかできるかと思いますよ、とお話しました。

ありがたいことに、私の大変仲の良い先生からのご紹介でしたので、じゃあラストチャンス、ラストホープで任せます、と言っていただけました。

ちなみに、勿論インプラントした先生とは別の方で、他の趣味とかで友達だったその先生に相談したら、それなら凄腕の先生紹介するよ、と言われていたそうです。

お引き受けしたのは良いですが、正直このお仕事はかなりのハードケースです。

左右を一日一回のオペでやらないと、顎位も定まらず、噛めない期間がかなり長くなってしまいます。

私は、患者さんに一日下さい、とお願いしました。

そして、オペに備えてCT画像解析、シュミレーションをひたすらやりました。

どこにどう植立するのか、骨造成GBRするか、仮歯しっかり入れて、機能と見た目の回復するのか。

必死です、本当に。

この方のオペは、もの凄く難しいですから。

これを一日一回のオペで全部やる、しかも、徹底した低侵襲でやるなんて、多分狂気の沙汰と揶揄されても仕方がないでしょう。

でも、短期間に、直ぐに治す、としたら、解決方法はこれしかないんです。


たった一日で、レントゲン写真上から下に変わりました。

お口の状態の写真は、こんな感じです。

本当に狙いすまして、ピンポイントで計画通りに植立できました。

全てのインプラントが、植立トルク値60Nを超えました。
中には、80Nすら軽々と超えているのも何本もあります。

そして、広範な骨欠損への骨造成GBRもしました。

しっかりとしたインプラントが入ったことで、揺れている天然歯も接着固定され、安静化が図られました。

抜歯、抜インプラント即時インプラント植立即時荷重修復、同時骨造成GBR、全顎固定歯周補綴治療です。



これで、本当に腫れてないのか痛くないのか?

答えは月曜日2日です。


救う道がないなら、自分で創る。

恩師の教えを継いで、これからも頑張ります。








コメント

9月29日(金)のつぶやき

2017年09月30日 | Weblog
コメント

9月28日(木)のつぶやき

2017年09月29日 | Weblog
コメント

サージテルに関しての重要な情報を昨日初めて知りました!皆さんにもお知らせします。

2017年09月28日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

昨日初めて知ったのですが、サージテルの新規の販売に関しては、オーラルケアは積極的展開は今後しない方針になったそうです。

 

私が知ったきっかけは、10倍のサージテルの鼻当ての部分が壊れてしまって、その修理で電話をしてです。

 

しかも、長い付き合いだった小川さんは自身で会社立ち上げて、修理とかバックフォロー専門の会社立ち上げていた、と言うことでした。

https://www.surgitelrepair.com/

 

 

私自身、この業界で10倍のサージテルを一番最初に発注して、手に入れて、使い始め、宣伝の一翼を多少なりとも計らずもして来た人間です。

10倍の拡大鏡が現時点で200台に届こうか、と言う状況を微力ながら作って来た者、と勝手に自負しておりますので、オーラルケア社の体制変更に対しては、これ皆さんも知らないのでは、とお知らせしなければ、と思った次第です。

 

10倍の拡大鏡は、私自身の使用感覚では、本当に良いモノです。

だいぶ前の写真ですが、ジャケット着ている時のデンタルショウで発注して、即使い始めて、レンズが邪魔だ、で勝手にスル―ザレンズに改変して使ってる写真2枚です。

 

個人的には、もっと倍率挙げたのが欲しいですし、ちゃんとしたサージテルの窓口が日本に欲しいです。

 

現時点では、小川さんが立ち上げてくれた会社で、バックアップ万全にしてくれるようですので、ひとまずは安心です。

 

でも、オーラルケアさん、ちゃんと連絡して下さいよ、こう言うことは・・・

 

最近、売ってる雰囲気がないなー、と思っていたらこう言うことだったんですね・・・

 

これじゃ売れなくなっちゃいますよ・・・サージテル。

 

紹介の新規客には対応するとのことなので、強倍率のサージテル欲しい方は、どなたかにご紹介いただいて下さい。

 

どなたもいないと言う方は、私の名前出して良いです。

 

良い製品がこうして会社の方針転換で消えて行くのって、辛いですね・・・

 

何処かで最近他でも見たような・・・

 

業界全体が縮小傾向で、やっていけないからなんですかね・・・

 

残念です。

 

 

 

 

 

コメント

9月27日(水)のつぶやき

2017年09月28日 | Weblog
コメント

真の低侵襲インプラント、即時荷重修復をし続け14年です。

2017年09月27日 | 日々のインプラント臨床の話


腫らさない痛がらせない、徹底した低侵襲インプラント手術を、私は2003年14年前から追及し、成果を上げています。

この患者さんも手術後2日目です。

とても綺麗に治りつつあります。

これからもこう言う成果を上げ、頑張ります。

コメント

9月26日(火)のつぶやき

2017年09月27日 | Weblog
コメント

9月25日(月)のつぶやき

2017年09月26日 | Weblog
コメント

歯がないままに帰すのは可哀想だから、即時荷重修復インプラントしています。

2017年09月25日 | 日々のインプラント臨床の話

自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。

この患者さんの右上顎のインプラントは17年以上前にさせていただいたモノです。


その噛み合わせの下顎の歯はブリッジでした。


そして今回、残念ながら神経のない歯が割れて駄目になってしまって、又久しぶりにインプラント、となりました。


患者さんは、言われました。


前の時には、インプラントした後、そこの所が歯が暫く入らなくて大変だったよね、と。


で、私は今回はチャンと最初から歯が入るように治させていただくように頑張ります、とお約束してさせていただきました。


しかし、割れてしまった小臼歯の所は、病巣も大きく、骨の状態を悪かったので、即時植立だけで即時荷重修復は避けました。


そうなってしまったので、大臼歯部のインプラントで何とかして差し上げるしかなくなりました。


でも心配は無用で、大臼歯部のインプラントは植立時の力の掛かり方であるトルク値も80N以上と言う、非常に高い数値が得られ、又固定度を調べるペリオテスト値でも-4と言う素晴らしいデータでしたので、無事に即時荷重修復できました。


大臼歯に歯冠作れましたので、そのまま一繋ぎにして小臼歯の方にも伸ばして歯冠を作りました。


これで、見た目上歯がないのは分かりません。


逆にこうすることで、歯茎の治りを良くするように誘導もすることができるんです。


大臼歯部が上手く行って、万々歳でした。


ついでと言っては何ですが、この方の下顎の内側には、凄い骨隆起があったので、それも綺麗に除去させていただきました。


1回の麻酔で、治せるところ、ことは全部して差し上げないと、患者さんは可哀想ですから。


当院では、常に本当はこうして欲しいんではないかな?と言うことを先んじるような治療を心掛けています。


即時荷重インプラントを2000年から手掛けて来たのも、そう言う考えからです。


これからも、建前論ではなく、本音でどうするのが良いのか?と真摯に考えながら、臨床に励みたい、と思います。



コメント

9月24日(日)のつぶやき

2017年09月25日 | Weblog
コメント

9月23日(土)のつぶやき

2017年09月24日 | Weblog
コメント

9月22日(金)のつぶやき

2017年09月23日 | Weblog
コメント

9月21日(木)のつぶやき

2017年09月22日 | Weblog
コメント

総義歯学から見るインプラント治療のあるべき姿

2017年09月21日 | 日々のインプラント臨床の話

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、画面、リビング、室内

本日インプラント寺子屋2017第5回を無事に終了致しました。


今回のテーマは、総義歯とインプラントと言うテーマ、で語らせていただきました。


ここで詳しくお書きしても、なかなか伝わらないだろう、と思われますが、その趣旨だけご紹介させていただきたい、と思います。


それと言いますのも、近年海外の学会でもとても良く、顔面、頭蓋から考えてインプラント治療を進めるべきだ、と言う主張がなされるのですが、それに対して少々違和感を抱いてしまっている私が自説をきちんと説明させていただこう、と考えるからです。


そもそも、患者さんが来られたら、その瞬間から我々歯科医は専門家として、この患者さんのお口元、下半分の顔面に対して、どうなっていたら美しいのか?どうであれば患者さんは嬉しくなるんだろうか?と考えるべきではないですか?と言うのが私の考えです。


つまり簡単に言えば、歯が失われたのを治させていただく時に、綺麗に仕上げるにはどんな感じのお口元にして、笑顔にして上げられれば良いのだろうか?と考えるのは当たり前じゃないですか、と言うことです。


海外の学会とかでも言われ出している、お顔の状態から考えるとか言う主張は、ひっくり返して言えば、インプラント治療がそうではなかったことの証明、骨がある所にまずインプラントをしてしまって、それからどうするのか?と考える治療が余りにも多かったことへの反省なんじゃないですか?と感じられて仕方がないんです。


好きな言葉ではないですが、補綴主導型インプラント治療、最終的に歯がどう入るのか、から逆算してインプラントの位置を決める、そしてその周囲に充分な骨とか歯茎を作る、と言う治療を見直そう、と言う動きです。


今回のAAPでもそうでしたが、インプラント周囲に骨とか歯茎をチャンと造成するには?と言うのは大きなトピックでした。


インプラントが入って、固定された綺麗な歯があっても、それがチャンとした歯茎から生えて来ている感じじゃないと患者さんは苦しまれることになる。


そうなった時にリカバリーと、そうならない為のノウハウ、が今後益々重要になって来るでしょう。


そう言う流れ自体には全面的に賛成です。


しかし、それを顔面から考えてとか大きく言い出すことって、今更な感じが私には拭えないのです。


私は、根本的に総義歯治療家ですから、患者さんが初診で来られれば、それだけで、お口の中を見る前にお顔の状態、唇の状態、中の歯列、歯牙はどうなってるんだろう、どうして差し上げれば綺麗になるんだろう、と見る癖が付いています。


そう言う風に患者さんを診ることが、歯科医師としての務めである、とお師匠様に教わりましたから。


私に言わせていただけるなら、生意気ですが、オイオイオイ、そう言うの診もしないで紙が、歯列いじるのかよ?と感じます。


最初から、この患者さんのお口はこうあって欲しいな、と言うゴール、理想像をある程度描いて、治療に当るのは、専門家の職務として当然のことだろう、と思うんです。


木を見て森を見ず、なインプラント治療が今までまかり通り過ぎて来たんじゃないの、と悲しくなります。


そう言う全体像をとらえて治療像を思い描く、想像するのって、総義歯治療に勝るモノはないと確信しています。


審美治療に詳しい専門家程、審美の基礎は総義歯にあり、と明言されます。


ですから、インプラントでも審美的に治療しようと志すなら、そう言う感覚体得できる総義歯治療を修得して、それを応用してインプラントに当たるのが正しい姿なんじゃないですか、と私は申し上げます。


そうすれば、こう言う審美的な抜歯即時植立即時荷重修復インプラント治療をたった1回の手術で、腫らさない痛がらせない患者さんに優しい低侵襲で行えるようになる、と思います。


ゴール=答、が見えているから、そこに最短距離で最速で、しかも患者さんにとって楽に治して差し上げる、と言うことが可能になって来る、と明言しちゃいます。


その基礎の基礎にあるモノ、は総義歯治療の実力、なんです。


少し具体的に書くと、歯冠のあるべき姿が見え、それを支えるべき骨、歯茎、顎堤の姿が見えること、で最小手術回数、最速治癒のインプラントが行える、と言うことです。


目がバーチャルになる、と言うことですね。


でも、これって本当に大事なこと、なんです。


専門家諸氏にはどうぞご理解いただきたい、と願って、今日のブログを終了します。






コメント

9月20日(水)のつぶやき

2017年09月21日 | Weblog
コメント