直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

インプラントとかの歯科業界生情報を発信します!ツイッターで読んで下さい!

2010年08月31日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
最近ブログは休んでしまっています。

本当の本音の情報発信はツイッターmgenchanで検索して読んで下さい。

日々の日常の中でこれは発信したいと思うことをその場その場、瞬間的に140文字で出しています。

正しく日々の臨床の生の情報です。

嘘偽り、騙りなく10年間即時荷重インプラント成功させ続け、低侵襲手術は7年前から改善し続けている私から見てのインプラント業界の情報を出しています。

しかし、ネットは制約が結構あります。

色々な絡みで書けない事も多いのです。

なので、本当の本音の情報が知りたい方には、私が直接書いた本音のレポートを一般の方に無料で配布しております。

”これを読まないうちはインプラント治療は受けないで下さい!”特別レポート、インプラントの真実を知りたい方に無料で配布致します。

ご希望の方はkmdental21_genmatsumoto@yahoo.co.jpまでメールを下さい。
コメント

8月30日(月)のつぶやき

2010年08月31日 | Weblog
01:43 from Keitai Mail
歴史上の事実すら見る立場、見方で解釈は変わる。それを現代の視点からどうこう言うつもりなどないが、物資が不足していた当時の日本の都市を、焼き払う戦略的価値は殆ど高くなかった筈。にも関わらず行われた理由が、歴史的にも責められてもしかるべしなのだ。分かり易く言えばやり過ぎなのだ。
01:53 from Keitai Mail
エノラゲイの搭乗員は何人も自殺しているそうだ。良心の呵責に耐えられなかったのだろう。自殺は厳しく禁じられている、キリスト教徒が自殺する位の苦しみ、かなりのものだったのだろう。ガラシャ夫人は関ケ原で、自害出来ないため家来に自分を殺すことを命じた。彼女の死が東軍勝利の遠因になった。
02:08 from Keitai Mail
私はアメリカ人は好きだが、アメリカと言う国家には複雑な思いを抱かずにはおれない。マナーとして、日本人故に、抗米とでも言う意識は根底に持っている。対抗し続け見返してやる、いつかは負かしてやる、と言う気概とでも言い得るだろう。又は古き日本人の誇り、プライドを強く抱くとも言える。
09:01 from web
7つの習慣は初版本で出た時に直ぐに購入して読破した思い出の本。週間ダイヤモンドで今回特集している。懐かしく、再読する為に再購入をしようかと考えている。あの当時抱いた感想は、私自身が30代早々と若く、又恥ずかしながら海外にも出ていなかった為に、アメリカと日本では違うしなー、だった。
09:49 from web
歴史の流れの必然で、必ず処置は低侵襲、無痛に進んで行く事は間違いがない。幾ら口では低侵襲を唱えていても、拡大視野で治療をしていないDRの仕事には上限が出るだろう。裸眼で5倍が見えている天才でも、10倍になると見えない。拡大する仕事は最早DRにとって義務であろう、と私は考えている。
09:54 from web
最初に会った時に、首から拡大鏡を下げていないとか、拡大で仕事していないようなDRは避けた方が良い、と私は思う。患者さん側で選択眼を持てば、DR側は必然的に変わるだろう。歯科用CT普及よりも、拡大視野の普及が遅れているのは、私は大問題だと信じている。インプラント宣伝の為のCTでは?
09:59 from web
お飾りのCTが増えているのも裏の事実。入れたは良いがそれ程稼動してない、使えていないと言う話を本当に良く聞く。結局インプラントブームにDRも乗せられて、業者が一番美味しい思いをしているだけ、と言うインプラント業界で良く起きている形態に陥り始めている。新古品のCT破格値取引も近い?
10:05 from web
皆大きな勘違いをしていて、広範囲を1回で撮りたがるが、歯科用CTは特に小範囲が精密の取れることこそが命だ。3DX以外の広範囲しか撮れない他社CTは、細かい所見ようとすると見えない。解像度の方をハンスフィールド値より重視すべきなのである。インプラントしか考えていないから気にしない?
11:51 from web
歯科用CTであれば低被爆と言うのも嘘。広範囲で撮影すればヘリカルCTと殆ど変わらないか、もしくは多くなるくらいである。海外の論文できちんと証明されてしまっている事実だが、業者は伏せている。海外の専門家は、日本人でのデータが今後どう出るのか見ている。日本は医科も含めてCT天国だから
12:08 from web
言いたい放題書いているように見えるかもしれませんが、これでもかなり遠慮して書いています。本当の本音で、こう言うネットの公開の場では疎かには書けない話が、インプラント業界は一杯あります。だからマル秘レポートを書いて、無料で患者さんに配布しています。真実を知りたい方にお送りします。
13:20 from web (Re: @implantnavi
@implantnavi インプラント魔移入後⇒インプラント埋入後ですよね。しかし現実的にもインプラント魔移入の字を使いたくなるような仕事が増えているのが現実だったりします。そのような事態を招かない為の術式、非常に大事でしょう。如何に1回切りで手術終わらせ患者さん救うのか?です。
13:45 from web
長田のズームアップ読んでいたらGBRで著名な山形の成瀬啓一先生が今年のPRDのポスターセッションに出されてた、と知りました。流石成瀬先生ですね。100倍以上の競争率に勝って出せたんですから。2004年の時は福岡の船越先生と名古屋の上田先生と私、2007年の時は相模原の中川先生と私
by mgenchan on Twitter
コメント

8月29日(日)のつぶやき

2010年08月30日 | Weblog
20:48 from Keitai Mail
今日の東京新聞のトップ記事は、日本空襲の実態 世界に発信、インターネットで日米双方の資料を公開する「日本空襲デジタルアーカイブ」設立計画を神奈川県在住のアメリカ人男性の事。世界が資料全て見て、考え方変わる事を心底願う。グランドゼロに劣らない愚行しるべき。
by mgenchan on Twitter
コメント

8月28日(土)のつぶやき

2010年08月29日 | Weblog
08:14 from Keitai Mail
新しい概念が、広く受け入れられ正しく広まって行く迄には時間がかかる。救われる可能性が高い患者さんがちゃんと救えるかどうか、医療人の責任はとても重い。牛痘を広めようとした緒方洪庵先生の昔より、真実を伝えようとする意志が何より大事。牛の糞ぶつけられても、先生は決して怯まなかった。
08:45 from Keitai Mail
新しいものもいつかは古びて行く。時代の流れはとても早くなって、かつてなら権威は亡くなるまで権威足りえた。しかし、今は10年持てば良い方と言える時代になった。反面、新旧が入り乱れ、何が正しいのか間違っているのか判断が難しい時代でもあろう。最後には自分なのだ。
08:52 from Keitai Mail
従って、勉強は生涯続けなければ、新旧すら分からなくなる。歴史的な流れも押さえねば見えてこない。又重要な考え方として、積み上げた実績ばかりに縋るのにも問題があるのだから、難しい。嫌がられるかも知れないが、お天道様の視点が大事だろう。
12:54 from web
今日の新患のご相談内容も、骨がなくてインプラントできないと診断された、と言う方。歯科用CT3DXで見ると全くそんな事はない。GBR骨造成すら必要ないんじゃない?と見える状況で、こう言う事が日常茶飯事で国内で起きているんだろうなー、嘆きました。正確な診断、治療計画もっともっと重視!
12:59 from web
その患者さんの治療に、本当にGBR骨造成や歯茎増生術が必要なのかどうか、口腔内の見た目だけで診断をされている事が多過ぎる、と私は思います。かつて専門誌に載っていた症例も、GBR骨造成要らないのにブロック骨移植されていたりしていました。今の時代ですら似たような出来事が多発しています
13:07 from web
GBR骨造成やサイナスリフトが流行り、皆がやりたがるのは、自分が凄い事ができると客観的にも事実を残したいから、と言う実に下らない理由が少しあるのは誰も否定できないだろう。こんな事出来るんだから凄いでしょ、と言う心理は患者さんの事を真に思っての事なのかどうか、厳しく問い詰めるべきだ
13:13 from web
GBR骨造成は20年近く前、日本のインプラントの始祖が挙手して質問をしたくらいの歴史が既にある。しかも、歯科用CTの進化でかなり吸収してしまうと判明してしまった。だから、HAハイドロオキシアパタイトなどの吸収しない材料を使って行うのが定説化しだしている。GBRは新しいものではない
13:20 from web
サイナスリフトも20年以上前から行われだしていて、いまだにサイナス内に何を詰めるべきなのか、詰めない方が良いのか論争は終結していない。但し、ラテラル側壁からの手術方法では侵襲が大き過ぎるので、侵襲の小さい歯槽頂クレスタルアプローチ、ソケットリフト法などの応用にシフトし出している。
13:29 from web
ところが、ソケットリフトの安易な活用で、サイナス内にインプラントを落としてしまうと言う事故が、表に出ないだけで結構多発している。しかも最悪なのは落としても取り除けないDRがしてしまう事で、そのまま放置と言う事すら置き始めている。実力不足DRがGBRやサイナスに手を出してはいけない
by mgenchan on Twitter
コメント

Fw:「仕事のヒント」85

2010年08月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
「仕事のヒント」神田昌典365日語録
――――――――

キーワード:
すべての欠点は、長所である。

解説:
凡人に留まる人は、自分の欠点を言い訳にして諦める。
成功する凡人は、欠点を自分の長所に言い換える。
たとえば、「私は怠けものです。その怠け者でもできる資格取得法があります。」


「仕事のヒント」神田昌典365日語録 株式会社ALMACREATIONS発行
Copyright(C) 2005
Almacinc
※パソコン・携帯電話、両方で登録いただけます。是非ご活用ください。
※1つのメールアドレスに対し、1通のみの送信となります。
※神田昌典365日語録本文は著作権により保護されていますが、
あなたのビジネスのお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際には、
「神田昌典によれば・・・」と、出典を明らかにしてくださいね。
※知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招く
ような過激な表現をしている場合もございます。
「こりゃ違うんじゃないか」と疑問に思うところから、ご自身の
発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
内容についてのご質問もお控えいただきますようお願いいたします。
※本メールマガジンは、以下の規約に同意して頂いた方に配信されております。
規約はこちら→ http://www.almc.jp/m_kiyaku.html
規約をご一読ください。万が一、規約にご同意いただけない場合は、
配信を解除をくださいますようお願い申し上げます。
※本メールマガジンの発行の有無、頻度、発行日、送信時刻は当社
の裁量にて決定させていただきます。また、発行の遅延等に関しては、
一切の責任は負いかねますので、予めご了承ください。
※メール配信は再送信いたしません。解除後、下記より再登録をお願い
致します。またご登録いただいた上で下記よりご希望の号のご指定ができます。
ご希望のご指定がない場合は1号から再スタートとなります。
新規登録ページはこちら→http://www.almc.jp/
配信号変更はこちら→http://www.almc.jp/haishin_num01.php
※メールアドレス変更、配信停止は下記からお願いいたします。
→ http://www.almc.jp/mm/regist/update_news01.php?group_id=1


株式会社ALMACREATIONS
※メール配信に関するお問い合わせは info365@almc.jp まで。
Copyright(C) 2005 ALMACREATIONS,Inc. All Rights Reserved.
コメント

8月27日(金)のつぶやき

2010年08月28日 | Weblog
08:12 from Keitai Mail
笑い話?杖ついてやっとこ通ってる患者さんの残根抜歯して、勤務医が術後の注意事項説明しました。激しい運動はしないで下さいね。患者さんが一言。できません。
08:22 from Keitai Mail
なんでこんなに歯が悪いんでしょう?と言い、嘆く患者さんに鏡を持たせて一言。犯人はそこにいます。
09:17 from Keitai Mail
超美人の独身の患者さんが、先生お話があるんですがに、え何ですか?とちょっと期待。実は私3ヶ月なんですが、歯の治療は影響ないですか?あ、そうですか、おめでとうございます、で慌ててカルテ調べて、大丈夫ですよ。まるで寅さんみたいでした。
10:34 from web
10倍の拡大鏡と新しいライトの組み合わせ、最高に良いです。見ている視線と同じ所から照らしてくれて、しかも色合いが良い。こりゃ本当に凄い!益々拡大鏡の使用ばかりになってしまう、私です。フル充電すれば7時間使用可。1日中使用できる訳ですから、本当に良い。これで又より良い治療ができます
15:33 from web
IDEAから帰国して、ハードな仕事が目白押しでややお疲れ気味です。でもDR.ラムに教えていただいたメソッドに従って、全く腫れない痛まない即時インプラント治療を完璧にできてて、仕事の内容、レベルには大満足しています。昨日の上顎の重症歯周病による全顎抜歯即時インプラントも完璧でした!
16:20 from web
一般の方、患者さん向け、特別無料レポート"これを読まないでインプラント治療は受けないで下さい!"配布中です。ネット、ブログ、HP等では書けない本当の話を本音で解説しています。ご希望の方はkmdental21_gematsumoto@yahoo.co.jpまで。
16:35 from web
10本以上の歯を抜歯して、即時インプラントして、綺麗に仮歯入れて、骨のない所にはGBR骨造って、歯茎も再生するようにして、かなりの大きな手術をしても低侵襲手術を極めれば、全く腫れないし痛まない。やがて、これが当たり前の時代が必ず来る。古い時代には、早々にお引取り願わねばならない。
16:46 from web
DR.ラムによると、即時インプラントすることで、人の体は大きな介入をする手術よりも治りが良く、更には計画通りに出来れば審美的、機能的な治療ができる。低侵襲手術は痛まない腫れないだけが特徴なのではなく、それによって骨とか歯茎とかの反応が促されてより促進して綺麗に早く治せる事になる。
23:06 from Keitai Mail
言い忘れてましたが、10月8日から10日横浜でクイント主催の国際歯科大会ありますね。今を知るには最高の機会ですから、有志の方は参加しましょう!別に宣伝費貰ってませんが、良いものは紹介したいので。日本デンタルショーも同時開催ですね。
by mgenchan on Twitter
コメント

8月26日(木)のつぶやき

2010年08月27日 | Weblog
07:47 from Keitai Mail
ティッシュ-ダイレクトインプラントは軟組織巻き込んで成功しない、と言うのはドグマで、ちゃんとしたやり方すれば成功率は通常のやり方と変わらない。その鍵はプラークコントロールと歯科用CTにある。ブラインドな手術は凄く難しい。安易に真似することなかれ!分かる人には分かるだろう。
07:58 from Keitai Mail
インプラント治療の新しい時代はそこまで来ている。しかし、正しく広まるまでには紆余曲折があるだろう。一番の怖い要因は、やたらめたらやりたがる歯科医だろう。次に安易に考え指示守れない、説明聞かない患者さん。結局ちゃんとやれれば上手く行く。シンプルが意外に難しい。分かった気になるから
08:10 from Keitai Mail
神社の参道、お参りする時に真ん中は歩いてはいけません。真ん中は神様の通り道だからです。人は必ず真ん中は避けるのがお作法です。今朝も又年配の男性が間違えたお参りされてまさた。しかも、柄杓に直接口付けると言う無作法ぶり。日本文化が失われてて嘆かわしい。やはり団塊世代でした。
08:34 from Keitai Mail
ドグマ、刷り込み、思い込み。これらは暗示、洗脳と考えて良いでしょう。本当にそうなのか?科学、医学、生物学的視点は決して欠かせないものです。何故なら、人は信じたいものしか信じませんが、事実は時に人を裏切るからです。その時何故なのか?が何よりも大切です。
08:44 from Keitai Mail
今のインプラント治療にも、ドグマがかなり沢山あります。全てが明らかになるには、まだまだ暫くの時間がかかるでしょう。私は新しい種を蒔き、育てる方に集中したい、と宣言します。古い方々と論争するのには厭き厭きしました。即時荷重、歯科用CT、拡大鏡否定者の相手とか。事実だけ提示します。
by mgenchan on Twitter
コメント

Fw:「仕事のヒント」83

2010年08月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
「仕事のヒント」神田昌典365日語録
――――――――

キーワード:
セルフイメージを変えると、一瞬で自分を変えることができる。

解説:
目標を持っていても、自分がそれを達成できるというイメージがなければどうしようもない。
自分を変えたいのであれば、自分に都合のよいセルフイメージを紙に書いて朝晩眺めてみよう。
そうすると自分は、都合のよい催眠術に落ちる。


「仕事のヒント」神田昌典365日語録 株式会社ALMACREATIONS発行
Copyright(C) 2005
Almacinc
※パソコン・携帯電話、両方で登録いただけます。是非ご活用ください。
※1つのメールアドレスに対し、1通のみの送信となります。
※神田昌典365日語録本文は著作権により保護されていますが、
あなたのビジネスのお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送、転載していただいて構いません。ただ、その際には、
「神田昌典によれば・・・」と、出典を明らかにしてくださいね。
※知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招く
ような過激な表現をしている場合もございます。
「こりゃ違うんじゃないか」と疑問に思うところから、ご自身の
発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
内容についてのご質問もお控えいただきますようお願いいたします。
※本メールマガジンは、以下の規約に同意して頂いた方に配信されております。
規約はこちら→ http://www.almc.jp/m_kiyaku.html
規約をご一読ください。万が一、規約にご同意いただけない場合は、
配信を解除をくださいますようお願い申し上げます。
※本メールマガジンの発行の有無、頻度、発行日、送信時刻は当社
の裁量にて決定させていただきます。また、発行の遅延等に関しては、
一切の責任は負いかねますので、予めご了承ください。
※メール配信は再送信いたしません。解除後、下記より再登録をお願い
致します。またご登録いただいた上で下記よりご希望の号のご指定ができます。
ご希望のご指定がない場合は1号から再スタートとなります。
新規登録ページはこちら→http://www.almc.jp/
配信号変更はこちら→http://www.almc.jp/haishin_num01.php
※メールアドレス変更、配信停止は下記からお願いいたします。
→ http://www.almc.jp/mm/regist/update_news01.php?group_id=1


株式会社ALMACREATIONS
※メール配信に関するお問い合わせは info365@almc.jp まで。
Copyright(C) 2005 ALMACREATIONS,Inc. All Rights Reserved.
コメント

8月25日(水)のつぶやき

2010年08月26日 | Weblog
09:17 from Keitai Mail
患者さんに痛い思いをさせないには?その概念が恩師ラムの根本です。手術できる事、する事に溺れない。患者さんがハッピー、DRもハッピー、皆がハッピー。それが彼の哲学、信念です。この宝灯を日本に根付かせ花開かせたい。私の心願です。
by mgenchan on Twitter
コメント

ガンダムin 静岡

2010年08月25日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
見て来ました!

坊主も喜んでました!
コメント

8月24日(火)のつぶやき

2010年08月25日 | Weblog
12:27 from web
伝統ある’はやぶさ’の名前が、全く縁のない東北新幹線に取られた為に、鹿児島と大阪の新幹線の名称が’さくら’や’みずほ’になってしまう。凄い残念。’はやぶさ’は東京と西鹿児島を長く結び続けた伝統あるブルートレインの名前。新幹線で復活して欲しかった!!!名前は無理無理付けると良くない
12:33 from web
かのグランドゼロも、歴史に名を残す大馬鹿大統領ブッシュJrが言い出して付いてしまった。ジョニー・デップが本当のグランドゼロは別にあると発言して物議を醸したそうだが、彼は立派だ。本当のグランドゼロは原爆の爆発中心地の事、つまり広島、長崎の被害を意味しているのだ。名前は凄く大事だ!
12:35 from web
それこそ青森・札幌が、今日から東京と言い出すような違和感を私は感じて仕方がない。カムバック!はやぶさ!!!
13:16 from web
世界は変わり続けている。今年のIDEAセミナーも素晴らしかった。患者さんに痛みを与えない、辛い思いをできるだけさせない。その概念の具体化で、私自身恩師DR.ラムの哲学を脈々と受け継いでいる事が確認できた。今回参加いただいた先生方も感銘を強く受けたとの事。とにかくDR.ラムは人格者
13:22 from web
低侵襲外科手術は今後益々求められ、応用されて行く事は間違いない。キーワードはとにかく患者さんに辛い思いをさせない為にはどうしたら良いのか?を考えて術式を生物学的考察の元で変えて行く、改善して行く事に尽きる。概念自体が、従来とは全く違う手術なので、言葉だけで説明するのがとても難しい
13:27 from web
影響されて術式を改善された先生からのご報告を聞くと、全く今までの状態と違って、患者さんが痛がられない、腫れない、で喜ばれるとの事。私のオペ見に来られた先生方は、余りの違いに眼を白黒させる。半信半疑で帰られて、実行されない、出来ない先生も残念ながら多い。概念の理解が鍵を握っている。
13:36 from web
私はライヤー、嘘吐きではないので、オペ見は常にお受けしている。但し、オペ見代は3万円で、見学の先生からそのオペの患者さんにお礼をお渡しする、と言う形を取っている。私自身は全くいただいていない。ご希望の方はkmdental21_genmatsumoto@yahoo.co.jpまで
13:50 from web
一般の方、患者さん向け、特別無料レポート"これを読まないでインプラント治療は受けないで下さい!"配布中です。ネット、ブログ、HP等では書けない本当の話を本音で解説しています。ご希望の方はkmdental21_gematsumoto@yahoo.co.jpまで。
14:08 from web
あいも変わらず大きなオペがまだまだ蔓延している。サイナスリフト、GBR等骨増大術大流行、は何時になったら終わるのだろうか?其処までの大きなオペをしなければいけない患者さんが、一体全体本当にどれだけいるのだろうか?私は物凄く大きな疑念を抱いている。絶対の否定はしないが肯定もしない。
14:13 from web
現実に私の門を叩く患者さんは、その手のオペを勧められて、どうしても本当か確かめたくて来られる方が殆ど。そしてそれらの殆どの方が、そんな大袈裟なオペしないでも解決できている。勿論、これはと言う方は、私が信じている凄腕のその道の専門家に依頼している。超低侵襲外科手術が私の専門だから。
14:58 from web
皆いつかは必ず死ぬ。だからと言って皆切実に感じている訳ではないだろう。しかし、明日もし万が一で死んでも悔いがないように、私は言いたい事、残して置きたい事ははっきり明言しておく。本当に大きな手術しなければいけないのか?即時荷重インプラント治療は出来ないのか?夢に挑戦する、し続ける!
15:02 from web
リトル・ボビーを心の中に置いておいて、ワクワクする事、叶ったら良いな、と思う事に全身全霊を掛けて挑み続けるのが私の人生。恩師DR.ラムのフェアウェルの言葉の本当に伝えたい事、価値ある人生を決して急がないけれど日々向上し続ける意志を持って仕事を続け、それで自分を誇りに思えるのが大事
by mgenchan on Twitter
コメント

8月23日(月)のつぶやき

2010年08月24日 | Weblog
11:25 from web
肺癌で亡くなる方が本当に増えていますね。かなりの方がタバコが原因だと思います。タバコによる死亡は、緩やかな自殺と同じでしょう。将来的には唾液や血液で遺伝子とか調べてタバコに対する耐性の有無を調べられる時代が来るでしょう。一日でも早くそう言う日が来る事が、財産と言える人間を守ります
13:03 from web
当院の診療時間が本日より9時から6時に変更致しました。昼休みは基本1時から2時ですが、患者さんの治療内容によっては、スタッフに代わりばんこで休みを取らせるシステムに変更しました。6時には帰れる、と言う1日が長く使えるのが予てからの望みでしたので、この機会に思い切って変更しました。
13:09 from web
今回のIDEAのセミナーも朝7時半集合で開始でした。その代わり終わるのは5時前で、とても人体の本来のシステムの合っている、と私は感じました。2003年に始めて教えていただいた時には朝6時半集合で、7時にクリニックで、もうオペ始まっているのがDR.ラムのやり方、と言うかアメリカです
13:15 from web
アメリカは朝型です。7時にオペ始まってて、4時過ぎたら終わる。1日でオペする患者さんは5~6人位。その他に経過観察とかカウンセリングの患者さんとかを見て、話して、実に楽しそうに診療しているのが印象的でした。そう言う感じの診療スタイルにとても憧れていて近付けたいと願っての変更です。
13:28 from web
なので、実は本当の希望は8時~5時でしたいなー、と願っています。朝型の診療スタイルが長年の希望です。夜は基本的にエネルギー充填の為の時間。お日様が出ると供に仕事して、沈んだら休む。それが生物としての人の法則だと信じています。それに逆らってオペしても治りが悪いのでは、と疑ってます。
14:36 from web
今回のIDEAセミナーも非常に楽しく、参加いただいた先生方も大変に満足いただけました。内容も示唆に富み、私自身DR.ラム直系の愛弟子なんだなー、と再確認させられることが沢山ありました。低侵襲で、患者さんに痛みがなく手術すると言う点で、彼の右に出るDRは世界にもいない、と思います。
14:41 from web
どう言う手術の方法を採れば、患者さんに痛みとか、嫌な経験をさせないで済ませられるのか?その1点で、彼のフィロソフィーは素晴らしいものがあると思います。彼のオペを見てしまうと、日本で行われているオペは90%位オーバートリートメントでは?と思うのです。'95年からの歴史を感じました。
14:45 from web
DR.ラム自身歯周病専門医ですから、かつてはかなりのオペをして来た事は疑いようがありません。それが95年から変わって今に到っているそうです。その成果を彼自身が、より予知性があり、より審美的で、低侵襲だ、と説明をしています。D.ターナーも生物学的にも正しい、と評価しているそうです。
14:48 from web
IDEAで10日~13日D.ターナーが最新インプラントのセミナーを開催していました。その直後のジャパニーズセミナーでしたので、その情報も色々とあり、ターナーは、DR.ラムの治療は凄いけれど、凄く難しいであろう、と批評していたとか。確かに、その事は私も強く感じます。低侵襲は難しい。
15:38 from web (Re: @suenagadental
@suenagadental 素晴らしい刺激になったようで、とても嬉しいです。患者さんの為に、是非是非応用して下さいませ。私自身の経験上、とてもよい結果が出る事をお約束します。そのご報告聞くのがとても楽しみです。又!
16:03 from web
敢えて実名を書いて抗議します。ファインキューブを小児の撮影に使い歯牙腫を見付けられると書いてある記事を読みました。被爆量を考えるととんでもない事だ、と私は思います。広い範囲内でしか撮影できない歯科用CTを小児に使うべきではない、と私は義憤で発言致します。間違っていたら教えて下さい
16:06 from web
小児には、CT等の撮影は相当に慎重であるべきだ、と私は信じます。それに耐えられるのは私はモリタのものしかないのでは、と考えています。だから3DXしか選択肢がありませんでした。インプラント目的で入れた歯科用CTを安易に子供に使う事は、症例を考えると非常に拙い、と考えています。如何?
16:45 from web
欧米では、レントゲン撮影と白血病の発症率が上がる相関性をかなり気にしているのが現状です。被爆国であるのに、日本人は意外に被爆量を気にしていません。過敏に成り過ぎるのは問題が多くなるでしょうが、歯科用CTの広い撮影で、子供を平気で撮る感覚は、私には強く違和感があります。将来が心配
17:28 from web
6時で終われると言うのはやはり良いですね。今日の診療は終り、後片付けしています。1日が長く使える、本当に素晴らしい。皆様にもお勧めします。朝型の生活習慣は時間を有効に使える。成功者には朝型、短時間睡眠が多いとか。この調子でこれからの人生行きたいと思います。本格的にペーパー書ける!
17:32 from web (Re: @nteeth
@nteeth 良かったですよ!川村先生と小原先生も大満足でした。概念が全く違うインプラント治療が、九大OBから始まる予感がしますね。明らかに時代はラム先生を追い掛けているのを実感できます。次回の歯科医療の連載の登場宜しく!東京に何時来るのですか?その時にミーティングしましょう!
by mgenchan on Twitter
コメント

8月22日(日)のつぶやき

2010年08月23日 | Weblog
03:13 from Keitai Mail
実に不思議な出来事で、巡り合う人とは必ず会う定めなんだなー、と感じます。やはり、ご縁一期一会なのだなー、と実感するのです。サンフランシスコ空港で、偶然にも今回参加下さった先生2人に別々に会いました。あの広い空港内で偶々会うなんて、本当に凄いです。こう言うご縁大事にしたいものです
15:47 from Keitai Mail
日本に帰って来ました。暑い。恩師に又、新たなる道を指し示されて帰国しました。より予知性があり、より審美的で、痛み腫れがなく、皆が幸せになる外科治療、と言うものを改めて認識させられました。真実を求めて、更なる高みを目指します。
by mgenchan on Twitter
コメント

8月21日(土)のつぶやき

2010年08月22日 | Weblog
17:01 from Keitai Mail
IDEAセミナー三日目も無事終了しました。ご参加いただいた先生方皆さん大満足のレクチャーで、とても嬉しく感じました。こうして新しい道が少しずつ広がる事ば本当に素晴らしいと思います。今から寝て、明日帰ります。帰国はちょうど24時間後位です。
23:03 from Keitai Mail
サンフランシスコは朝の7時。さあ日本へ帰ります。
by mgenchan on Twitter
コメント

8月20日(金)のつぶやき

2010年08月21日 | Weblog
15:04 from Keitai Mail
IDEAセミナー2日目終わりました。皆さん大満足いただけて、とても嬉しいです。サンフランシスコ市内に出てイタリアン食べ盛り上がりました。恩師ラムの人柄、話す内容に皆感銘を受けてくれています。本当に良かった。
by mgenchan on Twitter
コメント