直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

歯科業界のキーワード、MIがインプラントでも言われているのがMISです。

2007年03月31日 | Weblog
MIと言う概念が今や歯科業界のキーワードになっています。
ミニマム・インターベンションの頭文字です。
虫歯の治療で、悪い所だけを削ってレジンと言う材料で修復する事で最小限の侵襲で治療してしまう事等を指します。
これは即ち従来の虫歯のある歯を、予防的に削って金属を詰めたり被せものにしたりしないことでもあります。
どういうことかと言うと、金属で詰めたり被せたりしても。結局又虫歯に成り、歯自体がかなりダメージを受けてしまい、結果的に消極的とも思える悪い所しか削らないでいた場合よりも、歯が長持ちしない事が多数派らしい事が分かってきたからです。
どんなに頑張っても、弄れば弄るほど歯は駄目に成ってしまう。
なら、沢山削るのは考え直そうと言う事がMIなのです。

それが、不思議な時代の流れで外科でも出て来て、こちらは同じMIでもミニマム・インバッシブの頭文字とされています。
概念的には外科の方も、最小限の侵襲で最大限の効果ある手術をする事、を意味しています。
こちらの方も、従来の手術がその効果は確かに素晴しいのだが、その反面その分患者さんに苦痛苦行を強いてしまう面があり、それに対する反省として、出来るだけ侵襲を小さくしてあげようと言うのが目的なのです。
MISとはミニマム・インバッシブ・サージェリー、最小限の侵襲の外科手術の略です。

実に不思議な時代の巡り合わせと言うか、共鳴現象と言えるでしょう。
歯科業界自体が、変貌しようとしだしているのです。
時代の流れの中で、マイクロスコープも出て来ていますし、診断する為のマイクロCTも広まり始めています。
恐らく、これは歴史の必然性なのでしょう。

その狭間に生きている、しかもバリバリの実力で参入し先頭を走れる事は、幸運という以外にないでしょう。
当然インプラントでもMISが新しい概念として登場してきています。
その流れが今回のサンアントニオのインプラント学会AOでの内容とも密接に関わって来ているのです。

即時荷重であっても、当然、その流れに沿っていなければ意味がありません。
いまや楽にインプラント治療が受けられるのは当たり前に成ろうとしており、更に治療期間の短縮即時荷重等、苦痛苦行を与えない事MISの並列同時達成が世界が目指す方向なのです。

幸い私はその最先端にいます。
PRDに又受かった事がそれを証明しています。
時代が、私を呼んでいます。
コメント

インプラント治療を考えるなら歯科用マイクロCT必須です。

2007年03月30日 | Weblog
ネット上でまたぞろ、歯科用のCTの話題が出ています。
そして毎度の事とて、一般開業医で持っているのは、金儲けしていてお金に余裕があり、採算を度外視して道楽で仕事出来るDRが持っていると言う、見事なまでの待たざる者の僻み、妬み、嫉み、且つ、ステレオタイプ的コメントが出される事が目に付きます。
こう言う卑屈なコメントを出しているのに対して、真正面から反論するのも馬鹿馬鹿しいのですが、私は見過ごしに出来ないタイプなので、一応こちらの言い分だけは述べておきます。

まず、CTはあった方が良いのかどうかは、聴く質問自体が、後の世では何であんな事聞いてたんでしょうかね、に成る質問だと考えます。
精密に調べられる機器が新しく出来て、それが広がりつつある時には、必ずかような質問が出るものなのでしょう。
今までもそんな機器なくてもやれて来た、だから要らない、と言う理屈でしょう。

しかし、こう言う理屈は、例えば携帯電話がつい10年前には、ここまで広がっただろうか、と言う事で理解出来ます。
あの頃は、別に皆そんなに困っていなかったのです。
しかし、携帯が出て、あっと言う間に当たり前に成ってしまった。
いや携帯は安いから、と言う理屈を言う方もいるでしょう。

確かにマイクロCTは高額です。
一番良いモリタは3000万します。
簡単に言えば、もう一軒開業する位の覚悟がなければ導入出来ません。
しかし、通常歯科医院を立ち上げる時銀行とかからそれ位は借りている筈です。
それを10年以内で返済している筈ではないでしょうか。

ということは、開業して10年以上に成っていれば、倒産していない限りは返済している筈です。
そして新規開業の時には青雲の志で開業した筈です。
その時に、患者さんを抱えて開業した方が何人いるでしょうか。
ほぼ全員が全くの0からだったのではありませんか。

だったら、10年経って又銀行から借りたとしても、地盤がありますし返済計画自体は、新規開業時よりも見込みが付く筈です。
つまり、築いた地盤があるんだから、もう一度原点に返ってやる気にさえなれば、殆どのDRがマイクロCTを導入出来る筈である、と考えるのです。
現に、私がそうでした。

私は貸してくれる銀行を探し回り、又大きな借金をして3DXを入れました。
安心出来る、確実な情報が欲しい、患者さんに安全最新最善な治療を提供したい、ただそれだけで、後先考えずに入れました。
精々考えた事は上に考えたような事です。
純粋に良き医療を目指して導入しているだけです。
金儲けしまくってる訳でもない、金が余っている訳でもない、そして一番腹立つことへの反論として道楽などではありません。

それをさもそう言うようなイメージを振り撒き、悪いイメージを抱かせようとする振る舞いは汚いとしか言えません。

もう一度最後に言います。
良い医療を提供出来るのが3DXです。
それだけ純粋に患者さんを思っているDRにこそ掛かるべきと信じます。
他社のも含めてマイクロCTは国内で既に100を軽く超える医院が持っています。
探せば必ずいます。
60000軒の中ですが100軒は必ず探し当たる筈です。
そう言う医院を選んで下さい。

私の言葉が言い過ぎ気味になるのですが、そうして患者さん自身がCTのある医院を選択していけば、必ず、反論していたDRも入れたり、提携したりする筈です。
インプラントの日本の始祖K先生が、かつてはCTを入れないと発言していたのが、現在では、某社のCTの講師を先頭に出されてしているのが良い例です。
私は始めてこの広告を見た時、腰が抜けました。
と言うよりも、笑いました。
ナンだやっぱり、とです。

一般人の皆さん、歯科医師なんて偉くなんかないですよ。
皆平気で手の平返して、前の事はすぐに忘れますからね。
勿論、悪童の私もそうです。




コメント

患者さんに本当の意味で優しいインプラント治療の提唱します!

2007年03月29日 | Weblog
今私にとって、一番関心があるのは、どれ位患者さんに快適に治療を提供出来るかです。
確かにインプラント治療が夢のような事が達成い出来、素晴しい機能と審美を患者さんに提供出来る時代になりつつあります。
それは間違いないでしょう。
しかし、余程のトップアーティストと呼べるインプラント医に掛からなければ、痛い目を見るのは患者さんです。
しかも怖い事に、その事に気付かないDRが物凄く多い。
いまだに、”安全確実”なGBR骨造成のインプラントセミナーの広告が、業界雑誌に沢山踊っているのを見る度に戦慄します。
歯周病の治療一つまともに出来ない,歯肉を見る目がないDRがそう言うセミナーに沢山参加して、我こそは世界のレベルのDRだと勝手に思い込んで、自院に帰り患者さんを練習台にして、苦しめているのです。
初めてやって上手く行く確立は、多分半分もないでしょう。
そして、ようやく勉強が足りないと気付き、又その手のセミナーに行く。
それから先は言わなくても分かって下さる事でしょう。
要するに、本来なら一部の本当に上手い出来るDRが限られているのにもかかわらず、少し勉強すれば誰でも出来るようなイメージを作り、セミナー屋さんがお金儲けをしている、教育産業化しているのです。
そんな一朝一夕に出来たら、誰も苦労はしません。
そうして、出来るDRのカリスマ化が進行し、更に加速してお家元制度化して行っているのです。
患者さんもその事を知った方が良い。
本当の勉強しているDRほど及び腰で、慎重だからです。
かと言って、何でも出来ないで切り捨てる勉強不足のDRにも、非常に困りますが。
何にせよ、その個別のDR自身に問い質すべきでしょう。
経験値、成績、万一の場合のリカバリー。
そうでないと、痛い思いをするのは患者さんです。

所で、医療側ばかりに問題がある訳でもありません。
最近、富みに患者さん側でも問題ある言動をする方が増えています。
察するに、インプラントが一般化して来てるための現象なんでしょう。
何だかインプラントが評判が良い、じゃあ、俺も私も入れてみっか、入歯は嫌だしな、と軽く考えていて、真面目なDRの貴重な時間を、平気で浪費させる方も出始めているのです。
いつも言いますが、人は自分でしか救えません。
安易に人に頼る方は、何時までも頼るばかりで、何でも聴けば良いと言う感覚です。
その質問内容が、残念ながら、簡単な事で少し調べればすぐに出てくる事ばかりです。
まず、費用の事、次に治療期間の事、そして痛いか否かの問題。
全てネット上ですぐに出て来るものばかりです。
何故わざわざ、聞かねば成らないかが不明です。
自分の状態で本当に知りたければ、専門医を訪れ診査を受けなければどんな名医でも、正確には答えられないでしょう。
皆お口の中は違う、十人十色なんですから。
それを、安易にインプラントなら何でも同じみたいな十羽一絡げの感覚では、説明するだけ無駄でしょう。
その事は、インプラント医が皆同じ腕なのかと言う問題とも関わって来ます。
例えば、ブランド物とかなら売っている所で同じものが、全然違う値段で取り引きされています。
しかし、インプラント手術がものと同じでしょうか。
昨日始めたばかりのDRと超名人のDRが、同じ費用なのは日本の健康保険制度の、患者さんにとっては良い点で、DR側には悪い点です。
こう言う事を考えて欲しいのです。

私が主張する真っ当なインプラント治療とは、医療側は勿論患者側も真っ当である事、本当の意味で互いに気遣い、優しい雰囲気の中で素晴しい成果を上げる事です。
まず自分の姿勢から、お天道様に恥じないかどうか、自分を知りましょう。



コメント (1)

本物の患者さんに優しいMIS即時荷重インプラント治療

2007年03月28日 | Weblog
本物の患者さんの体に優しいインプラント治療は、何と言ってもMISミニマムインバッシブサージェリー、最小限の侵襲で最大限の効果を挙げる手術です。
まず何と言っても直後から何ともない。
インプラントオペの翌日に患者さんに来て貰い、メインテナンスをしっかり出来るレベルである事です。

欧米でもそうですが、オペの翌日には来院させていないDRが実に多いです。
その理由は、患者さんお体が大変だろうから動かさない方が良い、安静にしておいた方が良いが表向きの理由。
裏の理由は、DRが腫れて大変な状態の患者さんに会いたくないから、痛がっているときに会って言い訳したりしなくては成らず、患者さんとの関係が拗れる事から逃げていると言うのがあるんです。
どうせ、会わなくても必ず傷口は治り、患者さんは落ち着くんだから、その時間で待てば良い、と言う事です。

人が良い患者さんは、そんな事も知らず、患者思いの良いDRだと考えるようです。
しかし、私自身の感覚では翌日に必ず確認したいです、大丈夫かどうか。
何故なら、本当に即時荷重して歯を殆どの場合入れているからです。
オペの日は、麻酔していますし、患者さんも緊張していて本当の咬み合わせは分かりません。
次の日、落ち着いている、麻酔が切れた状態で始めて咬み合わせの調整が出来るのです。
この一行は、多分専門家ほど衝撃を受けるでしょう。
私が紛れもなく本当に即時荷重を日常でしている証明だからですし、又これが、私が即時荷重出来ている、秘密の一つである事を瞬時に悟るでしょうから。

それ位患者さんの体に優しいオペを出来ないと、即時荷重を次々とは成功させられません。
MISの概念が根本にないと、まず即時荷重は不可能なのです。

つまり、今国内で為されている即時荷重オペの成功率が著しく低いのは、私がしているオペとの差なのです。
患者さんに優しい、これがキーワードです。
手の内はこれから論文で出していきます。
PRDでも出します。
乞うご期待!

コメント

患者さんに優しいインプラント治療と言う虚偽表示にはご注意

2007年03月27日 | Weblog
今回のAOを見てても、患者さんにとって苦痛、苦行と成る治療は避けるべきであると言う概念が、将来的にインプラント治療の方向性となることは間違いないようです。

行過ぎたインプラント治療、骨がないから骨を作り、歯肉が足りないから移植をし、補綴(被せる歯)が何処に来るかを決め付けて、そこに会わせて周囲の組織まで強引に作ろうとする治療。
誰が幸せになるためにしているのか。
複雑な行程を経ればその分だけ複雑な術式が必要とされ、当然、難易度も飛躍的に上昇し、治療期間も数年がかりと長くなり、成功率も落ち、長期的な予後も不明な事態に成ってしまう。

患者さんは練習台ではありません。
世界最新治療をDRがしたいからしている可能性は0ではない筈です。
皆それぞれに、自分の腕が世界レベルであると証明したいし、その実績を宣伝に使い更なるインプラント患者さんを呼びたい筈です。
そこにあるのはDRの自負心、名誉欲、プライド、患者さんを思いやる気持ち、お金儲け、色々な想いが複雑に絡まっているのです。

奇麗事ばかりではない事を,はっきりと患者さんたちも心得ておいた方が良いと思います。

何度も言いますが、インプラント治療は今、端境期です。
全く新しい治療と従来の治療と完璧に古い治療が、全て一緒くたに成っているのです。
しかも怖い事に皆自分は世界最新最善と自負している。
危険極まりありません。

少なくとも、国内で真のMISミニマムインバッシブの手術をしている医院は、極少数派でしょう。
即時荷重インプラント治療に関しても、宣伝されているほど色んな症例、難易度の方に出来ている訳ではありません。
残念ながら、上記の事を声高に出している所で本物はないとまで言ったとしても、外れていないでしょう。
所が、当のDRは自分は出来ているつもりであるから困るのです。
世界にまで出ていても見えていない、本質をとらえきれていないのですが、気付いてもいないのです。

感性の問題なのでしょうか。
自負心の強さが目を曇らせているのだとしか思えません。
そうでなければ、世界では通常レベルに成って来ているものを、世界でも凄いレベルであるかのような語り口は出来ないでしょう。

世界は明らかにMIS、患者さんに苦痛苦行を強いない方向に来ています。
しかし、そのまま国内で実践出来ているかどうかは不明で、DRの思い込みでしかないかも知れない事を、患者さんは知っておいても良いでしょう。



コメント

インプラント患者さんに告ぐ!DRを舐めた行動をするべからず、人として失礼です!

2007年03月26日 | Weblog
最近インプラントが非常に一般化しているが、その代わりと言っては言い過ぎかもしれないが,失礼な行動が目立つ患者がいます。
私は何処までも真剣です。
真面目に悩んでいる方の、深刻な悩みを解決して差し上げる事を唯一の心願として診療を行っている。
そして、私の元で行われるインプラント治療を始め先進的な治療では世界にも冠たるものがあると自負している。
それでなければ、PRDと言う世界の舞台で軽く2000以上の論文の中から15~25本の論文に選ばれる筈がない。
世界の超一流DR達が集まる場で、発表出来る場が与えられていると言うのは、それには恥じないものがあると認められていると言う事である。
私に類する実績を上げているDRがいったい何人いるのか?
多分10人とはいない。
しかも、私はどんな偉いDRの誰の縁故もない、所謂コネ一つないと言う事だ。
皆さんには、これがどういう意味か理解出来るであろうか?
皆さんは日本はコネで取り引きがされたり、公明正大でない事に義憤を感じる事も多いであろう。
所が、意外な事に世界でも全く変わらないのだ。
2004年に参加出来て行って見て来たら、何の事はない、世界の有名DRのお弟子さん達の世界へのデビューの場なのだ。
私は、強烈な派閥争いが、世界の場でも繰り広げられているのだと思い知らされた。
皆次代の覇権、リーダー争いをしているのだ。
その為に優秀な若手DRを育成し、自分の影響下で世界にデビューさせているのだ。
こう言う実態は日本と何ら変わりがない。
国内で凄い実力者のDRが、こう言う舞台で発表出来ないと悔しがり、そこに行けるDR達にゴールドカードを持っていないと通らない(合格しない)と嘆いていた。
確かに、そう言う実態はあるのだ。
しかし、生意気を言うが、私は通った。
彼らすら知り得ない情報、知りたい情報を完全にオリジナルで解析して論文を書けたからであろう。
ポイントは今言った。
彼らすら知り得ない、そして喉から手が出るほど知りたい情報を完全オリジナルで発想し自分独りで臨床を追い、結果を考察して、科学的に論文を原語で書ける事。
これができれば、彼らとて認めざるを得ないのだ。
(又、それで認める度量の大きさを彼らは持っている、これは特筆すべきだ。)
そして、この情報は世界的にも価値があると認められているからこそ、合格出来たのである。
自分から言うのは憚られるが、私のしているインプラント治療は何処にもない、私の医院オリジナルである。
又、非常に技術的に難しい部分が多く、知識・知恵的にも理解して頂かなければならない、従来の概念と決別して勉強頂かねば成らないので、当院以外ではまず出来ない。
正直に言えば、うちでインプラント治療を受ける方は非常に幸運であると、考えている。
世界最高最新最善のインプラント治療が、国内で平均的標準的な治療費で提供されているのである。
私は偉ぶるのは嫌いだ
しかし、本物である事ははっきりと主張する。
事実を事実として述べるのみである。
設備は3DXを始めとして、公表出来ないのが残念であるが、凄い設備が全て揃えてある。
大学病院よりも設備は格上である。
ここまで真剣に臨床に取り組んでいるインプラント医は、世界中探してもまずいないであろう。
世界最高峰であるPRD学会で、今はまだ無名で何のコネもなく2000分の15で合格する事、出来るかどうか理解されたい。
そう言うDRであると知リ、心得て来て下さる方でなければ、私の治療の効果は出にくいと申し添えておこう。
DRショッピングばかりしていては、道は開けない。
勇気と決断だけが道を開き、嘗ての苦労を思い出話にしてくれるのだ。
抜歯即時植立、即時荷重即時骨造成GBR同時歯肉再生審美インプラント治療は、次代に突入している。
その世界の先頭に私がいる。
この事は、強く心得て頂きたい。
コメント

インプラントの報告をするPRDの合格通知はこれです

2007年03月24日 | Weblog
これが昨日届いたPRDからの通知です。

Dear Dr. Matsumoto,

Congratulations! On behalf of Dr. Myron Nevins, Chair of the 9th International Symposium on Periodontics & Restorative Dentistry, I am pleased to inform you that you have been chosen to present your Poster "Immediate Implants Loading Simultaneously Guided Bone Regeneration: 76 Implants Case Reports Since 2000" in Boston in June.

Further details regarding the size of your poster, content, labeling, time of display, etc., will be sent to you in April.

Would you kindly email me with your acceptance of this offer to present your poster. If you have any questions, please email me at cthomas@quintbook.com

Regards

Carol Thomas

Symposium Coordinator
Quintessence Publishing Co Inc
4350 Chandler Drive
Hanover Park, IL 60133

名もないインプラント後進国の論文でも、キチンとしている内容であると評価してこうして発表の場を与えてくれるのです。
PRDは歯周病補綴そしてインプラント治療関係の包括的な治療をする総合学術学会誌でその学会は3~4年に1回しか開催されていません。
AOインプラント学会、AAP歯周病学会のように毎年開催されるものではなく、そこで発表する演者は世界的にも著名なDRで、スーパースターの今ここまで出来ていると言う次代の指標を示す学会です。
今回の学会でも日本からの演者ではJADSの小野先生、宮本先生、それから横浜の勝山先生、九州の筒井先生が予定されていました。
残念ながら筒井先生は体が無理だそうで、キャンセルして代役の先生が日本から出るそうです。
世界から集まるDRは凄い面子です。
アレン、アムステルダム、ベルザー、ブーザー、コクラン、フロム、ガーバー、グルンダー、ジョバノビッチ、コイス、ラング、ランガー、リイデ、マニエ、メイナード、マクガイアー、メローニック、ミラー、ミッシュ、ネービンズ、ぺージ、ピコス、サドゥン、シミオン、ターナー、テストーリ、テンティ、トネッティ、ワン、ウェーバー、ワイスゴールド等々錚々たるメンバーです。
現在考えられる最高のメンバーを、集められるだけ集めていると言っても良いと思います。

PRDの学会が開催される時に、革新的先進的な治療を与えてやろうと言うのが、私が応募して受かったポスタープレゼンです。
世界中から論文が、軽く2000を超える応募があった中から、一応募集要項では15本だけ発表出来る場を与えられるもので、競争率は約100倍に及びます。
私は幸いにして前回の2004年でも出させて頂け、今回も又100倍の難関を突破して上記の様に出させて頂けるのです。
要するに、登竜門です。
現在著名な方々もこう言う登竜門を通って出て来たのです。
私も、その登竜門に入り始めていると確信しています。
何故なら、フロックで2回連続で受かる事は出来ないからです。

インプラント抜歯即時植立・即時荷重・即時GBR骨造成・同時歯肉再生治療。
未来の治療が現実に成り、更なる進化をし続けています。
嘘、偽りはありません。

最後に、私にしか出来ませんから、くれぐれも勘違いされませんように。
非常に大胆で且つ繊細なテクニック、そして正確な知識と知恵、瞬時の判断能力が必要ですから、決して真似しないで下さい。

コメント

インプラントの先端的治療の報告を又PRDで出来る事になりました!

2007年03月23日 | Weblog
2004年のPRDに続いて2回連続で今年のPRDインボストンでポスタープレゼン出来る事になりました。
今朝メールチェックしていたら、通知がコングラッチュレーションの書き出しで来てました。
我ながら凄いですね。

PRDと言うのは故クレイマーが創設して、歯周病と補綴を包括的に治療する先端的な歯科治療を世界に先んじて報告する学会です。
その学会自体はAOやAAPと違い毎年開催される訳ではなく、3~4年に一回しか開催されず、要するに歯科界のオリンピックのようなものです。

その学会で発表できるポスターは募集は僅かに15編実際に言って見ると25編位ですが、応募してきているのが2000通を軽く超えるそうですから、およそ100編中で1編、100分の1,1%に入った訳です。
日本のDRは何人入っているかな?楽しみですね。
前回は私と福岡の船越先生と名古屋の上田先生でした。
で、アワードは上田先生が取りました。

今回、2回連続で入りましたので、かなり本気モードでアワードを獲りに行きたいですね。

ご存知の方もいるかと思いますが、ポスターが最も先端的な内容のものです。
先端的な学会の中でも、更に先端的でこれはチャントしていると言うものとして認められたからです。
ここのブログ中でも言っていますが、私は手の内を全て晒せないんですが、チャントした所で出すと、こうしてチャント受かる。
インチキ一切ないですし、嘘も付きません。
実際の話を、裏が取れる限りでお話しています。

此処で嘗て紹介しまくっていた、先端的な即時植立即時荷重同時GBR骨造成歯肉再生治療は、語りではなく本物なんです。
はっきり言ってますが、私には出来ます。
と言うよりも、現時点ではまだ私にしか出来ません。
それ位難しい、超えなければ成らないハードルが幾つもあるんです。
猿真似で失敗されるのが一番怖いので、易々とは話せません。

題名で上げている基準値は、その入り口のホンの一歩です。
それなのにこんなもん位で、世界一なんてと中傷が来てたりもしましたが、その方々に言いたい。
悔しかったら、私と同じ事をしてみてごらん。
PRD学会で2000編を軽く超える中から、真っ先に15編に入る事。

別に世界で偉い先生に付かないでも、こうしてキチンとした事していれば、向うは認めてくれるんだと言う事。
偉い先生の虎の衣を借りる狐から、野に放たれた一匹狼になって見なさい。

こうして2回連続で認められて、又世界で発表出来る事が,私がしてきた事が並々ならぬレベルである事の何よりの証明です。
PRDは普通の学会とはランクが違いますからね。
毎年開催されて、200編以上発表できるのとは大違いです。

インプラント治療を次の時代に推し進めるお役目を、これからも真摯に精進して頑張ります。
コメント

インプラントをするなら、精密に見れるマイクロCT下で

2007年03月22日 | Weblog
誰でもそうですが、自分の歯を抜かれるのは嫌に決まっています。
しかし、止むを得ず抜歯するしかなくなってしまったら、出来るだけ残っている自分の歯を大切に考え、それ以上歯を失わない事を考えていく方が良いと思います。
ブリッジにして隣の歯を削って繋ぐ方法や、入歯の方法がありますが、どの方法でも残っている自分の歯に負担をかける方法である事には違いはありません。
現在大きな入れ歯を入れている方はご存知でしょうが、だいたいの場合小さい入れ歯から順々に歯が悪くなって大きな入れ歯になってしまった事でしょう。
それも必ず、入れ歯を支える役目をする所が無理をしてしまった為に揺れてきたり、折れたりして駄目になって、入れ歯が大きくなってきた事を経験されている筈です。
抜歯されてしまう所は、当然それなりに理由がある筈です。
まず1番は、歯周病でしょう。
2番目は所謂虫歯で歯が駄目に成り、残せないで抜歯になる事でしょう。
3番目が外傷、交通事故や転んでぶつけたりした事でしょう。
翌々考えてみるなら、これらの原因で殆どの筈です。

此処で重要なのは、そこをどう補うかです。
現時点では、インプラントが1番将来を含めても、リスクが少ない方法と言えます。

しかし、抜歯されてインプラントに成る場合、当然歯を抜かれた穴がありますから、そこにインプラントをするのはとても難しい治療に成ります。
その時に非常に有効なのがマイクロCTです。
特にモリタ社製の3DXは精密で、非常に良く骨の状態を見せてくれます。
抜歯して何処にどういう風にインプラントを植立すれば良いかは、精密なマイクロCTでなら確実に分かります。

原因が色々分かれていますが、抜歯と伴に、骨がどれだけなくなってしまっているかは非常に重要であろう事は、ご理解いただけると思います。
どう言う事かと言うと、何回にも分けて手術をされなくて済むかどうか、決め手になると言う事なのです。

現在殆どのインプラント医が抜歯と同時にインプラント植立が危険だからで、段階を置いてインプラントを勧めています。
しかし、殆どの場合マイクロCTで見れば、1回きりの手術でインプラント植立まで出来るものです。
ですから、私は3DX等を置いてある医院を勧めているのです。

1回きりの手術で全てが終われるからです。

マイクロCT3DXの臨床はこれだけに留まりません。
更に凄い事が出来るのです。
安心で安全、且つ最速、痛み腫れのないの美しい結果を得られる。
新しい時代のインプラント治療は、3DXが作り出します。



コメント (2)

インプラント治療にはマイクロCTが必須の時代です

2007年03月20日 | Weblog
今年のAOアカデミー・オブ・オッセオインテグレーション即ちインプラント学会ほどCT画像が沢山取り上げられた学会はありませんでした。
最も先端的であるポスタープレゼンテーションでナンと、モリタの3DX画像まで出ていました。
と言うのも、テキサス大学にはチャンとアクイトモこと3DXがあるからです。
又、ブラジルのDRが所有していて発表していました。
はっきり言ってしまえば、3DXの画像の美しさは、他を圧倒しています。
ポスターだけでなく、講演の中でも3DXの画像が登場していました。
あの画像は明らかに3DXでしょう。
美しさ鮮明さが全く違います。

月星先生が講演された自家歯牙移植の講演では、3DXの画像の美しさ、見事に移植歯の唇側に骨が再生され、維持されているのが確認されました。
素晴しい事は、その状態が10年経過をして維持されていると言う事です。
かのリンデが骨を維持するには歯が一番良いとまで発言をしていたのですから、その画像が全てを雄弁に物語り、証明して見せた事は間違いありません。

逆に考えれば、これからはマイクロCTなき所での歯科治療は、ある意味無謀であるとまで言えるかも知れません。
あるDR達は見え過ぎで困る面もあるのではないかと,陰で発言している位です。
私も、見え過ぎで正直困ってしまった事があります。
しかし、その現状を受け止めて、次にどうするかを考えるしかありません。
言い訳に成りますが、CT所見上はあまり良い感じではなくても、それ以外の症状がない、疼痛や腫脹がない、日常生活上支障がない状況では患者さんは積極的には治療を為されません。
従って、我々もそのご意向に添うようにしています。
但し、その事は包み隠さず説明だけはし、何か変化があったら直ぐに治療しましょうと言う事で、対応させて頂いています。
嘘は一切付けない、それが3DXの利点です。
勿論、CT画像上の診断はその一瞬でしかない為に、絶対ではありません。
正確には時間経過の中でしか分からない事である部分も多くあります。

例えば、根の治療などの場合、根の先に病巣らしき画像が出ても、治癒している途中か、大きくなっている途中かは分からないのです。
歯周病でも似たような事はありますし、インプラントでも同じです。
3DXが万能な訳ではありません。

しかし、現時点ではこれ以上に精密に正確に調べられるものはありません。
フラットパネルが見せてくれる歪みのない美しい画像は、フラットパネルではない他社のものとは比較に成りません。
球面管で受ける他社の物は、計算上で歪みを補正して画像を再構成しています。
信じて良い部分は中心だけと言えるのです。
その点フラットパネルは、元の画像を受ける所から歪みがありません。
最近では、フラットパネルの他社のものがあります。
しかし、やはりオリジナルが持つ良さは、中々揺るぎません。
ホンの細かい所で違いが出て来ます。

マイクロCTが、これからの歯科インプラントを決めるのは、間違いない所です。
その事を再認識させられたAOでした。
コメント

インプラントを安易に考えてはいけない!

2007年03月19日 | Weblog
ネット上の情報や世間話レベルでは、インプラントの良さばかりが宣伝され過ぎです。
患者さんは、皆同じではありません。
ですから、皆が同じように治る訳ではありません。

百人いれば百人違います。
あの人が簡単に治ったから、私も簡単に治るとは限りませんし、逆に非常に難しかったから、私も大変とも限りません。

具体的に言えば、Aさんは骨も充分にあって歯肉にも問題なく、しかも骨も頑丈だったから、僅か1ヵ月半で治りますが、知り合いのBさんは骨もなく歯肉も痩せ、骨も弱かったら骨を増やし歯肉を広げ、インプラント植立して待ちますから1年がかりに成る事もあります。
そう言う事情を知らずして、そのDRの腕が良い悪いを安易に判断する悪習慣が、今蔓延り始めています。

嘆かわしい事です。
こう言う事態が広がると、DRは時間が掛かる患者さんを敬遠するように成るでしょう。
簡単な治療ばかりが余計に宣伝されて、ますます難しい方々が救われなくなってしまいます。
こう言う状況の一番の被害者は、当然、難しい状態に成った患者さんです。

即時荷重治療等では、殆どのDRが実は難しい治療を引き受けられず、簡単な治療しか出来ないのに、スピードとかすぐに咬めるとか、美味しい言葉で患者さんに宣伝し捲くっています。
簡単な治療なら出来るでしょぅが、難しい複合的な治療は98%のDRが引き受けていません。
ジャロがネット界では効かないのを良い事に、皆が無責任に言いたい放題です。

責任を持たなくても良い、言いたい放題で良いネット界では秩序なんて期待する方が、土台無理なのかも知れません。
ですから、私はグーグルが如何に発展しようと、完全には信用するべきではない、単なるアジテーターでしかない、とある意味断言しましょう。

インプラントは色々な障壁があります。
一つ一つをどう考えて、どう治療を進めるのか、何処までが出来て、何が出来ないのか、真剣に学ばなければ答えは得られません。

患者さんは、まず費用、次に治療期間にしか極端に言えば興味を持ちません。
それだけでは、時代遅れの治療や、やらなくても済むかも知れない治療を受けさせられているかもしれません。
治療内容を理解するには、やはり本人自身が真面目に取り組む以外に無いのです。

この点を曖昧にし、安請け合いをするような医院、世界レベルで正確な情報を伝えていないHPには気を付けるべきと、アドバイスします。


コメント

インプラント治療はある意味、今国内で受けてはいけない!

2007年03月17日 | Weblog
はっきり言いますが、お隣の韓国のインプラント事情は凄い。
材料、機器、全てが世界レベルでチャンと使えます。
しかも、インプラント治療自体も比べ物に成らない位実施されていて進んでいる。
数が圧倒的に違います。
日本とでは大人と子供。
日本の方が進んでるなんて思っていたら、とんでもない。
更に、費用が物価差がある為、これまた比較に成りません。
アジアNo1で世界に知られたインプラント医はキム・ホンギ先生である事は有名ですから。

よーく考えて下さい。
訳の分からないDR達に身を委ねるか、お隣に行って観光兼ねて治療受けて、国内での治療費とさして変わらないのを取るか?
本当の話なので、私は隠しません。

私自身は世界レベルで負けてない自信がありますから、ヘッチャラだからです。
でも、国内のDR達の大部分はどうかな?

危険な情報である為、猛抗議が来るかも知れませんね。
しかし、世界の中で、日本が取り残されていき始めている事実から、眼を背けてはいけません。

確かにいまだに、先進国首脳会議に参加出来ているのは日本です。
しかし、中身が張子の虎に成り始めている事、気付いている方が余りにも少なすぎる。
特に、国を支えているお役人と議員。

国民を守るの名の元に、その反面でアメリカやヨーロッパでは相手にされなくて売れなくなった材料や機器が売り捌かれている事。
日本がそう言う企業の時代遅れの品の捌く最後の場に成っている事実、分かっているのでしょうか?

何とかするべきです!
しかも腹が立つのは、メーカーがその事実を隠し、国の認可が降りない事を言い訳に、平気で国内で売り捌いているのです。

国の認可が遅すぎる事が、ありとあらゆる弊害の元凶である事は明白です。
世界の情勢を目の当たりにする度に、危機感を強く抱いて帰国する私です。

私はこの国が大好きです。
世界に遅れを取るのは見ていられません。
頼れるのは、個人個人DRの器量だけです。
若い医療人よ、目覚めて下さい。
歯科に留まらず医科も同様な筈です。

そして、患者さんへ。
真の世界を把握している医療人を見極めて、身を任せる事を強く勧めます。

ある意味、今国内では安心してインプラント治療を受けられない時期であると、指摘しておきます。
反論のある方、コメント下さい。
コメント

インプラントで、日本の10年後のアメリカが抱える問題点とは

2007年03月15日 | Weblog
サンアントニオのAOインプラント学会では、右上顎の前歯の喪失の事を中心にした講演が丸1日、2日に分けて行われました。
殆どの問題点が表面の骨、骨板の喪失に由来する審美的に治す事が難しい、インプラント治療の話でした。

これは、元々の原因が若い頃に、外傷等で歯を失った事から来るもの、である事は明らかです。
その時に正確に対処しておければ、このような難しい治療に成らずに済んでいた筈のものばかりです。

ここにアメリカの歯科医学の問題点があります。
難しい状況にしてから、難しい治療をする。
そんな事せずに、始めから出来る限り歯を残して骨を維持すれば良いのに、安易に抜歯するから骨が無くなって難しくなるんです。
実に馬鹿馬鹿しい話です。

少なくとも、現在の見解でなら、残せない歯なら抜歯と同時に骨を維持する治療をするべきです。
それすらもしないで、難しいGBR骨造成を、骨のブロックを取って来てでもやろうとする。
誰が喜ぶんでしょうか?

難しい事が出来て、DRが自慢をしたいんでしょうか?
辛い治療に耐えて、他人に患者さんは自慢したいんでしょうか?
真のプロは、難しい状況に成る事を避けて、シンプルに治します。

私のオリジナルではないので、詳しくは言えませんが、患者さんに苦行を強いる治療が、良い治療であるとは、私は考えません。
真のMI,MIS、ミニマムインターベンション、ミニマムインバッシブサージェリーこsそが未来を指し示すものです。

そして又、重要な事ですが、DR本人がMISと言ってても、普通のオペである事が、日本では罷り通っています。
だからこそ私は、今インプラント治療を受けるのは考え直しませんかと申し上げているのです。
新しい時代がそこまで来ています。
今してしまうと、新しい時代が来た時に、治療終了がほぼ同じ時期に成ってしまう可能性がある位ではないかと預言します。

どう言う事か分かりますか?
つまり今始めて治療が終了する時期と、新しい治療が始まって治療が終了する時期が同じに成ると言う事です。
古い治療では3年掛かるものが、新しい治療では1年を切るかも知れないと言う事です。

真の新しい治療は、それほどまでに凄い威力があります。
その実態はこれから、明らかに成るでしょう。
コメント

インプラントって非科学的です!

2007年03月14日 | Weblog
現在のインプラントは、まだまだ科学的な解析が為されているようで、為されていません。
今回のサンアントニオのAO(インプラント学会)で、その事を再認識させられました。
かなりの事が出来るように成って、その治療上の副次的な結果、コンプリケーションとまともに向かい合う局面を迎えているのです。
つまり、はっきり言ってしまえば、インプラントの良さばかりが強調されて問題点が軽視されて来て、今漸く本当の部分に光が当てられ出している、と言う事でしょう。
この事は、私自身がこのブログ内で、何度も何度もお話しして来た事でもあります。
即時荷重、即時負荷に浮かれてはいけない。
大規模GBRは、少なくとも開業医レベルで、すべきではない。
審美性にこだわり過ぎたり、固定式にこだわならない方が良い。

根拠として、チャンと断面図を見ているのか?
骨を、歯肉を、何処まで治しどれだけの事が出来、その反面として、どれ位のハードルを患者さん、DRが越えなければ成らないのか?

何もかもが全て出会ったDRに力量に委ねられてしまう現状。
インプラントが全てを解決してくれる、万能のマテリアルと考えているとしたら、それは幻想です。

その事を、声を大にして宣言します。

私は、インプラント命で仕事をしていますが、患者さんにとっては必ずしもインプラント命ではない、とも明確に言います。

腕に溺れるDR,夢を託し過ぎる患者さん。
非常に危険な状況が、”今、ここにある危機”として認識出来ていますか。

私は何度でも言います。
インプラントをするには危険な状況であると。

こうとも言えます、今、インプラントをするのはお止めなさい!です。

AOで如何にインプラント治療が本当に難しいか、再認識しました。
私は彼らの如く、フェイラー・フェスティバル(失敗症例の大祭典)等と出来る気持ちには、どうしても成れません。
そこまで意識が高くない、と言われればそうかも知れませんが、失敗症例の検討の講演としてはニギニギしくし過ぎてて、馴染めませんでした。

私なら、もっとしっかりと腰を据えて、議論を重ねたいです。
何故失敗したのか、どうすべきだったのか、どうしたら防げたのか。
又、失敗に到った時どうリカバリーして行くのか、して行けば良いのか。
それでこそ失敗症例検討会になると信じます。

彼らのようにフェイラーフェスティバルと、大きく、やたらに沢山の症例を一堂に会して、短すぎる時間で発表させるスタイルは,おかしいと思います。
私の感じでは、真剣さが不足している、と正直に思います。

最後に繰り返します、今、インプラント治療に危機が迫って来ています。
安易に考えてはいけません。




コメント

世界のインプラント学会:AOinサンアントニオ

2007年03月13日 | Weblog
今回の学会は、収穫的には私自身は然程の内容のものはありませんでした。
と言うよりも、もしあれがアメリカのリーダー達が出せる先端なら、私は彼らの3~5年先にはいる自信があります。
これは控え目な見解です。
私には分かります、彼らが今何に悩み、何をどうすれば良いかで試行錯誤をしている事を。
かつて私自身が通った道だからです。

2000年から始め、数々の難関があり、それに対して一応の解決を見出したのが2003年。
自信満々でDRラムのオフィスを訪れて、そのオペを拝見して脳天をハンマーで叩かれた位の衝撃を受け、オペを根本から変えました。
今2007年、かなりの完成を見ましたので、もう一度DRラムの元に行かねば成らないと思います。

何故なら、DRラム自身が今回のAOで再会して、今度は何時見学に来るんだと強く誘ってくれたからです。
これは何かあるなと、私のヤマカンが教えてくれています。
又、DRラムは凄い事をしだしているようです。

DRラムは世界レベルのズーッと先にいる、私のメンターです。
彼が世界の10年先にいるから、私でも3~5年先にいると言えるんです。
DRラムは、私を向うのDRに紹介する時に、ジョークで即時荷重インプラントの日本のキングだと話していて、凄い症例を持っているんだと力説して、今はもっと凄いんだろうと、彼の教えを受けてからのレベルアップを説明してたんです。
話半分にしても嬉しい紹介です。

彼が主催しているのはサンフランシスコのIDEAです。
卒業後の教育をするセミナーです。
興味のあるプロの方は、検索されると出て来ます。
講師のメンツが凄いですよ、ここは。
P.マニエ、D.ターナー、B.ウィンター、R.スラブチェック、P.ウォーリー、勿論DR.ラム等々です。

AOの話に戻しますが、今回ほどインプラントを科学的なコンセンサスでしなければ成らないと強調された学会は記憶にありません。
凄くヨーロッパ的な印象を受けた学会でした。
激変を続けているインプラント治療が、商業的に流される事の危険性を警告し、安易に行うべきではない、と警鐘を鳴らされました。

気付かれている方が多いかと思いますが、私自身が今年に成ってから、患者さんの声に押されて、警告を発するブログにこちらを変えました。
どうやら、世界に同調してインプラント治療をしているのだなと、改めて再認識させられました。
世界的な情報が、バイアスなくキチンとした形で、国内でも行われているかと言うと、私はそれには異議ありです。
私自身はDRラムに教えを頂き、世界と歩調を並べていると明言出来ます。
マイクロCT3CXも常備していますし、それにより自分の結果も見ています。
これからはマイクロCTが無い時点で、残念ですがハンディがあると断言出来ます。

本当に世界のレベルで治療出来ているかどうか、よくよく検証をすべき時期に来ていると,今回のAOを受けて感じました。

コメント