直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

インプラント治療でCT撮影される時には機種を調べて下さい。

2009年01月30日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
インプラント治療を受ける方が増えていますが、CTの機種を知らない、調べない患者さんの方が圧倒的で、これは拙いと思い緊急告知します。

はっきり言います。
CTは被爆量が大きいので必要以上に浴びてはいけません。

撮影を受けるなら被爆量の小さいものを選んで下さい。

これはとても重要な問題なので、大きく告知します。

インプラント治療は命に関わる治療ではありません。
大きいサイズで必要以上に撮影を受ける事は避けるべきです。

機種によっては大きなサイズしか取れないものもあります。

何よりもレントゲン技師の方はなるべく被爆させない事に心配りするそうです。

歯科医師はその辺の認識が甘いです。

術前、術中、術後で大きなサイズをバカバカ撮るなんてのは持っての他です。

撮影範囲は極小さく、被爆稜を極小で行うべきです。
CTは撮影面積比で比例して被爆量が多くなるのではありません。
そんなもんじゃない位もっともっと大きなるのです。

ですから、小さい小さいサイズでしか撮るべきではないのです。

CT擁護派と見られる私ですが、必要以上の医療行為は悪とも思っていますので、告知しました。

お知らせです。
2009年 最新のインプラント治療トレンド

開催日時 2009年02月08日(13:30~16:30位)
開催場所 東京都(渋谷 道玄坂 フォーラム8

私が話させていただくセミナーを僭越ながら告知させて下さい。

歯科医院専門のHP制作、運営のメディウィル主催で、東池袋の山内先生と組んでさせていただきます。
詳しくはこちらです。http://seminar.mediwill.co.jp/index.html

参加費は無料です。(将来的には分かりませんので、今がお得と思います。)

インプラントのお話を世界最新情報を交えながら、自由に話させていただきますので、ご興味のある方はお越し下さい。

申し訳ないのですが専門家向けで、患者さん向けではありませんので、ご容赦下さい。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

最新情報満載!インプラントセミナーのお知らせです

2009年01月29日 | 世界のインプラント情報の話
開催日時 2009年02月08日(13:30~16:30位)
開催場所 東京都(渋谷 道玄坂 フォーラム8)

私が話させていただくセミナーを僭越ながら告知させて下さい。

2009年 最新のインプラント治療トレンド

歯科医院専門のHP制作、運営のメディウィル主催で、東池袋の山内先生と組んでさせていただきます。

参加費は無料です。(将来的には分かりませんので、今がお得と思います。)

インプラントのお話を世界最新情報を交えながら、自由に話させていただきますので、ご興味のある方はお越し下さい。

申し訳ないのですが専門家向けで、患者さん向けではありませんので、ご容赦下さい。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

緒方洪庵先生と即時荷重インプラント、全く同じで偽者が本物を苦しめたのです。

2009年01月27日 | 即時荷重インプラントの話
NHKの歴史番組で見たのですが、天然痘予防で牛痘を広める為に緒方洪庵先生が大変な苦労をしていたのが放映されました。
その中で、知ったのですが牛痘が効果があると分かり、正当に評価され出したら、早速不勉強のまま物真似していい加減な治療をして、金儲けばかりをする偽者の医師が沢山出現してしまい、その為に患者さんが多数亡くなったりして、緒方洪庵先生達が苦渋を味わったそうです。

このエピソードを聞いていて、歴史は繰り返すのだなー、と私は感じ入ってしまいました。

その困難を乗り越えるために緒方洪庵先生が取った手は、偽者を取り締まる為に御上の認可を取り、それを出す事だったそうです。
もうそう言う手しかなかったと言うのですから、どれだけ偽者が猛威を振るい、大変な事態になっていたのか、想像に難くありません。

残念ながら、即時荷重インプラントの世界では、そこまでの手を打つ事は全く出来ないでしょう。
今の国の仕組みでは、そう言う事に対して国がお墨付きを与えるとは考えられないからです。

本物の医療が広まる時には、必ずこうしてその効果だけを謳って、金儲けをしてやり逃げする輩が多数発生して、真摯な者が苦しむんです。
歴史は全く同じ事を繰り返し繰り返し見せて、人類に学ぶ事を示唆しているのに、人類は学んでいないようです。

悲しい話ですが、事実です。
物真似ばかりをして失敗し続けていたインプラントDRは、今に成って漸く即時荷重の難しさ、難易度の高さに気が付いて撤退をしてしまいました。
しかし、その責任をどう取っているのか全く不明です。

具体例はネット界を長く見て来た方々でしたら、誰かは分かるでしょう。
DVDまで出して今では撤退した方、外人まで出してて今何処に行ったのか消えてしまった方、目立つように出してて全く内容のない方、そして極め付けはラスベガスのチャンのようにやたらめたらインプラント植立して残ったのだけで成功していると出して成功率を捏造する方、色んな偽者が跋扈しています。
その特徴は、かつてはネット内で検索順位を上げる事に血道をあげて目立つようにしまくっていた事です。

その理由は、良く分かります。
偽者ほど宣伝を頑張ってしないと、本物に患者さん認知で負けるからです。

緒方洪庵先生が苦しまれた事と同じ歴史が、非常に残念な事ですが、インプラント治療の世界でも繰り返されてしまいました。

本物が何処なのか、それは長く時間を掛けてしか判明しないものなのでしょう。

因みに私は2000年から始めましたので、今年で10年目になります。
その間、次々と改良を続けて実績を積み上げ、成功率の向上と、最小限の浸襲MI、そして審美性を達成するようにして来ています。

今やインプラント治療に置いて、審美性を達成する事は当然、と言わなければいけない時代なのです。
その事をベルリンから帰って来て第1にご報告致しましょう。

即時で全てを如何に達成するのか、そのシビアな競争の時代に突入しているのです。
私の足元も油断出来ない、と再確認出来ました。

PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。

コメント

ベルリンの学会から、世界のインプラントを聞いて帰ります。

2009年01月25日 | 世界のインプラント情報の話
世界的歯科業界の出版社クインテッセンスが、ベルリンで60周年の記念の学会をしたので、参加して来ました。
世界を代表するそうそうたるメンバーが揃い踏みし、現時点での到達点を明らかにしてくれました。

ここで分かった事は、やはり即時荷重の難しさ、更には審美的治療との両立の大変な困難さでした。
今出来る事が漸く分かりだし、この先で即時と審美の歩み寄り、両立が始まるのでしょう。

私が出ししている成果を早くまとめて出したら、世界も度胆を抜くに違いない、と信じられました。

但し、やはり世界は広いです。
私の成果出しても怯まないだろうな、と言う方も見つけられたからです。

イギリスのDR.T.マンコー、シアトルのDR.イナーキ・ガンバロレナ、凄いDRです。

世界に出ると言う事は、素晴らしいライバルに巡り合う機会でもあります。

私も負けられません。
頑張らねば、と言う気になれるのです。

世界は広い。
実に楽しい、です。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

歯のない所の骨は骨密度が低くなっているので、インプラント治療では要注意です。

2009年01月21日 | 即時荷重インプラントの話
歯が抜けてしまって、ブリッジと言って残っている歯を削って繋ぐ治療を受けていたり、部分入歯を入れている方が、その部分に新たな治療でインプラントを受ける場合、骨の密度が低くなっている事が多いので、注意が必要です。

特に、ブリッジは歯のなくなっている繋がれている部分が、骨の密度が低くなってしまっていて、インプラントで即時荷重することが難しいことがあります。
入歯の場合は、ブリッジよりも密度は良いのですが、粘膜が虐げられているのか、健康な状態でなく剥離するのが難しい事が良く起きます。

これらのことから考えるに、機能圧、力が骨に掛かっていない所では徐々に骨の密度が低くなってしまうんだと分かります。
これは、宇宙飛行士が長く宇宙の無重力で生活していると、骨の密度が下がってしまう事と同じ理屈なのです。

ところが、そう言う部分でもインプラントして適正な力が掛かると骨の密度が上がって来る事が分かっています。
機能圧が適正に加わると骨はそれを負担する為にチャンと反応して、良い状態に改善して来るのです。

人の体、生物の生きる力の素晴らしさ、凄さを思い知らされます。
つまり、諦めないで、適度な刺激を加え続けていれば、人の体はチャンと反応して若々しい状態を維持する事が可能になると言うことなのです。
事実、私の患者さんで、90歳になってインプラントされている患者さんがいらっしゃいますが、実に若々しく、一見60,70台にしか見えません。

インプラント治療を受けると言うことは、若々しさを保つという意味で、見た目だけではなく組織内、生体内でもチャンと起きている事なのです。

なので、ブリッジや入歯の方でも、私は積極的にインプラントにしませんか、とお勧めしています。
終末期まで元気で、何でも噛めることが、若さの大元なのです。

ピンピンころり、を私自身も目指して、日々過ごすようにしております。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

即時荷重MI審美インプラント治療が成功しやすい方とは

2009年01月20日 | 即時荷重インプラントの話
即時荷重MI審美インプラント治療が成功できるか否かは、とにかく骨の性状によります。

硬過ぎる骨、柔らか過ぎる骨では難しくなります。

硬過ぎる骨では、骨の中の血流、骨髄が不足していてしっかり植立しているようで、後でグラグラになることがあります。
柔ららか過ぎる骨では当然、しっかりと植立する事が難しく、即時荷重ができません。

骨の性状は適度に骨髄が詰まっていて、弾力に富んでいる骨が良いのです。

それでは骨をそう言う良い状態にするにはどうしたら良いのでしょうか?

骨といえばカルシウムと思うでしょうが、それだけでは足りません。
カルシウムを取るのと同時にリンも取ることが良いですし、ビタミンとかコラーゲンも取るのが良いでしょう。
そして、良い骨を作るには、蛋白質とかが実は重要なのです。

植物性の蛋白質だけではなく動物性の蛋白質も摂取した方が、骨の性質を改善できます。

但し、骨の性質を変えるのはすぐにはできません。
日頃からの食生活の改善を続ける事で、効果が出るには1年とか掛かるのです。

インプラント治療を受ける上で、骨の改善はとても大事な事でしょう。
栄養のバランスを考えて、無理しない範囲内で顎の骨に力を掛けてあげ、負荷を掛け少しずつ鍛えるしかないのです。

PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。

コメント

ベルリンでクインテッセンスの60周年の学会に行って、インプラント最前線確かめて来ます。

2009年01月19日 | 世界のインプラント情報の話
木曜日から、ベルリンで歯科業界で有名な出版社のクインテッセンスが60周年の学会を催します。

1月早々ですが、私も行って来ます。

錚々たるメンバーで、インプラントだけに限らず歯周病、根管治療、補綴全ての分野で世界中の第一線のDRが講演します。

今世界が何が何処まで出来ると明白にしていて、次は何処へ行こうとしているのか?それを見極めて来ようと思います。

本音で言ってしまうと、私が彼らをどれ位リードできているのか、どの時点で何を出すべきなのか、2010年に開催されるPRDボストン学会を眼前に据えて、ベストな時期にクインテッセンスが開催してくれるので、楽しみです。

2月末にサンディエゴでAOインプラント学会も開催され、ニューウェーブと方向付けられ、更にカタストロフィックなトラブルも演題として上がっていますので、今後の方向を見定めるのに最適だと思います。

私自身はインプラントの方向性は、MI即時審美であり、これ以上の展開としてはCT画像によるガイドでオペ時間を最短にして差し上げる事と信じ、いち早く自分の医院では実践して来ましたが、さて世界は?と確かめて来ます。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。

コメント

2月8日即時荷重インプラントの講演をさせていただきます。

2009年01月17日 | 即時荷重インプラントの話
本決まりになったので、広報します。
プロ向けですが、メディウィルhttp://www.mediwill.co.jp/のセミナーで、ジョナサンインプランセンターのヘンリーこと、山内先生と一緒にインプラントのお話をします。

内容的には、昨年福岡で船越先生のOB会で話させていただいたものを使いますが、前回は30分と言う短い枠だったので、早口過ぎて分かり難かったと言うのを直して、1時間ほどいただいてジックリと話します。
なので、全然違うものと考えていただいて良いかと思います。

勿論私が話しますから、即時荷重インプラントのお話がメインで、それから世界のインプラント情報満載で、ベルリンから帰ったばかりのホットな情報をお話します。


正直に言うと、国内での情報は非常に片寄っていて、恣意的に扱われていると思います。
そこにあるのはバックの存在、要するに商業的に後ろから支えてくれているメーカーの弱点は絶対に話せない、と言う点にあります。

何を言っているのか、分かる方は判るでしょう。
要するに、インチキな情報を流す専門家がいる、と言う事なんです。

私は嘘、偽り、ハッタリは言いません。
常に自分の経験上これが正しい、と話します。
そして、それだからこそ、いつも的中するのです。

即時荷重から撤退したメーカー、DRも沢山います。
実例を出すと拙いので言いませんが、私は何ら変わっていません。
これは事実です。

誰が正しかったのか?
それを我々も、患者さんも見極めて欲しい、と心からお願いしましょう。

PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。



コメント

歯周病の方でも即時荷重インプラント治療で歯がすぐ元通り!治療を成功させるコツ

2009年01月15日 | 日々のインプラント臨床の話
歯周病がある方のインプラント治療はとても難しい、とされています。
即時荷重インプラント治療などは更に難しい治療なので、全部の歯を抜いてしまって治療を進める方法まで、大手を振ってまかり通っています。

しかし、私は歯周病の方でも何年も前から即時荷重インプラント治療を成功させ続けており、即時荷重でインプラントを成功させることで歯周病の歯も救うと言う治療を世界に先んじて成功させています。

そのコツは、とにかく感染を広げない事です。
なので、初診の時から抗生物質を服用していただいて、全身への波及を防止し、更には出来限り出血をさせないでプラークを取り切って、歯肉の炎症を治す事から必ず始めます。

歯肉の表面の炎症が治まって来たら、それからポケットの奥深くの歯石を徹底して取り切って歯周病の細菌がいなくなるようにします。
それと同時に、歯の揺れが酷い場合には接着剤や支える金属等で固定をして、噛みあわせの調整を精密にやり、歯が揺れないように勤めます。

そうして、どうしても残せない歯の抜歯と同時にインプラント植立をして、即時荷重で綺麗に仮歯を作り、更には骨や歯肉を回復させ、平行して残せる歯の歯周外科の再生治療等も行います。
こうして、即時で噛める面積を早くに増やして、歯の負担を軽くして歯周病と噛み合わせを一緒に治して行くのです。

だからこそ、私の治療は従来の治療に比べて圧倒的に早く、しかも細菌が無くなるのがとても早く、口腔内が綺麗になるので成果が出るのが早いのです。

普通なら3年がかりのものでも1年真面目に通ってくれたら治ってしまった、と言う患者さんは続出しています。

本来、それくらいのスピードで人の体は治るものなんだ、と私は信じています。

即時荷重と歯周病治療の世界最新基準を、私はこれから公表して、世界に変革をもたらそうと頑張っています!

PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

インプラント治療費では、注意して欲しい事があります。

2009年01月14日 | 日々のインプラント臨床の話
インプラント治療費は、確かに高額治療に成ります。
従来は1インプラントで1本の歯を回復させると言うのがゴールドスタンダードで、推奨されていました。

しかし、現在ではそこまで数多くのインプラントを植立しなくても、ブリッジと言う繋ぐ方法を用いる事で解決できるし、その方が審美的になるし、しかも当然使用する本数が減りますので、費用が低く抑えられるのです。

この方法を用いる事で、費用を出来るだけ抑えて、インプラント治療をできる事が可能です。

又、骨とかが足りない場合GBR骨造成とかサイナスリフトとかをインプラントと別の手術ですれば当然その分費用の負担も掛かりますが、これも出来るだけ手術回数を減らし、インプラントと同時にするなら、患者さんにとって手術回数も減りますし、別の手術ではなくなりますので、別途の費用が特別に掛からずに済みます。

このように、インプラントの費用に関してはインプラント1本の費用が低く書いてあったとしても、その実別途加算がされてしまって、結局一般的なインプラント治療とさして差がないと言う宣伝をしている所もあります。
これは実は本場アメリカでも全く同じで、その事が結構大きな問題となっているようです。

本当にどれ位最終的に掛かるのか、それを実際に診察して貰って見積もりを出して貰わないと、本当の所は分りません。
その事には充分に気を付けて下さい。

私の治療方針は、出来るだけ少ない本数で、しかも即時荷重で審美的にMIで治せる事です。
どれ位の期間、どれ位の費用、患者さんが負担しなければいけない事に関して詳しくお話を聞いて、それから手術を受けるDRを決めて下さい。

本当の意味で患者さんの為に頑張っているのかどうか?それを見極めて欲しいと思います。
その点では誰にも負けていないと信じて、日々頑張っています。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

インプラント界の重鎮の恐ろしい予言を聞かされました。

2009年01月13日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
連休はセミナーで、又勉強して来ましたが、その時にインプラント界の重鎮のお一人とお話して、怖い予言をされてしまいました。

かつて骨膜下インプラント、ブレードインプラントがやたらやられて、その後撤去するトラブルが多発しました。
今歯根型のインプラントになって、安心と言っているが、そんな事はまやかしで、この後必ず撤去が多発する時代が来て、骨とか歯肉とがなくなってしまって大変な事態になって、又インプラントが相当に叩かれる時代が来るよ、と言われたのです。

怖い話です。
でも、多分真実でしょう。

昨年まではインプラントバブルと言って良い時代でしたが、国際的な金融危機で一気に歯止めが掛かってしまった、と言って良いでしょう。
今後は、患者さん自身が相当に吟味して治療をする医院を選択する時代が来てしまった、と断言して良いと思います。

これは裏返して言うと、今まではかなり怪しげな医院が蔓延っていた、と言う事でもあるでしょう。

私のかねてから危惧して来た事が、悲しい位に的中してしまっている、と感じます。

これからは、もっともっと安全である事、安心できる事、つまりチャンと成功させられる事が重要視され、1回限りの手術でキチンと治せてやり直しとかの辛い思いをさせない事が鍵と成って来るでしょう。

患者さん達は知らないでしょうが、結構インプラント医達はインプラントの脱落の経験を持っており、私も例外ではありません。
経験値が上がるに連れて、又年数が経つに従って脱落は避けられないのです。

しかし、私は相当に脱落の経験が少ないDRである、と自慢出来ます。
即時荷重ですら97%以上の成功率を叩き出しており、単純なインプラント植立手術で数字を出せば恐らく限りなく99%に近付くでしょう。

今のインプラントは確かに良いものです。
しかし基本を守るなら、と言う注釈が付きます。

その基本とは、外科、歯周病、補綴の総合力に尽きるでしょう。
最終的な設計が描けないと、インプラント治療は出来ないのです。
それなのに、チョコチョコした一般的な歯科治療しかした事がないDRが、行き成り全体的な設計で治療できる筈がないのです。

その認識を、DRだけではなく患者さんも持っていただきたいとお願いします。
最終的にどうなるのか、将来、老後まで見通しして計画を提供でき、実行でき、そして現にしているDRかどうか。

ここが重要な事です。

脱落インプラントが話題に成る時代を迎えて、誰もが真摯に向かい合う事が求められている、と明言します。


PS.歯科医療最新号発売されました。http://www.ds-pub.jp/magazine1.html
私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント

切らない、剥さない、だから痛くないMIインプラントを安全にするには

2009年01月10日 | MISインプラント治療の話
低浸襲の医療は21世紀の必然的要求となって来ています。
腹部の外科手術でも切って開いてする手術ではなく、ピンホールを数箇所空けてやる方法がかなり増えてきました。

ダイエーの王元監督が受けた手術も、そう言う新しい概念の手術で行われた事が話題に成りました。
今や外科手術は如何に体に傷を付けないのか、負担を掛けないのか、と言う方向なのです。

そう言う要望に基づいて、インプラント治療でも低浸襲な手術方法が広まりつつあります。
その最新型で進化したものが、私が提唱しているブラインドテクニックです。

これは、歯科用CTとのコンビネーションが非常に重要で、骨の精密な断面図を把握して、全く歯肉を切り開く事無くインプラント植立を成し遂げてしまいます。
歯肉を全く切り開きませんので、当然手術に伴う痛みとか腫れは最小限で済み、患者さんにとってはこんなに楽なんですか!!と感嘆される事もしばしばです。

フラップレスと言う歯肉を円く切り取る手術の方法が、新しい方法として宣伝されていますが、この方法では頬側の歯肉が足りなくなってしまって、後々問題を起こす弱点があります。
私の方法はこの方法の弱点を改良している方法であり、頬側の歯肉がチャンと保たれるように工夫をしています。

又、更にフラップレスもブラインドも、直接骨を目で見ないでする手術で、黙視状態で植立します。
これが実は大変に難しく、歯科用CT画像で思い描いていた通りに植立するのは至難の業なのです。

その欠点を補う為に、PCで誘導して植立する方法も紹介されていますが、この方法も現時点ではかなり誤差が大きく、トラブルがかなり起きると分って来ています。
結局は、手術するDRの力量次第で、感覚で修正しながら植立するのが現時点では一番安全でしかないのです。

そして、一番安全に手術をする方法は、何と言っても術中の確認で歯科用CTで立体的に確認して診る事です。
これが決定的な差と言えるでしょう。
不安を少しでも感じたら、確認出来るようになっている、確認している、これ以上に安全な手術はないでしょう。

と成ると、被爆量が当然大きな問題となってくるでしょうが、それに対しても極小さい範囲内で撮影でき、180度回転で精密に画像を造れるものにしているなら、解決できるのです。

極限まで浸襲を少なくして、安心安全で、即時でその日のうちに仮歯まで審美的に入るインプラント治療。
21世紀の新しい治療が既に現実となっているのです。


PS.歯科医療最新号発売されました。私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、遂に最終回です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。

コメント

本物のインプラントDRだけが生き残れる時代、HP,ブログ、サイトと実際の治療内容を一致させよ!

2009年01月09日 | MISインプラント治療の話
インプラント業界の内幕を、患者さんが騙されない為に書かせていただいている、私のブログですが、最大の特徴は、私の記述内容には嘘が一切ない、と言う事です。
反対の面から見ると、インプラント業界のHPやブログは、真実10%程度、架空の夢の内容90%と言う所もワンサカあると言うことです。

昔は、ネット内の情報は仲間内の情報で、信じられる感覚で捉えられていましたが、現在では単なる井戸端会議レベルに成り果てて、何処まで信じて良いのか怪しげなものが跋扈するものに成り果てた、と言えるでしょう。

どうしてこんな事に成ってしまったのかと言うと、私もそうですがネット内で目立つ事で最終的に患者さんが自分を知って来てくれる事も考えているからでしょう。
と言うよりも、本音で言えば、新規参入者に関して言えば集客が目的である、と言って正しいと思います。

そして、私はそれは決して間違っていないと思いますし、責めるつもりは全くありません。
何故なら、私自身もそうですが、こう言うことができるんですよと広報する事で、本当に世界中から患者さんがやって来てくれて、その患者さんが救われる機会が生まれるという経験を何度も積んでいるからです。

これは従来の世界では考えられなかった事です。
ネットの素晴らしい効果で、世界中の何処かで誰かがきっと見ていてくれて、必要としてくれるなら、波長が一致するなら、どんなに遠くても本当に世界の端から端へと来てくれるのです。

こう言う奇跡のような事が起きるから、私自身もネットの効用は積極的に肯定します。

しかし、問題なのは架空の事を書き込んで集客しようとする者が現れてしまった事なのです。
即時荷重その日のうちに歯が入って治ってしまうインプラント治療とか、非浸襲痛くなく辛くなく治るMI最小限の介入しかしないインプラント治療とか、患者さん受けが良さそうに見える流行の分野で正に、この2年位その傾向が顕著に出てしまいました。

人の良い患者さんは、インプラントも良い時代に成ったのね、と受け止めてしまい、安易にそれに乗ってしまって大変な痛手を負う、と言う気の毒な事態が頻発してしまったのは、ネット内の情報が如何にアヤフヤで信じていけないのか、と言う問題点を明らかにしてしまったのです。

今では、業界内でも即時荷重や非浸襲MIインプラント治療は、実はとても難易度が高く早々は出来ないもので、はっきり言えば上手く行けば凄い成果が出せるが、反面チョットしたことで失敗を招き大変な状態になってしまう、と分ってきたのです。

顕微鏡が凄く治療上有益であり、素晴らしい成果を出せる事が判明していますが、意外なほど広まっていません。
なのに、歯科用CTが今では顕微鏡を上回る状態で広がって、全国で500台以上になっていると言うのですから、如何に骨とかを断面で精密に診断して治療する事が大事で、特にインプラントしたいDRにとっては欲しいものなのであるかの証明になっています。

それは即時荷重とか非浸襲インプラント治療できることを目指すだけでなく、普通のインプラント治療をするDRでも、如何に実はインプラントが難しいものであるのかを証明しているのです。
即時荷重とか、非浸襲治療でなら、その難しさは一気に増します。
その理由は、インプラントをピンポイントで寸分違わず植立しなければいけないからなのです。

つまり、即時荷重と非浸襲のインプラント治療は本当に凄く難しく、超難易度が高い治療で、極々少数のインプラントDRにしか出来ない治療なのです。

私は個人的に断言しますが、幾らPCの解析とか手法が進んでも、即時荷重とか非浸襲の治療はインプラント治療の最後の壁として、かなり高く高く聳え立つ、その地点に立てるDRはかなり少ないであろう、将来的に見ても一般的に成る事はかなり先の話であろうとも思います。
一般的に成るのは、多分10年で解決が付くかどうかだと思います。

それなのに、HPやブログ、サイトでは患者さん受けの良いこう言う即時荷重とか非浸襲の審美治療が宣伝で書き込まれるのが現実です。
非常に身内の恥ずかしい話です。

私は審美に関しては特に強調していませんが、そんな事は当たり前の事で殊更強調するのが逆におかしい、と考えているからに過ぎません。
私のインプラント治療も、当然一見インプラントと分るようなレベルのような治療は、全然していません。

強調すると言う事は、それだけ難しいものとそのDRが考えている裏返しであり、苦労している証しでもあるのです。
私だって、即時荷重を非浸襲で審美的にインプラント治療するのに非常に苦労しています。
だから強調していて、安直に宣伝で書かれたり広められるのが、とても嫌なのです。

偽者が蔓延ると、”悪貨は良貨を駆逐する”で全体の世界が悪化します。

自浄作用が期待したいものです。

本当にHPやブログ、サイトで書いている事が治療と一致しているのかどうか。
患者さんは自身の目で、確かめて行くべきでしょう。

くれぐれも偽者に行ってはいけません。

PS.歯科医療最新号発売されました。私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、好評連載中です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。







コメント

インプラント治療でも本物が生き残れる時代に成ったと考えれば、良い時代なのです。

2009年01月07日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
偽造、捏造データ書き込みが盛んに行われ、インプラントの集患営業活動の嵐が吹き捲ってしまった、ここ2~3年位のインプラント界状況ですが、世界同時大不況の影響を受けて、患者さん達も安易な行動を控えるようになったようです。

言い換えるなら、真っ当な実績を積み重ねて来た、本物のインプラント治療をしている医院でないと生き残れなくなって来ている、と考えるなら、漸く異常な動きが正常へと修整されて来ていると考えられ、患者さんにとっては良い時代に成っていると言えると思います。

とにかく、ここ最近の私自身もネットで書き込む事を始めた頃からの時代は、ネットにお金を掛けて、専門家にSEO対策をさせて、検索順位を上げて集患する行動が、余りにも目立ちました。

そして、もうその内実が語られだしていますが、患者さんの感想のコメントとか、感謝の書き込みは殆どヤラセであったり、サクラだったと言う事実です。

しかし、残念ながら、幾らネットで患者さんを集めても、実力が伴わない、実績が出せていない、HPやぶログで書いている事と違うと言う事が明白に成って来て、嘘、作り事が通用しない状態になって来ているようです。

患者さん自身が賢くなり、撒餌のような書き込みに関しては騙されない、何かおかしいんじゃないか、とチャンと調べるようになって来ているからです。

こう言う是正される動きは、私は大歓迎です。
真に実力を持っていて、チャンとした実績を出し続けているDRなら、何も焦る必要な全くないからです。
こう言う動きが、広まれば広まるほど、偽造、捏造のDRの所ほど患者さんは気が付いて、去って行くでしょうから。

やっと溜まりに溜まった膿を出す時期が来た、と私はたった一人でも明言をします。
そして、それと伴に夢のような理想を無責任にばら撒いて来たツケを清算する時期が来たのだ、ともはっきり言い切りましょう。

真っ当に仕事しているインプラントにとっては、良い時代の風が、風向きが変わって吹いて来た、と言って良いでしょう。

特に私が得意として、特徴として来た部分即時荷重MI審美インプラント治療等は、正しく典型でした。
各地で我も我もと即時荷重に群がりましたが、実際に成功させ続けて、今尚できると明言し臨床を重ね続けているDRは、極一握りに成ってきたからです。

この事実は、患者さんにとってはとても良い事なのではないでしょうか?
漸く振るい分けが終了し始めて、本物しか生き残れない時代に成ったからです。

そして、私はそんな時期に合わせるのかのように、即時荷重の連載を持たせていただいて、今の実力の片鱗を見せて来ました。
ほんの入り口にしか過ぎないレベルでも、危ない時期に出していたら被害を拡大したのかもしれませんが、今の時期移行なら危険性をかなりの方が身に染みて知っているので、馬鹿な事はしないでしょうから。
と言うより、それを期待していますが・・・

今年出す本には、もう少し踏み込んで出せる範囲を広げて出します。
真っ当に修練を重ねればここまでできるんだ、と言う到達点を示し、将来に希望を抱いて貰える内容にしたいと、期しています。

本物のみが評価される時代、真っ当なインプラント治療の時代。
良き時代が訪れようとしているのです。


PS.歯科医療最新号発売されました。私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、好評連載中です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。

コメント

インプラントも普通の歯科治療も痛まないのが、本当の筈。ヤラセの書き込みには注意しましょう!

2009年01月06日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
ネット内の情報では、残念ながらヤラセが横行しているようです。
いわゆる昔からのサクラと言うものです。
それが、特に目立つのがインプラント治療を受けた感想の書き込みです。

何故分ってしまうのかと言うと、インプラントは全く痛くなかった、それよりも抜歯の方が痛かった、と書いていたりするからです。
こんなにおかしな書き込みは有り得ないんです。

インプラント治療も抜歯も外科手術です。
どちらも局所麻酔をしっかりと痛まないように処置して置いてから、外科に取り掛かるなら、抜歯だろうとインプラントだろうと痛む筈がないんです。
局所麻酔していて痛むとしたら、それは麻酔の効果が出ていない、麻酔の仕方が下手か量が足りていないかのどちらかでしかありません。

それは歯を削るような歯科治療でも全く同じです。
局所麻酔がしっかり効いているなら、痛覚がある筈がありません。
つまり、麻酔が正しく為されているなら、痛みを感じる事は出来ないんです。

そして、局所麻酔つまり麻酔注射を殆ど痛まないように、時には何時したんですか?と質問されるくらい気を付けて薬液を注入出来るなら、麻酔はとても奏功し効きも長くしっかり効く、と科学的にも証明されています。
詳しく説明すると、注射の時に痛みを感じさせてしまうと、それで患者さんの体は感覚が敏感になり、麻酔が効き難く醒め易いので、麻酔注射は無痛で行う事がとても重要なのです。

そうすれば、歯科治療で痛い思いをする事は、殆どない筈なのです。

なのに、インプラントは痛くなかった、抜歯の方が余程痛かった、と言う書き込みがされているんですから、如何におかしいのか、ご理解いただけるかと思います。

全ては、理論、技術論なのです。
これを極めるなら、患者さんが望んでいるように、非浸襲な治療が出来るようになるのです。
勿論、傷口の付け方は、私が常日頃やっている全く見えない、何処に傷があるのか分らないブラインドテクニックで行えば、尚更痛むなんて事はありません。

インプラント、即時荷重、審美、MI非浸襲治療は、こうやって本当に可能になるんです。
インプラントだけが、殊更に楽なイメージで書き込んでいるようなのは、殆どヤラセでしょう。

それよりも、麻酔が切れてしまう、薬の効果がなくなる時の正しい処置の仕方、指導の方がとても重要です。
ここでは、手の内を敢えて晒しませんが、私はそこまで患者さんに痛みを与えないようにする具体的処置に精通しています。
ヤラセをするようなズルイ者に、正しい勉強をして欲しいので、課題として残して置きます。

現在の治療は、痛覚のコントロールは相当に出来る時代に成っているのです。
それよりも大きな問題は、如何に小さく治療出来るのか、それも患者さんにとって楽に。
こちらの方が大きな課題です。
これも宿題で残して置きましょう。

信じられないような、新時代の革命的インプラント始め外科治療が実績を出しているのです。
事実は事実、です。


インプラント治療に新時代の革命を起こします!!



PS.歯科医療最新号発売されました。私の書いている連載、即時荷重の現在の到達点、好評連載中です。プロの方ご拝読下さい。

臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MI審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。



インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン以来もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

本音で真実の話をします。
コメント