直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

インプラント治療、3DXで分かった事

2006年08月31日 | Weblog
3DXを見ながら、インプラントオペをし始めて1ヵ月半。
有難い事に、殆ど毎日の様にインプラントオペをさせて頂いています。

そこで分かったのが、パノラマレントゲン写真はかなり正確であるということです。
口の中にフィルムを入れて撮るデンタル写真よりも、パノラマの方がインプラントオペには非常に役に立ちます。
現に私は、相変わらずパノラマも撮影して、3DXと照らし合わせて、より精度を高めようとしています。

パノラマは仕組み上、歯の外側を撮影する機械で、歯根を観察するのにかなり正確です。
デンタル写真では、内側を取るために骨が邪魔に成り正確さに欠けてるようです。

つまり歯は骨の中で外側にあり、内側には骨があるという事です。
3DXで、骨の断面を診ていると実に良く分かります。
抜歯をすると外側の骨がすぐに失われるのは、外側の骨が薄いからです。
反対側の、内側の骨が沢山残る形に成る訳です。

抜歯即時植立ではこの事を考慮して、インプラントを立てるべきでしょう。
これを上手に利用すれば、成功率が上がる訳です。

私が、従来成功させられて来た理由も良く分かりました。
骨のある位置を探し、そこを利用して入れる事がやはり最大のポイントであったのです。
さらに上手く行けば、即時荷重、その日に歯を入れる事も出来るのです。
3DXのお陰で、私は新しい段階へ上れる事が実感出来、さらに患者様に貢献出来ると、胸に期するものがあるのです。

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp
コメント (1)

不勉強なインプラントDRへの挑戦状

2006年08月30日 | Weblog
歯科医は、殆どがお山の大将です。
自分以外は馬鹿の若者を笑えません。
自分が知っている世界が、全てであり、それ以外の世界は知りもせず、大した事ないと対応するのです。

これに振り回されるのが、可哀想な患者です。
私が日常的に行っている即時荷重インプラントを、うちはそう言う方法では治してません、と説明してる輩がとても多いのです。

違うでしょう。
”してない”ではなく、”出来ない”でしょう。
こう言う話し方は、正しくないでしょう。

その上、自分の不勉強を隠す為に、貶す、中傷する。
呆れますよ。
本当に。

正しく、”私には出来ませんが、出来る先生もいるんじゃないでしょうか”位の事はキチンと説明すべきでしょう。
いい加減にして下さい。

正確な情報を与える事は、医者としての最低限の良心ではありませんか?
3DXの事を書いた時も、色々とまあ邪魔をしてくれる輩が現れ、志の低さに呆れましたが、即時の事でもまだまだ偏見がはびこっています。

何度でも言いますが、即時荷重は必ず通常の治療の一つになります。
特殊なものではありません。
それは、私の臨床が示唆しています。
下らない事は止めて、勉強して下さい!

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp

コメント

世界をリードする3DX!安全最新最善のインプラントオペが実現します!

2006年08月27日 | Weblog
3DXは日本で発明されたので、世界にはまだ広まってません。
その為、従来のCTと区別が付かず、トンチンカンの反応が出て来てるのも事実です。
詳しく知りたい方は、歯科業界のモリタと言う会社のホームページをご覧下さい。
http://portal.dental-plaza.com/portal/web/index.jspです。

インプラントオペは骨を把握する事が最重要です。
従来の医科用のCTでは、1mm幅がようやくでした。
3DXは、0,125mmの幅で見れるのです。
しかもこれが平面的にではなく、立体的にです。

と言う事は、8×8×8倍で違うと言う事です。
以下に精密か,お分かり頂けましたか。

これがあれば、最小のオペで最大の効果を得る事が実現するでしょう。
日本から世界を変えるのです。

そして、その先頭に私はいます。
私は、必ず新しい概念を築きます。

まるで、導かれているかのように2000年にDRラムに出会い、ここまで来ました。
今までの成果を3DXで見ると、色んな新しい発見があり、凄い論文が書けそうです。
今から、自分の未来が楽しみです。

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp
コメント

その日に歯が装着出来るインプラント!

2006年08月26日 | Weblog
最近以前していた様な、こんな方を治療しましたとの報告を止めてます。
最大の理由は真似されるからです。
こんな事が出来るんだと、簡単に考えられ似た様な事にチャレンジしてしまう方がいるからです。
結論から申し上げれば、私の真似はしない方が良い、いや、安易にすべきではないと明言します。
まず出来ないでしょう。
やって見れば分かりますが、まずインプラントを35N以上の植立強さで立てる事が、大変に難しいです。
大阪の岡田先生は45N以上とブログに書かれていて、凄いなと思いました。
私なぞ35N出すのですら、必死でいつも悪戦苦闘してますから。
さすがは岡田先生です。
何にせよ、植立時の骨に入って行く抵抗力が、かなりきつく出来ないと、即時荷重・負荷は出来ません。
後、噛み合わせの微調整、コントロールがとても重要です。
オペが終了してから、最低2ヵ月、出来ればずっと揺れがない様にしておく事が絶対条件です。
そして当たり前ですが、歯肉の炎症のメインテナンスが重要です。
最新の専門雑誌でインプラント周囲の骨が喪失しているものが、某大学から出てましたが、あれは典型的例です。
多分、真面目に患者様が通院されなかったからだと思いませが、ひどい状況でした。
歯周病治してからでないと、非常に危険だと改めて意識させられます。
何事も基本が大切なのは、何時の世も変わりません。
即時荷重だって、その延長にあるのです。
ペリオ、咬合、外科、基本は同じです。
そこから学び直して下さい。
特に総義歯とか、ちゃんと修得する事が非常に重要だと、強調しておきます。

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp
コメント

その日に歯が装着3DX で!インプラント!

2006年08月24日 | Weblog
特殊CT3DXは、従来の医科用CTと比べて、遥かに被爆線量が少ないのが、特徴です。
精度も医科用が1~2mm幅に対し、何と0.125mm幅と8~16倍と飛躍的に向上しています。
特にインプラントオペでは、骨内が詳細に見え、有利です。
あなたがインプラントを考えているなら、この設備がある医院が近くにあるなら、そこに行って撮影だけでも受けた方が良いでしょう。
さらにそのDRがインプラントの専門なら、申し分ありません。
この機械は日本発のもので、世界に誇れるものです。
考案されたのは、現在松本歯科大の放射線科教授新井先生です。
この様に世界に誇れる凄い技術が、日本から世界へ普及して行くのです。
嬉しいではありませか。
必ずや世界標準と成る事は間違いありません。
現にゴッドハンド・ブーザーが既に導入し、発表しています。
これを見た日本のDRが、知らなくて何処のだと大騒ぎに成って、日本製と知ったと言う笑い話がある位です。

皆さんは歯医者が、ベンツとかに乗ってるのを見ませんか?
でも、私はホンダのハイブリッドに乗ってます。
ベンツに使う位なら、3DXは導入出来るはずです。
心意気の差、違いを感じ取って貰いたいです。
患者さんの為なら、自分に使う前に使うべきではありませんか?
3DXを入れてる事で、儲けてるとか、さらなる治療費上乗せしたいからだ等の言われなき批判、中傷は止めて頂きたいのです。
誉められこそすれ、貶される理由はないはずです。
嫌味を言うなら、自分も入れれば良いと思います。
ましてや、ベンツとかに乗ってたらです。
非常に残念な事に、ネットでそう言う言動があったので、腹立たしく思い、今日お話した次第です。
私は断言します。
3DXある所に行けるなら行った方が良いです!
生涯の為、万全を期しましょう。

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp
コメント

世界最高のインプラント治療3DX から

2006年08月23日 | Weblog
即時荷重は私独自の業、技術です。
最近流行り宣伝されてますが、殆どの所が看板だけで、名前倒れだそうです。
曰くあなたには骨がないから出来ない、条件が悪いから出来ない。
で、条件が整っている方に、いざしても失敗が多く、撤退をする所が、多いそうです。

因みにアメリカのある有名大の教授、台湾人の方が即時荷重の成功率は半分越えるかなと言っています。
私はそれを聞いて驚きました。
低過ぎる、と感じたのです。
多分、診断の問題と技量の問題でしょう。
どう言う症例に、どうやるかが明らかにされず、何でもかんでも即時したら、上手く行くものも上手く行くはずがありません。
突き合わされる患者さんこそ、良い迷惑です。

私は自分の臨床経験上、少しずつ適応を広げ、体得してきました。
そして、出来る様に成ったのです。

今大阪で一番有名なDRが、即時荷重をしていて、彼は植立トルクが45N以上を、即時の判断目安にしているようです。
随分ハードルが高いなと言うのが、私の意見です。
私はいつも言いますが、師匠のDRラムのストローマンインプラントで12mm以上35N以上で可能だと言う教えを信じ、確かにそうだと確認しました。

かつては、個人的力量で実現するしかなかったのですが、今では3DXがあり、ルール化出来る事が分かりました。
3DXなら、骨を見付け方向も決められる。
やはりこの機械は凄い。
本当の即時荷重の時代が、3DXで来るだろう。

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp
コメント

世界最高のインプラント治療が出来る

2006年08月22日 | Weblog
世界最高とは何かと聞かれたら、やはり治療期間が短縮され、痛みや腫れがなく如何に美しく治せるかでしょう。
これに異論がある方は少ないでしょう。
かつては入歯の代わりをしてくれる固定式の義歯でしかなく、入歯と違い動かず痛くなく噛めると言う、機能が全面に出ていました。
と言う事は、審美的な事は、二の次でした。
やがて噛めると言う機能は当たり前になり、審美が重要に成って来ました。
すると歯だけの問題では済まなく成って、今度は骨や歯肉まで再生造成するオペが持て囃されるように成りました。
しかし、これは治療期間の長期化を意味し、インプラント治療がより複雑かつ最高難度、そして治るのに非常に長くかかると言う弱点が顕に成って来たのです。
そして今、治療期間の短縮化が、大きな課題と成り、さらに審美もとなり、その為に、抜歯即時が大変に持て囃されるのです。
この方法だと、抜歯してすぐにインプラントを入れられ、タイムラグがないのが特徴です。
しかも、骨や歯肉も上手く治せれば、維持出来てしまう。
とても利点の多い方法だからです。私は、この方法に5年前から取り組み、通常の方法と差が無い成績を残して来ました。
これが出来れば、抜歯したその日にすぐにインプラントで歯が装着出来、見た目ではただ歯を治しただけにしか見えません。
外見からインプラントオペした事が分からないので、患者様から大変喜ばれます。
人には色々な事情があり、隠したい方も多いからです。
今では殆ど治療した事が分からない位に出来ます。
勿論、即時ですから、その日に歯が装着出来ます。
が、私は正直な話、他のDRが書かれているように、すぐ噛めるとは、言えません。
骨折を繋いだからと言って、すぐ歩けないのと同じです。
傷が落ち着くまでは、絶対安静にした方が、早く綺麗に治せます。
今現在は、これが限界です。
これが現実です。
しかし、世界最高レベルです。
個人的見解で、これ以上はまだ危険であると指摘して置きます。
ご希望の方は、メール、電話お待ちしてます。
世界最高のCTスキャン3DXで、撮影すれば尚、安全です。

詳しくは、以下をご覧下さい。
http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/
http://www.mp119.jp
http://www.implantcenter.or.jp。
コメント

治療考えてる方へ、

2006年08月21日 | Weblog
患者さんは歯医者なんて、暇なんだとか、チョコチョコっとすぐに診てくれると信じてるらしい。
だから、いきなり来てすぐ見て貰おうとしたり、電話でオペの予約をすぐ入れようとする。
しかし、腕のある歯科医は、皆見て貰いたいからメチャクチャ混む。
新しく参入しようとしても容易ではない。
有り難い事に当院もそうだ。
連日オペオペで、予約が入らないと患者さんからも言われてる。
皆大変な高額治療の方々で、全員大事にしないといけない。
従って、予めキチンと予定立て早め早めにオペを入れて頂くしかない。
これを御覧になり、私のオペを希望の方は、即予約をお願いします。
そうすれば、基本的に1日でインプラントが入り、歯が装着出来る。
繰り返しになるが、大変有り難い事に、日本中から患者さんが来られて、大変に忙しい。即時荷重を希望の方は、沢山いるが、答えられるのは国内では私位?らしい。
インターネットは凄いと思う。
お陰で大忙しだからだ。
コメント

こんな不幸な私を救って下さい病

2006年08月19日 | Weblog
ときどきいるのが、この病気に取り付かれた方だ。
我々をボランティアかなんかと勘違いしてるようで、驚く。
手入れも怠り、悲惨な状況に陥り、金もなく暇もない。
で、早く何とかしてくれだ。
どうしろと言うのか、伺うと素人だから分からないだ。
又相談だけにきて、保険証も持ってこず、話さんざんさせてタダで帰ろうとする。
呆れる。
こんな性格だから、こんな状態なんだなと思わざるを得ない。
我々は仕事としてやってるのであり、大金持ちのボランティアではない。
頭抜けた仕事して、それに見合った報酬を得る事が目標だ。
それだけの努力もしている。
1日36時間位歯科医で、勉強し鍛練している。
皆さんはそれだけ頑張ってるのか、自問自答されると良い。
すぐに時間がない、金がない、ないないづくしで言い訳ばかりして、努力してない方が余りにも多い。
こんな方がいた、会社が不景気で、残業代がなく、ボーナスも減り、大変だと言う。
良く聞くと暇でブラブラしてるしかないそうだ。
週40時間しか働かなければ、それなりの収入なのは仕方ない。
私なぞは週軽く100時間は働いている。
診療時間外でも、仕事があり忙しいのだ。
だからこそ、それに見合った報酬は得ている。
何ら恥じる事などない。
だから、私はこの方に奮起を促した。
が、全然言い訳ばかりで駄目だ。
自分で何とかしようとせず、環境のせいばかりにしてる。
呆れてしまう。
家族の為、男として奮起せず言い訳ばかりだからだ。
何とかしようと考えれば、必ず道はある。
困難は次に行く為の、ハードルでしかない。
超えて見れば、案外低かったなと感じる。
負けてはいけない。
自分に限界はないと信じ、道を探す事だ。
必ずある!
自分で解決!
コメント

インプラントの未来、パイオニアの苦悩編7

2006年08月17日 | Weblog
患者様は馬鹿です。前回話した通り、楽にして上げられるように腐心し、最大限の努力をし、よい結果を導き出せるように必死で我々DR側が頑張った努力を無駄にしてしまう行動を遣ってしまうからです。最近もいました。上顎に長いブリッジが入っており、それを抜歯して病巣を取り切り、インプラントを何とか無事7本立て、仮の歯も綺麗に作り、骨造成し歯肉再生まで治して上げたのに、台無しにしてくれた女性がいます。彼女は、私のホームページ等をプリントアウトまでして、漸く理想とする治療を探し当てたと張り切ってました。が、この方が評価してたのはここまでして行き当たった自分の努力であり、私共の治療・限界に挑む即時荷重骨造成歯肉再生術ではなかったのです。この女性は、非常に難易度の高い、それこそ世界最高レベルを極めなければ成功を勝ち取れない超難関のオペを何とかやってのけたのに、史上最悪の行動をやらかしました。それは火傷です。全ての治療を上手くやり、後は絶対安静を保ち、ただただ治るのを待てば良いだけなのに、姉妹が作ってくれたお粥を、麻酔が効いてるのに食したのです。又出てしまいました、このパターンの有り得ない位、大きな失敗をやらかす方が。私のホームページやブログに何度となく登場した、大馬鹿者が又現われたのです。私の考えややり方、注意事項等全く理解してないのが、この一事で露呈しています。こちらが身を削る思いをし、全身全霊を注ぎ、必死で成功させたのを、一瞬にして無駄にしてのけた訳です。呆れました。あれだけプリントアウトまでして、ちゃんと出来るだろうと期待を寄せといて、自分の方の行動はコントロール出来ない、本当に深刻な問題を、何食わぬ顔でやってしまう種類の人間です。まるで赤子の様な、幼稚なオツムのようです。はっきり言って、付き合い切れません。何故麻酔がキチンと切れるわずか2時間位が我慢出来ないのでしょう。食べるのは構いませんが、あれ程ちゃんと注意事項伝えたのに、軽く考えて軽率な行動をやるのでしょう。心掛けが悪いとしか言えません。我々は過去の苦い経験から、ちゃんと伝えてるのに、聴く側が自分は該当しないと信じ込み、全く聴いてない、所謂"馬鹿の壁"が存在してるのです。この方は、上顎の裏側、口蓋に大きなひどい火傷を負いました。翌日のメンテナンスに来た時、私のオペ後なのに、痛い痛いと大騒ぎです。何でだと思い、口の中見たら一目瞭然、大火傷です。私は正直な話、悔しくて悔しくてガッカリしました。又やってくれたか、とガックリと肩を落としてしまいました。余りにも楽に1日で終わらせられる治療で素晴らし過ぎる成果の為、大した事ないなと油断させてしまうようです。この油断の結果が、スムースな治癒を妨げ、有り得ない長期化を招いてしまったのです。実に愚かな話です。僅か2時間の我慢が出来ない付けが、3~4週に成ってしまうのです。こんな損な取引する馬鹿はいないと思うでしょうが、現実には居るんです。もう二度とこう言う愚行をさせない為、何が出来るのか。我々の課題は大きいと言わざるを得ません。実はこの方、他にもビックリな行状を色々しでかしてます。その為、当院の重点的注意患者として、マークされてます。安心して見てられない超要注意患者としてです。まだまだこの方は、油断出来ません。治療は始まったばかりです。これを読まれた方は、他山の石とされますよう、心より祈ります。長い文、お読み頂き有難うございました。では、又。
コメント

インプラントの未来、パイオニアの苦悩編6

2006年08月16日 | Weblog
ユーザーフレンドリーUF-MI概念は、全く従来のコンセプトとは異なります。
静脈内鎮静法を思い起こされる方もいるとは思いますが、私は患者様との意志疎通が可能な投薬、内服により対応しています。
将来的に、ちゃんと勉強して静脈内鎮静法を取り入れるかもしれませんが、現状では救急蘇生法に絶対の自信がない為、踏み切れず、次善の策で対応しています。
取り入れられてるDRは立派だと、羨ましいです。
今私に出来る最善が、マイナートランキライザーによる安定剤で軽眠を覚え、夢うつつでオペを受けられる方法です。
これをオペ1時間前に内服して頂くと、うつらうつらした状態に成り、楽にオペを受けられたと、感謝されます。
次に、PRPと言い、非常に高濃度の血小板の血漿を、患者様ご本人から20cc採血させて頂き精製して、オペ時に作り使います。
これもオペの辛さ、腫れ痛みの治療に、大変効果があります。
これも精製法により大変差があり、当院では何倍にも血小板が濃縮され、普通の血液の10倍も濃く成っている事を、毎回測定し確認済みです。
しかも、測定し分かったのは、白血球も3倍以上濃く成っているのです。
これは免疫を司る重要な細胞ですから、それも濃縮されてるのは有り難いです。
PRPに関しては、効果がある、ないで論争中ですが、私が見る限りちゃんと計測し論じているものは、ありません。
つまり、キチンとPRPが正しく精製されてるかどうかの確認もせず論じられてて、ナンセンスだと考えてます。
私共では、それを確かめた上で、効果があると判定しています。
そして肝心要のオペですが、DRラム直伝の最小限の傷で、最大限の効果を得る方法でしています。
これも日本人では、まだ数人しか教わっていません。
このように患者様の体の負担を、良く考えて、楽に綺麗に早く治す方法でしています。
だから、他とは違うのです。
ここまで明ら様に、違いを明言出来ます。
絶対の自信があります。
逆に、それで困った事もあります。
次回その話をします。
コメント

インプラントの未来、パイオニアの苦悩編5

2006年08月15日 | Weblog
今世界中で行われているインプラント治療は、殆ど患者様の苦痛や快適性の解決に問題があります。従来の部分義歯に比べて、インプラントは飛躍的に快適になります。が、その治療途中の過程においては、どうなのでしょう。まずオペ時の恐怖は、我々DRにとっては日常の事で、あまり大変だとは感じませんが、初体験の方にとっては骨に穴を開けるなんて、空恐ろしいと言われます。実際に当院以外での体験談を聴くと、腫れたり痛んだりで大変だと聴かされてしまう訳で、私がそんなに大変ではないんですよ、といくら力説してもなかなか信じて貰えません。そこで私の治療を受けた方とお話して貰う事もあります。すると、説明して下さる患者様が、説明聴く患者様の理解してくれない事に驚き、昔自分もああだったんですか?と驚かれ、思い込みや通説の暗示力の強さに改めて驚かれる位です。まるで幕末の牛痘騒ぎの様です。体験された方は、当院の治療方法を信頼され、腫れたり痛んだりしないと信じています。が、初めての方は、他と比べ同じだと思い込んでるのです。本音
で言わせて頂ければ、舐めないで欲しい、と言う感じです。プロボクシングの世界でも、単なるライセンス所有者と、世界チャンピオンまでにどれ程の差があるか、考えれば分かる筈です。何でも、同じ名称なら、同じレベルが約束されているなら話は単純明快でしょうが、そうではないのが現実です。同じインプラントと言っても、ピンキリなのです。少なくとも私は、その点において、誰もやれない事をしてきた自信はあります。だから、全く新しいユーザーフレンドリーUF-MIコンセプトを提唱し、実践しているのです。
コメント

インプラントの未来、パイオニアの苦悩編4

2006年08月14日 | Weblog
面倒臭くなったので、グダグダ順序立てて話すのは止めます。理由は時間が勿体ない事と、携帯のキー操作で1000字近く入力したのに、間違えて消してしまう事を何回もしてしまったからです。この携帯のキー操作が、もっと改善され、誤消去防止機能が充実する事を望みます。周りで聴いても似た様な話はよく聴きます。落ち着いて入力出来ない場合も、多いからです。すぐにクリアーされてしまうのは、何とか改善して欲しいです。まずキーの配置が悪い!誤消去してしまう恐れのあるキーは、離して独立させ、手触りで簡単に判別出来る様に改良すべきと指摘します。デザイン重視で、判別がしづらいのは、ユーザーフレンドリーではありません!これからは、どんなものもユーザーフレンドリーでなければ、質が良くても広まらないでしょう。何だかインプラントの話しと似て来ました。全て質が最高なら、ユーザーは我慢の時代は完全に過去のものにしないといけません。私が即時荷重に拘るのは、ユーザーフレンドリーだからです。これを私は、UF概念と提唱しています。M
I治療を提唱するのも、その理由からです。多分インプラントでこの概念を提唱したのは、私が世界初です。だから、私は世界で初めてと明言してるのです。
コメント

インプラントの未来、パイオニアの苦悩編3

2006年08月14日 | Weblog
革新的な事を始めると、端から話も聴かれず、否定される事が殆どです。世界的に見ても、まだ誰もしていない、キチンとした成功させたと言う様な報告はされていないものは、尚更です。私が2004年のPRDでさせて頂いたポスタープレゼンテーションは、インプラントが最も必要とされているはずの、奥歯の領域の部分的な複数歯の欠損でした。しかも、専門的な説明に成りますが、遊離端欠損と言い、一番後ろまで、歯が連続して失われたものです。これは部分入歯が難しい、典型的な病態であり、患者様はこの状態に陥ると、途端に大変な苦痛を味わうと言うもので、我々DRが解決すべき難題の一つとされています。この難題に対する回答として、インプラントが近年大きく広がったのです。
コメント

インプラントの未来、パイオニアの苦悩編2

2006年08月13日 | Weblog
人の世は、浅はかだったりします。とかく悪口の方が大きく、さらに他人は面白がって、オヒレを付けて風潮します。そのくせ口先ばかりが上手なイカサマ氏が、罷り通り商売では大金持ちに成ってたりします。真面目に真摯に取り組む者は、オベンチャラは苦手で、とっつきが悪く、いきおい力説したりして変人扱いされ、商売では上手くいかないことも多くなります。人は美味しい嬉しい事を言い、良い気分にさせてくれる者を、簡単に信用してしまうのです。実例としては、卵10個タダでくれ、さらに健康情報の話を面白可笑しくされ、楽しい気持ちにされて、最後に訳の分からない健康グッズ一式30万也を勧められ、サクラが仕込んであり、必ず2~3人が買い、つられて知らない人が何人も買う羽目になる。こんな詐欺スレスレ商売が、大手を振って罷り通っているんですから。悲しい事に、騙されるのは、必ず人の良い方です。私はこう言う、汚い商いは大嫌いです。しかし、これが現実だったりする訳です。だから、私はあなた方に言いたい、良いものは良い
と応援する発言をキチンとする事、オカシイものにはオカシイと指摘し注意を呼び掛ける事、勇気を出して行動する事をして下さい。理不尽が罷り通る世の中を、良くして行く勇気を意識し行動して下さい。ただし、自分が本当に正しいか科学的に多方面から検証する事、謙虚さも忘れずにです。難しいかもしれませんが、少なくとも騙され易い良い鴨には成らずに済むでしょうから。
コメント