直ぐに歯が入る腫れない痛まないインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者が患者さんの為に情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入るインプラント治療のパイオニア日本口腔インプラント学会専門医が患者さんの為に情報提供

インプラントの神のお一人がgooブログに書かれていてビックリしました。

2008年06月30日 | ニュートンドクター見て下さい。
北九州の宮本先生が、gooのブログに書かれていてビックリ仰天してしまいました。
いや知らんかった、恥ずかしい限りです。

先生は言わずと知れた権威で、ほぼ毎日インプラントと歯周病治療の手術をされている、素晴らしい方です。
何処ぞの偽者とは全く違う、本物のインプラントペリオDRです。

私もお世話に成っています。
男気が合って、レーサーとしても勇名を馳せていて、大変なDRです。
力量が、私なんかよりもずっと上です。

インプラントに関しては、最近の為さっている事を見させて頂いたら、やはり即時荷重をされています。
植立の症例写真も美しく、インプラントの植立本数、植立間隔、植立状態とも教科書となるもので、流石と唸らせれます。

こう言う先生にこそ、ガンガン正しい情報を出して頂いて、インプラント界を是正頂きたいものです。

しかし、先生は人物なので、私のようなエキセントリックな啓蒙活動など為されずとも、その行き方、治療が患者さんを感化し、正しいインプラント治療を広める元と成っているのでしょう。

先生は、偶然私と同じ35年生まれですが、それだけで嬉しくなります。

いや、まさかgooのブログ書かれていたとは、驚きです。
どんどん症例写真をアップ頂いて偽者を圧倒して頂きたいと、密かに願っています。

これからは、チョット発言に気を付けないといけないですね。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント





コメント

インプラントに負けない速さと楽さで歯を治すには、が次の課題です。

2008年06月30日 | ニュートンドクター見て下さい。
インプラント治療が安全性と確実性、そして簡便性で優位に立ち、歯を軽んじる傾向が出始めています。
3DCTの撮影による確定診断もなく、安易に力量不足により抜歯してインプラントへと言うDRが蔓延りだしている危険な兆候も見られます。

今私が真剣に問いたいのは、歯をどれ位残したいか、頑張りたいかと言う患者さんへの気持ち上の問いです。
又、我々専門家はどれ位インプラントに負けない速さと処置の楽さで治せるか?が問われていると言う事なのです。

つまりDR側で言えば、倫理観と技量が問われている、と言う事なのです。

インプラントは簡便であるが、安易に広まるのは大変に危険な事であると、私は何度でも警告します。
その罠に堕ちたら、大変な思いをするのは患者さんご自身なのです。

努々軽々しく、手術を任せるDRを決めるべきではないでしょう。

真摯なDRであるかどうかは、歯をどれ位頑張って残せる努力を出来るか、又逆に言えば、残せない根拠を3DCT等でしっかりと示せるかでしょう。

そして又、インプラントをしている結果を示せるような備えをしているDRが一番安心出来る、と言う事は間違いがないと思います。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント


コメント

即時荷重インプラント治療の真実

2008年06月30日 | ニュートンドクター見て下さい。
純チタンインプラントで、即時荷重に最も強いのはストローマンインプラントシステムです。
但し、私とか恩師のDR.ラムはメーカーのプロトコールを無視しています。
そこには、どうやら現トップ連中の思惑が働いている、としか思えないからです。

私とDR.ラムの教えを授かった者は、メーカーの指定を超えて、この素晴らしいインプラントの性能を引き出しています。
エンジニアの世界で言う所のマクラーレンとか、元々のエンジンをチューンアップして最高の性能を引き出すようなものです。

ストローマンが審美に弱いと言うのは、まず間違いなく誤解です。
使い方次第で、チャンとした結果は出せますが、それがコツが必要で非常に難しい為に誤解をされてしまったのです。

裏を返して言えば、ストローマンは確かに手術の比重が他社に比べて大きく、簡単なインプラントではありません。
他社はその分技工士の努力でカバー出来るように配慮されていて、結果を出しやすいと言う事があります。

しかし、他社のはその分技巧的に複雑な構成になり、緩みやすいと言う決定的な欠点があります。
そこが嫌いな私とかは、手術の技術に自信があるからストローマンでいけるのです。

つまり、ストローマンで不自由しないDRは、手術に自信があると言う事になります。

そしてストローマンなら、極限まで減らした本数に1本だけ増やせばそれで即時荷重出来ます。
つまり費用も期間も軽く出来る唯一の方法がストローマンによる即時荷重なのです。
私には、その限界に挑む治療ばかりを求められ、何とか応えて来たと言う自信があります。

幾ら待ってもメーカーサイドでは即時荷重を認めないようなので、私自身はもう認めさせる事を半ば諦めました。
今はアメリカのJ.ガネルズとかDR.ラムの実績を無視出来なくなって来るのを待つしかありません。
良心派のT.ウィルソンとかD.コクランの動向に期待します。

アメリカのみならず、世界でも権威と認められているメンバーがストローマンの強みです。
外科しか分らない者が幅利かせている時代では、真の性能は世に広まらないでしょう。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント


コメント

インプラント治療に置ける曖昧な概念、早期荷重批判

2008年06月30日 | ニュートンドクター見て下さい。
昨日のセミナーには異論があります。
早期荷重をストローマンは提唱し、それをプロトコールとしようとしているようですが、その概念が余りにも曖昧なのではないでしょうか?

ITIは早期荷重を最も良いものとして、提唱するつもりのようです。
私はそこに総帥ブーザーの意思を感じずにはいられません。
即時荷重を排除しようと言う意志が、その裏に込められていると感じます。

何度も言いますが、ストロ-マンこそ即時荷重でアドバンテージを持ち、他社インプラントを寄せ付けないデータを昔から出せています。
海外では主力商品となっているSLActiveは3週間で荷重出来ると謳っていますし、現にかなり売れているようです。

しかし、一つ前の商品SLAで即時荷重出来る事が証明されて行ったら、SLActiveは要らないと言う事になってしまいます。
だから、彼らはそれを認めるわけにはいかない。
従って、即時荷重は認めない、と言う戦略だと私は判断しました。

彼らが提唱する早期荷重は、6週間から3ヶ月で修了出来るというものです。
幅が在り過ぎませんか?と特に言いたい。

SLActiveなら3週間でと宣伝している裏で、プロトコールで6週間~3ヶ月。
私でなくとも、おいおいと突っ込み入れたくなる事でしょう。
どれが正しいんだよ、とです。

結局メーカーと言うものはこう言うものなのです。

私は個人的責任ではっきり言いますが、早期荷重3週間とか6週間は危ないです。
骨が最も緩む時期ですから、捻る力を掛けるのは持っての外と進言します。

又、3ヶ月はと言う期間は早期荷重では最早ありません。
それは通常のプロトコールにしか過ぎません。
早期と言うなら3週間とか少なくとも8週以内でしょう。

しかし、私はその時期は最も危ないのでするべきではない、と提唱します。
インプラント治療のスタンダードは誰が何を言おうとも、即時荷重か従来通りの荷重しかありません。
早期は最も危ない、ストローマンだからこそそれでも成功出来ているのだ、と明言します。

何度でも言います。
3週~5週が最も危ない時期であり、捻る力を掛けるべきではありません。
植立オペ後4週間でのペリオテスト値等のデータで-8~+5内に収まる場合なら、型取りをしても大丈夫でしょうが、捻る力が掛かる治療方法は全く勧めません。

これも重要な概念ですから、強調して置きます。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント


コメント

今日も筒井先生の記念講演会です

2008年06月29日 | Weblog
午前中だけ、JAホールで講演会聴いて、午後からは品川でITIトリートメントガイドセミナーです。

確実性と先進性は時に反発し、争います。
しかし、どちらも又患者さんの為なのです。

何が今正当性、整合性で真っ当なのか?
学び続ける事が重要なのです。

今こそ結果への見通し、治療の順序立てが大切だと知って下さい。
それを知る為にも、学びが鍵なのです。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント
コメント

時に患者さんの誤りは正します。

2008年06月29日 | Weblog
インプラントが普通に成るに連れ、情報が錯綜し、特にネットとかで得ている情報が間違っている事があります。
私は、そう言う時には必ず訂正し、正しい情報をはなします。

なので時には、業界裏側のお話までする事もあります。
残念ながら、業界は商業が表立ち、真に患者さんの為に成る情報とは思えないものまで流布しているからです。

夢物語としか言えないような話は、インプラント業界には五万と有ります。
素人である患者さんでは正誤はつかないでしょう。

嫌な話ですが、それも又事実の姿なのです。
痛い思いをするのは患者さんご自身です。
気を付けて下さい。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント
コメント

真っ当なインプラントは、手術後の歯科用3DCTからでしょう

2008年06月27日 | ニュートンドクター見て下さい。
以前に書いた記事の中で、真っ当なインプラント治療は正しく未来と繋がっているものであろうと書きました。
今日はそれに補足する事を書き加えます。

真っ当なインプラント治療であるかどうかは、最終的には歯科用3DCTで撮影し、判断するしかないと思います。
これで撮影して、立体画像で見て見れば、患者さん自身も全てが分りますし、DRも自分が何をしているか、出来ているか、出来ていないか、判定出来るでしょう。

今までは、この面が余りにも疎かでした。
今大流行している歯科用3DCTは診査、診断でと皆さん思われているでしょうが、これからは、もっと大きな問題への唯一の解決策となって来ると思われます。

インプラント手術後の歯科用3DCT画像こそが、そのDRの全てです。
その集積に、基ずくインプラント治療こそが真っ当なインプラント治療として、次代へと受け継がれるに違いありません。

非常に言い難い事ですが、やはり歯科用3DCTを常備している医院とそうでない医院とでは時間と共に差が付いて来る事は間違いないと思います。
患者さんは、真っ当なインプラント治療をお考えでしたら、その点を考慮頂いて探す事をお勧めします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

コメント (2)

劇的に早く治るインプラント治療

2008年06月27日 | ニュートンドクター見て下さい。
1回の診療で、右の上下の全ての外科的治療を綺麗に顎を再生させる事も含め、勿論インプラントもする事で劇的に早く治せる、と言うお話を前の記事で書きました。
集中して悪いものを取り除く外科手術を行う事で、どうしてそんなに早く治るのかと言う説明をします。

理由は簡単です。
病気の原因と成っているものを全て取り切ってしまうからです。
そうすると、細菌の数が圧倒的に一気に減少し、しかもちゃんとしたメインテナンスを行う事で再感染を防げる為に、素晴らしい速さで治るのです。

ですから、この後の治療で、残っている側左の上下で同じように治療を進めさせて頂ければ、患者さんのお口の中はあっと言う間、病気の原因の細菌が少なくなってくれ、そのお陰で信じられないくらいに早いスピードで、患者さんは治って行くのです。

悪いものがいなくなれば、治るのは早い。
これは簡単な真実だったのです。

逆に言うと、今まではチマチマ処置をしていたから、中々治し切れないでいた、と言う事だったのです。
歯科治療に通い始めると、治療が長く係り、少しやっては次回と言う治療の進め方は、患者さんにとっては優しいように見えて、実は治り切らないと言う問題を抱えていたと言う事に気が付いて欲しいのです。

私は、即時荷重インプラント治療を主に手掛けて来て、患者さんがどれ程早く治る事を望んでいるのか、どれ程歯科医院に行くのが嫌なのか、を思い知らされました。
即時荷重インプラントをしていると、時に歯を残す事に執着されない患者さんが出てしまう事があります。

その最大に理由が、歯の治療は時間が掛かる、と言う事だそうです。

しかし、これでは本末転倒ではないでしょうか?
私は出来るだけ、歯を残しませんかとお話します。
しかし、時に押し切られてしまう事も、恥ずかしい話ですがあります。

その為に、前の記事で書いたように歯の治療をも早く進めるには纏めてやるのが絶対に必要だ、と気が付いてのです。
これは即時荷重インプラントばかりしてきたから、気が付いた事なのでしょう。
そして、私は又もや前人未到の治療を始め、やってみてその劇的効果に驚いた、と言うのが事実です。

その理由として考えた事が、一気に悪い菌がいなくなること、お口の中が改善される事だと悟ったのです。

人の体は悪い邪魔者さえ取り除けば、後は自然に治してくれる、それが神様が御創りになった法則なのです。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

コメント

インプラント治療だけでは治せない

2008年06月27日 | ニュートンドクター見て下さい。
即時荷重インプラント治療をする目的の一つに、出来るだけ早く噛める所を増やすと言うものがあります。
歯がなくなれば、残っている歯の負担がその分増えます。
インプラント手術と同時にすぐに歯が仮にでも入れば、噛める部位が多くなるので、その分早く歯の負担は軽く出来ます。

ところがインプラント治療をするようになったしまっている患者さんは、歯周病とか、親知らずの骨に埋まっているのとか、色々と治して差し上げないといけない問題を同時に抱えている事が多いのです。

それらの歯を残そうと頑張らないで、抜歯してインプラントにしてしまうなら、簡単な治療になるのかも知れませんが、患者さんはやはり自分の歯に愛着を持っていらっしゃるものです。
ですから、できるだけ歯を残しながら、インプラント治療を勧めて行こうとすると、その順序とかが非常に難しくなり、時間が掛かってしまって、何時になったら噛めるんだろうと、患者さんが苦労をしてしまう事に成りかねないのです。

そう言う時、私は出来る限り1回の手術時に纏めて、親知らずの抜歯、歯周病の再生手術、抜歯同時インプラント植立即時仮歯装着、等々をやらせて頂く事もあります。
これは普通の歯科医院では3回以上に分けて行うものですが、私は同時に1回の手術時間の中で出来ます。

これを出来ると、午前中に右の下顎の手術等を纏めて1回でしてしまって、午後に右上顎の手術等を纏めてしてしまう、と言う離れ業のような事もしたりします。
最大の理由は遠方から治療に来られている患者さんが多い為に、集中的に治療をしてしまいたいと言う患者さんの理由によるものです。
こうやると経った1日で、普通の歯科医院で6回以上、およそ2ヶ月は掛かるであろう治療が終了してしまうのです。

これが私が圧倒的に早く治せる最大の理由です。

こう言う手術、治療をしても患者さんの体に掛かる負担が大変ではないからこそ出来るものなのです。
つまりインプラント治療だけでなく、歯周外科治療、親知らずの抜歯手術、これらに伴う顎骨とか歯肉とかの再生治療まで、審美的仮歯を造り上げる事が出来る事、圧倒的な技術を持っている事が、私の最大の特徴です。

要するにインプラント馬鹿ではありませんよ、と言う事なのです。

患者さんのお口の中を劇的に早く改善出来、治せるには、インプラントだけではなく歯科治療を全ての分野に精通し、早く美しく仕上げられる事が、鍵なのです。

即時荷重インプラントの話ばかりしか書いておらず、総合的歯科治療のお話を書かなかったので、誤解を招いている節があり、今日訂正をしたいと思います。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント
コメント

インプラントDRは怖がり位で丁度良い。

2008年06月26日 | ニュートンドクター見て下さい。
インプラントが一般的に成るに連れて、患者さんが安全で安心出来る手術を具体的にどう提供するかが、最重要課題となるでしょう。

その為には、やはり手術直後の歯科用3DCTの画像診断が、大変に重要な意味を持って来ると私自身は予想します。

現在は術前に撮影する事は、結構為されています。

しかし、術後の3DCT画像診断は一般開業医のパノラマとかデンタルレントゲン写真ばかりなのは問題になると思うと言う事です。

結局、インプラントを植立したは良いけれど、実際どんな風に植立しているのかは、3DCTでないと全く分りません。
結局自分の医院で歯科用3DCTを持っていないと、術後の判定が出来ない、と言う事が大きな分岐点となると予想します。

立体的に評価をして無事に植立しているかどうか、評価も患者さん自身が求める時代が来るでしょう。

そうなると、被爆量から医科用では、そんなに続け様に撮影し難い筈です。
被爆量が劇的に小さい歯科用3DCT,特にモリタの3DXが鍵を握ると、私が予言し続けているのは、こう言う理由が大きいのです。

ですから、私はモリタのにしました。
被爆量も十分に考慮して、インプラント治療始め歯科治療に使いたい、それには3DXが一番だと信じています。

インプラント医は、こうして実際を直視してその上でその問題を解決出来る道を探る、用心深いくらい用心深いDRが一番安全である、と知って下さい。
怖がりな位で丁度良い、それは外科の心得でしょう。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント


コメント (2)

インプラントの治療を妨げる食物

2008年06月26日 | ニュートンドクター見て下さい。
食の好みはお口の状況にとても影響します。
特に最近目立つのが、パン食の影響です。

パンは殆どの方が柔らかいと信じているようですが、意外に噛み切るには最後の所で力が必要であり、それが治療中の仮歯を壊す事があります。

なので、特に即時荷重インプラント治療の際には、パンは避けて頂く事をお願いしています。
やはり日本人は、お米、それも柔らかめに炊いたお米が一番安全のようです。

この事に気が付いてから、患者さんにお聞きすると、歯を破壊する方には意外にパン食が多い事に気が付きました。
歯が欠けてたり、割れたりする方に何を食べてますか、と聞くと意外なくらいパンと言う答えが多いのです。

パンは女性がかなり好まれるようです。
私は普段から、ご飯、そば党なので、パンがこれ程好まれているとは思いませんでした。
しかし、パンは日本人の食生活に相当浸透しているようです。

しかし、パンは日本人向きの食べ物ではないようだ、と私は最近感じています。
低カロリーをしようとすると、パンは難しいと言うセミナーも聞いた事があります。

ご飯が日本人には向いている、と信じて、食を帰る事から始めて歯を守りましょう。
それが引いてはインプラント治療の治療中、終了後の安静、安定を齎すのです。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

コメント

インプラントで即日に歯が入る治療を、即時荷重インプラント治療の叶えられる夢

2008年06月26日 | ニュートンドクター見て下さい。
インプラント手術時で直ぐに綺麗な歯を入れられる治療を、当院では90%以上の確立で行っています。
特に患者さんが見えて目立って気になる、上顎では小臼歯、下顎では第一大臼歯までなら、殆どの場合その日に綺麗に歯を仮にでも入れています。

これは現在のインプラント治療の中では、超ハイレベルの治療であり、当院オリジナルの特徴です。
こう言ったインプラント治療を総称して即時荷重インプラント治療と言います。

かつては即時荷重は不可能であると言われましたが、現在では、独自の改良によりインプラント植立を35~45N以上でする事が出来るようになっており、そのお陰でその日に歯を入れても、そのまま骨とインプラントがくっ付いて治療が終了出来るのです。

手術したその日に歯が入りますから、患者さんにとっては歯を取り戻したいと言う夢が即日で叶い、大変に喜ばれます。
涙を流して感動して下さる方もいる位です。

即時荷重インプラント治療の奇跡。
1日で甦る、あなたの若さと美しさ。
夢は叶います、諦めないで下さい!


インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント
コメント

インプラントの長期安定の為には歯周病が重要な鍵を握っています

2008年06月26日 | ニュートンドクター見て下さい。
歯周病が原因で歯を失くす方が、インプラントとなった場合、治療後のメインテナンスには歯茎の健康状態、歯周病の管理がとても大切になります。

ところが歯周病の方は、残念ながら、治療が進んで歯茎の状態が改善すると、とたんに治ったと安心して油断してしまう方がかなりいるのが実情です。

私の所とかでは即時荷重インプラントを出来るので、噛めるのが早く、歯の負担が軽くなるのが圧倒的に早い為に、歯周病の治りも早く、そこで油断してしまう方が出てしまうのです。

これに、私は非常に悩まされています。

歯茎の状態も改善して、噛めるとなると、治療に取り組まれる姿勢が鈍るのです。

これは、即時荷重の困った所と言えると思います。

治るのが早いが故に、もうすんだと安心してしまう。

しかし、即時荷重インプラントとか歯周病治療は、勝って兜の緒を締めよ、なのです。

言い換えると、もうこれで安心と言う所まで、キッチリと治しきる事、これがとても効果的であり、結局早く綺麗に効率的に治る道なのです。

やるべき時には、徹底してやる、これが何事でも重要なのです。

中途半端なままでは、良くなり切れない、と言う事はご理解頂きたいのです。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント



コメント

真っ当なインプラント治療とは

2008年06月24日 | ニュートンドクター見て下さい。
そのインプラント治療が真っ当であるのかどうか、患者さん側には中々判別が付き難いでしょう。
なので、私見ですがこう言う治療なら真っ当であろう、と言う提案をしてみたいと思います。

①最近は歯科用CTがかなり広まっていますし、生涯1度のインプラントですから、必須と考えます。

②歯周病治療は基本であり、歯茎の炎症等は出来る限り治し、周囲の歯の被せ物とかで不良なものはプラークが付着していないように、治す様にして置いた方が良いでしょう。忘れがちなのが舌の表面です。そこも綺麗にして置きましょう。

③噛み合わせの方も、全体的にバランスが取れる状態はどう言う状態なのか、精査をしてあり、できるだけバランスがよいようにして置いた方が良いでしょう。

④インプラント手術をする時には、隣とかで義歯を削っていたりとかしていない、清潔な環境が良いでしょう。手術室持っていたら、チャンと最低毎週滅菌とかされていて清潔であるか、しょっちゅう使っていて、逆に汚れていないか聞いて見ても良いかも知れません。

⑤インプラントの治療計画提案で触診とを用いて口腔内診査をチャンとして、それから提案してくれているかどうか。又上手く行かなかった場合でもどうやってリカバリー出来るかを考えているのかどうか、確かめると良いでしょう。

⑥手術内容に関しては、現時点ではMIである事を念頭に置いてして下さるDRを探すべきで、大きな手術を提案しがちなDRは避けるべきでしょう。但し、専門医でそれを専ら引き受けている方の場合は例外かもしれません。その辺も質問する事で、誤魔化さず応えてくれるDRを探すべきでしょう。

⑦インプラントは適正本数を用いられているかどうか、良く確かめるべきでしょう。現時点では、1根に1本のインプラントはしないと成って来ています。出来る限りブリッジ処理で仕上げて下さる方の方が、治療費も安く済みますし、インプラント周囲の骨も豊富で予後が安定すると考えられています。何でもかんでもいっぱい植立するのは、学問的にも間違えています。

⑧インプラント上部冠の型取りには精密な型取りが必要です。インプラントの場合は、規定の器材を使えば、規定通りに精密に出来上がります。そう言う型の取り方でない場合は拙いでしょう。

⑨被せ物が精密の適合しているのか、試適状態のレントゲン写真を撮影して確認する所を選ぶべきでしょう。又、装着後も仕上がりがどうなのかレントゲン写真で見せてくれて説明して下さるDRなら安心でしょう。

⑩全てが終了した後、メインテナンスでも患者さんごとの方法を提案して下さり、衛生士が指導してくれる所を選ぶと良いでしょう。特に気を付けないといけないのは、インプラント治療の場合は、歯間ブラシが意外にしてはいけない事が多いと言う事です。

だいたい以上でしょうか。
こんな所で探して頂けると、真っ当なインプラント医に当たる可能性が高まると思います。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

コメント

本当に腕の良いインプラントDRは関連メーカーが知っている!

2008年06月24日 | ニュートンドクター見て下さい。
インプラントがやたら目たら増えて、何処に行ったら良いのか、患者さんは迷うばかりでしょう。
ここで一つ良い考え方があります。
関連メーカーに聞く事です。

インプラントメーカーそのものに聞いても、えこひいきをしない為に、匆々は具体的に明かさないでしょう。
しかし、関連メーカーならインプラント関係の器具、器材を当のDRに売っていますから、そのDRの凡その経験数とか、どれ位の仕事しているのかのレベルを知る事が出来るからです。

関連メーカーなら色んなインプラントのDRを渡り歩き、何処のDRが何を使い、どれ位の事をしているのか、結構把握しているのです。

私自身、学会上とかセミナー会場で関連メーカーさんから、結構色々と情報を得ています。
何処で何が起きているとか、何処そこのインプラントはヤバイとか、何処のDRが何をしてしまったのかとかです。

世界でも全く同じです。
演台で話されるDRとか、メーカーとかは良い話しかしませんし、又、ネット内とかでは正しくそう言う状況です。

しかし、裏側に回れば、とても危険な状況がそこらで起きているのです。
当の張本人達は口を噤んで話しません。
当然の如く、身を守るからです。

かつてインプラント創生期に、かなりの大家でも訴訟を抱えていて、それが勲章とか言われていました。
その時代が、又もう直ぐ訪れようとしている、としか私には見えません。

そう言う裏情報は、関連メーカーしか言わないのです。

どこかかにインプラント業界の関連メーカーで知人がいないかどうか、患者さんは色々と当たってみるのも良いでしょう。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

コメント