すぐに歯が入るインプラント即時荷重で1日で蘇る歯 専門書著者患者さんの為の情報提供 無痛低侵襲腫れない手術のパイオニア

1日で蘇る歯、即時荷重審美インプラントのパイオニア 親知らず抜歯も腫れない痛くない低侵襲最小手術 患者さんの為の情報提供

2月27日(日)のつぶやき

2011年02月28日 | Weblog
09:11 from Keitai Mail
今日は、子供のサッカー大会観戦で、よみうりランドのサッカー場です。幸い天気に恵まれ持ちそうです。駅からゴンドラで、いきなり楽しめました。よみうりランドってジェットコースター系ばかりなんですね。 http://bit.ly/eexNuk
11:05 from Keitai Mail
ちびっこわらわら可愛いです。 http://bit.ly/eN3Ai4
14:17 from Keitai Mail
よみうりランド、コスプレーヤー集まってます。 http://photozou.jp/photo/show/990418/69616216
15:50 from goo
本当に患者さんの為のインプラントとは #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/87acfce1d3f8311bc8e5774c811d684d
by mgenchan on Twitter
コメント

本当に患者さんの為のインプラントとは

2011年02月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
患者さんの為のインプラント、と言う言葉が沢山見られる世の中になっています。

しかし、よくよく考えれば、じゃあ患者さんの為ではないインプラントがあるのか?と言う素直な疑問が湧いて来ます。

インプラントしている歯科医は皆患者さんの為だ、と言い切る事でしょう。

にも関わらず、患者さんの為のインプラントと言われる訳を今日は書きます。

実は、それを通して今のインプラントの抱える、色々な問題が見えてくるからです。


患者さんの為のインプラントとまでわざわざ言わなければいけない事態になっているのは、何よりも手術がとても大変な状態になっている事、更には治療期間が大変長い状態になっている事があるのです。

サイナスリフトと呼ばれる上顎の臼歯部等の骨造成の手術を受けて、骨は出来たけどもう二度と手術されたくない、だからインプラントはしない、と言う残念な話がある位、今流行っている手術は患者さんにとっては大変なのです。

ある意味苛酷な状況を強いている、と言われても仕方がないかも知れない治療なのが実態なのです。

更には治療期間も骨造成してるとかなり伸びる、その間歯は入らない、入れ歯すらまともに使えない、と言う事になるのですから、尚更患者さんは辛い訳です。

こう言う大変な治療しないでも治して差し上げられるインプラントをします、と言うのが患者さんの為のインプラントと主張しているグループなのです。

その理由として、HAインプラントを用いる治し方を特に強く主張しているグループが、今最も元気がありグループであり、かなり目立っているのです。


私は彼らの意見、やり方に基本的には反対する者ではありません。

但し、ちゃんとした事をしてくれるなら、の注釈が付きます。


骨造成を目指すグループは、元々目指すハードルが高いからか、かはり真面目で真摯な先生が多いように私は感じます。


ところがHAインプラントグループは、安易な簡単な手法と捉えていて、始めから俺達には骨造成や歯茎移植は要らない、と考えている中途半端な先生が割と多い感じがしてしまうのです。


ここら辺が、インプラントの問題を難しくしている要因にある、と私は指摘します。


骨造成、歯茎再生グループ、低侵襲HAグループ、双方に一長一短があるのです。

そんな中、私は双方の長所を活かそうと考えたのです。

骨造成、歯茎再生グループは歯やインプラントの周辺環境整えられる、低侵襲HAグループは痛み腫れなく早く治せる、中庸の道を行こう。

それが私が目指す真に患者さんの為になるインプラント治療、と考えます。


安心出来る、リカバリーも可能な純チタンインプラントを使い、最低侵襲手術をし、HAインプラント並みに早く、骨造成、歯茎再生並みに審美的で長期予後が見込めるインプラント治療をします、と言う事です。

これなら、今現在考え得る最善の患者さんの為のインプラントである、と新しい概念を私は提唱します。


そして今、私はかなり理想を実現している、と自負しています。

安心安全、長期予後も見込める、最低侵襲即時荷重審美インプラント。


本当の本物のインプラントを求める方は、一度お話にお越し下さい。

03-3775-0044まで直接ご予約下さい。
コメント

2月26日(土)のつぶやき

2011年02月27日 | Weblog
14:45 from web
インプラント手術したら直ぐに歯が入る治療を、即時荷重と呼びます。出来る出来ると連呼しているせいで、安易に真似をする事で被害が発生しています。未熟なDRの治療は決して受けないで下さい。即時荷重は簡単な治療ではありません。実力ある方が、チャンとルール守って初めてようやくできるものです
14:52 from web
即時荷重は世界水準でも、まだまだかなりアドバンスな治療(実力が必要)とされています。ルール通りに出来るだけのDRの実力、医院全体の体制、スタッフ力が必須です。そして、患者さんご本人自身の協力体制が、絶対に欠かせません。我がままで支持を守れない方は、患者さんご自身が失敗を招きます。
14:58 from web
言うなればお腹の手術をしたのにもかかわらず、空腹に負け隠れて食べて、腹膜炎で亡くなった力道山のようなものです。本人がどれだけ治したいのかの意志覚悟を、どれだけ強く持ち、維持し続けられるのか、なのです。治癒期間過ぎれば、信じられない位自分の歯が戻ったかのように噛めるのですから、我慢
15:02 from web
なので、私自身の感覚なのですが、治療をチャンと治せる、取り組める方は成功者に成ってる、成られるようです。試練をキチンと受け止めて、乗り越えて行く力を持っている方が人生も成功される。そう言う方々と触れ合える事で、私自身が凄く学ばせていただいてます。即時荷重の患者さん達は素晴らしい例
15:07 from web
大変だけどキチンとする。言い訳する事で、低きに流れ逃げたりしない。凄い患者さん達の姿を見せられて、私は日々反省させられます。そう言う患者さん達のご期待に応えたいので、私は即時荷重するし、超低侵襲手術をします。必要以上の治療期間の伸び、痛み、腫れを経験させたくないので腕磨きました。
15:15 from web
?即時荷重インプラント?超低侵襲手術?審美的歯の即時の装着により歯茎、骨の治癒を保護し、健全に治るように誘導する。この3大特徴が、私がラム先生から啓示を受け、日本人向けに独自で改良し編み出して来たものです。どれ一つとして欠かせない、重要な次代の礎となる概念である、と断言できます。
15:22 from web
某外資系会社の海外から来たよそ行きの概念などではなく、日本人の患者さん相手に私個人が苦心惨憺して導き出したものですので、他所には決してない、と言い切れます。その成果の素晴らしさを体験すればするほど、私はこれを独占してはいけない、と思うようになりました。だから、一所懸命に広めてます
15:52 from web
直近の4週間だけで、即時荷重治療を15本(抜歯即時植立同時が9本)、即時植立のみが4本、通常のインプラント植立のみが3本、と言う結果になっています。如何に普通にしているのかが実感していただければ、真実の話として信じていただけるでしょう。チャンとしたルールに基き、チャンとすれば成功
16:16 from web
全インプラント手術で、植立トルクを高く得られ、初期固定を強く得られるように配慮して処置していますが、残念ながら患者さんの骨質までは、私にもどうしようも出来ません。又、第2大臼歯7番が5本あり、そこでは即時荷重はまずしないので、それも排除しての数字です。専門家ほど驚異的数字でしょう
18:40 from Keitai Web
私がしている即時荷重インプラントは、多分普通なら即時荷重出来ない、即時植立すら出来ない症例ばかりです。更には、GBR骨造成、歯茎再生まで、必ず環境整える事まで全部一回の手術だけでしてます。何回も患者さん切りたくない。長く患者さん苦しめたくない。楽に早く治してあげたい。
19:41 from Keitai Mail
今夜は松戸歯学部学術講演会で、認知症と食の話です。講師は、東京都健康長寿医療センターの平野浩彦先生です。
19:41 from Keitai Mail
今夜は松戸歯学部学術講演会で、認知症と食の話です。講師は、東京都健康長寿医療センターの平野浩彦先生です。
by mgenchan on Twitter
コメント

2月25日(金)のつぶやき

2011年02月26日 | Weblog
07:22 from Keitai Web
@Breath_Design10年生存率はもっと低くなります。95%もない、90%前後だったと思います。97%は初期時期のオステオインテグレーション獲得出来るのか?の話だった筈です。数多くされる先生はかなり植立し直しするのは、始めから考慮してます。
17:55 from goo
変な根管治療されている場合に起... #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/9c9fd25817976ca60e7e51470b86a76f
21:59 from Keitai Mail
インプラント治療は抜歯即時植立、即時荷重等の治癒期間短縮にどんどん向かってます。私はいち早く2000年からしてますが、今は更に要望が高まっているのを感じます。早く綺麗に楽に治りたい。当り前の願いを真摯に叶えます。誰よりも先に実績積み重ねており、沢山のノウハウで夢を実現します。
22:13 from Keitai Mail
私の弱点は、インプラント治療は抜歯即時植立、即時荷重等の治癒期間短縮、が余りにも当り前になり過ぎている事かも知れません。近頃は、富に低侵襲手術に傾倒していましたから。しかし、低侵襲は皆すぐやるのに、即時荷重はやらないんです。やはり、私の最大の特徴、他との比較での差は即時荷重です
22:21 from Keitai Mail
インプラント治療聞く時、必ず直ぐ歯が入りますか?と質問してみて下さい。あなたは絶対に無理!と言われても、私ならやって退けられる可能性はかなり高いです。だって、そう言う患者さんばかりが、うちに来るんですから。いつもそれで、嘘じゃなかったんですね!と感謝されてるんですから。
by mgenchan on Twitter
コメント

変な根管治療されている場合に起きた抜歯即時植立の問題点

2011年02月25日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
今日も経験をした、インプラント治療上で、こう言う治療されていから困ってしまった、と言う実際に起きた、治療例を書きます。

今日指摘する問題点は、バーティカル根充と言う方法をしている場合の問題です。

私が経験したのですが、バーティカル根充をしていると、時に根菅から充填材が飛び出してしまって、広がる状況になる事が良くあります。

これをバーティカルの方式を取られている先生方は、正しい術後として広めておりこれが良いのだ、と言っているのですが、それがそうでもないのだと言う事なのです。

つまり、いざそう言う歯が割れたりして抜歯する羽目に成ると、根菅から飛び出した充填材が非常に困った問題になるのです。

充填材が骨の中に散らばってしまって、感染しているのを除去するのが実に大変になるのです。

それだけではありません。

私が経験した患者さんのケースでは、なんと根充材が溢れ出し、粘膜内に染み込んでしまってこびり付いて、非常に取り難くなってしまうのです。

私はそれをどうしたかと言うと、仕方がないので、良く切れるメスを新しく出して、薄く削ぎ取るようにして除去しました。

その後で、骨の状態をよくよく10倍の強拡大鏡で見て、インプラントホールを形成しましたが、拡大鏡で見てみると実に細かい充填材がこびり付いていて、一つ一つ取るのが本当に大変でした。

お陰で、インプラント手術そのものよりも気疲れした位です。

この経験で、私はバーティカル根菅治療をやる気がなくなりました。

後々患者さんが大変になってしまう治療方法は絶対にしたくないです。

患者さんの一生を考えた上で、どう言う治療方法を選択するのか。

インプラントを切っ掛けとして、色々な問題として今後も情報を沢山発信して参りたい、と思います。

女性90年、男性80年の時代を迎え、生涯良く噛め、楽しい人生を送れる為に歯はとても大事な存在です。

しかも、歯科疾患が体にも悪影響を与え、特に重症歯周病では膵臓癌のリスクが高まるとまで言われるデータが報告されているのです。

正しく、歯が丈夫な人は健康に人生を過ごせるのが証明され出しています。

歯がなくてもインプラントで残りの歯を守り、生涯失う歯を最小限にする。

新しい健康観に基く人生です。
コメント

2月24日(木)のつぶやき

2011年02月25日 | Weblog
07:14 from Keitai Mail
乗換案内検索が全く使えない。開業目前の九州新幹線、すぐにも全線開通なのに、全然検索出来ない。もうなくなる筈のリレーつばめとかで出て来る。どうなってるんだ? 意外にこう言う対応にはまだまだ反応が鈍いね。企業に改善望む!反応遅過ぎ!
08:00 from Keitai Mail
満員電車で、自分が買った弁当を完全に水平に保つ為の乗り方を無理矢理する馬鹿者がいた。呆れる。満員電車に乗るマナーが全く分かってない。
17:17 from web
ラム先生の話の続きです。2000年のホノルルのAAPでいただいたビジネスカード名刺1枚を頼りに、2003年サンフランシスコのAAP前1週間、特別に個人レクチャー受けられると言う、信じられないような幸運に、私は恵まれました。チャンスの神様の前髪をしっかりと摑んだ、と自覚出来ました。
17:22 from web
即時荷重は3年間経験しており、今ラム先生は何処まで行っているのか、もしかして結構肩並べているんじゃないか、と言う自信を抱いて勇躍しました。それ位、かなり厳しい症例を既に多数経験していたからです。しかし、その自信は初日にして粉々に打ち砕かれ、ハンマーで殴られたような衝撃受けました。
17:29 from web
それが、ラム先生が見せてくれた極小低侵襲による、インプラント始めとする歯周外科の数々でした。何だこれは!?と言う感じで、自分の手術がとんでもなく恥ずかしくなりました。特にインプラント手術の数々。実に見事で、歯肉切らない剥がさない、インプラント綺麗に入れたら審美的に仮歯が入るんです
17:34 from web
そして、1週間が過ぎてAAPが始まったら、ラム先生のしているような話が全く出て来ない。これまた何で?で、会場でラム先生を捕まえて質問し捲くったら、ラム先生はニヤッと笑って、ノリお前は真実を見ただろ、私を信じるかい?と。私は即座に、トラストユ-!フォーエヴァー。そして、今に来ました
17:39 from web
それが2003年。翌年の2004年の春のAOもサンフランシスコでしたので、又、頼み込んでラムの所に見学に馳せ参じました。そしたら、ラム先生はまたまた進化していました。この人は本当に本物だ、と更に強く確信しました。そして、その夏初めてIDEAの彼のインプラントセミナーに参加しました
17:45 from web
何だかんだで個人的に、私はIDEAを訪れる事があります。いつもラム先生は快く見せてくれます。そして、いつも新しいモノを必ず見せてくれます。IDEAには2007年ラム先生のコース、2008年ターナーのコースに参加しました。そして、2008年、2010年日本人向けコース開催しました。
17:52 from web
元々は2007年に参加した時に、日本橋インプラントセンターの玉木先生とテルミナの鳥村先生がラム先生のコースに来られてて、そして、玉木先生が発起人に成られて、翌2008年同時通訳付きでインプラントコースを開催出来たのです。非常に素晴らしい内容で大好評でした。参加者も次代の有志でした
18:55 from goo
インプラントの成功率、信じて良いの? #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://blog.goo.ne.jp/noritsugumatsumoto-implant1dr/e/d9d5fe70e530cb29076fc724cd686035
by mgenchan on Twitter
コメント

知ってますか?インプラント治療受ける前に知るべき事!

2011年02月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
知っていますか?インプラントは今1年間で60万本以上日本国内で使われているそうです。

しかし、昔からインプランとしていた先生方は、最近本数が減って来ているよね、と言う話もかなり良く聞かされます。

これらを合わせて考えると、新しく始めている先生が増えていて手掛ける医院が増えているから増えている、と言う事になる訳です。

それが大きな問題である、新しい先生が拙い、とは極論で言い辛いですが、経験が浅い、応用が効かない、と言う傾向はあるでしょう。

そして、これが大きな問題なのですが、歯周病治療を手掛ける先生は然程増えていないのに、インプラントを手掛けている先生は凄く増えている、と言う現実があるのです。

歯周病治療、メインテナンスまで含めて、歯茎の健康維持する事が、インプラントだけに留まらず歯科全体ではとても大きな役目があるのです。

ところが、意外なほど歯周病治療は広まっていません。

それどころか、現在起きている問題は、歯が残せないからインプラントにしちゃいましょう、と言う風潮です。

これは、とても拙い事です。

中には、歯周病治療の為に抜歯してインプラントにしましょう、と言う信じられないようなお話まで聞かされる事まで起きています。

本末転倒も甚だしい現象が起きているのです。

そして、その事実が年間60万本以上と言う結果に成っているのです。

インプラントの成功率は、一般的に97%を超える、と言われています。

しかし、これはしっかりとした歯周病治療を元にしている場合の話です。

この基本がずれていると、間違いなく成功率はもっと下がってしまします。

更には、それでリカバリーとかの話に成ると、歯周病治療がチャンと出来ない先生では、かなり難しいと言う怖い現実があるのです。

インプラントは始めの1回で上手く成功させないと非常に後からは難しくなる、と言う事は、まだまだ業界内でも良く理解されていません。

始めの1回でキチンと成功をさせられる事が、特にインプラントでは大事に成るのです。

歯周病治療のベースがない中で、何度リカバリーをしても、骨がなくなる歯茎もなくなるでどんどん難しくなるばかりに成ります。

今後、こう言う難しい状態を抱えている患者さん達が沢山増える事が予想されています。

97%成功するから大丈夫な筈だ、で油断をしていると、とんでもない事になる可能性があるのだ、と言う事を理解して欲しいのです。

最後に宣伝臭くなりますが、長年チャンとインプラント治療、歯周病治療をして来ている私の所とかではインプラントの成功率は99%を超えています。

こう言うベースがキチンと合ってインプラント治療をしているベテランの先生を選択すべきである、と明言をして今日の日記にします。
コメント

2月23日(水)のつぶやき

2011年02月24日 | Weblog
08:36 from Keitai Mail
又今日も電車内で異臭発見。間違いなく歯周病の臭いです。すい臓癌予備郡です。だからこそ、周りは遠慮せず、言い方伝え方考えて指摘してあげるべきです。大切なのは、あなたが大事だから言う、の気持ち、話し方です。
09:12 from Keitai Mail
たばこがなければまだまだ長生きできた筈なのに、と同じように歯周病がなければ長生きしたのに、と言われる時がやがて来るのです。すい臓癌だけでなく、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化など血管障害の誘発因子である事が判明してるからです。健康長生きの敵、歯周病。口臭で気付くうちに治しましょう。
by mgenchan on Twitter
コメント

2月22日(火)のつぶやき

2011年02月23日 | Weblog
07:50 from Keitai Mail
10年前2002年の頃、私は今しているような仕事出来ている自分が想像出来ませんでした。2000年に恩師DRラムに出会い、その教えを基にひたすらインプラントで即時荷重成功させる事に邁進し、出来る自分に凄い喜びを感じていました。何よりも患者さんの喜ぶ顔に励まされ、頑張れました。
08:23 from Keitai Mail
来る患者さん来る患者さん全てに即時荷重出来る工夫をこらし、ことごとく成功させられる為、何故即時荷重が広まらないのか、とても不思議に思いました。自分なりに即時荷重やり3年間、2003年のAAPがサンフランシスコで開催されるて聞き、DRラムの地元だと思いました。行こうと決めました。
08:34 from Keitai Mail
ラム先生に、セミナーとかないのですか?と質問のメールをしたら、やったばかりだよ、との返事でした。凄く残念で、実はサンフランシスコのAAPに行くのだが、クリニックを見学させて貰えないか?と頼み込みました。そしたら、学会の1週間前に来れば個人レクチャーしてあげるよ、と返事が来ました
09:06 from Keitai Mail
信じられないような幸運が舞い降りました。私は迷わず、ありがとうございます、参ります、とお願いしました。憧れ続けて止まないラム先生から、1週間も個人レクチャー受けられる。二つ返事で行く事だけ決めました。学会期間と合わせ、半月いなくなるのにです。開業医にとって冒険に等しい行為です。
15:10 from web
望月 智行 (単行本 - Oct 2008) の 'いのち輝くホスピタリティ―医療は究極のサービス業' を Amazon でチェック! http://amzn.to/idv34z不勉強で望月先生の言知りませんでした。一読の価値ある本だと思います。
by mgenchan on Twitter
コメント

2月21日(月)のつぶやき

2011年02月22日 | Weblog
18:24 from Keitai Mail
今晩は、保団連のセミナーで文京シビックホールです。珍しく月曜日の夜のセミナー。
21:15 from Keitai Mail
今晩の保団連のセミナー、COMLの辻本先生が急病でキャンセル、ピンチヒッターで山口先生に成りました。
by mgenchan on Twitter
コメント   トラックバック (1)

本当にハイレベルのインプラントとは

2011年02月21日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
一般的にハイレベルな治療、手術とは何でしょう?

普通に考えれば、他の先生では出来ない事、難しい事を成功させられる事、他での治療期間より早く楽に綺麗に治せる事、ではないでしょうか。

実に当たり前の答えです。

治療期間を短く出来るのか、楽に綺麗に治せるか?
その成功率が今までのやり方と遜色がなければ、なんら問題はない、と言い切れるでしょう。


さて、私が得意にしている低侵襲、即時荷重インプラント治療は、手術したその日から綺麗に歯が欲しい入ります。

更に手術1ヶ月半後、データが良ければ、最終セラミックがもう入ります。

しかも、全ての手術は最低侵襲だから、腫れたり痛んだりしない。

因みに、先週末の患者さんも全く腫れたり痛んだりしていません。
他の患者さんも同じです。

他と比べて、明らかに綺麗で楽な手術をしていて、余所には出来ない即時荷重で綺麗な歯もすぐ入る。
トータルの治療期間も他の半分位。


これが全部本当に出来ている事だから、ハイレベルなインプラント治療してます!と断言出来ます。

本当に悩んでいる患者さん、先生は、どうぞ門を叩いて下さい。

03-3775-0044まで。
コメント

2月20日(日)のつぶやき

2011年02月21日 | Weblog
13:08 from Keitai Mail
失敗から学ぶ、と言う考え方に住んでる方は甘い、と思う。外科の世界では、失敗から学びまくられたら患者さんは堪らない。外科のは、成功から学ぶ。頭の中で、成功させられるイメージが焼き付くまでシュミレーションしっかりやり、初めてメスを握れるのだ。不確定要素をどれだけ排除できるか?だ。
13:18 from Keitai Mail
アホなインプラント医は、CT解析でコンピューターで計画立てれば万全と盲信する。機器が最新でも、誤差が必ず入る事は、決して忘れてはならない。コンピューターなんて、あくまで参考だ。最後には人の感覚が頼り。やはり腕を磨くしかない。
16:54 from Keitai Mail
今日は午前中は子供の幼稚園の歌と劇の発表会。お父さんはビデオ係りです。午後はDoingのセミナーで大久保寛司さんの話でした。人は120%自分の事は分からない。確かに。なので、ひたすら反省、振り返る。はい、ですね。
by mgenchan on Twitter
コメント

2月19日(土)のつぶやき

2011年02月20日 | Weblog
16:07 from goo
病巣は取り切ろう! #goo_noritsugumatsumoto-implant1dr http://bit.ly/eL6rHz
by mgenchan on Twitter
コメント

こんな治療は困る!インプラント医院の問題点

2011年02月19日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
某インプラント専門院での、これは患者さんは困るだろう、と言う治療の後始末の手術をさせていただいたので、今日はその事を報告します。

事件は昨日起きました。

昨日、インプラントオペさせていただいた患者さんは、上顎の小臼歯部でした。

抜歯後4ヶ月経過しているとの事で、サイナスリフトとかの大きな手術をされるのが、やっぱり嫌だ、と言う事でうちに来て下さいました。

歯科用CTで拝見して、サイナスリフトなんて大きな手術しないでも、即時荷重で綺麗に手術したその日から仮歯が入るインプラント治療できると思います、と説明しました。

それで患者さんは納得下さり、昨日その手術に成ったのです。

そしたら、ビックリするような事が起きました。

歯肉を少し避けて、骨を詳細に10倍の拡大鏡で拝見させていただいたら、中から出るわ出るわ病巣が奥からどんどん出てくるのです。

なんじゃこりゃ、と思いましたが、インプラント手術を成功させるには、ひたすら取り切るしかありません。

私は正直、4ヶ月前の抜歯したDRは何してんだ?と思いました。

とにかく、病巣を取り切り、残存骨の安定する所にインプラントホールを形成し植立しました。

植立トルクは50N程度出ましたので、直ぐに綺麗な歯を作製し装着しました。

病巣を除去した隙間には、骨造成材を充填して無事終了しました。

それで、術後で撮影した歯科用CT画像をはさみながら患者さんのお話を伺ったのですが、その部位の抜歯をした時には、私みたいに徹底的に病巣を取る、と言うような事はしてくれなかったと言う事なのです。

だから、抜歯して4ヶ月も経ったのに病巣が残っていたのです。

なのに、表面上は綺麗に歯茎が治っていて、全く分らないのです。

こう言う事が仮にもインプラント医院での仕事なのですからビックリします。

歯茎は、中に病巣があっても綺麗に覆ってしまって、隠してしまうのですから、病巣除去はDRの良心が問われる治療行為です。

それを疎かにしている所では、当然成功率は落ちるでしょう。

これは、とても大切な事です。

病巣の除去は徹底して行わなければいけないのです。

私は病巣除去を出来るだけ完璧にする為に、海外で入手して来た特別な器具を用いています。

これを使用するようになってから、抜歯即時植立でのトラブルから開放されるようになりました。

私の持っている器具を持っていないにしても、出来る限り細かい切れる精密な器具で、徹底的に除去すべきです。

そうすれば、4ヶ月も経てば、もっとチャンと骨が出来て来ている筈です。

インプラント治療を手掛けるなら、こう言う基礎的歯科治療、技術はちゃんとすべきです。

そこを履き違えている所が増えているではないでしょうか?

インプラントの前に、歯科治療技術をちゃんとする。

インプラントしている医院だから、全てが先端的でしっかりしていると盲信しない。

非常に重要な事です。

又、同業者へですが、病巣の除去は徹底してやる事を、心からお願いします。

正しいインプラントの施術で、インプラントの正しい普及を。


真っ当なインプラント治療、歯科治療で相談したい患者さん、同業者の方は、どうぞ遠慮されずTel/Fax:03-3775-0044までご連絡下さい。

コメント

2月18日(金)のつぶやき

2011年02月19日 | Weblog
10:35 from web
重症歯周病に罹患していると、有意に膵臓癌の危険率がかなり高まる事が海外の論文で指摘されています。先日の脳外科の先生の講演でも、患者さんの口腔内が非常に悪い状態である事を強く指摘されていた。口腔内の健康こそ、全身の病気予防の原点だろう。我々の今後為すべき事は多い。有病化社会の到来。
10:38 from web
有病化社会の主役は、紛れもなく今後物凄く増え続ける団塊世代の患者さんだ。所が残念ながら、ご本人達に自覚が余り無い。これは軽症のうちに治しに行かないで、重症化してから始めて動き出す事を意味する。癌に限らず、放置する事で悪化し重症化する病気への意識改革を、もっと強く訴えるべきである。
10:44 from web
団塊世代は、今後女性は30年、男性でも20年社会全体の負担になる。ご本人達に聞くと、皆がそんなに長生きしたくない、と言って苦笑いするが、現実に起きる事なのだ。自分達の子供、孫の世代負担を如何に軽くすべきなのか、もっと真剣に団塊世代には考えて欲しい。だから今のうちに病気は治すべき。
10:54 from web
日本の医療は社会保険制度で、国家がバックに付いているから潰れないと言うのは、全くの迷信だ。国が潰れても良いと言うように成ってしまったら、若い有能な方ほど海外に逃げ出すだろう。国が潰れる危険性が迫っている事を、団塊世代は自覚して欲しい。団塊世代を支えて、国が潰れて行くのが怖い。
11:02 from web
この国の医療保険制度は、高額療養費制度と言う果てしない金食い虫がいる。ここは触れてはいけない、命を救う大事な制度である事は理解出来るが、患者さんがどんな状態でも治す事に、無尽蔵に費用負担するのが正しいのかどうか、もっと議論すべきではなかろうか?医療の限界超えてまで延命すべきなのか
11:07 from web
日本は、世界一般と比べてもモルヒネ等の使用量が異常に少ない事が、データではっきりしている。これは末期癌の患者さんが、激痛の中で亡くなっている冷酷な現実を意味している。死への恐怖は激痛、苦しいのではないか?と言う大きな不安に基づく事が非常に多いだろう。なのに、それへの対処が足りない
11:12 from web
脳の機能低下、要するに老化による自然死を皆望んでいるのだろうが、現実にはそう言う方は少数派だ。そして、今元気で大丈夫は何の保証にもなっていない。なのに、有病者予備軍(実際にはもう有病者なのに)の団塊世代が、早く治す事に関心がない。予備軍である自覚を、もっと啓蒙しなければいけない。
11:16 from web
私は、取り合えず、と言う言葉が虫酸が走る位大嫌いだ。だから、医院も完全予約制にしたし、駅前から離れている場所で開業した。取り合えず、と言うのは、完全に問題先送りだ。先送りにした本人は良いかも知れないが、重症化してから治す時に恨み言は言わないでいただきたい。原因はご本人自身なのだ。
11:24 from web
@yyyamachan 健康の最大のコツは、どんどん好きな事、やりたい事、ワクワクするような事を遠慮なくやっていくということ。そうすれば心も前向きになり、自然とプラス思考になっていくのです。(世古口裕司) 好きな事だけしかしない、というのは、私は問題だと思います。為すべき事は?
11:30 from web
幕末の英傑、高杉晋作も坂本龍馬も、本来したい好きな事したい事は置いておいて、為すべき事、しなくてはならない事を本気で遣り遂げた。好きな事しかしないと言う人間は、私は見苦しい、と思う。社会性、支えている意識を持てば、するべき事為すべき仕事も大事だろう。晋作や龍馬の美しさに学びたい。
11:34 from web
晋作は和歌とかが大好きで、西行法師をもじって東行と雅号を名乗っていた位だ。龍馬も、有名な話だが、世界の海援隊をやりたいと言っていた。しかし、彼らは歴史に置ける自らの使命、お役目を果たす為に、短い人生を駆け抜けた。だから、彼らの生き方は美しく、我ら後世に永遠に感動を与え続けるのだ。
11:39 from web
明治維新は、本当に凄い傑物が星の数のように出現した凄い時代だ。人はどう生きるべきか、彼らの生き様、駆け抜ける姿は例えようもなく美しい。それだけの教育を出来ていた江戸時代は実は凄い時代なのだ。適塾、松下村塾等々、日本人の教育熱は国を救った。その事を政治家はもっと知るべし!教育は根幹
11:44 from web
前にも書いたが、明治維新時日本人の7割は読み書きが出来ていた。世界の覇者英国ですら7%もいなかった同時期でだ。この事実は軽視すべきではない。国全体では貧しかったかも知れないが、日本には人材と言う最強の資源があったのだ。人材を育てるには、教育しかない。資源がない国は教育、人材だ。
11:47 from web
人を育てる。教育とは、国家の威信を賭けた大事業だと思う。受験社会の悪しき面ばかり強調するのではなく、良い面ももっと言うべきであろう。ゆとり教育なんて糞食らえだ、と私は始めから思っていた。漸く暗黒時代が終わるが、影響は長く長く残るであろう。第2の団塊世代の誕生だと、私は預言する。
13:09 from web
医療機関の方々へ、自院の患者さん比率を見てみて下さい。人口比率に反して、団塊世代が少ない事に驚かれる事でしょう。だから私は、敢えて声を大にして、この異常事態解消を、と発言しているのです。有病者予備軍を放置していては、10年後に大きな禍根を残します。禍根残すのはバブルだけで充分だ。
13:49 from web (Re: @yamataka0913
@yamataka0913ご自分の事ですか?
15:46 from web
団塊世代、Jrも含めて世代の人口が大きいが、自分は違う、個性がある、自分は特別な行動している、と信じている。そして、傍から見ていると、似たような行動・言動をしている。正直笑える。今元気で10年後、70代になっても変わらないと盲信しているようだ。しかし、それは全く間違っているだろう
15:53 from web
60代の今元気でも、10年経てば間違いなく体は色々な症状を呈し出して来る。年取れば分る事だ。今治して置けば、費用も時間も半分も掛からないだろうに、このまま70代で、難しくなった有病者になるつもりなのだろうか?その時が、高額療養費の見直しの契機に成る可能性大だ、と感じて仕方がない
15:58 from web
歯周病で口臭のしているおじ様方!膵臓癌で死にたくなかったら、早く歯医者に行って治して下さい!膵臓癌は癌の中でも、非常に悪質性の高いものですよ。見付け難いし、治し難い。歯周病重いと血管閉塞、血栓とかで心筋梗塞、脳梗塞で辛い思いをする可能性も凄く高いですよ!ツイートしてる場合じゃない
by mgenchan on Twitter
コメント