直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

私が公開し続ける手術後写真は、業界内では画期的でもうちではいつものことです

2016年09月30日 | 日々のインプラント臨床の話

facebookページをご覧ください。

 

毎回毎回、ちゃんと身体に優しい低侵襲手術で出来ているのを出し続けています。

 

歯医者が外科手術に拘るのは、変に感じる奇異に見えるかもしれませんが、私は普通の抜歯ですら、痛いもの嫌なもの、と受け取られるのを止めよう、と望んでいます。

 

外科手術をやられるなら、ゲンちゃん先生にして貰おう、と受け取られるDRになろう、としています。

 

何故なら、私が尊敬して止まない方が、私の手術を受けず、治療が大変だった、と書かれてたりするからです。

 

ああ私がしたらあんなにならないのに、と悔しくて仕方がないのです。

 

患者さんは、一度経験するとそう言うものだ、と信じ込みます。

 

手術でも全く同じで、親知らずの抜歯でも、インプラントの手術でも、歯周病の手術でも、一度経験してしまうと、それがトラウマになってしまったりするのです。

 

 

その後、私の所に来て、私は全く違うと言ってもまず信じません。

 

それが悔しくて悔しくて仕方がないです。

 

本音で書きますが、ド下手な奴と同じと思わないでくれ、です。

 

言い過ぎかもなので、もう少し柔らかい言い方すると、普通のやり方と全然成果が違うのを、理解して下さい、です。


業界の常識を変える、非常識な成功を上げ続けるうちのやり方を信じて下さい。


私は特別に上手く出来たケースだけ上げてません。


普段の仕事をいつものこととして、公開しています。


当たり前としている凄さ、を理解して下さい。

コメント

9月29日(木)のつぶやき

2016年09月30日 | Weblog
コメント

All-on-4とかのインプラント手術をしたら、顔腫れ捲りますからご注意を!

2016年09月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

基本的にはAll-on-4は、骨をまっ平らに削り取り、その上でインプラントを植立しますから、お顔は相当な腫れ上がった状態に陥ります。

何故かこの本当の真実の情報が一切取り上げられない。


どうして腫れてしまうのか、と言うと、歯茎を大きく切り開いて、凸凹な骨をわざわざまっ平らに削り取ると言う、とても身体に負担を強いる最大侵襲を掛けるからです。


私自身も12年以上前までは、極普通の手術の仕方である歯茎を切って、骨から捲って剥がしてインプラント植立すると言う手術をしていました。

だから、とても良く分かるんです。


歯茎切り開き、骨を削る取る量が大きければ大きい程、患者さんは大変になります。


逆に言えば、入れ歯とかを長年入れていて骨が痩せて顎堤が平らになった方はAll-on-4向きでもある、と言えるんです。

入歯のせいで骨が平らなら、歯茎を切り開くだけで済むので、その分低侵襲になりますから。

まあそれでも、腫れるでしょうが、歯茎切り開きますので。


患者さんは、そのDRがどう言う手術をするのか?を聴いた方が良いです。


私のように歯茎一切切らない、骨から捲って剥がしたりしない、と言う手術が出来ない限り身体に本当に優しい低侵襲手術は出来ません。


ネタバレになるので、どう言うやり方すればそこまでの身体に優しい低侵襲手術出来るのか、は書きませんが、私は殆どの手術を歯茎入り開いたりしないでインプラント手術出来ます。

それにいつも出しますが、下顎の親知らずの抜歯ですら、殆ど腫らしたり痛がらせたりしません。

歯茎切り開いて、骨から剥がして骨削っても、私の手術では、従来の常識を塗り替えて腫らせませんし痛がらせません。


某著名人の方が、下顎の親知らずで大変だった旨書いていますが、私がしていたならそんなことにはなっていないでしょう。


ありとあらゆる手術で、身体に優しい低侵襲手術を確立し、パイオニアとなり日本中、世界中に広める。

それが私のミッション、使命です。


歯茎を切り開き、骨を相当に削る、と言う手術からの脱却を成し遂げて見せます。


コメント

All-on-4とかのインプラント手術をしたら、顔腫れ捲りますからご注意を!

2016年09月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

基本的にはAll-on-4は、骨をまっ平らに削り取り、その上でインプラントを植立しますから、お顔は相当な腫れ上がった状態に陥ります。

何故かこの本当の真実の情報が一切取り上げられない。


どうして腫れてしまうのか、と言うと、歯茎を大きく切り開いて、凸凹な骨をわざわざまっ平らに削り取ると言う、とても身体に負担を強いる最大侵襲を掛けるからです。


私自身も12年以上前までは、極普通の手術の仕方である歯茎を切って、骨から捲って剥がしてインプラント植立すると言う手術をしていました。

だから、とても良く分かるんです。


歯茎切り開き、骨を削る取る量が大きければ大きい程、患者さんは大変になります。


逆に言えば、入れ歯とかを長年入れていて骨が痩せて顎堤が平らになった方はAll-on-4向きでもある、と言えるんです。

入歯のせいで骨が平らなら、歯茎を切り開くだけで済むので、その分低侵襲になりますから。

まあそれでも、腫れるでしょうが、歯茎切り開きますので。


患者さんは、そのDRがどう言う手術をするのか?を聴いた方が良いです。


私のように歯茎一切切らない、骨から捲って剥がしたりしない、と言う手術が出来ない限り身体に本当に優しい低侵襲手術は出来ません。


ネタバレになるので、どう言うやり方すればそこまでの身体に優しい低侵襲手術出来るのか、は書きませんが、私は殆どの手術を歯茎入り開いたりしないでインプラント手術出来ます。

それにいつも出しますが、下顎の親知らずの抜歯ですら、殆ど腫らしたり痛がらせたりしません。

歯茎切り開いて、骨から剥がして骨削っても、私の手術では、従来の常識を塗り替えて腫らせませんし痛がらせません。


某著名人の方が、下顎の親知らずで大変だった旨書いていますが、私がしていたならそんなことにはなっていないでしょう。


ありとあらゆる手術で、身体に優しい低侵襲手術を確立し、パイオニアとなり日本中、世界中に広める。

それが私のミッション、使命です。


歯茎を切り開き、骨を相当に削る、と言う手術からの脱却を成し遂げて見せます。


コメント

当院は業界の常識を遙かに超えた、本当に何ともない身体に優しい低侵襲インプラント治療をしています!

2016年09月29日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

私は基本的に同業者が嫌いです。

何故なら、このような成果本当に身体に何ともない身体に優しい低侵襲インプラント治療を素直に認めない、信じないからです。

 

そう言う同業者は、大抵の場合自分基準で物事を考えていて、自分が出来ないことを普通にするDRの存在を信じたくないのです。

自分が出来ないこと、自分は誰かに劣っていると言うこと、を正直に患者さんに認めることが出来ないんです。

 

私はそう言う同業者が邪魔で邪魔で仕方がない。

そう言う同業者のせいで、救える患者さんが救われず、結果もっと大変な事態に追い込まれてしまうんです。

 

今回例で出しているこの患者さん、たった1日で写っているインプラント手術を全部受けました。

即時荷重インプラントと抜歯即時荷重インプラントで、全て手術したその日に綺麗に仮の歯を入れています。

 

そして、その下の顔写真は手術した翌日の状態です。

全く普通で何ともなってないことが良く分かる、と思います。

 

ここまでのことが出来る医院は、世界中探したとしてもまずありません。

当院では、ここまでのことが出来るレベルに到達して12年以上になります。

 

今業界内で低侵襲がキーワードとなって宣伝とかで散々使われていますが、本当に日々の臨床の成果、結果を証拠写真を出して報告し続けている所は皆無です。

 

私は、このような手術成果を上げられることで業界内でも注目をされるDRとなって来ており、ライブオペセミナー始めとして色々な所で講演させていただいていて、この方法を広めよう、仲間を増やそうと必死で活動しています。

 

私のやり方なら、即時荷重インプラント出来るし、手術した翌日も極普通に生活出来るし、仕事とかに影響もされないし、特別な行事とかに影響が出る、なんてこともありません。

 

過去の成果、事実がそのことを証明してくれています。

 

私ほど身体に優しい低侵襲手術に長けていて、即時荷重インプラントを部分的にでも次々と成功させ続けているDRは世界中探してもいないと自負しています。

 

しかし、私は残念ですがまだまだ無名です。

そのせいで、私を知らない同業者が私の邪魔をする。

救える筈の患者さんが、馬鹿な同業者の迷言、妄言で素直に治療に進めない、と言うことがまだまだ起きるんです。

 

本当に悔しい。

悔しくて仕方がない。

 

救える筈の人が救えないからです。


だから、私は決めました。

有名DRになる。


心臓外科の天野先生のように、脳外科の福嶋先生のようになる。

そうなれば、もっともっと救える患者さんが増えるでしょうから。


私は救われる救える筈の方が救われない世の中、が本当に大嫌いで嫌なのです。


虐げられている人、苦しんでいる人が悩みは、ご本人にしか分からないものです。

だからこそ、そう言う方は救いを求めて私の元を訪れます。


しかし、阿呆な同業者とか、家族、知人、友人が、苦しんでいる人が救われるチャンスを潰している。

これは一種の苛めであり、虐待だと思います。


何故邪魔をするのか?

何故、私の治療を知りもしないくせに、悩みまくって調べに調べて、本当に身体に優しい低侵襲手術していただけると信じたDRである私を見付けて一縷の望みを賭けて行動しているのが理解出来ないのか?


本当に悔しくて無念で仕方がないです。


そう言う馬鹿な周囲の人は、その人の為だと言い張って、その人がもっと良くなることを邪魔していることに気付こうともしない。


自分の常識に捉われて、その基準で何でも考えて、自分を遙かに超える存在を認めようとしない。


そう言う人達を見返す為に、私は有名DRになってやる、と決意しました。


天野先生、福嶋先生になる。

否、もっともっと超えた凄いDRになる。


業界を決定的に身体に優しい低侵襲手術に変えるパイオニアになる。


その為になら、何でもします。


全ては患者さんを救う為、です。


私はやります!




コメント

9月28日(水)のつぶやき

2016年09月29日 | Weblog
コメント

誰とは言えないが、ネット、Facebookで平気で嘘を吐くインプラントロジストがいる

2016年09月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

全く持って許し難い。


Facebookの書き込みで、平気で嘘を書くインプラントロジストがいます。


幾らネットの中の情報はゴミだらけ、98%はゴミの情報だ、と言われていても、私は真実をお伝えするように努め、業界のこう言う歪んだ姿を正すように努めよう。


実績こそは実在。


私は、日常でこう言うことをしています、と言う情報を書き続ける。


チャンピオンケースをひけらかして、凄いだろう、と言うのは意味がない。


普段から出来ていること。


ルーティンで出来ていること。


それこそが本物の証しだ。


今日も即時荷重インプラント治療を初期固定80N位出して決めたし、明日も下顎の小臼歯部の抜歯即時植立即時荷重インプラント治療をバシッと決める。


他の医院、インプラントロジストでは、特別な成功症例として出すようなものを、日常茶飯事で成功させ続けて出し続ける。


患者さんへ、この業界は残念ながら腐っている所もあります。

しかし、私の友人達、勿論私も、真摯にインプラント治療に取り組み、詐称は一切廃し、本物であることを目指し続け、真実を伝え続けることを誓います。


口の上手い、患者さんあしらいが上手いだけの、嘘を平気で書き込むようなDRにくれぐれも騙されませんように、ご用心下さい。


 

しかし、天網恢恢疎にして漏らさず、なので、天の裁きが来るだろう、と同情している私です・・・

コメント

9月27日(火)のつぶやき

2016年09月28日 | Weblog
コメント

2009年発刊の私のインプラント専門書、見事に現在を予言しています。今尚新しい本です。

2016年09月27日 | 世界のインプラント情報の話

コメント

親知らずを抜歯しないで放置した結果の悲劇 身体に優しい低侵襲手術の普及が急がれます インプラントこそ低侵襲で

2016年09月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

facebookで公開されている海外の画像です。

 

気の毒なことに、このようなことが起きています。

 

やはり、身体に優しい腫れない痛がられない低侵襲外科手術の普及を進めないと、こう言う悲劇は決してなくせないのです。

 

このような親知らずを抜歯したら、腫れる痛い大変だ、と言うイメージがあるから、こう言う悲しい出来事が絶えないのです。


そんなことはない、そこまで辛い大変なことはない、と言うイメージに変わることが出来れば、悲劇をなくすことが出来ます。


私は、果てしないそう言う夢を夢見て、実現しようと必死です。


誰もが、そんなこと出来る訳がない、不可能だ、仕方がない、何夢みたいなこと言っているんだ、と言いました。

でも、私は夢を諦め切れず、必死でチャレンジし続けて来ました。


そうして、従来の常識を塗り替える成果、結果を出せることが出来るようになりました。


誰にでも出来ること、下顎の親知らずを抜歯することを、誰にも真似出来ないくらい一所懸命にやる、やり続ける。

そして、常にもっと良い結果を出す為にはどうしたら良いか、改善改良を考え続け、向上心を失わず努力し続ける。

ただただ直向きに腕を磨くこと、技術、知識、知恵を上げること、に必死に取り組む。


そうして漸く

こう言う成果、結果を得られるようになりました。


身体に優しい腫れない痛がられない低侵襲外科手術時代の幕開け、が出来たと自負しています。


下半分の顔写真は、全て手術翌日以降の通常腫れが出たり痛んだりしている時点での写真です。

腫れていないこと、勿論患者さん自身痛がられていないこと、従来の常識を変えることが出来ている、と思います。


外科手術のレベルで最高峰に到達出来ている、とインプラントサイトで書かせていただいている証拠です。


更に私は、この技術、知識、知恵を次代に伝える活動もしております。


常に、日常的にこう言う成果、結果を出せるなら、冒頭のような悲劇が起こることはなくせる。

そう信じて、これからも頑張り続ける、と決めております。


命ある限り、身体が動く限り、私はやります。



PS:次代の有志へ、

私の技術、知識、知恵を分けて欲しいと心から願う方への門戸は、何時でも常に開放しています。

真剣に学びたい方、どうぞお越し下さい。







 

 

コメント

9月26日(月)のつぶやき

2016年09月27日 | Weblog
コメント

夢は必ずかなう by熊谷正寿 私の身体に優しい低侵襲外科手術実現、の夢は叶いました!

2016年09月26日 | 日々のインプラント臨床の話

熊谷さんの言っていた通り、夢は必ずかないます。


身体に優しい低侵襲外科手術を実現する、腫らさない痛がらせない下顎の骨に埋まった親リラ図の抜歯を実現する、と言う私の夢は本当に叶いました。


それまでの常識では絶対に無理だ、と否定され捲っていましたが、いや実現する、実現出来る、と頑張ったのが、この証拠写真です。


これをそのままインプラントに応用すれば、当然身体に優しい腫れない、痛がらせないインプラント手術が出来ます。

勿論、抜いて直ぐに植立する抜歯即時植立、植立したら綺麗に歯を入れる即時荷重、のインプラント治療でも、全く同じに応用出来ます。


身体に優しい外科手術を提唱し続け、実現して来たからこそ、私は夢は必ずかなう、と熊谷さん同様に言えるんです。


次はあなたの番です!


あなたの夢は何ですか?


私共はその夢を叶えるのに全力で協力します。


歯科の外科手術、インプラント、歯周病のことで悩まれたら、一度ご相談にお越し下さい。


必ず、あなたの力になる、ことをお約束します!


コメント

9月25日(日)のつぶやき

2016年09月26日 | Weblog
コメント

9月24日(土)のつぶやき

2016年09月25日 | Weblog
コメント

下顎の親知らずの抜歯、画像検索するだけでこう言う感じです。外科の技術がインプラントの成果を決めます!

2016年09月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

「親知らずの抜歯 腫れ 画像」の画像検索結果

下顎の親知らずの抜歯って、通常はこれぐらい腫れ上がるものです。


勿論、この写真は私の患者さんではありません。


ネットの検索で出て来たモノです。


私がいつも出している患者さん達とだいぶ違いますよね。

 


身体に優しい低侵襲外科手術を追究し続けることで、私はこう言う成果を上げられるようになりました。


この技術、知識、知恵はそのままインプラントの外科医に活かしています。


だから、当院の外科手術は、身体に優しい、痛くない、腫れない低侵襲手術で治しています、と言い切れます。


生意気ですが、この成果の違い良く見て下さい。


今はネット社会で、情報を正しく得ようと思えば正しく得られます。


何処にでも、誰にでも、何時でも、客観的にこう言う成果、結果を提示出来るDRを探して、そこでインプラント治療を受けることを強く強くお勧めします。


生涯に早々はない手術を受けるのですから、一生後悔しないで済む決断をしましょう。







コメント