直ぐに歯が入る腫れない痛まないインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者が患者さんの為に情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入るインプラント治療のパイオニア日本口腔インプラント学会専門医が患者さんの為に情報提供

医療不信の根の深さ

2009年08月31日 | 日々のインプラント臨床の話
非常に残念な話を又書かなくてはいけないのが嫌ですが、誰かがチャント広報して医療人だけではなく、患者さん達にも考えていただかないといけない、と考えますので書きます。

私は、誰もが言わなくてはいけないのに言えないとか、信じ込まれていて全く間違っている情報に対して、自分自身が気が付いた場合、嫌がられたり叱られたりする事も仕方がないと覚悟して、より良き未来の為に敢えて先陣を切って書かせていただいたり、話させていただいたりまします。

今日は、患者さんが根本的に持っている医療人が何がしかの事をして金儲けをしていて、凄く儲かっているんじゃないのか、税制上でも恵まれていて、一般人に比べると得しているんじゃないのか、と言う誤解についてです。

さるサイトで見たのですが、虫歯の治療に掛かってDRが神経の治療をしたいからされたんじゃないのか?と言う疑問を書かれているのを読んでしまいました。

心の底から、又かー、と悲しくなりました。

保険診療では、我々歯科医がどれ位儲かっていると、患者さん達は考えているんでしょうか?

こう言う疑問を読むと、余程お金が儲かるから神経を取る事をしたんじゃないのか?と言う思考をしているのが推察されるのです。

はっきり言って、神経の処置は保険上では信じられない位に低点数で押さえ付けられており、殆どの場合歯科医の持ち出し、もしくは適当なレベルで手を打つ、と言う事でなされていると思います。

私の日頃、強拡大鏡下で全ての治療を行っており、保険であろうと自費であろうと全力を尽くして良くして差し上げようと頑張っています。

強拡大鏡下の仕事は5~8倍の仕事なので、細かい所まで良く見えてそれをチャントするととても時間が掛かります。

必然的に、保険治療では大赤字です。

なので、私の所では最終的な補綴治療等やインプラント治療で何とかクリニックが成り立つように、自費治療を取り入れてしています。

大赤字の保険での強拡大の治療とか、手の込んでいる総義歯の治療とかでは、全く成り立ちません。

個人的感覚では、現行の3~5倍の点数でないと採算が合わない、と感じています。

その穴埋めで、より良い治療を求めている患者さん方に、自費をしていただいて成り立っているのです。

又、お金儲けのお話に成るのですが、殆どの歯科医は金儲けとかは度外視で、患者さんの為に身を粉にして頑張っているのです。

ご存じないと思いますが、歯科医の平均寿命は一般の方よりも3年以上短いと言うデータがあった位です。

それだけ頑張って、漸くそれなりの企業の管理職クラスの収入があれば良い方で、現在は歯科医のワーキングプアーが指摘されている位です。

何かすれば相当儲かるというのは、完全に邪推で、マスコミとかに意識を操られている、と言うしかないと思います。

殆どの歯科医は、真面目で一所懸命に患者さんに尽くしています。
とても素晴らしい方々なのです。

そして、大きく言いたい事は、こう言う不景気の時代にこそ体を悪くしない為に、医療(歯科だけではありません)に通って体を守るべきだと思います。

掛かるべきを掛からず、悪くしてしまったら、後からもっと大変に成ります。

それを避けるには、早め早めが一番なのです。

噂に聞くと、医療界が一番後回しになっている、しかも今回取り上げたような邪推が罷り通っている、そう言うのは本質を見失っている、結局一番損をするのは自分だ、と患者さん達は気が付いて欲しいのです。

楽ばかりを求めていると、後からより大変な事が来る。

その事を良く認識して下さい。

我々は金儲けする為に、わざわざ不必要な事まではしません。

仕方がないからしている、そして、そこまで悪くしてしまっているのは患者さん自身でもある、と理解して下さい。

より良き医療の実現には、医療界は勿論患者さん自身も賢くなられる事も大切なんじゃないですか?と提言して締め括ります。




コメント (2)

ソウルのインプラントセミナー参加出来ず御免なさい。

2009年08月29日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
急遽予定変更で、ソウルのインプラントセミナー参加はキャンセルさせていただきました。

皆様にはご迷惑お掛けし申し訳ありません。


父の関係で、家族に係わる重要な用事が起きて、そちらに出掛けました。

幸いにも心配事は無事解決し、大丈夫なのが判明し、お役目は果たせました。


果たせて思う事は、私のお役目はやはり真摯に実直に進む事なんだ、と言う事です。

ただただ直向きにコツコツ進む。

それが私の道なのです。


インプラントでお役目果たす為、頑張ります。

セミナー出来るだけ行きます。
コメント

次世代へ伝承したいインプラントの事2

2009年08月28日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
次世代へ伝承したい事の続きを、今日も書かせていただきます。

今日は基礎、特に根管治療が重要と言う話です。

根管治療は正にブラインドテクニックで行うもので、指先の感覚とレントゲンが頼りの世界です。

そこで繊細さを極めた技術を体得する事は、必ずインプラントにも凄く活きる事でしょう。

又、根管治療する事で骨が回復し、骨造成になる事も有り得ます。

インプラントが流行る事で、基礎的治療を軽んじる傾向が見られますが、余程の事情がない限り根管治療や歯周病治療は必ず行うべきです。

根管治療イコール抜歯、は行き過ぎでしょう。

行き過ぎた治療は、必ずきついしっぺ返しが来ます。

患者さんの為に踏み留まる勇気を持って欲しい、切に願います。

根管治療して大きな病巣が治り、歯周治療で骨が再生している感動は、患者さんの心に必ず届きます。

我々の目的は口腔機能の維持で、インプラントする事ではありません。

インプラントが目的になってはいけない、あくまで手段である、それを見失わないで下さい。

根管治療を大事にする事は、それを忘れない重要なものなのです。


いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。
コメント

次世代へ伝承したいインプラントの事1

2009年08月27日 | 即時MI審美インプラント治療の話
私はたまたま就職した先生がインプラントを手掛けている先生であった為、歯科医に成った時からインプラントと関わって来ました。
卒業した昭和62年、1987年はサファイアインプラントが花盛りでした。

それと同時に、ブローネマルクインプラントも日本に導入されだしている頃で、歯根型インプラントが始まる頃でした。
又、ブレードインプラントと言う今では殆ど見なくなったインプラントも、かなり使われていましたし、サブペリ(骨膜下)インプラントも知られていました。

今現在の歯根型のインプラントが主流となり、定着するには紆余曲折があったのです。

これからの世代はこう言う歴史は知識でしか知らないでしょうし、実際にする事などまず有り得ないでしょうが、敢えて、やはり歴史から学んで欲しいとお願いしたいのです。

添島先生のお話を聞かせていただいて、後から思った事なのですが、本道、中心から外れていないかどうか、それを知っている事が大切なんだ、と教えられました。

そして、本道、中心から外れない為には、そこに到るまでの歴史を知る事、自分は変な所に行ってしまっていやしないかどうか、見定めるもう一人の自分が自分の隣にいて自分の臨床を見ていて、冷静に判断を下している、それが大切で、その事を今の若いインプラントをこれからどんどんやって行こうとしている先生が気が付いていない、と憂いていらっしゃいました。

そんな中で、私の本がもうすぐ50代、ベテラン中堅所の世代として、先生が言いたかった事の一端を担うものとして発信している事を、大変に高く評価いただいたのです。

確かに、私の意識の中でもあの本の狙いの中心世代は30代、20代はギリギリで次代を背負う方々への送る言葉的なものであった事は否定出来ません。
勿論、同世代、年長者世代で今正にインプラントを次々とやっている先生方にも、出来る限り患者さんの為に低侵襲で解決していただきたい、それが先生方なら出来る筈だ、と言う志も強く抱いています。

私の本は、そう言う意味で伝承として考え方、概念、歴史、方向性を個人の責任として発信したものなのです。

そして、本当の狙いは、今の当たり前と思われているインプラント治療に風穴を開けて、真に患者さんの為にどう言う治療をしたら良いのか?と言う問題提起を投げ掛けている、インプラント界に新しい爽やかな風を送り込みたいと願っているのです。

これは、何度も繰り返しますが、私の方法が絶対ではないと言う事を意味してもいます。

私の提言が一つのきっかけとなって、より良いインプラント臨床がスタート出来る事、それが心からの願いです。

硬直した考え方、これが絶対に正しいと言う考え方は、最も嫌います。

どんな時でも、何時の時代になっても今のやり方は過去になるのです。

つまり、改善・改良、根本からの概念の変化による決定的変化は起きるかもしれないのです。

生意気ですが、私は2000年、そして2003年のDR.ラムとの天恵により、決定的変化をしてしまい、蛹が蝶になる感覚を味わいました。

しかし、それもこれも私なりに臨床を積み上げて、総義歯では恩師から免許皆伝を授かり、インプラントでもやはり恩師から合格と認定され、更なる発展を期してKIRGの門を叩き、船越ぺリオ、くれなゐ塾、臨床基本ゼミ、筒井塾、IPOI、FSA、CE、と歴史を踏まえながら学んで来られたからの神様からのプレゼント、だったんだろうなと信じています。

そして、今年も今尚5-Dで学んでいます。

次世代へ伝承したい事の第一は、常に学び続ける事、歴史から今に到る事を知る事、です。

総義歯なんて古いとか、歯周補綴なんて今はやらないとか、もう学ぶものはないとか、変に悟ったような言葉を吐かないで、目の前の事から何か一つで良いから昨日の自分よりも向上し続ける事、それをお願いしたいのです。


いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。









コメント

インプラント学会のランチョンで喋ります。

2009年08月27日 | 即時MI審美インプラント治療の話
今日インプラント学会の抄録が送られて来ました。

中に、伊藤超短波のランチョンセミナーの案内が入っていて、末席に小生が入っていました。

内容は、いつも紹介している超音波治療器を使うインプラント臨床のお話です。

超音波を使う事で治療期間を短縮出来る事、更にはこれは難しいかな、と考えられていたインプラントでもチャンと骨とくっ付けられる、と言うお話です。

今患者さんに求められているインプラント治療は、治療期間の短縮と、手術侵襲の低減です。

治療期間短縮は、即時荷重で手術の日から綺麗に歯が入る事で解決出来ますし手術侵襲の低減は無切開インプラント手術ブラインドテクニックの応用で解決出来ます。

そう言う内容で、伊藤超短波のメーカーの担当者曰く、初期からのユーザーでインプラント治療のスピード王の私に白羽の矢を立てた、と笑って話してくれました。

これも本を出したお陰なのでしょう。

実績を出して証明する事で、今後の活躍の場が広がって行くようです。

日本のインプラント界を良くする為にも、頑張ります。



いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。
コメント

成田山詣

2009年08月26日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今日は休診で、出張オペが延期に成りましたので、成田山詣でに行きました。

不動明王がご本尊の成田山は、亡き祖母が信仰していて行きたがっていた所だからです。

祖母は出水で生涯を過ごした、郷土愛に溢れていた方でした。

それでも上京してくると、兄弟姉妹と再会し、活発に活動してました。

成田山も孫の私連れで行き、大変だった事を覚えています。

今日は家族でお参りで、坊主の腕白ぶりに親はヘトヘトです。


患者さんへの貢献、向上を祈願してきました。
コメント

KIRG九州インプラント研究会会長添島義和先生

2009年08月25日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
実は今日、日帰りで熊本に行ってました。

私の本に推薦文を巻頭にいただけたKIRG九州インプラント研究会会長の添島義和先生に、拙著を献呈させていただき、直接手渡しお礼を述べに行って来ました。

添島先生は日本のインプラントの創成期から第一線で活躍され、ITIの国際メンバーにも入られており、国際的にも著名な方です。

私は開業した13年前、KIRG100時間インプラント研修会4期生で1年間通い、更にはオペ見を何回もさせていただいて、大変にお世話になりました。

国内でインプラントでお世話になった恩師は、何と言っても添島先生、と心から恩義を感じている方です。

そう言うご縁で、厚かましくもゲラ刷りを読んでいただき、巻頭に書いていただけませんでしょうか?とお願いし、連載時から読んで下さっていたとの事で、引き受けて下さいました。

有り難い事に、本音のインプラント話が書かれていて、大変面白いとご評価いただき、推薦文を書いて下さいました。

生憎、先生がインプラントの国際会議に出掛けるとの事で、お渡し出来ずにいたのですが、ようやく今日ならとご連絡いただき、行って来ました。


お会いして、色々お話聞かせていただき、大変勉強になりました。


我々の責務は伝承なんだ、と強く感じました。

先生のご期待に添えるよう、真摯に頑張りたいと思います。
コメント

インプラントが目指すもの

2009年08月25日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
来月は、大阪で日本口腔インプラント学会の年次大会です。

先週末のは、関東甲信越の支部会でした。

今回の大阪のは、全国大会となります。

海外からの著名なDRのレクチャーもふんだんに盛り込まれ、なかなか聞き応えがあると期待出来る会です。

いまや世界でも国内でも、低侵襲手術負担の低減化、即時荷重治療期間の短縮化と治療期間中での機能と審美の達成化、審美の追究天然歯と見分けがつかない成果の達成、3大目標が語られる時代です。


私は幸いにもDR.ラムに巡り合え、日本人の中ではいち早く洗礼を受けました。

お陰で有り難い事に著書を上梓する事までが出来ました。

3大目標にいち早く取り組み、成果を上げられて思う事は、運が良かったなー、と言う感慨です。

今私は患者さんに素晴らしい成果を贈る事が出来ていて、とても幸せです。

それを皆さんにも届けたい、と願って本を出したので願いが叶って嬉しくてたまりません。

新しい時代の息吹きが感じ取っていただけるなら、何よりです。


いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。
コメント

残念、ソウルのセミナー断念、御免なさい

2009年08月24日 | 日々のインプラント臨床の話
今週末DR.Choのインプラントセミナーでソウルに行く予定にしていたのですが、急な予定変更で、断念しなくてはいけなくなりました。

本当に残念ですが、一身上の都合で仕方がありません。

次回は12月で又開催予定との事なので、その時に行こうと思います。

関係者の皆様、ご迷惑を掛けて、大変に申し訳ありません。

私の問題で、今回の事態に到った事、謝罪致します。

皆様は、有益なセミナー楽しまれて来て下さい。


今回、予定変更致しましたが、今後の私の進路、進み方で有益なものであったとご報告できるように、頑張ります。
コメント

インプラント学会 関東甲信越大会に出て

2009年08月24日 | 無痛快適インプラント治療の話
土日でインプラント学会の関東甲信越大会に行きました。

インプラント治療の求められている方向性が、苦痛の少ない事、治療時間が短い事、審美的な結果が確実である事が求められているのだ、と良く理解出来ました。

やはり、私が追い求めて来た方向性に間違いなかった、ととても嬉しく思いました。

苦痛を少なくするには歯肉を大きく切り開かない手術、ブラインドでやる方法がベストである事が一般的認識として広く認められている事が分かりましたし、又歯肉を開かない手術方法が即時荷重、その日のうちに仮歯まで綺麗に入れるのに大変に有効である、と言う事までも言われるように成りだしていると分かり、非常に嬉しかったです。

審美的な配慮としては、色々な先生が工夫をされているのが勉強に成り、私自身の方法にも入れて、改善して行きたいと思いました。

インプラントポジション、インプラントを何処に植立するのか、それが殆ど結果を左右してしまう、と言う事が判明し出し、それに対して何のインプラントを使い、どう植立するべきなのか、インプラントの種類・2回法1回法での使い方の違い、シンプルにやる、即ち患者さんにとって最も楽に治療が済む方法がどうなのか、色々と有益な情報が得られました。

白鳥先生、重原先生の下には、いつか見学に伺いたいと思います。

更なる完璧を目指して、学ぶべきは学びたい、それが真摯な願いです。


(そう言いながらも、本音では、結構良い所まで行けている自分の臨床に益々自信を深めた、と言う所も多く、患者さん達にチャンとした事出来ているなー、と安心出来た大会でもありました。)


いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。

コメント

インプラント学会関東甲信越大会3

2009年08月23日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今回の学会はとても聞き応えがある大会でした。

午後は、私個人的には白鳥先生の講演でした。

インプラントを審美的に解決するには、まず植立ポジション。

その為に、骨とか歯肉とかを再生させて行く。

素晴らしい綺麗な仕事のオンパレードに感動しました。

今回も又、学ばされました。

来週末はソウルでDR.Choのセミナーです。

真摯に良きインプラント治療を提供するには生涯勉強です。


いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。
コメント

インプラント学会関東甲信越大会2

2009年08月23日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今日も関東甲信越のインプラント学会です。

午前中は小田原で開業されている湘南デンタルケアーインプラントクリニックの重原先生のレクチャーが、とても素晴らしかったです。

歯科用CTでやれる事を全てやる事で、安心安全、気持ちが楽なインプラント治療が可能になる。
但し、アマチュアのDRを楽に出来るものではない。

正に我が意を得たり、と嬉しくなりました。
コメント

インプラント学会関東甲信越大会

2009年08月22日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今日は関東甲信越のインプラント学会でした。

今日の目玉は勝山先生、岡田先生、武田先生のレクチャーでした。

印象的だったのは、武田先生の最後のコメントで、インプラントの最大のリスクは歯科医である、と言う言葉でした。
コメント

鼻呼吸の勧め、インプラントだけではなく体の健康の為にも

2009年08月22日 | 日々のインプラント臨床の話
インプラントを植立する穴を骨に形成するのには、精密さが要求されます。

その時に、患者さんが口で息をしようとして動くと形成が緩くなり、インプラントがしっかりと植立出来ません。

インプラントを成功させるのには、患者さんも頑張らないといけないのです。

手術時には特にお鼻で呼吸をして、体、頭、お口を動かさないようにしていただく事が、何よりも重要なポイントになります。

因みに、鼻呼吸する方と口呼吸する方では、平均寿命が確か5年位違うと言う医学的データが出ていたと思います。

勿論、口呼吸する方の方が短いのです。

これは理屈上でも、口から直接肺に空気を吸い込むと何も遮るものがなく、空気中に浮遊している色々なものが体に入ってしまうだろうと言う事からも納得出来る話です。

鼻から息を吸えば、鼻の中には繊毛があって異物等の体にとって悪いものを除去してくれるのと比べて考えれば、とても良く分かる話です。

歯科的な話から言えば、口呼吸をされる方は口の中が乾燥しやすく、虫歯、歯周病の成り易い事も良く知られています。

つまり、口呼吸は鼻呼吸よりもかなり体に良くない、と言う結論になるのです。

なので、もし鼻の通りがどうしても悪い方は、是非、耳鼻咽喉科に係り治療して治されることをお勧めします。

今は耳鼻咽喉科でもマイクロの手術をして、日帰り手術で綺麗に治せる事が増えているそうです。

これは、5-Dの講師の石川先生が組んでいる先生が大変優れている先生との事で、お聞きした情報です。

鼻、口、外部から生命維持をする為に大切な器官ですから、健康の維持の為に良い状態にしていただく事をお勧めします。

PS.呼吸は子供の時からの習慣がとても大切ですし、又、幼い時ほど治り易いですから口を普段から開けている子供さんには、口を閉じて鼻で息をするように助言して欲しいです。特に親御さんが、我が子に注意する事をお願いします。

いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。
コメント

頭の中の立体的シュミレーションが即時荷重インプラントの成功の鍵

2009年08月20日 | 即時MI審美インプラント治療の話
部分的に歯がなくなってしまっている患者さんの治療は、患者さんご自身が思っているよりも難しい事がとても多いです。

その理由は、患者さんご自身が残っている歯で噛んでいる癖が付いている為に、顎の位置が関節に安定な位置であるかどうか疑問が残る事。
少しずつ歯を失っている為に歯並びが崩れていて、それに伴い残っている天然歯の歯並びの位置、歯茎の状態が患者さんのお口にとって適応している状態なのかどうかが疑わしい事。

更に本音で言えば、患者さんご自身が本格的な入れ歯になっていない場合、歯茎の減り方、骨のなくなり具合への推測が全く出来ておらず、事実を見せられてもそれに対してどう治療すべきなの冷静に理解し判断する事が出来ないで、即時荷重インプラント治療に対して過剰な期待感を抱いてしまう事が、大きな問題として存在しているのです。

ここまでの事を大胆に指摘し、警告を出している、出せるDRは恐らく本邦では私独りでしょう。

その理由は、本当に私は即時荷重インプラント治療をありとあらゆる患者さんに対して治療して来て解決して来た、その度に患者さんに逆に教わり、何が分からないのか説明をして、分かって下さった患者さん達に治療させていただいた、そしてその後にも患者さんから色々と教わり、何をどうするべきなのか、どうして行けば良かったのかを経験して来たからなのです。

そうして、私自身は成功率97%以上を維持し、最近では殆ど成功させ続けて手術時に綺麗な仮歯を入れて来ているのです。

最終的判断、即時荷重出来るかどうかの判断は申し訳ないのですが、私に一任させていただいています。
つまり希望に添えない事もある、と言う意味です。

希望に添えないというインプラントは、植立トルクが35Nを超えられないもの、ペリオテスト値が+5を切れないものです。
即時荷重に理想的なインプラントは、骨の密度がタイプ2位で、植立トルク50以上、ペリオテスト値0以下です。

これぐらいのデータが出ると、99.8%即時荷重しても問題が出ません。
1000本で1~2本しか問題が出ない、と言う確率です。

これをどうやって今残っている骨の状況で達成して、足りないなーと思える所には審美的に骨とか歯肉とかが出来るように、審美的に歯が入るイメージを抱ける事が成功の鍵を握っています。

私の場合、それらの手術を出来る限り小さく小さくやって差し上げる事も大きな目標になっています。
それがMISミニマムインバッシブサージャリー、ミニマム最小限のインバッシブ侵襲のサージャリー手術です。

しかし、これは理想ですが立体的な答え、ここにこう歯があれば美しいな、噛めるな、と言うのが読める、予想が出来なければ出来ないのです。

だから、私は総義歯の治療の腕がある事が物凄く大きく良い影響をもたらす、と明言しているのです。

インプラントを本当の意味で修得したいならば、総義歯の勉強が遠周りに見えて本道である、と主張しているゆえんです。

立体的シュミレーションが鍵を握る、これは真実です。


いつもの宣伝します。

今回の著書と連動しているDVDがmediwillさんから既に出ています。
面白いと思われました方、是非DVDも見てみて下さい。
お申し込みはこちらからです。
http://seminar.mediwill.co.jp/2009/01/28.html 


臨床の実力と書く実力、そしてそれを上手く伝える話し方が出来る事。
ハードル高いかも知れませんが、種火を灯す仕事を生涯の一つの仕事として頑張りたいと思います。

安全・安心な即時荷重MIS審美インプラント治療の基準を、世界に提言します。
渾身のインプラント専門学術解説書”MISを追究したインプラント”
ご注文はhttp://www.ds-pub.jp/bk40.htmlへお願いします。

インプラントの真実 大田区 インプラント 即時荷重インプラント

プロの方々へ
直接学びたい方は、見学を受けていますので、お問い合わせ下さい。

又講演依頼、プレゼン依頼、出張オペ依頼もお受けしますので、お問い合わせ下さい。
短時間、少人数でも大歓迎です。




コメント