直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

歯周病再生治療があればこそインプラントは成功する

2012年12月31日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


今年最後のアップは、やはり歯周病再生治療とインプラント治療のコラボレーションでしょう。

歯周病をしっかり歯茎、骨再生させて、凍みたりさせず治し、インプラントで支え治りを確実にする。


それを私は、直ぐに歯が入る即時荷重インプラント治療で成し遂げます。

全ては歯周病治療の実力あればこそ、です。


インプラントの成功を左右するのも歯周病治療であることが、最近特に強調されています。


今回の症例の方は、正しく何処の歯医者に行っても歯周病治して貰えない、と悩まれていた方です。

歯周病再生治療とインプラント治療のコラボレーションで、危ない歯を固定し、周りに歯茎、骨造成してます。

同時に行うことで、治癒期間は半減出来ます。

勿論、私の手術ですから痛くない怖くない腫れない、楽に綺麗に治るやり方です。


このような新しい治し方を私は広めます!


又来年も宜しくお願いします!

コメント

12月29日(土)のつぶやき

2012年12月30日 | Weblog

良い仲間に恵まれ、楽しかったです RT そろそろ卒業旅行のシーズン!学生の皆さんは、既に準備はされていますか?ANAでは「卒タビ」を実施中!海外旅行でも国内旅行でも、学生生活を締めくくる最高の思い出をANAで作ってみてはいかがですか? ana.ms/12TW5oS


安全安心なインプラント手術を考えると、やはり最初のドリルホール開けたら、歯科用CTで確かめること、手術中の撮影が一番有効だろう。根管治療のリーマートライでのレントゲン撮影と全く同じ。


コメント

抜歯即時インプラントで審美回復の種明かし

2012年12月29日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話


やや昔の仕事ですが、抜歯即時植立即時荷重インプラントで審美回復出来る為の種明かしを少しだけお見せします。

年末大サービスです。

この患者さんも、歯茎切り開く大きな手術の仕方はしてません。

勿論、手術直後から綺麗に仮歯入れてます。

インプラントが上手く行くコツは、位置関係を間違えないこと、に尽きます。

後はボリュームを上手に作ること。

歯茎の治る領域を設け、上手く誘導出来ること。

切り開かない中で勝負すること。

繊細な手技が要るので、絶対に強拡大で治療すること、裸眼では雑になり成果が得られません。

以上です。


写真の歯茎見て下さい。
綺麗でしょう。

やたら弄くり回さないからです。


このやり方も、私が編み出して始めたものです。

オリジナルです。

しかも、治癒も早く、4ヶ月掛かりません。

早く楽に綺麗に治るインプラント治療がベストでしょう!

あなたも私共と供に、頑張りましょう!

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

コメント

12月28日(金)のつぶやき

2012年12月29日 | Weblog
コメント

抜歯即時植立即時審美インプラント

2012年12月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話




私はたいていの場合、一回しか手術しません。

患者さんが可哀想だからです。

この方も一回しか手術してません。

でもこれくらいには仕上がります。

痛み腫れのない辛くない楽な快適インプラント治療。

新しい時代です。

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

コメント

12月27日(木)のつぶやき

2012年12月28日 | Weblog

未来は理想の夢の実現である。エドガー・ケイシーの言葉とのことで、恩師月星先生からいただいた言葉ですが、全く同じですね。頑張ります。 fb.me/FthicpTL


精密で綺麗で低侵襲な歯科治療を、裸眼での治療並みのスピードで提供しています。実は10倍は私が世界で一番最初に発注したDRです。q-dent.jp/list/tokyo/


写真見て下さい、スルーザレンズ、フレームからレンズ外して瞳に出来る限り10倍のレンズ近付けて使用しているのは私だけです。こうした方が視野が広がり、10倍という驚異的な高倍率でも裸眼治療並みのスピードで出来ている秘訣なんです。q-dent.jp/list/tokyo/


スルーザレンズの使用方法をしだしたのも私が初めてで、メーカーに教えました。その後この使い方するDRが増えているそうです。これには、マイクロテックの目を守るが透明のガードが有効です。q-dent.jp/list/tokyo/


プロテクトアイこれです。サングラス仕様と透明なのがあります。患者さんにも使えます。micro-t.jp/products/other…


事故死は冒険家の渡辺さん=「極夜」サイクリング中―ロシア(時事通信) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121227-… 残念無念。これからの方だったのに。名前は存じ上げていましたがまさか・・・絶句


今年のラストインプラントオペも無事即時荷重出来ます。トルクラチェット振り切れます。 fb.me/C0TUV9wf


卒業旅行と言うか院内打ち上げで伊豆にコテージ借りての旅行しましたが、楽しかったですね本当に。馬鹿騒ぎ純粋に出来る学生時代懐かしいです RT あなたの卒業旅行の思い出と言えば?に投稿して50コインゲット! #ana #sotsutabi ana.ms/12QjN5q


院内生時代辛かったけれど、仲間同士の助け合いも素晴らしくて、実に楽しかった。良き思い出です。 fb.me/2qpOxp1V7


珍しい型を持つ献血者にiPS細胞作製協力呼びかけ(テレビ朝日系(ANN)) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?… 凄い時代が始まりそうですね。歯科も頑張らねば。


医学の進化は素晴らしい。やはり血液から。血液の研究をもっとして欲しいです。(父は血液研究の世界的第1人者です。) fb.me/27F0Gs2dw


良き道を進んでいるなら、他人の意見に左右されずに行動し続けること、ですね。但し、狂信的なものではいけないので客観的視点をも忘れずに進みたいです。 fb.me/2yTuAJ2eT


部分即時荷重インプラント550症例以上成功の経験から語る、即時荷重骨造成GBR同時インプラント手術 blog.goo.ne.jp/noritsugumatsu…


コメント

部分即時荷重インプラント550症例以上成功の経験から語る、即時荷重骨造成GBR同時インプラント手術

2012年12月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

今日フェイスブックの方でも写真で出しているインプラント手術https://www.facebook.com/#!/photo.php?fbid=4869644186205&set=a.2898415146711.144043.1450358443&type=1&theaterですが、実は同時にGBR骨造成もしていました。

その証拠写真として、歯科用CTのレントゲン像を公開します。

2枚目の写真で上段が術前、下段が術直後の断面像です。

1枚目のレントゲン写真で上が術前で20年以上前に入れたブリッジが入っている状態で、下段がそれを外して手術直後の状態です。

チャンと即時荷重出来ているのが、インプラントに骨から出ているアバットメントが接合されている状態であることから見て取れます。

因みに、20年以上も経っていたので、カリエス虫歯で、何となく噛むと少し痛むと言うことでやり変えを希望で来院され、ブリッジよりも1本1本に出来るインプラントの方が良いですよ、と言うことでインプラントに為されました。

一般的には、ブリッジの繋いでいる部分、ダミーと言うのですが、そこは骨が痩せてしまって、インプラントするには骨造成GBRが要る、と言うことが多く起きます。

この方の場合もCT写真で見る通り、骨が細くなっています。

術後の写真見るとインプラントギリギリの幅なのが分かるでしょう。

そのど真ん中にピッタリとピンポイントで植立し、長期的安定の為に頬側に骨造成GBRしています。

術後のCT写真見ると、頬側、写真で言うとインプラントの下の部分が見事に骨造成GBRされて膨らんでいるのが分かります。

お饅頭が少し潰れているような状態で膨らんでいるのが、骨造成GBRしたものです。

 

一般的にはこれをやろうとすると、歯茎を大きく切り開いて骨を露出させて、その上に人工的骨材を乗せて、コラーゲン膜かチタンメッシュで動かないように固定して歯茎を内側を切って伸ばして何とか閉じる、と言う手術方法を取ります。

腕の自信があるDRなら、インプラント植立も同時にするでしょうか。

そうして、3~4ヶ月そのまま待って2次手術で、インプラントの頭出しか、インプラント植立手術です。

 

それを、私は殆ど切り開かない、インプラント植立するだけの切り込み入れるだけの手術方法を編み出して、レントゲン写真、CT写真で見れるような状態に治せます。

手術はたったの1回です。

それも痛んだり腫れたりするような、患者さんを辛い思いをさせるようなことの全くない治し方なんです。

これは完全私のオリジナル手術方法で、もう10年以上昔からやって実績も数え切れないほどしています。

多分、殆どのインプラントでしているので即時荷重の実績数550以上軽くあるでしょう。

 

先の書いた一般的方法では、骨を露出させますから、当然私の方法よりも遥かに手術が大きくなり、痛んだり腫れたりします。

更には膨らませた骨を閉じる為に、歯茎の内側を切り込みを入れ伸ばして閉じるようにしますので、そこからの出血で当然腫れ上がります。

私はそういう事を一切しないで済む方法を開発していますので、全然痛んだり腫れたりさせません。

だから、患者さんは辛くないし手術を怖がらなくなります。

 

しかも、フェイスブックで出しているように、振り切る位の強い力で植立出来ているので、軽く即時荷重、手術直後から綺麗に仮歯が入っている状態に出来ています。

なので、当たり前の結果として、治癒期間が劇的に短くなります、出来ます。

一般的な治し方だと半年以上絶対に掛るものが、私の方法だと2~3ヶ月で治癒に至ります。

いや下顎なので1ヶ月少々で急いでも行けるでしょう。

但し、この患者さんの場合は他の部位の治療があるので、ずれますが。

 

昨日紹介した上顎の抜歯即時植立即時荷重同時骨造成GBRの治し方も、私の完全オリジナルです。

生意気な言い方になりますが、私に言わせれば、殆どのインプラントの手術がこう言う痛まない腫らせない、だから患者さんに辛い思いをさせない治し方が出来る筈です。

 

しかし、現状の業界水準は嘆くばかりの状態です。

だから、私は患者さん達を沢山治して、実績を積み、それによって業界全体を変えて行こう、と決心しているのです。

そうしないと、頭の固い、固定観念に凝り固まっている業界人の考え方は決して治りません。

皆自分の信じている方法が正しいと信じているからです。

 

しかし、私ははっきりと予言します。

殆どの方が私の方法を正しく理解してしまったら、それが一番良いと認め、方法を変えるだろうと。

その日が来るまで、私の闘いは終わりません。

 

業界全体を根底から変える全く新しい手術方法。

それを正しく広め、患者さんを沢山救い、インプラント治療って本当に良いものですね、と高い評価をいただけ、業界全体のイメージが良くなり、それによって患者さん達の健康長寿、生涯現役、医療費の掛からない楽しい人生が過ごせる、そんな未来の理想像が私の夢です。

その夢の実現の為に、患者さんの為に、世の為人の為に、私は頑張ります!

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

コメント

12月26日(水)のつぶやき

2012年12月27日 | Weblog
コメント

部分即時荷重インプラント550症例以上成功の経験から語る、最新の抜歯即時植立即時荷重インプラント

2012年12月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

部分的欠損への抜歯即時植立即時荷重インプラント治療。

植立トルク、骨に捻じ込んで植立する時の抵抗値が、多分100N近く行っているんじゃないでしょうか。

一般的には、直ぐに仮歯入れて差し上げるには35Nと言われますから、100近い力が掛かっていると言う状態は、即時荷重直ぐに借り入れることをしても全く心配がない、と言う状態です。

上の写真では犬歯に重なっているように写っていますが、CT上ではぶつかってはいません。

こう言う骨がかなりない状況の患者さんでは、骨のある部位を意図的に狙い澄まして植立しないといけません。

ですから、非常に難しい手術です。

それでも、こう言う手術を成功させて差し上げられなければ、一般的順々にやる治療方法で2年近く掛かってしまうでしょう。

それが私の編み出した方法でしたら3ヶ月弱で治ってしまいます。

しかも、歯茎切り開くことのない低侵襲手術ですから、術後、治癒期間で痛んだり腫れたりが出ません。

患者さんにとっては良いことづくめです。

 

楽に綺麗に早く治りたい、直ぐに綺麗な歯がインプラントで欲しい患者さんは、ご相談にお越し下さい。

シェアすることにも熱心ですから、DRの見学も随時受けています。

お問い合わせ下さい。

http://www.samurai-implant.com/

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

 

コメント

部分即時荷重インプラント550症例以上成功の経験から語る、手術翌日でも痛くない腫れない低侵襲手術が大事

2012年12月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

抜歯した歯です。殆ど歯根がない状態だったのをギリギリまで使いました。
植立したばかりのインプラントの状態です。唇が動くと歯茎が動くので紐状になっている小帯と言う組織を切って離断しています。
手術の終了時です。仮歯を入れて、歯茎とかの処置も終わっています。私にしては珍しくかなり縫っています。
手術の翌日の写真です。腫れが出ていないのが上との写真の比較で分かります。

 

インプラント手術での恐怖感で、患者さんは手術時の痛みとかを一番気にされますが、実は一番痛んで大変な思いをされるのは翌日の朝目が覚めた時なのです。

手術時には、局所麻酔をしっかりとして行いますから、まず痛んだり辛い思いをされることまでにはなりません。

しかし、自宅に帰り、休んで就寝して、翌朝傷口が疼いたり、時にはズキズキと痛んで、腫れ上がって目が覚めて、鏡の中の自分の顔を見てビックリになってしまうのです。

DRの下にある時にはまだ痛みとか腫れをコントロールして貰えるかも知れませんが、一番恐いのは患者さんご自身に全てを任されてしまった後なんです。

その時に、患者さんは自分が大変な手術を受けてしまった、と言うことに気が付くのです。

 

私は正直者なので、今日上げた例の写真の患者さんでの実例を見せますが、我々の記録では患者さんは殆ど腫れてないし、痛みの方は全くなかった状態で翌日を迎えられました。

それでも患者さんご自身は少し腫れぼったい感じがする、と言う感想を言われていました。

しかし、外観上気にならない程度であって、全然大丈夫で、何よりも痛みがないことをとても喜ばれていました。

 

手術に対する恐怖、手術時、麻酔の醒めたその後翌日翌々日、治癒期間中、全てでインプラントは歯茎を弄る治療をしなければなりません。

それを如何にコントロールして差し上げるのか、が痛んだり辛い思いをさせたりしない鍵になるのです。

ですから、歯茎を大きく切り付け骨からべりっと剥がしてするような手術の仕方が、患者さんにとっては一番痛い方法なのです。

更には、骨をそれだけ露出させて空気に晒すと言うこと、捲った歯茎の内側を空気に晒して乾燥させてしまったりすることが、患者さんの手術後の痛み腫れになるのです。

 

鎮静法とかをして完全に眠っているコントロール下で手術されれば、それは全く意識がないので怖くも何ともないでしょう。

しかし、麻酔が切れ、意識が覚醒した時に、そのDRがどんな手術をしたのか全てが分かります。

特に良く分かるのは翌日の朝です。

 

手術時に痛くも何ともなくても、その後が辛くて痛くて仕方がなかったら、患者さんは気の毒です。

インプラント手術は痛い、と言う恐怖を変えないと、患者さんは不幸です。

 

私の手術ではそのようなことへの最大の配慮を10年以上して来ました。

 

低侵襲即時審美MISインプラント治療こそそれです。

 

恐怖症の患者さんに腫れ上がる、麻酔切れた後で痛くなる手術はいけません。

今でもインプラント業界では、それぐらいは仕方がない、と言うのが普通です。

恐怖症の患者さん専門と言いながら腫れる手術していて、少しの間だけですよと痛み止めを沢山出して我慢させている所が殆どです。

 

これでは、本当の意味で患者さんを救っているのかどうか、私は疑問です。

 

今日出させていただいた患者さんも、辛い思いを全くしないで固定式の綺麗な歯が入るインプラント治療を受けてとても満足されました。

うちでは10年以上前からこれを追究して行って来ました。

インプラント治療に関わる全ての辛いこと、痛んだり腫れたりする可能性のあることをなくす工夫をずっとずっとして来ています。

 

楽に綺麗に早く治りたい、直ぐに綺麗な歯がインプラントで欲しい患者さんは、ご相談にお越し下さい。

シェアすることにも熱心ですから、DRの見学も随時受けています。

お問い合わせ下さい。

http://www.samurai-implant.com/ 

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

コメント

12月25日(火)のつぶやき

2012年12月26日 | Weblog

手術するけれど痛くなく怖くなく楽に早く治ります。直ぐに綺麗になる歯が入れられているインプラント治療、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


怖がり痛がり治療恐怖症、手術拒否反応示す患者さんが平気で受けられる治療法、手術をしています。直ぐに綺麗になる歯が入れられているインプラント治療、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


部分即時荷重インプラント550 症例以上成功の経験から語る、手術の怖さを乗り越えられる痛くない手術 blog.goo.ne.jp/noritsugumatsu…


インプラントには必ず手術が必要になります。だから、その手術が恐くない痛くない辛くないことは何よりも重要なのです。samurai-implant.com


従来のインプラント手術の概念を根底から変えた極小さい手術だから、痛くない恐くない辛くない。直ぐに綺麗な歯が入る。嘘は吐きません。samurai-implant.com


ご高齢者の人生を楽しく明るく過ごすには入歯でない自分の歯のように噛めるインプラントがとても有効です。しかし、今更痛い思い、辛い思いさせるのではいけません。だから、痛くなく辛くない直ぐに歯が入る治療が良いのです。samurai-implant.com


コメント

部分即時荷重インプラント550 症例以上成功の経験から語る、手術の怖さを乗り越えられる痛くない手術

2012年12月25日 | MISインプラント治療の話

患者さんはどなたでも手術すると聞くと怖い、やりたくない、他の方法はないのか、と心から感じられ願われるものです。

我々術者側も、手術したくてする訳ではなく、それ以外に患者さんをお救いする手立てがないから仕方なくやむを得ず手術をさせていただくことをお願いするのです。

患者さんは、歯が悪くなってそれまでの人生で散々嫌な思いを味わって来られています。

それなのにそれを解決する為に、又痛い腫れる辛い手術をしなければならないとしたら、患者さんの中にはじゃあこのままで入歯になってしまっても良い、入歯の辛いのを我慢する、身内の爺さん婆さんみたいに入歯の人生を送る、と考えられる方が出ても仕方がないと思います。

やはり、手術すると言うハードルは患者さん方にとってはとてつもなく高いハードルなのです。

しかし、それではその患者さんのそこから先の人生が非常に気の毒なことになってしまって、こんな筈じゃなかったのに、と悔やむ人生を最後に送られる羽目に成ってしまいかねません。

ですから、私は患者さん達を何とかしてお救いして差し上げたくて手術の恐さ、辛さを解消する手術方法、治し方にこだわって来ました。

今日の例で出させていただいている患者さんのレントゲン写真を見て下さい。

上下左右にインプラントが合計で9本も立っています。

この患者さんは都合4回に分けてブロックごとに手術して、手術直後から綺麗に歯が入るインプラント治療をお受け下さいました。

もし、私がどこか1箇所でも痛いし腫れるし辛いと言うインプラント手術をしてしまっていたなら、この患者さんはここまで次々とインプラント手術を受ける気になられたでしょうか?

この方は、神戸の方にお友達がおられ、その方が掛かっている歯科医の先生が私の友人で、その伝手で私の元に遠く京急沿線から通われて来て下さっていました。

勿論、友人の紹介ですから、私のインプラント治療方法を良くご存知の上でご紹介いただいたのです。

そして、私の独自の工夫による、痛みの出ない、翌日の朝腫れていたりしない、辛くないインプラント治療をしました。

私独自の工夫とは、殆ど切り刻まない、歯茎を大きく開いたりしない、痛々しく糸で縫ったりしない、極小さい切り込みだけで中にインプラントを埋め込んで行く方法です。

 

私の方法は、普通の先生方の手術方法が10切るとしたら、私は2も切らないと言う極小さい手術の仕方です。

歯茎への工夫がとても大事で、それで縫合の糸も全く要らない、と言う成果を得られます。

私はこう言う工夫を2003年から独自で工夫して行い、成果を挙げて来ました。

そして、やがてそれでインプラント周囲へ骨も造ることが出来、歯茎の再生もさせられるように成っていったのです。

全て患者さんに痛い思い、辛い思いををさせたくないから、手術を受けたことが患者さんの負担になることが気の毒だったからです。

 

それに、患者さんもご高齢になればなるほど、体への不安が付きまとい、私は義歯で苦労しているけれどインプラント手術受けられるんだろうか、と言う問題への解決方法も作り上げたかったのです。

ご高齢者の患者さんは皆、今更辛い思い、痛い思いはしたくない、と思われています。

しかし、それでは本当に人生の締め括り時期になった時に、最期の最後で好きな物をその食感を味わって食べると言う、最期の望みすら絶たれてしまうのです。

 

そう言う問題を解決するのが、痛くない腫れない辛くない極小さな手術をして差し上げる治し方だ、と私は確信しています。

楽に早く綺麗に治って、直ぐに美味しく食べられる治療方法なら、患者さんの人生にとってどれほど大きな希望になることでしょう。

 

有り難いことに、私の患者さんはインプラント手術したその直ぐ後で焼肉を食べて、さすがインプラントだ良く噛めたよ、と言った強者の患者さんもいます。

自慢になりますが、それだけ何ともない手術をしている、と言うことなんです。

勿論、その患者さんにはいきなりそこまで酷使はしないで下さいね、と汗かいて説明し直しました。

それでも、いや本当に何でもなかったよ、と患者さんは笑っていましたが。

 

今は巷にインプラント治療する歯科医が沢山増えています。

しかし、その施術の仕方は全く千差万別で全く分かりません。

ハッキリと言えることは、殆どの先生方が歯茎を切り開いて骨をしっかりと見てインプラント手術されると言うことです。

しかし、このようなクラッシックな方法では、患者さんは次のインプラント手術に二の足を踏まれるでしょう。

それでは患者さんが救われません。

特にご高齢者の患者さんが救われないでしょう。

 

それを根本的に改めるべきなのです。

かく言う私は99.9%以上のインプラント手術で切り開くことなく2003年からインプラント手術して、成功率でちゃんと従来の方法と遜色のない98%以上を達成出来ています。

患者さんに辛い思いをさせたくない、その一念で、私は痛くない手術をするには、腫れない手術するには、辛くない治癒期間を過ごしていただくにはで、低侵襲即時審美のMISインプラント治療を工夫して行い、成果を挙げて来ました。

 

勿論、歯科恐怖症、手術なんてとてつもなく怖い、と言う患者さん達でも、私の手術を受けて考えが変わり、その後も他の部位でインプラントを受ける、と言う成果も何度も上げています。

一例では、内科医の奥様の患者さんで、手術が怖くて怖くて、と言う患者さんがおられましたが、無事に植立手術を何度も受けていただき、先生の手術なら怖くない、ととても喜んでいただいています。

こう言う治療が私の望みなのです。

 

どうしよう、怖い、でも治さないといけない、と言うジレンマに陥っている患者さんを、大丈夫ですよ、信じて下さい、と私は明言します。

 

早く楽に綺麗に直ぐに歯が入る、骨がなくても1回きりの手術でインプラントが立つ、抜歯と同時に歯がインプラントで入る、こう言う治療を怖くない辛くない手術で治したい方は、私にご相談下さい。

又、私に賛同いただける先生方は是非シェアをしたいので、何時でもお越し下さい。

私は心から皆さんのお力になりたいと願っています。

 

 

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

コメント

12月24日(月)のつぶやき

2012年12月25日 | Weblog

余計な時間をかけない、痛い手術はしない、何回も手術しない、始めから綺麗な歯が入るインプラント。10年以上の国内屈指の実績samurai-implant.com


抜歯即時植立ですぐ綺麗な歯、手術直後からインプラントしたことが分からない自然な仕上がり、歯がない期間がないインプラント治療、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


骨が少なくても1回の手術でインプラントが立ち、仮歯が入る、痛まない小さな手術で早く治る、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


サイナスリフトは要らない、早く楽に治る、骨が早く固まる超音波治療、だからインプラントが早く終わる、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


他では直ぐに歯を入れるのは不可能、と言われた患者さんでも、直ぐに綺麗な歯が入れられているインプラント治療、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


不可能、出来ないと言われ続けた直ぐに歯を入れるインプラント治療を独自の工夫で解決し10年以上の実績、成功率98%以上世界に先んじて来ました。samurai-implant.com


たった1日1回きりの手術、直ぐに綺麗になる歯が入れられているインプラント治療、10年以上成功率98%以上の屈指の実績samurai-implant.com


コメント

12月22日(土)のつぶやき

2012年12月23日 | Weblog

歯科医療の普及が医療費を下げながら、皆が幸福になる社会の実現になる。これは真実なんです。医師の方々に深く理解いただきたい事実です。 fb.me/1UVqx3sKS


フムフム | (´、ゝ`)フッ 松元教貢の寿命はあと2日 もっと見る=>bit.ly/VhvhIL #kenteikun (みんなでケンテイ(´∀`))


歯茎、骨の保全、健康を考えたインプラントが長期的安心を約束します。samurai-implant.com


手術した日から綺麗な歯、早く、綺麗に、楽に感じる手術で治るインプラント、歯周再生治療samurai-implant.com


部分即時荷重インプラント550 症例以上成功の経験から語る、低侵襲手術を皆指向しているんですね。 blog.goo.ne.jp/noritsugumatsu…


会社の大きさは経営者の大きさに比例する、と聞きます。その大きさとは、自分より優れている人材を生かせる方、と言うことなんですね。学びます。 fb.me/23j0YCyKB


歯が長持ちする為には全体のバランス、綺麗な歯列、高さが揃っている治療が必要です。インプラントでも、その部分だけの治療ではなく全体のバランスを考えてちゃんと治療しましょう。samurai-implant.com


部分だけに目を奪われる、継ぎ接ぎ、その場だけの歯科治療が、結果的に長期的な問題を解決出来なくしてしまいます。インプラントでも同じです。samurai-implant.com


痛くない腫らせない小さな手術、綺麗な仮歯が直ぐに入る、治療期間が短い、を極めたインプラント治療samurai-implant.com


コメント

部分即時荷重インプラント550 症例以上成功の経験から語る、低侵襲手術を皆指向しているんですね。

2012年12月22日 | MISインプラント治療の話

昨晩は、日本審美歯科協会のセミナーで、榊先生のお話を聞きました。

そこで感じたのが、やはり出来る限り手術は小さくして差し上げる方向性に向いている、と言うことでした。

かつての仕事とか症例報告で見ていた時に比べると、考え方、手術の仕方も非常に考えられている、侵襲を小さくする工夫、痛がらせない、張らせない方法を指向しているんだなー、と強く感じました。

低侵襲手術であること、痛くしないということ、が強いキーワードになっているようです。

私が言い続けて来ている世界が次々と現実化しているのが確認出来て、非常に嬉しく思います。

 

低侵襲を考えるなら、切り開かない手術に向かうと思います。

切り開かないなら、当然痛んだり腫れたりする可能性はグンと低くなります。

しかし、切らないでインプラント埋めたり、骨、歯茎を再生させることは、かなり難しいです。

 

私は、今の時代が来ることを見越して、10年以上前から切り開かない極小の手術、低侵襲手術を工夫して行って来ました。

今では私の行う手術の99%が切り開かない低侵襲手術です。

骨造成する場合でも、歯茎再生する場合でも、即日に綺麗な仮歯入れるインプラント治療でも、抜歯即時植立インプラント治療でも、如何なる手術でも、痛がらせない、腫らせない、辛くない低侵襲手術です。

 

手術で痛い思いをしたくない方、腫らさないで欲しい方、インプラントと歯周病両方で最善のコンビネーション手術で治されたい方、皆さん切り開かない低侵襲手術で治っています。

 

どこにも教科書がなく、指導医もおらず、自分自身で工夫するしかなかったので、世界でも類する低侵襲手術を行っている方はいないようです。

しかし、積み重ねて来た実績には揺るぎない自信があります。

550症例以上と出せる所以です。

 

早く、楽に、綺麗に治せるインプラント治療、歯周再生治療を受けたい方、学びたい先生は、ご連絡下さい。

http://www.samurai-implant.com/

 

今日からクリスマス3連休、皆さんの幸せを心から祈ります。

メリー・クリスマス!!

 

ブログランキングに参加しました。

ポチッとお願いします。

 


人気ブログランキングへ

コメント