傷の見えない腫れ痛みのない怖くない手術、直ぐに歯が入るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医

傷の見えない腫れ痛みのない怖くない、直ぐに歯が入るワンランク上のインプラントパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医

親知らず、特に下顎の横に埋まってる親知らずは、早めに抜くのがお勧めです。

2020年10月20日 | 日々のインプラント臨床の話





親知らず、特に下顎の横に埋まってる親知らずは抜くのが大変だ、と治療を嫌がられる代表的な歯科治療です。

しかし、このレントゲンのように埋まっている親知らずは、出来るだけ若いうちに抜歯をした方が良いのです。

何故なら、このように横になって埋まっていると、もう人生の中で普通に真っ直ぐに生えることはないので、このままの状態で骨の中に居座り続けるからです。

骨の中に居座り続けると、必ず手前の歯との隙間には常に歯周ポケットの状態になり、歯垢プラーク、バクテリアが貯留し続けるんです。

そうなると、下手をすると手前の歯の後ろ側が大きな虫歯になり、失ってしまうかも知れません。

そこまでは行かなくても、歯周ポケットが深くなり、骨が溶けてなくなります。

親知らずが腫れた、と患者さんはとても良く言われますが、正確には親知らずの周りの骨、歯茎にバクテリアが住み着いて、繁殖して、骨が溶けて歯茎が化膿して腫れてしまったんです。

そうなると、その周囲は化膿させた汚いモノ、バクテリアは勿論歯垢プラーク、食物残渣だらけになっている訳です。

生体組織が、散々に侵されてとても汚い状態、と言うことです。

その状態で歯医者に行くと、大抵抗生剤と痛み止めを処方されて、お口の中は洗浄程度で、先生には腫れが収まって来たら抜く?と言われて終わりでしょう。

薬が効いて、腫れ痛みが収まれば、残念ながら又そのまま放置、と言う方も多く、そう言うことを何回か繰り返し、いよいよ薬の効きも悪くなってどうしようもない、となって抜く羽目になる方も少なくないのではないでしょうか。

薬が効がなくなって収まり切れない状態と言うことは、感染がかなりの範囲に及び、化膿して汚い状態が相当に広がっている、と言うことです。

簡単に言えば、かなりバッチイ状態だ、と言うことです。

そんな酷い状態で抜歯をしたらどうなるでしょう?

それは治りも悪く、腫れたら痛んだして大変だ、と分かると思います。

だから、何ともない時、レントゲンでこれはマズいと見付けた時に抜くのが良いのです。

それも、若いうちの方が本当に良いです。

何故なら、若いと言うことは、それだけ傷口の治りも早くて綺麗だからです。

若いと言うことは、それだけで何者にも変えがたい宝物である、と明言できます。

男の子なら成人した頃、女の子なら高校卒業の頃に抜くのがベストです。

ところが、歯医者の殆どがこの事実を患者さんに伝えず、痛くなってからで良いよ、と言ってしまうのです。

痛くなってからでは、説明したように散々感染が広がってから、になります。

それでは治りは悪いから、ダメです。

普通の歯医者が抜くように言わないのは、自分ができない、やらない、下手するとやりたくないからなんです。

患者さんの幸福よりも、自分が嫌な思い、苦労する思いをするのが嫌だ、と言うことです。

しかし、患者さんの中には、歯医者が良いと言ったからと言うことで抜かなくて良い、と拘られる方が多いです。

残念ですが、そのように説明すること歯医者は、親知らずを抜くことで腫れたり痛がらせたりして自分の評価が落ちるのが嫌なのか、もしくはできないのかとかが殆どだと思います。

やはり、患者さんの未来を考える力とか責任が不足している、と私は思います。

それではいけない、のです。

更に付け加えて言うと、残存させた親知らずが高齢者で大きな問題になることもある、と指摘して置きます。

私自身の経験で、特老ホームに往診していた時に、下顎の親知らずが膿んで緊急入院で全身麻酔して抜歯する羽目になった方を知っています。

要するに、下顎に埋まった親知らずは時限爆弾みたいなものなんです。

運が良ければ何事もなく終わるかも知れませんが、そんな方はかなり稀だと思います。

歳を取れば取るほど、親知らずの歯根と骨が癒着したり、先が曲がって引っかかって難しくなります。

若いうちなら、歯根は先端までできてなくて、引っかかることもなく抜きやすいです。

そして、何度でも言いますが、若い方の治り方はとても良い。

歳を取れば取るほど、治り方は悪くなります。
 
成人後の口腔内安定のため、老後の安心のため、下顎の親知らずは抜歯して下さい。

今はちゃんとしたやり方をすれば、この写真のように腫れもしませんし、腫れないから痛みもとても小さいです。

若いうちにやるから、こういう風に治せるんです。

どうしても怖いという方は、私に任せて下さい。

何処よりも腫らさないようにして抜きます。

腫らさないから痛まないんです。

こことても大事です。

腫らさない手術を出来ること。

そう言う先生を見付けられるなら、その先生に任せて下さい。

やはり、私に任せたいと言う方は03-3775-0044までお電話下さい。

初診、カウンセリング1.5時間で15000円くらいです。

宜しくお願いします。




コメント

定期検診で審美インプラントチェック、歯茎綺麗でホッとしました。

2020年10月19日 | 日々のインプラント臨床の話





この方も久しぶりに来られました。

武漢コロナのせいで、患者さんもかなり影響受けてます。

抜歯即時荷重インプラントで治されて、そのままの患者さんはとても心配です。

幸い歯茎とても綺麗で、ホッとしました。

武漢コロナのせいで口腔内環境悪くなって、後から大変な思いされる方が出すんだろうな、と心配です…

皆さんも、是非ちゃんと受診されますようにお勧めします。
コメント

私親知らずの抜歯腫らせないので痛くしません。

2020年10月14日 | 日々のインプラント臨床の話





外科手術を初めて受ける患者さんは、とっても恐い思いを抱かれます。

大丈夫なのだろうか?

痛くて大変なんじゃないだろうか?

辛いんじゃないだろうか?

色々な疑問が湧いて、不安な気持ち、時には逃げ出したい気持ちを持たれるのも仕方がないことです。

それに対して我々はひたすら大丈夫ですよ、皆さん乗り越えてますよ、高校生とかの方もできてきましたよ、と励まして(私の場合禿げ増しですが)なんとか勇気を出していただいてやらせていただくしかありません。

だから、私はその唯一の解決の為に、絶対に処置に関しては痛みを与えないこと、つまり手術は完全に麻酔が効いていて痛みを感じないようにさせること、をお約束しています。

そして、完全に麻酔が効いていて、痛みのない手術をして、出来る限り小さく繊細で丁寧な美しい手術をするようにさせていただいています。

いわゆる身体に優しい低侵襲な手術を徹底してやっている、と言うことです。

具体的な細かな技術、手技に関しては、とにかく繊細に丁寧に綺麗に手術する、としか言いようがありません。

そのコツを言うと、組織を必要以上に傷付けない、となります。

そのように配慮してやると、腫らさないように終わらせられる手術ができます。

そして、腫らさないから痛くならないのだ、と私は確信しています。

要するに、痛くさせたくないなら、腫れ上がらせない手術をすれば良い、と言うことです。

今回の親知らずも、私のいつものように腫れも痛みもない、手術した翌日の洗浄に笑顔で普通にお話しできる状態で来られるようにできました。

それは、インプラントの手術でも、歯周病の手術でも全く同じです。

多少時間を犠牲にしてでも、繊細に丁寧に綺麗に手術をすること。

決してむやみに急ぐことなかれ、と言えます。

この言葉は、恩師であるラム先生から贈られた言葉です。

むやみに急ぎ、かえって治りを悪くして、患者さんに申し訳ないことにならないように、と言うことです。

恩師の言葉を胸に、これからも私は腫らさないから痛くならない、身体に優しい低侵襲な手術を推進して行きます。





コメント

歯科医療最新号出ました。コロナに負けないインプラント臨床を書きました。

2020年10月12日 | 日々のインプラント臨床の話





武漢コロナで大変だった時期に、どうしても解決して差し上げなければならなかった抜歯即時荷重インプラント治療を、審美部位にさせていただいた経験を報告しました。

感染防御に最大限配慮し、腫らさず痛がらせず、短時間に美しく治すインプラント治療のノウハウを解説しています。

ご拝読宜しくお願いします!


コメント

昨日の抜歯即時荷重インプラント手術の結果、何ともなく過ごされてます。

2020年10月07日 | 日々のインプラント臨床の話







いつものように私のインプラント手術は腫れません。

腫れないから痛がられません。

このような結果を当たり前の世界に早く変えたいと願い、こうしてブログなどを通じて情報発信しております。

本物の即時荷重インプラント専門医を増やすために、私は頑張ります!

コメント

エビデンスとの戦いは終わらない

2020年09月28日 | 日々のインプラント臨床の話
私の基本的スタンスは、従来の定説を覆す、に徹して来ました。

理由は簡単です。

それまでの定められた方法では、決して救えない患者さんを何としても救いたいから、です。

エビデンス・ベースド・メディスン。

証拠、根拠に基づく医療。

言葉はとても美しい。

しかし、現実の歯科医療の現場では、論文や症例の積み重なったモノ、ベテランの先生が確立したやり方でないと全く認められない、特に大学人とかそれ系の先生達が、やたらにそれを振り回し、最前線にいる開業医、臨床医を馬鹿にする、見下す道具と成り果てていたのです。

特に、海外からの情報、新しい情報とかが優位にあり、それを背くとか超えて行く、行こうとするモノは、やたらと攻撃を受け、卑下され、けんもほろろに扱われるのが普通でした。

私は、目の前の患者さんを救うために、何とかならないかと必死に勉強し、それでも届きそうにないことに多数ぶつかりました。

そして、私は止むを得ず、必死に頑張り、足りない脳みそを寝る間も惜しんで創意工夫して、独自の解決法を創案し、患者さんを何とか救うようにして来ました。

そこにあるのは、熱い患者さんを絶対に救いたい、と言う思いしかありません。

勿論、それまで出ているデータ、本とか講演とか、できる限りの勉強をして、その先を目指すと言うスタンスです。

そうして頑張ったら、とても有り難いことに成果、結果が伴い、患者さんをお救いすることができるようになりました。

創意工夫を重ね、改善改良を常にやり続け、これは行ける、と確信を持てるようにまでなりました。

個人的経験談ですが、新しいやり方を編み出して、最初の20症例成功させられれば上手く行く、と思っています。

それで、これは行けると確信を持てるモノを、公表し出したら、私は業界全体を敵に回す羽目に陥ってしまったのです。

それはそれは酷いモノでした。

明言しますが、その時味方をして下さり応援して下されたのは、今は亡き熊本の添島義和先生唯一人でした。

世間から批判されるくらいのことを男ならしなければならない、と励まして下さいました。

この言葉だけが私を支えてくれて、私は自分の仲間、勤務医、スタッフ、本当の友人、信じてくれる患者さんに支えられ頑張れました。

その反動で、エビデンス野郎は私の敵、と言う感覚は今でも抜けません。

しかも、許せないのは、あの時散々攻撃し、馬鹿にして、非難誹謗中傷して来た輩が、今はかつて私が確立したことを平然とした顔をしてしてるんです。

ざけんなよ!!が、私の本音です。

そして、笑うのが、彼らが拠り所にしてる海外の連中のやり方が、丸々私の焼き直しになって来ています。

ここまで来るのに、なんと20年掛かりました。

ショーペンハウアーの名言通り、の人生を歩んで来たのが私です。

真理がちゃんと広まるのには、本当に時間が掛かるモノです。

見えてる者には見えるけど、普通の人々には見えないんです。

このことを、若き苦しんでいる有志に教えたいです。

世間に惑わされるな。

自分の成果、結果がちゃんと出てるなら、それは正しい。

自分を信じろ。

但し、決して贔屓目で自分の成果、結果を見るな。

これでもかこれでもかの検証をしろ。

それで大丈夫、と確信持てるなら、誰に何を言われても譲るな。

そして、客観的証拠、データを残し続けろ。

それはいつかエビデンスになり、あなたがパイオニアになる。

パイオニアなることを怖れるな。

パイオニアに自然となれ。

自分を信じ、道を切り開き、極めろ。

それで自然にパイオニアになる。

最後に一言。

くたばれエビデンスしか語れない野郎!






コメント

インプラント寺子屋2020リブート第3回吉田松平先生特別講演 満席感謝致します。

2020年09月27日 | 日々のインプラント臨床の話




コメント

インプラント寺子屋2020リブート第3回、第4回ご参加下さい。

2020年09月23日 | 日々のインプラント臨床の話



10月22日、11月12日の木曜日15時〜18時、三田のストローマン本社会議室、参加費は5000円、どなたでもご参加いただけます。

感染予防のために人数制限があります。

有志の先生、ご参加下さい。


コメント

私みたいに然程器用でもないDRでも、原則、ルールを守れば審美インプラントはできます。

2020年09月17日 | 日々のインプラント臨床の話



患者さんの左上の真正面の歯が、インプラントで治されてる所です。

したことは抜歯即時荷重インプラント手術1回だけ。

注意を払ったのは、インプラントポジションと顎堤温存です。

原則とルールを守れば、今はこのようなインプラント治療が出来る時代です。

このような良いインプラント治療の普及に頑張ります。

コメント

腫れない痛くない抜歯即時荷重インプラント 翌日にはニコニの笑顔

2020年09月16日 | 日々のインプラント臨床の話






昨日facebookライブ配信しました抜歯即時荷重インプラント手術、の一日後のご報告です。




上下4本のインプラント手術でしたが、全く腫れもなく、痛みもなく、患者さんは大満足されてました。

下顎の方は来月にもセラミック冠の型取りでしょう。

その後、上顎のセラミック冠の型取りに進みます。

順調に進めば、今年中にも終われるかな、と思います。

腫れ痛みなく、早く楽に綺麗に治るインプラント。

20年の成果です。

PS:同業者の方へ、とても難しい仕事ですので、良い子は真似をしないようにお願いします。


コメント

本当に腫れない痛がらせない抜歯即時インプラント、1日で蘇る綺麗な歯

2020年09月03日 | 日々のインプラント臨床の話











昨日のとても難しい抜歯即時荷重インプラント治療、翌日の状態です。

加工も何もしてません。

iPhoneXで撮影してそのままです。

かなりの骨造成GBRも同時にしています。

本当に腫れてない、普通のお顔であることが分かってもらえると思います。

腫らしてませんから、痛みも想像していたよりも全然ない、ととても喜ばれました。

ここだけの治療なら、治癒期間ひと月でセラミック冠の型取りです。

早く、楽に、綺麗に治す、それが松元教貢歯科医院です。

コメント

やっぱりサイナスリフトしないでも骨造れるし、インプラントも植立できます。

2020年09月01日 | 日々のインプラント臨床の話





こう言うのって、よくサイナスリフトして骨造って、それからインプラントしてと言われるんですよね。

そんな治し方されたら、手術何回もされるし、治療期間も長く掛かるし、患者さんは大変です。

だから、私は1回だけの手術で治します。

骨も造るし、インプラントも植立します。

手術は1回だけ。

それも、腫れない痛くない手術です。

傷付けないから、治るのもとても早い。

私には、サイナスリフトは要りません。

コメント

インプラント寺子屋リブート2020第2回のお知らせ

2020年08月21日 | 日々のインプラント臨床の話






インプラント寺子屋2020リブート第2回は、低侵襲外科な話をします。

親知らずの抜歯を腫らさない痛くさせないノウハウの全てをお伝えするとともに、私が絶対にお伝えしなければならない秘蔵の話をします。

これだけは口伝でお伝えしなければならない話です。

この話を聞いてくださった先生方は、とても良かった、役に立った、と言ってくれる話です。

しかし、絶対に公開の場ではできない内容を含んでいる話です。

でも、これをできる限り多くの方に伝えなければ、私は私の使命を果たせない、と心に銘じてある話です。

なので、有志の先生に是非来て欲しいです。

宜しくお願いします。

コメント

骨を造り、インプラントで直ぐに歯を入れて治して6年

2020年08月03日 | 日々のインプラント臨床の話



月初なので、恒例のレセプト業務をしています。

うちはしごない市井の開業医で、保険治療もしてますので、月末月初は決められたこのお勤めを果たすことで、有り難く保険治療の支払いをいただいています。

それと同時に、その月の患者さんの治療計画とか進捗状況を確かめて、ああこの患者さんこの後どうして差し上げようとか、治療途中の方には、どうされてるのかな、と案じたりしてます。

そして、この患者さんのように定期検診での結果を見てみて、ああやったな、この治療は良い感じで良かったな、と嬉しくなったりしてます。

この患者さん、もう丸6年過ぎました。

治療前と後を比べると、骨の回復とか安定が素晴らしい状態で、本当に嬉しいです。

治療前の上顎の黒くえぐれてしまってる骨が、私のした即時荷重インプラントと同時の骨造成GBRで綺麗に治っています。

一般的には、ここまで骨がないと、最初に骨造成GBRの手術になります。

そして、半年近く待たされてから、インプラント埋めて、そこから仮ばまで又半年近くは待たされるでしょう。

その間、患者さんは歯なしのまま耐えなければならないのです。

それでは可哀想なので、私は即時荷重インプラントで仮歯を付け、同時に骨も造りました。

骨が足りないために、インプラント前の骨造りで大変な思いをされる患者さんが沢山います。

そう言う患者さんを救えるように、全く新しい治し方を私は2004年から始めたのです。

このやり方をまとめて2007年のボストンで開催されたPRDと言う学会でも発表しています。

このやり方、即時荷重インプラントと同時に骨を造る、と言うやり方は、余り知られてませんが、私が世界に先んじて発表したものです。

この写真の患者さんも、私独自に開発した即時荷重インプラントと同時に骨を造るやり方で治しています。

もう6年になりますから、安定している、と断言して間違いはありません。

骨がないからインプラントできない。

先に骨造らないとインプラントできない。

そんなことはありません。

少なくとも、私はあなたのために諦めずに1回の手術で骨を造り、インプラントで仮歯まで入れられるように頑張ります。

他の誰かができない、ダメだ、と言っても、私は諦めません。

本当に治したい方のお力になりたいです。

どうぞご相談にお越し下さい。

03-3775-0044までお電話して、担当者とご相談下さい。

コメント

審美部位へも手術は1回だけ、更に腫れない痛くない直ぐに仮歯が入る即時荷重インプラント手術で長期安定してます!

2020年07月28日 | 日々のインプラント臨床の話
 


 


















 




































 




審美部位へのインプラント治療はとても難しい、と言われます。
 
でも、私は患者さんを何回もの手術で辛い思いをさせるのは嫌なので、今回上げた症例は全て手術は1回限りで、できる限り腫れないようにして痛くないように治るように、と最新の配慮をして治療させていただいています。
 
そして、手術を1回しかしない、シンプルイズベストな治し方が結果もとても良い、ということを患者さんとの経験を通して学びました。
 
手術すればするほど、組織は瘢痕化して美しく治すのは難しくなる、ということが最近とても業界でも言われだしています。
 
それを避けるには、シンプルイズベストなんです。
 
 
インプラントしたいけど、何回もしないといけないとか、難しい骨作る手術とかしないといけないとか言われて悩んでいる方、本当にそうなのか?相談に来て下さい。
 
何が一番あなたに良いのか?私の考える治し方をお話させていただきます。
 
03-3775-0044までお電話で担当者とご相談下さい。
 
初回の費用は15000円、診査、CT、1.5時間カウンセリングさせていただきます。
 
コメント